イル リストランテ ィーノ 炎上。 イキリパスタはイルリストランティーノ宇都宮?バッカスは店主?|try to do!

寺島拓篤

イル リストランテ ィーノ 炎上

イルリストランティーノ 宇都宮が炎上で閉店? 宇都宮にあるイタリアンレストランである「イルリストランティーノ」の店名でヤフー検索すると下記のように「炎上」「閉店」といった奇妙なワードがでてきます! 出典元:Yahoo! 検索 2019年11月4日現在 なぜこのようなワードが出てきているのか調べてみると、あくまでもネット上で書かれた内容なのですが親子がパスタ2品しか注文しなかったことに対してイタリア料理店の従業員がSNSで怒っている事で物議を醸しているようなのです! 下記がヤフーニュースにもなったパスタ2品の親子にレストランのスタッフが「身の丈にあったお店であるコンビニやファミレスを勧める」といった内容です。 出典元:ヤフーニュース|headlines. yahoo. スポンサーリンク ツイッターの鶯谷憲史郎 UguisudaniKenshさんが下記のように店名「イルリストランティーノ」や外観画像まで出して暴露しています。 マジな話、この店に入って、スパゲッティ2品頼んだら、 「ここは、リストランテなんで、コースで頼め」(ドヤッ ってされたらどうするよ? — 鶯谷 憲史郎 UguisudaniKensh このことで「イルリストランティーノ」が炎上して閉店してしまう可能性が出てきているのかもしれません。 11月5日のテレ朝のモーニングショーではこのスタッフのツイッターが原因で店にいたずら電話がかかってくると報じていました。 今回の「身の丈にあったお店」発言は川越達也さんの高級レストラン『タツヤカワゴエ』で水800円で批判された時のニュースと似ているような感じもします。 その当時は下記のように報道されました。 「人を年収で判断してはいけないと思いますが、年収300万円、400万円の人が高級店に行って批判を書き込むこともあると思うんです」と発言。 また、川越シェフのレストランの客に「水だけで800円も取られた」と批判されたことを明かし、「でも、当たり前だよ! いい水出してるんだもん。 1000円や1500円取るお店だってありますよ。 news-postseven. html 川越達也さんはこの後にバッシングされて炎上しテレビに出演する機会も激減してしまいました。 そしてお店は閉店してしまいました。 今回のイタリアンレストランはどこなのかは判明していませんが同じように炎上して閉店してしまう可能性もありますね。 半年くらい前に芸人の「たむけん」さんに対して悪口をツイッターで言ったラーメン屋さんもその後、炎上して客足が減ってしまって閉店してしまった事もありました。 宇都宮の「イルリストランティーノ」店は「身の丈にあったお店であるコンビニやファミレスを勧める」ような発言をした店とは関係ないことを願っています。 パスタが1500円程度であればコース料理の相場は3000円から5000円といったところなのでしょう。 高級店であれば1万円以上の値段のお店なんてたくさんありますからこのイルリストランティーノは良心的な値段設定だと思います。 スポンサーリンク イルリストランティーノ宇都宮の場所や住所は? 住所は栃木県宇都宮市中今泉3-13-13です 地図で見ると分かるようにJR宇都宮駅から近い場所にあります。 店の外観をストリートビューで確認してみるとこちらです。 駅からは近いのですが住宅街の中にポツンと1軒だけ飲食店がある感じです。 まとめ イルリストランティーノ宇都宮がYahoo! 検索で「炎上」や「閉店」といったワードが出てきたことにはビックリしています! ツイッターではパスタ2つだけ注文して親子に「身の丈にあったお店」発言をしたお店がイルリストランティーノと暴露している人が出てきていますが、信ぴょう性も低いものでしょうからネットの情報には慎重になっていく必要はあるでしょう。 パスタの値段も1400円と一般的だったので庶民的な料金設定だと思いますので炎上や閉店などの変なワードには縁のないお店だと思います。

次の

映画に使われた賛美歌・国歌・伝承曲・大衆楽曲

イル リストランテ ィーノ 炎上

楽しく、美味しく食事できました こちらで紹介されているの美味しさに感動して、夫と「内臓系料理を堪能したい」という意見が一致して行きました。 そしてこの「Il Magazzino」さんで堪能してきました。 外のテーブルで食事したのですが、お店が面した小さな広場も静かでゆったりと食事ができました。 (2011年4月 T. A様) 店の中はきれいで暖かみがある木がベース。 伝統モダンの落ち着きのある雰囲気で、くつろいで食事ができます 料理は前菜やパスタの他、手頃な一皿料理もあります。 写真はフィレンツェ名物のコッコリと生ハム。 コッコリは一口大の揚げパンです。 熱々は最高に旨い! トリッパをパスタのソースにした一皿、Chitarra del Trippaio。 内蔵でも上手く調理するとここまで臭みがなくなるのかと感心 洋梨と羊のチーズのリゾット。 肉料理以外もあるので内蔵系が苦手なひとでも大丈夫 店の名物料理の一つであるランプレドット。 唐辛子オイルと香草でお好みの味にアレンジできます。 肉は口の中でとろけるほど柔らかく煮込んであります ウサギ肉の猟師風煮込み。 この店のハウスワインの赤はどっしりしているので肉料理に良く合います。 値段も10ユーロ程度で手頃です チョコレートケーキ。 料理の美味しいレストランはドルチェも美味しい!チョコレートタルトは湯気が出るほど熱々で、切り口からトロリとチョコがでてきます• フィレンツェでは、マンジャフォーコ、ノエ、アルマンドなど、お気に入りの店に日本の方をお連れしていますが、この「イル・マガッツィーノ」が良かったと言う方が意外のほか多いです。 たしかに前菜もパスタもメイン料理も美味しいですね。 最近また訪れる回数が増えました。 (2012年7月 堂 剛) フィレンツェ名物モツ煮が思う存分楽しめる! フィレンツェの有名な伝統料理に、トリッパとランプレドットがあります。 前者は牛の第二胃袋(ハチノス)のトマト煮込みで、後者は牛の第四胃袋を野菜と一緒に柔らかく似たもの。 これらのフィレンツェ伝統料理は、車の荷台をお店に改造した屋台料理として市内でよく見かけます。 僕もフィレンツェに行けば必ずおやつに買い、その口の中でとろけるような肉に舌鼓をするのですが、今回、フィレンツェの友達が専門レストランに連れて行ってくれました。 そこは地元の人に人気の有名店で、モツの味はフィレンツェでもトップクラス、値段も手頃で、食いしん坊の僕はメニューを見た瞬間に恋に落ちたほどです。 シェフはフィレンツェの有名屋台出身! 「イル・マガッツィーノ」はイタリア語で「倉庫」という意味。 実はこのお店がある場所はその昔、肉の倉庫でした。 シェフはフィレンツェの有名トリッパ屋台である「イル・ポルチェッリーノ」(いのしし像があるロッジ近くの屋台)の出身で、当時彼はこの倉庫の肉を調理していたというのです。 その後独立時に倉庫の場所を買い取り、レストランにしたというから面白いですね。 シェフのルーカ・カイ氏は東京でも「フィレンツェ風モツ煮料理」を紹介した経験があり、味も腕も確かで、お店の中も洗練されています。 メニューは内蔵料理のオンパレード! メニューのほとんどがフィレンツェ伝統料理で構成され、中でも肉料理、内蔵料理が多く、このお店のスペチャリタ(名物料理)であることが伺えます。 今回僕たちは4人で、サラミの盛り合わせ、生ハムとフィレンツェ風揚げパン、トリッパのキタッラ(太麺パスタ)、洋梨と羊のチーズのリゾット、ランプレドット、ウサギ肉の煮込み、野菜のフリッタを注文。 ハウスワインも肉に良く合う重めの赤で、食後のケーキに注文した、チョコレートケーキやクレーム・ブリュレも熱々でとろける美味しさ。 水やテーブルチャージを含めて4人で90ユーロ、フィレンツェにしてはかなりリーズナブルな価格です。 中心街でフィレンツェ伝統料理、最高のモツ煮込み料理を手頃な値段で味わえる貴重なレストランです。 昼メニューはさらにお得な料金。 行かなきゃ損です! 今回は夕食を予約して行きました。 8時半の入店時には1組だけだった店内も、9時半を回る頃にはほぼ満員。 平日でこれだから週末は予約必須のお店と言えます。 さらに聞いた話では、昼はメニュー・フィッソ(セットメニュー)があって夜の半額以下で食べられるとのこと。 プリモ(パスタ料理)、セコンド(肉料理)をそれぞれ6種類くらいから選ぶことができ、ワインと水もついて10ユーロというから驚きです。 観光で行く場合は昼に行って味見をし、気に入ったら夜を予約するというのもいいですね。 ご注意を。 【イタリア在住:堂 剛】 フィレンツェ名物のランプレドットを食べるならこの店で決まりです。 臭みもなく誰もが満足できるでしょう。 さらにこの店の良いところは、看板料理である内蔵料理以外もとても美味しいのです。 野菜だけの料理も数多くあって、パスタの味も極上です。 のんびりと赤ワインを傾けながら、楽しく美味しく食事ができる貴重なレストランです。 5ユーロ、Cartuccini con vin santo(ヴィンサントとクッキー)5ユーロ X fenire 食後に Caffe'(カフェ)1. 5ユーロ、Caffe' corretto(グラッパ入りカフェ)1.

次の

【とちおとめ】栃木県の奥様37【那須高原】

イル リストランテ ィーノ 炎上

楽しく、美味しく食事できました こちらで紹介されているの美味しさに感動して、夫と「内臓系料理を堪能したい」という意見が一致して行きました。 そしてこの「Il Magazzino」さんで堪能してきました。 外のテーブルで食事したのですが、お店が面した小さな広場も静かでゆったりと食事ができました。 (2011年4月 T. A様) 店の中はきれいで暖かみがある木がベース。 伝統モダンの落ち着きのある雰囲気で、くつろいで食事ができます 料理は前菜やパスタの他、手頃な一皿料理もあります。 写真はフィレンツェ名物のコッコリと生ハム。 コッコリは一口大の揚げパンです。 熱々は最高に旨い! トリッパをパスタのソースにした一皿、Chitarra del Trippaio。 内蔵でも上手く調理するとここまで臭みがなくなるのかと感心 洋梨と羊のチーズのリゾット。 肉料理以外もあるので内蔵系が苦手なひとでも大丈夫 店の名物料理の一つであるランプレドット。 唐辛子オイルと香草でお好みの味にアレンジできます。 肉は口の中でとろけるほど柔らかく煮込んであります ウサギ肉の猟師風煮込み。 この店のハウスワインの赤はどっしりしているので肉料理に良く合います。 値段も10ユーロ程度で手頃です チョコレートケーキ。 料理の美味しいレストランはドルチェも美味しい!チョコレートタルトは湯気が出るほど熱々で、切り口からトロリとチョコがでてきます• フィレンツェでは、マンジャフォーコ、ノエ、アルマンドなど、お気に入りの店に日本の方をお連れしていますが、この「イル・マガッツィーノ」が良かったと言う方が意外のほか多いです。 たしかに前菜もパスタもメイン料理も美味しいですね。 最近また訪れる回数が増えました。 (2012年7月 堂 剛) フィレンツェ名物モツ煮が思う存分楽しめる! フィレンツェの有名な伝統料理に、トリッパとランプレドットがあります。 前者は牛の第二胃袋(ハチノス)のトマト煮込みで、後者は牛の第四胃袋を野菜と一緒に柔らかく似たもの。 これらのフィレンツェ伝統料理は、車の荷台をお店に改造した屋台料理として市内でよく見かけます。 僕もフィレンツェに行けば必ずおやつに買い、その口の中でとろけるような肉に舌鼓をするのですが、今回、フィレンツェの友達が専門レストランに連れて行ってくれました。 そこは地元の人に人気の有名店で、モツの味はフィレンツェでもトップクラス、値段も手頃で、食いしん坊の僕はメニューを見た瞬間に恋に落ちたほどです。 シェフはフィレンツェの有名屋台出身! 「イル・マガッツィーノ」はイタリア語で「倉庫」という意味。 実はこのお店がある場所はその昔、肉の倉庫でした。 シェフはフィレンツェの有名トリッパ屋台である「イル・ポルチェッリーノ」(いのしし像があるロッジ近くの屋台)の出身で、当時彼はこの倉庫の肉を調理していたというのです。 その後独立時に倉庫の場所を買い取り、レストランにしたというから面白いですね。 シェフのルーカ・カイ氏は東京でも「フィレンツェ風モツ煮料理」を紹介した経験があり、味も腕も確かで、お店の中も洗練されています。 メニューは内蔵料理のオンパレード! メニューのほとんどがフィレンツェ伝統料理で構成され、中でも肉料理、内蔵料理が多く、このお店のスペチャリタ(名物料理)であることが伺えます。 今回僕たちは4人で、サラミの盛り合わせ、生ハムとフィレンツェ風揚げパン、トリッパのキタッラ(太麺パスタ)、洋梨と羊のチーズのリゾット、ランプレドット、ウサギ肉の煮込み、野菜のフリッタを注文。 ハウスワインも肉に良く合う重めの赤で、食後のケーキに注文した、チョコレートケーキやクレーム・ブリュレも熱々でとろける美味しさ。 水やテーブルチャージを含めて4人で90ユーロ、フィレンツェにしてはかなりリーズナブルな価格です。 中心街でフィレンツェ伝統料理、最高のモツ煮込み料理を手頃な値段で味わえる貴重なレストランです。 昼メニューはさらにお得な料金。 行かなきゃ損です! 今回は夕食を予約して行きました。 8時半の入店時には1組だけだった店内も、9時半を回る頃にはほぼ満員。 平日でこれだから週末は予約必須のお店と言えます。 さらに聞いた話では、昼はメニュー・フィッソ(セットメニュー)があって夜の半額以下で食べられるとのこと。 プリモ(パスタ料理)、セコンド(肉料理)をそれぞれ6種類くらいから選ぶことができ、ワインと水もついて10ユーロというから驚きです。 観光で行く場合は昼に行って味見をし、気に入ったら夜を予約するというのもいいですね。 ご注意を。 【イタリア在住:堂 剛】 フィレンツェ名物のランプレドットを食べるならこの店で決まりです。 臭みもなく誰もが満足できるでしょう。 さらにこの店の良いところは、看板料理である内蔵料理以外もとても美味しいのです。 野菜だけの料理も数多くあって、パスタの味も極上です。 のんびりと赤ワインを傾けながら、楽しく美味しく食事ができる貴重なレストランです。 5ユーロ、Cartuccini con vin santo(ヴィンサントとクッキー)5ユーロ X fenire 食後に Caffe'(カフェ)1. 5ユーロ、Caffe' corretto(グラッパ入りカフェ)1.

次の