わたし を 離さ ない で ドラマ。 わたしを離さないで

TVドラマ「わたしを離さないで」あらすじ・感想まとめ

わたし を 離さ ない で ドラマ

コテージで、他の施設出身の提供者たちとの共同生活が始まりました。 そこで恭子たちは、身体が弱った提供者の世話をする介護人の存在を知ります。 介護人になるか、ならずにそのまま提供者になるかのどちらかしかないという、自分たちの運命を突きつけられたのです。 そんな中、恭子は共同生活にうまく馴染めず、次第に孤立していきました。 真美という同級生から手紙を受け取った恭子は、真美のコテージまで会いに行くことに。 そのコテージでは人権を主張するために戦っているグループがあり、真美は恭子を誘います。 恭子は改めて自分の猶予期間が3年間しかないことを痛感し、コテージで優しくしてくれていた立花浩介を頼り、一夜を共にするのでした。 どんどん追い詰められていく友彦は自暴自棄になり、恭子に当たり散らします。 そんな時、恭子は偶然、龍子先生と再会。 龍子先生は現在、提供を受けた人たちにインタビューしていました。 そして恭子と友彦は、学苑を抜け出し提供に出された級友の提供によって助かった男性と出会います。 勇気をもらった友彦は、全てを受け入れるようになりました。 そして、友彦の提供の日。 恭子は、今回で終わらなかったら自らが終わりにすると提案します。 友彦は自分で終わらすと宣言し、手術室へ。 恭子が介護していた他の提供者たちはみんな使命を全うし、いなくなっていました。 ずっと提供通知が来ない恭子はのぞみが崎に向かい、新たに歩き出します。

次の

「わたしを離さないで」で出てきたCDの曲・アーティストは?主題歌・挿入歌も気になる

わたし を 離さ ない で ドラマ

「わたしを離さないで」 というドラマをネット配信で見ました。 色々気になって検索して、何となく理解したこともありますが、まだ疑問があります。 ドラマや原作の本をご覧になった方の感想 やご意見を伺えれば嬉しいです。 陽光が特別で、読み書きすら満足にできず放置されて育った人が、いきなり完全にではないですが社会に出てやっていけるのでしょうか? 一応コテージの人たちはだらしないものの、掃除や洗濯、食事作りをして、介護人研修を受け介護人をしますし、たまには外出もしています。 介護人は提供者の世話のため洗濯したり買い物に行ったりします。 真実のマンションでは地下運動をしていました。 読み書きもろくにできずに、提供人に渡される書類やはがきを読めるのでしょうか? 恭子が担当する提供人は文庫本を読んでいました。 昔学校に通えず読み書きができない人が高齢になって夜間学校に通うドキュメンタリーがあったりしますが、そういう方々は書類など読めなくて苦労したといいます。 クローン人間達は産まれた時から人間社会と隔離されて育つ設定です。 私は、『わたしを離さないで』の世界観は、現実の欧州移民社会の風刺だと思います。 現実の欧州では、移民の子供達がネイティブの社会から隔離され、現地の言葉や習慣から切り離されて育つ。 移民の子であるため、英語が喋れないイギリス人がいるそうです。 そのため彼等は産まれながらにして下層階級としての人生が定められてしまう。 クローン人間達が臓器提供者としての人生しか選択肢がないように。 ネイティブの人達は、そうしたマイノリティの苦痛を全く知らないまま日常生活を送っていますが、彼らは確かに存在する。 『わたしを離さないで』はそうした移民社会を風刺した作品なんだと思います。

次の

はじめに|TBSテレビ:金曜ドラマ『わたしを離さないで』

わたし を 離さ ない で ドラマ

「私を離さないで」の原作者であるカズオイシグロさんがノーベル文学賞を受賞したことを記念して、 ドラマ「わたしを離さないで」が再放送されることが決定したようです。 時間帯は深夜のだいぶ深めの時間で、1日1話ずつ放送されます。 深夜に見るにはちょっと重い内容ではあるけど、静かにじっくり見るほうが良いドラマではあると思うので、改めて見てみてはどうでしょうか。 以下、 再放送日時について記載します。 スポンサーリンク? ドラマ「わたしを離さないで」の再放送日程• 第1話:10月18日(水)26:35~27:45• 第2話:10月19日(木)27:05~28:00• 第3話:10月20日(金)27:07~28:00• 第4話:10月23日(月)26:35~27:30• 第5話:10月24日(火)26:45~27:45• 第6話:10月25日(水)26:35~27:30• 第7話:10月26日(木)27:05~28:00• 第8話:10月27日(金)27:07~28:00• 第9話:10月28日(土)27:08~28:00• fluuche 3月18日の放送で完結となった、ドラマ「わたしを離さないで」。 そのDVD-BOXが8月に発売されるようです。 早期購入限定の特典もあるようなので、紹介します。 わたしを離さないでドラマDVD-BOXの内容 DVDの発売は、 8月26日 とまだけっこう先になりますが、 すでに予約は開始されています。 DVDの特典映像として、以下の内容も収録されるとのこと。 美和が恭子に渡していた、あの「ごめんね」と書かれたリスのポストカードですね。 ドラマの物語のテーマ自体もそうですが、 主題歌・挿入歌も注目されたドラマでしたね。 fluuche とうとう最終回が終わりましたねー。 やっぱり原作通り、悲しい結末ではありましたが、 ちょっと違う形の終わり方でした。 最終話の詳しいあらすじを紹介します。 「戻ってきたら予定を相談させて」と言うと、 「戻ってこなくていいよ。 おれだってたまには1人になりたいんだ」と友彦に言われ、恭子は自宅に戻ってきた。 そして次の日、友彦の部屋へ行くと、 「おれの介護人やめてほしい」と言われる。 3度目の提供手術で多くの提供者は終了してしまうが、もし生き延びたとしても、自分ではトイレにもいけないような体になってしまう可能性が高い。 そんなみじめなところを見せたくないという。 しかし恭子は、提供までそれほど時間もないタイミングで変えるのは良くないといい、 友彦のところで寝泊まりすることはやめ、普通の介護人として続けることにした。 後日、友彦の部屋へ行くと、サッカーボールやこれまで描いた絵がゴミ袋に捨てられていた。 恭子はそれを綺麗に元に戻したが、それを見た友彦は、それを床にぶちまけながら 「おれがバカだったって証拠だろ!もう忘れたいんだよ、こんなの!」と叫んだ。 恭子はそれを拾いゴミ袋へ入れて持ち帰った。 一方、神川恵美子(麻生祐未)の家には、山崎次郎(甲本雅裕)が来ていた。 山崎は、いまは子供たちに絵を教える教室を開いているという。 そんな中、神川は病院の先生に聞いた、最近は高齢になった人の中には提供を拒否する場合も多いという話をする。 提供のおかげで、寿命が延びてしまい、長すぎる余生を扱いかねる人が多いためだ。 「この提供というシステムは、いずれ終わりを迎えるのかもしれませんね」という神川。 「やっと夢がかないますね。 本当はずっとそれを望んでらっしゃったんじゃないですか?」 スポンサーリンク? そんなある日、恭子のもとへ友彦が倒れたという連絡が届く。 急いで友彦のもとへ向かうと、薬も食事もちゃんと摂っておらず倒れてしまったのだという。 恭子が看病していると目を開ける友彦。 「そんなに私に介護人をやめてほしかったの?それとも提供自体を拒否したいの?」 「わからない、もう早く終わってほしいんだ」 「私は友に終わってほしくない。 いてほしい…」と涙を流す恭子。 その帰り道、恭子は偶然歩いていた堀江龍子(伊藤歩)と出会った。 そして、サッカーの試合を友彦といっしょに見に来ないかと誘われる。 友彦に話をすると、観に行きたいと言い 向かうと、小学生のサッカーチームの試合だった。 そこに、「ひろき、頑張れー!」と子供を応援している一人の父親(かもめんたる・槙尾ユウスケ)がいた。 その人は、友彦たちが幼少期いっしょにすごした広樹(小林喜日)から、過去に心臓の提供を受けたという。 堀江は陽光を出たあと、提供者から提供を受けた人たちのインタビューをして回り、その中のひとりがその父親だった。 インタビューを嫌がる人も多かったが、その父親は、提供者がどんな人のなのかを知りたいと言い、堀江は広樹のことをいろいろ話した。 すると、その父親は生まれた自分の子どもに広樹と名付けたのだという。 「あなたたちからすれば身勝手な善意かもしれない。 あなたたちの命が役に立ってますって言われたところで何も変わらないかもしれない。 でも私は、その事実に少し救われた。 そこに、感謝もあることに。 生まれてきてくれて、ありがとう…!」 そう言う堀江に、友彦は 「嘘じゃなかったんですね。 世界はぼくが思ってるよりずっと広いって教えてくれたじゃないですか。 世界はやっぱり広いんですよ、先生」と言い、笑った。 施設に戻った友彦は、恭子に話しかけた。 「なんか、もういいんじゃないかなって思った。 隣に恭子がいてくれたら、それでいいんじゃないかって。 小さい頃から恭子はいつもおれの心配してくれてさ。 それだけおれは十分幸せなことだって思って。 それにおれ、忘れてたけど、実はひとつ夢が叶ってたんだ。 おれ、コテージで別れた後も、ずっともう1回恭子に会いたいと思ってたんだよ。 夢はもうとっくに叶ってた。 恭子、おれ生まれてきて良かったよ。 この世に恭子がいて、会えてよかった。 こんな終わり方ができてよかったよ」 と抱きしめた。 「もう離さないで、私を離さないでよ…」と泣く恭子。 そして、友彦の提供手術の日がやってきた。 恭子は友彦の遺品を車に乗せて走り、「世界は広い」という友彦の言葉を思い出しながら、川に友彦の大事にしていたサッカーボールを流した。 恭子のもとにはまだ提供通知は来ていなかった。 ある日、恭子があののぞみヶ崎へ行くと、神川がいた。 「お久しぶりですね。 何か探しに来たんですか?ここはのぞみヶ崎ですから」という神川。 「どうして陽光ではこれを渡していたんですか?」 と、恭子は持ってきていたバスケットケースについて聞いた。 「誰にも奪えないものを持っていてほしかったんです。 あなたたちの体は奪われてしまう。 でも思い出は奪えない。 あなたたちを支えてくれるんじゃないかと思ったんです」 「でも、みんないなくなってしまって。 誰も取りに来ないのに、みんなの忘れ物あずかってみるみたいで…」 と言う恭子。 なんのために生まれてきたのかは分からず、命はいずれ終わる。 それを知らされているか、知らされていないかの違いで。 「友、もうそろそろ私もそっちに行っていいかな?いいよね…」 そういうと、恭子は靴を脱ぎ、海に入っていった…。 しかしそのとき、サッカーボールが流れてきて恭子の足にあたった。 川に流したあのボールだった。 恭子は涙を流しながらボールを抱きしめ、海から上がった。 終わりまで、明日を。 スポンサーリンク? 最終話を見た感想 これまでの中でいちばん胸が苦しくなるような最終話で、友彦が恭子に「恭子がいて幸せだった」というシーンでは、ちょっと泣いてしまうほどでした。 原作も映画も、このドラマも、決して救いはない物語だけど、 でも、恭子がいっていた通り、知らされているかいないかの違いで、本当はそんなに大きく違いはないのかもしれないとも思いました。 友彦も恭子も時間は一瞬といっていいぐらい短かったけど、本当に幸せな瞬間があって良かったと思うし、あの2人よりもつらい人生を送っている外の世界の人もいたかもしれない。 たしかに自由はないけど、逆に言うと、あるところまでは生きられる、という希望もあるから。 絶望の中の希望という感じのテーマは、個人的にはちょっとしんどくはなるけど好きなので、このドラマもかなり心に強く残りました。 でも、最後にふと思ったのは、恭子がそうしようとしたように、 提供者の中には、自ら命を絶とうとする人や、 もしかしたら提供を受ける側(ルーツ)の命を奪おうとする人も けっこう多く出てくるんじゃないかと思ったんですけど、どうですかね。 あと、陽光学苑がつぶれた理由とか、神川先生は提供者だと言っていたのに、今回医者から「提供を受けますか?」と聞かれていたところとか、 ちょっといまいち分からない部分もいくつか残りました。 ちなみに、次の春ドラマにも 綾瀬はるかさん主演のドラマ「精霊の守り人」があって、 明日から放送開始なのでそっちも楽しみです。 最終回は初の2桁いくことができるか。 また分かれば追記します。 でも実際に毎回見ていた人の反応は、重いけど心に残る良いドラマだったという声が多いようでした。 金曜の疲れたタイミングで見るにはしんどすぎるテーマだったという意見もありましたね。 他のドラマの視聴率を見ても、2桁いっているのが少ないぐらいなので、いまは全体的にドラマの視聴率自体下がってきているのかも? というか、録画や、TVerの配信で見る人もいるでしょうから、リアルタイムの視聴率だけで測るのはどうなのかという気もしますね。 スポンサーリンク? fluuche いよいよ次回3月18日放送が最終回となる、ドラマ「わたしを離さないで」。 前回第9話では、苦労して見つけた神川先生のもとへ行くも、 結局猶予なんていうものは無い、という悲しい結果に終わってしまいました。 そして、友彦の3回目の提供の知らせが届き…。 次回の最終回はどんなふうに最後を迎えるでしょうか。 わたしを離さないで最終回第10話の予告 唯一の希望であった猶予がないことがわかり、塞ぎこんでしまった友彦(三浦春馬)に3度目の通知が届く。 たいていの提供者は3度目で終わりを迎えるが、なかには3度目を耐えられる提供者もいる。 しかし、そうなると体の自由がきかなくなり、トイレも一人ではままならない。 恭子(綾瀬はるか)にふがいない姿をさらしたくない友彦は、自暴自棄になっていたこともあり、恭子に介護人をやめるよう願い出る。 動揺しながらも必死に説得する恭子だったが、ある日、友彦が倒れたと報告を受ける。 そんな中、恭子はばったりと龍子(伊藤歩)と再会。 落胆し、無気力となった友彦の 様子を聞いた龍子は、サッカー観戦に友彦を連れ出そうと提案する… 幼少期以来の、久しぶりの登場となる、 堀江龍子先生(伊藤歩)や山崎次郎(甲本雅裕)も出てくるようですね。 予告動画では、山崎が「ついに夢がかないましたね…」と神川に話すシーンも。 fluuche ドラマ「わたしを離さないで」もいよいよ残り2話となりました。 今回は、ついに一緒になれた恭子と友彦が、 猶予を求めに神川先生のもとへ行くという内容。 原作で知っていたとはいえ、 やはり悲しい展開でした…。 詳しいあらすじを紹介します。 2人は、美和(水川あさみ)からも言われた通り、神川恵美子先生(麻生祐未)のところへ猶予を願いに行こうと考えていた。 そして、恭子はもし猶予がなかったときに友彦が傷つかないようにと思い、まずはひとりで神川のもとへ向かった。 しかし、美和からもらった住所に行くと、神川は引越しをしていた。 一方の友彦は、恭子の心配をよそに 「もらったのは夢だと思うんだ。 もし叶わなくても仕方ない、でも追いかけるのを楽しもうって思ってる」と前向きだった。 神川の居場所にたどり着けるよう、マダムの持って行った絵のある場所を探し、何とか必死に手がかりを見つけようとする恭子。 そんなとき、友彦がベッドの上で何気なく読んでいた本の表紙に、恭子が幼少期に書いたひまわりの絵が使われているのを見つける。 恭子は出版社へ問い合わせをし、なんとかマダムに取り次いでもらえるようお願いする。 すると、しばらくして神川の居場所が書かれた手紙が届いた。 神川は、あの のぞみヶ崎に住んでいるという。 連絡がきたということは猶予はあるのだと、友彦の描いた絵をたくさん持って、期待してのぞみヶ崎に向かう2人。 スポンサーリンク? 神川の家に着くと、マダムも来ていたようで2人を迎えてくれた。 家に入ると、神川が車いすに座っていた。 神川は恭子と友彦の2人のこともよく覚えていた。 さっそく猶予について切り出す2人。 友彦の描いた絵を見せると、「どの絵からも彼女への愛情が伝わってきます」と言う神川。 「私には彼が必要なんだって思います。 なんとか私たちに猶予をお願いできないでしょうか」とお願いする恭子。 しかし、 「あげられるものならあげたいです。 でも…、そんなものは無いんです」という神川。 「じゃあ陽光で子供たちに絵を描かせたのは、なんだったんですか!? 龍子先生(伊藤歩)からの手紙にあった、陽光の秘密、計画って何なんですか!」と問い詰める友彦。 すると、「長い話になります…」と神川は話し始めた。 「私が陽光をつくったのは…、私が初めての成功例だからです。 私は、あなたたちと同じ、クローンなんです。 私の父は科学者で、クローン技術の開発に携わっていました。 そして、母のクローンとして私は作られ、そして夫婦の子供として育てられたんです。 それを初めて知らされたとき、私はぞっとしました。 ずいぶん長い間、悩みました。 そして、私がいきついた答えが、提供者への教育でした。 陽光学苑という形でした。 私が目標としたのは、すべての提供者に高度な教育を与えること。 優秀な介護人になれば、生き延びることもできる。 そのためには、陽光の教育の成果を示すことが必要でした。 あなたたちに絵を描かせたのは、その一環です。 この子たちだって、ちゃんとした教育をすれば、ふつうの子どもたちと同じように育つ。 この子たちにだって魂はある。 そう世間に知らせるためのものだったんです。 マダムさんは政治家や財界人に絵を寄贈して、それに協力していてくれたんです」 それを聞いた恭子は、泣きながら言った。 「外の世界の人たちは、私たち提供者には魂がないものだと思ってるっていうことですか…? 私には美和という親友がいました。 過去にはいろんないやがらせも受けました。 そして心なんていらない、とすべての感情にフタをしたこともありました。 でも、彼女の介護人になってみて、すべては愛情が欲しかったからだったんだと分かりました。 私たちに猶予を勝ち取ってくれと言って、立派に使命を終えていきました。 彼女が残してくれた、握り合う手のオブジェからは、彼女の魂を感じました。 その私が感じたものは、魂じゃないんですか!? 彼女には魂はなかったんでしょうか!」 「人間というのは、いまあるものが無いという世界には戻れないものなんです。 クローンの存在で病魔の恐怖から逃れられる。 だから、人間は提供者には魂がないと思いこむんです…。 私はあなたたちに、許される中での最大限に豊かな人生を歩んでほしいと思ったんです。 私は間違ってましたか…?」と神川も涙をこぼしながら答える。 しかし、それを黙って聞いていた友彦が「じゃあ、帰りますか!」と元気に言った。 帰りの車中でも、「結局、言い訳聞かされただけみたいな感じだったけど、探偵ごっこみたいで楽しかったな…。 いまだって猶予みたいなもんだしな…」と言う友彦。 しかし、車が信号で止まったとき、 突然、友彦が車から飛び出した。 そして、泣き叫びながらガードレールを何度も殴りつけた。 恭子は友彦を必死に押さえつけた。 希望を持ち続けようとした友は、その分、誰よりもたくさん傷ついてきたのだから…。 そして数日後、恭子のもとに、友彦の3回目の提供の知らせが届いた。 スポンサーリンク? 第9話を見た感想 神川先生と話すシーンが長くメインの回でしたね。 いま思えば、龍子先生の手紙は、悪気はなかったであろうとはいえ、 ちょっと思わせぶりな感じはしてしまいますよね。 神川先生とマダムさんも、絵もじっくり見て、だいぶ溜めたあとで 猶予はありません、だったので、恭子と友彦の期待の裏切られ方はかなり大きかったんだと思います。 マダムさんは、協力者のひとりということでしたが、 本人が何者かはあまり分からずじまいでしたね。 あと、陽光がつぶれてしまった理由も結局は分からないままでした。 次回予告でもまた神川先生や、山崎(甲本雅裕)先生たちも出ていたので、そこで分かってくるんでしょうか? 次回はいよいよ最終回。 今回の最後に友彦の3回目の提供の通知が来ていましたが…、 どんなクライマックスになるでしょうか。 第9話の視聴率 前回8話の視聴率は 6. 最終回ぐらいは2桁いきたいところですね。 また、9話の視聴率もわかれば追記します。 わずかですがアップしましたね。 スポンサーリンク? fluuche 前回8話では、美和がとうとう終了してしまいましたが、 最後に美和から本音が出てきて、 恭子と友彦が一緒になることができましたね。 やっと恭子に訪れた幸せな時間。 残り2話、恭子と友彦は、友彦の最後の提供が来る前に 一緒に猶予を勝ち取ることはできるんでしょうか。 わたしを離さないで第9話の予告 ようやく一緒になることができた恭子(綾瀬はるか)と友彦(三浦春馬)。 友彦の次の提供が決まる前にどうしても恵美子を探し出さなければ…と、焦る恭子。 やがてそんな苦労の甲斐もあって、恵美子が住んでいる所を突き止めた2人。 お互いの愛を証明して猶予を勝ち取るために、友彦が描いた絵を持って恵美子のもとを訪れるが… 最近ちょいちょい出てきていた神川先生のところへ猶予を求めに会いに行くようですね。 陽光がなくなってしまった理由についても次回明かされるようです。 予告動画で友彦が言っていた「もらったのは夢だと思う」という言葉の意味とは…。 fluuche.

次の