湯快リゾート ログイン。 湯快リゾートプレミアム白浜御苑のプールを徹底紹介 | 湯快リゾート口コミ ブログ

湯快リゾート プレミアム ホテル千畳【 2020年最新の料金比較・口コミ・宿泊予約 】

湯快リゾート ログイン

湯村温泉・湯快リゾート三好屋の本館を徹底的にご紹介しています。 スポンサーリンク 三好屋別館・清山荘に宿泊した感想 私は本館にも宿泊したことがあります。 そのうえで感じるのは、本館と別館清山荘では、「まるで雰囲気が違う」ということです。 清山荘の館内は「古いんだけれど現代的」な雰囲気が漂っています。 まるで昭和か大正の時代にタイムスリップしたかのような懐かしさを感じました。 それに客室が少なく、人の出入りが少ないせいか静かで落ち着いた時間を過ごせた気がします。 私が宿泊した客室のすぐ下には春来川が流れており、川のせせらぎを聞きながら癒しの時間を過ごせました。 食事や入浴のために本館まで行かなければなりませんでしたが、苦痛は感じませんでした。 三好屋別館・清山荘は以下のような方々にオススメです。 コンセプトは、「 懐かしさを新しく『レトロモダン』を愉しむ宿」だそうです。 三好屋本館が典型的な大衆宿の雰囲気に対して、別館・清山荘は、隠れ家的な雰囲気です。 実際館内に入ってみると、雰囲気の違いに気づきます。 別館・清山荘の館内は大正ロマンを思わせる雰囲気です(あくまでも個人的感想です)。 客室も昭和にタイムスリップしたかのような、どこか懐かしい雰囲気があります。 荒湯などがある湯村温泉の中心街に近い場所に位置している点も魅力です。 上の写真は、清山荘の全体図です。 清山荘は、春来川を挟んで北館と南館に別れており、北館と南館は連絡通路で繋がっています。 写真左側が北館で、写真右側が南館です。 南館からはさらに連絡通路が本館まで伸びています。 上の写真は、湯快リゾート三好屋の全館位置図です。 清山荘にはレストランがなく、食事をするためには本館に行かなければなりません。 それに展望大浴場や森林露天風呂を利用するには本館に行かなければなりません(清山荘に小浴場はあります)。 本館へは外の公道を歩いていくか、館内に張り巡らされた連絡通路を歩いていきます。 清山荘のフロント付近から館内の連絡通路を歩いて本館に行く様子が以下の動画で紹介されています。 三好屋別館・清山荘にチェックイン 上の写真は清山荘北館の玄関を入ってすぐのフロントです。 清山荘に宿泊する際は本館フロントではなく、清山荘のフロントでチェックインします。 自家用車で宿まで来た場合は、本館近くの第1駐車場か第2駐車場(本館から約500m離れている)に車を駐車します。 上の写真は、本館近くの第1駐車場です。 第1駐車場から清山荘へは徒歩約5分の距離です。 駐車場スタッフに頼めば、ワゴン車で清山荘まで送ってもらえます。 客室の様子は? 清山荘の客室の様子をご紹介します。 私が宿泊したのは、北館2階の1206号室です。 玄関を入ってすぐの4畳半の和室です。 障子を開けると、洗面台や冷蔵庫が設置された小部屋がありました。 小部屋の窓を開けると、眼下に春来川が流れています。 川に面した小部屋には椅子も設置されているので、天気の良い温かい日は窓を開けて川のせせらぎに耳を傾けるのも良いでしょう。 窓の外左手を見ると、手前に南館に通じる連絡通路と南館が見えます。 そして、南館のさらに先には本館の上層階が見えます。 玄関の反対側から撮った客室の写真です。 派手さはなく、昭和のノスタルジーを感じさせます。 清山荘館内の様子は? 続いて清山荘館内の様子をお伝えします。 上の写真は北館から南館に通じている連絡通路です。 壁面には昔の湯村温泉の写真が飾られています。 南館にある清山荘の小浴場です。 男女別に小浴場が設けられています。 南館にある娯楽室です。 ゲームコーナー、まんがコーナー、卓球コーナー、インターネットコーナーがあります。 リクライニング式のマッサージチェアも2台設置されています。 すべて無料で使えます。 南館2階に設置された憩いスペースです。 三好屋本館についてお知りになりたい方は以下の記事をご覧ください。

次の

【湯快リゾート】3密回避および衛生管理を徹底したテイクアウト形式の食事提供を開始|湯快リゾート株式会社のプレスリリース

湯快リゾート ログイン

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. jpg.

次の

湯快リゾートプレミアム 白浜御苑 口コミ 【楽天トラベル】

湯快リゾート ログイン

白浜町で宿をお探しですか?ファミリー向けホテルをご希望でしたら湯快リゾート ホテル千畳をおすすめします。 白浜町の主要観光スポットへのアクセスが良好です。 ホテルの客室には冷暖房完備、および客室内冷蔵庫をご用意しております、便利な無料wi-fiもご利用になれます。 湯快リゾート ホテル千畳では24時間対応のフロントデスク、ショップ、およびコーヒーショップをご利用になれます。 また、湯快リゾート ホテル千畳ではプール、およびレストラン・飲食店が提供され、白浜町滞在をさらに充実させます。 無料駐車場もあわせてご利用ください。 湯快リゾート ホテル千畳滞在中は白浜海中展望塔 0. 6 km 、および白浜銀座 足湯横丁 1. 7 km を要チェック。 白浜町の人気観光スポットです。 アジア料理をお探しの場合は幸鮨、和歌山ラーメン まるまさラーメン、または紀州らーめん おかげさんへ行ってみませんか?湯快リゾート ホテル千畳から歩いて行ける距離にあります。 時間が許せば千畳敷、三段壁、および平草原公園もおすすめします。 徒歩圏内にある人気観光スポットです。 湯快リゾート ホテル千畳を自信を持っておすすめします。 白浜町の主要観光スポット巡りにぴったりです。 湯快リゾートのいろんな企画のひとつに「豪華食材」があって、2018年の1,2月は前回の紅ズワイではなく本ズワイとわかってすぐに計画を立てた。 当初は予約も少なかったようで、いろんな希望が叶えられた。 で、ここではオーシャンビューの部屋に泊まれることととなった。 三軒目のホテル千畳は大阪などから近く、反応が大きいらしい。 行った時は知れわたったらしく、バイキングの夕食はカニ目当てのお客で大盛況であった。 まだ先月はホテルも客も遠慮がちに一杯ずつ、または一匹丸のままか肩だけかなどと、多少は遠慮がちに追加を受けとっていたのだが、ひと月経つとさっとカニの前に行列が出来て、「幾つ?」と聞かれるようになった。 「えーと」と言っている間に三杯つかんでいたのでそのまま受け取った。 三杯は多くないらしい。 掛け流しの温泉もいいのでゆっくりしたかったが、たまたま強力な寒波が来襲しており、大急ぎ帰ることにした。 露天風呂は強風の中だった。 秋のキャンペーン中で、天王寺からホテルへのバス送迎が片道1000円でした。 メール会員だと更に100円割引や館内特典があるので登録しておくと便利です。 ホテル自体は古いのですが清掃が行き届いています。 露天風呂があるのでここを選んだのですが、大浴場とは別の外にあり、本館から出てかなり外を歩きます。 途中鉄階段だったりするので雨の日はお勧めできません。 露天風呂は流し場もなく湯はぬるすぎて風邪をひきそうでした。 バイキングも宿泊料金に見合ったものでしたが、夕食のステーキ肉が臭くて辟易しました。 昼食がバス内で予約出来て待ち時間が無いのは助かりました。 全体的に「値段からしてこんなもんだろう」という感じです。 とりあえず安い交通費で、寝るだけで良いというふうにあまり期待せずに行くと良いかと思います。 マッサージも全身したければ無料のチェアで、なので温泉にゆっくりつかってからマッサージというのは望めません。 唯一あるヘッドスパはとても上手でした。 目の前にコンビニがありますが、館内の自販機の飲み物価格は外と変わりませんしお菓子やアイスクリームも館内で買えます。

次の