犬 糸球体疾患。 泌尿器系の疾患/糸球体腎症

犬の糸球体腎炎 症状と原因と予防・治療方法

犬 糸球体疾患

糸球体毛細血管壁に、免疫複合体が存在することで、糸球体の障害と蛋白尿がみられます。 循環中の可溶性抗原抗体複合体が、糸球体に沈着・捕捉されるということです。 これが、既存の免疫複合体が糸球体に沈着して、糸球体に障害を与える場合です。 一方で、糸球体毛細血管壁周辺において、免疫複合体が形成されて糸球体に沈着することもあります。 循環抗体が、内因性の糸球体抗原や糸球体毛細血管壁に結合した非糸球体性の外来抗原と結合して、免疫複合体を形成します。 この非糸球体性抗原は、糸球体毛細血管壁に対する電荷の相互作用や生化学的な親和性によって糸球体毛細血管壁に沈着・捕捉されると考えられます。 これには、フィラリア症に関連した免疫複合体があります。 犬や猫の自然発症の糸球体腎炎には、いくつかの感染性・炎症疾患が免疫介在性糸球体疾患と関連していますが、内因性糸球体基底膜物質に対する直接的な自己抗体は確認されていません。 免疫学的手法を使えば、糸球体内の内因性免疫グロブリンや補体の存在を証明できるのですが、ほとんどの症例で、元となる抗原や基礎疾患が同定されることもありません。 でも、免疫疾患です。 糸球体腎炎として、『炎症』という表現を使ってますけど、免疫複合体の発現に関連する糸球体病変で、好中球の浸潤を伴う炎症所見ってのは、ほぼみられません。 糸球体腎炎と関連する疾患 糸球体は、炎症性サイトカイン、血管作動性物質、成長因子、細胞外基質蛋白などの生理活性物質や、組織損傷を引き起こす蛋白分解酵素などの産生を促す組織障害性免疫複合体に対する特有の環境を提供しています。 これらの物質は、免疫介在性病変に隣接する内在性糸球体細胞、血小板、マクロファージ、好中球によって産生されると考えられています。 例として、レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系は、腎臓の血行動態、炎症や線維化に影響を与えます。 血行動態への影響というのは、糸球体輸出細動脈における血管収縮作用で、糸球体内の高血圧が引き起こされます。 この糸球体の毛細血管圧の上昇によって、糸球体毛細血管壁の損傷部位からアルブミンの流出が助長されます。 アンジオテンシンやアルドステロンは、炎症反応にも働きかけて、糸球体細胞の増生と線維化を促進します。 さらに、アルドステロンは、線溶系の強力な阻害因子なので、プラスミノーゲン活性化因子阻害因子1(PAI-1)の放出を促して、糸球体血栓症を持続させてしまうこともあります。 レニン・アンジオテンシン系だけでなく、補体系の活性化、血小板凝集、凝固系の促進、フィブリン沈着などの因子も糸球体に傷害を与えます。 血小板の活性化と凝集は、血管内皮細胞の障害、抗原と抗体の相互作用で起こります。 血小板は、血管作動性物質や炎症性物質を放出して、さらに凝固亢進を促進して、糸球体の損傷を悪化させます。 この組織傷害に反応して、細胞の増殖や糸球体基底膜の肥厚が起きて、さらに損傷が続くと、血小板が成長刺激因子を放出させることで血管内皮細胞の増生を促しますので、硝子化や硬化が起こります。 基礎疾患が同定できない場合は、この免疫複合体が糸球体に与える反応を減弱させることを期待した治療を行います。 上記の例では、ACE阻害薬や抗血小板薬の投与を行うことになります。 糸球体が、糸球体腎炎によって不可逆的な損傷を受けると、ネフロン全体が機能しなくなります。 多くのネフロンが侵されると、糸球体濾過量が減少します。 残っているネフロンは、代償性に、個々の糸球体濾過率を増大させます(過濾過)。 ここに全身性の高血圧症が伴うと、蛋白尿がメサンギウム細胞を傷害して糸球体の硝子化と硬化を促進してしまいます。 そうなると、原疾患と無関係に不可逆的なネフロンの喪失が進行します。 アミロイド症も、慢性腎臓病を起こす進行性の疾患です。 アミロイド症は、潜在的な炎症性疾患や腫瘍性疾患に関連しているようですが、犬や猫での発生原因は特定できてません。 組織の障害に反応して、マクロファージが放出するサイトカイン(インターロイキンや腫瘍壊死因子[TNF])が肝細胞を刺激して、アミロイドが産生され、蓄積されます。 腎臓だけでなく、他の臓器にも沈着する全身性のアミロイド症を発症します。 症状 軽度の蛋白尿では、症状が認められないことがほとんどです。 認められても、軽度な体重減少や嗜眠傾向ぐらいです。 アルブミン濃度が、1. 飼い主が病院に連れてくる理由が、基礎疾患となるや炎症性疾患、腫瘍性疾患であったりします。 時には、肺血栓塞栓症による急性の呼吸困難や重度のパンティング、動脈血栓塞栓症による跛行で来院されることもあります。 蛋白尿が続くと、ネフローゼ症候群を引き起こす可能性があります。 ネフローゼ症候群になると、蛋白尿、低アルブミン血症に加えて、腹水や浮腫、高コレステロール血症がみられます。 血漿膠質浸透圧の低下に加えて、アルドステロンの活性が上昇して水分保持が働き、腹水や浮腫の原因になります。 高コレステロール血症は、蛋白およびリポ蛋白の異化減少と、肝臓での蛋白合成増加によるものと推測されます。 コレステロールを含むリポ蛋白というのは、分子量が大きいので、損傷を受けた毛細血管壁からの喪失は、それほどでもありません。 そのため、コレステロールの蓄積が起こります。 合併症 ネフローゼ症候群に加えて、全身性高血圧症と凝固亢進が高い確率でみられます。 全身性高血圧症の発症機序は、レニン・アンジオテンシン系の活性化と、腎臓からの血管拡張物質の産生低下と考えられます。 基礎疾患ではなく、腎疾患の続発症ということになります。 全身性高血圧症は、免疫介在性糸球体腎炎、糸球体硬化症、アミロイド症と関連性が高くて、糸球体の疾患を持つ犬の多くに高血圧がみられます。 全身性高血圧の結果として、網膜での出血・剥離・乳頭浮腫が起こることもあって、眼が見えていないという主訴で来院されることもあります。 全身性の高血圧は、糸球体毛細血管内にも影響を及ぼして、糸球体内の高血圧ももたらします。 血管内圧が上がると、毛細血管壁からの蛋白喪失を増悪させて、その際、血管壁に組織傷害を与えるので、余計に蛋白喪失が促されます。 血圧を制御すれば、糸球体疾患の進行を遅らせることが出来る可能性があるので、腎疾患を疑った症例に対しては、同時に血圧も測定しておきたいところです。 凝固亢進は、血小板の増加と過剰反応で起こります。 低アルブミン血症の程度に比例して、血小板の粘着と凝集が亢進します。 アンチトロンビン(AT)が尿中に漏出してしまうことも原因の一つです。 さらに、アルドステロンが、PAI-1を放出して線溶系に異常を来たすので、血液凝固が亢進します。 血液が凝固すると、肺血栓塞栓症を併発することが多いので、呼吸困難、低酸素症を示します。 肺血栓塞栓症の治療は困難ですから、ネフローゼ症候群を疑ったら、血栓形成を早い時期から予防しましょう。 蛋白尿自体も、糸球体や尿細管間質を損傷するので、ネフロンの喪失が進行する原因となります。 糸球体毛細血管壁を通過した血漿中の蛋白は、糸球体毛細血管網に蓄積してしまい、メサンギウム細胞の増殖を促進してメサンギウム基質の産生を増大させて、糸球体の硝子化と硬化を起こります。 糸球体濾過液中の過剰な蛋白は、尿細管上皮細胞に傷害を与えますから、尿細管間質の炎症、線維化、細胞死を引き起こします。 この尿細管間質の病変には、尿細管細胞のリソソームの傷害や破壊、過酸化反応による障害、免疫介在性障害、成長因子、サイトカイン、血管作動性物質の産生増加、尿細管細胞のコラーゲン生成能を有する筋上皮細胞への転換など、複雑な機序が関与しているようです。 蛋白尿は、慢性腎臓病の指標(尿蛋白/クレアチニン比など)であるとともに、進行性に腎臓に傷害を与える物質でもあるので、蛋白尿の軽減は重要な治療にもなります。 糸球体腎症の病態 抗原刺激の元を排除することは、糸球体腎炎の最も効果的な治療法です。 基礎疾患がわかっていれば、症状は改善して消失すると思います。 ただ、多くは抗原の由来や基礎疾患は特定できず、特定できても排除できません(腫瘍など)。 糸球体腎炎は、免疫疾患と考えられるので、免疫抑制療法が推奨されてもいいはずなんですが、免疫抑制剤による効果は、全くと言っていいほどありません(特に、犬)。 原因が、全身性エリテマトーデスである、ということなら、ステロイド治療は可能ですが、基本的に、糸球体腎炎の罹患犬には、ステロイドは使わないようにしましょう。 アスピリンは、非特異的シクロオキシゲナーゼ(COX)阻害薬なので、糸球体の炎症や血小板凝集(プロスタサイクリン産生による効果)に用いるには、薬用量には細心の注意は払いましょう。 極めて低用量のアスピリン(0. アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)は、蛋白尿を軽減させて、病状の進行を遅らせます。 蛋白尿に加えて、腎排泄機能も改善することが期待できて、生存期間の延長も認められるようです。 アンジオテンシンやアルドステロンの産生低下は、結果的に、腎臓の線維化を軽減します。 さらに、糸球体毛細血管壁の透過性を変化させて、糸球体硬化症の原因となりうる糸球体メサンギウム細胞の成長と増殖を遅らせます。 全身性の高血圧も改善しますし、浮腫や腹水、血栓塞栓症の危険性も低下させますから、ACE阻害薬は、蛋白尿と高血圧を呈する糸球体腎炎の第1選択薬として推奨されます。 ACE阻害薬が高血圧に反応しないなら、カルシウムチャンネル遮断薬を追加投与しましょう。 ケージレストと食事中のナトリウム量を制限しましょう。 支持療法は、糸球体腎炎の管理に非常に重要です。 ナトリウム制限食は、浮腫や腹水を有する症例の初期治療として考慮しなくてはなりません。 低蛋白食は、尿蛋白が軽減されます。 利尿薬は、呼吸困難がみられるまでは投与しないようにしましょう。 脱水や急性腎不全を引き起こす可能性があります。 アミロイド症の治療でも原因となりうる炎症を特定して治療することが第1です。 アミロイドの沈着は、非可逆的な変化なので、予防することが必要です。 痛風の薬であるコルヒチンに効果があるようです。 予防的治療の推奨投与量は、0. 副作用に骨髄毒性があるので、気をつけましょう。 予後 治療中は、尿蛋白/クレアチニン比は、モニタリングしておきましょう。 特に、免疫抑制療法を行っているなら、糸球体病変と蛋白尿が増悪することがありますので、しっかり見ておきましょう。 増悪すれば、治療法を変更します。 BUNとクレアチニンのモニタリングも欠かさずに行うことが重要です。 糸球体濾過率がナトリウムの貯留や循環血液量の増加に依存している症例では、ACE阻害薬で腎排泄機能を低下させることもあります。 予後は、様々ですが、機能障害の重症度、治療への反応によって異なります。 血液検査でのBUNやクレアチニンの数値の悪さと症状・予後が比例しないのが普通です。 糸球体腎症は、進行性ですが、療法食、ACE阻害薬の投与、低用量アスピリン投与を行うと、尿蛋白の減少、BUN・クレアチニン値の低下、アルブミン濃度とAT値の増加が認められる可能性があります。 そうなると、予後は良好です。 アミロイド症は、重度の蛋白尿を引き起こして進行していきますが、最終的には慢性腎臓病や尿毒症に陥ることが多い疾患です。 有効な治療法もなく、予後はあまりよくありません。

次の

犬のアルブミン(Alb)の異常(低アルブミン血症)|愛犬の血液検査

犬 糸球体疾患

今回の記事の目次• 症状 掛かっている期間により、急性糸球体腎炎と慢性糸球体腎炎にわけられます。 食欲不振• 尿の減少• 元気がない• 口からおしっこのようなにおい 上記のような、と似た症状が見られます。 初期の症状では尿に蛋白がでてしまう、蛋白尿が見られます。 尿に蛋白が見られるだけでこれといって変化が見られない犬もいれば、食欲が落ち、体重が減少してしまう犬もいます。 更に進行すると腹水も見られます。 また口の中の出血が見られたり、口ら尿のようなアンモニア臭がします。 発症すると死亡率の高い恐ろしい病気です。 原因 上記の画像は糸球体のイラストです。 糸球体腎炎の異常によるものです。 糸球体とは腎臓のネフロン(腎臓の基本的な機能単位)に含まれた、毛細血管の塊のことです。 糸が球のように丸まってみえることから糸球体という名がつけられました。 クッシング症候群• 膵臓炎• リンパ球性白血病• フィラリア症• 免疫介在性溶血性貧血• ライム病• リンパ腫 上記に挙げた病気や、フィラリアのような寄生虫、ウィルス感染、毒性化学物質などで糸球体に障害が生じることが原因となります。 掛かりやすい犬種• スタンダード・プードル• グレーハウンド• ゴールデン・レトリーバー• ロットワイラー• バーニーズ・マウンテン・ドッグ• ドーベルマン・ピンシャー• サモエド• ブルテリア• ミニチュア・シュナウザー 上記が糸球体腎炎がよくみられる犬種といわれています。 遺伝的な原因で発症していると考えられています。 治療 原因となる病気の治療と同時に利尿剤や輸液、ホルモン剤などの投与、血液透析療法などがとられます。 塩分やタンパク質などの摂取量を制限する食事療法をとることもあります。 予防方法 糸球体腎炎には確実な予防方法はありません。 糸球体腎炎を引き起こす原因になる別の疾患で、予防可能なものは予防していくことが、結果的に糸球体腎炎の予防にもなります。 100円で高級グレインフリードッグフードがお試しできるキャンペーン(1000人限定) 犬の先祖は狼です。 そしてご存知のとおり、狼は肉食動物です。 犬は肉以外も食べることができますが、雑食動物に近い肉食動物という立ち位置になるといわれています。 野生では野菜・草・果物などを食べることはありますが、ご飯や麦などを食べることはありません。 ご存知かもしれませんが、スーパーやホームセンター、ペットショップなどで格安に販売されているドッグフードのほとんどは、大量の小麦・トウモロコシなどの穀類に、香り付け程度に少量の肉や魚を混ぜて作られた粗悪なペットフードです。 人間に例えるなら、毎食、インスタントラーメンを与えられているようなものです。 本当に愛犬の健康と幸せを考えるのなら、穀物不使用で、人間でも食べられる新鮮で安全な食材を使って作られた、プレミアム・グレインフリーフードを与えることを検討してみてください。 筆者の家で飼っている犬(ボーダー・コリー)も、実家で飼っている犬(ミニチュア・シュナウザー)も、生まれた時からグレインフリーのフードで育てました。 おかげで、散歩中に様々な方から毛並みの良さを褒められます。 とはいえ、犬にとって、普段の食事が人生(犬生)にとって大きなファクターを占めている楽しみでもありますので、犬の幸せを考えるとガツガツと食べる美味しいドッグフードであることは最低条件です。 まずは100円モニターキャンペーンで、イギリス産プレミアム・グレインフリーフードのモグワンの食いつきを試してみることを強くオススメします。 100円モニターの参加条件に もし初回半額であれば、『モグワン』の本商品 3960円税抜 を申込んでもいいという方とありますが、100円モニターで気に入った人は、初回に特別価格の半額で購入できるという意味です。 100円モニターに申し込んだら、必ず製品版のモグワンを購入しなければならないというわけではありませんから、安心して100円モニターで食いつき具合をお試しください。 なお、このキャンペーンは 1000人限定となっているため、あっという間に定員になって終わってしまう可能性があります。 公式ページでモニターキャンペーンはまだ募集中なのかご確認してからお申込みください。

次の

犬の腎不全!先天性(生まれつき)の腎臓病の種類や原因など!

犬 糸球体疾患

原因療法 腎炎の発症や進行には体内での免疫機構の異常が深く関わりをもつことが、認められています。 このため、免疫機能を抑制する『副腎皮質ステロイド(ステロイド)』や、『免疫抑制薬』による治療が行われます。 腎炎やネフローゼ症候群では「ステロイド」の投与が第一に考えられます。 腎炎やネフローゼ症候群が重いときは、医師の判断によリ「ステロイド」の用量を増やしたり、『免疫抑制薬』、『抗血小板薬』、『抗凝固薬』などを併用することもあります。 わからないことなどありましたら、主治医にご相談ください。 また、ネフローゼ症侯群のなかにはステロイドで十分な効果が得られない「ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群」もあります。 治療が長期間にわたる場合には薬剤の副作用に慎重な配慮も必要となります。 副腎皮質ステロイド:(ステロイド) 腎臓病で尿たんぱくの多い原発性糸球体腎炎や、全身性エリテマトーデスによるループス腎炎に対しては、第一選択薬として「ステロイド」が用いられます。 糖尿病腎症ではかえって病状を悪化させる可能性もあることから適応されません。 微小変化型ネフローゼ症候群と呼ばれる病変に対しては劇的な効果を示すのですが、膜性増殖性糸球体腎炎、巣状糸球体硬化症、膜性腎症、ループス腎炎などではこの療法だけでは不十分なことがあり、難治性ネフローゼ症候群に進行することもあります。 症状が改善したら、いきなり投薬を中止することはなく、徐々に減らしていきます。 また必要に応じて、『免疫抑制薬』を一緒に使用していきます。 主な副作用を示します。 免疫抑制薬: この薬はネフローゼ症候群、急速進行性糸球体腎炎、IgA腎症、ループス腎炎などに使用されます。 とくに「ステロイド」のみでは治療困難なネフローゼ症候群や進行性リスクの高いネフローゼ症候群、「ステロイド」が使えない場合に単独または他剤と一緒に使用されます。 また、「ステロイド」を減量や中止するときにも『免疫抑制薬』が使用されます。 現在、使用されている『免疫抑制薬』は「ミゾリビン」、「シクロスポリン」、「タクロリムス」、「シクロホスファミド」です。 いずれの薬も通常、効果がみられるまでには1〜2ヵ月かかりますが、有効なことが確かめられれば6ヵ月以上の長期服用が必要です。 『免疫抑制薬』の主な副作用には、感染症、高脂血症、血圧上昇、消化器症状、過敏症、腎障害、肝障害、高尿酸血症などがあります。 気になる症状があれば、主治医に相談してください。 「ミゾリビン」は、「ステロイド」のみでは治療困難なときに「ステロイド」と一緒に使用されます。 「シクロスポリン」は、ネフローゼ症候群や臓器移植でよく使われる薬です。 また薬物の血中濃度を測定しながら服用量が調整されます。 「タクロリムス」は、ループス腎炎で「ステロイド」の投与が効果不十分、又は副作用により困難な場合、使われる薬剤です。 「シクロホスファミド」はネフローゼ症候群で使われる薬剤です。 DNA合成を阻害し、免疫抑制効果などを示します。 治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。

次の