次 亜 塩素 酸 ナトリウム 噴霧。 「学校で噴霧はしないで」文科省も発表した「次亜塩素酸水」問題点とその正体(現代ビジネス)

【医師監修】次亜塩素酸水とは?次亜塩素酸ナトリウムと何が違うの?

次 亜 塩素 酸 ナトリウム 噴霧

次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水の違い 【次亜塩素酸水】はwikipediaでは「次亜塩素酸ナトリウムやアルコールに比べて以下のような特徴がある。 食品に塩素臭が残留するといった問題が起こらず、すすぎも不要なため節水と省労働が可能である。 手荒れの心配もなく、安全性が高いために口から摂取したり目などに入らないように留意する必要もない。 」と記載されています。 食品云々という部分は、そもそもこの【次亜塩素酸水】は従来殺菌に用いられていた【次亜塩素酸ナトリウム】の欠点である、すすぎの不十分により塩素臭が残る点、排水処理や環境負荷、食品に有害物質のクロロホルムが生成される点等をどうにかできないかという事で開発された経緯からです。 この表に書かれている事が【次亜塩素酸ナトリウム】と【次亜塩素酸水】の違いの全てです。 少しややこしい説明になりますが、【次亜塩素酸ナトリウム】は表の右側に位置しており、主成分は緑色で囲まれている次亜塩素酸イオン(OCl-)というもので、【次亜塩素酸水】は真ん中から左側に位置しており、主成分は青色で囲まれた次亜塩素酸(HOCl)というものです。 この右側、真ん中というそれぞれの位置はpHによって決まっています。 結論をいうと 【次亜塩素酸ナトリウム】と【次亜塩素酸水】の違いはpHです。 タイトルには次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水は違いますなんて書きましたが、【次亜塩素酸ナトリウム】の主成分である次亜塩素酸イオン(OCl-)と【次亜塩素酸水】の主成分である次亜塩素酸(HOCl)は元々は同じものなのです。 しかしながらこれらはpHによって変化する成分でpHが高くなれば右側の次亜塩素酸イオン(OCl-)へ、pHが低くなれば左側の次亜塩素酸(HOCl)へ変化するんです。 この理由は次亜塩素酸と次亜塩素酸イオンの反応速度の違いです。 次亜塩素酸は次亜塩素酸イオンよりはるかに反応速度が速いので高速で対象に反応して素早く分解しますが次亜塩素酸イオンは反応速度が遅いのでゆっくり反応します。 例をあげると次亜塩素酸水の匂いはすぐ消えますがハイターの匂いはかなり長い時間残ります。 これはハイターの主成分である次亜塩素酸イオンの分解が遅いからなのです。 この高い安全性の理由も上で説明した反応速度の速さが関連しています。 主成分である次亜塩素酸が対象を素早く除菌・消臭し、素早く分解して残留しない事から高い除菌・消臭力があるにも関わらず高い安全性も確保されているのです。 よく【次亜塩素酸水】の説明に一瞬で水に戻ります等と書かれている根拠はこの部分です。 一方【次亜塩素酸ナトリウム】の主成分である次亜塩素酸イオンは反応速度が遅いため対象をゆっくり除菌・消臭してゆっくり分解するので成分がなかなか分解せずに残留してしまいます。 例えば目や口に入ってしまうと成分がまだ分解していないので残留した成分が組織を傷つけてしまう為危険性が高くなります。 最後に【次亜塩素酸水】を使用する上での注意事項ですが、上で説明したように【次亜塩素酸水】は優れた除菌・消臭力と高い安全性を持っています。 ただし、現 在医薬品に認定された【次亜塩素酸水】は私の知る限り存在しません。 ですから例えば手洗い等人体への使用を推奨する事は認められていません(一部除く)次亜塩素酸水の商品説明で手指の消毒等を推奨しているショップには気をつけましょう(ただし、管理人個人の意見としてはノロウイルスやインフルエンザ対策にもかなり有効だと思うので自分の責任で人体にも使用している) 最近では【次亜塩素酸水】は家庭で手軽に使える除菌・消臭剤としてかなり広まってきています。 しかしながら名称が昔から存在し知名度の高い【次亜塩素酸ナトリウム】と近似している為、【次亜塩素酸ナトリウム】を【次亜塩素酸水】と同じような使い方をしていたりする危険な例が多々見受けられたのでこの記事を書くに至りました。 それぞれの違いを知り、正しい使い方をしてもらえば幸いです。 その他のおすすめ記事.

次の

次亜塩素酸ナトリウム液・次亜塩素酸水ミストを吸入してはいけない(2020/05/10) — static.worldphoto.org(apj) Lab

次 亜 塩素 酸 ナトリウム 噴霧

Contents• 次亜塩素酸ナトリウムの影響や安全策 次亜塩素酸ナトリウムの人体やペットへの影響について 確かに、 大気中のウイルスや細菌を除去 消臭効果、除菌効果という 利点はあるのですが やはり被害という影響はついてきます。 では、次亜塩素酸ナトリウムの 人体やペットへの影響を ここから掘り下げていきます。 大気中への被害や影響は? まず、大気中に含まれている 次亜塩素酸ナトリウムを 吸い込んだらどうなるのかです。 次亜塩素酸ナトリウムは エアロゾル(大気中に散りばめられた分子)でも 健康状態の被害を与えてしまいます。 この場合は 喉の痛みや咳きの原因となります。 喉がイガイガする、 咳きをしょっちゅうしている方は もしかすると大気中のこの成分を 吸い込んでいるという可能性も考えられます。 次に大気中だけでも 被害はあるのですがそれを飲み込んで しまったらどのような被害があるのかについてです。 液体を飲み込むことへの影響 ・胃痛 ・灼熱感 ・咳き ・下痢 ・喉の痛み ・嘔吐 などの症状が起きます。 飲むということは 基本的にしないとは思いますが ペットを飼われてるという場合 この成分が付着している 場所を舐めたりすることで もしかすると影響を 受けている可能性も考えられます。 ペットに対して 下痢の症状に悩まされるというのは この成分が知らず知らず吸い込んだり 誤って舐めていたりというのも 考えられるのではないでしょうか。 皮膚や眼に付着するとどうなるのか? まず、皮膚につくことで敏感になります。 眼につくことで 赤目や痛みの原因となります。 ですので 一番やってはいけないのは 眼をこするという行為です。 この場合は眼が充血するという 症状が起きるので 注意が必要となります。 人体の影響もペットの影響も 変わらず被害を与えますが どのような方法が最も安全なのかについて 徹底的に取り組んできました。 ですので その安全な方法を見ていきます。 安全な方法について やはり次亜塩素酸ナトリウムの利点は 外せないわけであり 除菌、消臭というのは この成分以外に考えられにくいものです。 そこで この成分の特徴を持ったまま 中和(安全な方法)を させることができるものはないのかを 徹底的に調査した結果 厚生労働省認定が 認定した安全なものがありました。 技術によって開発されたものであり 大衆が好むような安さを 考えられて作られたものではありません。

次の

「次亜塩素酸…」間違えないで 国が注意、嘔吐の症状も [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

次 亜 塩素 酸 ナトリウム 噴霧

まずは子どもがノロにかかり(保育園からもらってきた模様)、2日後に私が発症、その翌日には主人も発症。 子どもは苦しんでいて可哀想だし、家中の消毒や、嘔吐物やウンチの付いちゃった下着類の処理は面倒だし・・・ 大人までノロにかかると精神的・体力的にかなりキツかったです。 また、子どもが発症してから私が回復するまで、ちょうど1週間仕事を休むことになりました。 ?と、すごくビックリしました。 塩素臭がする 次亜塩素酸水は基本的には無臭ですが、化学反応を起こした時(除菌消臭する時)に少し塩素臭が発生します。 次亜塩素酸水を加湿器に入れて、運転スイッチを押すだけ。 空気中に存在する細菌やウイルスだけでなく、 ドアノブやカーペットなどに付着している付着菌・付着ウイルスにも効果があります。 部屋のすみずみまで次亜塩素酸の除菌効果が広がり、ウイルスが激減するので、普通の風邪はもちろんノロ・ロタ・インフルエンザなどの家庭内感染リスクをかなり減らすことができます。 空気清浄器やスプレータイプの消臭剤ではなかなか効果がでない 「発生し続けるニオイ」(ペット臭や介護臭、赤ちゃんのオムツのニオイなど)も元からしっかり消臭できます。 菌やウイルスと同様に、花粉(アレル物質)も分解・除去してくれるので、部屋の中でも辛い思いをしている花粉症の人には嬉しい効果です。 噴霧できる範囲が狭い。 噴霧量の調整ができない。 運転モードの切り替えやオフタイマーがない。 給水タンクが小さい。 壊れるのが早い。 加湿器で噴霧する場合は50ppm、嘔吐物の除菌には400ppmが適しています。 市販されている次亜塩素酸水は、商品によって濃度が違います。 そのまま加湿器で使える商品もごく希にありますが、希釈(水で薄める)しないといけない商品がほとんどです。 高濃度のまま空中に噴霧すると、目が痛くなったり、喉や鼻の粘膜を痛めたりする可能性があるので、注意してください。 次亜塩素酸の酸化作用・塩化作用によって電化製品が故障したり、鉄製品が錆びたり、家具が変色したりする可能性があります。 我が家で使っている超音波加湿器+次亜塩素酸水では、白い粉は付いていませんが、商品によっては白い粉が出る可能性もあるので留意してください。 (様々な次亜塩素酸水の商品があるので、断言はできません) 【間違えると危険】ハイターは「次亜塩素酸ナトリウム」 ノロウイルスの除菌に使う「キッチンハイター」は、「次亜塩素酸ナトリウム」です。 「次亜塩素酸水」と名前が似ていますが、別物です! 大雑把に言うと、基本的な成分は同じ「次亜塩素酸」で、「酸性」(次亜塩素酸水)か「アルカリ性」(次亜塩素酸ナトリウム)かの違いですが、 除菌効果や安全性などに大きな違いがあります。 次亜塩素酸水は除菌消臭した後「ただの水」になるので、 赤ちゃん家庭でも使えるくらい安全。 (高濃度だと身体に悪影響がでる可能性があるので、商品の濃度には注意する)• ノロ・ロタ・インフル・O-157など、 ほとんど全ての細菌・ウイルスに効果がある。 次亜塩素酸水は劣化が早く、古いものには除菌効果が期待できない。 (買いだめはやめておく)• 使用できる加湿器は、 次亜塩素酸対応の超音波加湿器のみ。 加湿器によって、効果を得られる広さや使い勝手が異なる。 安いものを選ぶと、十分な効果が得られなかったり、余計な手間がかかる。 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは別物なので、絶対に次亜塩素酸ナトリウムを加湿器に入れない。

次の