第二新卒 看護師 求人。 第二新卒 看護師の求人・転職【おすすめ看護師紹介会社】

第二新卒 看護師の求人・転職【おすすめ看護師紹介会社】

第二新卒 看護師 求人

第二新卒看護師が転職する際に不安なのが「雇用する病院側は、第二新卒をどう思っているのか」ですよね。 確かに場合によっては、 ・入職後数年で辞めてしまったのはちょっと… ・数年で辞めてしまったのならスキルも無いのでは と考え、第二新卒を雇いたがらない病院もあるようです。 しかし一方で、第二新卒を積極的に採用したいと考えている病院もあるようです。 《病院側が第二新卒を雇うメリット》 (1)第二新卒を雇えば、長く働いてくれるケースが多い 第二新卒の看護師の皆さんの中には 「1つめの職場を早期退職してしまった分、次の職場では長く働かなければ…!」 と考えている人も多いのではないでしょうか。 実際、第二新卒の場合、転職先を早期で退職してしまうことは少ないそうです。 長く働いてくれる人材が来ることは、病院にとってはありがたいことですよね。 そういった点で、第二新卒を歓迎する病院も少なくないのです。 (2)新人と違って、1から教育する必要がない まったくの新人と違って、第二新卒は短いながらも勤務経験があります。 新卒看護師を育てるには、まずは基本的な常識やマナーからしっかり教育する必要がありますが、 第二新卒を雇えばその手間が省けます。 (3)まだ若く、これから成長するのびしろがある 病院側は、これからの未来を担う若手を求めている場合が多くあります。 第二新卒の場合、ベテランナースと違って、勤務経験が数年しかない分、 前の職場の変なクセが残っておらず、新しい職場にもなじみやすいという利点もあります。 新卒と違って1から教育しなくてもいいし、なのに若くて伸びしろもある。 若手職員を雇いたい病院側からすれば、第二新卒はありがたい人材ともとれるのです。 (1)前の職場を辞めた理由を見つめ直そう 言い方は悪いかもしれませんが、第二新卒は1回目の就職を「失敗」してしまった立場です。 第二新卒なら、まだ1回の失敗しかしていないので、 早期退職してしまっていたとしても病院側も雇ってくれるかもしれません。 でも、2回目の就職先もすぐ辞めてしまったらどうでしょう。 「雇ってもすぐ辞めてしまう人」というレッテルを貼られて、 その後の転職は難しくなってしまうかもしれません。 そんな事態を避けるためにも、まずやるべきなのは 「 前の職場を辞めた理由を見つめ直す」ことです。 例えば 「激務や緊張感のある大病院で働いていたが、自分に合わず退職してしまった」という場合。 転職先に同じような大病院を選んでしまったら、元も子もないですよね。 同じような失敗を繰り返さないためにも 「 自分は何が原因で前の職場を辞めたのか」を見つめなおしましょう。 そして、そこから「では、どんな職場なら長く続けられそうか」を考えて、 その条件に合う職場を探しましょう。 (2)「第二新卒歓迎」の求人を見つけよう 求人の募集要項に「第二新卒歓迎」とある求人を見つけましょう。 そこに応募すれば、転職成功率もぐっと上がるはず! (3)職場環境をチェックしよう 自分の考えや生活状況に、職場環境が合っているかどうかを見極めましょう。 病院の中には、インターン勤務を受け入れているところもあります。 もし可能なら、インターンで試しに働いてみるのも、職場環境や人間関係の見極めに役立ちます。 そんな時に役立つのが、看護師転職のサポートサイトです。 第二新卒の転職なら「次の職場ではできるだけ長く働きたい!」と思うもの。 だからこそ、職場選びは慎重に、納得のいくものにしたいですよね。 それなら、転職についての情報収集やアドバイスのプロにお願いするのがおすすめです。 自分で求人を見つけるのは労力も要るので、プロに任せると転職がスムーズに進みますよ。 関連記事:.

次の

未経験歓迎の看護師求人・転職・募集なら【マイナビ看護師】

第二新卒 看護師 求人

第二新卒看護師が転職する際に不安なのが「雇用する病院側は、第二新卒をどう思っているのか」ですよね。 確かに場合によっては、 ・入職後数年で辞めてしまったのはちょっと… ・数年で辞めてしまったのならスキルも無いのでは と考え、第二新卒を雇いたがらない病院もあるようです。 しかし一方で、第二新卒を積極的に採用したいと考えている病院もあるようです。 《病院側が第二新卒を雇うメリット》 (1)第二新卒を雇えば、長く働いてくれるケースが多い 第二新卒の看護師の皆さんの中には 「1つめの職場を早期退職してしまった分、次の職場では長く働かなければ…!」 と考えている人も多いのではないでしょうか。 実際、第二新卒の場合、転職先を早期で退職してしまうことは少ないそうです。 長く働いてくれる人材が来ることは、病院にとってはありがたいことですよね。 そういった点で、第二新卒を歓迎する病院も少なくないのです。 (2)新人と違って、1から教育する必要がない まったくの新人と違って、第二新卒は短いながらも勤務経験があります。 新卒看護師を育てるには、まずは基本的な常識やマナーからしっかり教育する必要がありますが、 第二新卒を雇えばその手間が省けます。 (3)まだ若く、これから成長するのびしろがある 病院側は、これからの未来を担う若手を求めている場合が多くあります。 第二新卒の場合、ベテランナースと違って、勤務経験が数年しかない分、 前の職場の変なクセが残っておらず、新しい職場にもなじみやすいという利点もあります。 新卒と違って1から教育しなくてもいいし、なのに若くて伸びしろもある。 若手職員を雇いたい病院側からすれば、第二新卒はありがたい人材ともとれるのです。 (1)前の職場を辞めた理由を見つめ直そう 言い方は悪いかもしれませんが、第二新卒は1回目の就職を「失敗」してしまった立場です。 第二新卒なら、まだ1回の失敗しかしていないので、 早期退職してしまっていたとしても病院側も雇ってくれるかもしれません。 でも、2回目の就職先もすぐ辞めてしまったらどうでしょう。 「雇ってもすぐ辞めてしまう人」というレッテルを貼られて、 その後の転職は難しくなってしまうかもしれません。 そんな事態を避けるためにも、まずやるべきなのは 「 前の職場を辞めた理由を見つめ直す」ことです。 例えば 「激務や緊張感のある大病院で働いていたが、自分に合わず退職してしまった」という場合。 転職先に同じような大病院を選んでしまったら、元も子もないですよね。 同じような失敗を繰り返さないためにも 「 自分は何が原因で前の職場を辞めたのか」を見つめなおしましょう。 そして、そこから「では、どんな職場なら長く続けられそうか」を考えて、 その条件に合う職場を探しましょう。 (2)「第二新卒歓迎」の求人を見つけよう 求人の募集要項に「第二新卒歓迎」とある求人を見つけましょう。 そこに応募すれば、転職成功率もぐっと上がるはず! (3)職場環境をチェックしよう 自分の考えや生活状況に、職場環境が合っているかどうかを見極めましょう。 病院の中には、インターン勤務を受け入れているところもあります。 もし可能なら、インターンで試しに働いてみるのも、職場環境や人間関係の見極めに役立ちます。 そんな時に役立つのが、看護師転職のサポートサイトです。 第二新卒の転職なら「次の職場ではできるだけ長く働きたい!」と思うもの。 だからこそ、職場選びは慎重に、納得のいくものにしたいですよね。 それなら、転職についての情報収集やアドバイスのプロにお願いするのがおすすめです。 自分で求人を見つけるのは労力も要るので、プロに任せると転職がスムーズに進みますよ。 関連記事:.

次の

第二新卒歓迎の看護師の求人|【医療ワーカー】看護師の求人・転職の情報サイト

第二新卒 看護師 求人

「 看護師2年目、転職しようかどうか迷っている・・・」 新卒看護師と言われる時期は乗り越えたものの、まだまだ不安のある2年目の看護師さん、でも転職しようと悩んでいる。 2年目の看護師には様々なプレッシャーが加わります。 第二新卒看護師として転職できる? この職場に向いていないのでは?後輩の指導に自信が無い・・・人間関係が辛い、夜勤ありの激務から体調を崩しそう、もっと働きやすい職場を探してみたい、(給与など)待遇に不満がある他の現場でキャリアを積みたい。 第二新卒看護師として転職することは十分可能です。 新卒の看護師の方でも転職しているケースはあります。 どうしても合わない、といったことであれば思い切って転職をして新たな気持ちで看護師としてやり直す、学び直すのは大切なことだと思います。 とはいえ短期間で何度も転職するのは避けたいですから、しっかりと情報収集をして転職先の病院やクリニックを絞り込むことが重要になります。 そのために看護師紹介会社を活用する方法がおすすめです。 今すぐ転職、ではなく良い職場が見つかったら、といった情報収集の活用もOKですよ。 看護師2年目の転職にも便利、 サポートが手厚いオススメの看護師紹介会社のご紹介もしています。 看護師1年目、2年目 転職しても大丈夫? 新卒看護師1年目とは違う辛さがある看護師2年目。 新卒看護師の離職率は例年7%後半~9%台となっていますが、厳しい新卒1年目を乗り越えて2年目になり、この看護師2年目に辞めたい、転職したいと考える看護師さんも多いのです。 結論からいうと、看護師2年目で転職をしても大丈夫です。 第二新卒看護師の需要は高いといえます。 若手看護師は需要も高いため、手当たり次第に病院を受けても転職先が決まる可能性はあります。 でも、やはり安易な転職は避ける必要がありますよね。 看護師2年目は、今後の看護師としてのキャリアを考える上でも重要な1年です。 本当に今の職場を辞めても良いのか、転職先でどんな働き方ができるのか何を身に付けることが出来るのか。 それ以前に、どうして今の病院を辞めたいと思ったの?といったことも明確にすることが大切です。 その上で、やっぱり転職したい!職場を変えたい!という気持ちが強いのでしたら、転職活動をスタートされることをオススメします。 看護師2年目で転職される方は少なくありません。 第二新卒看護師の転職を歓迎する病院も多いですし、経験の浅い看護師さん向けにプリセプター制度など教育体制を整えて受け入れを積極的に行っている病院なども多いですよ。 2年目は看護師さんの多くが転職を考える時期 看護師として2年目ともなると、1年目とはまた違った悩みが多く出てくる方も多いです。 2年目となる仕事のプレッシャー、人間関係などもあると思いますが、1年看護師として仕事をしてみて「今の領域よりももっと興味のある領域が見つかった」と言ったことから転職をお考えになる方もいます。 本当にやりたかった仕事はこっちだった、というのも実際にある程度働いてみないと分からない場合も多いですよね。 色々なことに悩むことが多いのは、2年目の看護師ならではといえそうです。 キャリアアップのために2年目で転職される看護師さんは実際多いので、転職理由としても納得されやすいといえます。 第二新卒看護師の転職でも、ボリュームが増えるのはこの年代といえそうです。 看護師2年目 辞めたい理由 2年目で辞めたい、転職をしたいと考える看護師さんに多く見られる転職理由としては、次のようなものがあります。 看護師2年目なのにミスが多く、先輩から怒られてばかり・・・ 看護師として2年目、1年目とは違い仕事が出来ることが求められます。 でも同じミスを繰り返してしまう。 自分なりにミスを繰り返さないようにメモをして気をつけているのに、やっぱり同じようなミスを繰り返してしまう・・・。 突発的なことに対して、とても弱い。 チームリーダーや先輩看護師から、2年目になったのにまだ出来ないの?と言われることが増えてしまい、辛くなってきた。 看護師の仕事が向いていないのでは?といった悩みや、もっと学びやすい職場に転職したい、といった悩みを抱える看護師さんは多いとえいます。 看護師2年目というプレッシャー 2年目になると、後輩の新卒看護師が入職してきます。 何かと新人看護師さんから質問されることも増えてくるでしょうし、病院によっては2年目からリーダー業務が始まることも。 2年目のプレッシャーからストレスが溜まりすぎ、辛くなってしまう場合も。 職場環境を変えるために転職をしたい、といった気持ちが強まる時期でもあるといえます。 2年目だからこそ分かる職場の問題から転職を希望するケース 1年目は目の前の仕事に一生懸命で職場の詳しいことに気付かなかったかもしれませんが、2年目になると色々なことが見えてきて・・・といったこともあるようです。 実は派閥があることに気付いたり(どっちに付くの?と暗に言われることも・・・・)、ドクターからのパワハラがあることに気付いたり。 残業の多さ忙しさに比べて給料が低い、と感じたり。 実は他のナースに対していじめがある、と気付いて長く働く職場では無い、と思い始めたりといったこともあるかもしれません。 夢中で仕事に取り組んできた1年目とは違う2年目だからこそ、職場のあれこれに気付いてしまい、職場を変えたい・・・と悩んでしまうケースも。 他の領域で看護師としてキャリア、経験を積みたい 新卒看護師として、1年辛い時期を乗り切り経験を積んだからこそ、もっと自分のやりたい分野・領域が見えてくることもあります。 本当にその分野・領域でスペシャリストになりたい!とお考えになるのであれば、若いうちに転職したほうが吸収も早く、多くの経験を積むことが出来ます。 その場合には、とても前向きな志望動機になるでしょうし早く転職するのは一つの方法です。 引き留めもあるとは思いますが、その前向きな転職理由、今の職場ではどうしても積めない経験がある、といったことから最終的には退職を認めてもらえる可能性も高いといえるでしょう。 第二新卒看護師、転職成功のポイント 看護師2年目、転職をする!と決めた場合、どういったポイントに気をつけると転職に成功しやすいでしょうか。 なかなか一人で情報収集をしても成功するのは難しいのが実際のところです。 退職手続きの進め方についても、悩んだり迷ったりすることも多いと思うんですね。 退職の問題は同僚などには相談しにくい問題ですし、言ってはいけないものですから第三者に相談出来る相手がいると良いですね。 転職成功にはいくつかのポイントを抑えることが大切といえます。 第二新卒看護師は転職理由を明確にすること 看護師2年目での転職は、やはり在職年数の短さを気にする面接官は多いです。 面接で質問された際、納得させられる転職理由を用意することが必要です。 転職理由は出来る限りポジティブなものにすることが原則です。 それを考えると、キャリアアップのためなどは転職理由にしやすいですし納得してもらいやすいといえます。 もちろん本当に転職先の病院でそのキャリアが積めることが前提です。 なんでもかんでもキャリアアップにすれば良い、といった訳ではありませんね。 またどうして転職したいと思ったのか、辞めたいと思った理由を同時に明確にすることも大切です。 再び同じ理由から短期に転職したいと思ってしまわないようにすることも、2年目の看護師さんの転職では重要となります。 在職しながらの転職活動がオススメ 精神的、体調的に限界なのですぐにでも辞めなければ・・・といった状況まで追い詰められている場合には別ですが、出来れば転職活動は在職しながら行われることをオススメします。 退職してから転職活動するという選択肢もありますが、経済的な問題から妥協してしまう可能性が高いのですね。 働き始めて2年目ですから、それほど貯金も貯まっていないと思います。 失業保険も自己都合退職の場合には支給まで時間がかかります。 その間も税金の支払いなどもありますし、生活費も固定でかかる支出があるでしょうからお金がどんどん減っていってしまいます。 お金が減る焦りがあると、納得出来る転職先を見つけるのはまず難しいといえます。 次第に「妥協しても良いから早く働かないと、生活が出来ない」といった気持ちが強くなってしまう可能性が高いです。 在職しながらの転職活動は、時間の捻出は大変ですが経済的に追い詰められることはありません。 看護師紹介会社を利用しての転職活動であれば、あなたが仕事をしている間に希望条件に沿った病院やクリニックなどを探してもらえます。 休日や夜勤明け(大変ですが)にじっくり情報を吟味する、といったことも出来ます。 時間が無いかもしれませんが、絞り込んで病院見学などはすることが出来るはずです。 看護師2年目で転職する場合、転職先をしっかりと選ぶことがとても大切です。 大変だとは思いますが、転職エージェントの力も借りてしっかりと情報収集をされることをオススメいたします。 第二新卒看護師の転職に強い、看護師紹介会社を利用する 忙しい看護師さんが転職先を探す場合、看護師紹介会社を活用しての転職活動がおすすめです。 全国の医療機関、非常に多くの情報を持つ看護師紹介会社のコンサルタントが希望条件に沿うように採用を行っている病院、クリニック、介護施設を探すサポートをしてくれます。 職場の詳しい情報も持っていることが多いため、看護師2年目での転職希望、事情を理解した上で面接を受けることが出来る病院などを探してくれますから、内定をもらえる可能性が高くなります。 看護師さん一人ひとり、色々な希望条件があると思います。 「急性期病院で再び働きたいけれど、もう少し忙しく無い職場で働きたい」 「2年目だけれど、クリニックへ転職したい」 「第二新卒だけど、保育園看護師になりたい」 「プリセプター制度ありの病院で、また学び直したい」 など希望条件をしっかりとお伝えになることがポイントです。 希望条件が複数ある場合には、優先順位もつけて伝えると良いですね。 第二新卒看護師の転職ならではのポイントがあります。 人材紹介会社のコンサルタントは病院などにも直接行って情報収集を行っている事もありますから、非常に詳しい情報を持っていることもあります。 忙しい看護師さんの転職活動では、こうした看護師専門の人材紹介会社を利用する方法が一般的となっています。 良い職場があれば応募を検討する、といった利用方法でOKです。 登録したからといって必ず面接をどこか受けなければならない、といったことはありませんので安心してご利用になってみてはと思います。 第二新卒、経験が浅い看護師が働きやすい職場を見つける 看護師2年目の転職、やはり経験が浅い状態での転職となりますので、そうした経験が浅い看護師が働きやすい職場環境(理解がある、ツールが揃っているなど)を選ぶことが重要です。 研修や教育制度が整っていること、職場で実際に一緒に働く同僚、先輩ナースに理解があることもとても重要です。 人間関係が良い職場は、こうした場合に理解があり全体でサポートするという意識が強いことが多い傾向があります。 そうした職場の内部情報、人間関係などについても看護師紹介会社を介してある程度は確認をしてもらうことは可能です。 苦手なところが多い2年目の看護師さんは入職後、どういった教育体制で学び直せるのか、指導を受けることが出来るのかなど気になる点について、しっかりと求人へ応募する前に確認をされることをオススメいたします。 退職に関しては自分からは言わない もう今の病院を辞めよう、転職しよう、と決めた後に特に注意したいことがあります。 それは退職に関しては、周囲に言わない、ということです。 相談に関しては、本当に信頼出来る人であればしても問題無いとは思いますが、辞めることが決まった後は言わない方が良いです。 他にも辞めたいと思っている看護師がいる場合、先を越されたという気持ちを持たれる可能性があります。 また辞める人間に対して対応が冷たくなる人もいることも事実です。 退職することが決定した後は、上司が職場に発表する流れが一般的です。 そういった意味でも、上司が言う前に職場全体にあなたの退職が伝わってしまうのは、非常に印象も悪いです。 退職日まで気まずい思いや、働きにくさを感じてしまいますからさらに余計なストレスを抱える原因となってしまいます。 退職交渉中に「辞めるって本当なの?」と聞かれることもあるかもしれませんが、出来るだけ隠された方が良いでしょう。 第二新卒看護師が転職するメリット 看護師1年目、2年目での転職は、まだ早いと言われることもありますがメリットもあります。 採用する医療機関、施設にとっても2年目の看護師を採用するメリットがあります。 そうしたメリットについても認識されておくと、転職活動の際、志望動機やアピールが効果的に出来るようになるのではないでしょうか。 新人と同じように一から教えなくて良い 看護師2年目、経験が浅いとは言っても1年間以上は看護師として臨床経験を積んできています。 大変だった研修期間を終えているのですから、基礎的なことはかなり身に付いているはずです。 転職先となる病院などにとっては、新人看護師よりも仕事が出来ることが魅力の人材となります。 新人看護師に対して1から教えるのは、実際には大きな負担です。 そうしたことが無い分、採用する施設側としてもメリットがあると言えます。 新たな環境に適応しやすい 看護師2年目の転職であれば、まだ若い人も多いと思います。 若い年齢の看護師は、新たな環境にも適応しやすいといえますから職場にも慣れるのも早いでしょうし、多くのことを吸収しやすいのではないでしょうか。 30代、40代と比べるとやはり20代は柔軟性が高く、吸収力が高い方は多いように思います。 その分、自分に合った職場で働くことが出来れば成長が加速できる可能性が大きいです。 ぜひ情報収集をしっかりと行い、自分に合った働きやすい職場探しをされてみてください。 体力がある 新卒2年目として転職する看護師は、若い看護師が多いため体力があります。 病棟に勤務する看護師にとって夜勤は付きものですが、やはり体力が必要です。 それを考えると、2年目の看護師を採用するのは夜勤にもしっかり入ってもらえる、という期待も強くあります。 看護師2年目で転職するデメリット 2年目での転職はデメリットもやはりあります。 デメリットもあることを理解し、転職活動が必ずしもスムーズに行かないことも想定しておくと、転職活動に心が折れずに済むのではと思います。 短期間での退職、ということで忍耐力がないと思われる可能性 2年目での転職、といっても2年目すぐなのか、もうすぐ3年目に突入するのかでかなり印象も違いますが、短期間での転職ということで「長続きしない看護師なのではないか」「何か辛いこと、不満があったら辞めやすい看護師なのではないか」といった印象を持たれる可能性があります。 面接では長くしっかりと働きたい、働くことが出来る、といったことをアピールする必要があります。 経験不足 看護師求人を見ていると、応募条件として「臨床経験3年以上」としている病院などは多いです。 看護師2年目での転職は一般的には経験不足と見なされることが多い、ということは認識しておかれる必要はあるでしょう。 その上、で2年目の看護師の受け入れを積極的に行っている病院を探すことが必要となります。 看護師2年目でも転職して良い? 転職活動をしながらであっても、迷いがある看護師さんも多いと思います。 「2年目だけど本当に転職しても良いのかな?」 「転職が本当に解決策になるのかな?」 状況が深刻な場合や、本当にやりたい分野が別に見つかった場合などは転職が唯一の解決策になる場合は多いです。 ただ、事情によっては今の職場で仕事を続ける方が良い可能性はあります。 一度時間をとってじっくり転職について考えてみる必要はあるでしょう。 2年目での転職はアリ、です。 実際、多くの看護師さんが2年目で転職されています。 ですから、転職も無理ではありません。 先ほどもありましたが、2年目の看護師を採用するメリットも病院や施設側にもありますからね。 重要なのは看護師として自分らしく働けること、しっかりと学べる環境、働きやすい環境に身を置くことではないでしょうか。 第二新卒看護師 転職しやすい時期はいつ? 看護師が転職しやすい時期、というのがあります。 また経験が浅い2年目として教育・研修などを受けやすいことを希望されている看護師さんも多いでしょう。 それを考えると、最も転職にオススメの時期は4月入職となります。 最もオススメの時期は、4月入職 4月は新卒ナースも多く入職しますから、希望すれば一緒に研修を受けることが出来る病院などもあります。 新しい看護師の入職も多く、異動も多い時期ですから人間関係を作りやすいことも4月入職の大きなメリットです。 途中から職場に入ると、固定された人間関係もあって入りにくい・・・と感じることも多いですよね。 4月入職はそうした人間関係の楽さもメリットといえます。 4月入職を目指しての転職活動は、年明け1月、2月にしっかりと集中して行うことが大切です。 年度末は退職者も多い時期ですから、欠員募集も含めて一年で最も多くの看護師求人が出る時期となります。 普段は求人を出さない病院なども4月を前に中途採用を行うことも多いですから、ぜひ情報収集を行ってみてください。 看護師2年目の転職にもオススメの時期となります。 10月入職 次に転職に良いタイミングといえるのが、10月入職のタイミングです。 異動も多い時期となります。 10月は異動した看護師向けに研修などが行われることもあり、一緒に研修を受けられる場合も多いので馴染みやすいといえるでしょう。 ただ、10月入職を目指す場合には8月は求人が少なくなる時期ですから、7月から情報収集をスタートするなど少し早めに行動されておくと良いかもしれません。 その他の時期 一年を通して看護師求人は見つかります。 ただし、• 看護師求人が増える時期• 看護師求人が減る時期 はやはりあります。 より多くの選択肢、普段は求人を掲載しない病院なども応募可能な状況になりやすいのは、やはり4月入職を目指した時期と言えます。 しかし看護師さんの状況によっては、 「出来るだけ早く辞めたい!転職したい!」 といった場合もあるでしょう。 体力的、精神的にギリギリ・・・といった場合には、1月、2月を待たずにすぐに情報収集をスタートする、良い病院などがあれば積極的に受けてみる、といったことが良いかもしれません。 出来る限り、退職せずに在職しながら転職活動をされた方が良いのは、前出した通りです。 第二新卒看護師の転職。 今の職場を辞めることは逃げでは無い、という意識が大切です 責任感の強い看護師さんほど、経験が浅い状態、2年目での転職は「逃げなのではないか」と思ってしまいがちですが、そんなことはありません。 逃げてはならないと思いつめながら働いて、精神的に追い込んでしまい看護師の仕事自体を辞めてしまったり、精神療養のために長期間の治療が必要になってしまう可能性もあります。 そうなる前に、心身共に健康な間に自分に合った職場を見つけるということは、とても大切なことではないでしょうか。 経験が浅くても転職は可能ですし、そうした第二新卒看護師を積極的に受け入れて今度、活躍してもらえるようにという病院もあります。 看護師としてキツイ1年を働いたからこそ、次の職場での自分に期するところもあると思います。 思い詰めると良い思考にはなりません。 どんどんネガティブになっていってしまうものです。 自分を追い込まないようにすることも大切なことですよ。 看護師として、もっと働きやすい職場はたくさんあります。 看護師としてのキャリアは無限、様々な選択肢があるといって良いです。 ぜひ様々な選択肢をお考えになってみてください。 これからもっと看護師が必要な状況になってきます。 せっかく看護師を志されたのですから、もっと働きやすい職場を見つけてイキイキと寄り添った看護を行われていただきたいなと思います。 第二新卒看護師の求人に強い、おすすめ看護師転職サイト 看護師2年目の転職など、第二新卒の看護師さんにオススメの転職サイトです。 マイナビ看護師 マイナビ看護師は、国内最大級の看護師求人数を持つ転職大手紹介会社です。 看護師さんと会うこと(面談)をして、しっかと転職に至った背景、転職理由を共有することに力を入れています。 転職先探しに様々な希望条件、不安もある1年目、2年目の看護師さんの転職には、こうしたサポートが手厚い紹介会社をオススメしたいと思います。 お住まいの地域、もしくは実家や地元で転職希望、第二新卒歓迎、ブランクあり歓迎といった病院からの看護師求人を探すことも出来ます。 全国対応で拠点数が多いこともマイナビ看護師をオススメするポイントです。 離職率の高い病院などは紹介しない、といった方針もあります。 マイナビ看護師は利用者満足度も非常に高く、安心しておすすめ出来る看護師紹介会社です。 全国に拠点があり、求人数が非常に豊富ですが特に強みがあるのは関東、関西、東海エリアとなります。 サポートの手厚さも口コミ・評判などでも定評があります。 第二新卒向け看護師求人も掲載があります。 またブランクあけ、経験が浅い看護師さん採用を行っている病院などに関しての情報も多く掲載されていますので、情報収集にもオススメです。 今すぐの転職では無くても相談をされてみてください。 「コンサルタントの対応満足度No. 1」になったこともあるほど、サポートの質が高い看護師紹介会社です。 看護師さんの立場に立ち、寄り添って転職サポートをする意識が強いコンサルタントが多いことが特徴です。 拠点も北海道から福岡まで主要都市にあり、医療機関、クリニック、介護施設と詳細な情報を持つことも強みです。 利用された看護師さんの口コミも高評価が多いです。 求人数の多さ、サポートの手厚さからも第二新卒看護師の転職にオススメの看護師紹介会社の一つです。

次の