やすよともこ やすよ旦那。 【海原やすよともこ】姉妹漫才師の年齢は?旦那さんも家族も有名人ですごい!

春やすこ・けいこ

やすよともこ やすよ旦那

今日 5月6日 、大阪・オリックス劇場にて 開催された 「第52回上方漫才大賞」で 「海原やすよともこ」という女性コンビが 大賞を受賞されましたね~ こちらの方々、なんと2012年にも同大会で 大賞を受賞されているらしく、 コンテスト史上初の快挙とも言われています!! さて、2度の大賞受賞を成し遂げた 「海原やすよともこ」というコンビ。 お二人は姉妹なんですね~ お姉さんが海原ともこさん、妹がやすよさん ちなみにおばあ様、お父様も漫才師とのこと。 また、おばあ様、お父様も上方漫才大賞を 受賞されているそうです。 つまり、お二人は上方お笑い界の 名門一家の出なんですね~ 「海原お浜・小浜」のお浜さんがおばあ様。 上方お笑い界の名門に生まれて 自分の同じ道を目指すってなるとかなりの プレッシャーがあると思うんですよ~ そんななか、お二人は2度の大賞を受賞したワケで・・・ いやはや、コレはスゴイとしか言えませんね!! 小学校の頃から漫才の稽古を受けられていた そうです。 1985年にはテレビで祖母お浜さんの前で 漫才を披露したこともあるそうな! 弟子入りをし、正式にコンビを結成したのが 1992年2月とのこと。 弟子入り先は中田カウス・ボタンのボタンさん デビュー後のお二人の受賞歴はコチラ! 芸歴はと吉本 所属事務所 では 中堅クラスになるようです。 気になる年収ですが、色々と調べた感じ 1000万円ぐらいなんじゃないかと・・・ まぁご本人が公表していないので あくまで投稿主の予想です。 結論からいうと、お二人とも結婚されています。 その3年後 2006年 に 元男闘呼組の前田耕陽さんと 再婚をしています。 お子さんは2人。 娘さんと息子さんです。 続いて やすよさん。 2005年12月に 当時オリックス・バッファローズの 投手だった宮本大輔さんと結婚をされています。 ・年収は 不明。 1000万円くらい? ・ともこさんの旦那さんは 元男闘呼組の 前田耕陽さん。 お子さんは2人 ・やすよさんの旦那さんは 元オリックス・ バッファローズの投手宮本大輔さん。 お子さんについては不明。 以上が海原やすよともこについて 調べた内容になります。

次の

海原やすよ・ともこ

やすよともこ やすよ旦那

海原やすよともことして妹さんと「やすとものどこいこ」でよくテレビに出演されています。 今回はそんな海原ともこさんのプロフィールや身長体重などを紹介していきますね。 また元夫ってどんな人なのかにも迫ってみるので最後まで楽しんでください。 海原ともこのプロフィール 経歴 昔から海原ともこさんはテレビでよく見ていましたが、最近急にテレビの出演番組が増えたような気もします。 「やすとものどこいこ」が人気になっているからでしょうね。 毎週、びっくりするくらいの買い物をして家のどこに置いているの?と思うのはわたしだけでしょうか? まずは海原ともこさんのプロフィールを見ていきましょう。 生年月日は1971年12月27日で、現在の年齢は45歳 大阪の寝屋川市出身で、高校は淀之水高校を卒業されています。 幼いころから妹と漫才をされていた海原ともこさんですが、忘れてはいけないのが家族です。 なんといっても祖母は海原小浜!若い頃の映像を見るとともこさんにそっくりなんです。 100%お婆ちゃんと孫ですねと、言いたくなる感じです。 ここまでお婆ちゃんと孫がそっくりな人を私は見たことがありません。 そして、お父さんは海原かけるさん、お母さんはワンダーのり子さん。 芸能一家の3代目なんですよね。 正直なところ私は海原かけるさんと、ワンダーのり子さんの事を知りませんでした…。 てっきり、個人的には海原やすよともこさんはお父さん、に弟子入りされているかと思いきや、師匠は中田ボタンさん。 普通なら「中田やすよともこ」になるわけなのですが、中田ボタンさんの懐の大きさで「海原」になっています。 スポンサードリンク 海原ともこの体重や身長が気になる! 海原ともこさんをみるとやっぱり気になるのが体重。 やすよさん1人だけを見ると結構大きそうな感じがするんですが、ともこさんと並ぶとやすよさんが小さく見えてしまいます…。 私もちょっと気になったので身長と体重を調べてみました! すると身長は163センチ。 しかしさすがに体重までは公表されていませんでしたよ。 なので私がともこさんの体重を予想したいと思います。 最近は太った女芸人さんってよくテレビに出演されています。 例えばゆりやんレトリィバァの体重は77キロ ニッチェの江上さんの体重は83キロ 見た目はこの2人と同じくらいの体格をされているような気がするんですよね。 なので私は海原ともこさんの体重は80キロくらいなのではと予想します!最近はテレビを見ているともう少しありそうな気もしないことないですが…。 海原ともこの元旦那って?子供や家族などいる? 海原ともこさんの旦那さんと言えば元男闘呼組の前田耕陽さんというのは有名な話です。 実はこれって2度目の結婚なんですよね。 1度離婚をされています。 その時の元夫といわれているのが制作会社のディレクターだった人なんです。 一般の人と言うよりも、業界関係者と言った方がいいのかもしれませんね。 その後再婚された前田耕陽さんもバツ1なんで、ともこさんとはお似合いのカップルと言ってもいいかもしれませんね。 最近は2人でテレビに出演されることも少ないですが、結婚当初はテレビで2人の姿を見ました。 元ジャニーズと女漫才師の結婚である意味びっくりしましたが、意外とすんなり受け入れられましたよ! しかも海原ともこさんは前田耕陽さんとの間には娘さんと息子さん2人の子供がおられます。 芸能人同士のカップルで結婚生活はどうなるのかな?と思っていましたが、もう結婚されてから10年も経ちます。 幸せそうですね。 スポンサードリンク まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は海原やすよともことして活躍されている海原ともこさんを紹介していきました。 もう45歳になられてはいますが、おしゃれで若々しいですよね。 しかも姉妹も仲が良さそうですし、ちょっとうらやましい感じもします。 これから50歳、60歳になるにつれてともこさんはもっと活躍されるんでしょうね! なんといってもフリートークが面白いですもん。 ただ、妹の海原やすよさんが脳動脈瘤で手術をされたというのがニュースにもなっていました。 現在は復帰されていますが、若いだけに心配なので無理だけはしてもらいたくないですね。 そんなやすよともこのお二人ですが、2017年に上方漫才大賞を受賞されました!以前も受賞されたような…と思っていたら2度目の受賞!女性コンビでは初みたいですよ! これほどすごいことはありません!漫才だけではここまで行くことはできません。 テレビなどの活躍も評価されたのではないかと私は思っています! これから2人とも健康には気を付けて関西を盛り上げていってもらいたいです! 特に海原ともこさんはポスト上沼恵美子になるのではないかと私は期待しています。 今日もありがとうございました。

次の

海原ともこのメイク術!センス抜群の大阪のおばちゃん

やすよともこ やすよ旦那

Contents• 海原やすよと旦那について 海原やすよと旦那の宮本大輔は2005年に結婚。 結婚してすぐに宮本大輔は 難病指定されている黄色人体骨化症となり、 選手生命にかかわる病気を患った。 大阪府の病院で手術をうけて、12時間に及ぶものとなった。 術後は痛みで寝返りすらうてない状態に海原やすよが、 献身的に病院に泊まり込んで介護しつづけたという。 そうした入院生活は3週間続き、 退院しても、旦那は寝たきりの状態が続いていたという。 が、約2ヶ月後には宮本大輔は自力で近所を散歩したり、 自宅マンションの階段の上り下りをするなどして、 リハビリにも熱心に取り組んだ。 約1年強のリハビリの後に 腰のヘルニアなども患うも、プロ野球選手にカムバックした。 が、2009年には戦力外通告を受けて、 台湾野球や社会人野球の打診をうけたものの、引退をした。 海原やすよの旦那の現在は? そんな海原やすよの旦那・宮本大輔の現在であるが、 今は心斎橋で創作料理ミヤモトという飲食店の店長をしているということだ。 当初はダイニングミヤモトという名前で 2011年にオープンしたようだが、現在は 創作料理ミヤモトとして営業しているようだ。 元チームメイトや野球関係者などが集う店であるようだ。 野球選手を引退してから、 その後の身の振りを考えなければならなかった旦那の宮本大輔は、 海原やすよの父親で元漫才師・海原かけるの経営する 【ちゃんこ家うなばら】で修行したという。 海原やすよの旦那が患った難病とは? 前述した宮本大輔が患って、 人生を大きく変えた難病である黄色靭帯骨化症とは、 どの様な病気なのだろうか? 国から難病指定されているということもあり、 何と20000人に1人の確率で患うというものである。 脊髄の後ろにある靭帯部分が、 黄色靭帯という固有名詞で呼ばれる部位であり、 それがなんと骨の様に硬くなり神経を圧迫。 そして、足の麻痺を起こす症状が現れ、 歩行困難や膀胱の機能にも支障が出るという厄介なもの。 海原やすよの旦那・宮本大輔はこれにかかってしまい、 その影響で野球人生を狂わされたという悲劇的な運命を 背負ってしまった過去がある。 おわりに 海原やすよが現在、脳動脈瘤を患っていることが判明し、入院生活を行っている。 今度は旦那の宮本大輔が 海原やすよに出来るだけ付き添って、 その身を案じていることだろう。 どこか切ない夫婦愛を感じるが、 病気という運命をくぐり抜けてきた、 この夫妻ならば災いを福に変える力をきっともっていることだろう。

次の