グラブル ヴィンテージ。 グランブルーファンタジー(グラブル)攻略wiki

グランブルーファンタジー(グラブル)攻略wiki

グラブル ヴィンテージ

無論、リミキャラや神石系はいつも通り交換不可なのでバナーにもなっているように闇有利古戦場に向けてのコルルや比較的最近に実装されたタヴィーナ辺りが交換候補の上位に上がってくるのではないかと思います。 自分としては依然手に入っていない光ゾーイが第一候補に挙がるのですが、トールとフレイがずっと2凸で止まっているのでどうしようかなーというところです。 終末の神器の3つ目のスキルに追加できる進境スキルが中効果ながら付いています。 また、装備している杖の数が多いほど最大HP上昇というエピックウェポンの聖域の錫杖のHP増加版と言える効果も付いており、現在の杖パが強い水属性の流行りとも合っている感じ。 攻刃は1ながらもスキルが3つ付いているのでかなり性能は高めなのではないでしょうか。 そのせいなのかは分かりませんが、SSR武器には珍しい奥義ダメージが特大ではなく大になっています。 タミン・サリ そして、2つ目のタミン・サリ。 また、こちらも奥義が大なので今回の2つのヴィンテージシリーズは奥義が通常のSSR武器より弱いけれどスキルが3つ付いていてサブ用で輝くというようなコンセプトなのでしょうか。 いつもより難しくなってしまった今回のサプチケの選択 で、新たに2つ加わったヴィンテージシリーズも踏まえて今回のサプチケを何と交換するのかということになってきます。 一般的には、まずキャラを交換して次に召喚石を充実させていき、武器の交換というのは後回しにするのが編成を強化する上での常套手段なのではないかと思います。 なので、自分としては光ゾーイが第一候補だったのですが、既にそれなりにキャラも召喚石も揃ってきているので今回の2つのヴィンテージシリーズは非常に悩ましい・・・ 特にタミン・サリの方は光属性では垂涎の上限アップ武器となるので1本は欲しい・・・ とは言っても、武器の交換となると問題があります。 召喚石もそうですが、上限解放があるので1つ交換しただけでは最大限の性能が発揮出来ず、更なるサプチケを待って重ねるか武器ならばダマスカス鋼(ヒヒイロカネ)、召喚石ならば金剛晶を使って上限解放していかなければマックスの性能を発揮できません。 なので、仮に今回タミン・サリを交換しても、目的の上限アップスキルを得るにはあと3回サプチケを待つか、ダマスカス鋼orヒヒイロカネが3個必要になってくるので非常に頭が痛い・・・ 以前にクリフィンやグラシをサプチケで交換したこともありましたが、そんなことをしているうちに新たな武器が出てきて、実はそっちのほうが性能が良かったということにもなりかねません。 また、今回ヴィンテージシリーズの武器が一気に2つ追加されたことにより、ヴィンテージシリーズの追加の頻度が上がるかもしれません。 出来ればダマやヒヒイロはサプチケで交換できないリミテッド武器に突っ込みたいと思っているのですが、今後はそうも言ってられないのだろうか・・・ ついでにダマやヒヒイロの入手経路も増やして欲しいところです・・・ ただ、このタイミングでのサプチケだと次回、次次回のスケジュールは予想しやすいでしょうか。 例年だと年末に1回、年始に1回のサプチケがあるのでそれを見越しての交換もありな気はします。 もしくは、今回は無難にキャラを交換しておいて、年末のグラブルフェスでの情報を待ち、年末年始のサプチケを期待してネーレウスの杖やタミン・サリを交換を検討するという選択肢もあると思います。 アニメの支給がラクリモサで花生えるwww 笑えよ、もにぃ。 たしか昨日サプチケの話で 「アルバハソロ如きに天上人の俺が銃ゾーイを獲る必要などない。 流石もにぃパイセン、俺たちにできないことを平然とやってのける。 サブハーゼもいける ただ10ターンたたないとデバフ無しで1ターン目はクリありで35万ほどで10ターン後に60万ぐらいになる感じでした。 デバフ、バフで90万ぐらいかと クリティカル編成はハイランダーでもリミ武器少なめで編成は可能ですが水着カリオストロが必須な点で移行は難しいでしょう。 ヴィンテージ武器はサプチケ武器とでも名前を変えてもよいのでは? サプがきましたね。 光は強化したいと思っているのでタミン短剣は気になりますね。 ただ4凸するまでにサプ4枚と考えると気が重い。 キャラの方では闇古戦場用ならターニャでしょうか。 オート編成で活躍できそう。 古戦場関係なく気になっているのがバアルとバイブカハ、レヴィオン姉妹ですね。 レヴィオン姉妹はどちらかというと武器の方が欲しいのですが 笑 バアルはカイム編成で高難易度で使えると聞いて欲しくなりました。 あと新ジョブのライジングフォース、そして年始のマキラ最終と得意武器が被るので刀パから変化があるのか!?という期待も。 バイブカハは風ソルジャー編成でソルジャーを強化して一気に火力を出したいという趣味編成です。 石ならトール、フレイ、サテュロスってとこでしょうか。 まだ期間もあるし自分も悩もうと思います。 特にターニャはフルオート機能が実装された今だとオート周回で大活躍しそうです。 後は手持ちのキャラによると思いますが、石だとトール、フレイはどの属性でも使える上に性能も優秀なのでアリですね。 最近だとサテュロスも合体召喚で結構見かけますが、累積ダウンには最終上限解放まで強化しないといけないのがツライところでしょうか。 あとはサプチケの交換対象ではありませんが、黒騎士の有無で闇有利古戦場の編成も変わってくるかもしれません。 今月号のこれグラで古戦場前に最終上限解放と告知されているので、性能次第ではスタメンが埋まる可能性もありますね。

次の

【グラブル】タミン・サリの評価|ヴィンテージシリーズ【グランブルーファンタジー】

グラブル ヴィンテージ

以下の新キャラクターのデータを追加しました。 の最終上限解放に伴い、キャラデータを更新しました。 以下の召喚石の最終上限解放に伴い、詳細ページを更新いたしました。 ページを作成いたしました。 以下の新キャラクターのデータを追加しました。 以下のSSR新武器のデータを追加しました。 ページにを追加いたしました。 新召喚石のデータが追加されました。 攻略ページを作成いたしました。 ページが作成されました。 攻略ページを作成いたしました。

次の

【グラブル】タミン・サリの評価|ヴィンテージシリーズ【グランブルーファンタジー】

グラブル ヴィンテージ

グランブルーファンタジーとは? グランブルーファンタジーとはファンタジー系のブラウザRPGの1つで、プレイヤーは空に浮かぶ島々を旅する「騎空士」(きくうし)となり、伝説の島「イスタルシア」を目指して仲間と共に冒険に出る。 クエストをクリアしながら物語を進行させ、味方キャラクター集め・武器集め・アイテム入手を通じて強い敵と戦っていく。 クエストの中には複数のプレイヤーが参加できるクエストもあり、MORPGの要素も盛り込まれているゲームだ。 キャラクターデザインは皆葉英夫さん。 サウンドディレクターは植松伸夫さんが担当。 Cygamesが開発・運営しているソーシャルゲーム「神撃のバハムート」とのコラボ、そして他作品とのコラボイベントも多く幅広いファン層を取り入れている。 グランブルーファンタジーは2013年11月8日に東京・六本木のニコファーレにてスタッフとキャストによる製作発表会が行われた。 しかしゲームの配信は当初予定されていた12月17日から延期され2014年3月10日にブラウザ版が配信開始された。 その後、5月2日に初めてテレビCMが放送され、5月21日には登録ユーザー数が100万人を超えた。 翌2015年1月にはユーザー数が300万人、同年12月には700万人に達するなど人気を拡大。 2016年3月にはユーザー数が1000万人を突破した。 そして、2018年4月にはユーザー数が2000万人を突破した。 飛行船騎空艇などを開発した科学技術は、大昔に世界を支配した謎の種族「星の民」が残したものだ。 星の民は覇空戦争と呼ばれる事件で姿を消した。 しかし星の民が開発した強大な自律兵器星晶獣はまだ各地に眠っている。 一方「空の民」と呼ばれる現在の住民は、人間とほぼ同じ容姿のヒューマン、角を持つ屈強なドラフ、獣の耳を持つエルーン、小柄なハーヴィンの四種族からなり、混住して共生している。 また、魔法の力も星の民の技術とは別に古くから伝えられており、島々には様々な魔物が潜んでいる。 小さな島ザンクティンゼルで相棒のビィとともに育った主人公は、空の果てにあるという伝説の島イスタルシアへの冒険を夢見ている。 故郷を出発するその日、覇権国家エルステ帝国に追われる少女ルリアと騎士カタリナが主人公の前に現れる。 主人公はルリアを庇って瀕死となるが、少女の不思議な力によって一命をとりとめ、星晶獣を操るその能力を共有することになる。 イスタルシアを目指す主人公とビィ、帝国の勢力圏から逃がれたいルリアとカタリナは、共に空の果てへと旅立つ。 ・・・ここからは先は実際にクエストをクリアしながら物語の展開をお楽しみください.

次の