バー コード 読み取り。 JANコードとは?バーコードの種類とQRコード、RFIDとの違い

PCでのQRコード読み取り方法は?ソフトのみ、カメラ使用なし! [フリーソフト・シェアウェア] All About

バー コード 読み取り

クワイエットゾーンは、十分に確保されていないと、読み取りが不安定になります。 バーコードを作成する場合には、十分な注意が必要です。 ) データ(メッセージ) データとして表されている文字(数字、アルファベットなど)のバーパターンが左側から並んでいます。 上図では、0,1,2の文字を表すバーパターンを左から順番に並べることで、「012」というデータを表しています。 チェックデジット 読み誤りがないかチェックするために、算出された数値で、バーコードデータの直後に付加されます。 (詳しくは「」の項目を参照) バーコードの長さ バーコードの長さは、左右のクワイエットゾーンを含んだ長さをいいます。 つまり、バーコードリーダの読み取り幅内に、クワイエットゾーンも含めたバーコードが入っていないと読み取れません。 バーコードの高さ バーコードの高さは、印刷できる最大限を確保することが望まれます。 高さが低いと、レーザ光がバーコードから外れてしまい、安定して読み取れない場合があります。 しくみとあわせて理解したい.

次の

マルチバーコードの高速読み取り

バー コード 読み取り

この記事の目次• バーコードリーダーの選び方 読み取り性能・その2|読み取り精度(デコード性能)編 バーコードリーダーの選び方を【読み取り性能】・【コスト削減】・【運用最適化】に分けて連載していきます。 読み取り性能|読み取り精度(デコード性能)編(本記事はコチラ)• 読み取り性能|分解能編(近日公開)• 読み取り性能|一括読み取り編(近日公開)• 読み取り性能|プラグイン機能編(近日公開)• コスト削減|データ編集機能編(近日公開)• コスト削減|キッティング編(近日公開)• 運用最適化|用途に合わせた機器編(近日公開) バーコードリーダーの読み取り精度|デコーダーとは? 読み取り精度を決めるデコーダーの分析処理能力=デコード技術は、長年の開発で培われてきたバーコードリーダー製造メーカーの技術の結集です。 特許技術として公開されているものから、ブラックボックスとして公開されていないものまで、デコード技術はエンジニアの汗と涙の結晶といっても過言ではないでしょう。 Honeywellのバーコードリーダーのデコード技術は他メーカーの追随を許さない圧倒的な読み取り精度を誇ります。 そしてその技術に対して数多くの特許が取得されています。 2019年にもHoneywellが所持する特許への特許侵害とその和解金として、900万USドルを受け取るというニュースが話題となりました。 タグ:•

次の

QRコードをスマホで読み込む方法

バー コード 読み取り

固定式バーコードリーダは、複雑な高スループットな製造および物流アプリケーションの課題を簡単に解決します。 すべての消費財で、識別やデータ収集を簡素化するために一次元または二次元のバーコードが使用されています。 パッケージの側面にあるラベルは、ほとんどの場合で高速で移動しながら、厳しい角度で同時に読み取らなければなりません。 消費財パッケージ(CPG)メーカーは、効率性とスループットを最大限に高めるために、素早く正確にコードを読み取ることが求められています。 しかし、そのコードが劣化、損傷、重要な要素が欠損していたり、表面が湾曲または反射していると、読み取りは簡単ではありません。 そうなると、生産の遅延、高価な再印字、製品の廃棄、チャージバックなどが生じる可能性があります。 コグネックスの画像処理式バーコードリーダは、特許取得のデコードアルゴリズムを使用して、高速ライン、くぼみや突起のある部品、パッケージの複数面上のコードを、厳しい角度や離れた場所からでも素早く確実に解読します。 コグネックスのバーコードリーダは、損傷の激しい、歪みのある、かすれた、または低コントラストのバーコードでも、確実に読み取り、業界をリードする 99. 大きな被写界深度と広い視野を持つコグネックスのバーコードリーダは、同時に複数のコードを読み取ります。 CPG のシリアル化、製品のパッキング、トレーサビリティーアプリケーションにおいて、広い視野内で複数のバーコードを読み取ることは不可欠です。

次の