トゲキッス 害悪。 トゲキッス

犯罪者級! 最凶の害悪ポケモン10選

トゲキッス 害悪

今回はトゲキッスをぶっ〇したい人のための記事です。 トゲキッスの性能 HP:85 A:50 B:95 C:120 D:115 S:80 特性:てんのめぐみ 技の追加効果の発生確率が2倍 メイン技 -エアスラッシュ -マジカルシャイン -マジカルフレイム -はどうだん トゲキッスの型 ・テンプレ型 おくびょうCS252振り 特性てんのめぐみ もちもの:じゃくてんほけん 技 -エアスラッシュ -マジカルシャイン -マジカルフレイム -わるだくみ この型が体感だと一番多い。 とりあえず脳死最速にしてエアスラ連打が強み。 ナットレイ対策で炎技、 わるだくみを1回積んで全抜き狙いも。 ・スカーフ型 おくびょうCS252振り 特性てんのめぐみ もちもの:こだわりスカーフ 技 -エアスラッシュ -マジカルシャイン -マジカルフレイム -はどうだん 一種の害悪型。 難点であるSを無理やり上げてエアスラの6割ひるみを連打してくる。 ・害悪型 ひかえめHC、S調整 特性てんのめぐみ もちもの:きのみやたべのこし 技 -エアスラッシュ -みがわり -わるだくみ -でんじは まひるみというまひの確率とひるみの確率を掛け合わせて 相手を無理やり動けなくする型。 トゲキッスの対策 ・HDバンギラス ほぼ全ての攻撃を2耐え出来る。 はどうだんのみ乱数。 チョッキを着れば確定2耐え。 頼みのエアスラッシュも半減で受けられる。 こちらはストーンエッジを当てる必要が出てくるが確定2発で倒せる。 ・ドリュウズ シンプルにSが勝ってるのでアイアンヘッドで確定2発な上にひるみも狙える。 エアスラやマジカルシャインも半減。 ・ヒート・ウォッシュロトム エアスラッシュ半減な上に電気技で殴り勝てる。 相手の交代に合わせてボルトチェンジもあり。 ・せいしんりょくルカリオ 先制も取れるし相手がスカーフの場合でも精神力でひるまないため安定。 コメットパンチやバレットパンチで打点もある。 もし素のルカリオにダイバーンを撃たれると乱数で1発KOなので少し耐久に振る必要がある。 ・アイアント 最近こいつが流行っているのはトゲキッスのせいと言っても過言ではない。 しかし体力100%同士の対面ならアイアントは負けます・・。 なぜなら基本的に1発で倒せないから。 とくせいの張り切り+火力アップアイテムでアイアンヘッド1発KOを狙える。 しかしキッス側が耐久に振っていた場合は無に終わる。 タスキを持たせればほぼ勝てるが キッス側にしんそくがあれば終わり。 しかし今の環境ならしんそく持ちはほぼいない。 完全な対策にはなりにくいため、相手を事前に削っておく必要がある。 まとめ 一番安定するのはロトムかなと個人的には思います。 仮にダイジェットを積まれてSを上げられても こちらもダイマックスすれば負ける要素はないです。 どうしてもひるみが怖いならダイマックスポケモンはひるまないので うまくダイマックスを切って倒すのも手。

次の

犯罪者級! 最凶の害悪ポケモン10選

トゲキッス 害悪

トゲキッスの採用理由となるべき点が以下です。 まひるみ 最大の役割、というかやりたいこと。 何と言っても誤魔化し性能が高いため、7割行動不能の害悪さで一方的に相手に負担をかけられます。 HPが少なくても強引に勝ち筋を作れることも良点。 麻痺撒き スカーフエアスラのことを考えるとボルトロス以外には安易に挑発を打たれにくいので、初手電磁波が止められにくいです。 また、ラムの実で1度眠りを防げるので、ガッサ・メガバナ対面に強いです。 ガブリアス、サザンドラの牽制 地竜無効悪半減の優秀な耐性で、ガブリアスやサザンドラの行動を抑制し、スカーフ地震や眼鏡流星を牽制できます。 その2匹に限らず、相手の地面技やドラゴン技を安定行動にさせません。 天恵エアスラなど固有の役割を持っているため、他ポケモンとの差別化は必要ありません。 比較 「害悪」と呼ばれるトゲキッスには、主に3つの型があります。 本論の型を除いた2つの型の特徴を纏めると、次のようになります。 CS振りスカーフ型 ・遂行速度が速い ・麻痺が入ってない相手にも上を取れる確率が高い ・技スペースが空くため、技範囲を広く取れる ・耐久が高くはないため、先制技に縛られやすい ・トリック以外の補助技を扱いにくい ・麻痺で止められやすい ・自分より速い相手のスカーフ持ちにあまり強く出られない• HB振りゴツメ型 ・耐久力があり、受け出しや相手が怯まなかった際のケアに優れる ・物理相手への削り能力がある ・自身で麻痺を撒ける ・相手のスカーフ持ちにも強く出れる ・ ゴツメでの削りを加味しない場合のみ 遂行速度が遅い ・こちらの麻痺や、毒に弱い これらに対して本論のトゲキッスは、 スカーフ型とゴツメ型の中間 やや耐久寄り を取ったような努力値振りをし、かつどちらにも共通する「状態異常に弱い」という欠点を補うためラムの実を持たせた型です。 以上を踏まえた上でのこのトゲキッスの特徴を纏めます。 ・状態異常に耐性がある ・1つの役割に特化せず、汎用性が高い ・自身で麻痺が撒ける ・相手のスカーフ持ちにも強く出れる ・ゴツメ型に比べて麻痺を撒くための1ターンで攻撃を耐えない可能性がある ・スカーフ型に比べて遂行速度が遅い 以上が本論のトゲキッスの特徴です。 話は逸れますが、相手がこれら2つの型を警戒した行動をすることは少なくありません。 例えば相手の補助技に合わせて繰り出した際、スカトリ警戒で交替した先のメガ枠に無償で麻痺を入れられたり、実際には猫捨て身で落ちてしまうメガガルーラ対面でも、ゴツメ警戒で敢えて猫騙しを打たなかったり、といったものです。 このような特徴も、トゲキッスの良きポテンシャルです。 H244振りは総合耐久上昇と共に定数ダメージの効率が良くなるため確定ですが、BDについては鋼タイプを意識した =炎技採用を前提としている ものなので、炎技を入れない場合はCSに回すのも一考です。 エアスラッシュ メインウェポンの一致飛行技。 仮想敵は、半減以下にされない相手全て。 電磁波 まひるみをするために確定。 火炎放射・大文字 炎4倍系や、エアスラッシュの通りが悪い鋼タイプへの有効打。 どちらにするかは下のダメ計を参考にしてください。 ハッサムを確実に狩りたいなら放射、ナットレイやギルガルドの確定数が動くのが文字。 マジカルシャイン 対ドラゴン・電気ピンポイント技。 確定で倒せる相手は多くないので、優先度は低めです。 無振りガブリアス 割合: 78. 羽休め 優秀な回復技。 卵産みと違って使用ターンに飛行タイプを消すことができ、それにより弱点が2つだけになります。 メガガルーラやメガクチートの不意打ち透かしとしても有効で、麻痺と合わせて電磁羽もできます。 身代わり ラムの実で状態異常を防げると言っても一度切りなので、その後の異常透かしとして。 害悪性能からか相手の交替は多いので、身代わりを張る余裕はかなりあります。 アンコール まひるみでは突破し難い耐久ポケモン潰しだったり、身代わりと組み合わせて使ったり。 他の技が有用なので、この技の優先度は低めです。 悪巧み コメントより。 耐性と耐久のおかげで積むタイミングが多いので、やや不安な火力を向上させることができます。 その他波動弾や毒毒などが候補に挙がりますが、打つ相手がピンポイントだったり、コンセプトとずれていたりするため、今回は省略しています。 ダメージ計算 -物理 特化鉢巻きハッサムのテクニバレパン 割合: 82. 特殊 C252メガルカリオのラスターカノン 割合: 83. オススメのエースはメガバンギラスで、優秀な耐久と抜き性能の高い積み技、トゲキッスが呼ぶ電気に対しての有効打があり、かつトゲキッスが地面技や格闘技に受け出せるなどの点が良いです。 麻痺撒き要因がいると、トゲキッスが電磁波を撒く1ターンが必要無くなり、またキッス自身も耐久を活かした電磁波撒き要因となってエースのお膳立てが可能になります。 因みに他候補はメガガルーラやメガクチート軸。 技範囲が広く威力も出るスカーフ型と違い、後出しされやすい電気タイプに滅法弱い 電磁波無効エアスラ半減 ので、電気に役割を持てるチョッキ地面タイプなどとも相性が良いです。 以上です。 良ければ意見をお願いしたいです。 シングルだと似たような感じでした。 麻痺まきアタッカー受けを両立させられるので便利ですよね。 トリプルだとスカーフシンボラーとクレッフィとくませて、結構使いやすかったですよ。 積むべきタイミングでは基本電磁波か羽休めをしていたのであまり考えませんでしたが、確かに相性が良いですね。 候補技に追加させていただきます。 ご意見ありがとうございました。 心内評価ありがとうございます。 投稿お疲れさまです。 H降りロトムが48. 評価ありがとうございます。 それでも受け出してきたロトムでさえ確定で狩れるわけではないですし、やはりピンポイントな感じが否めない気がします。 決して需要が無いわけではないので、優先度を上げるという意味合いで候補技に追加だけしておきますね。 お褒めの言葉ありがとうございます。 評価入れておきます。 技構成の優先度が低い技のところにシャインが残りっぱなしなので修正お願いします。 修正しました。

次の

【ポケモン剣盾】トゲキッスの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

トゲキッス 害悪

トゲキッスより遅いポケモンで確定2発から3発で落ちるポケモンと対面したら、とりあえず上からエアスラを打っとけば良いです。 そうすれば6割の確率で行動できないので、トドメの一撃にダイジェットを打っておけば、 次のポケモンはダイマックスして、すばやさが1段階あがったダイマックス状態のトゲキッスと対面することになります。 「ひこう」「フェアリー」「ほのお」の3タイプの攻撃技で全てのタイプに等倍以上がとれるので、あとは上からひたすら最大火力が出る技を打ち込みまくるだけです。 焦って相手が弱点技をうってくれたら、じゃくてんほけんが発動し、もっと止まらなくなります。 相手が動く確率は4割なので、動いたらその時に考えましょう。 遅いポケモンは、積み技や状態異常を起こす「おにび」や「どくどく」などを打ってくることが多いので、「アンコール」を持たせたり、持ち物を「ラムのみ」にするのも良いと思いました。 そのまま体力5割ちょいの体力で、どれだけ相手の3匹を崩壊させれるかが勝負です。 「アーマーガア」や「ジュラルドン」などの「はがね」タイプの高耐久ポケモンや、とくせい「てんねん」の「ヌオー」など、うまく止められてしまうと相手のダイマックスが残っているため、逆にしんどくなる事も多々ありました。 はがねタイプのほのおタイプの「かえんほうしゃ」を覚えておかないと何もできなくなります。 これはトゲキッスが悪いのではなくて、後続で相手のダイマックスを凌げなかったのが悪い トゲキッスでされて嫌だったこと 「麻痺」を入れられる事。 「麻痺」はトゲキッスの強い面である「てんのめぐみ」エアスラを上から打てなくなり、トゲキッスの良さが全く消えてしまうのでかなり嫌でした。 なので、とくせい「いたずらごころ」を持つ、「エルフーン」や「オーロンゲ」は嫌でしたね。 「ひかりのかべ」や「ドわすれ」 とくしゅ攻撃を半減する「ひかりのかべ」や、「ドわすれ」でとくぼうを2段階上げられると、トゲキッスではろくにダメージを与えられなくなり、 その間に叩かれて倒されたり、「どくどく」を入れられて受け切られたりしたこともありました。 特にとくせい「てんねん」のヌオーは、こちらの「わるだくみ」の効果も無視するのでいちど「ドわすれ」を積まれるとかなりエアスラを当てないと落とせないので、運が良くないと怯ませ続けられるのは厳しいです。 それでも「運」で勝てるというのは、やはり強キャラなんでしょうけどね… 先に暴れられる 前述した、「ギャラドス」や「トゲキッス」対面の話です。 ダイマックスした相手のトゲキッスをこちらのトゲキッスで対処しようとして、同キャラダイマックス対決になった時にクソゲーの空気感を感じたのでもうトゲキッスを使うのはやめときます… 結論:色々対策はあるけど、運が絡む。 少しは参考になったでしょうか… 完全な対策が難しいというのが、強キャラの証なのでしょうね… ダイマックスしたトゲキッスをガッチリ止めれるポケモンがいたら良いですが、なかなか完璧に止めれるポケモンは難しいですよね。 このポケモンが良いよってのがあったら、是非TwitterのDMで教えてください。

次の