高校 入試 福島 県。 福島県教育委員会トップページ

解答速報!福島県公立高校入学試験解答速報2020年令和2年度平均点や倍率に問題難易度は難しい?受験生の結果は?

高校 入試 福島 県

福島県は令和2年度入試より入試制度が変更される。 変更後の「前期選抜」は、受験生の個性や学ぶ意欲を重視し、各高校の特色をふまえた「特色選抜」と、学習活動を重視する「一般選抜」の2種類の選抜を実施。 福島県の調査書は、中一から中三までの9教科の成績が5段階で評定され、特色選抜は135点満点、一般選抜では実技4教科が2倍されて195点満点。 「特別活動等の記録」を点数化する高校もある。 特色選抜では高校・学科別に点数が異なり、一般選抜では55点満点となる。 各教科の学習の記録と特別活動等の記録を合計した数値が最終的な調査書の成績となる。 学力検査は、各教科50点満点・各50分間の5教科の検査。 特色選抜と一般選抜は併願可能。 高校・学科によって傾斜配点を実施する場合もある。 一般選抜では、学力検査と調査書の比重が同等の場合、両方が高い人から定員内にある人までが合格となる。

次の

TOP

高校 入試 福島 県

2020年6月12日更新• 2020年6月12日更新• 2020年6月5日更新• 2020年6月4日更新• 2020年6月2日更新• 2020年6月2日更新• 2020年6月2日更新• 2020年6月1日更新• 2020年5月29日更新• 2020年5月29日更新• 2020年5月29日更新• 2020年5月28日更新• 2020年5月25日更新• 2020年5月25日更新• 2020年5月25日更新• 2020年5月20日更新• 2020年5月19日更新• 2020年5月12日更新• 2020年5月1日更新• 2020年4月23日更新• 2020年4月20日更新• 2020年4月17日更新• 2020年4月17日更新• 2020年4月14日更新• 2020年4月3日更新• 2020年4月1日更新• 2020年4月1日更新• 2020年4月1日更新• 2020年3月31日更新• 2020年3月31日更新.

次の

TOP

高校 入試 福島 県

・検査:3月4日(水) ・面接等:3月4日(水)~6日(金)のうちの指定日 ・追検査等:3月11日(水) ・合格発表:3月16日(月) 後期選抜(定員を充足していない場合に実施) ・出願:3月17日(火)、18日(水) ・出願先変更:3月19日(木) ・面接等:3月24日(火) ・合格発表:3月25日(水) 福島県の入試制度 (令和2年度) 調査書 前期選抜(特色選抜)・後期選抜 第1学年~第3学年の9教科5段階評定を記載し、合計135点満点(傾斜配点により、加点する場合がある)。 これに加えて「特別活動等の記録」を点数化する学校がある(満点は学校により異なる)。 前期選抜(一般選抜) 国語、社会、数学、理科、外国語(英語)の5教科は、第1学年~第3学年の評定を記載し、音楽、美術、保健体育、技術・家庭の4教科は、第1学年~第3学年の評定を2倍したものを加えて、計195点満点。 これに加えて「特別活動等の記録」を点数化する学校があり、この場合「学級活動」「生徒会活動」「学校行事」「その他の活動」の各項目に配点し、55点満点とする。 学力検査(特色選抜・一般選抜共通) 国語、社会、数学、理科、英語(放送によるテストを含む)の5教科。 各科50分・各科50点満点。 ただし、学校により各問ごとの配点を変えることができる。 また、特定の教科の配点の比重を変える傾斜配点を行うことができる。 選抜方法 前期選抜(特色選抜) 特色選抜志願理由書、調査書の審査結果、学力検査の成績及び特色面接を資料として、さらに特色検査(小論文または作文、実技等)を実施した場合には、それらの結果を併せて資料として、選抜を行う。 なお、一般選抜との併願が可能で、特色選抜に不合格となった場合、一般選抜のみの志願者と併せて一般選抜の対象となる。 前期選抜(一般選抜) 調査書の審査結果及び学力検査の成績を資料として、一般面接を実施する場合はその結果を併せて資料として、選抜を行う。 後期選抜 調査書の審査結果、面接の結果及び小論文(または作文)の結果を資料として、選抜を行う。 また、両方に出願する場合、同一校の異なる学科に出願できる。 リスニング リスニングは対話文を聞いて、内容に合う絵を選ぶもの、英文を聞いて、内容に合う英文の空所を埋めるもの、応答文を選択するものが出題されている。 (配点非公表) 2. 文法・英作文・読解 複合問題は英文の空所にあてはまる語句を選ぶもの、整序作文、短い対話文中の応答文を選ぶものが出題されている。 (配点非公表) 3. 英作文 英作文は与えられた日本語に従って英文の空所にあてはまる語句を答えるものと、日本文をそのまま英語に直すものが出題されている。 (配点非公表) 4. 会話文〈修学旅行〉 適語選択、絵整序、内容一致文選択、要約文の適語句補充が出題されている。 (配点非公表) 5. 長文総合〈コーヒー〉 適語選択、指示語の内容指摘、適文選択、内容一致文選択、英問英答、条件作文が出題されている。 (配点非公表) 過去3か年の傾向 出題傾向、出題問題数、長文の分量など大きく変更していない。 リスニングは対話文を聞いて、内容に合う絵を選ぶもの、英文を聞いて、内容に合う英文の空所を埋めるものなどが出題されている。 複合問題は英文の空所にあてはまる語句を選ぶもの、整序作文、短い対話文中の応答文を選ぶものが出題されている。 英作文は与えられた日本語に従って英文の空所にあてはまる語句を答えるものと、日本文をそのまま英語に直すものが毎年出題されている。 長文と会話文では、内容に一致する文を選ぶ問題や、英文を起こった順に並べかえる問題など、内容把握に関する設問が大部分となっている。 ただ、2019年度は長文に日本語記述が出題されていない。 独立小問5題 数の計算2題、式の計算、平方根の計算、反比例 (配点非公表) 2. 独立小問5題 因数分解、不等式の表現、水量変化のグラフ、円柱と円すいの体積比、対称移動した三角形の作図 (配点非公表) 3. 資料の活用・確率 さいころの目による場合の数、素数となる確率、階級値、判断した理由 (配点非公表) 4. 連立方程式の利用 ノートと消しゴムの売れた数と金額 (配点非公表) 5. 平面図形 証明(合同)、円周角 (配点非公表) 6. 関数 直線の式、動点と三角形の面積 (配点非公表) 7. 国語の知識 漢字の書きとりが4問、四字熟語の正しい使い方に関する選択問題が1問。 (配点非公表) 2. 俳句 説明にあてはまる俳句を選択する問題が2問、俳句の鑑賞文の空欄に入る言葉を答える問題が2問。 (配点非公表) 3. 古文〈「戦国策」〉 仮名遣い、要旨把握、文章に関する会話文の空欄補充の問題が出題。 25字以内の記述問題がある。 (配点非公表) 4. 小説〈「流星と稲妻」落合由佳〉 漢字の読みが2問、心情把握、理由説明、表現の特色などの読解問題が6問。 60字以内の記述問題がある。 (配点非公表) 5. 論理的文章〈「知の体力」永田和宏〉 漢字の読みが2問、文法が1問、内容把握、段落の働き、要旨把握などの読解問題が5問。 60字以内の記述問題がある。 (配点非公表) 6. 作文 修正前後の2つの文章について比較・分析し、自分の考えをまとめる資料作文(150~200字)。 (配点非公表) 過去3か年の傾向 大問1の国語の知識で、1017・2018年は文法、2019年は四字熟語に関する問題が出題された。 韻文は、2017年度は詩、2018年度は短歌、2019年は俳句が出題された。 古文は、あまりなじみのない出典のものが多いが、訳注がくわしいので、現代文と同じ感覚で読むことができる。 漢文(書き下し文)を含む場合もある。 小説は、小中学生を主人公にしたものが多い。 論理的文章は、考えること・感じることに関する文章が好まれる。 表現の抽象度がやや高いので、 同じテーマの文章に慣れておくとよい。 作文は、2017・2018年はグラフから読み取った内容をふまえて、2019年は2つの文章を比較・分析して、自分の意見を書く形式である。 2019年度の問題構成 項目 内容 配点 1. 小問集合 血液循環、太陽の動き、化学電池、浮力についての基本的な問題。 (記号選択2問、語句記述1問、計算1問) (配点非公表) 2. 植物のつくりとはたらき オオカナダモの光合成と呼吸のはたらきを調べる実験についての理解度を問う問題。 (記号選択2問、語句記述1問、短文記述1問) (配点非公表) 3. 進化、遺伝 セキツイ動物の進化と遺伝についての知識と理解度を問う問題。 (記号選択3問、語句記述2問) (配点非公表) 4. 火山と地層 地層の観察の記録から、堆積岩や地層の重なり方などの知識や理解度を問う問題。 (記号選択4問、語句記述1問) (配点非公表) 5. 環境問題 地球上の水の循環についての知識や理解度を問う問題。 (記号選択2問、語句記述1問、計算1問、短文記述1問) (配点非公表) 6. 鉄の化学変化 鉄の酸化と鉄と硫黄の化合についての知識と理解度を問う問題。 (記号選択3問、化学反応式1問、計算1問) (配点非公表) 7. 水溶液の性質 水溶液を判別する実験から、気体の性質やイオンなどについての知識を問う問題。 (記号選択2問、語句記述3問) (配点非公表) 8. 光の性質 半円形レンズを用いた実験から、光の屈折や反射の性質についての理解度を問う問題。 語句記述1問、計算2問、作図1問) (配点非公表) 9. 電磁誘導、エネルギーの変換 コイルに磁石を近づける実験から、電流と磁界の関係やエネルギーの変換についての理解度を問う問題。 記号選択3問、語句記述1問、短文記述1問) (配点非公表) 対策 基本的な内容の確認が出題される 大問1での減点は命取りになる。 そのため、 受験までの早い段階で、中学1年・2年で学習した内容は総復習しておこう。 大問2・3の生物分野、大問4・5の地学分野では、選択肢が多く、しっかりと理解していなければ正答を選べない問題があるため、 すべての選択肢をよく読む癖をつけておこう。 大問6・7の化学分野、大問8・9の物理分野で出題される計算問題の難易度は決して高くないので、 教科書にのっている重要な公式の使い方や、その内容をしっかりと理解しておこう。 また、化学分野で化学反応式が出題されることもあるので、教科書に出てくるものに関してはすべて書けるようにしておこう。 世界地理・日本地理ともに地図を題材として、各地域の様子などが問われている。 ・大問3・大問4で歴史分野についての出題がある。 古代~近世、近・現代にわたる時代について、大きなかたよりなく出題されている。 地図やカード、特に年表を題材とした出題が多くなっている。 ・大問5で経済分野、大問6で政治分野についての出題があることが多い。 政治分野・経済分野が中心だが、年度によっては国際分野から出題されることもある。 対策 ・地理的分野 世界地理・日本地理ともに地図を使った問題が多いので、学習の際には必ず 地図帳を活用しながら理解していこう。 地形図の基本的な知識についても確実に身につけておこう。 ・歴史的分野 年表を使った問題が多いので、学習する際には 必ず自分で写真や絵なども用いた年表を作成してみよう。 世界史については、日本史の内容と関係することがらをしっかりとチェックしておこう。 ・公民的分野 政治・経済・国際の各分野について、 教科書や資料集にある模式図などをうまく活用して理解を深めよう。 統計表やグラフの内容を読み取ったうえで論述することが求められるので、単語を覚えるだけでなく、文章で表現ができるように練習を積んでおく必要がある。

次の