まちまち 意味。 「色々(いろいろ)」 と「様々(さまざま)」の意味の違いと使い分け

まちまちの使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

まちまち 意味

「色々」の意味と使い方 「色々」は< いろいろ>と読みます。 「色々」の意味は、 ・種類がたくさんあること、あれこれと ・多種多様な色 ・襲(かさね)の色合い です。 「色々」は「色(いろ)」が由来しています。 赤・青・黄が混ざって他の色が誕生することから、色や状態が異なるものを「色々」と表すようになりました。 例えば、「色々と申し訳ありませんでした」だったら、関係している全ての物事に謝罪していることを表します。 また、「色々とご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした」といったように、何について謝っているかを付け加えると、自分の思いをより伝えることができます。 「色々」は話し言葉として使うことが多いので、ビジネスシーンや文書で使うことは少ないです。 例文 ・家の近くにあるスーパーには、外国のお菓子や調味料など色々な品物が揃っている。 ・先日は突然お邪魔して、色々とご迷惑をおかけしました。 ・優秀作品賞を受賞するためには、作品に色々と工夫を凝らす必要があるよ。 ・彼は色々とやらなければいけない事が多いので、しばらく話しかけずに放っておこう。 ・パーティーでは、グラタンやローストビーフなど色々な美味しいものを食べました。 ・私の楽しみは、休みの日にショッピングモールに行って、色々と買い物をすることです。 ・公民館には色々な本が置いてあるから、小さい子供でも楽しいはずだよ。 「様々」の意味と使い方 「様々」は< さまざま>と読みます。 「様々」の意味は「 おのおの異なっているさま」です。 「様」は「ありさま、かたち」を意味します。 「様々」はただ種類がたくさんあることだけでなく、それぞれのものが違っていることを表す場合にも使います。 他にも、「人様々」「皆様々」と名詞に直接付けて使うこともできます。 「様々」は文章で使われることが多いので、話し言葉として用いるとやや堅い印象を与えてしまいます。 「様々」を「さまさま」と読む場合は、「感謝すること」を表します。 「お天道様様」「上司様様」といったように、人や物事を表す語に付けます。 例文 ・撮影ではモデルを様々な角度から撮り、一番良く撮れた写真を雑誌に載せる。 ・その件について思うことは人によって様々だから、いちいち相手の考えを馬鹿にする必要はない。 ・修学旅行では様々な思い出があり、嬉しかったことも忘れたいことも全て覚えている。 ・体を動かすことには様々な効果があり、体重を減らしたり代謝を上げることができる。 ・私がよく行くレストランには、パスタやカレーライスなど様々なメニューが用意されている。 ・今から向かう公園には、様々な花が咲いているので楽しむことができると思うよ。 ・皆様々に良い部分が違うので、人のことを馬鹿にする必要はないよ。

次の

嘱託社員とはどういう意味? 契約社員・正社員との違いを知ろう

まちまち 意味

A ベストアンサー corporate 株式 会社の,企業の corporation 米国 有限会社( 英国 limited liability company ; 株式会社. 略:Corp. limited 有限 責任 会社 limited company. limited company 有限 責任 会社 =limited-liability company 《株主の責任が所有株式の額面金額に限られる会社で, 株式が公開されている public limited company と非公開の private limited company がある; 後者は社名のあとに Limited または略字 Ltd. を付記する》. incorporate …を法人[団体組織]にする; 米国 有限[株式]会社にする incorporated 米国 〈会社が〉法人組織の,有限責任の:an incorporated company 有限 責任 会社 英国の limited -liability company に当たる. Inc. と略して社名の後につける. と辞書に有りますので、 1 Iroha Ltd. 1' Iroha Limited 又は、 2 Iroha Corp. 2' Iroha Inc. の 順で どれでも良いように思われます。 少なくとも、一般的な株式会社として使われている、 Iroha Co. Ltd. では、ご質問のご趣旨に沿わないかと思われます。 corporate 株式 会社の,企業の corporation 米国 有限会社( 英国 limited liability company ; 株式会社. 略:Corp. limited 有限 責任 会社 limited company. limited company 有限 責任 会社 =limited-liability company 《株主の責任が所有株式の額面金額に限られる会社で, 株式が公開されている public limited company と非公開の private limited company がある; 後者は社名のあとに Limited または略字 Ltd. を付記する》. incorporate …を法人[団体組織]にする; 米国... A ベストアンサー 使用例 要否=要否を問う 賛否=賛否両論、賛否を問う 是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。 可否= 可否(良し悪し)を論ずる。 可否(賛否)を問う。 当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、 是非と可否は同じ意味です。 当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。 二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。 類語として、否応(いやおう)があります。 意味は断ることと承知すること。 使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた) A ベストアンサー CtrlキーとPのキーを同時に押すと「印刷」ダイアログが呼び出せます。 その状態でAltキーとWのキーを同時に押すと「印刷プレビュー」が表示されますので、印刷のイメージがつかめます(必ずしもプレビュー通りには印刷されませんが) 印刷プレビュー画面の上にある、設定のボタンを押してあげれば、余白を少なくしたり、拡大縮小印刷をパーセンテージを指定しておこなえたりします。 いずれにせよ、プレビューで確認しながら拡大率を決めていけばいいと思います。 A ベストアンサー こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」 =(常体)「用事を言い付けてすまない」 「お呼び立てして申し訳ありません」 =(常体)「呼びつけてすまない」 4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。 従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。 5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。 以上ご参考までに。 こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」...

次の

まちまちの使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

まちまち 意味

「色々」の意味と使い方 「色々」は< いろいろ>と読みます。 「色々」の意味は、 ・種類がたくさんあること、あれこれと ・多種多様な色 ・襲(かさね)の色合い です。 「色々」は「色(いろ)」が由来しています。 赤・青・黄が混ざって他の色が誕生することから、色や状態が異なるものを「色々」と表すようになりました。 例えば、「色々と申し訳ありませんでした」だったら、関係している全ての物事に謝罪していることを表します。 また、「色々とご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした」といったように、何について謝っているかを付け加えると、自分の思いをより伝えることができます。 「色々」は話し言葉として使うことが多いので、ビジネスシーンや文書で使うことは少ないです。 例文 ・家の近くにあるスーパーには、外国のお菓子や調味料など色々な品物が揃っている。 ・先日は突然お邪魔して、色々とご迷惑をおかけしました。 ・優秀作品賞を受賞するためには、作品に色々と工夫を凝らす必要があるよ。 ・彼は色々とやらなければいけない事が多いので、しばらく話しかけずに放っておこう。 ・パーティーでは、グラタンやローストビーフなど色々な美味しいものを食べました。 ・私の楽しみは、休みの日にショッピングモールに行って、色々と買い物をすることです。 ・公民館には色々な本が置いてあるから、小さい子供でも楽しいはずだよ。 「様々」の意味と使い方 「様々」は< さまざま>と読みます。 「様々」の意味は「 おのおの異なっているさま」です。 「様」は「ありさま、かたち」を意味します。 「様々」はただ種類がたくさんあることだけでなく、それぞれのものが違っていることを表す場合にも使います。 他にも、「人様々」「皆様々」と名詞に直接付けて使うこともできます。 「様々」は文章で使われることが多いので、話し言葉として用いるとやや堅い印象を与えてしまいます。 「様々」を「さまさま」と読む場合は、「感謝すること」を表します。 「お天道様様」「上司様様」といったように、人や物事を表す語に付けます。 例文 ・撮影ではモデルを様々な角度から撮り、一番良く撮れた写真を雑誌に載せる。 ・その件について思うことは人によって様々だから、いちいち相手の考えを馬鹿にする必要はない。 ・修学旅行では様々な思い出があり、嬉しかったことも忘れたいことも全て覚えている。 ・体を動かすことには様々な効果があり、体重を減らしたり代謝を上げることができる。 ・私がよく行くレストランには、パスタやカレーライスなど様々なメニューが用意されている。 ・今から向かう公園には、様々な花が咲いているので楽しむことができると思うよ。 ・皆様々に良い部分が違うので、人のことを馬鹿にする必要はないよ。

次の