電話 番号 で 相手 の 居場所 が わかる アプリ。 Space

Mobile:au、携帯電話で相手の居場所を把握できる「EZお探しナビ」

電話 番号 で 相手 の 居場所 が わかる アプリ

今や、利用していない人を探す方が難しいほど、圧倒的なシェア率を誇る LINE(ライン)。 「LINEが無くなったらマジ困る!」という人は多いことだろう。 つい先日、そんなLINEから新サービスが提供開始された。 それが『 LINE HERE』だ。 一言でいえば「 リアルタイム位置情報共有サービス」なのだが、これがマジで高性能! 使いようによってはにゾッとするような、とんでもない可能性を秘めているのだ。 ・便利すぎるアプリ まずは簡単に説明しよう。 『LINE HERE』をインストールし起動すると、地図上に「 今自分がいる位置」が表示される。 スマホの位置情報と連携しており、その性能は正確無比なことこの上ない。 さらにLINE IDと『LINE HERE』を共有していると、 お互いの居場所を簡単に共有することができる優れもの。 これを使えば、迷子を一発で発見できたり、待ち合わせの際も地図上にアイコンが表示されるから、いちいち連絡しなくても済む。 だがしかし……。 ・お互いの位置情報を常に把握できる 逆にいえば、IDを共有している者同士なら、相手の位置は常に把握できるということ。 例えば、「今どこにいる?」「え、会社だよ」「ウソつけ、競馬場にいるじゃないかーーー!」みたいなコンボが、 いとも簡単に再現される可能性があるのだ。 例えば、ロケットニュース24編集部・佐藤記者の場合を見てみよう。 アプリに疎い佐藤記者に『LINE HERE』をインストールしてもらい、その居場所を追うことに。 するとどうだろう……。 「図書館で調べものに行く」と言っていたのに、 まんまと繁華街ににいるじゃないかーーー! ・プライバシー設定もアリ なお、プライバシーを守るため、シェアルームごとに「タイマー設定」で位置情報の共有が有効な時間を設定することが可能だ。 さらに個々のユーザー単位でも、自身の位置情報共有を 任意で一時的にオフにすることも出来る。 とはいえ……とはいえ……! おっと、もうこれ以上は何も言うまい。 素晴らしく高性能だから、小さなお子さんがいる親御さんには、強くオススメしたいアプリである。 興味がある人は、ぜひインストールしてみよう。 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の

GPS追跡アプリ iPhoneで使える無料オススメアプリ3選!相手にはバレない?

電話 番号 で 相手 の 居場所 が わかる アプリ

知らない番号からかかってくる電話にお困りではありませんか?このような迷惑な電話は、ほとんどの場合が営業電話です。 しかし時には、知らない相手から、脅迫や詐欺の電話がかかってくる場合もあります。 詐欺師はあなたを狙っています。 銀行の従業員であるかのようなふりをして、貴重な情報を奪い取ろうとしているのです。 このような被害に遭った場合、通報したり、彼らがどこから自分の情報を得たのか突き止めたいとお思いでしょう。 そんなときは携帯電話番号のトラッキングアプリが便利です。 電話番号だけで発信者の位置とバックグラウンドを調査することができる様々なトラッキングアプリが存在します。 本記事では、携帯電話の位置をオンラインで追跡できるツールを使って、電話番号から相手の居場所を探り出す方法を紹介します。 その代わり、知り合いの居場所を追跡するには非常に便利です。 たとえば、お子さんや配偶者から電話がかかってきたときに、発信地を特定することができるのです。 使い方は簡単です。 Cocospyアプリを相手のスマートフォンにインストールすれば、端末の位置をリアルタイムで追跡できます。 つまり、相手の居場所を常時把握できるようになるというわけです。 相手が、自分がどこにいるか嘘をついたときには、Cocospyを使って真実を確かめることができます。 や、配偶者の不貞の証拠を掴みたい方などがこのアプリを使っています。 Cocospyを使用するには、相手の電話をジェイルブレイク(脱獄)する必要も、ソフトウェアをインストールする必要もありません。 ルート化も不要です。 追跡したい電話がiPhoneの場合は、相手の「iCloud認証情報」を使って電話の場所をトラッキングできます。 iCloud認証情報がわからない場合には、相手のiPhoneに手動でアプリをインストールする必要があります。 インストール後、アイコンを非表示にしておきましょう。 Cocospy で携帯電話を追跡する手順 ステップ1: Cocospyアカウントを作成します。 ルート化は不要です。 ステップ 4 : Cocospyのダッシュボードを開いて「ロケーション」タブをクリックします。 これで相手のスマートフォンの場所を追跡できます。 はこちらへ。 ライブデモを見るにはこちらへ。 第2 電話番号 を使った携帯電話の位置追跡ツール 第2位 — BeenVerified は、携帯電話の追跡手段の中でも最高ランクのものです。 特に電話の位置以外の情報も入手できる点が優れています。 Cocospyと異なり、知らない電話番号も追跡できます。 電話を手に取る必要はありません。 特徴:• 発信者の名前、年齢、その他の個人情報を入手できます。 電話の現在地を特定します。 当該番号に紐付けられている過去の住所全てを入手できます。 メールアドレスを入手できます。 相手のものである可能性があるその他の電話番号を入手できます。 ソーシャルメディアアカウントも調査します。 ネット上の相手の画像を調査します。 携帯電話番号を用いて誰かの場所を見つける方法• を開きます。 検索窓に電話番号を入力します。 「検索」をクリックします。 結果が表示されるのを待ちます。 これで、必要な情報が数秒以内に表示されます。 BeenVerifiedの唯一最大の欠点は、入手できる位置情報が現在の発信地ではなく、電話番号に関連して登録された住所である点です。 特徴:• 発信者の氏名を調査します。 利用可能なその他の個人情報を収集します。 当該電話番号に紐付けられている全ての電話番号を調査します。 過去の住所の全履歴を調査します。 家族の情報も収集します。 メールアドレスを収集します。 オンラインレジストリをチェックし、当該電話番号に関連して苦情が申し立てられていないかを調査します。 Spokeo を使って携帯電話番号を追跡する方法• Spokeoの公式ウェブサイトを開きます。 追跡したい電話番号を検索窓に入力します。 「検索」をクリックします• 結果が表示されるのを待ちます。 SpokeoはBeenVerifiedと同じく非常に使いやすく作られたウェブサイトです。 異なるのは、相手のソーシャルメディアのプロフィールや写真を収集できない点です。 また、入手できる位置情報は現在のGPS情報ではなく、電話番号に紐付いて登録された住所だけです。 したがって、携帯番号の現在地を知りたい場合にはCocospyを使用するのがよいでしょう。 後2者は主に個人的な使用を目的としているのに対して、VeriSpyは専門家も用いるサービスです。 使い勝手は非常に良く、電話番号を入力して「検索」をクリックするだけで様々な情報が手に入ります。 特徴:• VeriSpyは100%の機密性を誇ります。 あなたが調査したという事実が他人に知られるおそれはありません。 ノートパソコン、iPhone、タブレット等どんなデバイスからでも調査することができます。 電話発信者に関する詳細な身元調査レポートがご覧いただけます。 レポートは平均17ページの長さであり、多くの情報が含まれています。 VeriSpyで調査できる情報は以下の通りです。 対象者氏名• 電話番号に紐付けられた現在および過去の住所全て• 当該氏名または電話番号に紐付けられたメールアドレス• 関連する電話番号全て• 犯罪歴• 逮捕歴および対象者に対して過去に発付された令状の詳細情報• 破産歴• 対象者に対する苦情申立の情報• 退去通知• 出生証明書• 結婚歴・離婚歴 VeriSpyが明らかにするのは以上の情報にとどまりません。 基本的に、調査対象者の正体および彼らが信頼するに足る人間か否かを判断するために必要な情報は全て入手することができると言っていいでしょう。 ただし、一つだけ大きな弱点があります。 それは、SpokerやBeenVerifiedと同じく、判明する位置情報は登録された住所だけであって、相手の現在地を知ることはできない点です。 電話発信者の位置情報について基本的な情報を調査するための、単純明快で初歩的なウェブサイトです。 このウェブサイトを用いれば、調査したい電話番号の現在のGPS情報を、24時間365日追跡することができます。 登録された住所地を表示するだけではなく現在地を追跡できる点が優れています。 第2から第4で紹介したウェブサイトの有する最大の欠点をカバーする機能であり、これが、本サイトをリストに追加した唯一の理由です。 ターゲットの電話にアプリをインストールする必要もないので、世界中のどこからでも、好きな数の端末を追跡できます。 GPS セルフォンロケータで電話番号を追跡する方法• を開きます。 調査したい電話番号を入力します。 番号を入力する際、国番号の入力が必要です。 「今すぐトラッキングを開始」をクリックします。 登録された住所情報およびGPSを用いて特定した電話端末の現在地が表示されます。 結論 本記事を読んで、電話をかけてきた相手の情報を調査する無料で最高の方法をご理解いただけたと思います。 今や、あなたは匿名電話の相手の位置を調べる手段を手に入れたのです。 手に入れた情報で迷惑な営業電話等を通報するも自由、いたずら電話の主を調査するも自由です。 本記事でご紹介したツールは、それぞれ異なる目的を有しています。 Cocospyは、知り合いの電話の位置を追跡するのに適したアプリです。 BeenVerifiedおよびSpokeoは、電話をかけてきた知らない相手の情報を調査するのに適しています。 VeriSpyでは、犯罪歴等の経歴を含む詳細な情報を手に入れることができます。 GPSセルフォンロケータでは、電話をかけてきた相手の現在地を知ることができます。 ご質問がある場合はコメント欄にご記入ください。 Disclaimer: COCOSPY IS DESIGNED FOR LEGAL USE ONLY. The violation of this requirement could result in severe monetary and criminal penalties imposed on the violator. You should consult your own legal advisor with respect to legality of using the Licensed Software in the manner you intend to use it prior to downloading, installing, and using it. You take full responsibility for determining that you have the right to monitor the device on which the Licensed Software is installed. Cocospy cannot be held responsible if a User chooses to monitor a device the User does not have the right to monitor; nor can Cocospy provide legal advice regarding the use of the Licensed Software. All trademarks are the property of their respective owners.

次の

相手の居場所がマップでわかる!LINE HEREの使い方 [LINEの使い方] All About

電話 番号 で 相手 の 居場所 が わかる アプリ

夫や彼氏のスマホをちょっと確認してみたい…と浮気調査アプリを調べているあなた、ちょっと待って下さい! 浮気調査に使えるアプリというのは実際にいくつかありますが、実は かなりバレやすいというリスキーなものばかりです。 浮気を疑っているのが相手にバレると、証拠を隠されてしまったり、逆ギレされてしまうことも。 不用意に浮気調査アプリを使うと、痛い目をみてしまいます。 とはいうものの、ちゃんと使えるアプリもなくはありません。 そして アプリを使わなくても、スマホの中身を覗けるやり方だってあるんです。 今回は、使うとヤバいアプリと、使えるアプリ、そしてアプリを使わないスマホの覗き方を書いていきたいと思います。 あくまで知識として閲覧ください。 浮気調査アプリのほとんどは役にたたない! 浮気調査はバレないのが鉄則 浮気調査をする上で一番大切なことは、バレないことです。 浮気調査アプリは、相手の詳細な情報がわかる代わりに、スマホに痕跡を残してしまうものがほとんどですので、非常にバレやすいという諸刃の剣なのです。 一回でも「俺、浮気を疑われてるかも…」と思われてしまったら、さらに慎重に浮気をするようになり、より一層わからなくなってしまいます。 相手には絶対に 「あなたが浮気に気づいている」と思われないことが重要です。 使うと逆効果!入れてはいけないアプリとは ケルベロス 紛失・盗難防止アプリとして有名ですが、これを浮気調査にも使用することができます。 このアプリでできることは、 通話履歴の取得、現在位置の特定、遠隔写真撮影、音声録音などです。 ただし、このアプリはiPhoneでは使えません。 相手のスマホがAndroidで、なおかつこのアプリをインストールさせないといけないので、実際に入れるのはかなり難易度が高いです。 Prey Anti Theft このアプリでもGPSを利用して、現在位置を特定することができます。 これはiPhoneにもAndroidにも入れることができますので、利用しやすいのが特徴です。 ただし 相手のスマホにアプリをこっそりインストールしたとしても、アイコンが出てしまうので、すぐバレてしまいます。 しかし、 インストールすると一日一回メッセージ通知がされますのでこれもまた即バレします。 iCloud iPhoneにもともと入っているiCloudというサービスを使うことでも、相手の現在位置を知ることができます。 知ることはできますが、 相手に「通知メール」がいってしまうので、あなたが位置情報を調べようとしたことが即バレしてしまいます。 逆にものすごく相手から怒られる結果になりますので、絶対に使ってはいけません。 そんな中、使えるアプリとは 唯一使えるアプリといえば、 SuicaReaderです。 これは、自分のスマホにインストールしておけば、 相手のSuica履歴が見れるというもの。 相手のスマホにアプリをインストールしたり、パスワードを推測したりしないで済みます。 SuicaReaderが使える条件 あなたが使っているスマホが「NFC機能」に対応している必要があります。 具体的に言うと、Androidの一部やiPhoneの7以降の機種ですね。 comなどで機種名を調べると、スペックの欄に記載がありますので調べてみてください。 SuicaReaderの使い方 まず自分のスマホにSuicaReaderをインストールします。 そしてアプリを起動した状態で、相手のSuicaにタッチさせるだけでOK。 SuicaReaderでわかること 相手が何日にどこの駅で降りたか、どこの駅から乗ったかなどが手に取るようにわかります。 ただし、残念ながら時間まではわかりません。 あくまで何日にどこにいたかというレベルになります。 履歴はいままでの全てがでるわけではなく、最近の20件を表示という感じになるので、3日おきくらいにReaderで読み取るようにすると良いでしょう。 SuicaReaderで推理できる例 「そういえば二日前の夜、残業で遅くなるって言ってたけど… 履歴を確認したら、会社と全然違う駅で降りてる!」 「出張で秋田に行ったって言ってたけど… でも履歴を確認したら、熱海に行ってるやんけ!」 という感じに利用することができます。 アプリに頼らないスマホの覗き方 無理に相手のスマホに監視アプリを入れようとしなくても、相手のスマホを覗くことは可能です。 割と簡単にできてしまう指紋認証の突破 iPhoneのロックを指紋認証にしている人は結構多いですよね。 指紋認証だとすぐにロックが解除されて便利なのですが、その分簡単に突破されてしまいます。 例えば、 相手が酔っ払って寝ているすきに、指にiPhoneを押し付ければそれだけでロック解除です。 もしくは、逆にあなたが一緒にいるときに、指紋認証ができない状態にして、ロックナンバーを観察するという手もあります。 この指紋認証ができない状態というのは、結構簡単に作り出せることができます。 ハンドクリームや油などをボタンの上に薄く塗るだけで指紋認証ができなくなってしまうことは、意外と知られていません。 SIMカードの入れ替え あなたの持っているスマホと、相手のスマホが同じ機種なら、SIMカードを入れかえるだけでパスワードロックを突破して、画像フォルダなどを見ることができてしまいます。 やり方は、自分のSIMカードを相手のスマホにいれて、自分が設定したパスワードでロックを解除するだけ。 結構簡単に解除することができます。 もし相手がパスワードを変更しないタイプだったり、単純な性格だったりする場合は、パスワードを推測するのも一つの手です。 多いのが、• 0000• 1234• 9999• 2580• 5555• 1111• 0852• 2222• 1212• 誕生日• 電話番号の下四桁• 記念日(付き合い初めた日など)• 住所の番地• 免許証の番号• 車のナンバー• 子供の誕生日など iPhoneでは連続してパスワードを間違えるとロックがかかるので注意してください。 6回連続でパスワードを外すと、1分間のロックがかかってしまいます。 さらにその後にパスワードを間違えると15分間のロックになり、さらにその後に間違えると1時間のロックがかかってしまいます。 パスワードを試すときに、間違えすぎないように注意しましょう。 隠しカメラでパスワードを見破る 自分の家に自分でカメラをセットする分には違法ではありません。 相手がスマホを普段ロックする可能性が高い場所(普段リラックスする場所など)にカメラをしかけておき、相手がパスワードを入力するのを録画するという手もあります。 カメラが相手に見つかったら修羅場になるのは目に見えていますが…。 通知欄はロック状態でも見れる iPhoneを使っていると、ロックがかかった状態でも上から下にスワイプ(指でなぞる)ことで、最近来たLINEのメッセージが見れます。 (まだ既読してないものに限る) 夜に相手のスマホがやたらとブルブル震えるな、と思ったら浮気相手からだった…なんてことも。 ちなみに夫のスマホを覗くと違法なの? 勝手に他の人のスマホを覗くと違法です。 さらに、パスワードなどを推理して覗いたり、監視アプリを本人に無断でインストールするとさらに重罪となります。 パスワードを解読して見る・・・不正アクセス禁止法違反の可能性。 メールやLINEを見る・・・プライバシーの侵害の可能性。 とはいえ、 浮気調査のためにLINEや写真を見た場合は、損害賠償が発生するほどの違法性が認められることは少ないようです。 浮気を疑ったときに見るべき項目 もし相手のスマホを見る機会があったら、どのような項目を見ると浮気しているかわかるでしょうか。 絶対に見ておくべき項目を書いていきます。 メール 今はメールを使わず、LINEが主流となっていますが、だからこそ逆にメールを使うことでバレないだろ、と思っている方も少なくありません。 自分は使っていなくても、確認するべき項目です。 webメール、例えばyahooメールなども要チェックです。 LINE LINEは言わずもがな、必ずチェックしましょう。 相手の名前を男性っぽく偽装していることもあります。 LINEを使っている方はわかると思いますが、トーク履歴が不自然に少ないものは、履歴を削除している可能性があります。 浮気必須アプリ 浮気をしている人が共通していれているアプリ、それは 「履歴を消すアプリ」です。 iPhoneだと、特にそういったアプリはありませんが、Androidですと、 「バルス」「Optimizer」「履歴消しゴム」「かんたん!履歴クリーン」「スーパーオプティマイザー」「全能ツールボックス」といった多彩なアプリがあります。 もちろんこれらを入れているから確実に浮気をしている!というわけではありませんが、なんで履歴を消すのか明確な理由がない場合は、かなり怪しいかも…。 ほかにも、 一見、電卓のように見せてパスワードを入れると秘密の写真や動画を保存できるアプリもあります。 「秘密のフォトアルバム(もしくは秘密の電卓Pro)」というアプリで、iPhone、Androidの両方に対応しています。 通話記録 そもそも 通話記録だけでは浮気の証拠にはなりません。 しかし、本当に浮気をしているのかどうかという判断には役に立ちます。 浮気相手の名前をわかりやすく女性の名前でバカ正直に登録している人は稀で、大抵は架空の社名や人物の名前にしています。 やたらと電話がかかってくるのに、自分の前では電話に出ようとしない場合は要注意。 電話会社に問い合わせても、電話の所有者本人でない限りは教えてもらえません。 予測変換 よく使う単語は、予測変換として候補に出てきます。 相手が使っている携帯で、メモ帳などを開き、「あ」から順番に押していってみましょう。 「あ」と打って、予測変換に「会いたい」「会えたら」「愛してる」などが出てきたら浮気をしている可能性があります。 ほかにも、知らない女性の名前が出てくる場合も要注意。 「みき」「まい」など、知らない女性が予測変換に出てくるということは、その名前をよく打つということです。 「す」と打って、「好きだよ」や「好き」などと出てきてなおかつ自分が言われたことがないのであれば、それも怪しいです。 ほかにも、「と」と打って「泊り」、「ほ」と打って「ホテル」、「で」と打って「デート」などが出てきたらそれも怪しいかも。 予測変換は浮気をバレないようにしっかり気をつけている男性でも、気がつかずうっかり証拠を残している場合が多いので、ぜひ参考にしてみてください。 Web履歴 相手が使っているスマホのweb閲覧履歴も情報の宝庫です。 ブラウザアプリを起動して、ブックマークや履歴をチェックしてみてください。 履歴の見方はアプリによって違いますが、大抵ブックマークボタンと近い位置に履歴ボタンもあります。 履歴で、アクセサリーショップやブランドサイト、ホテルなどを検索していたら要注意。 旅行の予定もないのに、温泉街や観光地を検索している場合も怪しいです。 逆に履歴がまったくない場合は、削除しているか使ってないということ。 使ってないだけならいいのですが、削除しているということはなにかやましいことがあるのかもしれませんよね。 画像フォルダ スマホにロックを掛けている人は、画像フォルダを覗かれることはないだろうと安心しきっている場合があります。 「料理のレシピみたいからスマホ貸してー」と言って借りてみたところ、何の気なしに見た画像フォルダには、浮気相手とのアレやコレな写真がたくさん…なんてこともあります。 iPhoneだと、「アルバム」ボタンの中に「撮影地」という項目があります。 これを押すと、地図の画面になり、どこで撮影された写真なのかが一目瞭然にわかります。 普段行かないような場所で、ご飯の写真があった場合、浮気相手と行っていたのかも。 LINEのアルバムも忘れてはいけません。 LINEでは相手ごとに「アルバム」を作成できます。 アルバムの確認や、そのとなりにある「写真」も確認しておきましょう。 名前が社名なのに、なぜかアルバムや写真はご飯だったりホテルの写真がある…というのはまさに浮気の可能性が大です。 裁判で有利になる証拠とは 先程書いたように、通話記録があってもそれは裁判で使える証拠とはなりません。 さらに、不倫相手とのメールだけでも不十分なのです。 肉体関係が明確にあるとわかる証拠じゃないとダメなんですね…。 ちなみに キスをしている写真だけでも証拠にはならないことがあります。 ラブホテルのポイントカードを持っていて、そのホテルに頻繁に行ってるのがわかっていてもそれだけでは証拠にはならないのです。 確実に、 「肉体関係があった」といえるような証拠がないかぎりは裁判では使えません。 では、どんなものが裁判でも証拠になるかというと…。 ラブホテルに入るところと出て来るところの写真が2回以上。 浮気相手の名前と住所。 なんと、 ラブホテルに入った証拠を抑えても、1回だけではダメなことが多いのです。 何回もラブホテル前に張り込んで、証拠を抑えるなんてかなり精神的にも肉体的にもツラいですよね。 やはり、裁判にするには探偵に頼むのが一番現実的ということになります。 スマホで見つけた証拠でどれくらい慰謝料を取れる? 先程あげた証拠をがんばって自分で入手した場合、どれくらいの慰謝料がとれるのでしょうか。 大体の目安ですが、• 離婚をしないでそのまま一緒に同居する場合・・・50万円から100万円• 別居をする場合・・・100万円から200万円• 完全に離婚する場合・・・300万円ほど となります。 もちろん年収や結婚期間の長さ、子供の有無などで大きく変わってきますので、あくまでも目安として考えてください。 相手のことをより知りたい場合は探偵に頼むのがおすすめ 相手が浮気をしているかどうかは、スマホを見ればだいたいわかりそうですね。 ただし、それが裁判などで使えるかというとそれはまた別問題になってきます。 裁判をしなくても、非を認めないタイプの相手だった場合、スマホの中に入っている証拠だけでは言い逃れをするかもしれません。 そう考えると、やっぱり決定的な証拠を押さえるには、探偵に頼むのが一番なんですよね…。 しかも、 自分はなにもしなくて良いので楽ですし。 張り込みとか実際にやってみるとわかるんですけど、腰がツラいし不審者っぽく見られるし、なんか惨めな気分になってくるしで、結構ツラいものがあります。 スマホをチェックしてみて、相手が浮気してそうな気配が濃厚であれば、あとは探偵にお任せするのが一番だと思います。 まずは探偵に相談だけでもしてみるのはどうでしょうか。 相談だけなら無料でできるところがほとんどですので、不安な方はぜひ連絡してみてください。

次の