ドサイドン 構築。 【ポケモン剣盾】ドサイドンの育成論と対策

【剣盾シングルS1】実質おいわい!?バタフリーバトン構築【瞬間最高88位(12/15達成)】

ドサイドン 構築

初めましてミズハと申します。 シーズン6で2000に乗りましたが諸事情で誇れませんので簡易的に自分用も含めて記事を久しぶりに出します。 PTコンセプトは『不意を打つようにぶん殴り火力と先制技でゴリ押しして詰め切る』です。 @気合の襷 性格 勇敢 特性 ハードロック ロックブラスト 炎のパンチ メタルバースト HA252余りB S実数値67 のスカーフが多くなってきた+PT全体で重いの削りとして採用しました。 HPが高いは倒せませんが裏で詰めることが楽になります 抜きたい相手で抜群を取れるのが低速に沢山いましたが最遅以外のなど抜かれたい相手も多いのでSラインはここ。 ただと同速なのはよくなかったです……。 相手に持ちがいなければこので詰めることもできます。 @突撃チョッキ 性格 意地っ張り 特性 つらら張り ロックブラスト 氷の礫 HA252余りB 初手のドラパルトや起点作成型の、型破りに対してかなり万能に立ち回れるです。 のさえ一発耐える驚異の硬さ。 鬼火からの祟り目を耐えることができ、つらら張り二回で落とせるので眼鏡ドラパルトの10万ボルト以外はドラパルト相手に安定するのがとても大きいです。 殻を破る警戒で挑発やトリックもよく飛んできますがそれほど怖くありませんでした。 エースバーン@木炭 性格 意地っ張り 特性 猛火 火炎ボール とび膝蹴り 不意打ち 身代わり AS252余りB 超火力の権化。 身代わりで相手のックスターンを枯らすことができたり、あくびを透かせて自分から猛火圏内に入れることができます。 相手のピクシーに後投げして打ち合うことができ使い勝手がかなりよかったです。 初手に対してックスを切った相手を上からの火炎ボールもしくは不意打ちで縛ります。 炎打点が滅茶苦茶強く、水タイプのを少し削れば上からのダイバーンで押していくことができるので水入りや入りにもどんどん選出していました。 大体火炎ボールで事足りるので不意打ちは最後まで隠しておき、それが原因で勝てる試合も多かったです。 @拘り鉢巻 性格 意地っ張り じゃれつく かげうち トリック AB252余りH 超火力の権化その2です。 スカーフが多いこと、最速との同速の打ち合いのランダム性を嫌い意地鉢巻で採用しました。 これにより後続の先制技で詰め切れます。 意地特化影うちはシンプルに強力でした。 @食べ残し 性格 穏やか 特性 バトルスイッチ キングシールド 身代わり 鉄壁 H236、B16、、S52振り (実際は効率BとDに余りありました……) に強い点、を一体削った後の残飯鉄壁身代わりの詰め性能に魅力を感じ採用しました。 Sラインは4振りを抜ける所まで。 重い水と打ち合うためHDにしましたが諸説です。 発想は面白かったですが普通に鈍いに押し負けできませんでしたので色々と反省です。 相手にノーマルタイプがいなければとても強いのですが…… @命の玉 性格 控えめ 特性 浮遊 10万ボルト わるだくみ HC252余りS ックスしても火力が出るように眼鏡ではなく球で採用しました。 水に強いので採用しましたが裏と戦える引き先がこのPTにはいないのでここも諸説枠です。 悪だくみを全然使わなかったので今考えると鬼火でもよかった気がします。 纏めると、、エースバーン、は強かったですが他の2体がしっくりこなかった、水+ダルマor炎の並びに対応できなかった。 反省はそれです。 メインロムプリマプラム最高レート2023 サブロムアスパラス瞬間レート1970越え そこそこ強い構築だとは思いますが自身のやらかしで台無しにしてしまったので深く反省しています。 メインロムの成果も1戦分無効と考えると勿論誇ることができません。 来シーズン以降どうするかは考えが纏まっていませんが今はただただ反省しようと思います。 皆さまここまで見て下さりありがとうございました。 mizuhamalphas.

次の

【ポケモン剣盾・ダブル】ノオーミロウォーグル(シーズン1最終90位最高31位)

ドサイドン 構築

はじめまして。 松実玄@おまかせあれ! と申します。 【最果】 T N:まつみ くろ 順位:57位 レート:2126 【構築経緯】 私が一番力を入れて対戦をしていたのが第5世代のときであり、そのときにはノオースタンという構築を愛用していました。 今作で対戦に復帰するにあたり、まずはノオースタンを組んでみたところ、襷の対面性能が非常に高いことがわかりました。 その後、に特性:ゆきふらしが追加されていたと知り使用したところ、以上に使いやすかったため、第3シーズンからはを軸にパーティを編成することに。 今シーズンは今までの経験をもとに構築を組み上げていきました。 また、 赤色は性格上昇補正、 青色は性格下降補正です。 霰のおかげで相手のタスキ持ちに一方的に強く、特に最終日は初手を倒して数的有利を得ることが多かったです。 はや等に打つほか、は警戒でダイバーンを打ってくる可能性が高いため、強気にミラコを選択していました。 この技のおかげで特殊の炎や水に勝てるようになるため、対面で対応出来る相手が大幅に広がりました。 は耐久用及び不利対面でのワンチャン狙い用。 襷のおかげで強引に回数を稼げるため、後続に負担をかけたくないこの構築では結構打つ機会はありました。 との初手対面ではで連打します。 今環境は強力な炎タイプが少ないことや主な鋼タイプがドリュナットやアーマーガアなど氷技が通る相手が多いことから、氷技の一貫性が非常に高いと感じています。 その中で必中威力110技を打てるが弱いわけがなく、や この型では所持していませんが を覚えることから、の欠点のひとつである技範囲の狭さを感じさせません。 配分が... と言われたりもしているようですが、など多くの相手を2発で倒せる火力、最速アーマーガアの上を取れる素早さやドラパルトのドラゴンアローをある程度耐える耐久、つぶてに一定の火力を出してくれる攻撃など、この型で使うにはむしろ絶妙な配分だったと思っています。 入りや通りが悪い場合を除き、多くの試合で先発として選出していました。 間違いなく構築のMVPです。 かなり防御に厚く振っておりますが、ドラパやドリュなどにックスをされても一撃入れられるようにするためです。 ハチマキのも耐えます。 持ち物はやックスドラパルトなどをできるだけ削れるように達人の帯を採用しました。 水技は当初 ある程度Dに振ったを1発で倒すため にしておりましたが、あまりにも外したので素直にアリアへ変えました。 この子がいたおかげで初手を意識させることができ、初手が通しやすくなるというメリットもありました。 あと、入りには絶対に選出しませんでした。 の後ろにやピクシーが控えていることが多いため、それらへの対策としてロゼルのみを持たせました。 のダイフェアリーを耐えるなどの恩恵もありました。 今シーズン爆増していたアッキを素で抜けるのは大きなポイント。 ックスエースとしては鈍足でありドラパドリュなどの環境トップに弱いため使い方は難しいですが、うまく構築の穴を埋めてくれたと思います。 最初はHB鉄壁で使用していましたが、や特殊ドラパルトに大きく隙をみせ、この構築には合ってないと感じたことから試行錯誤の末、ハチマキにたどり着きました。 ハチマキにすることでH179までのをで確定1発、耐久無振りドラパルトをで高乱数1発となる火力が出ます。 有利不利がはっきりしているこのにとって対面操作出来るとんぼ返りは非常に強力な技です。 寝言は欠伸持ちへのささやかな抵抗。 また対面で一度大活躍しました。 ダイウォールの元ともなります。 ミラーアーマーのおかげで能力ダウンに対して強く、多くの耐性と十分な耐久があることからハチマキ適正が高いだと感じました。 初見で鉢巻は絶対読まれないため交代でやドラパルトなどが出てくることもよくあることから、そのまま戦闘にすることも多々。 「なにより意表がつける」と言った言葉がありますが、実際そこが最大の強みで、相手にとって想定外の火力を出せることによる奇襲性能はやみつきになります。 できるだけ対面性能を上げるために命の珠を持たせました。 特に影打ちの威力が上がることがとてもありがたかったです。 などのックスエースへの切り返しとしてが非常に重宝しました。 相手からみえない勝ち筋をつくることができることがこの技の最大の強みだと思います。 、入りや対受けループ以外にはほとんど選出していました。 ラムの実を所持していることから欠伸に対して圧倒的に強く、対面で2度をすることでを突破しつつそのまま勝てることも多数。 重いことからヘビーボンバーのダメージは微々たるものなのもありがたい。 相性がはっきりしているため有利対面で積極的にし、交代先のにックスを切って持ち前の耐久とハードロックと合わせて強引に倒す動きが強かったです。 炎のパンチはアーマーガアやの処理に役立ちます。 ただしHB鉄壁アーマーガアにはックスを切る必要があります。 が苦手なを補完してくれ、かつトリルとの相性も抜群で、エースとして活躍してくれました。 出来るだけ対面で削る手段を持たせていました。 パッチラゴンやアーマーガアを嫌ってか選出されない場合もあるため、最後の方は割り切って立ち回っていました。 ・…初手ダルマにはを合わせるしかないのが本当にキツイです。 一度退かせてだいたいいる裏のをの起点にする立ち回りをしていました。 ・ピクシー…先に展開されてしまうと突破になります。 特に下からの行動となるは選出を控えるように意識しました。 ・系統…特に水と草は非常に重いです。 パッチラゴンを連れていくか初手ので強引に処理していました。 【おわりに】 シーズン2からランクマを始め、念願だった最終2桁を、信頼して使い続けてきたと一緒に達成できたことはすごくうれしいです。 また、再びを始めるきっかけをくれ、色々とサポートしてもらった友人たちにはとても感謝しています。 6月末から環境が大きく変わっていくと思うので、引き続きを楽しんでいきたいと思います。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。 twitterID: 96omakasepoke omakaseare96.

次の

【ポケモン剣盾】第5回海外ダブル大会は「ドサイドン入り構築」が優勝! 使用率はエルフーンが再び1位に(※画像あり)

ドサイドン 構築

以下、文体が変わります。 ~経緯~使いたいポケモンが定まらず、全く勝てずにいる中、ドサイドンが環境に刺さっていると感じたので使ってみることにした。 ドサイドン軸のパーティ案がなかったので、のガブの枠にドサイドンを入れることにした。 ドサイドンを使う上でトリルがあれば更に強くなると思い、マンダバシャリザゲンガー等の多いメガ枠に弱いジャローダが環境に刺さっていなかったのでポリゴン2に代え、バンギラスで処理していた相手はポリ2ドサイで対応可能だったので、重いポリ2ナットを処理できるメガバシャーモに代えた。 全員がAorCに多く振っていることから「脳筋」と名付けた。 ~個別詳細~------------------------------------------------------------------------------------------------ 【バシャーモ】 性格:意地っ張り 努力値:H92-A252-B4-D12-S148 持ち物:バシャーモナイト 技:馬鹿力、フレアドライブ、雷パンチ、守る ・B<D 表のメガ枠。 6世代でほとんど使わなかったポケモンで調整先のメモが残っていなかったが、H実数値167はよく見かけるので恐らくその調整だと思う。 何だかんだH振ってるおかげで勝てた試合が多かった。 現環境においてメガマンダとメガバシャは破格の性能を持っているので使ってて本当に強かった。 ------------------------------------------------------------------------------------------------ 【ドサイドン】 性格:意地っ張り 努力値:H132-A252-B20-D100-S4 持ち物:岩Z 技:岩石砲、地震、ロックブラスト、剣の舞 ・16n-1 ・岩石砲ZでH実数値197B無振りまでのメガガル確1 ・C特化テテフのフィールド込みサイキネ耐え この構築の軸。 現環境で多いメガ枠のマンダ、リザX、バシャ、ゲンガー、振り方次第ではメガガルも対面から勝つことができる。 実際に刺さっている相手が多く、ほとんどの試合で選出していた。 ポリ2と共に選出するときは大事に、ピンで選出するときは雑に使っていいと感じた。 岩石砲Zがこのポケモンの生命線であるので、Z技を使う場面を慎重に見極めたい。 ------------------------------------------------------------------------------------------------ 【ギャラドス】 性格:陽気 努力値:H36-A220-S252 持ち物:ギャラドスナイト 技:滝登り、地震、竜の舞、身代わり ・16n-1 ・無補正A252振りミミッキュのじゃれつく2耐え ~以下メガ進化時~ ・C特化テテフのムンフォ確定耐え ・無補正C252振りコケコのフィールド込み10万乱数1発 12. 努力値配分はS2と同じ。 バシャの苦手なクレセやスイクンを起点にできるように身代わりを持たせた。 本来、ここの枠は上記のポケモンと共にマリやレヒレも見れるポケモンが良いため、改善の余地あり。 クレセやテテフ、パル、ガッサを見れる数少ないポケモンであるが、イマイチこのパーティには合わず、ここも改善の余地あり。 最終日の残り1時間半でテッカグヤに代えたが、1回しか選出せず、まだまだ熟考すべきところ。 ------------------------------------------------------------------------------------------------ 【カプ・コケコ】 性格:臆病 努力値:B4-C252-S252 持ち物:シュカの実 技:10万ボルト、マジカルシャイン、草結び、ボルトチェンジ ・草結びで無振りマンムー乱数1発 43. パーティで浮いているポケモンがギャラしかおらず、ギャラもあまり選出しないため地面の一貫が凄く、シュカを盾に後出しする場面が多かった。 このポケモン1匹いるだけで欠伸ループやガッサの処理が楽になるので他の電気ポケを採用する理由が見当たらない。 ------------------------------------------------------------------------------------------------ 【ポリゴン2】 性格:控えめ 努力値:H244-C216-S56(CS30個体) 持ち物:進化の輝石 技:トライアタック、シャドーボール、目覚めるパワー炎、トリックルーム ・16n-1 ・4振り65族抜き ドサイドンのお供。 でもあるが、ピンでの選出でも強かった。 このポケモンも6世代の流用個体。 6世代産のため、初速でメガハッサムに勝つために少しSに振っていたが、メガ後の初速の変更があったため、60族抜き抜きぐらいにしてジバコイルの上を取れるようにすればいいと思う。 メイン技のトラアタとドサイドンできついナットに対する打点としてめざ炎、採用理由のトリルまでは確定で、Aが上がることが多かったので性格を冷静にし、シャドボを恩返しにするのもおもしろいと思った。 ------------------------------------------------------------------------------------------------.

次の