電子タバコ ニコチンなし。 CLUB JTオンラインショップ

ニコチン・タールなしの電子タバコおすすめランキング10選|使い捨てなどの種類別!初心者向けのコスパ最強商品

電子タバコ ニコチンなし

2019年度おすすめ電子タバコランキング、堂々の第1位は です! こちらは 今大注目の電子タバコで、各種SNSでも話題になっているんです。 この C-tec シーテック の人気の秘密をご紹介しましょう。 C-tec シーテック はニコチンなし!タール・PGもフリーで無害 ビタフルの特徴として、まずは 完全にタールやニコチンなしの無害さ、安全さがあります。 有害物質が一切フリーというのは、健康の事を考えても かなり安全にリフレッシュできますよね。 フレーバーはなんと7種類! C-tec シーテック は カートリッジ式の電子タバコながら、 フレーバーの種類の多さという所にも魅力があります。 C-tec シーテック のフレーバーは 合計7種類のラインナップとなっています。 7種類の中から、 自分の好みや気分に合わせてフレーバーをチョイスできるのは嬉しいですよね。 C-tecは女性にも男性にも人気の手軽電子タバコ! C-tecは、男性にも女性にも人気の高い製品になっており、バッテリーを充電して 好きなフレーバーのカートリッジを差し込めば自由に味変できるというのも特徴的です。 C-tecはその人気のあまり、現在総合格闘技 RIZINとコラボした特別スターターキットが販売中! 総合格闘技が好きな男性なら見逃せませんね! C-tecの真っ黒なボディがあんまり…と言う方なら、C-tecと同じ会社が販売している と言う商品はいかがでしょうか? ボディとフレーバーの色の組み合わせを楽しむことができます。 2019年度おすすめ、第2位は VAPE ベイプ です。 電子タバコの中でもかなり有名なので、どこかで一度は聞いた事があるかもしれませんね。 こちらは専用の本体に リキッドと呼ばれる液体を注入・加熱する事で水蒸気を発生させ、それを吸う仕組みです。 この VAPEの人気の秘密もチェックしてみましょう! VAPEは本体も選べる! VAPEの特徴として、まず本体 バッテリー+アトマイザー が 3タイプの中から選ぶ事ができる点が挙げられます。 3タイプというのは、 ボックス型・ペン型・スティック型の3つです。 そしてその3タイプに分かれている本体も 様々なメーカーから発売されているので、本当に自分の好みで選べてしまうんです。 本体の価格も様々なのですが、初心者の方はまずは スターターキットでVAPE一式を揃えてしまうのがおすすめです。 VAPEのリキッド 味 は物凄く多彩 VAPEは本体とは別に リキッドを購入する必要があるのですが、このリキッドも 種類が物凄く多くて、様々なメーカーから発売されています。 定番といえる メンソール系のフレーバーに始まり、フルーツのフレーバーやコーヒー・紅茶などの 飲料系フレーバー。 更にはケーキやお菓子の味が楽しめる デザート系のフレーバーなんかも発売されているんです。 これは選びがいがありますよね! また、日本国内で一般流通が認められているリキッドには ニコチンが一切含まれませんので、非喫煙者の方でも無害かつ安心して使用ができます。 VAPEは本体のメンテナンスも大切 VAPEは長く使い続ける為には、 定期的な本体のメンテナンスが欠かせません。 その辺りに少し手間がかかってしまいますが、 安全に長期間の使用がしたい場合には必須なので、忘れずに行ってくださいね。 しかし、メンテナンスの手間を考えても、楽しめる要素が多い分VAPEを選ぶのは かなりおすすめです。 6㎜! ハガキの横幅と同じくらいの長さなんです。 場合によっては 最近のスマホの本体よりも小さいかもしれません…かなりコンパクトですよね。 付属のケースも 大体13㎝程度と、持ち運びに困らないサイズなのもポイントです。 しかもこの本体は5種類のカラーバリエーションの中から選べるのも嬉しいところ。 タールやニコチンなしとは言え、 タバコ系の味が楽しめるフレーバーや、定番の豊富なフルーツ系、ドリンク系、ティラミスやキャラメルといったスイーツ系まで。 これだけの数のフレーバーがあればきっと自分の好みのものが見付かりますよね。 しかも、本体を購入する時に 自分の好きなリキッドを10本プレゼントしてくれるので、かなりお得感があります。 見た目も少し似ていますし、確かに違いが分かりにくいですよね。 しかし、両者には 明確な違いが存在するんです。 ここからは加熱式タバコと電子タバコの違いについて解説いたします。 電子タバコはニコチンなしの無害さがポイント! 電子タバコは従来の紙巻きタバコや加熱式タバコと違い、 ニコチンやタールが一切含まれていません。 ここが最も大きな違いと言えますね。 ですので、体への健康面を考えると、電子タバコの方が 無害で安全です。 また、日本国内では ニコチン入りのリキッドの販売は禁止されています。 ですので、国内で購入できる電子タバコのリキッドは 完全にニコチンなしで、安心して使用できます。 ニコチンなしだから未成年も使用できる? 電子タバコは『タバコ』とはいうものの、 厳密にはタバコではありません。 では、未成年も使用できるのかというと、 実はそうではない所に注意が必要です。 電子タバコも 対象年齢は20歳以上からという事で発売されており、未成年の方では買えない様になっています。 厳密には禁止されている訳ではないのですが、 警察に補導されるケースもあるそうなので、 未成年の方はやはり吸わないでおくのがベターです。 多彩なフレーバーでリフレッシュできるのが電子タバコ 電子タバコは様々なフレーバー付きの水蒸気を吸うものです。 ですので、従来のタバコと違い、 健康的にリフレッシュする事ができるのが大きな利点といえます。 また、先程ご紹介した様に、 多種多様なフレーバーが取り揃えられているのも魅力の1つ。 今では健康の事を考えて、 電子タバコに乗り換えられる方が増えてきているとの事です。 アメリカで爆発的な人気で今や米国の電子タバコシェアの半数以上を占める、日本でもこれから確実に流行る『JUUL ジュール 』という電子タバコをあなたはご存知ですか? ジュールの一番の特徴は電子タバコなのにニコチンが入っており、火を一切使用しないのでタールも無く、コンパクトでスタイリッシュなデザインにあります。 え?「どうせプルームテックと同じ煙量?」いや、マジでビビりますよw信じられなければYOUTUBEを今すぐ開いて『JUUL』で検索してみて下さいw 強いニコチン感と煙草と同様のキック感を得られる『JUUL ジュール 』は通販で誰でも簡単に購入する事ができ、POD リキッド のカートリッジを入れ替えるだけで簡単に交換が完了してしまいます。 勿論、 液漏れも一切しない凄いヤツですw.

次の

ニコチンなし電子タバコにはどんな種類がある?おすすめを紹介!

電子タバコ ニコチンなし

この記事の目次一覧• 水蒸気を吸うタバコとは 中国で実用化され、欧米を中心に急激にシェアが拡大しつつある「電子タバコ」。 年々世界の市場規模は膨らんでおり、近々紙タバコのシェアを超えるとさえ言われています。 その仕組みは、 香料を溶かした専用の液体を電気の熱で加熱。 発生した蒸気を吸い込むという仕組み。 この、水蒸気を吸う電子タバコ。 急激にシェアを拡大している要因のひとつが、 従来のタバコのように、「タバコ葉」を使用しないため、タバコの税率が適用されないこと。 結果的に、ベイプを使った方が、紙タバコよりも割安になるという現実があります。 日本での規制 もちろん、ニコチンの入った「ベイプ」の取り扱いは、国によって規制が異なります。 欧米では、ニコチン入りのリキッド(ベイプ専用の液体)が販売されていますが、日本国内ではニコチンを含む製品は医薬品に該当。 販売するだけで薬事法に違反してしまうのです。 ベイプ用のリキッド。 写真は全て海外製の製品 しかし、 日本国内でもニコチンの入ったベイプを使っている人を多く見かけます。 これはなぜでしょうか? 実は、製造や販売ができなくても、 個人での使用を目的として、一定量のリキッドを海外から輸入するのは、違法とはなりません。 個人目的で海外から薬品などを購入することを、「個人輸入」と呼びます。 インターネット通販が一般的になった現在、個人輸入もごく当たり前になってきています。 WEBを検索してみると、海外からニコチン入りのリキッド(専用液)を代行販売する、「個人輸入代行」の専用サイトがたくさんあることが分かります。 「ニコチンなし」でも楽しめる! とはいえ、ベイプの楽しみは割安でニコチンの摂取を楽しむだけの「タバコ代替え品」に限りません。 実は、 日本でのベイプユーザーは、ニコチンの入っていないリキッドを楽しんでいるユーザーも多いのが実情。 驚くのは、その水蒸気(煙)の量と味の濃さです。 水蒸気の質はキメが細かく、見た目には紙タバコの「煙」と見間違えるほど。 水蒸気とは思えない、電子タバコの煙 ベイプ本体にもよりますが、煙の量が多いおかげで喉を通る感覚もしっかり。 「タバコを吸っている」実感が得られやすくなります。 ベイプリキッドの魅力 もうひとつ、ベイプを知る上で理解しておきたいのが、リキッドの種類の多さ。 本文を執筆している編集者にとって、 ベイプの1番の楽しみは、リキッド選びです。 紙タバコの味に巧妙に似せた「タバコ味」はもちろん、メンソール味、フルーツ味、スイーツ味、、などなど。 数え上げればきりがないほど、世界中から魅力的なリキッドが発売されています。 紙タバコでは甘さのあるフレーバーは苦手だった編集者。 しかし、ベイプは別でした。 ナッツの甘さやクリームの甘さなど、製品にもよりますが、海外のプレミアムリキッドの風味は格別! こればかりは、 実際にベイプを購入して、たくさんのリキッドを試してみなければ得られない楽しさです。 水蒸気に含まれる成分は? ベイプについて知ったばかりの方は、なぜあのように濃くて白い、本物の煙のような水蒸気が作られるのか不思議に思うのではないでしょうか。 「水蒸気」と言っても、元となる成分は水ではありません。 水を水蒸気にしても、こんなに白くて濃い煙は作られないはず。 ベイプのリキッドに含まれる成分は、煙を作り出すための特殊な溶液。 その成分は、ほとんどのリキッドが以下のような構成で作られます。 グリセリン(植物性グリセリン)• プロピレングリコール• 香料 グリセリンとプロピレングリコールの割合によって、リキッドの粘度が決まります。 2つの成分比率は、リキッドによって様々。 この2つの成分こそ、リキッドのベースなのです。 では、健康への影響はどのように考えられているのでしょうか? 水蒸気に害はない? リキッドの主成分である、グリセリン、プロピレングリコールは、食品添加物や医薬品、化粧品などにも当たり前に使用されている成分。 私たちが日頃口にする機会も多く、有害性があるものではありません。 ベイプが日本国内で広まりつつあった2014年、リキッドに有害性のある物質が含まれているとの報道が広まり、業界に激震が走りました。 厚労省の専門委員会が調査したところ、特定のリキッドから有害性のあるホルムアルデヒドが検出されたのです。 このリキッドは、海外で製造されたリキッドと報道されています。 ベイプが急激にシェアを伸ばしていた当時、品質管理が十分に行き届いていない、粗悪なリキッドが製造されていたことは事実。 それから数年経った現在、 日本国内で販売されるリキッドのほとんどは、第三者検査を実施され、安全性が証明された製品ばかり。 電子タバコの需要が日増しに増えていくのに比例して、業界全体で安全性、品質ともに日々改善されています。 それでも心配な方は、 日本国内で安全性検査を行なっている、名前の知られたリキッドメーカーの製品を購入すると良いでしょう。 編集者の個人的な感想ですが、米国の方がベイプリキッドの安全性については敏感。 信頼性も高いように思います。 アメリカ食品医薬品局(FDA)の厳しいチェックが行われ、消費者の目が厳しいということ。 日本よりもベイプが広まっているという事情もあります。 ただし、比較的大きな企業が販売するリキッドメーカーや、名前の知られたブランドに限ります。 米国製とは言っても、製造を国外に委託しているケースもあるため、可能な限り自分で調べてみる努力は必要。 「水蒸気を吸うタバコ」おすすめ製品 ここまで紹介してきた、水蒸気を吸うタバコ、「ベイプ」。 ここからは、初めてベイプを使用する方にも使いやすい、おすすめの製品を紹介していきます。 とはいえ、 ベイプ製品は信じられないほど種類が豊富。 さらに、用途や煙の量、味の濃さなどで、選ぶ製品が全く異なります。 電子タバコの種類について、詳しくは以下の記事の中で説明しています。 カートリッジを交換するだけ!スマートなベイプ 味の濃さは大きなサイズの製品にはやや劣るものの、カートリッジを交換するだけで使える、手軽なベイプも急激に普及しています。 C-Tec DUO C-Tec DUOは、カートリッジの種類が豊富な上、JTの電子たばこ、プルームテック(Ploom TECH)のカートリッジも使えるのが特徴。 外観もPloom TECHにとてもよく似ており、従来の紙タバコのように手軽に使える製品です。 発売されている専用カートリッジの「味」も7種類と豊富で、価格の安さも魅力的。 特に、 プルームテック(Ploom TECH)も使いたいと考えている方には気になる存在ではないでしょうか。 類似製品も多いため、公式サイトでの購入がおすすめ。 VAPE カートリッジ式電子タバコの最大の魅力と言えば、やはり紙タバコと同じようなサイズ感。 喫煙所で手にしても違和感を感じません。 そんなカートリッジ式電子タバコですが、 おしゃれさを追求したハイクオリティな製品も人気を集めています。 VAPEは、他社製のカートリッジ式電子たばことは異なる、洗練されたデザインが特徴的です。 DIESELやユニクロなどのクリエイティブディレクターを務めた、 世界的に評価の高いデザイナー、ニコラ・フォルミケッティ氏がデザインを担当。 パッケージから専用ケースまで、見た目に強いこだわりを感じます。 毎日使う電子タバコ。 おしゃれさにもこだわりたいという方は、ぜひチェックしてみてください。 カートリッジ式電子タバコについて、もっと詳しく!• 手軽に試せる!使い捨て式 ベイプには興味があるけど、本格的な製品を購入する前にちょっと試してみたい。 そんな方におすすめなのが、 使い捨て式の電子タバコ。 見た目はカートリッジ式電子タバコと変わりませんが、その名の通り、一本使い終わる毎に破棄するため、手軽に使える製品です。 使い捨て式電子タバコの中でも、カラフルな色で人気を集めている製品が、VITAFUL(ビタフル)。 リキッドにはビタミンなどの栄養成分を含むなど、女性が好みそうな工夫もされています。 カラフルな色合いは、色ごとに違った味が楽しめるという仕掛け。 まずは、水蒸気のタバコがどんな物なのか試してみたい。 安価な製品から始めてみたいという方におすすめです。 実は、「ベイプ」以外にも、水蒸気を吸い込む製品は存在します。 国内で唯一「タバコ」を製造する会社、JTが販売するプルームテック(PloomTECH)。 プルームテックは、ここまで紹介したような「ベイプ」とは異なり、タバコ葉を含む立派なタバコ製品。 もちろん、ニコチンも含まれています。 紙タバコと大きく異なるのは、タバコ葉を燃焼させる時に生じる「タール」などの有害物質が大幅に削減されていること。 電気でリキッドを加熱し、水蒸気を作り出すのはベイプと同じ。 しかし、作り出された水蒸気は、タバコ葉のカプセルを通り、ニコチンと風味が加えられます。 2018年7月から、全国のコンビニでも発売されるプルームテック。 これまで紙タバコを吸ってきた喫煙者が、より健康的なプルームテックへと移行しています。 さいごに 水蒸気を含む電子タバコとは、主に「ベイプ」と呼ばれる電子タバコのことを指しています。 ニコチンもタールも含まれない、コストパフォーマンスに優れた新しい「ベイプ」。 これからますますユーザーが増えそうな予感。 もっと味が濃く、煙の量も多い本格的なベイプ製品が知りたいという方は、以下の記事でベイプについてさらに詳しく説明しています。

次の

ニコチン・タールなしの電子タバコおすすめランキング10選|使い捨てなどの種類別!初心者向けのコスパ最強商品

電子タバコ ニコチンなし

電子タバコ専門家・阿久津氏 電子タバコとは、 味と香りのついたミストを吸って楽しむ嗜好品のこと。 アイコスやグローとは全くの別物で、 ニコチン・タールなしで楽しむことができますよ。 電子タバコは、「 リキッド(=専用の液体)を電気熱で気化させてその蒸気を吸引する」という使い方をするデバイスです。 種類豊富なフレーバー (=味と香り)• 吸いごたえのあるミスト (=蒸気) をニコチン・タールなしで楽しめることから、 禁煙目的の喫煙者だけでなく非喫煙者からも広く人気を集めています。 また、電子タバコと似た使い方をするデバイスに アイコスや グローなどがありますが、以下の通りこれらと電子タバコとは全くの別物です。 VAPE(ベイプ)とも呼ばれます。 ・アイコスやグローなど=タバコ葉を使用する タバコ葉を電気熱で加熱して発生させた、 ニコチン・タールを含む蒸気を吸引するデバイス。 こちらは 「加熱式タバコ」と総称されます。 参照:JT公式サイト「」「」 上記のような違いから、加熱式タバコは紙巻タバコの代替品として使用されるのに対し、 電子タバコは純粋にフレーバーと吸いごたえを楽しむ嗜好品として親しまれています。 次の章では、 初めての方でも自分に合った電子タバコを選ぶためのポイントとして、電子タバコの「タイプ」について詳しくご紹介していきます。 電子タバコの4つのタイプとその特徴• 味・吸いごたえ: …濃厚なフレーバーと豊富なミストを楽しめる 操作・メンテナンスの手軽さ: …定期的な洗浄やパーツ交換などが必須になる ランニングコスト: …ランニングコストは全タイプ中最も安い 携帯性: …本体のサイズは全タイプ中最も大きい 本体のタンクに自分の好きなリキッドを注入して使用する 「リキッド式」電子タバコ。 本体サイズが比較的大きめで操作にやや手のかかる面があるものの、 好みのリキッドを濃厚な味と満足感のある吸いごたえで楽しめるタイプです。 自分でリキッドを注入できる電子タバコならではの味・吸いごたえの良さはそのままに、 リキッド補充とPOD交換だけで使える手軽さを実現しています。 シンプルな操作性や優れた携帯性といった使い勝手の面でのメリットも多く、 現在ユーザーが急増している要注目のタイプです。 味・吸いごたえ: …リキッド式・POD式に比べると劣る 操作・メンテナンスの手軽さ: …カートリッジ交換のみで楽しめる ランニングコスト: …ランニングコストは比較的高くなりがち 携帯性: …本体・カートリッジとも小型で持ち運びやすい 専用のリキッド入りカートリッジを装着して使用する「 カートリッジ式」電子タバコ。 カートリッジへのリキッド補充はできません。 吸うだけで自動で電源が入る操作性の高さやカートリッジ交換のみで楽しめるメンテナンスの容易さ、持ち運びやすい小型のサイズ感など、 使いやすさに非常に優れたタイプです。 以前はリキッド式・POD式に比べて選べるフレーバーが少なかったものの、 最近ではさまざまなメーカーの電子タバコに互換性を持つカートリッジも多いため、楽しめるフレーバーも増えています。 それぞれの特徴は以下の通り。 そのため、低温加熱タイプの加熱式タバコは好きなタイミングで喫煙を始めたり止めたりできます。 ・Philip Morris IQOS• タイプ別|電子タバコのランニングコスト例• カートリッジと使い捨て式電子タバコ本体はそれぞれ吸引回数500回の商品として計算 あくまで概算ではあるものの、電子タバコのタイプ別ランニングコストは上記の通りです。 同じペースで紙巻タバコや加熱式タバコを吸った場合は約15,000円ものコストがかかるため、 電子タバコのランニングコストは総じて安いといえます。 電子タバコってどんな味があるの?•

次の