ドコモ オンライン ショップ 機種 変更 iphone。 ドコモでiPhoneを機種変更する方法・手順・キャンペーン完全ガイド!

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

ドコモ オンライン ショップ 機種 変更 iphone

新しいスマートフォンに 機種変更しようと考えた場合、どうしても必要になるのが 元機から新機種へのデータのコピーや アプリの引継ぎ・ 再インストールなどです。 何よりこの作業が面倒で、機種変更時に毎回苦労しているという人も少なくないのではないでしょうか。 iPhoneの場合はAppleに持ち込むケースもあるかもしれませんが、その場合にもAppleではデータやアプリに関してはノータッチです。 大手キャリアやAppleがデータやアプリに関して対応してくれない理由としては、 データは消去のリスクがあるということ、 アプリについてはそもそも大手キャリアやAppleが提供しているわけではないため、詳細なマニュアルが存在しないということと、仮にキャリア側でやり方を調べたとしてもアプリ側の都合ですぐに作業工程が変わってしまう可能性もあり、100%の保証ができないことなどが理由として挙げられます。 この点もっともな話であり、ある程度データとアプリについてはユーザー側で把握し、引継ぎ方法は事前にチェックしておく必要があります。 もうずいぶん浸透してきているとは思いますが、これが スマートフォン・iPhoneの機種変更時の常識です。 とはいえ、データやアプリの引継ぎについての事前準備はなかなか面倒で、自分でやるにしてもやり方がわからないというケースも多いと思います。 ということで、そんなデータについての内容も含めた、 機種変更前にやっておきたい事前準備をまとめてみました。 Androidスマートフォン購入時にも、iPhoneを購入する際にもいずれにしても必要となりますので、しっかり詳細をチェックしておきましょう。 ドコモ公式 目次• 機種変更事前準備1/機種選び まずは機種変更の大前提として、 どの機種に替えたいのかを決める必要があります。 「この機種に替えたい!」という目当ての機種がある場合にはこの過程はまったく必要ないわけですが、「特に替えたい機種があるわけではないけれど、新しい機種にそろそろ変更したい」という場合に、機種選定が必要となります。 もちろん、「新機種についてよくわからないので、お店またはインフォメーションセンターで話を聞きながら決めたい」という場合にはそれでもいいと思います。 その場合、あまりにも希望が漠然としていると機種選定をしてもらいにくくなるので、 「どういう機能があった方がいいのか」「どういう機能がないと困るのか」「どんな色・デザインがいいのか」「価格はどこまで許容できるのか」「こだわりポイントはあるのか」など、ある程度のイメージは持っておくようにしましょう。 ここでしっかり自分の希望する機能をイメージできていないと、後から「 この機能がないと困るのに、購入した機種にはその機能がついていなかった」ということになってしまいます。 そんなことになっても手続き後は後の祭りです。 最低でもまた二年間は替えにくくなるため、完全に人任せにしたりせず、しっかり考えておきましょう。 どうしても自分ではわからない部分がある場合には、ドコモインフォメーションセンター(0120-800-000)に事前に問い合わせをしておくか、ドコモオンラインショップの公式チャットを利用して、質問をしながら購入手続きを進めたりすることもできます。 普通は自分が使っているスマートフォンの契約名義は自分自身になっているはずなので問題ないと思いますが、問題があるケースとしては「 使っているのは自分だけど契約名義は夫になっている」「 昔、親に契約してもらったので、成人した今でも契約は親名義になっている」というようなケースです。 基本的に自分自身の契約名義になっている場合には、運転免許証があればほとんどのケースで受け付けできると思われますが、自分以外の誰かの契約になっている場合、機種変更手続きをする場合にその契約者の書類や委任状他、様々な書類が必要になる可能性が高いです。 契約が自分の契約ではない、という場合には必ず事前にどういう書類が必要なのかを確認しておくようにしましょう。 ドコモの場合、契約名義の確認は「 My docomo」で行うことができますし、 dアカウントとパスワードでログインすることができれば、ドコモオンラインショップではそのまま購入手続きを実施することができます。 機種変更事前準備3/料金プラン・価格確認 当然のことながら、機種変更する際には必ずスマートフォン/iPhoneの 端末価格を確認しなければなりません。 本体総額はいくらなのか、割引がどれくらいなのか、一括支払いにするのか割賦を組んで分割払いにするのか、分割なら月いくらかかり窓口での支払額はいくらなのか、などなどです。 それに加えて、毎月の利用料金がいくらくらいになるのかも確認しておきましょう。 料金プランは現行のプランが何を利用しているかで、そのまま継続する可能性もありますし、変更になる可能性もあります。 その点も含めて確認しておきたいところです。 さらに、端末購入時に影響してくる、 割引キャンペーンもチェックしておく必要があります。 例えば春は学割の時期です。 学割適用があるのかないのか、条件を満たしているのかどうなのか。 そのほかにも、同時に手続きをした方がお得なケースや、自宅の固定のインターネットなどまで含めた総合的な検討が、現在は必須となりつつあります。 とりあえずめぼしいキャンペーンだけでも、内容をある程度抑えて準備しておきたいところです。 関連記事:「 」 もし、店頭で「今月限りの特別価格!」といわれた場合でも、本当にその価格が安いのか、ドコモオンラインショップの方が普通に安いのではないか、頭金含む総額、手数料、必要オプション等をしっかり確認して比較しておきましょう。 販売店では、赤字覚悟のよほどの特価を展開していない限り、基本的にはドコモオンラインショップがトータルで安いケースがほとんどです。 機種変更事前準備4/データのバックアップ 機種変更時に新しい機種に引き継がないと困るデータには何があるかを、まず考えます。 基本的には、 電話帳、写真、メール等が考えられると思います。 メールについては、「 今はメールよりLINE!」という人がほとんどだと思いますが、LINEについては後述する「アプリ引継ぎ」の項で触れます。 電話帳、写真については、ドコモであればドコモバックアップアプリが提供されていますので、そのアプリを利用して microSDカードに保存すれば問題ありません。 メールは、ドコモメールを利用している場合には自動的にクラウド同期するため、そのままデータも 同期します。 GmailならGoogleアカウントとパスワードさえ忘れなければそのまま継続できます。 最近のドコモのXiスマートフォンは、「ドコモ電話帳」アプリがクラウド対応しているため、ある程度は電話帳も引継ぎ手続きする必要なく同期することが多くなっています。 写真についても、ドコモの「 dフォト(旧フォトコレクション)」というサービスに無料で5GBまでのデータならクラウド同期してくれる「写真お預かり機能」があるため、積極的に利用しましょう。 関連記事:「」 iPhoneの場合は、基本的には iCloudにデータのバックアップが常時なされていれば問題ありませんが、そうでない場合にはiCloudに事前にバックアップをしておきます。 もしiCloudの容量が既にいっぱいの場合には、 iTunesを利用してパソコンにバックアップしておくか、 外部ストレージを利用してバックアップしておくかのいずれかの方法でデータを保存しておきます。 非常に便利で使い勝手もいいアプリなので、機種変更時のデータコピーに、是非活用してみましょう。 AndroidスマートフォンならGoogleアカウントとパスワード、iPhoneならApple IDとパスワードが必要となります。 基本的に、最初にスマホやiPhoneを購入した時に設定しているはずです。 少し前までは、特にApple IDのパスワードなどは、アプリダウンロード時などに定期的に入力が必要だったため、忘れにくい項目でしたが、最近はTouch IDやFace IDなどでパスワードを省略してしまうようになっているので、逆に要注意です。 Googleアカウントとパスワード同様、特別意識をしていなければ利用するシーンがないことにより忘れてしまう率が高くなってしまいます。 どうしても思い出すことができなければ、最悪改めてGoogleアカウント/Apple IDを作り直すことになる場合もあります。 そうなると何かと手間なので、必ず事前に確認し、忘れないようにメモしておきましょう。 機種変更事前準備6/アプリ引継ぎ スマートフォンの機種変更時に最も手間がかかるのが、この アプリ引継ぎです。 なぜなら、アプリの引継ぎはそのアプリごとにやり方がまったく異なるためです。 それぞれのアプリでIDとパスワードを控えておいたりして、その上で引継ぎ作業を実施しなければなりません。 しかもそのマニュアルが共通して存在するわけではないので、そのアプリごとに引き継ぎ方法を確認して自分で実施する必要があるのです。 大手キャリアの窓口でも対応してくれない部分であるため、スマホ利用が苦手なユーザーにとっては一つの鬼門となる部分でもあります。 SNSアプリの引継ぎ(LINE/Twitter/Facebook/Instagram) 一般的に、最も多く利用されているアプリとしてはSNS関連アプリ、特に LINE、Twitter、Facebook、Instagramが中心になると思いますが、これらの引継ぎも基本的には自己責任で実施する必要があります。 その都度これらのアプリをインストールし直し、設定するのはやや面倒には感じるものの、 Twitter、Facebook、Instagramは、 登録アドレスやパスワードさえしっかり覚えていれば、アプリをインストールし、ログインするだけで元の環境が完全に戻るので、引継ぎという引継ぎは必要なく、非常に簡単です。 LINEも、ただ「ともだち」との関係を引き継ぐだけなら、そう難しくはありません。 問題は トークの履歴です。 iPhone同士、Android同士の機種変更の場合にはトークも含めて引継ぎをする方法がありますが、 AndroidとiPhone間での機種変更なら、トークの引継ぎは不可能です。 異なるOS間の機種変更の場合には、トークの引継ぎはあきらめましょう。 関連記事:「」 iDのカード情報預入 アプリの引継ぎとは少し異なりますが、 おサイフケータイの引継ぎも必要です。 dカード/dカード GOLDを利用しており、 iDの設定をしている場合には、旧機種がAndroidスマートフォンであれば、iDアプリからカード情報預入を実施しておく必要があります。 ただこれは、あくまで AndroidからAndroidへの機種変更の場合で、AndroidからiPhone、iPhoneからAndroidの場合には必要ありません。 プリペイド型電子マネーの引継ぎ プリペイド型の電子マネーとしては、楽天EDY、Suica、nanacoあたりが、最も使われている方が多いと思います。 基本的にこれらの電子マネーのデータを引き継ぐ場合には、 あらかじめ残高データを預ける作業をしておき、 機種変更後に戻す手続きが必要となります。 専用アプリなどで「機種変更をする際には」どういう手続きをすればいいのか記載があると思いますので、それぞれのアプリや専用サイトで内容を確認しておきましょう。 機種変更で準備しておきたいIDパスワードまとめ ドコモで機種変更をする際に準備しておきたいID/パスワードをまとめてみます。 ドコモ系のID/パスワードは、仮にわからなくなってもドコモで再設定をしてもらうことが可能ですが、それ以外のドコモが対応しない部分のID/パスワードがどちらかというとより重要となります。 ドコモが対応しない分、自分で把握しておかないと、そのまま引き継ぎできない可能性が高いです。 しっかりメモをしておくようにしましょう。 ID/パスワード(ドコモ系) ID/パスワード(ドコモ以外) NW暗証番号(4桁数字) Googleアカウント/パスワード spモードパスワード(4桁数字) Apple ID/パスワード dアカウント/パスワード LINE登録アドレス/パスワード アプリパスワード Facebook登録アドレス/パスワード dカード/dカード GOLD暗証番号 Twitter ID/パスワード 楽天やamazonなど、ショップ関係 ゲームアプリのID/パスワード スマートフォンを利用していくと、とにかくIDパスワードが無数に出てきます。 上記以外にも、様々なサービスを利用している人はもっともっとたくさんのIDパスワードを抱えているはずです。 そしてその無数のIDパスワードのそれぞれが、セキュリティ上共通のものを使うことはお勧めできないという状況です。 さすがに覚えていられる量ではないので、必ずメモを取るなりして、IDパスワード関係はすべてまとめておくようにしましょう。 そうすることで、機種変更時の手間もずいぶん省けます。 機種変更で手続きに膨大な時間がかかる人は、これらの内容がまったくわからない、決まっていないという状況でショップ等に足を運んでしまったものと思われます。 機種変更の時間短縮には事前準備が必須です。 ある程度、自分でできることは自分で処理して、準備を万端にして出向くようにしたいところです。 事前準備・番外編:小学生以下の子供の保険証 番外編として、準備しておきたい項目を追加しておきます。 この項目には条件があります。 小学生以下の子がいる場合、です。 すなわち、小学生以下の子供がいる場合、先日よりドコモは「 ドコモ 子育て応援プログラム」を開始しています。 そのため、小学生以下の子供の保険証と、自分の免許証か保険証(住所一致)を準備していけば、同時に申し込みができます。 機種変更時でなくても申し込みは可能なので、特にほかの用事がなくても、まだ申し込みをしていない場合には早めに手続きに出向いた方がいいでしょう。 なお、以前はドコモショップでしか手続きができなかった子育て応援プログラムですが、現在はドコモの公式サイトからの申し込みが可能となっています。 実際に申し込みをしてみた内容は別記事にて解説しています。 もし同一ファミリーグループ内にシェアパックを利用している人がいる場合、そのグループに追加させてもらうことで、料金を最安値に抑えることができる可能性があります。 ファミリーの人数が多い場合には特に効果的なので、まず事前に同一世帯ではなくてもいいので、ドコモの同一ファミリーグループに属している人に、シェアパック利用者がいないかどうかを確認しておきましょう。 その上で、容量の使い方にお互い問題がなければ、シェアグループに追加することで、料金は当然個別請求のまま、シェアグループ子回線、または分割請求オプションによって、通信料金を最低限にできる可能性があります。 もしシェアグループに追加しようと考えた場合、その代表回線のユーザーあての確認が必要となるらしいので、名前と番号、そして電話連絡が取れる状況にしておいた上で、ドコモショップへ足を運ぶようにしましょう。 シェアパックに関しては、ドコモオンラインショップで購入と同時に手続きをしようとしてもうまくいかないケースがよくあります。 その場合、購入とは別にMy docomoから手続きをするか、内容が複雑な場合にはドコモインフォメーションセンター、またはドコモショップで手続きをするようにしましょう。 事前準備・番外編3: dカード GOLDを事前ネット申し込みしてiDキャッシュバックをもらっておく の入会キャンペーンを活用して効率よく機種変更をする方法です。 この方法は、まだ通常のdカードを利用しているか、もしくはdカードもdカード GOLDも持っていない人向けにおすすめできる事前準備です。 この事前準備では、期間限定で行われている、を活用します。 このキャンペーンの内容としては、dカード GOLDに新規申し込みをすると、iDキャッシュバックがもらえるというものです。 iDキャッシュバックは、そのまま機種変更時の ケースやフィルム、ACアダプタなどのオプション購入に利用することができます。 各種キャンペーン等、非常に多く展開されていますので、しっかり確認しておきましょう。 事前準備・番外編4:dカード/dカード GOLDによる一括支払い 機種変更は現在、割賦払いが一般的です。 その理由としては、高額な端末代金を意識することなく購入できるという利点に加え、割賦にしても一括にしても金利等がかかわるわけではないというメリットも大きく影響しています。 しかし、実は一括払いの方がユーザー目線で考えた場合、若干ではあるもののお得になる方法があるのです。 それが、 /を利用した翌月一括払いです。 これがなぜお得なのかというと、分割払いにした場合にはつくことがない、 クレジット決済ポイントがつくからです。 dカード/dカード GOLDのショッピング利用時の ポイント還元率は1%なので、これがそのまま付与されます。 10万円の端末を購入すれば、1000円分のポイントが付きます。 たかが1000円、されど1000円です。 どちらにしても支払う必要のある金額なのですから、多少金銭的な余裕があるのであれば、ぜひdカード/dカード GOLDによる一括払いを利用したいところです。 そして同時に、 ドコモオンラインショップをうまく活用しましょう。 そうすると、 dカード GOLDを利用して一括購入した場合のポイント付与が通常の2倍になります。 非常にお得です。 10万円分の機種購入で2000円分のポイントがもらえます。 その他にも、ドコモオンラインショップでの購入は、頭金含む総額が安く、手数料も完全無料で、リアル店舗で購入するよりも非常にお得です。 もちろんこのdポイントはそのまま機種変更にも利用することが可能です。 かなり大きな割引となりますので、例えば10000ポイントあれば、対応機種であればかなり安く購入することができるようになります。 ただし、ドコモ光の場合、転用でも2週間ほど、新規なら開通までに一ヶ月程度時間もかかりますので、実際にdポイントがもらえるまでがやや時間がかかります。 できるだけ早めに申し込みをしておき、機種変更に備えたいところです。 それはお互いの意思の疎通ができていなかったことで起こってしまうトラブルだったりするのですが、具体的に何がどう問題だったのかという原因は、後になってしまうとなかなか見えてこず、両者一歩も自分の主張を譲ることなく平行線で長く引きずってしまうようなこともあります。 そうした無用なトラブルを避けるために、機種変更に臨むにあたってここは押さえておきたいという重要なポイントがあります。 ここまでしなくても、と感じる人もいるかもしれませんが、こうした対策が後々の憂いを取り除いてくれると考えれば、必ず実行するべきだと思います。 是非とも確認しておきましょう。 関連記事:「」.

次の

ドコモオンラインショップと店頭の機種変更どっちが安い・お得か徹底比較!

ドコモ オンライン ショップ 機種 変更 iphone

・ドコモショップ ・家電量販店 最安値なのはどっちなのかな? 例えばiPhone7なら中古でも40,000円近くもするので、少しでも安く購入したいところ。 ドコモと家電量販店のどちらで購入したほうがお得か?結論から言いますと、 圧倒的にドコモで購入した方がお得です。 そして同じドコモでも オンラインショップを使うことで、店舗型のドコモショップよりも5,000円~13,000円ほど安く機種変更をすることができます。 今回は家電量販店よりも、ドコモオンラインショップのほうがお得な理由について解説していこうと思います。 ドコモオンラインショップとは… 「ドコモオンラインショップ」という言葉を初めて聞いた方、ドコモオンラインショップはその言葉の通り、 ドコモが運営しているオンラインショップです。 機種変更や新規契約、各種手続きをオンライン上で行うことができるので、わざわざドコモショップへ行く手間がかからないのでオススメ! 24時間いつでも好きな時間に手続きができるので、長い時間ショップで待たされるストレスから開放されますよ。 直営店は回線の契約と端末代金で利益を出すので、お客さんから事務手数料や頭金を請求する必要がありません。 つまり私達がドコモオンラインショップで機種変更をすると、手数料と頭金が0円となります。 家電量販店とドコモショップでは、対応可能なサービスが違います。 ドコモショップ 家電量販店 スマホの新規契約 スマホの新規契約 スマホの機種変更 スマホの機種変更 MNP対応(他社からののりかえ) MNP対応(他社からののりかえ) ドコモ光開通手続き ドコモ光開通手続き 各種料金の支払い オプション・サービス対応 故障した修理品の受付 不要になった電話機の回収 携帯電話のリサイクル対応 家電量販店で対応可能なのは、基本的にスマホと光回線の契約のみです。 契約内容の変更や料金関連などは対応ができないケースがほとんど。 内容によっては 「一度ドコモショップで手続きをしてからまたお越しください」という二度手間な案内をされる場合もあります。 ドコモショップで機種変更するメリットとデメリット ドコモショップは全国に2,000店舗以上あり、あなたの住んでいる街にも1~2店舗はあることでしょう。 スマホで困ったときの駆け込み寺となるドコモショップですが、やはり 「メリット」と「デメリット」があるので、どちらも確認をしていきましょう。 ドコモショップの「メリット」• 土日などは長時間待たされる• 頭金・手数料を取られる あなたも経験があると思いますが、特に土日のドコモショップはかなり混雑しています。 呼ばれるまで1時間~2時間も待たされるのはザラ。 下手をすると「休みが半日潰れた」という声もよく聞きます。 また、上でも書きましたがショップで機種変更をした場合は、 機種代金とは別に頭金と手数料が発生します。 厄介なのが「頭金」を払ってもスマホ代金が安くなるわけでは無いという点です。 ショップはスタッフさんに相談できるメリットがあるのですが、逆にその分の人件費を私達が支払っているイメージですね。 家電量販店で機種変更をするメリットとデメリット 家電量販店は「エディオン」「ヤマダ電機」「ケーズデンキ」など、街にある大型の電気屋さんを差します。 店内にはドコモのカウンターが設置されていて、そこでもドコモショップのような手続きができるのですが、 家電量販店にも「メリット」と「デメリット」があります。 家電量販店のメリット• 手続きに時間がかかる• 希望の機種が在庫切れしている時がある• 頭金を支払う必要がある 家電量販店で機種変更などの契約をする場合、都度ドコモへの確認が必要になる分、手続きに時間がかかります。 ショップで手続きををする1. 2倍は、時間がかかるイメージを持っていたほうが良いと思います。 また、多くのキャリアブースはスペースをあまり確保できないため、保有している在庫数もドコモショップと比べて少ないことも挙げられます。 機種変更はドコモオンラインショップがオススメ! 上でも軽く触れましたが、機種変更をするならドコモオンラインショップがオススメです。 ドコモオンラインショップの メリットは非常に多く、• 商品の到着まで2~3日かかる という点のみです。 この部分はネットショップなのでしょうがない部分でもありますが、そこだけ目をつぶればかなりお得に機種変更をすることができます。 何より 頭金と事務手数料が0円なので支払いは端末価格のみ。 それだけで 約5,000円~13,000円も浮くのはかなり大きいと思います。 あまり知られていないのですが、ショップ店頭の表示金額には 「頭金」と 「事務手数料」が含まれています。 頭金の金額は店舗により差がありますが、約1万円~2万円が一般的。 ここで厄介なのが、ショップでは手数料に「頭金」という名前を付けていること。 スマホの場合はいくら頭金を支払っても端末の分割金額が減りせん。 車や住宅ローンの頭金と同じに考えると、結果的に多くの手数料を取られてしまいますので、手続きをする場所は慎重に選びましょう! ちなみにオンラインショップスマホを購入した場合は、この頭金が 無料。 ドコモであれば事務手数料も 無料になりますよ。

次の

ドコモオンラインショップで機種変更の流れ手順!購入後届いた後のやり方まで

ドコモ オンライン ショップ 機種 変更 iphone

手続き方法は機種変更、契約変更、新規契約、のりかえ(MNP の4種類がありますが、値段は変わりません。 また、2年で使用したスマホを返却する「スマホお返しプログラム」を使えば実質的に安く端末を購入することができます。 各端末・容量ごとの値段を表にまとめました。 自分に合った容量・欲しい機種の値段をご確認ください。 「スマホおかえしプログラム」が使える端末には値段の下に適応時の値段を書いています。 2019年の9月14日より、iPhone XRとiPhone 8が1万円から2万円ほど値下げされています。 かなりお得な値段となっているので、ぜひチェックしてみてください。 iPhone SE 第2世代 64GB 128GB 256GB 価格未定 4月20日より予約開始 64GB 128GB 256GB ¥87,120 2年実質¥58,080 ¥95,040 2年実質¥63,360 ¥106,920 2年実質¥71,280 64GB 256GB 512GB ¥126,720 2年実質¥84,480 ¥142,560 2年実質¥95,040 ¥166,320 2年実質¥110,880 64GB 256GB 512GB ¥138,600 2年実質¥92,400 ¥158,400 2年実質¥105,600 ¥182,160 2年実質¥121,440 64GB 128GB 256GB ¥75,240 2年実質¥50,160 ¥106,920 2年実質¥71,280 ¥118,800 2年実質¥79,200 64GB 256GB 512GB ¥124,344 販売終了 ¥168,696 2年実質¥112,464 64GB 256GB 512GB ¥137,808 2年実質¥91,872 ¥156,024 2年実質104,016 ¥181,368 2年実質¥120,912 64GB ¥58,520 32GB ¥43,560 も以下の記事でご紹介しています。 都合の良い方法で、新しいiPhoneにデータを移行してみてください。 また、AndroidからiPhoneにデータを移行する方法もご紹介しています。 AndroidからiPhoneに乗り換える方はこちらの記事をご確認ください。 利用開始の手続き 商品を受けとったら、を行いましょう。 この手続きを終えたら、晴れてiPhoneへの機種変更が完了です! 【2020年6月】ドコモのキャンペーン最新情報 ドコモオンラインショップで実施中の最新キャンペーンをまとめました。 ぜひキャンペーンを活用してお得に機種変更しましょう! 5G WELCOME割 出典: ドコモは、 5G対応のスマートフォン全7機種を「5G WELCOME割」の対象機種として、新規契約または乗り換え MNP 契約で 最大22,000円、契約変更 FOMAやXiからの機種変更 では 最大5,500円の割引を実施します。 5G WELCOME割の対象5Gスマホは以下の通りです。 iPhoneを手に取って確認することができない• 不明点を店員に確認することができない それぞれ詳しく見ていきましょう。 iPhoneを手に取って確認することができない iPhoneの購入は決して安い買い物ではありません。 しっかり手にとって、目で見て確認したいという方もいらっしゃるでしょう。 しかし、オンラインショップという特性上、手にとって製品を確認することは難しいです。 もし実際に生でiPhoneを確認したいという方は店舗で端末を確認したのち、ドコモオンラインショップでiPhoneを購入するのが良いでしょう。 不明点を店員に確認することができない 店舗での購入は、プランやオプションの相談をしながらそのまま契約できるのがメリットです。 オンラインでは、不明点を店員に直接聞くことはできません。 しかし、オンラインで手続きを進める際に出てきた不明点や購入したいiPhoneについて知りたい際は、チャットで質問することが可能です。 また、ドコモの携帯からであれば「151」をコールすると電話窓口にをつながるので、口頭で相談することもできます。 なお、通話料は無料なので積極的に活用していきましょう。 ドコモの機種変更の料金プラン 6月1日から導入されたが用意されています。 新料金プランの中にも、毎月多くのがおすすめです。 以前からドコモを使用している方は、このまま旧料金プランで端末を使い続けることを考えている方もいらっしゃるかもしれません。 ここからは、新料金プランの解説と新旧プランでどちらがお得になるかを検証していきます。 ギガホ 出典: 音声通話とデータ通信が一体化した料金プランで、毎月最大30GBまで速度制限がありません。 もし、30GBの容量を超えてしまっても、受送信最大1Mbpsの速度で利用できます。 動画や音楽で通信量が多いスマホのヘビーユーザーにとってはデータ量、通信速度、価格ともに文句の付け所がないお得な料金プランとなっています。 また、後述の家族割を使うとさらに料金が割り引かれます。 料金は以下の通りです。 料金プラン データ容量 月額料金 ギガホ 2年定期契約 30GB 6,980円 ギガライト 出典: 「ギガライト」は1GBから7GBの間で使ったデータ量に応じて料金が変動する料金プランです。 スマホユーザーの中には、「旅行に行った月は通信量が多くなるが、普段は通信量が少ない」というように、月によって通信量がばらばらだという方も多いのではないでしょうか。 通信量が多い月も少ない月も同じ料金を払っている方は、支払いの金額が最適化されていないといえるため、「ギガライト」のような変動性の料金プランに申し込んだ方が良いでしょう。 料金は以下のとおりです。 利用データ量 月額料金 ~2GB 2,980円 ~3GB 3,980円 ~5GB 4,980円 ~7GB 5,980円 5Gギガホ 出典: 5Gギガホは、月額7,650円で100GBまで5G通信ができるプランです。 5Gギガホは、月間のデータ容量である100GBを使い切ってしまっても、最大3Mbpsの通信ができます。 現行の「ギガホ」では、データ容量を使い切った場合の速度は最大1Mbpsでした。 最大3Mbpsというと、主要のSNS利用・通話・メールは問題なく行えて、YouTubeも480pの画質なら何とか視聴できます。 また「データ量無制限キャンペーン」のキャンペーン終了期間は未定となっているので、しばらくは容量を使い切ってしまったという心配はありません。 料金は、以下の表の通りです。 料金プラン データ容量 月額料金 5Gギガホ 100GB 「データ量無制限キャンペーン」期間中は無制限 7,650円 5Gギガライト 出典: 5Gギガライトは、0GB~7GBまでのデータ利用量に合わせて月額料金が変動する段階制プランです。 5Gギガライトではデータ利用量が7Gを超えた場合、通信速度は最大128kbpsに制限されます。 この速度制限は現行の「ギガライト」と同じです。 5Gギガホがヘビーユーザー向けの料金プランであるのに対して、5Gギガホライトは必要最低限のネット利用しかしない、月額料金を節約したいというライトユーザーにおすすめのプランです。 料金は以下の表の通りです。 通話オプション ここからは、ドコモの料金プランにおける通話オプションについて解説します。 ドコモの端末では家族間通話が無料になっていますが、その他オプションについても説明していきます。 自分がどれくらい通話を利用するかによって加入するオプションを決めましょう。 普段はLINEなどのSNSを使用するので通話はほとんど使わないという方はオプションに加入しなくても良いでしょうし、仕事で1回5分以上の通話をすることが多い方はかけ放題オプションに入ったほうが良いかもしれません。 5Gギガホで利用できる通話オプションと、現行のギガホ・ギガライトで利用できる通話オプションは以下の表の通りです。 オプション名 料金 オプション内容 オプション加入なし 0円 通話30秒につき20円 5分通話無料オプション 700円 1回5分以内の通話:無料 5分を超えた通話分については30秒20円 かけ放題オプション 1,700円 国内通話無料.

次の