エマ ヘミング。 デミ・ムーア、“父”としてのブルース・ウィリス称賛

エマヘミング、ブルースウィリス

エマ ヘミング

ブルースとデミは87年に結婚し3児を授かるが、2000年に離婚。 だがデミがアシュトン・カッチャーと結婚し、自身が09年にエマ・ヘミングと再婚して1児を授かり、さらにデミがアシュトンと離婚したあとも、常にブルースはデミを気遣ってきた。 しかし、自身にとって5人目となる子どもの誕生を控え幸せの絶頂にいるはずのブルースも、さすがにデミには辟易しているという。 「ブルースはいまでもデミを愛していますが、あまりに手がかかりすぎるんです。 世界で一番と言っても過言ではないでしょう。 デミがアシュトンとの離婚でつらかった時も、デミから毎日のようにかかってくる電話に嫌な顔もせずに対応し、私生活やキャリアに至るまでアドバイスをしていたんです。 まるで親が子どもに与える無償の愛とでも言った感じでした」 「幸せな生活を送っているブルースに対し、デミはアシュトンとの離婚で精神不安定になってリハビリに入り、辛酸をなめてきました。 いまは27歳のロッカー、ショーン・フライデーと交際していると言われていますが、早くも関係は不安定なんです。 だからブルースは、デミを気の毒に思い、毎日6通以上くるどんなにくだらない些細なメールにもすべて対応してきました。 しかしある日の深夜に、『明日の夕飯のご飯はなににしたらいいかしら』というメールがあった時は、さすがのブルースも返事をせずに携帯の電源を切ったようです」とナショナル・エンクワイラー紙に語っている。 その後の対応は不明だが、やめるように言わずに電源を切るだけのブルースは、やはりかなりのフェミニストと言えそうだ。

次の

エマヘミング、ブルースウィリス

エマ ヘミング

もくじ• ブルース・ウィリスさんのプロフィール 出典: ウォルター・ブルース・ウィリスさんは1955年3月19日にドイツで生まれました。 父・デイヴィッド アメリカ 母・マレーネ ドイツ人 の家庭で、ウィリスさんは4番目 三男 の子供として生まれ、父は兵士として過ごしニュージャージーで育ちました。 意外な事に高校生時代は 「吃音」に悩まされていたらしく、解消のために演劇部や生徒会長として過ごすうちに 吃音は解消されたそうです。 高校卒業後は発電所の警備員や輸送業者、工場労働者として社会人生活を送りました。 私立探偵をした後に大学へ進み、大学の演劇部に所属するものの3年で中退しました。 女優のデミ・ムーアと結婚 出典: ふたりは 1987年11月21日に結婚し、3人の子宝に恵まれました。 1988年8月16日生まれ:ルーマー・ウィリス 1991年7月20日生まれ:スカウト・ラルー・ウィリス 1994年2月3日生まれ:タルーラ・ベル・ウィリス 2000年に離婚しますが、現在でもムーアさんや娘との交流は続いているようでした。 離婚について周囲の関係者は次のように語っていました。 「ブルースはいまでもデミを愛していますが、あまりに手がかかりすぎるんです。 世界で一番と言っても過言ではないでしょう。 デミがアシュトンとの離婚でつらかった時も、デミから毎日のようにかかってくる電話に嫌な顔もせずに対応し、私生活やキャリアに至るまでアドバイスをしていたんです。 まるで親が子どもに与える無償の愛とでも言った感じでした」 引用: ありがちな浮気や暴力などではなく、余りに手が掛かり過ぎて困っていたと言う理由が 優しい性格のウィリスさんらしくてホッとしました! エマ・ヘミングと再婚 出典: ちなみに 「イピカイエ」とはカウボーイ特有の雄叫びの言葉だそうです。 ウィリスさんのイメージは完全に定着し、 世界的スターへと駆け上がりました! 還暦を過ぎた現在も大活躍中 出典: 63才になったウィリスさんですが、ますます俳優としての活動は盛んになっています。 日本では「ダイ・ハード」や「アルマゲドン」のイメージが強いですが、アメリカやヨーロッパでは毎年の様に新作の映画が公開されていました。 すると、今年の2月28日に「ザ・トゥナイト・ショー」に出演しコメントしました。 ダイ・ハード6の製作は依然進行していることを明言。 新作が実現するのかと尋ねられた際、ウィリス氏は「脚本を読むためにカリフォルニアに向かうところなんだ」「だから実現すると思うよ」と答えた。 引用:NBC 「」 その後、 映画「ダイ・ハード6」のタイトルが「マクレーン」に決まったそうです。 公開時期はまだ未定ですが、1日も早いロードショーが楽しみですよね! 5人目の子供が産まれ、次は男の子を希望 出典: 2014年5月にエマさんとの間に次女 エヴェリン さんが産まれ、ウィリスさんの子供は前妻・ムーアさんとの子供3人と合わせて5人とも女性と言う事になりました。 「いつかは息子が欲しいね。 でも、今は満足しているよ」 「一般的に言って、すべてのことを女性が管理すべきだと思うね。 女性の方が男性よりもずっと頭がいいから、国のトップも女性であるべきだ。 息子が5人いようとも、この意見は変わらないよ」と女性を高く評価していました。 引用: お孫さんでは無く、 自分の息子として欲しいと言うところにパワフルさを感じました。 ウィリスさんの活動ぶりを見ると、 念願の息子を授かる夢もすぐ叶いそうですよね!.

次の

ブルース・ウィリスの結婚や妻、子供は?娘も女優?

エマ ヘミング

受賞 『』 『』 『こちらブルームーン探偵社』 『』『』『』 『』 その他の賞 ウォルター・ブルース・ウィリス( Walter Bruce Willis, - )は、生まれのアメリカ人俳優であり、プロデューサー、ミュージシャンでもある。 彼のキャリアは1980年代から始まり、それ以来コメディ、ドラマ、アクションといったジャンルで、テレビと映画の両方で活躍している。 『』シリーズの主人公役でよく知られている。 他にも60作品以上に出演し、『』(1994年)、『』(1995年)、『』(1997年)、『』(1998年)、『』(1999年)、『』(2000年)、『』(2005年)、『』(2006年)、『』(2010年)のように興行的成功を収めた作品も多い。 彼は2度とを受賞し、4度にノミネートされた。 ウィリスはと結婚し、2000年に別れるまでに3人の子供をもうけた。 現在はモデルのと結婚しており、1人の娘が生まれた。。 身長182cm。 語呂の都合から「ブルース・ウィ ルス」と誤記載・誤称されることが多い。 やといった著名な映画解説者が「ブルース・ウィ ルス」と誤称することが多かった他、多くの映画関連雑誌などでも「ブルース・ウィ ルス」と誤記載することがあった。 現在はそのような誤記載・誤称は減ったが、現在でも語呂の都合から間違う者は多い。 生い立ち [ ] ウィリスはので生まれる。 彼の母親マレーネ・Kはであり、近郊のの出身。 父親のデイヴィッド・アンドリュー・ウィリスはでアイダホ州南東部のの家庭に生まれた。 父親はイングランドのほかに、、、の血を引いている。 ウィリスは4人目の子供であり、姉のフィレンツェ、兄のデイヴィッド、そして2001年に42歳でによって死亡した兄のロバートがいた。 ウィリスの父親は1957年に除隊すると家族を連れてに引っ越した。 母親は銀行で働き、父親は溶接工のマスター・メカニックと工場労働者になった。 ウィリスはに通った。 彼はここでに悩まされる。 だがステージの上で自分自身を表現すると吃音はすぐに消えた。 ウィリスはその後もステージで演じ続け、高校では演劇部に所属、長も務めた。 高校卒業後、ウィリスは で警備員として働いた。 他にもので輸送業者や工場労働もした。 として働いた後(彼はテレビシリーズ『』と1991年の映画『』で私立探偵役を演じる)俳優として活動した。 の演劇部に入り、クラスで戯曲『』を演じた。 ウィリスは3年生で大学を中退するとニューヨーク市に移り住んだ。 いくつかのオーディションを受けた後、の Heaven and Earth でデビューを果たす。 彼は Fool for Love によく出演して経験を積んだ上、のコマーシャルにも出演した。 キャリア [ ] キャリアの始まり [ ] 1989年、でのウィリス オーディションを受けるため、ウィリスはニューヨークを離れてカリフォルニアに渡った。 1984年、テレビシリーズ『』の「地対空ミサイル強奪! 武器密輸ルートを追え」に出演した。 その後主演『』(1985年 - 89年)のデビッド・アディスン・ジュニア役のオーディションを受けて3000人の候補者の中から選ばれた。 このシリーズはシーズン5まで続き、彼はコメディ役者としての地位を確立する。 1987年、の作品『』で、 と共演する。 エドワーズ監督は『』(1988年)でウィリスを再び起用する。 このとき彼は実在のカウボーイ役だった。 さらにその後『』(1988年)に出演し、彼が予期しなかったほどのスターとなる。 この映画の中ではほとんどなし で演じた。 世界興行収入は140,767,956ドルを記録した。 1980年代後半にはウィリスはとしてある程度の成功をおさめた。 1990年代 [ ] 『』の役で成功したウィリスは続編である『』(1990年)と『』(1995年)にも出演した。 この『ダイ・ハード』3部作は全世界で7億ドルを超える興行収入を得て、ウィリスはハリウッドの人気スターになった。 、ウィリスは『』や『』といった主演映画の赤字に苦しんだ。 他にも『』は批評家たちに酷評されたが高評価も受け、この映画は1995年のアメリカで最もレンタルされている映画トップ20にランクインした。 1994年、彼はの『』で絶賛される。 これが新たな弾みとなり、1996年の Bruno the Kid でエグゼクティブ・プロデューサーを務め、自らをで表現した。 『』(1995年)と『』では世界を救う男を演じた。 90年代後半には『』や『』、『』に出演するもさほど評判にはならなかった。 1998年の監督作品『』は世界的に大ヒットし、同年、のゲーム『』に主人公の外見と声の出演をした。 1999年の監督作品『』は興行的に成功しただけでなく、ウィリスの演技力も高い評価を受けた。 2000年代 - 2010年代 [ ] 2002年のウィリス 2000年、ウィリスは『』への出演によって ゲスト男優賞コメディ部門を受賞した(彼はこのドラマの中でのはるか年下のガールフレンドの父親を演じた)。 2001年にも『フレンズ』でアメリカンコメディ賞(シリーズにおかしな男の役でゲスト出演した)にノミネートされた。 また、『』(2001年)にテリー・ベネディクト役で出演予定だったがアルバムのレコーディングのために断った。 その後『』(2004年)に本人役でを果たしている。 2007年、『』の『』にのミュータント兵士役で出演した。 ウィリスはこの作品で『』に続き監督とタッグを組んだ。 ウィリスは何度かアメリカの人気テレビ番組「」に登場した。 またこれまでにといくつかの映画で共演している(『』、『』、『』、『』)。 他にも娘であると『』で共演した。 でのウィリス 2007年には主演の『』と、犯罪ドラマ映画でが出演している『』に登場した。 そして『』で再びに扮した。 最近では『』や同名コミックが原作の 『』で姿を見せている。 ウィリスは2010年2月の監督作品『』でと共に盗まれた野球選手のカードを追う刑事を演じた。 また、の「スタイロ」のミュージック・ビデオにも出演した。 同年には『』で、80年代を代表するアクションスターであるととの共演を果たした。 この3人が共演するのはこのときが初めてである。 共演シーンは短かったものの、そのシーンは映画の見所として期待されていた。 3人は2009年の10月24日に空の教会でこのシーンの撮影をした。 最近の出演作品で有名なものの中に『』がある。 同名コミック・ミニシリーズの映画化作品である。 2010年に公開されたこの映画で彼はフランク・モーゼズ役を演じた。 『』では、、と共演した。 監督は、撮影はで行われた。 また、『』(2012年)にも出演した。 SFアクション映画『』(2012年)ではと共演しゴードン=レヴィットが演じたキャラクター、ジョーの未来を演じた。 ウィリスは監督作品『』でと共演した。 主演は。 他にもやが出演する『』に登場。 が監督を務めている。 この映画はラスベガスのカクテルウェイトレスが一流のギャンブラーになる物語である。 この2作品の配給はとなっている。 2011年10月12日に『ダイ・ハード』シリーズの続編『』の制作が発表された。 2013年2月14日(バレンタインデー)にアメリカと日本で公開となった。 この作品はシリーズの5作目である。 事業活動 [ ] ロサンゼルスに不動産を所有し、ニューヨーク市のの一室を借りている。 また、の家、の牧場、のにある海岸の家が有名である。 2000年に、ビジネス・パートナーのアーノルド・リフキンと共にと呼ばれる映画制作会社を始めた。 彼は、『ダイ・ハード4. 0』の後に会社を去り、リフキンに任せている。 他にも、でいくつかの小さな事業を行っている。 その中には、ミント・バーやリバティ・シアター、俳優の、と共同経営のが含まれている。 2009年、フランスの会社ベルヴェイダーのソビエスキー・ウォッカの3. 私生活 [ ] や、、を演技の手本にしている。 結婚と家族 [ ] 1989年、でのデミ・ムーアとブルース・ウィリス 映画『』のプレミアで、女優のと出会う。 2人は1987年11月21日に結婚し、2000年10月18日までに(1988年8月16日生)、スカウト・ラルー・ウィリス(1991年7月20日生)、タルーラ・ベル・ウィリス(1994年2月3日生)の3人の娘をもうけた。 2人の離婚の理由についてウィリスは、「自分が父親や夫としての役割を果たしていなかった」と述べている。 離婚後、ムーアはと再婚した。 ウィリスも、2人の結婚式に出席した。 2009年3月21日にでと再婚。 ムーアとカッチャー、3人の娘もゲストとして招かれた。 しかし、この式典は公式なものではないため、6日後にで正式に結婚式を挙げた。 2012年に娘が生まれ、マーベル・レイ・ウィリスと名付けている。 軍隊との関係 [ ] ウィリスは『』や『』、『』、『』といった映画で軍人を演じている。 軍人の家で育ったウィリスはアメリカ軍のためにガール・スカウト・クッキーの販売に公式に協力している。 2002年、ウィリスの末娘タルーラは、ウィリスが軍隊に送るためにクッキーを購入したという趣旨の発言をした。 ウィリスは12,000箱のクッキーを購入しそれらはに贈られ、そこから中東全域の部隊に配布された。 また2003年、ウィリスはのツアーの一環としてを訪れ、彼のバンド「The Accelerators」と共に歌を歌った。 日本に関すること [ ] 日本ではCMに出演。 1991年にのムーバ(アナログムーバ)の初代イメージキャラクターや、の「じゅわいよ・くちゅーるマキ」のイメージキャラクター、の初代イメージキャラクターに起用された。 2005年に同車が累計生産台数300万台を突破した際にはイメージキャラクターに再起用され(4代目)、「レガシィを祝福するために、ブルースが帰ってきた」とのが添えられた。 古くは『ダイ・ハード』の屋上ジャンプシーンを連想させるポストウォーターのCM(デミ・ムーアが共演)に出演し、2000年にはの缶コーヒーのCMに半年間出演した(吹き替えは)。 『アルマゲドン』のヒット時にはのCMにも出演していた(吹き替えは)。 2011年にはのCM(本CMに出演しているがブルースの声を吹き替えるシーンがある)、2014年にはのコーワパワードコーヒーのCMにそれぞれ出演した。 2020年にはのCMに出演し、に扮した (吹き替えは )。 日本語版の吹き替えは(媒体を問わず多くの作品で担当)、(主に『』放映時、『』では劇場用の吹替を担当)、(『』放映時)、(主にディズニー配給作品)、(近年の映像ソフトで担当)が主に務めている。 というものまねタレントが存在する。 44 メル 樋浦勉 2012 Moonrise Kingdom シャープ保安官 中村秀利 Lay the Favorite ディンク・ハイモウィッツ 石原辰己 The Expendables 2 ミスター・チャーチ 綿引勝彦 The Cold Light of Day マーティン Looper 未来のジョー 中村秀利 Fire with Fire マイク・セラ 2013 A Good Day to Die Hard ジョン・マクレーン 中村秀利(劇場公開版) 樋浦勉(版) G. 武器密輸ルートを追え」 1985 The Twilight Zone ピーター・ジェイ・ノヴィンス 第1シーズン第1話「動揺日」 1985 - 89 Moonlighting デビッド・アディスン・ジュニア 計66話出演 1996 - 97 Bruno the Kid Bruno the Kid 声の出演 1997 Mad About You 健忘症患者 第5シーズン第24話「The Birth Part 2」 1999 Ally McBeal ドクター・ニックル 第2シーズン第12話「愛の賞味期限」 大塚明夫 2000 Friends ポール・スティーヴンス 計3話出演 磯部勉 2005 That '70s Show ヴィック 第8シーズン第4話「Misfire」 2013 Top Gear 車の試乗者 第19シーズン第4話 2019 The Orville グライデン 声の出演 第2シーズン第7話 プロデューサー [ ] プロデューサー 年代 題名 備考 2002 The Crocodile Hunter: Collision Course プロデューサー 2007 The Hip Hop Project エグゼクティヴ・プロデューサー 受賞と栄誉 [ ] ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームのスター ウィリスはテレビと映画の功績によって数々の賞を受賞している。 「」は『』(1994年)における彼のパフォーマンスを映画史上最もセクシーなシーンであるとした。 2000年、ウィリスは『』でエミー賞ゲスト出演賞テレビ部門を受賞した。 2002年2月、ウィリスはのによるを受賞する。 大学によれば、この賞はエンターテインメントの世界に長らく残るであろう印象的な演技に贈られるものである。 さらに2002年、ウィリスは大統領に、里親に預けられた子供たちの国際的スポークスマンに任命される。 2006年4月、は映画業界に対するウィリスの貢献を称えた。 2006年10月16日、ウィリスはに名前を埋め込まれる。 場所は 6915 Hollywood Blvd にあり彼は2,321番目に名前を加えたスターである。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2015年11月20日時点のよりアーカイブ。 2016年2月16日閲覧。 BBC News. 2005年8月8日. 2009年5月9日閲覧。 Daily Mail UK. 2009年5月9日閲覧。 Archerd, Army. 2003-12-11. Variety. Retrieved on November 14, 2011. Variety 2001年7月1日. 2011年6月23日閲覧。 The Daily Show. Comedy Central. 2007年6月26日放送. The Washington Post. 2009年5月9日閲覧。 - (英語)• Bruce Willis Biography. 2009年10月25日時点のよりアーカイブ。 2009年5月9日閲覧。 2009年5月9日閲覧。 2009年5月9日閲覧。 Filmreference. 2009年5月9日閲覧。 Walk, Gary Eng 1998年12月4日. Entertainment Weekly. 2009年5月9日閲覧。 The Los Angeles Times. 2000年9月11日. 2009年5月9日閲覧。 Rohan, Virginia 2004年6月28日. Registration required. The Record. の2012年11月4日時点におけるアーカイブ。 2009年5月9日閲覧。 Fleming, Michael; Tatiana Siegel 2007年11月18日. Variety. 2009年5月9日閲覧。 2009年5月9日閲覧。 ' '. 2009年3月2日閲覧。 Boston Globe. Providence, R. 2011年3月24日. 2011年4月6日閲覧. "Steven Feinberg, executive director for the Rhode Island Film and Television Office, says on-site work on the film, 'Moonrise Kingdom,' is scheduled to begin this spring. Feinberg says the film will be shot in several locations in Rhode Island. Anderton, Ethan 2011年5月5日. Firstshowing. net. Variety. 2011年5月6日閲覧. "Now Variety reports that for some reason, the two will team-up again for an indie drama called Fire with Fire. Bettinger, Brendan 2011年5月5日. Collider. com. 2011年5月6日閲覧. "Vince Vaughn will join Rebecca Hall, Bruce Willis, and Catherine Zeta-Jones in the gambling drama Lay the Favorite. Yahoo! News 2011年10月12日. 2011年11月29日閲覧。 SoFeminine. 2009年5月10日閲覧。 Fleming, Michael 2002年11月12日. Registration required. Variety. 2009年5月10日閲覧。 [ ]• Martinson, Jane; Vikram Dodd 1999年8月18日. The Guardian London. 2009年5月10日閲覧。 Baubeau, Amelie and David Kesmodel 2009年12月23日. The Wall Street Journal. biography. com. 2010年6月3日時点のよりアーカイブ。 2010年6月7日閲覧。 People. 2012年4月2日. 2012年4月2日閲覧。 しらべえ. 2020年3月22日. 2020年3月22日閲覧。 ソフトバンク. 2020年3月22日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語).

次の