ツインレイ 子宮。 ツインレイ女性が子宮を癒す必要がある理由|心のままに生きる Kaoriのブログ

【Twinray】 ツインレイ♔ゼロ距離

ツインレイ 子宮

Contents• 執着という感情エネルギー 執着とは、ひとつのことや人に囚われて離れられないこと、を意味します。 ひとつのことに夢中になる。 誰かを一心に愛する。 それは言うまでもなく、素晴らしいことです。 それは執着ではなく、その物事や人に対する「愛」です。 では、それがどんな時、執着に変わるのか? それは、そこに「囚われ」と「条件」、そして「依存」が生じた時です。 その人がいなければ満たされない その人から期待通りの反応がないと枯渇を感じる その人を思い通りにしたくなる もしこのいずれかの感覚があるなら、それは純粋な愛ではなく執着かもしれません。 その場合、たとえツインレイという唯一無二の関係性 であっても、二人の間に流れるエネルギー波動はとても重くなり、自分にも相手にもそれが足かせとなっていきます。 執着という感情エネルギーは、その深い思いとは裏腹に、その対象との距離を遠ざけてしまうのです。 ツインレイの真実の愛と執着の違い ツインレイの関係性を育んでいくためには、「無条件の愛」が必要とよく言われます。 この世の通常の恋愛や婚姻関係には、だいたいの場合「条件」が付きます。 相手がいつも自分をかまってくれる 経済的に支えてくれる 自分だけを見ていてくれる いつも愛の言葉を投げかけてくれる 親や世間が認めてくれる 学歴、職業、住まい、財力、、、 数え上げればキリがないほど、私たちは無意識のうちにも、相手に様々な「条件」を求めています。 もしもその条件が満たされないと相手を愛せないなら、それは裏を返せば、その条件を満たす相手へ執着していることになります。 しかし、ツインレイの関係性の場合、上記のような「条件」がほとんど当てはまりません。 実際、私自身も含め、私がセッションを通じて出会ったツインレイ女性たちほとんどが口にするのは、 「相手が素っ気ない」 「まったくチヤホヤしてくれない」 「愛情をなかなか言葉にしてくれない」 ということです。 それでもなお、無条件に相手を愛することができるかどうか。 相手の状況関係なく、いつも自分で自分を満たすことができるかどうか。 それがツインレイの真実の愛を問われるポイントであり、真の自立にもつながるものです。 ツインレイが執着を手放すために 執着を手放すということは、一瞬相手を失う恐怖にかられるかもしれません。 私が行動し続けなければ、諦めてしまえば、彼とのつながりが絶えてしまうのではないか? 相手を愛すれば愛するほど、そう考えるのは自然なことです。 私自身も何度もそう考えて、1年以上、相手からの反応が全くない状態で連絡を取り続けました。 そのことを後悔はしていません。 むしろ、とことん自分の想いに正直に動いたからこそ、結果的に「手放すことができた」と思っています。 それは、相手への愛を失うことでも、諦めることでも、忘れることでもありません。 彼が今どんな状態でも、自分のことをどう感じているとしても、関係なく私はずっと愛していける。 ただただ元気で、幸せでいてほしい。 そう心底思えた時、手放すことができたのです。 「手放せた」 その手放しの感覚は今でもはっきりと覚えています。 8か月の間連絡することを止め、時を待った上で、ようやく決心して送ったメールが、届かず返ってきてしまったのです。 メールアドレスが変わってる。。。 もう連絡が取れない。。。 絶望にも近い気持ちでいた時、スマホを買い替えたタイミングで偶然LINEがつながりました。 LINEを送ろうかどうか。 1か月ほど迷った末に、何度も文章を考えては入力しかけました。 書いては消して、書いては消して、、、。 そしてついにそれを送ろうとしたある日、ふと力が抜けたのです。 「彼が幸せでいてくれたらそれでいい」 私は1か月以上繰り返し考えに考えた、そのメッセージを全消去しました。 その瞬間、私はようやく、相手への執着を手放すことが出来たのです。 その時感じた、深い愛の感覚。 そしてとてもスッキリとした、爽やかで清らかな感覚は今でも覚えています。 彼がいなくても、私は十分幸せでした。 とても満たされていました。 まとめ 執着を手放すと、その重い波動を手放した分、本来の愛の莫大なエネルギーが自分の元へ戻ってきます。 前述で私が体験したことは、まさにそれでした。 その分取り戻した本来の私の愛のエネルギーで、その約1か月後、奇跡の再会を果たすことができたのです。 執着を手放せた瞬間は、私が私自身の愛で自分を満たせた瞬間でもありました。 彼と会えなくても、連絡が来なくても、私は幸せ。 私はいつでも私を満たすことができる。 彼を追いかけ続けた2年間は、この境地を得るために必要な時間であったことは間違いありません。 出会えたこと、相手の存在そのものが宝。 心底そう思えた時、執着という重い感情エネルギーが消え、波動が上がり、結果誰よりも自分自身への愛のエネルギーを取り戻し、相手との距離が一気に縮まっていくことになります。

次の

男性ツインレイと女性の性の浄化

ツインレイ 子宮

Contents• スピリットメイト(ツインレイ)の探し方。 女性が統合されたときに女性が見つける どうやって出会うの? どこで出会う事ができるの? そう考えている人も 多いかもしれない。 でも、「出会い方」なんてない。 ここに行けばいい、なんてない。 出会う道しるべは 全て自分の内側にある。 男性が「探してくれる」わけじゃない。 それも逆。 白馬の王子様とかが 現れるわけじゃない。 女性が自分の内側を 丁寧に、丁寧に整えて 内側の溢れる泉を 受け止める事が出来た時に その泉とともに その泉の中に 出会う方法が隠されている。 でも 「これだ」と泉は教えてくれない。 全ての泉を丁寧に拾い上げた時 そこにたどり着く。 それは難しいことではなく 全ての女性に 直感、映像、体感覚、言葉として 日常的に起きている。 思考なのか 繋がった声なのか 常に丁寧に見極めよ。 ここにしか答えがない。 2件行きたい場所があったのだけど 2件とも休みで。 おかしいな、珍しいな。 そう思っていたら ふと立ち寄った天然石屋のお兄さんが 「甘縄神社、行った方がいいですよ」 と言ってきた。 整っているけど 誰もいない神社(この前も似たようなことがあったような?) 軽い登山をして頂上目指したら 2匹の蛇が絡み合って 一つの木になっているような ご神木があった。 その帰り道。 RADWIMPSの君の名はが聞きたくなり 音を掛けた瞬間から 鳥肌が止まらなくなって 一緒にいた友人と 全く同じタイミングで 30分以上鳥肌が止まらなくて 頭に浮かんだ言葉を伝えあった。 分かってたけど改めて確信して。 昨日の鳥肌中に頭に来たメッセージを ただ今日は書いてみた。 あなたの心が心地よければ それはあなたにとっての真実。 出会いたい人、整えたい人はこれで準備して! 今日の記事は宣伝しようとおもって 書いたわけじゃないんだけど AMATERASUとSEORITSUシリーズは 自分の内側の統合を サポートしてくれるから。 このために わたし、作ったみたいだから リンクも貼っておく。 見つけられたら それから整えるじゃ遅いよ。 女性は細かく、細かく、細かく 内側の声を拾ってあげてね ちなみにね スピリットメイトに対応する石は ブラックオブシディアンだよ。 ピンと来た人は いつも持ち歩いておくといいよ。 ulu ウル ショップURL お友達登録して頂いた方に 5%オフクーポンを発行しています。 子宮クリスタルヒーリング(性エネルギー)&女性性解放個人セッション 自分の女性性を解放したい。 まだ見ぬ自分のカラダの可能性をみてみたい 自分のカラダを愛おしく感じれるようになりたい。 そう感じている方 激動の2020年の幕開けから まずは一緒に解放してしまおう。 に登録していただくと、更新の通知が届きます。 「うるおうカラダのつくりかた」では今ほとんど知られていない、女性のカラダのこと スピリチュアリティについて切り込んだ情報を発信していきます。 最新情報はこちらでチェック.

次の

ツインレイ男性の愛は深く広い!?ツイン男性の愛の特徴・愛情表現・愛を受け取る方法

ツインレイ 子宮

Contents• 執着という感情エネルギー 執着とは、ひとつのことや人に囚われて離れられないこと、を意味します。 ひとつのことに夢中になる。 誰かを一心に愛する。 それは言うまでもなく、素晴らしいことです。 それは執着ではなく、その物事や人に対する「愛」です。 では、それがどんな時、執着に変わるのか? それは、そこに「囚われ」と「条件」、そして「依存」が生じた時です。 その人がいなければ満たされない その人から期待通りの反応がないと枯渇を感じる その人を思い通りにしたくなる もしこのいずれかの感覚があるなら、それは純粋な愛ではなく執着かもしれません。 その場合、たとえツインレイという唯一無二の関係性 であっても、二人の間に流れるエネルギー波動はとても重くなり、自分にも相手にもそれが足かせとなっていきます。 執着という感情エネルギーは、その深い思いとは裏腹に、その対象との距離を遠ざけてしまうのです。 ツインレイの真実の愛と執着の違い ツインレイの関係性を育んでいくためには、「無条件の愛」が必要とよく言われます。 この世の通常の恋愛や婚姻関係には、だいたいの場合「条件」が付きます。 相手がいつも自分をかまってくれる 経済的に支えてくれる 自分だけを見ていてくれる いつも愛の言葉を投げかけてくれる 親や世間が認めてくれる 学歴、職業、住まい、財力、、、 数え上げればキリがないほど、私たちは無意識のうちにも、相手に様々な「条件」を求めています。 もしもその条件が満たされないと相手を愛せないなら、それは裏を返せば、その条件を満たす相手へ執着していることになります。 しかし、ツインレイの関係性の場合、上記のような「条件」がほとんど当てはまりません。 実際、私自身も含め、私がセッションを通じて出会ったツインレイ女性たちほとんどが口にするのは、 「相手が素っ気ない」 「まったくチヤホヤしてくれない」 「愛情をなかなか言葉にしてくれない」 ということです。 それでもなお、無条件に相手を愛することができるかどうか。 相手の状況関係なく、いつも自分で自分を満たすことができるかどうか。 それがツインレイの真実の愛を問われるポイントであり、真の自立にもつながるものです。 ツインレイが執着を手放すために 執着を手放すということは、一瞬相手を失う恐怖にかられるかもしれません。 私が行動し続けなければ、諦めてしまえば、彼とのつながりが絶えてしまうのではないか? 相手を愛すれば愛するほど、そう考えるのは自然なことです。 私自身も何度もそう考えて、1年以上、相手からの反応が全くない状態で連絡を取り続けました。 そのことを後悔はしていません。 むしろ、とことん自分の想いに正直に動いたからこそ、結果的に「手放すことができた」と思っています。 それは、相手への愛を失うことでも、諦めることでも、忘れることでもありません。 彼が今どんな状態でも、自分のことをどう感じているとしても、関係なく私はずっと愛していける。 ただただ元気で、幸せでいてほしい。 そう心底思えた時、手放すことができたのです。 「手放せた」 その手放しの感覚は今でもはっきりと覚えています。 8か月の間連絡することを止め、時を待った上で、ようやく決心して送ったメールが、届かず返ってきてしまったのです。 メールアドレスが変わってる。。。 もう連絡が取れない。。。 絶望にも近い気持ちでいた時、スマホを買い替えたタイミングで偶然LINEがつながりました。 LINEを送ろうかどうか。 1か月ほど迷った末に、何度も文章を考えては入力しかけました。 書いては消して、書いては消して、、、。 そしてついにそれを送ろうとしたある日、ふと力が抜けたのです。 「彼が幸せでいてくれたらそれでいい」 私は1か月以上繰り返し考えに考えた、そのメッセージを全消去しました。 その瞬間、私はようやく、相手への執着を手放すことが出来たのです。 その時感じた、深い愛の感覚。 そしてとてもスッキリとした、爽やかで清らかな感覚は今でも覚えています。 彼がいなくても、私は十分幸せでした。 とても満たされていました。 まとめ 執着を手放すと、その重い波動を手放した分、本来の愛の莫大なエネルギーが自分の元へ戻ってきます。 前述で私が体験したことは、まさにそれでした。 その分取り戻した本来の私の愛のエネルギーで、その約1か月後、奇跡の再会を果たすことができたのです。 執着を手放せた瞬間は、私が私自身の愛で自分を満たせた瞬間でもありました。 彼と会えなくても、連絡が来なくても、私は幸せ。 私はいつでも私を満たすことができる。 彼を追いかけ続けた2年間は、この境地を得るために必要な時間であったことは間違いありません。 出会えたこと、相手の存在そのものが宝。 心底そう思えた時、執着という重い感情エネルギーが消え、波動が上がり、結果誰よりも自分自身への愛のエネルギーを取り戻し、相手との距離が一気に縮まっていくことになります。

次の