木更津 キャッツ アイ 映画。 映画『木更津キャッツアイ』初のBlu

【映画】にゃー!映画「木更津キャッツアイ」初のBlu

木更津 キャッツ アイ 映画

TVシリーズを観てない人にとってはつまらない映画なのでしょう。 それならば、映画の宣伝でもそのように書いておいて欲しいと思う。 脚本が今をときめくクドカンなので、TVを知らなくても笑える小ネタは多いのだが、10~20代の人たちと映画を観たら場違いなことに気づく。 「普通笑えないでしょ、こんなシーン」という所ばかりで笑い声が起こる。 全体のストーリーとしては内村、薬師丸のエピソードが核なのだが、それ以外はお笑い番組のコント集のようだ。 つまりテレビのお笑い番組を映画館で観ただけ!というお粗末な結果となった。 率直な意見としては、純粋な映画ファンにケンカを売っている映画と言えようか。 また、小ネタ自体も毒のあるものが多く、これをマトモだと共感する若者が出現しないことを祈るばかりだ。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」ネタバレ!あらすじや最後結末は?

木更津 キャッツ アイ 映画

あらすじ [ ] ぶっさんが死んで3年後。 バンビ以外は木更津を去りそれぞれ違う生活をしていた。 そんなある日バンビはぶっさんの声を聞き、久しぶりにアニやマスターに会いに行く。 そして3人でぶっさんをよみがえらせようとぶっさんらしき声のいうとおりに何かをし始める。 それをつくりあげて、突然爆発が起き、3人はぶっさん復活を期待したが自衛隊訓練所から脱走してきたうっちーとゾンビ軍団であった。 当然脱走したうっちーを捕まえに教官の杉本文子がやってきてゾンビ達の提案で負けたらうっちーとバンビら3人が自衛隊になることを条件に野球で対決することになる。 うっちー以外の3人は落胆しながらグラウンドの整備をしているとそこにはなぜか復活しているぶっさんとオジーがいた。 果たして4人はぶっさんに3年前に言えなかった「ばいばい」を言えるのか。 登場人物 [ ] TVドラマ・日本シリーズにも登場した配役(レギュラー) [ ] 本稿では、ワールドシリーズに特化した内容のみ記載する。 詳細は、参照 田渕公平(たぶち こうへい) 演 - 通称ぶっさん。 既に故人であり、したため、衣装はTVドラマと共通。 中込フトシ(なかごみ フトシ) 演 - 通称バンビ。 大学を卒業し、木更津市役所職員である(後に辞職)。 現在、実質的なキャッツのリーダー的存在。 内山はじめ(うちやま はじめ) 演 - 通称うっちー。 ひょんな理由により、員である。 自衛隊での厳しい訓練でこれまでのキャラから普通に喋れるようになった。 や私服で登場するシーンは、数シーンのみ。 岡林シンゴ(おかばやし シンゴ) 演 - 通称マスター。 3年前のことが原因でセツ子と離婚し、単身で「2号店」というの屋台を出店。 佐々木兆(ささき きざし) 演 - 通称アニ。 自称「関連」だが、実際はでTVゲームや通いするアキバ。 モー子 演 - バンビと破局し、猫田と結婚している。 前作では27年後(2033年)にはバンビと2人で「野球狂の詩」を訪れている。 猫田カヲル(ねこだ カヲル) 演 - モー子と結婚している。 山口(やまぐち) 演 - 猫田とモー子の結婚式では、のモノマネで司会を行った。 その一方、モノマネ教室講師はに譲っている。 日本シリーズでは韓国パブ「イチ2のサンチュッ」を開店したが、今作では多数の事業を行う。 旧「野球狂の詩」は「OZZY'S」に、旧「男の勲章」は「STARPUNCH COFFEE」に、旧「イチ2のサンチュッ」はロシアンパブ「プーチンチン」としてオープンしている。 男の勲章・店長 演 - 「STARPUNCH COFFEE」の店長。 竹田巡査長(たけだじゅんさちょう) 演 - 木更津市長選挙においては、神取にするか美礼にするか投票所に入っても悩み続け、選挙管理委員を呆れさせる。 ミー子 演 - 彼氏のうっちーが自衛隊員になったため、破局に近い状態になってうっちーとの絡みが減っている。 「OZZY'S」で、ロシア人に混ざっても違和感がないをしている。 セツ子 演 - マスターと離婚し、マスター同様の爆発頭の男性と再婚した。 うっちーの父 演 - ミー子同様、今作ではうっちーが自衛隊員になったため、モー子の結婚式や野球シーン等数シーンの出演となっている。 オジー 演 - ぶっさん同様、黄泉がえりしている。 ローズ 演 - 「ローズねえさんのカレー屋さん」という屋台を、みまち通りで営業。 田渕公助(たぶち こうすけ) 演 - なぜか、ぶっさんの姿が見えない。 日本シリーズでは、ローズとの間に男の子・平助(演:佐光凛星)をもうけている。 野球シーンでは、の格好で登場した。 あさだ美礼(あさだ みれい) 演 - 現職の神取市長の対抗馬として、木更津市長選挙に立候補。 日本シリーズから登場した配役 [ ] 本稿では、ワールドシリーズに特化した内容のみ記載する。 詳細は、参照 ユッケ 演 - ぶっさんに先立たれたであり、バーバータブチを手伝っている。 モー子の父 演 - モー子の結婚式で、を披露した。 ワールドシリーズのみ登場した配役 [ ] 杉本文子(すぎもと あやこ) 演 - うっちーが入隊した自衛隊の鬼教官。 ドSでうっちーを残酷なほどいじめたが、徐々に恋に落ちる。 キャッツとの対決でサイクルヒットを放つほど野球の腕もある。 酒乱だが、どんなときも言うことは正論。 自衛隊隊員 演 - うっちーと共に訓練を受ける自衛隊隊員。 ゾンビ長 演 - 昔日本との野球交流戦で来日したアメリカ代表選手の一人で日系。 船が難破し大事なものを船と共に失ったため成仏できなかった。 「ようするに」が口癖で、明らかに文法がおかしい。 ミニミニオジー 演 - () オジーにそっくりなことでミニミニオジーと呼ばれ、「OZZY'S」のマスターにされた。 入院中にぶっさんと病院で知り合いラップで盛り上がった 神取一郎(かんどり いちろう) 演 - 木更津市の現職。 市営「山ほたるダンシングモール」建設を計画する。 選挙のキャッチフレーズは、『木更津アゲイン いざ選挙に「い神取」』で、ぶっさんがテープレコーダーを壊したことにより「い神取」が連呼された。 村杉(むらすぎ) 演 - 市役所職員で、バンビの先輩。 寡婦となったユッケを狙っている?。 モノマネ教室講師 演 - 山口に代わるモノマネ教室講師として登場。 公助にのモノマネを仕込まれた。 大阪の客 演 - ワンシーンのみ登場。 マスターのたこ焼きにいちゃもんをつける。 市役所職員 演 - ワンシーンのみ登場。 木更津市長選挙投票所のをしているが、ある理由により投票に来る人が少なく、暇を持て余す。 その他の出演者:、、、、、、、、、、、 釜山港死ぬ死ぬ団 登場メンバー [ ] ユッケが見ていたドラマ「港死ぬ死ぬ団」のメンバー。 らしく、「! 、ビール! 」が「! 、眞露! 」に代わっている。 また、プサンが余命について話すと、なぜか店内に雪が降る(『』のようなイメージ)。 プサン 演 - キム・チャンス ぶっさんによく似ており、やはり余命いくばくない状況。 ヴァンビン 演 - ソン・サンミン バンビによく似ており、顔立ちはと対抗できる。 アボジー 演 - チュ・ユンホ マスターによく似ているが、マスターほど爆発頭ではない。 釜山港近くの飲み屋「野球狂の詩」のマスター。 アンニ 演 - イ・サンボ アニによく似ている。 ウチー 演 - キム・ドンヒ うっちーによく似ている。 オ・ジウ 演 - 朱源実 オジーによく似ている。 とは特に関連性がない。 スタッフ [ ]• 製作 - 信国一朗、、• 脚本 -• 音楽 - 仲西臣• 音楽プロデューサー -• 主題歌 - 「」()• 企画 -• プロデューサー -• アソシエイトプロデューサー - 大岡大介、中沢敏明• ラインプロデューサー - 吉田浩二• 製作協力 - セディックインターナショナル• 配給 -• 製作 - 映画「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」製作委員会(、ジェイ・ストーム、アスミック・エース)• 監督 - 上映時間 - 131分 主題歌 [ ]• 挿入歌 「」(作詞:MCU・宮藤官九郎 作曲:MCU・、2006年10月25日発売)• エンディングテーマ 嵐「」 脚注 [ ]• - 外部リンク [ ]• (アーカイブス)• - (英語).

次の

「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」ネタバレ!あらすじや最後結末は?

木更津 キャッツ アイ 映画

岡田准一をはじめ櫻井翔、岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史と豪華キャストが集結した宮藤官九郎脚本による「木更津キャッツアイ」シリーズの映画版2作品が、復刻特典映像と共に初めてBlu-ray化されることになった。 2002年、TBS系列にて全国放映されると話題となり、いまなお熱狂的なファンを持つ青春コメディドラマ「木更津キャッツアイ」。 その映画版2作品『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』(2003)と『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』(2006)が今回、初のBlu-ray化。 映画版にもドラマと変わらぬ豪華メンバーが集結した。 Blu-ray化にあたり、以前発売されたDVDの特典映像が全て復刻。 『日本シリーズ』には170分以上、『ワールドシリーズ』には190分以上の特典映像が収録されるという豪華仕様が実現した。 映画『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』(2003) 余命半年を宣告されたぶっさんは死ぬほど元気。 野球にビールに明け暮れるいつもと変わらない毎日だが、この夏、木更津で大規模なロックフェスティバルが開催されることに。 出演アーティストの「氣志團」の推薦で、なんとキャッツのメンバーも参加が決定。 そんな折、突然みんなの前に死んだはずのオジー(古田新太)が現われ、キャッツたちは大騒ぎ。 映画『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』(2006) ぶっさんの死後3年…キャッツの残された4人、バンビ、マスター、アニ、うっちーはバラバラの生活を送っていた。 しかし、それぞれにぶっさんにちゃんと「ばいばい」を言えなかったことをずっと心に抱えたまま。 「それを作れば彼は帰ってくる…」。 その謎を解くため、4人は久しぶりに木更津に集結。 そして全く見当違いのものばかりを作り続けることに…! 果たして、ぶっさんは彼らに何を伝えようとしているのか? そして4人に襲いかかるあり得ない展開とは!? 映画『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』、映画『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』は9月11日(金)よりBlu-ray発売。 net》.

次の