シティ バンク エヌエイ。 [B! 銀行] シティバンク エヌ・エイ

シティバンク、エヌ・エイ (在日支店)

シティ バンク エヌエイ

回答者 3. 9 働きがい: システムやビジネス展開において、日々グローバルな会社組織だと感じながら、世界の経済動向に自然と敏感になり、東京に居ながらインターナショナルな雰囲気を感じながら働くことが出来ました。 評価制度は結構在籍時は変わる事もあり、それはグローバルでのプロフィットが上下している限り活かし方ないと思います。 景気が良い時に、好成績を出していると、若い人材でもそれなりの業績給を得る事も、自分の在籍中はありました。 成長・キャリア開発: 土壌は用意されているので、あとは自分自身がどこまで成長したいかだと思います。 それはどこに行っても変わらないことかも知れませんが、やはり本当のグローバル企業にいるという実感は前職の日系企業ではほとんど感じることはなかったので、大きなファクターでした。 回答者 3. 1 スピードが早い会社なので、それによって仕事が急に発生することはありますが処理能力が高い人が多かったので残業は多い会社ではありませんでした。 メリハリがあり、休む時は休むという社風です。 福利厚生が充実しており(当時は)、会社が提携している宿泊施設に泊まれたり、年に1回は1万円で普段なかなか泊まれないような旅館に泊まることもできました。 休みを利用して家族でそのような施設を利用して楽しんでいる人も多かったです。 フレックスも自由に利用できるので、体調や仕事の内容に合わせて自分で仕事時間を決めて働くことができました。 例えばアメリカと朝早く電話会議があれば、早く退社し、遅くの時間に会議があれば遅く出社するという具合です。 任された仕事は人を頼らず責任をもって1人でこなしていく必要がある分、会社に時間をコントロールされることなく、結果を出せばOKといういかにも外資の社風です。 厳しい部分がある分、逆に時間は自分でコントロールできるため、タイムマネージメントがうまく出来ればワークバランスは十分にとれる会社です。 自分次第だと思います。 有給休暇も比較的とりやすく年に2回は1週間以上の休みを取っていました。 社員のほとんどがメリハリをつけて仕事をしていました。

次の

三井不動産|「シティバンク,エヌ・エイ」、シティコープセンターのビル運営管理業務を当社に委託

シティ バンク エヌエイ

回答者 3. 9 働きがい: システムやビジネス展開において、日々グローバルな会社組織だと感じながら、世界の経済動向に自然と敏感になり、東京に居ながらインターナショナルな雰囲気を感じながら働くことが出来ました。 評価制度は結構在籍時は変わる事もあり、それはグローバルでのプロフィットが上下している限り活かし方ないと思います。 景気が良い時に、好成績を出していると、若い人材でもそれなりの業績給を得る事も、自分の在籍中はありました。 成長・キャリア開発: 土壌は用意されているので、あとは自分自身がどこまで成長したいかだと思います。 それはどこに行っても変わらないことかも知れませんが、やはり本当のグローバル企業にいるという実感は前職の日系企業ではほとんど感じることはなかったので、大きなファクターでした。 回答者 3. 1 スピードが早い会社なので、それによって仕事が急に発生することはありますが処理能力が高い人が多かったので残業は多い会社ではありませんでした。 メリハリがあり、休む時は休むという社風です。 福利厚生が充実しており(当時は)、会社が提携している宿泊施設に泊まれたり、年に1回は1万円で普段なかなか泊まれないような旅館に泊まることもできました。 休みを利用して家族でそのような施設を利用して楽しんでいる人も多かったです。 フレックスも自由に利用できるので、体調や仕事の内容に合わせて自分で仕事時間を決めて働くことができました。 例えばアメリカと朝早く電話会議があれば、早く退社し、遅くの時間に会議があれば遅く出社するという具合です。 任された仕事は人を頼らず責任をもって1人でこなしていく必要がある分、会社に時間をコントロールされることなく、結果を出せばOKといういかにも外資の社風です。 厳しい部分がある分、逆に時間は自分でコントロールできるため、タイムマネージメントがうまく出来ればワークバランスは十分にとれる会社です。 自分次第だと思います。 有給休暇も比較的とりやすく年に2回は1週間以上の休みを取っていました。 社員のほとんどがメリハリをつけて仕事をしていました。

次の

【シティバンク銀行】GoogleAdWordsの振込先に異変

シティ バンク エヌエイ

回答者 3. 9 働きがい: システムやビジネス展開において、日々グローバルな会社組織だと感じながら、世界の経済動向に自然と敏感になり、東京に居ながらインターナショナルな雰囲気を感じながら働くことが出来ました。 評価制度は結構在籍時は変わる事もあり、それはグローバルでのプロフィットが上下している限り活かし方ないと思います。 景気が良い時に、好成績を出していると、若い人材でもそれなりの業績給を得る事も、自分の在籍中はありました。 成長・キャリア開発: 土壌は用意されているので、あとは自分自身がどこまで成長したいかだと思います。 それはどこに行っても変わらないことかも知れませんが、やはり本当のグローバル企業にいるという実感は前職の日系企業ではほとんど感じることはなかったので、大きなファクターでした。 回答者 3. 1 スピードが早い会社なので、それによって仕事が急に発生することはありますが処理能力が高い人が多かったので残業は多い会社ではありませんでした。 メリハリがあり、休む時は休むという社風です。 福利厚生が充実しており(当時は)、会社が提携している宿泊施設に泊まれたり、年に1回は1万円で普段なかなか泊まれないような旅館に泊まることもできました。 休みを利用して家族でそのような施設を利用して楽しんでいる人も多かったです。 フレックスも自由に利用できるので、体調や仕事の内容に合わせて自分で仕事時間を決めて働くことができました。 例えばアメリカと朝早く電話会議があれば、早く退社し、遅くの時間に会議があれば遅く出社するという具合です。 任された仕事は人を頼らず責任をもって1人でこなしていく必要がある分、会社に時間をコントロールされることなく、結果を出せばOKといういかにも外資の社風です。 厳しい部分がある分、逆に時間は自分でコントロールできるため、タイムマネージメントがうまく出来ればワークバランスは十分にとれる会社です。 自分次第だと思います。 有給休暇も比較的とりやすく年に2回は1週間以上の休みを取っていました。 社員のほとんどがメリハリをつけて仕事をしていました。

次の