華山転生 キャラ。 怠惰な魔女は眠りたい

転生小説一覧

華山転生 キャラ

ヱデンズボゥイ ジャンル 漫画 作者 出版社 掲載誌 レーベル 発表号 コンプティーク1月号 - 月刊少年エース11月号 巻数 全20巻 アニメ:エデンズボゥイ 原作 天王寺きつね 監督 シリーズ構成 脚本 十川誠志、田中哲生 キャラクターデザイン 数井浩子 音楽 外山和彦 アニメーション制作 製作 、 放送局 参照 放送期間 - 話数 全26話 - プロジェクト ・ ポータル ・ 『 ヱデンズボゥイ』( EDEN's BOwY)は、によるの。 『』()1994年1月号より連載を開始し、1996年に『』(角川書店)に移籍したのち2009年11月号で完結した。 完結を記念し、2009年11月から2010年1月まで小冊子プレゼント(1,000名)キャンペーンが実施された。 単行本は全20巻。 には化、には化された。 「神殺し」の業を背負った少年ヨルンと女神の少女エリシスが、神殺しの秘密を狙い襲い来る刺客達と戦いながら成長していく作品。 少年誌向けとしてはかなり残酷な描写や露骨なお色気シーンも存在する。 ストーリー [ ] 天上都市(エデン)の落とし子ヨルンは、いつか天上都市へ昇り母と再会することを夢見て地上で暮らしていた。 ある日、ヨルンは空から降ってきた少女エリシスと出会う。 時を同じくして、天上都市の一つで神殺しの秘密を求めるユルガハが送り込んだ刺客も現れ、ヨルンは戦いに巻き込まれていく。 用語解説 [ ] 神殺し 神を凌駕し、世界を変えると伝えられる力。 特殊な血筋にある条件を備えた場合に発現する。 天上都市 高度な魔法と科学力によって空中に浮かぶ巨大都市。 ユルガハ・ヤヌエス・ウルトの3つが勢力争いを繰り広げている。 地上を支配する存在であり、地上の人々は憧れを込めて「エデン」と呼ぶ。 セフィナの民 地上に住む人間の中で唯一魔法を使うことができる民族。 神殺しを神敵として滅ぼそうとする。 特記ない場合は共通。 農家の素朴な少年だったが、天から降ってきた少女・エリシスとの出会いによって運命が大きく変わることとなる。 「神殺し」の業を背負い、旅での成長を通し神殺しの力が覚醒していく。 エリシス 声 - 天から降ってきた謎の少女。 本名は「エリュエステーラ・シーディア」。 恥ずかしがり屋で最初はほとんど話さなかったが、ヨルンと共に旅をしていくうちに普通に話すようになる。 実は女神の一柱で、「エリシス」、「シーダ」、「テーラ」の3つの姿を取ることができる。 エリシスは最も人間に近い姿だが、振るうことができる力は最も弱い。 なお、3つの姿に共通するのはヨルンのことが好きという感情だけである。 正体は大地母神の伝生。 シーダ 声 - 椎名へきる 大人の女性の姿を取ったエリュエステーラ・シーディア。 エリシスよりも強い力を持ち、積極的にヨルンの危機を救う。 テーラ 声 - 椎名へきる(ラジオドラマ) エリュエステーラ・シーディアの中で最も強い神の力を振るうことが可能になる姿。 反面、人間味には乏しい。 「戦いの女神」。 本名は「エネフステーラ・ソーフィア」。 父のマーサ・イヴェラ(声 - )の呪いによって豹の姿となっている。 第二部からは呪いの解けた姿も見せる。 アニメ版では常に豹の姿のままだった。 通称・おっちゃん。 天上武会で優勝するほどの実力の持ち主。 ヨルンに剣技を教授する。 天上都市に追われる身で、普段は本名を隠していた。 コントロール系を特に得意とする。 アグマイカの部下で、ウィトーらを指揮する。 フィールド球と呼ばれる防御装置を身体の周りに展開する。 実はアグマイカは育ての父であり、実の父はルメザヴィアだった。 セルロッタ フェニスの飼っている猫。 その正体はヒルダが作り出した魔法生物で、フェニスのダメージを引き受ける憑代。 中でもウィトーは、ナンバーワンの人形使いとして名高かった。 禁断の愛の末に死んでしまった妹のヘアラを傀儡として再生した。 フェニスとは生前、友人だった。 死後、ウィトーにより「生体をベースにした人形」として再生された。 戦闘により再び死亡(破壊)するも、ある家族の新生児へと転生する。 アニメ版では第二の身体であった傀儡を廃棄工場で失ったが、すでに自動車に意識を転移していた。 その後、兄の肉体に再転移し、ウィトーと身体を共有する。 有能な魔導士であり、フェニスの上司かつ父親である。 ヒルダ 声 - (ラジオドラマ) アグマイカの妻だが、それを隠して表向きはフェニスの付き人としてフェニスを陰から見守っている。 本名は「ブリュンヒルデ」。 本来は強力無比な魔導士だが、フェニスのためにセルロッタを作った反動で、力の大半を失っている。 ヨルンの母であり、ユルガハにある先見の塔で暮らしている。 本名は「ヨニハ」。 主神(マーサ・イヴェラ)がサヨイを襲い、産ませた娘。 サクラ 声 - フェニスの部下。 マイナス系を得意とする魔導士。 お茶のみが趣味。 ワグナーの孫娘。 モミジ・レイヤード フェニスの部下、サクラの妹。 ワグナーの孫娘。 六導士 ユルガハを統治する6人の高位の魔導士たち。 実態はルメザヴィアの傀儡に等しい。 ミカエラ 六導士の一人。 ラレシロに操られる。 ガロワ 六導士の一人で唯一の生き残り。 皇導士ルメザヴィア ユルガハを統治する最高位の魔導士。 天上都市ヤヌエス [ ] ニャコ・ミーケニカ 声 - (テレビアニメ) ヤヌエスの元首の座に就く(天上都市ウルトで生み出され、捨てられた)獣人の少女。 ユルガハ打倒のため神狩りの力を求める。 先見の姫の熱烈なファン。 部下達の失態に苛立って自ら出撃した。 なお、放送当時の『』によると演じた水橋は母親に「ニャコは貴女に似ている」と言われたらしい。 オルトラン 声 - (テレビアニメ) ヤヌエス四天王の一人で、副官。 ニャコの婚約者。 高い実力の持ち主だがミーハーな性格で、自室には隠し撮りしたエリシスの写真が何枚も貼られている。 アニメ版ではユルガハとの戦後、副官の座を追われて家庭教師に転職した模様。 メラニス 四天王の一人。 ヨルンにとっては姉のような存在。 実は妹のパレラや弟もいる。 アニメ版でも3姉弟全員が登場しているが、こちらでは彼女らの血縁関係について触れられていない。 いずれも妹弟を失う展開は共通している。 クェントロゥ 四天王の一人。 マスクの下はかなりの美形(サクラ曰)。 グリフォー 四天王の一人。 パレラ 声 - 虚力場(ゼロフィールド)の使い手。 ヨルンに虚力場の使い方を教える。 また、「最強最悪」といわれるほど強力な魔獣使い。 弟(ヨハン)がいた。 ゴルドー、ヴィロッグの上司にあたる。 ゴルドー 声 - 冷酷無比な凄腕の剣士。 武人としての矜持を持ち、おやぢと互角に渡り合う。 ゴルドーの相棒。 ヘアラの死に関わる。 アニメ版ではゴルドーと共に狂言回しをも担当した。 コニャコ・ペルーシャ 声 - (テレビアニメ) ニャコと同じ獣人の少女。 実はニャコの姪。 生徒会活動やボランティアの合間にヨルンと接触、ヤヌエスへの助力を請う。 本来はアニメオリジナルキャラキャラクター。 後に原作にも登場した。 ルカルダ・ウエンズ パレラの昔の恋人。 しかしパレラを利用するためだけに接近したのであり、パレラを使い魔導の実験を行う。 結果、パレラに取り返しのつかない傷を負わせる。 後に天上武会に参加し、ヨルンのチームと戦う。 実験から得た成果として負力場(マイナスフィールド)を操る。 カミラ・ブゥードゥークィーン ヤヌエスの前・元首で、オルトランの母。 三賢者とも呼ばれる伝説的な英雄。 若い頃にブリュンヒルデ、モンラッドと共に大暴れし、超魔法王国「天上国ゴンドワナ」滅亡の引き金をひくなどの活躍を残す。 ラグナード ヤヌエスの前々・元首。 ロン・タイシと戦い敗れた後、カミラにその座を譲った。 天上都市ウルト [ ] スパイク・ランディット 声 - (テレビアニメ) ヨルンと同じく神殺しの力を持つ少年。 原作ではデニルモの子。 デニルモ 声 - (テレビアニメ) スパイクと行動を共にする女性。 実はマーサ・イヴェラによって追放された女神の一柱で、「異端者デニルモ」、「黒き翼のデニルモ」とも。 アニメ版でもスパイクと行動を共にしていたが、彼との些細な喧嘩が切っ掛けですでに命を落としていた。 皇帝ヴュメント ウルトの支配者。 三賢人 ウルトの高位の魔導士。 骸(むくろ) 壁画の間に埋め込まれたミイラ。 ルメザヴィアの先祖で、一千年前に突如として世界に現れ、魔法理論をもたらした人物のなれの果て。 また、一千年の歴史の予言も残した。 その正体は次元の穴に落ちてタイムスリップしたアグマイカだった。 ヴィンレッダ・ヴァニトー ウルトから分派した急進過激派魔導士グループ「ヴァニトー」の党首。 ウルト皇帝ヴュメントの許婚。 ヴィシュラー ウルトの前皇帝。 セフィナの民 [ ] ウォルロック・セフィーニロ 神官戦士。 最年少で「聖戦士」の位を得た。 本来、敵対するべき「神殺し」であるイフォーラを慕い、共に天上武会に出場する。 ウェドロック 神官戦士長。 ウォルロックの兄。 ゾアロ 司祭。 野心家。 正体は主神。 ヴェルナー 司祭。 ヤイカ セフィナにおける当代の先見の姫。 ヨニハの異父妹。 ゾアロに心が傾くが、ゾアロはヨニハに目をつけ、ヤイカを見下している。 ヨニハ 先代の先見の姫。 ヨルンの母。 サヨイ 先々代の先見の姫。 ヨニハの母。 神族 [ ] マーサ・イヴェラ 声 - 天上都市ユルガハに潜む、巨大な魚の姿をした謎の存在。 その正体「偉大なる父」とも呼ばれる、神族の「主神」。 リリス エネフェアやエリシスの妹。 「破壊の女神」。 本名は「リリシャーロ・フレーベア」。 「混沌と開闢の女神」。 「大地母神」「見届ける者」と並び、神の中で最も古い、世界の創造に立ち会った三柱の神の一人。 エリシスが姿を消した三年後の天上武会で、エリシスの姿でヨルンの前に現れる。 イヴァ・フェニシア 大地母神。 人類、神族、双方の母。 マーサ・イヴェラに殺された。 神殺しの血縁を産み出した。 バリュトア 神族(かみぞく)最強の戦士といわれる男。 サリエラート 神族。 エリシスの兄。 「生命の神」。 エネフェアに懸想している。 リュシカ マーサ・イヴェラに従う神族。 「時間の神」。 本名は「リュシカート」。 ミレニア マーサ・イヴェラに従う神族。 「理(ことわり)の神」。 ラレシロ マーサ・イヴェラに従う神族。 (第一部の時点では)地上への干渉を制限されているため、地上で活動するときに「素体」を必要とし、六導士ミカエラの身体を乗っ取ったりしていた。 ワルキュルア・カイドマ フェニス、ブリュンヒルデ等に力を与えていた神族。 のちにフェニスの記憶を継いで、ユルガハを率いて主神と戦いに身を投げた。 マグドゥゥア 天使長。 神族に仕える天使族の長。 ベルヘア、サルトゥス、フリュード、ゲヘナ 殲天使。 天上武会 [ ] 松平華山 天上武会出場者。 東方の小国の姫。 虚力場の使い手。 東方では虚力場を「天位の気」と呼び、その王者の資質とされている。 しかし「女で天位の気の持ち主は不吉」という言い伝えもあり、これにより武者修行という名目で家を出された。 立派な婿を見つけて家に帰るのが目的で、同じ天位の気の持ち主であるヨルンに結婚を申し込む。 ロン・ダオシー(龍道士) 華山の付き人。 かつてはロン・タイシ(龍大師)と呼ばれていた東方の伝説的魔導士。 朔之進 華山の付き人。 東洋で随一といわれる剣の達人。 妖刀村正を持つ。 刀の魔力が強すぎて完全には制御ができないため、三度、攻撃するのが限度。 モンラッド 天上武会の審判。 昔はブリュンヒルデ、カミラと共に冒険していた強者。 もう一つの身分は三柱神の一人、魔神「見届ける者」。 ウィグルデン(兄) 一応、地上では「名匠」と呼ばれるくらいには腕の良い刀鍛冶らしい。 ウィグルデン(弟たち) ウィグルデン(兄)の弟たち。 ウィグルデンが作ったオーダーメイドの武具を装備して天上武会に出場した3人組。 ツィーニ、ヴィルガ 天上武会に出場したルカルダのチームメイト。 ランドウ 天上武会が開かれたサメロの街の警備隊長。 以前、天上武会に出場したことがあり、そのときにウルガー(おやぢ)と戦って左目を失っている。 フォルティーヌ ランドウの妻。 その他の人物 [ ] イフォーラ・ルフェナーゼ 3人目の神殺し。 ヨルン、スパイクとは異母兄妹。 フェウマー イフォーラとチームを組んで天上武会に参加。 ヴァニトーの魔導士。 ルグル パメラの連れていた子犬型の魔獣。 アルーシャ、メルーシャ 幼い、双子の魔導士。 テレパシーで心を読むことが出来る。 ガスチーニ 声 - ヨルンの養父。 かつては戦士として名を馳せた。 天上都市への憧れから、天上都市から落とされたヨルンを(人身売買オークションで)買い取った。 ヘクター 盗賊団の一員。 キャラバンを襲って返り討ちに遭った際、ヨルンに片腕を斬りおとされた。 G団 「魔導士狩り」を行うテロリスト集団。 白い法衣を着て、茶色の頭巾を被り、魔導士を襲う。 ワグナー 地上で店を営む魔導士。 天上国ゴドワナの生き残り。 ゴドワナが滅びた時、孤児だったワグナーはヒルダに拾われ、そのまま育てられた。 小さい頃の愛称は「リッヒ」で、本名は「リヒャルト」。 アサト ヨルンの父。 ヨニハの夫。 古代文明研究家だった。 「神殺し」の血筋だが、「業」の条件が揃わず、神殺しの力は発現しなかった。 リング・オッチ 「真理の実」の管理者。 書誌情報 [ ]• 1995年3月28日発売• 1996年2月27日発売• 1997年1月16日発売• 1998年1月7日発売• 1999年1月6日発売• 1999年4月30日発売• 2000年1月27日発売• 2000年9月25日発売• 2001年6月27日発売• 2002年3月8日発売• 2002年9月24日発売• 2003年7月1日発売• 2004年8月1日発売• 2005年3月26日発売• 2006年1月26日発売• 2006年11月25日発売• 2007年11月26日発売• 2008年12月26日発売• 2009年10月26日発売• 2009年11月26日発売 ラジオドラマ [ ] 1998年12月から1999年3月まで、『』(36局ネット、木曜 25時10分 - 26時00分)内で放送された。 全14話。 後にCD化されている(詳細は「関連商品」を参照)。 テレビアニメ [ ] 『 エデンズボゥイ』のタイトルで1999年4月から同年9月までで放送された。 全26話。 内容はかなり改変され、原作の残虐描写やお色気シーンはほぼなくなり、「神殺し」が「神狩り」に、エネフェアが白い豹に、ゴルドーとヴィロッグがお調子者のキャラクターにそれぞれ変更されている。 また、天上都市は「ユルガハ」「ヤヌエス」の2つしか登場しない。 スタッフ [ ]• 原作 - 天王寺きつね• シリーズ構成 -• キャラクターデザイン - 数井浩子• インダストリアルデザイン、レイアウト監修 - 山形厚史• 美術監督 - 阿久津美千代• 色彩設計 - もちだたけし• 撮影監督 - 渡邊英俊• 音楽 - 外山和彦• 音響監督 -• 編集 - 森田清次• 協力 - 角川書店、、、• アニメーション制作 -• アニメーションプロデューサー - 長谷川洋• プロデューサー - 小林教子(テレビ東京)、横山真二郎(創通エージェンシー)• 監督 -• ドラマCD エデンズボゥイ Vol. 第1 - 7話を収録。 エデンズボゥイ Vol. CD エデンズボゥイ オリジナル・サウンドトラック Vol. 歌:椎名へきる。 歌:佐藤康恵。 歌:The Water Of Life。 歌:椎名へきる。 設定資料(約100点)、天王寺きつね描き下ろしイラスト、背景付きセル画像(約250点)、エリシス・シーダ・テーラのボイス集などを収録。 最終話から約1年後を描く。 女神覚醒 発売日:1999年10月• 神狩り消滅 発売日:1999年10月 外部リンク [ ]• - (2012年10月31日アーカイブ分) 系 火曜18:00枠 前番組 番組名 次番組.

次の

北斗の拳の登場人物一覧

華山転生 キャラ

どうも、豆ゴロです。 WEBマンガの流行とともに、姿を表したのが 異世界転生・異世界召喚系マンガ。 小説投稿サイト「 小説家になろう」こと「なろう小説」や「 アルファポリス」で連載していた 人気小説をコミカライズしたものが基本的には多いようです。 きっとWEBマンガを読む層と相性がいいんですよね。 大抵の異世界転生・異世界召喚系は、ふいに死んで目が冷めたら異世界に居てチートみたいに強い!という感じの話で基本俺TUEEEEE!と大抵お決まりなのですが、、、 面白いんですよこれが!!!! よく 男子が妄想しがちな世界がそのままマンガになったようなイメージ。 豆ゴロみたいなアダルトチルドレン基質がある方は絶対好きですよね。 という訳で本日は豆ゴロが実際に読んだ、現在進行系で読んでいる異世界転生・異世界召喚系マンガをご紹介します! 豆ゴロはハーレム系はあまり好きではないので、ある程度紹介内容に偏見があるかもしれませんがおおめに見てください。 また、異世界転生・異世界召喚以外にVRMMOとかも一部入ってますが見逃してください。 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます あらすじ 最強職《竜騎士》から最弱の初級職《運び屋》に転職したアクセルは、相棒である竜王のバーゼリアと運び屋の仕事を始める。 竜騎士だった当時を知るものは初級職になった彼を嘆き、竜騎士だった彼を知らないものは初級職である彼を馬鹿にするが、アクセルは自分の転職に満足していた。 しかし初級職である筈のアクセルには、実は彼も知らなかった秘密があった。 引用: 紹介しておきながら異世界転生・異世界召喚ではないけれど、絵が可愛くてストーリーも面白い作品。 エロ要素が若干あるけれど、個人的にはそれは不要かなぁと。 ただ普通に物語としてどういう展開になるのか気になるし、読んで損はない作品です。 こちらのマンガは以下のアプリで無料で読めます。 最強の職業は勇者でも賢者でもなく鑑定士(仮)らしいですよ? あらすじ 友人達と一緒に、突如異世界に召喚された男子高校生ヒビキ。 しかし一人だけ、だだっ広い草原に放り出されてしまう! しかも与えられた力は「鑑定」をはじめ、明らかに戦闘には向かない地味スキルばかり。 命からがら草原を脱出したヒビキは、エマリアという美しいエルフと出会い、そこで初めて地味スキルの真の価値を知ることになるのだった…! 引用元: チート能力はあるものの、俺TUEEE感はあまりなく、 テンポも良いので始終楽しんで読めます! ただせっかく鑑定士というマイナー職なのに、都合の良い激レアスキルがドンドン追加されていくので鑑定士っていう設定は意味があるのかなぁとは思ったかなー。 以下のアプリで無料で読めます! 月が導く異世界道中 あらすじ 主人公・深澄真は異世界に勇者として召喚されるはずが、その異世界の唯一神である女神の「顔が醜いから」という我儘からヒューマンと交わる事(交流及び結婚)を禁じられ、勇者ではなくゴミのようにこの異世界の果てに捨てられた。 説明を受けるため、召喚前に会った三貴神の一柱、月読命に加護として女神に与えられるより上回る能力を与えられ、勇者でなくなった事で自由に生きる許可まで月読命に与えられた。 降りた異世界はまさしく『世界の果て』と呼ばれる荒野であり、人どころか動物、魔獣にさえ会えなかったが、やっとのことで魔獣に襲われたオークの娘に会う。 神々の加護すら届かぬ世界で育った真は、この世界の人や亜人、魔族、上位竜、魔物より圧倒的に強かった。 上位竜・巴(旧名:蜃)、災厄の黒蜘蛛・澪、リッチ・識と主従契約を結び、彼らは人の姿となる。 巴との契約によって出来た亜空(霧の結界)の中に、真を尊敬し、崇める亜人(オーク、ドワーフ、リザードマン、半人半蜘蛛)を招いて村を作り、自らはヒューマンとの交流を求める。 引用: 顔が醜いといわれて対人間に対して不遇な扱いを受ける主人公。 漫画の絵が醜いようにかかれている訳ではないので、若干の違和感があり。 ただ 話は面白いし、文字は多いもののとても読みやすいのでサクサク読める。 若干ハーレム感はあるものの、絵がそういうたぐいの絵ではないので抵抗感は少ないかな。 何もなく話が進む物語よりも、最強チート能力あるけれど色々不遇な扱いをうけてそれをクリアしていくっていう話なので好きな人は多そう。 以下のアプリで無料で読めます! とあるおっさんのVRMMO活動記 概要 新型VRMMO「ワンモア・フリーライフ・オンライン」の世界に「アース」という名の青年となってログインした、フツーのゲーム好き会社員・田中大地(38歳/独身)。 タイトル通りただ ひたすらにMMOでの日常が描かれている作品。 戦闘ガッツリではなく、主にサブ職と呼ばれるようなクラフト系のスキルを使って作ったり、売ったりして活躍する話。 MMOが好きな人は共感出来る部分も大きそう。 内容はどこかで見たことのあるような話ではあるけれど、違和感なく読めて面白いです! ただラッキーが多いというか、そこまで恵まれすぎてなくても、ある程度面白そうなのになーとは思う。 あとは絵の好き嫌いは別れそう。 以下のアプリで無料で読めます! 異世界居酒屋「のぶ」 概要 中世ヨーロッパのような異世界の古都に繋がってしまった小さな居酒屋で繰り広げられるほのぼのグルメファンタジー。 料理は特別な調理法や高級食材を使っているわけではなく、居酒屋では定番のメニューや一般的に知られている料理がメインとなっている。 所謂、異世界版「孤独のグルメ」のようなものであり、一人メシのシーンも少なくはないが、「居酒屋」らしく複数人でワイワイと賑やかに飲み食いするシーンも多く、活気のある食事シーンは本作の見どころのひとつであろう。 引用: 争いもない心がほっこりする系の作品。 絵もキレイで読みやすい。 普段慣れ親しんだ居酒屋メニューなんだけれど、 料理自体の描写がかなり美味しそうかつ、作中のキャラクターたちが美味しそうに食べるのでお腹がすきます 笑 心が疲れている時に読むと元気になりそう。 ブラック企業で働く社畜・佐野ユージ。 自宅に持ち帰った仕事をしているとPCにメッセージが。 「あなたは、異世界に召喚されました! 」 気が付けばそこはステータスやスキルのあるゲームのような世界。 ユージは、傍にいたスライムをテイムし「テイマー」になる。 さらに不思議な魔導書の力で魔法を覚え第二の職業「賢者」に目覚める! 最弱と思われがちなスライムを従えたユージの異世界最強冒険譚! 「小説家になろう」発! 原作者書き下ろしショートストーリーも収録! 引用: 個人的に今一番オススメの作品! 嫌味がない主人公なので、作品自体が読みやすく面白いです。 まだ巻数が出ていないので最新の情報を読むのがオススメです。 以下のアプリで無料で読むことができます。 失格紋の最強賢者 あらすじ 最強の魔法使いになるために未来に転生した魔法使いがいた。 少年に転生し手に入れた『魔法戦闘に最適な紋章』。 だが、未来でその紋章は「失格紋」扱いされていた!! 『魔法戦闘に最適な紋章』を「失格紋」扱いする、低レベルな魔法理論が跋扈する世界。 引用: 現代からの転生じゃない異世界転生モノ。 異世界から転生して異世界。 ただ、同じ世界に転生しているはずなのに、元の世界で最強と呼ばれていた魔法紋が転生先では最弱といわれている。 これの原因は後々分かるんだけれど、そういった設定も細かくて面白い。 あとはもちろん魔法力というか力も相当あるんだけれど、元々最強の賢者なので知識も無双しているっていう。 同じ世界への転生なので、過去の自分の物とか知り合いが出てたり他の転生物とは違って0スタートではないので、圧倒的俺TUEEEEです。 以下のアプリで無料で読めます! 盾の勇者の成り上がり あらすじ 大学生の岩谷尚文は盾の勇者として異世界に召喚された。 そこには、剣の勇者・天木錬、弓の勇者・川澄樹、槍の勇者・北村元康も召喚されていた。 国王より波 次元の亀裂から魔物が大量に這い出てくること から世界を守ることを命ぜられた四人は、それぞれの武器を鍛えるため供を連れ て旅をすることになるが、尚文の供になったのはマインのみであった。 しかし、マインはすぐに裏切り、尚文は冤罪をかけられる。 名声や金銭を失った尚文は一人で旅に出るが、盾の勇者は攻撃できないため、攻撃力として奴隷の亜人の少女ラフタリアを買い、二人での旅を始める。 引用: ライトノベルは文章が地味に叩かれていますが、漫画版は普通に絵もキレイで読みやすい。 内容も他の転生系とひと味ちがい、強いは強いんだけれど とにかく主人公が不憫。 そこがまた作品を面白くしていて、読んでいて飽きません。 異世界で『黒の癒し手』って呼ばれています あらすじ ある日突然、異世界トリップしてしまった、神崎美鈴、22歳。 ステイタス画面は見えるし、魔法も使えるしで、なんだかRPGっぽい!? オタクとして培ったゲームの知識を駆使して、魔法世界にちゃっかり順応したら、いつの間にか「黒の癒し手」って呼ばれるようになっちゃって…? ゲームの知識で魔法世界を生き抜く異色のファンタジー、待望のコミカライズ!! 引用: 調べたら結構あったけど、個人的には珍しい 女性の転生モノ。 絵も少女漫画チックで女キャラよりも男キャラのほうがキラキラしていて、女性には読みやすいかも? 主人公はかなり強いんだけれど、俺TUEEEE感はあまりでておらず、 異世界転生・異世界召喚モノが苦手って人でも読みやすそう。 骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 あらすじ 主人公はオンラインゲームの世界に、自分のゲームキャラクターであるアークの姿と能力で転移した。 ゲームで装備していた最強クラスの武器防具があり、覚えていた魔法も使え、レベル255までキャラクターを鍛えていたため、アークは異世界での生活に何も不自由を感じなかった。 ただし姿形もキャラクターのままの骸骨人間状態であった。 しかしアークは深く思い悩まず気ままに異世界を旅して歩く。 引用: オンラインゲームの世界に転生?転移?するお話。 アバターを限定のガイコツに設定していたので、そのアバターのまま召喚されたり、 要所要所でクスッとするような設定になっています。 キャラクターは最強レベルの騎士なので基本的に不自由がないまま話が進んでいきます。 個人的には憧れの設定・・・! MMOとかオンラインゲームをやったことがある人なら一度は夢見た設定ではないでしょうか。 ただ強いからといって嫌味はないし、親しみやすい主人公なので安定して読めますね。 とんでもスキルで異世界放浪メシ あらすじ 異世界召喚に巻き込まれた主人公。 召喚された勇者の少年少女たちは固有スキルも戦闘向きの凄い物だったが、主人公は『ネットスーパー』という戦闘力皆無のスキルだった。 ネット小説を読むのが趣味だった主人公は、召喚した王様の言い分や身形から『ダメだ。 これはあかんタイプの異世界召喚だ。 』という結論に至り、わずかな資金を貰って城からさっさと退散した。 固有スキル『ネットスーパー』で様々な食品や調味料を調達し、別の国に移動する為に護衛を雇って飯を作っていたら、その匂いに釣られて伝説の魔獣『フェンリル』が現れて食べていた料理を要求しそれを食べた後、半ば強引に従魔契約を結び「フェル」と名付けて商人兼冒険者の生活が本格的に始まる。 そうしていたら、特殊個体『ベビースライム』の「スイ」と『ピクシードラゴン』の「ドラちゃん」も同じように仲間になり、更にはそれを神界で見ていた神様達も加護を授ける代わりに料理や酒を要求してきたりする日常系ほのぼのストーリー。 引用: 勇者召喚に巻き込まれて転移してきたという可哀想設定。 ただ!なんとまさかの ネットスーパーというスキルが使えるという無敵具合。 美味しいごはんに釣られて 最強クラスの魔獣とかなりの早い段階で契約し、 普通に勇者よりも強いんじゃないかと誰もが思うはず。 個人的にハーレムものよりも、こういった獣だったりと旅している方が夢があるし、わくわくして面白い。 転生したらスライムだった件 あらすじ 通り魔に刺されて死んだ会社員、三上 悟(みかみ さとる)は、異世界の洞窟でスライムとして転生した。 スライムとして転生した異世界の洞窟で「ヴェルドラ」と名乗る巨大な竜と出会い、ヴェルドラは主人公にリムルの名を贈り、主人公はヴェルドラと自分に「テンペスト」のファミリネームを名づけて友達となった。 洞窟を出て旅に出ることを決める。 引用: タイトルからスライムだから弱いんじゃ・・・と思いきや、これまたとんでもスキルの「捕食者」であらすじにもある暴風竜ヴェルドラを収納という名の捕食をすることで圧倒的なパワーをゲット。 色々なモンスターを仲間にし村を作っていくというお話。 展開が早くて読みやすく面白いです。 2018年アニメ化も決定したとか。 WEB小説は完結しているらしいので一度読んでみたいなと思っているトコロ。 以下のアプリで見れます! スライム倒して300年知らないうちにレベルMAXになってました 概要 相沢梓、女、独身、社畜。 仕事のためだけに生きた人生を終え、不老不死の魔女に転生して、スローライフを300年続けてたら、レベル99になってました。 世界最強の噂を聞きつけ、やってくる冒険者やドラゴンetc。 私のスローライフはどうなるの!? GAノベル売上歴代1位、「小説家になろう」発の異世界アットホームコメディー! 引用元: タイトルそのままの話! 社畜してたら過労死して、不老不死の魔女に転生! 毎日毎日スライムを数匹狩ってお金を稼ぎながら普通に暮らしていたらレベルがカンストしていたっていうあらすじ。 ドラゴンとか異世界のものは出てくるし、戦いみたいなものはあるんだけれど、 全体的にほわほわほっこりするお話。 これも心が疲れている時に見ると癒やされるかも? 日常系が苦手な人には向かなさげ。 強くてニューサーガ 概要 激戦の末、魔法剣士カイルはついに魔王討伐を果たした…と思いきや、目覚めたのは過去に滅ぼされたはずの故郷。 引用: これも異世界転生・異世界召喚ではなくて、異世界で生活していて過去に戻るというファンタジー物の作品。 異世界転生・異世界召喚モノはあまり最終的な目的がないものが多いけれど、 この作品は過去に失った大切な人を失わないようにしたり、世界を守るなど目的があるので分かりやすい。 未来では仲間だったキャラクターが、過去の行動を変えていくうちに実は裏があり敵になってしまったり、話的にも面白いです。 力はそこまで強くないのですが、大概は一度体験している事象かつ、有力者の情報ももっているため、頭を使って困難を切り抜けていくので他の異世界転生・異世界召喚モノにはない流れでとても面白いです。 異世界魔法は遅れてる あらすじ 現代に生きる魔術師・八鍵水明は、突如現れた魔法陣によって友人とともに異世界へ転移してしまう。 だけど勇者として呼び出されたのは友人で、自分はそれに巻き込まれただけ!? 現代魔術と異世界魔法が交錯する、「小説家になろう」発の大人気異世界ファンタジー、開幕!! 書き下ろし小説「八鍵水明前日譚」収録! 引用: 絵はラノベっぽいというと語弊があるかもしれないけれど、それっぽい絵なので好き嫌いが結構ハッキリしそうな作品。 話的には異世界召喚されたけれど、チート能力は与えられていない。 でも実は元の世界で魔術覚えて使えますよっていうイメージ。 チート的に強いけれどあまり爽快感はないかなあ。 あと話の進むテンポは良くないかも。 ナイツ&マジック あらすじ 交通事故で命を落としたオタクの日本人、倉田翼は、異世界のエルネスティ・エチェバルリアに転生する。 その世界は「幻晶騎士(シルエットナイト)」と呼ばれる巨大ロボットが、主戦力として存在する世界だった。 前世のロボットオタクの血が抑えきれないエルネスティは、幻晶騎士のパイロットである「騎操士(ナイトランナー)」を志し、幼少時より勉学などに励む。 そして学園生時代の訓練中に現れた師団級魔獣「陸皇亀(ベヘモス)」を討伐した事を切っ掛けに、自らが理想とするロボットを一から作り上げるために奮闘、その才能と実績で国王から幻晶騎士開発を主目的とした騎士団「銀鳳騎士団」を任されて団長となった。 その後もエルネスティは、西方諸国(オクシデンツ)で起きた大乱に派遣されたり、人類未踏の地「ボキューズ大森海」の探索に深く関わるなど、数多の功績を打ち立てていくのであった。 引用: 2017年にアニメ化していた作品! 知らなかったw 異世界転生・異世界召喚系ではあまりないロボット系作品です。 ただロボットだからと言ってガンダムのような感じではなく、なろう小説が好きな層にドンピシャに当たっている作品です! 直近読んだ中では中々面白い部類にはいります!俺TUEEEE感が強いので、俺TUEEEが好きな人にはオススメです。 こちらのマンガは以下のアプリで無料で読めます。 治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~ あらすじ 酷い雨の日、特にこれといった特技のない高校生、兎里健はひょんな事から仲良くなった二人のイケメンと美人に巻き込まれ異世界に召喚されてしまう。 特に目立った特技がなく無個性な自分は役立たず扱いされ棄てられると思い、内心恐々としていた彼だが、思いのほか召喚した皆さんが優しかった。 彼に秘められたある魔法の才能が彼を『訓練』という名の地獄に叩き落としたのだ。 引用: 巻き込まれ転生系。 何の個性もない?と思いきや、この世界では珍しい回復キャラ。 身体をチートレベルに鍛えて回復キャラなのに前線で活躍しまくるっていうチート&俺TUEEEE作品。 回復でしか倒せない敵が出てきたので、おそらく今後もそういったのが増えて大活躍!ってなるのかなぁと予想。 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… あらすじ 頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。 私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世界であることに気付いた。 そして自分が主人公と攻略対象との恋路の邪魔をする悪役令嬢になってしまっていることに… 主人公がハッピーエンドを迎えれば身一つで国外追放、バッドエンドならば攻略対象に殺されるって… …私にハッピーなエンドなくない!?バッドオンリーなんですけど!? なんとか破滅エンドを回避して、穏やかな老後を迎えたい!! 引用: 珍しい女性向けラノベのコミカライズ版。 死んだら前日までやっていた乙女ゲーの世界に転生するお話。 乙女ゲーの知識がないと「?」となる場面がありますが、男が読んでも普通に面白いです! チート的な能力はないものの、乙女ゲー攻略の知識と記憶があるためそれらを駆使して攻略していくようです!今後の展開に期待!。 二度目の人生を異世界で あらすじ 唐突に現れた、神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!」 どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公・功刀蓮弥は、神様っぽい幼女にお願いされて、異世界で二度目の人生を送ることになった。 引用: 94歳のおじいさんが大往生して異世界転生をするというお話。 前世の記憶がないからかあまり老人感はないかな? 基本的に俺TUEEEEなんだけれど、他の作品と違って本来のポテンシャルの強さがある主人公なので納得できる俺TUEEEです。 絵もキレイでストーリーもギャグを織り交ぜつつなので楽しみながら読めます!.

次の

怠惰な魔女は眠りたい

華山転生 キャラ

ヱデンズボゥイ ジャンル 漫画 作者 出版社 掲載誌 レーベル 発表号 コンプティーク1月号 - 月刊少年エース11月号 巻数 全20巻 アニメ:エデンズボゥイ 原作 天王寺きつね 監督 シリーズ構成 脚本 十川誠志、田中哲生 キャラクターデザイン 数井浩子 音楽 外山和彦 アニメーション制作 製作 、 放送局 参照 放送期間 - 話数 全26話 - プロジェクト ・ ポータル ・ 『 ヱデンズボゥイ』( EDEN's BOwY)は、によるの。 『』()1994年1月号より連載を開始し、1996年に『』(角川書店)に移籍したのち2009年11月号で完結した。 完結を記念し、2009年11月から2010年1月まで小冊子プレゼント(1,000名)キャンペーンが実施された。 単行本は全20巻。 には化、には化された。 「神殺し」の業を背負った少年ヨルンと女神の少女エリシスが、神殺しの秘密を狙い襲い来る刺客達と戦いながら成長していく作品。 少年誌向けとしてはかなり残酷な描写や露骨なお色気シーンも存在する。 ストーリー [ ] 天上都市(エデン)の落とし子ヨルンは、いつか天上都市へ昇り母と再会することを夢見て地上で暮らしていた。 ある日、ヨルンは空から降ってきた少女エリシスと出会う。 時を同じくして、天上都市の一つで神殺しの秘密を求めるユルガハが送り込んだ刺客も現れ、ヨルンは戦いに巻き込まれていく。 用語解説 [ ] 神殺し 神を凌駕し、世界を変えると伝えられる力。 特殊な血筋にある条件を備えた場合に発現する。 天上都市 高度な魔法と科学力によって空中に浮かぶ巨大都市。 ユルガハ・ヤヌエス・ウルトの3つが勢力争いを繰り広げている。 地上を支配する存在であり、地上の人々は憧れを込めて「エデン」と呼ぶ。 セフィナの民 地上に住む人間の中で唯一魔法を使うことができる民族。 神殺しを神敵として滅ぼそうとする。 特記ない場合は共通。 農家の素朴な少年だったが、天から降ってきた少女・エリシスとの出会いによって運命が大きく変わることとなる。 「神殺し」の業を背負い、旅での成長を通し神殺しの力が覚醒していく。 エリシス 声 - 天から降ってきた謎の少女。 本名は「エリュエステーラ・シーディア」。 恥ずかしがり屋で最初はほとんど話さなかったが、ヨルンと共に旅をしていくうちに普通に話すようになる。 実は女神の一柱で、「エリシス」、「シーダ」、「テーラ」の3つの姿を取ることができる。 エリシスは最も人間に近い姿だが、振るうことができる力は最も弱い。 なお、3つの姿に共通するのはヨルンのことが好きという感情だけである。 正体は大地母神の伝生。 シーダ 声 - 椎名へきる 大人の女性の姿を取ったエリュエステーラ・シーディア。 エリシスよりも強い力を持ち、積極的にヨルンの危機を救う。 テーラ 声 - 椎名へきる(ラジオドラマ) エリュエステーラ・シーディアの中で最も強い神の力を振るうことが可能になる姿。 反面、人間味には乏しい。 「戦いの女神」。 本名は「エネフステーラ・ソーフィア」。 父のマーサ・イヴェラ(声 - )の呪いによって豹の姿となっている。 第二部からは呪いの解けた姿も見せる。 アニメ版では常に豹の姿のままだった。 通称・おっちゃん。 天上武会で優勝するほどの実力の持ち主。 ヨルンに剣技を教授する。 天上都市に追われる身で、普段は本名を隠していた。 コントロール系を特に得意とする。 アグマイカの部下で、ウィトーらを指揮する。 フィールド球と呼ばれる防御装置を身体の周りに展開する。 実はアグマイカは育ての父であり、実の父はルメザヴィアだった。 セルロッタ フェニスの飼っている猫。 その正体はヒルダが作り出した魔法生物で、フェニスのダメージを引き受ける憑代。 中でもウィトーは、ナンバーワンの人形使いとして名高かった。 禁断の愛の末に死んでしまった妹のヘアラを傀儡として再生した。 フェニスとは生前、友人だった。 死後、ウィトーにより「生体をベースにした人形」として再生された。 戦闘により再び死亡(破壊)するも、ある家族の新生児へと転生する。 アニメ版では第二の身体であった傀儡を廃棄工場で失ったが、すでに自動車に意識を転移していた。 その後、兄の肉体に再転移し、ウィトーと身体を共有する。 有能な魔導士であり、フェニスの上司かつ父親である。 ヒルダ 声 - (ラジオドラマ) アグマイカの妻だが、それを隠して表向きはフェニスの付き人としてフェニスを陰から見守っている。 本名は「ブリュンヒルデ」。 本来は強力無比な魔導士だが、フェニスのためにセルロッタを作った反動で、力の大半を失っている。 ヨルンの母であり、ユルガハにある先見の塔で暮らしている。 本名は「ヨニハ」。 主神(マーサ・イヴェラ)がサヨイを襲い、産ませた娘。 サクラ 声 - フェニスの部下。 マイナス系を得意とする魔導士。 お茶のみが趣味。 ワグナーの孫娘。 モミジ・レイヤード フェニスの部下、サクラの妹。 ワグナーの孫娘。 六導士 ユルガハを統治する6人の高位の魔導士たち。 実態はルメザヴィアの傀儡に等しい。 ミカエラ 六導士の一人。 ラレシロに操られる。 ガロワ 六導士の一人で唯一の生き残り。 皇導士ルメザヴィア ユルガハを統治する最高位の魔導士。 天上都市ヤヌエス [ ] ニャコ・ミーケニカ 声 - (テレビアニメ) ヤヌエスの元首の座に就く(天上都市ウルトで生み出され、捨てられた)獣人の少女。 ユルガハ打倒のため神狩りの力を求める。 先見の姫の熱烈なファン。 部下達の失態に苛立って自ら出撃した。 なお、放送当時の『』によると演じた水橋は母親に「ニャコは貴女に似ている」と言われたらしい。 オルトラン 声 - (テレビアニメ) ヤヌエス四天王の一人で、副官。 ニャコの婚約者。 高い実力の持ち主だがミーハーな性格で、自室には隠し撮りしたエリシスの写真が何枚も貼られている。 アニメ版ではユルガハとの戦後、副官の座を追われて家庭教師に転職した模様。 メラニス 四天王の一人。 ヨルンにとっては姉のような存在。 実は妹のパレラや弟もいる。 アニメ版でも3姉弟全員が登場しているが、こちらでは彼女らの血縁関係について触れられていない。 いずれも妹弟を失う展開は共通している。 クェントロゥ 四天王の一人。 マスクの下はかなりの美形(サクラ曰)。 グリフォー 四天王の一人。 パレラ 声 - 虚力場(ゼロフィールド)の使い手。 ヨルンに虚力場の使い方を教える。 また、「最強最悪」といわれるほど強力な魔獣使い。 弟(ヨハン)がいた。 ゴルドー、ヴィロッグの上司にあたる。 ゴルドー 声 - 冷酷無比な凄腕の剣士。 武人としての矜持を持ち、おやぢと互角に渡り合う。 ゴルドーの相棒。 ヘアラの死に関わる。 アニメ版ではゴルドーと共に狂言回しをも担当した。 コニャコ・ペルーシャ 声 - (テレビアニメ) ニャコと同じ獣人の少女。 実はニャコの姪。 生徒会活動やボランティアの合間にヨルンと接触、ヤヌエスへの助力を請う。 本来はアニメオリジナルキャラキャラクター。 後に原作にも登場した。 ルカルダ・ウエンズ パレラの昔の恋人。 しかしパレラを利用するためだけに接近したのであり、パレラを使い魔導の実験を行う。 結果、パレラに取り返しのつかない傷を負わせる。 後に天上武会に参加し、ヨルンのチームと戦う。 実験から得た成果として負力場(マイナスフィールド)を操る。 カミラ・ブゥードゥークィーン ヤヌエスの前・元首で、オルトランの母。 三賢者とも呼ばれる伝説的な英雄。 若い頃にブリュンヒルデ、モンラッドと共に大暴れし、超魔法王国「天上国ゴンドワナ」滅亡の引き金をひくなどの活躍を残す。 ラグナード ヤヌエスの前々・元首。 ロン・タイシと戦い敗れた後、カミラにその座を譲った。 天上都市ウルト [ ] スパイク・ランディット 声 - (テレビアニメ) ヨルンと同じく神殺しの力を持つ少年。 原作ではデニルモの子。 デニルモ 声 - (テレビアニメ) スパイクと行動を共にする女性。 実はマーサ・イヴェラによって追放された女神の一柱で、「異端者デニルモ」、「黒き翼のデニルモ」とも。 アニメ版でもスパイクと行動を共にしていたが、彼との些細な喧嘩が切っ掛けですでに命を落としていた。 皇帝ヴュメント ウルトの支配者。 三賢人 ウルトの高位の魔導士。 骸(むくろ) 壁画の間に埋め込まれたミイラ。 ルメザヴィアの先祖で、一千年前に突如として世界に現れ、魔法理論をもたらした人物のなれの果て。 また、一千年の歴史の予言も残した。 その正体は次元の穴に落ちてタイムスリップしたアグマイカだった。 ヴィンレッダ・ヴァニトー ウルトから分派した急進過激派魔導士グループ「ヴァニトー」の党首。 ウルト皇帝ヴュメントの許婚。 ヴィシュラー ウルトの前皇帝。 セフィナの民 [ ] ウォルロック・セフィーニロ 神官戦士。 最年少で「聖戦士」の位を得た。 本来、敵対するべき「神殺し」であるイフォーラを慕い、共に天上武会に出場する。 ウェドロック 神官戦士長。 ウォルロックの兄。 ゾアロ 司祭。 野心家。 正体は主神。 ヴェルナー 司祭。 ヤイカ セフィナにおける当代の先見の姫。 ヨニハの異父妹。 ゾアロに心が傾くが、ゾアロはヨニハに目をつけ、ヤイカを見下している。 ヨニハ 先代の先見の姫。 ヨルンの母。 サヨイ 先々代の先見の姫。 ヨニハの母。 神族 [ ] マーサ・イヴェラ 声 - 天上都市ユルガハに潜む、巨大な魚の姿をした謎の存在。 その正体「偉大なる父」とも呼ばれる、神族の「主神」。 リリス エネフェアやエリシスの妹。 「破壊の女神」。 本名は「リリシャーロ・フレーベア」。 「混沌と開闢の女神」。 「大地母神」「見届ける者」と並び、神の中で最も古い、世界の創造に立ち会った三柱の神の一人。 エリシスが姿を消した三年後の天上武会で、エリシスの姿でヨルンの前に現れる。 イヴァ・フェニシア 大地母神。 人類、神族、双方の母。 マーサ・イヴェラに殺された。 神殺しの血縁を産み出した。 バリュトア 神族(かみぞく)最強の戦士といわれる男。 サリエラート 神族。 エリシスの兄。 「生命の神」。 エネフェアに懸想している。 リュシカ マーサ・イヴェラに従う神族。 「時間の神」。 本名は「リュシカート」。 ミレニア マーサ・イヴェラに従う神族。 「理(ことわり)の神」。 ラレシロ マーサ・イヴェラに従う神族。 (第一部の時点では)地上への干渉を制限されているため、地上で活動するときに「素体」を必要とし、六導士ミカエラの身体を乗っ取ったりしていた。 ワルキュルア・カイドマ フェニス、ブリュンヒルデ等に力を与えていた神族。 のちにフェニスの記憶を継いで、ユルガハを率いて主神と戦いに身を投げた。 マグドゥゥア 天使長。 神族に仕える天使族の長。 ベルヘア、サルトゥス、フリュード、ゲヘナ 殲天使。 天上武会 [ ] 松平華山 天上武会出場者。 東方の小国の姫。 虚力場の使い手。 東方では虚力場を「天位の気」と呼び、その王者の資質とされている。 しかし「女で天位の気の持ち主は不吉」という言い伝えもあり、これにより武者修行という名目で家を出された。 立派な婿を見つけて家に帰るのが目的で、同じ天位の気の持ち主であるヨルンに結婚を申し込む。 ロン・ダオシー(龍道士) 華山の付き人。 かつてはロン・タイシ(龍大師)と呼ばれていた東方の伝説的魔導士。 朔之進 華山の付き人。 東洋で随一といわれる剣の達人。 妖刀村正を持つ。 刀の魔力が強すぎて完全には制御ができないため、三度、攻撃するのが限度。 モンラッド 天上武会の審判。 昔はブリュンヒルデ、カミラと共に冒険していた強者。 もう一つの身分は三柱神の一人、魔神「見届ける者」。 ウィグルデン(兄) 一応、地上では「名匠」と呼ばれるくらいには腕の良い刀鍛冶らしい。 ウィグルデン(弟たち) ウィグルデン(兄)の弟たち。 ウィグルデンが作ったオーダーメイドの武具を装備して天上武会に出場した3人組。 ツィーニ、ヴィルガ 天上武会に出場したルカルダのチームメイト。 ランドウ 天上武会が開かれたサメロの街の警備隊長。 以前、天上武会に出場したことがあり、そのときにウルガー(おやぢ)と戦って左目を失っている。 フォルティーヌ ランドウの妻。 その他の人物 [ ] イフォーラ・ルフェナーゼ 3人目の神殺し。 ヨルン、スパイクとは異母兄妹。 フェウマー イフォーラとチームを組んで天上武会に参加。 ヴァニトーの魔導士。 ルグル パメラの連れていた子犬型の魔獣。 アルーシャ、メルーシャ 幼い、双子の魔導士。 テレパシーで心を読むことが出来る。 ガスチーニ 声 - ヨルンの養父。 かつては戦士として名を馳せた。 天上都市への憧れから、天上都市から落とされたヨルンを(人身売買オークションで)買い取った。 ヘクター 盗賊団の一員。 キャラバンを襲って返り討ちに遭った際、ヨルンに片腕を斬りおとされた。 G団 「魔導士狩り」を行うテロリスト集団。 白い法衣を着て、茶色の頭巾を被り、魔導士を襲う。 ワグナー 地上で店を営む魔導士。 天上国ゴドワナの生き残り。 ゴドワナが滅びた時、孤児だったワグナーはヒルダに拾われ、そのまま育てられた。 小さい頃の愛称は「リッヒ」で、本名は「リヒャルト」。 アサト ヨルンの父。 ヨニハの夫。 古代文明研究家だった。 「神殺し」の血筋だが、「業」の条件が揃わず、神殺しの力は発現しなかった。 リング・オッチ 「真理の実」の管理者。 書誌情報 [ ]• 1995年3月28日発売• 1996年2月27日発売• 1997年1月16日発売• 1998年1月7日発売• 1999年1月6日発売• 1999年4月30日発売• 2000年1月27日発売• 2000年9月25日発売• 2001年6月27日発売• 2002年3月8日発売• 2002年9月24日発売• 2003年7月1日発売• 2004年8月1日発売• 2005年3月26日発売• 2006年1月26日発売• 2006年11月25日発売• 2007年11月26日発売• 2008年12月26日発売• 2009年10月26日発売• 2009年11月26日発売 ラジオドラマ [ ] 1998年12月から1999年3月まで、『』(36局ネット、木曜 25時10分 - 26時00分)内で放送された。 全14話。 後にCD化されている(詳細は「関連商品」を参照)。 テレビアニメ [ ] 『 エデンズボゥイ』のタイトルで1999年4月から同年9月までで放送された。 全26話。 内容はかなり改変され、原作の残虐描写やお色気シーンはほぼなくなり、「神殺し」が「神狩り」に、エネフェアが白い豹に、ゴルドーとヴィロッグがお調子者のキャラクターにそれぞれ変更されている。 また、天上都市は「ユルガハ」「ヤヌエス」の2つしか登場しない。 スタッフ [ ]• 原作 - 天王寺きつね• シリーズ構成 -• キャラクターデザイン - 数井浩子• インダストリアルデザイン、レイアウト監修 - 山形厚史• 美術監督 - 阿久津美千代• 色彩設計 - もちだたけし• 撮影監督 - 渡邊英俊• 音楽 - 外山和彦• 音響監督 -• 編集 - 森田清次• 協力 - 角川書店、、、• アニメーション制作 -• アニメーションプロデューサー - 長谷川洋• プロデューサー - 小林教子(テレビ東京)、横山真二郎(創通エージェンシー)• 監督 -• ドラマCD エデンズボゥイ Vol. 第1 - 7話を収録。 エデンズボゥイ Vol. CD エデンズボゥイ オリジナル・サウンドトラック Vol. 歌:椎名へきる。 歌:佐藤康恵。 歌:The Water Of Life。 歌:椎名へきる。 設定資料(約100点)、天王寺きつね描き下ろしイラスト、背景付きセル画像(約250点)、エリシス・シーダ・テーラのボイス集などを収録。 最終話から約1年後を描く。 女神覚醒 発売日:1999年10月• 神狩り消滅 発売日:1999年10月 外部リンク [ ]• - (2012年10月31日アーカイブ分) 系 火曜18:00枠 前番組 番組名 次番組.

次の