イギリス チャールズ 皇 太子。 チャールズ皇太子、英国王室最大規模の贋作絵画詐欺に巻き込まれる

チャールズ皇太子が感染、英国王室と感染症の歴史

イギリス チャールズ 皇 太子

イギリスのチャールズさんは、「皇太子」でよろしいのでしょうか? goo辞書(大辞林)は、次のことしか書いていません。 春宮 とうぐう。 この辞書に書いていることをそのまま受け取れば、チャールズさんが、天皇になるはずがありませんので、「皇太子」の称号はおかしいということになると思います。 「王太子」という単語があるかと思って、goo辞書(大辞林)を引いてみましたが、そんなものはありませんでした。 1.「チャールズ皇太子」と呼ぶ日本のマスコミがおかしいのですか? 2.それとも、「王太子」という単語がないのが悪いのですか? 3.それとも、「皇太子」に天皇のことしか書いていない辞書がおかしいのですか? 4.それとも、辞書に天皇のことしか書いていなくても、多少融通をきかせ、英王室を日本の皇室になぞらえて考えてみろということですか? 正解は4.が近いように思います。 次の国王なんだから「王太子」が正解なんでしょうけれども、日本には「王太子」という言葉が存在していません(大きい辞書にものっていないということは、一般に認知されていないということで、ないということです)。 日本には「王太子」という言葉はないのです。 英国王は皇帝、エンペラーとは呼ばれませんが、英国王はその国のトップで、日本の天皇やエチオピアの皇帝と実質的に同じですね。 ですから、次の国王や皇帝になる人は、日本の「皇太子」と同じようなものですから「皇太子」と呼んでいる訳です。 日本の皇室になぞらえて、そう呼んでいるわけです。 似たようなことは、他にもあります。 「臣」は家来という意味で、「大臣」は皇帝や王様の家来の中で、一番エライ人のことを指します。 「相」も皇帝や王様の補佐人という意味です。 日本の新聞は、中国の外務大臣に相当する人を「外相」と呼んでいます。 29 23:44 サンケイ 中華人民共和国に、王様がいるはずがありません。 だのに王様の補佐人という意味の「外相」はおかしいです。 中国では「外交部長」という役職名になっています。 もし、日本の新聞が「外交部長」と呼ぶと、読者はもっと下の役人だと勘違いしかねませんので、日本のマスコミは、日本の外務大臣の別称である外相を当てているわけです。 チャールズ「皇太子」もそれと同じようなものですね。 日本の国になぞらえて、実質が同じような単語で代用しているのだと思います。 それに皇太子と呼んでも、失礼な感じはしませんので、まあいいんじゃないでしょうか。 イギリスは一時期「帝国」を称したことがあったので、その名残かなとも思いましたが、どうもそのことは関係なさそうですね。 下記の宮内庁の国賓・公賓一覧を見ると、次のような表記があります。 【国賓・公賓など外国賓客一覧表】 以上のことから、外国の王室等に関して用いる「皇太子」という言葉は、対象者がその国の君主の地位に関して第一順位の継承権を有する(皇子や王子とは違う)ことを明確にする目的があると考えられます。 だったら「王太子」でもよいのでは・・・? この辺が謎ですが、恐らく避けるべき何等かの理由があるのでしょう。 当たっているかどうかは解りませんが、私の考えは次の通りです。 大辞林で「太子」を引くと次のような説明があります。 「中国古代の天子や諸侯の世継ぎ。 嫡男」 これを読むと、かつての中国では皇帝の臣下たる諸侯の後継ぎも「太子」と呼ばれたようですから、「王太子」は掃いて捨てるほどはいなかったにしても、一国の中で同時期に複数存在したのは確かでしょう。 国家の次期君主として唯一無比の存在に対する呼称として、これはどんなものだろうか・・・? 多分そんな判断があったのではないかと思います。 以上ご参考までに。 1.については、以下のように考えれば、おかしくありません。 「太子」は「皇位を継ぐものと定められている皇子や王子」を意味します。 「皇帝」「教皇」などとも使うように、「皇」は何も「天皇」だけを意味するものではありません。 「皇」には「天子。 君主」の意味もあるのです。 従って、イギリスのチャールズさんは、「皇太子」でよいのです。 2.については、「王位を継ぐ者」の意で、「王」+「太子」で「王太子」は間違っていません。 あまり使われることがないので、辞書には収録されていないのです。 辞書にすべての言葉が載っているわけではありません。 以下のURLも参考にしてみてください。 確かに「皇太子」といえば、天皇との絡みの記載しかないのですが、上述のことを知っていれば、意味するところはわかるはずです。 皇室と英国王室は全く別のものですが、共通点もあるので、同じような立場の者に同じ言葉を借りているだけであるともいえます。 The Prince of Wales を「英国皇太子」と翻訳したり、The Prince Charles を「チャールズ皇太子」と訳すのは、その方が天皇との絡みで、日本では分かりやすいからです。 また、以前は外国の王室などに対しての興味自体が希薄であったため、外国の「皇太子」自体、一般的ではなく話題になることもなかったという背景もあります。 そのうちに、辞書の記述も変わってくるかもしれません。 あくまで、辞書はあとからついてくるものです。 4.については、今まで述べてきたように、辞書に天皇のことしか書いていなくても類推すればわかると思います。 但し、辞書にも「皇」「太子」の項目はそれぞれあります。 これらを別々に引いて総合すれば、最初に1.の項で書いたように、正確な意味をつかむこともできるのです。 「皇」といえば「天皇」だと思ってしまう人も多いため、違和感がある人も多いようですが、以上のようなことをしっかり理解できれば、何ら不自然ではないことがわかってもらえると思います。 国々によって所謂「皇太子(日継の皇子)」に対する呼称は異なります。 イギリスの場合、古来の習慣に則って「プリンス・オブ・ウェールズ」の称号が現王室第一王子に冠せられます。 ウェールズという名前からも判るように、もともとイングランドの国王の(現在のイギリス=大ブリテン島並びに北アイルランド連合王国のイングランド部分を統治していた)イギリス王が、ウェールズ(現在のブリテン島の東方部です。 今でも、ウェールズ語を英語と併記するなど、独特の民俗文化を保っています)を統治するに当たってその息子をウェールズ国王に据えたのがはじまりだったかと思います。 イギリスの場合は連合王国という色彩の強い国であり、現在も王太子に『ウェールズ』の称号の与えていることから、ウェールズの底力がしれるというものです。 発祥地ゆえ、ということもありますが、UK国民には「私はスコティッシュ」「私はアイリッシュ」などの土地意識が強く、ワールドカップにも1カ国で4チーム選出されますよね…。 ずるい笑。 話はそれましたが、日本の皇室でも、たとえば秋篠宮眞子さま、などと週刊誌は書きますが、それは皇室典範を読めば間違いだと判ります。 チャールズに対する敬称も、厳密に言えば間違いですが、一般市民が「プリンス・オブ・ウェールズであるチャールズ殿下が…」などと言われても「はあ?」という話しになるので、わかりやすく「チャールズ皇太子」と言うのでしょう。 ちなみに、辞書にすべての単語が載っていることはまずあり得ません。 「王太子」という単語はきちんと存在しますので、あしからず。

次の

英チャールズ皇太子、新型コロナウイルスに感染

イギリス チャールズ 皇 太子

Charles McQuillan Getty Images 関係者によるともともとチャールズ皇太子は自分が即位したらロイヤルファミリーの数を少なくし、王室にかかる費用を削減しようと考えていたそう。 今回の事件をきっかけにその考えがさらに加速。 関係者は新聞「デイリーメール」に「王になったらロイヤルファミリーを自分とウィリアム王子、ヘンリー王子、それぞれの妃と家族たちだけにしようと計画している」と語っている。 つまり皇太子の弟妹のアンドルー王子、エドワード王子やアン王女とその家族たちはロイヤルファミリーとしての義務を負わないということになる。 アンドルー王子の娘たち、ベアトリス王女とユージェニー王女もロイヤルファミリーではなくなる。 Mark Cuthbert Getty Images 義務を負わないとなると待遇も変わる可能性が大。 例えば現在ユージェニー王女は夫のジャック・ブルックスバンクとケンジントン宮殿の中にあるアイヴィーコテージに、ベアトリス王女はセント・ジェームズ宮殿にあるアパートメントに住んでいる。 どちらにも税金が使われている。 新聞「デイリーエクスプレス」は2人の王女が仕事はしているけれどアンドルー王子の経済的援助を受けていると指摘、アンドルー王子の公務引退で2人の王女の暮らしは影響を受けるだろうと報じている。 チャールズ皇太子の計画が現実になったら、王女たちが今の生活水準を保てるかどうかはさらに怪しくなる。 今年10月にはスウェーデン王室がロイヤルファミリーの数を減らして大きなニュースになった。 チャールズ皇太子の即位はまだ少し先になると思われるけれど、英国王室も同じ動きをとるのか注目したい。

次の

英国ロイヤルウエディングでチャールズ皇太子が選んだ時計は?

イギリス チャールズ 皇 太子

Getty Images チャールズ皇太子の70歳の誕生日に、バッキンガム宮殿でバースデーディナーを開いたエリザベス女王。 乾杯の挨拶では、父親、慈善家、そしてビジネスマンとして活躍する皇太子を称賛。 「フィリップと私はこの70年間、チャールズが自然保護やアートプロジェクトの推進者、慈善活動のリーダー、王室史上最も献身的で尊敬されている次期王位継承者、そして素晴らしい父親へと成長する姿を見守ってきました」 また「彼は芯が強く情熱的で、クリエイティブな人間です。 皇太子がダッチー・オブ・コーンウォール(コーンウォール公領)の主であることからそう名付けられたブランドで、最も有名なのはオーガニックの小麦&オーツ麦で作られたビスケットシリーズ。 チャールズ皇太子&カミラ夫人の公式ウェブサイトによると、同ブランドは2010年、イギリスの高級スーパー、ウェイトローズ(Waitrose)と独占契約を結んだそう。 ウェイトローズのネットスーパーでは現在、有機野菜から牛乳、エールビール、ビスケットまで、300点以上ものダッチー・オリジナルズの商品を販売。 Getty Images 女王は他にも、皇太子の成長を見届ける喜びについても語っていた。 「母親として息子の70歳の誕生日をお祝いできるということは、とても光栄なことです」「それは、我が子の成長を見届けられるほど長生きしているという証拠でもあります。 例えるなら、植えた苗木が立派な木に成長するまでを見届けたような気分です」 親子の絆と深い愛情を感じさせるスピーチを披露したエリザベス女王。 親にとって子はいつまでも子であることを改めて実感。

次の