防犯 カメラ 設置 方法。 屋外用監視(防犯)カメラの設置・取付方法

駐車場の防犯カメラの設置!取付工事の費用や自分でつける方法も

防犯 カメラ 設置 方法

こんな疑問を抱えたことはないでしょうか? 屋外に監視カメラを設置したいなと考えた時、屋外に向いている監視カメラはどんな製品があって、どうやって選べばいいのか。 あるいは、どんな場所に設置すればいいのか。 どうやって設置すればいいのか。 この記事では、屋外に監視カメラを設置したいなと考えた時に浮かぶ疑問にお答えします。 屋外用監視(防犯)カメラの種類 市場には数多くの監視カメラがあり、一見するだけでは違いがわからないことが多いです。 しかし、概要を把握しておくだけで、監視カメラを選ぶ難易度は格段に下がります。 ここでは、屋外用として監視カメラを設置するにあたって理解しておきたいポイントとカメラの種類について簡単にまとめます。 1、防水仕様 屋外用に監視カメラを選ぶにあたり、まず考えるべきは「防水仕様」かどうかです。 防水仕様には2つタイプがあり、1つはもともと防水タイプではない監視カメラを、監視カメラ用のハウジングに入れて防水仕様にするもの、もう一つはカメラとハウジングが一体となっていて後からハウジングに入れる必要のないものです。 1つ目の防水ではないタイプの監視カメラは、下記の画像のようなカメラです。 これを隣の画像のハウジングに入れることで、屋外用監視カメラとして使用します。 2、機能 次に考えるのは、監視カメラが持つ機能です。 監視カメラを屋外に設置する場合、夜間の明るさを考慮することが必須です。 繁華街で夜間も照明に照らされているような場所に監視カメラを設置するケースでは、明るくない低照度の現場で必要となるデイナイト機能や赤外線LEDがついた監視カメラは必要ありません。 一方で、周囲にほとんど街灯がなく月明かりのみの明るさというような環境(下記の表の星明り)では、デイナイト機能や赤外線LEDが必ず必要になります。 表1 照度の目安 照度(単位:ルクス) 環境 10,000 快晴 5,000 曇りの日の屋外 1,000 パチンコ店 500 コンビニエンスストア、一般事務所 100 ホテルのロビー 10 屋内・地下駐車場 5~1 街灯 0. 1 満月の夜 0. それでは、デイナイト機能か赤外線LEDのついている監視カメラが必要な場合、どちらを選べばよいのでしょうか? こちらの記事「」でも説明していますが、 カメラの存在を目立たせたい場合は、赤外線LEDのついた監視カメラを、 カメラの存在を目立たせたくない場合は、デイナイト機能のついた監視カメラを、 お勧めしています。 カメラの存在を目立たせたい場合に赤外線LED付カメラをおススメする理由は、赤外線カメラは夜間または低照度の環境では赤外線LEDが点灯するからです。 赤外線LEDが点灯することによって、暗い環境でも撮影が出来るのですが、LEDが赤く点灯するので、カメラの存在を知らしめることが出来ます。 一方で、デイナイト機能をもったカメラは昼間も夜間も外見上は特に変化がないため、カメラの存在をアピールせずに撮影することができます。 赤外線カメラとデイナイトカメラのどちらを選択するかは、監視カメラを設置する目的によって決定してください。 設置場所 屋外用に監視カメラを設置する場合、主な設置場所は以下の3つです。 外周:戸建ての庭やマンションや工場などの外周に設置、あるいは外からの侵入を見張るために敷地内から外周にカメラを向けて設置します。 出入口:出入口の上部か少し離れた場所に設置します。 駐輪場・駐輪場:駐車場や駐輪場を監視する目的は、車上荒らしや盗難、いたずらの防止をするためです。 建物や屋根が近くにある場合は建物・屋根にカメラを設置します。 駐車場・駐輪場が離れた場所にある場合は、監視カメラ用のポールを立てて、取り付けます。 外周:外周を監視する目的は、柵・塀・フェンスを乗り越えての侵入を防ぐため、あるいはフェンス等を乗り越えた直後の侵入時に撮影するためです。 監視カメラは柵・塀・フェンス、建物等に取付けるか、ポールを設置して取り付けます。 出入口:出入口を監視する目的は、出入口からの侵入を防ぐこと、侵入者を撮影することです。 この場合、出入口の上部に取り付けることが一般的です。 設置・取付方法 1、カメラ カメラを設置するにあたり、まず考慮すべきは以下のポイントです。 構造 以上からカメラを取り付ける強度が十分あるか見極めます。 屋外用に監視カメラを取り付ける場合、天井、壁、ポールに取付けることが一般的です。 ポールに取り付ける際は、ポール取付用の金具、バンドあるいは板を使用して取り付けます。 2、電源 カメラには電源を供給する必要があります。 カメラを設置した場所の近くに電下を設置するか、電源を延長する必要があるときは、監視カメラ用の電源延長ケーブルを使用します。 ワンケーブルカメラは、文字通りケーブル1本で映像と電源を送ることのできるカメラです。 このカメラであれば、カメラの近くで電源が取る必要はなく、レコーダーの近くに専用の電源ユニット(ドライブユニット、ドライバー)を設置し、そこから同軸ケーブルで電源を供給します。 3、ケーブル 屋外に監視カメラを設置する場合、風雨や太陽の紫外線などによって同軸ケーブルが劣化します。 劣化を防ぐために、配管(塩ビ管、PF管等)を使用して同軸ケーブルを保護することをおススメします。 加えて、防犯上の観点から、ケーブルは露出しない方がベターです。 ケーブルが露出していると、容易に切断されてしまいます。 配管を使用せず同軸ケーブルを直接壁などの建材に固定する場合は、ステープルやサドルバンドを使用し、ケーブルが揺られないように固定します。 屋外にケーブルを敷設後、屋内にケーブルを引き込む工事になります。 ケーブルを屋内に引き込む方法は主に3つ。 新たに壁に穴をあける• エアコンダクトを使用する• フラットケーブル(すきまケーブル)を使用する この3つの中でのおススメは、新たに壁に穴をあけるかエアコンダクトを使用することです。 フラットケーブルをおススメ出来ない理由は、主に2つ。 窓やアルミサッシの開け閉めを繰り返すうちにケーブルが劣化し、切れてしまうことがある• ケーブルを露出することは防犯上よくない 可能であれば、新たに壁に穴をあけるかエアコンダクトを使用して下さい。 新たに穴をあけてケーブルを屋内に入れる場合、壁に穴をあけ、ジャンクションボックス、プールボックス、入線カバーを使用します。 フラットケーブルを使用する場合は、窓やサッシに沿ってフラットケーブルを敷設します。 エアコンダクトを使用する場合は、エアコンダクトのすき間を埋めているパテをドライバー等ではがしてケーブルを通します。 まとめ 屋外用に監視カメラを選び、設置する方法についてまとめました。 監視カメラについて少し知識を得るだけで、目的にあった製品を適切な価格で入手することができます。 まず、カメラが防水仕様かを確認し、夜間に照明がない場合は赤外線カメラかデイナイトカメラを選びます。 設置する際は、可能であればケーブル保護のために配管を使い壁の穴からケーブルを通す。 以上のことを念頭に、屋外用の監視カメラを選び設置してください。 当社では、広告・営業費用を限りなく削る取組みをしています。 その結果として、品質の高い商品を他社よりも安い値段で販売しています。 AHDカメラの導入や販売に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。 詳しいAHDカメラの情報は、をご覧ください。 監視カメラ(防犯カメラ)関連記事•

次の

防犯カメラを屋外に設置するときの注意点 屋外用防犯カメラ 防犯カメラセンター

防犯 カメラ 設置 方法

防犯カメラというとコンビニやオフィスビルなどに設置され、そのシステムは高額であるとイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。 しかし最近では防犯カメラも低価格化が進み、家庭でも手が届く範囲で防犯カメラを設置することもできるようになってきました。 防犯カメラをうまく利用できれば外部からの侵入者の抑制や記録、あるいは離れたところから家の子どもやペットを見守ることも難しくありません。 ただ気になるのがその費用です。 現在手軽な価格のものから高価なものまで、さまざまな防犯カメラが販売されています。 防犯カメラの機種によって一体何が違うのか、よくわからないことも多いでしょう。 今回は防犯カメラの設置費用を中心に、自分で設置するときのポイントや注意点なども確認していきます。 家庭用防犯カメラの設置費用について 防犯カメラは店舗内や商店街での犯罪防止、オフィスビルでのセキュリティ向上などのために広く普及してきましたが、最近では住宅周辺に導入する家庭も増えています。 しかしここで気になってくるのが導入のための費用です。 防犯カメラを一般家庭に導入したい場合、どのくらいの費用を見積もっておけばいいのでしょうか。 防犯カメラの費用の中心は「防犯カメラ本体」「レコーダー」と、それらをつなぐ工事費用です。 今回はこれらの費用について、とくに防犯カメラ本体を「屋外用」「屋内用」に分けて見ていきましょう。 しかし屋外は同時に雨や風の影響を強く受けるため、防水などの対策が不可欠になってくるのです。 屋外用防犯カメラで注目するポイントは次の4つではないでしょうか。 ・防水性能(防じん性能含む) ・夜間暗視機能 ・センサー機能 ・無線機能 以下、それぞれのポイントについて詳しく見ていきます。 防水性能 防水については日本工業規格(JIS規格)による『保護等級』と、国際電気標準会議(IEC)による『IPX等級』の2種類が広く基準として使われています。 この2つの等級はほぼ同じものを示すため、違いについて意識する必要は小さいといえるでしょう。 このIPX等級で防犯カメラの防水面の特徴を見てみると次の通りになります。 なお、Xのところに防じん性能を表す1~6の数字が入る場合もあり、数字が大きいほど性能は高くなるので参考にしましょう。 IPX5……防滴型カメラ。 激しい雨に当たると内部に水が浸入するおそれがある。 IPX6……防雨型カメラ。 激しい雨であっても内部に水が浸入しない。 IPX7……完全防水カメラ。 ある程度の時間水につかった状態でも水は浸入しない。 最近の屋外設置用防犯カメラはIPX6程度の防水性が確保されている場合が多いですが、とくに防滴型カメラの場合は直接雨が当たらない場所に設置するなど注意が必要です。 なお、屋外用ではIPX6相当の防水性能が近年の主流のようです。 防犯カメラ ハウジング 屋外 防雨 型 カバー ロング タイプ アイボリー ブラケット セット 防水性能が不足している防犯カメラでも、カメラを格納・風雨を受ける「ハウジング」を利用することで屋外に設置することができます。 この場合、カメラの購入価格とは別に費用が必要となるので注意しましょう。 こうした屋外用ハウジングは4,000円から7,000円前後で販売されています。 通常より場所を取りますが、全体的な費用が抑えられる場合が多いでしょう。 夜間暗視機能 侵入者は夜間に出現することも少なくありません。 そのため防水性能だけでなく暗視機能についても確認してみましょう。 暗視機能は光の代わりに熱を捉える「赤外線暗視」が近年にいたるまで主流です。 またデジタルカメラで多用されるCMOSセンサーは可視光だけでなく赤外線も感知可能なため、夜間は赤外線を照射して反射を記録することができます。 1つのセンサーだけで昼間は可視光、夜間は赤外線と切り替えることもできるのです。 さらに近年の高性能なCMOSセンサーは、これまで感知できなかった弱いレベルの光にも対応できるようになってきました。 赤外線による映像はモノクロが中心となるため、光を捉えることによるカラーの画像は万が一侵入された際の映像確認時に役立つかもしれません。 そのため死角をカバーする防犯カメラであれば、画面内で動きがあったときのみに録画するセンサー機能を持った防犯カメラを選択するのがベストといえるでしょう。 ただしセンサー機能で動きや熱を感知した後の処理には多少の違いが出てきます。 感知とともに録画を開始する場合、録画が数秒遅れるものが多いです。 しかし最近ではドライブレコーダーのように常時録画処理を行い、センサーの感知から遡って記録する防犯カメラもあります。 こうした『スキップバック機能』に対応していると不審者などの映像も録画されやすく、侵入者特定には効果的といえるでしょう。 また、犯罪予防の観点からはセンサーライトと併用したり、センサーライト付きの防犯カメラを選んだりするのも有効かもしれません。 ・動き検知:6,000円前後~ ・センサーライト付:12,000円前後~ 無線機能 屋外で設置するにあたって最大の障害となるのが配線です。 屋外の防犯カメラからの映像を屋内まで取り込むには、壁に穴を開けてケーブルを通すことになる場合が少なくありません。 しかし近年では、Wi-Fiをはじめとした無線ネットワーク機能が充実して価格低下とともに安定した性能となり、防犯カメラにも利用される場合が多くなってきました。 無線で映像を屋内まで飛ばすことができれば配線の取り込み工事は不要となり、手軽に防犯カメラを利用することができます。 ただ家庭用に許可されている2. 4GHz帯や5GHz帯はほかにも多くの無線通信、さらには電子レンジなどにも利用されており、電波状況が不安定になる場合もあります。 また5GHz帯は屋内のみでの利用とされているため注意が必要です。 有線の場合は映像ケーブルが電源ケーブルを兼ねている場合もあり、無線タイプでは別途電源を確保する必要があるのもデメリットといえます。 家庭で屋内用防犯カメラは侵入防止や犯罪行為の記録というより、小さな子どもや赤ちゃん、それにペットなどを見守るために使用することが多いといえます。 この用途から考えれば、重要になるのは、次の2つのポイントです。 ・広角撮影機能 ・首振り機能 どちらも広い範囲を1つのカメラでカバーするのには重要な要素です。 小さな子どもやペットはあらゆるところを走り回るため、カメラの死角を少なくする必要があります。 この際、カメラのレンズを広角のものにすることで映像のゆがみが大きくなりますが、部屋の広い範囲をカバーすることが可能です。 また首振り機能はカメラを上下左右に動かすことで、カメラの撮影範囲外に出た場合でもしっかり追いかけることが可能です。 ハードディスク価格(3. またディスプレイとカメラがセットになり、レコーダー機能を兼ねているようなものもあります。 こうした防犯カメラの場合はSDカードで記録するタイプが多いですが、ハードディスクよりは容量が少ないため録画時間には注意しておきましょう。 設置工事費:40,000円前後~ 設置工事を業者に依頼する場合、機器とは別に費用が必要になってきます。 カメラ台数が多いほど1台当たりの設置工事費は安くなるものの、全体の工事費としては高額になるので注意しましょう。 ただし、防犯カメラは設置場所によって高所での工事、壁や天井への穴あけ、配線を通す工事、ケーブルの延長、配線管の新設など工事費用やかかる時間は大きく変わってきます。 見積もりを取り、高額な追加料金などが発生しないよう内容をしっかりと検討することが大切です。 自分で屋外に防犯カメラを設置する方法 防犯カメラの本体やレコーダーは一般にも販売されており、1台だけの設置であれば取り付けの負担も大きくはありません。 また最近ではWi-Fiを利用したものなど、設置が比較的容易なものも普及してきました。 ここでは防犯カメラ設置をDIYでおこなう際に必要な部材や設置方法について見ていきましょう。 防犯カメラ設置に必要な部材 防犯カメラ設置をDIYでおこなうためには、次のものを準備しておきましょう。 ・電源などの延長ケーブル ・取り付け自在蓋の付いた取付台 壁や天井に穴を開けずに設置したい場合、取付台をPPバンドや金属バンドなどで柱などに巻き付けそこに防犯カメラを固定することが可能です。 必要であれば用意しましょう。 屋外にコンセントがない場合の対処法 屋外にコンセントが設置されていない場合、対処方法は主に2つ考えられます。 ・屋内まで電源を伸ばして接続する ・屋外にコンセントを新設する コンセント新設などの電気配線に関わる工事については電気工事士の資格がなければおこなうことができません。 今回は工事をせず、屋内コンセントから電源を取る方法について考えてみましょう。 工事不要で電源ケーブルを通すためには、部屋の開口部である窓を利用するのが一番です。 しかしそのままケーブルを通してしまうと窓が閉まりきらない、ケーブルも破損しやすいとデメリットが大きくなります。 解決方法として、次のようなものを利用してみましょう。 世界で一番薄い0. 9mm 電源コード フラットコード こうしたシート状の電源延長コードを利用することで、窓サッシからコード類を通すことが容易になります。 LANケーブルなどについても同様のケーブルが市販されているため、屋外まで配線を伸ばす際には利用してみてはいかがでしょうか。 その他の方法としては、エアコンダクトの穴を利用することも考えられます。 防犯カメラの設置方法 では、設置方法を手順別に見ていきましょう。 ・設置場所を確認 まずは防犯カメラの設置場所を確認し、土台となる場所の強度が十分か、しっかりと固定できる部分はどこかなどを確認します。 ・配線部品の取り付け 配線配管やモールなど、ケーブルを通すルートに沿って設置します。 ケーブルの延長がある場合は接続部分がどこに当たるかもしっかりと確認しましょう。 ・カメラ本体の設置 屋外の防犯カメラはしっかりと固定する必要があるため、ねじ止めが必要な商品が多くなっています。 取り付け自在蓋なども利用しつつ、強風や雨などに耐えられるよう固定しましょう。 ・配線を通す、接続 固定した配線部品に必要な配管を通します。 防犯カメラによっては2種類以上の配線を通すことになるかもしれません。 DIYでおこなう場合は蓋を外して配線を通せるモールが利用しやすいでしょう。 ・映像チェック 配線がしっかりつながっているか、カメラが目的通り撮影できているかなどを一度確認しておきましょう。 ・防水処理 モールのつなぎ目など、雨が浸入する可能性のある場所はブチルテープやパテを使って防水処理をおこないましょう。 そのため個人情報などプライバシーの権利を尊重した設置・管理をおこなう必要が出てくるでしょう。 防犯カメラを設置するということは、そのカメラに映るものを記録しつづけることになります。 道路に向けた防犯カメラであればいつ、誰が、どちらへ通過したかが記録される可能性があります。 またカメラの撮影範囲に隣家があった場合、特定の個人が生活する様子を記録し続けることにもつながるのです。 そうなればそれは個人情報であり、場合によってはプライバシーの侵害にも当たるでしょう。 一方、こうした個人を特定する情報を保護する法律として『個人情報保護法』があります。 この法律との関係はどうでしょうか。 個人情報保護法で個人情報の収集及び利用目的の通知義務があるのは、事業で情報を取り扱う個人情報取扱事業者に限られます。 そのため、個人での防犯カメラ利用は個人情報保護法の対象外と考えられる場合が多いでしょう。 また防犯カメラの設置によって得られる個人情報にしても利用目的は防犯のためであることが明らかと考えられ、利用目的を明示する必要がないと考えられるのです。 ただ他人の私生活を記録し続けること、ましてやその情報を漏らすようなことは防犯目的以外の利用に当たり、プライバシー保護の観点からもふさわしくありません。 防犯カメラを設置する際には他人の家の中が映らないようにし、半年までを目途に必要以上に記録を残し続けないようにしましょう。 まとめ 防犯カメラ設置の費用はその性能に大きく左右されます。 設置に当たっては「どういう場所に設置するか」「どういった目的か」などの条件をしっかりと確認し、条件にあった製品を選ぶようにしましょう。 とくに費用を節約しようとし、その結果性能的に不十分となれば満足いく設置にはならないでしょう。 ただ防犯カメラの高性能化に当たり気になるのがプライバシーの権利です。 個人で使用するぶんには個人情報保護法などは対象外になることが多いですが、防犯という目的を超えないようカメラの向きや録画の保存期間などに気を付けることが大切になります。 不審者から身を守る取り組みが他人を傷つけることのないよう、しっかりと配慮しつつ防犯カメラを活用していきましょう。 防犯カメラ設置を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

家庭用の防犯カメラを自分で設置するには?設置方法や注意点まとめ|生活110番ニュース

防犯 カメラ 設置 方法

屋内か屋外、どこを監視したいのかなど、防犯カメラを設置する用途や目的を明確にしておくようにしましょう。 たとえば玄関などの出入口に防犯カメラを取り付けることで、空き巣や不審者の侵入を防ぐことができます。 防犯カメラは入口側を映すようにすることで、出入りする人も把握できますし、ドアの鍵を開けようとする姿も捉えることができます。 また窓からの侵入も多いため、人目に付きにくく、窓からの侵入が出来そうな低層階の部分も、防犯カメラを設置することでセキュリティの強化が可能になります。 ほかにも建物側を映すのではなく、外側に向けて設置することで、不審者への威嚇やイタズラ防止に繋げることができます。 撮影する範囲を把握せずに設置してしまうと、結果的に不審者の顔がぼやけてわからなかったり、車のナンバーなども特定できなかったりと、せっかく防犯カメラを取り付けた意味がありません。 こうしたことがないように、用途と撮影範囲が適した防犯カメラを設置することがポイントです。 基本的に屋内には近距離用、屋外向けには長距離用のタイプが多く用いられます。 最近は、屋内向けでも、広い範囲が撮影できる広角レンズも増えてきています。 なお取り付ける防犯カメラは、設置する場所に合わせて選びましょう。 現在、防犯カメラにはさまざまな種類が登場しており、目的や場所に合わせた機能を持っています。 家庭用であれば、場所を取らないコンパクトタイプ、屋外だと防水機能や夜間監視ができるものなどがあります。 屋外を監視するのに、防水機能などがない屋内用カメラを設置しても、うまく機能しないまま壊れてしまうこともありますので、注意が必要です。 防犯カメラの設置は、単に防犯対策というだけでなく、さまざまな目的・用途で活用されます。 店舗では防犯・不正防止以外にも、1日の顧客属性の把握や、顧客が店内でどんな動きをするのかといった動線の可視化など、マーケティング目的で防犯カメラを取り付けるところもあります。 ほかにも、オフィス内では、従業員の入退室管理や勤務状況を把握するためにカメラを設置するなど、防犯対策以外にも色々な使い方ができます。 それは防犯カメラが、通路やほかの敷地が映るような設置方法だった場合、防犯カメラの設置を明示していないと、近隣に住む人や近くを通った人から「隠し撮りされた」と言われる可能性があるからです。 たとえ実際のところは映っていなかったとしても、相手がどう感じるかはわかりませんし、大きなトラブルになるのを防ぐためにも、防犯カメラの設置はキチンと明示しておくことが大切です。

次の