じゃがりこ ポテサラ。 登山の行動食で作るポテトサラダ

「じゃがりこ+チーズ」で簡単ポテサラレシピ! サッポロ黒ラベル飲むならオススメ

じゃがりこ ポテサラ

さん yummyfooddrink がシェアした投稿 — 2017年 8月月25日午後10時03分PDT スナック菓子にお湯を入れるなんて普通だったらやりませんから、初めてだったら、そりゃ多少はためらいや不安もありますよね。 でも、失敗さえしなければ、そこには新たに経験する舌踊る味と、スナック菓子がスーパーのお惣菜にも劣らぬ食卓の一品に化ける感動を体験できますので、恐れず実践していただきたいと思います。 そこで何より重要になるのは、じゃがりこに注ぐお湯の量です。 多すぎると水っぽくなり、ポテトサラダのような味、マッシュポテトのような食感とは程遠くなってしまいますし、少なければ、じゃがりこがポテサラには変化してくれません。 とはいえ、お湯が少なかったら後から注ぎ足せばいいだけのことですから、お湯をどれくらいの量入れればいいのかに関しては、入れすぎないように気をつけさえすれば大丈夫。 作る際には、じゃがりこのカップに、そのままお湯を注いでOKです。 硬めが好みでしたら、お湯の量は容器の3分の1くらい。 柔らかめが好きだったら、お湯の量は容器の半分くらいです。 カップラーメンにお湯を注ぐときのような感じで、カップのフタを全部はがさずに開けて、お湯を入れてからフタを閉じてしばし待ちます。 じゃがりこの容器は、カップ麺の容器ほど丈夫ではありませんから、火傷には気をつけてくださいね。 お湯を注ぐと、カップが熱でフニャフニャになります。 別の器に移してからお湯を注ぐと、お湯がすぐに冷めてしまって、うまい具合にじゃがりこがふやけてくれない場合もありますのでご注意を。 まだじゃがりこのポテトサラダにチャレンジしたことがないのでしたら、まずは、3分の1の量のお湯で試してみて、少ないようならお湯を注ぎ足せばよいでしょう。 柔らかくなってきたら、容器に入れたままスプーンやフォークなど潰して、じゃがりこのカリカリ感がなくなったら完成です。 この時、お湯が足りないようでしたら、少しずつ注ぎ足してみて下さい。 じゃがりこにお湯を入れてからポテサラが完成するまでの時間は? じゃがりこにお湯を入れてから、どのくらい待てばいいのかについてですが、 時間は2~3分程度です。 カップラーメンと同じくらいか、やや短い時間で完成します。 まだ、じゃがりこポテトサラダ作りに慣れていないのでしたら、お湯を注いでから2分くらい待って、それからスプーンやフォークなどで潰してみて、ふやけ具合を見るといいでしょう。 まだ固かったら、そのままもう少し待つか、お湯が足りないようなら注ぎ足しましょう。 もし じゃがりこにお湯を入れすぎたら? 料理に慣れている人も、そうでない人も、スナック菓子にお湯を注いでポテトサラダに転生させるなんて経験はそうそうないでしょうから、失敗することもあるかと思います。 じゃがりこポテサラの調理で失敗することがあるとすれば、それは、お湯の入れすぎでしょう。 お湯が少なかったらお湯を足せばいいし、逆に、多すぎた場合には、じゃがりこを足せばいい・・・とはいっても、余分なじゃがりこがなかったら詰んでしまいますよね。 あっても、こんなことのために、じゃがりこをいくつも開封することは、ためらわれるでしょう。 そんな場合にオススメの調理法があるので、紹介しますね。 この方法は、お湯を入れすぎたときだけではなく、そうでない場合も、より美味しいじゃがりこポテトサラダを作る料理法としてイチオシなんですよ! — 2019年 1月月21日午前2時06分PST じゃがバター味といえば、じゃがりこの中のじゃがりこ、日清カップヌードルで言ったら醤油味のようなド定番のようにも思えますが、無難そうに見えて、いえ、無難だからこそなのか、お湯を注いで潰しただけだと、なんだかコロッケの中身だけを食べているような面白みのなさ、味の不足を感じてしまいます。 味が物足りないようなら、マヨネーズや塩コショウなどをお好みに応じてかけるといいでしょう。 また、コロッケの中身みたいな味なのを逆手に取って、手軽にコロッケを手作りしたい場合に、じゃがバター味で作ったマッシュポテトにパン粉をつけて揚げるのもオススメですよ。 逆に美味しいのはというと、たらこバター味とサラダ味ですね。 — 2019年 1月月21日午前1時51分PST そこで、サラダ味のじゃがりこで作ったポテトサラダには、マヨネーズをちょい足ししてみるのもオススメです。 マヨネーズをプラスすることによって、そこに酸味と滑らかさが加わり、ポテトサラダ感が更にアップ。 味に意外性はありませんが、じゃがりこを使ってお手軽にポテトサラダらしいポテトサラダを作りたいなら、サラダ味の物で作ってマヨネーズを少し足すと良いでしょう。 チーズ味のじゃがりこに関しては、チーズの味に癖が強いので、これは人によって最も好みが分かれるのではないかと思います。 ネットでの口コミ・評判を見てみても、賛否両論あるようです。 人によっては、まずいと感じてしまうかも。

次の

たぶん今さらなんだろうけど、じゃが湯りこ

じゃがりこ ポテサラ

INDEX• じゃがりことお湯だけでポテサラを作る! 必要なモノは本当に「じゃがりこ」と「お湯」だけ。 蓋をして2分ほど待ちます。 2分経ったら、 シッカリと混ぜれば、 完成! 見た目もポテトサラダそのもの。 味は、揚げてある分普通のポテサラよりも少し油分が多い感じですが、コレが美味しい。 想像していたお菓子のレシピの域を超えた美味しさ。 普通のポテサラよりも美味しいです。 たらこバター味が超美味かった! 上記のサラダ味とたらこバター味の2種類を試したのですが、たらこバター味のポテサラがこれが凄く美味しかったです。 混ぜる際にたらこのいい匂いが漂ってきて、食べる前から美味しいのが想像できてしまいます。 程よい具合に混ぜると、若干じゃがりこのサクサク感が残った感じがありコレがアクセントになってまた良い。 簡単に出来るので是非試してみてください! 動画で紹介 動画でもこちらのレシピと感想を紹介していますので、よろしければご覧下さい。

次の

【食べ比べ】ポテトサラダ脅威の19種類!・じゃがりこポテサラ編

じゃがりこ ポテサラ

私はビールを毎日飲むので、アサヒのスーパードライ、キリンの一番搾り、サッポロの黒ラベルなどをその日の気分で選んでいるのですが(週末とか給料日後はプレモル、ヱビスが選択肢に入ってきます)、初夏の気候になって手に取る頻度が増えたのが黒ラベル。 黒ラベルは、ほどよい麦のうまみと苦みがバランスが良く、五月の青空のようにさっぱりと飲めます。 例えば真夏だったらスーパードライのキリリとした感じが良いなというように、初夏だったら私は黒ラベル。 黒ラベルの特徴は、麦のうまみ、そして苦み。 麦といったら穀物。 なので、穀物感に注目したアレンジおつまみを作ってみました。 穀物といったら、いも! 今週紹介する簡単おつまみは「じゃがりこポテサラチーズ」です。 お菓子を利用した簡単料理なのに、サッポロ生ビール 黒ラベルに合いますよ。 サッポロ生ビール 黒ラベルを流し込むと、麦のうまみと合わさっておいしさ倍増。 「くーーーー、うまっ!」という感じに。 黒ラベルは後味のキレも良く食事の後の口をさっぱりさせてくれるので、スナック菓子からつくったポテトサラダでも飽きが来ないので相性いいです。 コツとポイント じゃがりこポテサラチーズはとっても簡単で、黒ラベルだけじゃなくビール全般やハイボール、サワーに合うでしょう。 オススメです! じゃがりこをうまくポテトサラダにできるかどうかだけがポイント。 繰り返しになりますが、お湯を注ぎ過ぎないようにだけ気を付けてください。 市販のポテトサラダを買ってくるのと違って、お湯を注いでつくった温かいポテトサラダというところがおもしろさなので、ぜひ熱々のうちに召し上がって欲しいです。 おすすめのおつまみレシピがあったら教えてください。 記事の感想や要望もお待ちしています! コメントはにお願いいたします。 もやっていますよ。

次の