ビー トレーディング 違法。 ビートレーディングは違法?ファクタリングを利用したヤミ金に注意!

ファクタリングで初逮捕者?悪徳詐欺業者に騙されないために知っておきたいこと|ファクタリング研究所

ビー トレーディング 違法

電子化による債券取引の増加、スマートフォン・インターネットの普及等に伴い人気が高まりつつあるファクタリング事業に着目し、数多くの中小企業の倒産危機を救ってきた、現在最もファクタリングに力を入れている経営再建のプロ集団と言っても過言ではありません。 低費用での資金調達・早期現金化はもちろんの事、 迅速性にも優れており、最短で即日での入金・実行を実現させており、資金繰りに悩む企業にコストパフォーマンス・スピードの両面からサポートしています。 また、コスト・スピード面のみならず、利用する企業にとって何が最善なのかを考え、最も当企業に合ったファクタリング方法を提案出来る、コンサルタント会社・ビートレーディングにしかない「提案力」があり、その高いクオリティのサービスは利用者から高い評価を得ています。 ファクタリングなら即日入金も可能 ファクタリングを敬遠する方の理由の多くが 「手続きが煩わしそう」 「審査が厳しそう」 「時間が掛かりそう」と答えています。 恐らく、金融機関での融資審査が非常に厳しく、提出資料が膨大である点、審査に時間が掛かってしまう事等からそういったイメージが付いてしまっているのかと推察します。 審査に時間は掛からない 銀行融資とは違い、ファクタリングは利用者の経営状況よりも、提供される債権を重点的に審査します。 例えば、売掛先とはどれくらいの頻度での取引を行っているのか、きちんと遅れずに入金がなされているのか、適正な取引なのか等です。 つまり、 企業の経営状況を年単位で審査する銀行融資とは審査時間が圧倒的に短縮され、1日でも早い入金が必要な企業にとっては、正に理想な資金調達方法であると言え、さらにビートレーディングであれば 即日での審査・入金も可能となっています。 簡単5秒診断でチェック まずは企業が有する債権にどれほどの価値があるのか、把握しておく事が望ましいです。 簡単なチェック項目入力で、早期現金化の可否・可能額を診断することが出来ます。 初めての利用でも問題無し ファクタリングは新規で事業を始められた会社から、長く経営を行っている老舗の会社まで幅広く利用されており、 初めてファクタリングを行う場合でも審査には全く影響は出ません。 債権の電子取引が常となり新しい資金調達方法としてファクタリングが注目され始めたのが割と近年という事もあり、老舗の会社であってもファクタリングは初めて、といった会社は決して珍しい事ではありませんので、安心してお申し込みください。 二社間・三者間共に対応可能 ファクタリングには二社間や三者間と呼ばれるファクタリング方法が存在しており、それぞれにメリット・デメリット・特徴があります。 現在、ファクタリング業者は数多く存在しておりますが、 二社間・三者間のいずれかがしか対応していない場合がほとんどで、利用する企業にとって一番いい方法を選択し辛い状況にありました。 ビートレーディングはそのような状況を改善し、資金繰りに悩む企業にとって 最も効果的なプランを提案するために、 二社間・三者間のみならず様々な面からの検討を行い、コンサルタントを行います。 経営改善・再建をお考えの経営者様は、多くの企業の倒産を回避させてきた実績のある「ビートレーディング」にまずは相談してみてはいかがでしょうか。 衣類は季節の影響が出やすく流行り廃りが激しい業界のため、需要と供給が安定せず、どうしても不安定な経営になりがちですが、ビートレーディング様のファクタリングを知り、利用するようになってからは、急な仕入・支払いに即時に対応できるようになり、売り上げが増加・安定するようになりました。 ご担当者様には親身になって相談に乗って頂いた上、ファクタリング以外にも色々な資金調達方法を提案・コンサルタントして頂き、本当にありがとうございました。 当社のような業種の場合のスポット利用はコスト・迅速性等を総合的に見ると、ファクタリングでの資金調達が最も適しているとの診断は間違いありませんでした。 今後ともよろしくお願いします。

次の

【嘘!ホント?】ビートレーディングの口コミや評判は?悪徳業者の被害に遭わない為に!

ビー トレーディング 違法

ファクタリングは、「売掛債権(売掛金)」の譲渡による、資金調達の方法のひとつ。 ファクタリング業者は売掛金を買い取り、手数料を割り引いた額をファクタリング利用企業に渡します。 ファクタリング利用企業は、売掛先から支払われた売掛金をファクタリング業者に渡す必要はありますが、 「返済」の必要があったり、「利息」がついたりすることはありません。 本来のファクタリングの形は、法律的に何ら問題なく 「合法」です。 しかし、ファクタリングを装いながら実態は闇金といった、悪徳業者も少なからず存在します。 そういった業者が、「違法」なファクタリングを行っています。 2017年には、そういったファクタリングを装った違法な業者が、 貸金業法違反で逮捕される事件もありました。 本記事では、ファクタリングに関する「違法」のパターンと、そういった業者を見定めるためのポイントをまとめます。 知っておきたい3つの法律 ファクタリング業者に関して、違法か合法かを判断する際に知っておきたいのが、次の3つの法律です。 貸金業法• 利息制限法• 出資法 貸金業法は、消費者金融などの貸金業者や、貸金業者からの借入れについて定めている法律です。 貸金業を行う業者は、貸金業法の対象となります。 また、貸金業を行うためには、まず、 財務局または都道府県へ登録を行う必要があります。 登録をせずに貸金業を営むこと、また、貸金業法に違反することは「違法」です。 ファクタリングは基本的に貸金ではないため、 貸金業の登録は必要なく、貸金業法の対象にもなりません。 しかし、ファクタリング業者を装いつつ、取引の実態は貸金であるという場合、貸金業法違反の「違法」であるとみなされます。 利息制限法と出資法は、 貸金の金利の上限を定めるものです。 利息制限法の上限金利は、 年利15%~20%で、超過する場合は民事上無効となります。 ファクタリングは貸金ではないため、本来、利息制限法や出資法は関係ありません。 ただ、ファクタリングを装い実質貸金を行っている悪徳業者では、この20%を超える金利を設定している場合が多いです。 違法な業者を見定めるポイント 前述の法律も踏まえて、違法なファクタリング業者を見定めるには、次のようなポイントがあります。 「貸金」を行っていないか 「ファクタリング」をうたっていても、売掛債権を譲渡するのではなく 「担保」にしたり、回収した売掛金以外に 「返済」の必要があったり、 「利息」がついたりするのは、ファクタリングではなく「貸金」です。 また、ファクタリングと共に 「融資」を勧めてくる業者にも要注意です。 まずは、その業者が行っていることが 本当に「ファクタリング」なのかを見定めましょう。 また、ファクタリングとは別に「貸金」を行っている業者の場合、 登録がある業者なのかもチェックしましょう。 「手数料」は相場の範囲内か 貸金の場合は「金利」がつきますが、ファクタリングの場合は 「手数料」が割り引かれて売掛債権が現金化されます。 この手数料にも相場があります。 ファクタリングには、売掛債権保有企業とファクタリング業者とが行う「2社間ファクタリング」と、売掛先企業も関わる「3社間ファクタリング」とがあり、それぞれの手数料の相場は次のようになっています。 上記を超える手数料を設定している業者は、悪徳業者と考えた方がよく、何らかの違法行為が行われている可能性もあります。 ファクタリングは貸金業ではないため、基本的に利息制限法が適用されることはありませんが、実質貸金という悪徳業者に対し、裁判所で利息制限法が適用された例もあります。 「ノンリコースファクタリング」であるか 日本国内のファクタリングは、 償還請求権なしの完全買い取りである「ノンリコースファクタリング」が一般的です。 これは、万が一売掛金が回収できなかった場合も、 ファクタリング利用企業は支払いの義務を負わないという形のファクタリングです。 しかし、ファクタリング利用企業が支払いの義務を負う「リコースファクタリング」になっている場合、悪徳業者の可能性が高まります。 そして、支払ができないとなると、高利で貸金を行うなどの違法行為につながります。 契約書が重要 違法行為を行うような悪徳業者の被害に遭わないためには、業者選定時の見極めも重要ですが、契約書の確認がさらに重要です。 ここで挙げたような点が契約書に明記されているか確認した上で、 不明な点や、修正が必要な点は、契約を結ぶ前に必ず解決しておきましょう。 そして、 契約書の控えも必ずもらうようにします。 そもそも 契約書がなかったり、説明が曖昧だったりする業者は危険です。 冒頭でも述べたように、ファクタリングそのものは「合法」で、まっとうな業者もきちんといます。 信頼できる業者を見定めて、有益なファクタリングを行うようにしましょう。

次の

ビートレーディングのファクタリング情報・手数料・口コミ評判・会社情報を解説

ビー トレーディング 違法

クリックできる目次• ビートレーディングのファクタリング【口コミ評判】 ビートレーディングの口コミ評判を紹介します。 評価の高い口コミ 評価の高い口コミは以下の内容です。 他社よりも手数料が安くて助かった。 申し込みから審査結果の通知、入金までのスピードが早い• 他社よりも対応が丁寧で親身に話を聞いてくれた。 銀行融資を受けられない状況で資金調達ができた。 ビートレーディングを評価する声として多いのは「手数料が安い」というものです。 手数料は審査の過程で、取引金額や売掛先の企業の評価、過去におけるビートレーディングの利用実績などによって決まります。 スタッフ対応の評判も良く、審査で否決になった場合でも資金調達のコンサルティング会社を紹介してもらえたという人もいます。 悪い口コミはあまりないが… ビートレーディングの口コミを探しても、悪い内容のものはあまり見つかりません。 しかし一部には割と手数料がかかったという人もいます。 手数料が業界トップクラスに安いと言われるビートレーディングですが、手数料は審査によってクライアントごとに差異が出てしまうことがあります。 よって、人によっては手数料に不満をもってしまうケースもあるようです。 どうしても手数料を抑えたい方は、手数料の詳細について事前に問い合わせをすることもできます。 違法業者という噂は事実ではない ネット上では、ビートレーディングは違法業者であるとの噂があるようですが事実ではありません。 公式サイトで会社概要をチェック 公式サイトにあるビートレーディングの会社概要や、口コミ・評判を見れば、違法業者でないことは明らかです。 往々にして、金融会社は高い金利や手数料の面で法に反しているのではないか疑われることがあります。 またファクタリングと貸金業を混同していて、サービスの利用にかかる手数料や費用を把握できていないことも噂になる一因かもしれません。 違法業者は身元を明かさない ファクタリングなど金融関係の会社は、契約にはない法外な高い手数料や金利を取る違法な業者が確かに存在します。 しかし、そのような会社は公式サイトで代表者名や所在地を明かさないことがほとんどです。 過去にはファクタリング会社を装った闇金や悪徳会社が摘発されるという事件も起きているので注意が必要です。 ビートレーディングのファクタリング(手数料・即日スピード査定) ビートレーディングのファクタリングはどのようなものか、会社選びをする際に重要となる手数料や査定スピードなど、気になる点を見ていきましょう。 最大買取率は98%になる計算です。 審査状況によって手数料のパーセンテージは変動しますが、ファクタリング手数料の相場は3社間ファクタリングで1~9%前後、2社間ファクタリングで10~20%なので、ビートレーディングの手数料は安いと言えます。 手数料の取引金額における比率は、金額が高いほど低くなり、安いほど高くなりやすいです。 その他、売掛先の企業の信用度や、売掛金が入金されるまでの日数などによっても変動します。 売掛金の即日買取が可能なスピード審査 ビートレーディングのファクタリングは、2者間契約で最短即日の資金調達が可能となっていて、申込から入金まで12時間と公表されています。 3者間契約の場合は、売掛先の企業に売掛金の買取を承諾してもらう必要があるので、2者間契約よりも手続きに時間がかかり、即日での入金は難しいでしょう。 それでもビートレーディングのスピード査定は、「他社に比べて早い」と業界の中でも定評があります。 できるだけ早く審査を済ませて即日での資金調達をするためには、必要書類をいかに早く用意するがカギになるので、事前に揃えておくと良いです。 公式サイト・電話で売掛金仮査定(無料)ができる ビートレーディングは公式サイトまたは電話で、売掛債権の買取金額や、買取の可否などの無料診断をしてもらえます。 公式サイトでは、ファクタリング診断フォームで利用目的や調達希望日、業種などの質問に答え、会社情報を送信することで、買取金額や手数料の無料診断ができます。 事前に試してみるのもおすすめです。 実績と信頼で人気のビートレーディング ビートレーディングはファクタリング業界でも有名な会社ですが、その大きな理由が実績と信頼のある会社であることです。 月間契約数が約400件 ビートレーディングの2018年度の月間契約数は約400件となっており、年にして4800件という驚くべき契約数です。 公式サイトによると累計問い合わせ数6. 2万件、累計買取債権額409億円、累計利用者数1. 6万というデータが出ています。 これだけの契約数でありながら、前述のような評価の高い口コミが多いことからも会社の信頼性を感じることができます。 ファクタリング会社を選ぶ際の大きな指標の一つです。 全国に出張査定サポート(大阪・福岡に支店あり) ビートレーディングは初回契約に限っては、原則対面による手続きが必要になります。 遠方で来社するのが困難な場合には、ビートレーディングが全国に出張査定をしてくれます。 会社経営者や幹部の方となると多忙で来社のスケジュールを組めないことも多いので、出張・訪問査定をしてもらえるのは便利です。 東京以外には大阪と福岡に支店があります。 個人事業主も申し込みできる ビートレーディングのファクタリングは法人・企業だけでなく、個人事業主も利用できます。 ファクタリングは売掛債権の売買をする契約なので、売掛金があれば個人事業主も売掛債権を買い取ってもらえます。 したがって、お勤めされている一般の会社員の方が給与債権を買い取ってもらうことはできません。 株式会社ビートレーディングの会社概要 株式会社ビートレーディングの会社概要を見ていきましょう。 経営者の間でもリピーターとなる方が多いです。 資金調達の相談を持ちかけた際に、より問題解決の近道となる方法を提案してもらえる場合もあるかもしれません。 ビートレーディングのデメリット2つ ここまで見てきた通り、ビートレーディングはとてもおすすめの会社ですが、それでも2つのデメリットがあるので、ここで解説します。 ファクタリングの最大手で相場より安い手数料なのは間違いないのですが、最大でどのくらいかかるのか分からず、不安になる人もいるかもしれません。 取引金額や売掛金の支払期日までの日数など、リスクに応じて手数料が変動することも、上限が開示されていない理由の一つです。 初回契約は来社・訪問が必要 ビートレーディングのファクタリングは、原則的に初回契約のみ来社または訪問による契約となります。 面談なしでWEB完結の手続きにしたい方にとってはデメリットとなります。 ちゃんと顔を合わせて契約をしたほうが安心するという方にとっては、問題になりません。 ビートレーディングのメリット5つ ビートレーディングのメリットを5つ解説します 1. スピード査定で最短即日の資金調達ができる 最短即日で資金調達ができるファクタリング会社は多く存在しますが、そのなかでもビートレーディングの査定スピード評価の高さは目立ちます。 口コミが多いことだけでなく、インターネットの評価サイトでは、ビートレーディングの査定スピードを高く評価するサイトが多いです。 申し込みの時間や審査状況によっては翌日以降の入金となるファクタリングですが、ビートレーディングはそのようなことがあまりないと考えられます。 2者間契約・3者間契約どちらも可能 ビートレーディングのファクタリングは、2者間契約と3者間契約のどちらも選ぶことができます。 多くの方は売掛先へファクタリング会社から通知がいかない2者間契約を選びますが、3者間契約よりも手数料が割高となります。 しかし売掛先にファクタリングを利用したことが知られてしまうと、会社の信用度が今後落ちることにつながるため、割高の手数料をかけてでも2者間契約を選ぶ方が多いのです。 「とにかく安く」と考えている方は、比較的手数料が安くなる3者間契約も選択できます。 創業一年未満でも利用できる ビートレーディングのファクタリングは、創業1年未満のような歴史の浅い会社でも利用できます。 口コミ評判ではこのような点を評価する物もありました。 会社の信頼性は手数料などの審査結果にも影響しますが、信頼性とったポイントでは少し不利になると考えられます。 良い口コミが圧倒的に多い ビートレーディングは良い口コミが圧倒的に多い会社で、会社選びの決め手にもなりやすいです。 申し込み際は口コミも参考に他社と比較すると良いです。 大手ゆえの知名度による安心感 ビートレーディングは大手ゆえの知名度による安心感のある会社です。 小さな業者よりは大手なりの利便性の高さがあり、初めて利用する方にもおすすめです。 また大手の業者は相場よりも低い手数料であることも強みとなり、選ばれる理由になります。 利便性が高いのはもちろんのこと、これまでの取引実績や口コミなどからとても頼りになる会社であることが分かったと思います。 まさしく資金調達のお悩みをサポートするスペシャリストの1社といっても良いでしょう。 是非ビートレーディングの利用を検討してみてください。

次の