ベンジャミン パ ヴァール。 可愛いくるくる髪イケメン!サッカー仏代表ベンジャマンパヴァールのシュツットガルトでのプレースタイルやポジション・技術! 超美人彼女は元ミス仏、インスタで仲良し姿披露の浅野拓磨選手など最新情報

【ウイイレ2020】パヴァール/ベンジャミン・パヴァール【確定スカウト/選手能力/レベマ/FP/ウイニングイレブン2020】

ベンジャミン パ ヴァール

でのパヴァール 2018年 名前 本名 ベンジャマン・ジャック・マルセル・パヴァール Benjamin Jacques Marcel Pavard ラテン文字 Benjamin Pavard 基本情報 国籍 生年月日 1996-03-28 (24歳) 出身地 身長 186cm 体重 76kg 選手情報 在籍チーム ポジション CB, RSB 背番号 5 利き足 右足 ユース 2002-2005 2005-2015 クラブ 1 年 クラブ 出場 得点 2015-2016 21 0 2016-2019 84 2 2019- 代表歴 2 2015 4 0 2015-2017 15 0 2017- 27 1 1. 国内リーグ戦に限る。 2019年5月18日現在。 2020年1月8日現在。 ( ) ベンジャマン・ジャック・マルセル・パヴァール( Benjamin Jacques Marcel Pavard 、 - )は、・出身の。 ・所属。。 ポジションは CB、RSB。 フランス代表のレギュラーとして2018年ワールドカップの優勝に貢献、ラウンド16のアルゼンチン戦で決めた代表初ゴールとなるボレーシュートが大会のベストゴールに選ばれた。 でのパヴァール 2016年 2005年にの下部組織に入団。 2014年には(フランス4部相当)に所属するセカンドチームへ昇格。 2015年1月にトップチームに昇格し、同年1月31日の戦で初出場を果たした。 2016年8月30日、のへ2020年6月までの4年契約で完全移籍。 2016年10月3日の戦で先発出場しブンデスリーガデビューを果たすと1得点1アシストを記録。 24試合に出場しシュトゥットガルトの復帰へ貢献した。 2017-18シーズンは開幕戦の戦から先発出場を果たし、10月29日のフライブルグ戦でブンデスリーガ初ゴールを決め 、2017年12月には契約を2021年6月まで1年延長。 とCBコンビを形成しブンデスリーガ全34試合にフル出場を達成。 失点数をに次ぐ2位の36点に抑え、クラブをブンデスリーガ7位躍進に導いた。 2019年1月9日、はパヴァールと2019年7月1日からの5年契約を結んだことを発表した。 8月31日のマインツ戦でオーバーラップからボレーシュートによる移籍後初ゴールを決めただけでなくアシストも記録した。 また10月26日のユニオン・ベルリン戦でも得意の強烈なボレーシュートで先制得点を決めた。 代表歴 [ ] 各年代のに選出され、2017年11月2日にと戦に挑むA代表に初招集。 11月10日の戦でA代表初出場を果たした。 では代表3キャップながら本大会に招集された。 初戦の戦では本職のの負傷により、右サイドバックとして先発起用された。 ラウンド16の戦では1点を追いかける後半12分に同点弾となるスーパーボレーシュートを叩き込んだ。 尚このゴールはロシアW杯最優秀ゴールに選出された。 決勝まで、グループリーグのデンマーク戦以外のすべての試合でレギュラーとして先発出場し 、以来となる2度目のワールドカップ優勝に貢献した。 個人成績 [ ] 2019年5月18日現在 クラブ シーズン リーグ カップ リーグカップ その他 通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 2014-15 8 0 0 0 0 0 — — 8 0 2015-16 13 0 1 0 3 0 — — 16 0 通算 21 0 1 0 3 0 0 0 0 0 24 0 2016-17 21 1 0 0 — — — 21 1 2017-18 34 1 2 0 — — — 36 1 2018-19 29 0 0 0 — — — 14 0 通算 84 2 2 0 — 0 0 0 0 71 2 2019-20 0 0 0 0 — 0 0 0 0 0 0 総通算 91 2 3 0 3 0 0 0 0 0 95 2 タイトル [ ] クラブ [ ] バイエルン• :1回(2019-20) 代表 [ ]• (2018年) 代表歴 [ ] 出場大会 [ ]• U-19フランス代表• 2015年 - (ベスト4)• フランス代表• 2018年 - ( 優勝)• 2018年 - 試合数 [ ]• 国際Aマッチ 21試合 1点(2017年 - ) 年 出場 得点 2017 2 0 2018 16 1 2019 3 0 通算 21 1 代表での得点 [ ] 日時 場所 相手 スコア 結果 大会 1 2018年6月30日 、 2-2 4-3 脚注 [ ]• FIFA 2018年7月25日. 2018年7月25日閲覧。 - VfBシュトゥットガルト 2016年8月30日• - kicker 2017年11月17日• 2017年10月29日. 2018年7月1日閲覧。 - VfBシュトゥットガルト 2017年12月20日• - FC BAYERN MUNICH オフィシャルウェブサイト 2019年1月9日• BBCSport. 2019年8月31日. 2019年9月21日閲覧。 - サッカーキング 2017年11月3日(2017年11月15日閲覧)• - サッカーキング 2018年5月18日• - サッカーキング 2018年7月1日• www. espnfc. com. 2018年7月16日閲覧。 外部リンク [ ]• - Soccerwayによる個人成績•

次の

【ウイイレ2020】パヴァール/ベンジャミン・パヴァール【確定スカウト/選手能力/レベマ/FP/ウイニングイレブン2020】

ベンジャミン パ ヴァール

でのパヴァール 2018年 名前 本名 ベンジャマン・ジャック・マルセル・パヴァール Benjamin Jacques Marcel Pavard ラテン文字 Benjamin Pavard 基本情報 国籍 生年月日 1996-03-28 (24歳) 出身地 身長 186cm 体重 76kg 選手情報 在籍チーム ポジション CB, RSB 背番号 5 利き足 右足 ユース 2002-2005 2005-2015 クラブ 1 年 クラブ 出場 得点 2015-2016 21 0 2016-2019 84 2 2019- 代表歴 2 2015 4 0 2015-2017 15 0 2017- 27 1 1. 国内リーグ戦に限る。 2019年5月18日現在。 2020年1月8日現在。 ( ) ベンジャマン・ジャック・マルセル・パヴァール( Benjamin Jacques Marcel Pavard 、 - )は、・出身の。 ・所属。。 ポジションは CB、RSB。 フランス代表のレギュラーとして2018年ワールドカップの優勝に貢献、ラウンド16のアルゼンチン戦で決めた代表初ゴールとなるボレーシュートが大会のベストゴールに選ばれた。 でのパヴァール 2016年 2005年にの下部組織に入団。 2014年には(フランス4部相当)に所属するセカンドチームへ昇格。 2015年1月にトップチームに昇格し、同年1月31日の戦で初出場を果たした。 2016年8月30日、のへ2020年6月までの4年契約で完全移籍。 2016年10月3日の戦で先発出場しブンデスリーガデビューを果たすと1得点1アシストを記録。 24試合に出場しシュトゥットガルトの復帰へ貢献した。 2017-18シーズンは開幕戦の戦から先発出場を果たし、10月29日のフライブルグ戦でブンデスリーガ初ゴールを決め 、2017年12月には契約を2021年6月まで1年延長。 とCBコンビを形成しブンデスリーガ全34試合にフル出場を達成。 失点数をに次ぐ2位の36点に抑え、クラブをブンデスリーガ7位躍進に導いた。 2019年1月9日、はパヴァールと2019年7月1日からの5年契約を結んだことを発表した。 8月31日のマインツ戦でオーバーラップからボレーシュートによる移籍後初ゴールを決めただけでなくアシストも記録した。 また10月26日のユニオン・ベルリン戦でも得意の強烈なボレーシュートで先制得点を決めた。 代表歴 [ ] 各年代のに選出され、2017年11月2日にと戦に挑むA代表に初招集。 11月10日の戦でA代表初出場を果たした。 では代表3キャップながら本大会に招集された。 初戦の戦では本職のの負傷により、右サイドバックとして先発起用された。 ラウンド16の戦では1点を追いかける後半12分に同点弾となるスーパーボレーシュートを叩き込んだ。 尚このゴールはロシアW杯最優秀ゴールに選出された。 決勝まで、グループリーグのデンマーク戦以外のすべての試合でレギュラーとして先発出場し 、以来となる2度目のワールドカップ優勝に貢献した。 個人成績 [ ] 2019年5月18日現在 クラブ シーズン リーグ カップ リーグカップ その他 通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 2014-15 8 0 0 0 0 0 — — 8 0 2015-16 13 0 1 0 3 0 — — 16 0 通算 21 0 1 0 3 0 0 0 0 0 24 0 2016-17 21 1 0 0 — — — 21 1 2017-18 34 1 2 0 — — — 36 1 2018-19 29 0 0 0 — — — 14 0 通算 84 2 2 0 — 0 0 0 0 71 2 2019-20 0 0 0 0 — 0 0 0 0 0 0 総通算 91 2 3 0 3 0 0 0 0 0 95 2 タイトル [ ] クラブ [ ] バイエルン• :1回(2019-20) 代表 [ ]• (2018年) 代表歴 [ ] 出場大会 [ ]• U-19フランス代表• 2015年 - (ベスト4)• フランス代表• 2018年 - ( 優勝)• 2018年 - 試合数 [ ]• 国際Aマッチ 21試合 1点(2017年 - ) 年 出場 得点 2017 2 0 2018 16 1 2019 3 0 通算 21 1 代表での得点 [ ] 日時 場所 相手 スコア 結果 大会 1 2018年6月30日 、 2-2 4-3 脚注 [ ]• FIFA 2018年7月25日. 2018年7月25日閲覧。 - VfBシュトゥットガルト 2016年8月30日• - kicker 2017年11月17日• 2017年10月29日. 2018年7月1日閲覧。 - VfBシュトゥットガルト 2017年12月20日• - FC BAYERN MUNICH オフィシャルウェブサイト 2019年1月9日• BBCSport. 2019年8月31日. 2019年9月21日閲覧。 - サッカーキング 2017年11月3日(2017年11月15日閲覧)• - サッカーキング 2018年5月18日• - サッカーキング 2018年7月1日• www. espnfc. com. 2018年7月16日閲覧。 外部リンク [ ]• - Soccerwayによる個人成績•

次の

可愛いくるくる髪イケメン!サッカー仏代表ベンジャマンパヴァールのシュツットガルトでのプレースタイルやポジション・技術! 超美人彼女は元ミス仏、インスタで仲良し姿披露の浅野拓磨選手など最新情報

ベンジャミン パ ヴァール

ご覧いただきありがとうございます。 つきご()ともうします。 同一選手が3体あつまればトレードで、好きな選手と交換できますが、その際に獲得すべきオススメの金玉選手をご紹介します。 ベンジャミン・パヴァールの使い方と能力値!スカウト情報!有能金玉選手【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】 金玉 RSB ベンジャミン・パヴァール バイエルン・ミュンヘン所属の23歳の選手です。 ベンジャミン・パヴァールの能力値と使用感 レベルマックスにすれば、 総合値は92です。 パヴァールの魅力は 、足元技術があっての 守備の上手さ。 スキル「インターセプト」もあり、速さもあるので、素早い守備対応してくれます。 上手さ、速さ、強さを兼ね揃えた守備の選手で、 ポジションの最適解は、やはり本職の右サイドバック。 「闘争心」 で最後まで走ってくれます。 ただただ凄いパヴァールのシュートをご覧あれ — yu69. ベンジャミン・パヴァールの情報 堅実な守備がウリ パバールのフランス代表における主なポジションは右サイドバックです。 しかしシュトゥットガルトではセンターバックとして多くプレーしていますし、中盤の底(アンカー)としてもプレーすることがあります。 パバールのプレースタイルにおける特徴は「堅実な守備」、「インターセプトの上手さ」、「比較的高い足元の技術」が挙げられます。 パバールはロシアワールドカップのアルゼンチン戦で鮮烈なボレーミドルシュートを決めましたが、本来はガンガン攻撃するタイプのディフェンダーではなく、しっかり守備から入って堅実に相手の攻撃をストップするタイプの選手です。 上記の通りクラブではセンターバックとして出場していますから当然と言えば当然ですけどね。 特にパスインターセプトのセンスは抜群で長い足を活かしてボールを掠め取るプレーが非常に上手です。 2017-2018シーズンのブンデスリーガでは1試合ごと平均のインターセプト数が2.1回を記録しており、ブンデスリーガ全体で9位というハイスコアになっていますね。 データ引用元:「who scored」 このことからもパバールは基本的に高い身長とインターセプトセンスを活かす守備的なプレースタイルだと言っていいでしょう。 足元の技術は〇。 後はダイナミズム しかし攻撃面でダメかというとそういうわけではありません。 足元のボールスキルはディフェンダーにしては非常に正確で散らすパス、ロングフィードなどで攻撃に絡むようなプレーも可能。 パバールはクラブにて時折中盤の底でホールディングミッドフィルダーの役割を担うことがありますが、本職ディフェンダーで足元の技術もあるパバールにとってはピッタリの役割ですね。 センターバック、サイドバック、中盤でプレーができて足元の技術もある・・・そういう意味でパバールは現代的なディフェンダーだと言えるでしょう。 現状フランス代表の右サイドバックにおいては、モナコのジブリル・シディベの方が有機的に攻撃に絡むプレーは上手いです。 パバールは比較的守備的なプレースタイルとはいえ元々運動量自体はかなり豊富ですし、アルゼンチン戦のゴールをきっかけにより攻撃的な意識を身に付けることができればワンワンク上のプレーヤーになることができるでしょう。 パバールのプレースタイルにタフなインテンシティ(基本的に堅実だけど高いレベルでゴリ押されると厳しい時もある)、そしてTPOをわきまえたダイナミズムが加われば将来的にワールドクラスのディフェンダーになっても何ら不思議ではありません。 さてパバールは将来的にビッグクラブでプレーすることになるでしょう。 シュトゥットガルトのマネージャーも「パバールをキープすることは挑戦の一つ」と移籍阻止が困難であることを示唆していますし、パバール本人もチャンピオンズリーグでプレーしたいと明言しています。 移籍先としてはバイエルン・ミュンヘンやアーセナルなどが挙がっていますね。 どこに行くにしてもパバールのポテンシャルを考えれば問題なくプレーできるでしょう。 ロシアワールドカップをきっかけに飛躍していくのが楽しみです。

次の