横須賀地方総監部。 「海上自衛隊 横須賀地方総監部」(横須賀市

「海上自衛隊 横須賀地方総監部」(横須賀市

横須賀地方総監部

net 3階の潜水艦。 net 賃貸三階の潜水艦勤務 イライラするんだよ、酒飲んで床ガンとしやがって。 net 随分暇なんだね、自衛隊なのに。 夜になるとガタガタ動き出す。 本当に嫌だ。 休みが多すぎ。 net 今週殆ど休みって、どんだけ暇なんだよ。 なんでこんなに休みが多いの? 騒音で、非常識で、引きこもりで、本当に嫌だ。 < ミ! , ィ. net 床ガン、かなりうるせえ むかつく 1012 : 2ch. net投稿限界:Over 1000 Thread 2ch. netからのレス数が1000に到達しました。 総レス数 1012 250 KB.

次の

地方総監部・地方隊 主要幹部名簿

横須賀地方総監部

概要 [編集 ] (昭和27年)、の付属機関としてが発足し、地方機関として海上警備隊横須賀地方監部が設置された。 同年、発足と同時に横須賀地方隊が新編された。 は、主に以南で以東の(、、、、、、、、(を除く)、、、、、、およびの区域並びに青森県と岩手県の境界線が海岸線と交わる点から90度に引いた線と三重県と和歌山県の境界線が海岸線と交わる点から170度に引いた線との間にある東京都(を除く)およびこれらの県の沿岸海域 )。 主な任務は、担当警備区域の防衛・警備、、等の正面部隊に対する後方支援業務、・爆発性危険物の除去及び処理、民生協力等である。 )の支援に関しては、横須賀所在の艦艇に限らず全て支援している。 横須賀地方隊所属の艦艇の実力部隊としては、第41掃海隊のみであるが、横須賀地方総監は、必要に応じフォースユーザー(事態対処責任者)としてやから提供されたやを運用して事態対処にあたる。 また、記念艦「」の保存を支援している。 沿革 [編集 ]• (27年) :にが発足し、地方機関として海上警備隊横須賀地方監部がの跡地(現・)に設置された。 :の創設により海上警備隊がに改編され「 横須賀地方隊」が新編。 (昭和28年) :各航路啓開隊を廃止し、横須賀基地警防隊、、呉地方基地隊を新編。 、が新編され、横須賀地方隊の警備区域が縮小される。 :総監部組織の改組(航路啓開部の廃止、調査室の設置、通信所の昇格) :横須賀地方総監部が田浦から現在地()に移転。 (昭和29年) :「 」が創設され「 海上自衛隊」が発足。 及びが新編され横須賀地方隊の警備区域が縮小される。 (昭和30年) :「横須賀通信隊」を新編。 :総監部組織の改組(副総監を設置) :「横須賀水雷調整所」を新編。 (昭和33年) :横須賀基地警防隊に「横須賀防備隊」及び「剣崎警備所」、「観音崎警備所」を新編。 (昭和34年) :横須賀基地警防隊を「横須賀警備隊」に改称。 :「」を新編。 (昭和36年) :総監部組織の改組(総務部を廃止し人事部を新設、防衛部に第1~第4幕僚班を設置) 「横須賀補給所」、「横須賀工作所」を新編。 :横須賀防備隊に「」を新編。 :館山航空隊が「第21航空群」に改編され隷下に編成替え。 (昭和37年) :「木更津航空補給所」を新編。 (昭和40年) :「下総航空工作所」を新編。 :横須賀警備隊に「船越分遣隊」を新編。 :砕氷艦「」が就役し横須賀地方隊に編入。 (昭和41年) ~:自衛艦隊とともに沖のに対しを行う。 (昭和43年) :「父島基地分遣隊」を新編。 (昭和45年) :総監部組織の改組(副総監を廃止し幕僚長を設置、人事部を管理部に改称、第1~第4幕僚班を幕僚室に改称、第5幕僚室を新設、監察官を新設) 「横須賀造修所」、「横須賀衛生隊」を新編。 横須賀工作所を廃止。 (昭和46年) :「第33護衛隊」を新編。 (昭和49年) :「横須賀音楽隊」を新編。 (昭和50年) :「第42掃海隊」をから編入。 (昭和57年) :砕氷艦「」が就役し横須賀地方隊に編入。 (昭和58年) :「横須賀誘導弾整備所」を新編。 (昭和59年) :砕氷艦「ふじ」を除籍。 (昭和60年) :横須賀水雷調整所を廃止し「横須賀水雷整備所」を新編。 (昭和61年) :第42掃海隊が廃止。 「第46掃海隊」を第2掃海隊群から編入。 (昭和62年) :部隊改編により横須賀防備隊が廃止。 警備隊の組織改編及び「横須賀基地業務隊」を新編。 剣崎警備所を廃止。 (4年) :第46掃海隊が廃止。 「第10掃海隊」を新編。 (平成9年) :「第41掃海隊」を新編。 :第37護衛隊が廃止。 第41護衛隊を第4護衛隊群から編入し「第21護衛隊」に改称。 (平成10年) :補給整備部門の組織改編。 木更津航空補給所が「」に、下総航空工作所が「航空補給処下総支処」に改編され、隷下に編成替え。 横須賀補給所と横須賀造修所が統合され「横須賀造修補給所」に改編。 水雷整備所と誘導弾整備所が統合され「横須賀弾薬整備補給所」に改編。 (平成11年) :第33護衛隊が廃止。 (平成14年) :横須賀通信隊が「横須賀システム通信隊」に改編され隷下に編成替え。 (平成20年) :体制移行による部隊改編により、第21護衛隊が「第11護衛隊」に改称され隷下に編成替え。 (平成23年) 3月~7月:発災に伴い、の指揮の下、横須賀地方総監を指揮官とする海災部隊を編成。 (平成24年) :横須賀警備隊観音崎警備所が廃止。 (平成29年) :総監部内部の組織改編により政策補佐官を廃止し参事官を新設。 :部隊改編により地方隊直轄艦艇(「」、「」)を横須賀警備隊隷下に編成替え。 横須賀地方総監部(:)• 第41掃海隊(「」・「」)• (「」)• 観音崎礼砲台• 輸送艇「」• 多用途支援艦「」• 特務艇「」• 横須賀弾薬整備補給所• 船越基地業務分遣隊(:)• 横須賀衛生隊• (武山地区)• 2019年8月30日. 2019年12月30日閲覧。 2019年8月30日. 2019年12月30日閲覧。 水雷整備所の編制に関する訓令(昭和60年海上自衛隊訓令第21号)• FaceBook防衛省海上自衛隊公式. 海上自衛隊 2015年10月17日. 2020年1月22日閲覧。 第4代横須賀地方総監・寺井義守の長男• 第5代横須賀地方総監・福地誠夫の次男• における情報隠蔽を見過ごした責任により注意処分を受け退官 参考文献 [編集 ]• 『』第462号 特集・横須賀地方隊(海人社、1993年3月号) 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ]• - Twitter.

次の

「海上自衛隊 横須賀地方総監部」(横須賀市

横須賀地方総監部

概要 [ ] (昭和27年)、の付属機関としてが発足し、地方機関として海上警備隊横須賀地方監部が設置された。 同年、発足と同時に横須賀地方隊が新編された。 は、主に以南で以東の(、、、、、、、、(を除く)、、、、、、およびの区域並びに青森県と岩手県の境界線が海岸線と交わる点から90度に引いた線と三重県と和歌山県の境界線が海岸線と交わる点から170度に引いた線との間にある東京都(を除く)およびこれらの県の沿岸海域 )。 主な任務は、担当警備区域の防衛・警備、、等の正面部隊に対する後方支援業務、・爆発性危険物の除去及び処理、民生協力等である。 )の支援に関しては、横須賀所在の艦艇に限らず全て支援している。 横須賀地方隊所属の艦艇の実力部隊としては、第41掃海隊のみであるが、横須賀地方総監は、必要に応じフォースユーザー(事態対処責任者)としてやから提供されたやを運用して事態対処にあたる。 また、記念艦「」の保存を支援している。 沿革 [ ]• (27年) :にが発足し、地方機関として海上警備隊横須賀地方監部がの跡地(現・)に設置された。 :の創設により海上警備隊がに改編され「 横須賀地方隊」が新編。 (昭和28年) :各航路啓開隊を廃止し、横須賀基地警防隊、、呉地方基地隊を新編。 、が新編され、横須賀地方隊の警備区域が縮小される。 :総監部組織の改組(航路啓開部の廃止、調査室の設置、通信所の昇格) :横須賀地方総監部が田浦から現在地()に移転。 (昭和29年) :「 」が創設され「 海上自衛隊」が発足。 及びが新編され横須賀地方隊の警備区域が縮小される。 (昭和30年) :「横須賀通信隊」を新編。 :総監部組織の改組(副総監を設置) :「横須賀水雷調整所」を新編。 (昭和33年) :横須賀基地警防隊に「横須賀防備隊」及び「剣崎警備所」、「観音崎警備所」を新編。 (昭和34年) :横須賀基地警防隊を「横須賀警備隊」に改称。 :「」を新編。 (昭和36年) :総監部組織の改組(総務部を廃止し人事部を新設、防衛部に第1~第4幕僚班を設置) 「横須賀補給所」、「横須賀工作所」を新編。 :横須賀防備隊に「」を新編。 :館山航空隊が「第21航空群」に改編され隷下に編成替え。 (昭和37年) :「木更津航空補給所」を新編。 (昭和40年) :「下総航空工作所」を新編。 :横須賀警備隊に「船越分遣隊」を新編。 :砕氷艦「」が就役し横須賀地方隊に編入。 (昭和41年) ~:自衛艦隊とともに沖のに対しを行う。 (昭和43年) :「父島基地分遣隊」を新編。 (昭和45年) :総監部組織の改組(副総監を廃止し幕僚長を設置、人事部を管理部に改称、第1~第4幕僚班を幕僚室に改称、第5幕僚室を新設、監察官を新設) 「横須賀造修所」、「横須賀衛生隊」を新編。 横須賀工作所を廃止。 (昭和46年) :「第33護衛隊」を新編。 (昭和49年) :「横須賀音楽隊」を新編。 (昭和50年) :「第42掃海隊」をから編入。 (昭和57年) :砕氷艦「」が就役し横須賀地方隊に編入。 (昭和58年) :「横須賀誘導弾整備所」を新編。 (昭和59年) :砕氷艦「ふじ」を除籍。 (昭和60年) :横須賀水雷調整所を廃止し「横須賀水雷整備所」を新編。 (昭和61年) :第42掃海隊が廃止。 「第46掃海隊」を第2掃海隊群から編入。 (昭和62年) :部隊改編により横須賀防備隊が廃止。 警備隊の組織改編及び「横須賀基地業務隊」を新編。 剣崎警備所を廃止。 (4年) :第46掃海隊が廃止。 「第10掃海隊」を新編。 (平成9年) :「第41掃海隊」を新編。 :第37護衛隊が廃止。 第41護衛隊を第4護衛隊群から編入し「第21護衛隊」に改称。 (平成10年) :補給整備部門の組織改編。 木更津航空補給所が「」に、下総航空工作所が「航空補給処下総支処」に改編され、隷下に編成替え。 横須賀補給所と横須賀造修所が統合され「横須賀造修補給所」に改編。 水雷整備所と誘導弾整備所が統合され「横須賀弾薬整備補給所」に改編。 (平成11年) :第33護衛隊が廃止。 (平成14年) :横須賀通信隊が「横須賀システム通信隊」に改編され隷下に編成替え。 (平成20年) :体制移行による部隊改編により、第21護衛隊が「第11護衛隊」に改称され隷下に編成替え。 (平成23年) 3月~7月:発災に伴い、の指揮の下、横須賀地方総監を指揮官とする海災部隊を編成。 (平成24年) :横須賀警備隊観音崎警備所が廃止。 (平成29年) :総監部内部の組織改編により政策補佐官を廃止し参事官を新設。 :部隊改編により地方隊直轄艦艇(「」、「」)を横須賀警備隊隷下に編成替え。 横須賀地方総監部(:)• 第41掃海隊(「」・「」)• (「」)• 観音崎礼砲台• 輸送艇「」• 多用途支援艦「」• 特務艇「」• 横須賀弾薬整備補給所• 船越基地業務分遣隊(:)• 横須賀衛生隊• (武山地区)• 2019年8月30日. 2019年12月30日閲覧。 2019年8月30日. 2019年12月30日閲覧。 水雷整備所の編制に関する訓令(昭和60年海上自衛隊訓令第21号)• FaceBook防衛省海上自衛隊公式. 海上自衛隊 2015年10月17日. 2020年1月22日閲覧。 第4代横須賀地方総監・寺井義守の長男• 第5代横須賀地方総監・福地誠夫の次男• における情報隠蔽を見過ごした責任により注意処分を受け退官 参考文献 [ ]• 『』第462号 特集・横須賀地方隊(海人社、1993年3月号) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - Twitter.

次の