伊勢 心霊スポット。 三重の心霊スポット

【心霊スポット】旧伊勢神トンネルの現在の様子を紹介!【豊田市】

伊勢 心霊スポット

心霊スポットとして広く知れわたる青山トンネルだが、これにはいくつか混同されている場所があるので分けて説明していく。 【近鉄・旧総谷トンネル】 近鉄大阪線旧線の東青山駅〜榊原温泉口駅間にあった全長356Mの旧総谷トンネル。 この旧総谷トンネルこそが、いわゆる「心霊スポットの青山トンネル」として知られている場所となっている。 1930年から使用開始され、1971年には近鉄大阪線列車衝突事故が起き、多くの被害者を出している。 それに伴い新青山トンネルが開業され1975年に旧総谷トンネルは廃止された。 「近鉄大阪線列車衝突事故(青山トンネル事故とも呼ばれる)」 1971年10月25日、近鉄大阪線の西青山駅〜東青山駅間の旧青山トンネル東口手前200Mのところで自動列車停止装置故障のため列車は停止。 運転士は非常措置を取ったが、東青山駅から駆けつけた助役とのやりとりの間で手違いが起きた状態で列車を始動してしまいブレーキが効かないまま下り坂を暴走。 東青山〜榊原温泉口間で脱線転覆し、本線の切り通しへ転落。 3両目以降は総谷トンネル入口付近の壁に激突して止まったが、先頭の2両が横転した状態で総谷トンネル内へ突入し、対向してきた賢島発京都・近鉄難波行き特急列車と正面衝突。 これにより死者25名、重軽傷者227名を出す大惨事となった。

次の

心霊スポット写真館 愛知:旧伊勢神トンネル

伊勢 心霊スポット

スポンサーリンク こんにちは!つじもん です。 全国各地には、数多くの「心霊スポット」が存在します。 幽霊が出たり、不思議な怪奇現象が起きたりとそのウワサはあとを経ちません。 そんな場所が、愛知県にも数多く存在します。 ボクは3年ほど名古屋の某テレビ局で働いていたので、色んなウワサや情報を耳にしました。 「あのトンネルはヤバイ」や「〇〇市の廃墟は絶対に行ってはいけない」などなど。 一般人よりも数多くの情報が、ボクの元に集まってきました。 そこで今回の記事では、マジでやばい愛知県の心霊スポットをまとめてみます。 どの場所も本当に危険な場所なので、肝試しなど遊び半分では絶対に行ってはいけません。 万が一行かれる場合は全て事故責任でお願いします。 それでは紹介していきます。 パッと読むための目次• 旧伊勢神トンネル(豊田市) 東海地方の心霊スポットと言えば、この「旧伊勢神トンネル」。 愛知県では最も有名でしょう。 もはや全国レベルの心霊スポットです。 愛知県豊田市の外れにあり、名古屋市内からでも車でおよそ1時間30分くらいの場所。 名古屋人なら誰でも知っているという心霊トンネルで、仕事関係でボクも一度行ったことがあります。 現在は新しいトンネルが開通したため、ほとんど通行者はいません。 お昼の明るい時間帯に行ったんですが、それでもなかなかの恐怖を感じました。 トンネル内は異様な雰囲気が漂っており、かなり不気味でヤバイ感じ。 そのときは、特に心霊体験などは起こりませんでした。 ちなみにこの旧伊勢神トンネルでは、女性や子供の幽霊、トンネル工事作業員の幽霊などの目撃情報があります。 なぜそのような心霊現象が起こるのかという詳細は、はっきり分かっていません。 新伊勢神トンネル(豊田市) そして、もう一つ。 新しく作られた「新伊勢神トンネル」でも、地元の新聞に載った幽霊騒動があったようです。 その騒動とは、新トンネルを走るトラック運転手が和服姿の女性が手を振っているのを見かけたため、車に同乗させてあげると、いつの間にか消えてしまうという怪奇現象が多発したという出来事。 こちらは、伊勢湾台風で命を落とした女性ではないかという話が出たそうです。 なかなか恐怖エピソードですね…。 三角屋敷、黄色い家などとも呼ばれています。 愛知県だとかなりヤバイ物件の一つ。 もはや中部地方で最恐の心霊スポットとも言われるほど。 この廃墟にまつわるウワサ話は、以下のものが有名です。 1980年代頃にとある夫婦が引っ越してきたそう。 ところが、夫婦のどちらかが自らの命を絶ったと言われています。 初代家主が何か普通でないのは事実で、詳細は不明。 この家に幽霊が出るというウワサが流れ始めたのもちょうどその頃から。 そしてその後、この家に住んだものは次々と災難に見舞われるという事件が起こりました。 新しい入居者が来ても、半年ほどで家を出ることがしばしば。 とある入居者は、精神が病んで入院したとも言われています。 さらに恐ろしいのが、この廃墟を調査に来た何人もの警察官が、精神がおかしくなったり、行方不明になったりとも。 結局、この家には誰も住まなくなり廃屋と化したんだそう。 愛知県で、絶対に行きたくない心霊スポットです。 ホテル藤川(岡崎市) もはや廃墟と化している愛知県岡崎市にあるホテル藤川。 建物は荒らされ、老朽化も進んでおり非常に危険な状態です。 その昔、支配人が逃亡したなどのウワサが流れており、現在はほとんど人が近づかない状態になっています。 廃ホテルの近隣には、数多くの浮遊霊の目撃情報も多数あり、ヤバイです。 ホテル内には、ガレキやゴミなどが散乱されており、完全に放置されている状態に。 呪われるというウワサもあるため、絶対に行かないほうがいいです。 旧本坂トンネル(豊橋市) ここも愛知県ではかなり有名な心霊スポットです。 国道362号線にあり、愛知県と静岡県を結ぶトンネル。 1978年に新しく、本坂トンネルが開通したため、旧本坂トンネルには人が寄り付かなくなっていったそう。 そのため、より一層トンネルの荒廃化が進み、心霊スポットと呼ばれるようになったんだとか。 ウワサによると、老婆の霊、赤子を抱いた女性の霊、着物姿の女性の霊など、女性の幽霊が多数目撃されているようです。 というのも、昔はこの本坂峠を越える道を、多くの女性旅人が往来し「姫街道」と呼ばれていたそう。 しかし、峠越えで命を落とした女性が多かったため、現在でも女性幽霊が出ると言われています。 他にも心霊現象が起こる理由について色々とウワサがありますが、真相は分かっていません。 その昔、山賊に襲われた旅人の首が、この神社近くに放置されていたという噂が「首狩神社」と名付けられた由来のようです。 ほかにも、刑場があったという説もあり、本当の真相はよく分かっておりません。 ウワサでは、社殿に続く階段の三段目を踏んでしまうと呪われると言われています。 近くに旧本坂トンネルがあることからも、ここでも霊的な現象が起こっても不思議ではありません。 伊古部海岸の廃道 (豊橋市) 国道42号線を走っていくと、アカウミガメの産卵場所としても有名な伊古部海岸。 その近くに、今はもう使われなくなった廃道があり、そこが心霊スポットと言われています。 また急な崖が無数にあり、自らの命を経つ方が多い場所としても認知度が高いところです。 そのほかにも、この海岸近くでの水難事故があとを絶たず、遊泳禁止場所にも指定。 千歳楼(春日井市) 名古屋市街から車で30分ほどの場所に位置する廃旅館。 15年ほど前までは、お客さんで賑わっていた人気の旅館だったそう。 ところが経営者が突如、行方をくらましたため、そのまま廃業。 2008年には放火の事件が起こり、旅館の一部が消失。 生々しい傷跡が今なお残っています。 また2012年には、白骨化した人が発見されるという全く笑えないニュースが話題になりました。 現在は立ち入り禁止になっていますが、侵入する人が後を経たたないそうです。 すぐ近くには「古虎渓ハウス」という、これまた劇ヤバ心霊スポットもあります。 今から400年前に作られたそうで、かなりの歴史があります。 休日や日中は、釣りを楽しむ人たちで賑わう人気スポットになっていますが、夜間には様々な奇怪現象が存在するようです。 入鹿池では、過去にかわいそうな事故が多数起きており、それが原因だとも言われています。 ボートの転覆事故で命を落とした事故があったそうです。 またほかには女子高生が、受験の苦労から飛び降りたらしく、その霊が出るともウワサされています。 特に危険なのは、赤い橋やボート乗り場あたり。 このあたりで目撃情報が多いらしく、絶対に近づかない方がいいです。 真夜中にトランペットを吹く少年の霊が目撃されています。 さらに、名古屋では有名なジャンピングババア(すごい跳躍を持ったお婆さん)が現れたりと、色んな都市伝説もあるみたいです。 東谷山(名古屋市守山区) 名古屋から車で30分ほどでいける場所ということで、市街地からも比較的アクセスしやすい場所。 東谷山には、フルーツパークや名古屋市街の夜景を見下ろせる場所があるため、デートスポットとしても人気です。 ところが、街灯などがないため夜になると、不気味な雰囲気に一変。 この東谷山は、名古屋でも隠れた心霊スポットとして有名になっています。 山頂に神社があり、その境内にある木々に五寸釘が打ちこまれた痕跡が見つかっており、話題にもなりました。 また2003年にメ〜テレ(名古屋テレビ)が心霊ドラマのロケ地として使用。 その番組は、実際に起こった話を元に作られたと言われております。 そしてその心霊現象が起こった場所も実は東谷山なのでは、というウワサもちらほら聞きました。 東片端交差点の不自然な木(名古屋市東区) 名古屋市内を車で運転していると、不自然な所に大木が立っている場所があります。 それは、東片端交差点のすぐ近くの高速の乗り口あたり。 まさに道のど真ん中です。 昔、この木は「さらし首場」として利用されていたらしく、呪われた杉の木と呼ばれています。 通行のさまたげになってしまうため、何度も切断される工事が行われましたが、事故が頻繁に起こり中止に。 そのため、今でも切り取られずにそのままの姿で道のど真ん中に残されています。 ボクは何度もこの道を利用し、木のすぐ真横を通ったことがあります。 いつもはお昼間なので、何も感じませんが、夜になるとかなり不気味な雰囲気に。 夜間は絶対に近づきたくない心霊スポットです。 つじもんのまとめ 最後までお読み頂きまして、ありがとうございます!! 大阪の心霊スポットをめぐるYouTube動画も作ってるので、よかったら見てくださいね!! 絶対行ってはいけない!マジでやばい愛知県の心霊スポットまとめ選でした。 東海地方は岐阜県にも、ヤバイ心霊スポットがいくつかあると聞いたので、改めて記事にしようと思います。 当記事に書かれていない心霊スポットがあれば、ぜひ教えて下さい。 今回紹介した場所は、決して遊び半分で行ってはいけません。 もし遊びに行かれる場合は、全て事故責任でお願いします。 中にはウワサがウワサを呼び、どこまでが真実でどこまでか嘘か分からない話もあります。 心霊スポットに関する怪奇な話として、お楽しみいただければと思います。

次の

伊勢神トンネルは愛知県最恐の心霊スポットに認定!マジ怖すぎて引くわw

伊勢 心霊スポット

92 ID:ZtTwH7Ma0 三角の駐車場。 まだ駐車場の看板は設置されてなかった。 ちなみに霊感はない。 文章力もない... 今から5年位前の夏の夜 男5人車2台で心スポ巡りに出掛けた。 最初甚目寺の三角家に行くつもりだったがイマイチ 場所がわからず断念。 そこで馬飼大橋へ行くことに。 地理に詳しい人ならご存知だと思うが 近くに祖父江霊園という霊園と火葬場がある。 行く場所がないのでそちらの方へ車を走らせていた。 隣の祖父江緑地公園を通過し松の木が生えている方へと 車を走らせていると突然お地蔵さまが数体出てきた。 そこから数分走っていると石碑が見えたので車を降りて 男5人で懐中電灯を持って歩くことに。 みんなで石碑を見に行くと神社?らしき祠が1つ。 石碑をライトで照らしてみると戦争の慰霊碑でした。 段々みんな怖くなり車に戻ることに。 戻る前に一度振り返るとそこに白い何かが見えました。 気になりライトを持っている奴にその場所を照らしてもらいました。 その瞬間... うわぁー!!別の奴が悲鳴を上げ車の方へと走って逃げだしました。 みんな一斉に声につられて逃げました。 とりあえずその場から離れ話を聞くと白い着物を着た女の子が 木の横に立っていたそうです。 ちなみに全く同じ場所に着物を着た女の子がいたのを自分も 目撃していました。 それ以来心スポに行っていません。 またその場所から帰ってくると私の部屋の扉の上に 黄色い手形が残っていました。 甚目寺町の幽霊屋敷ってまだあるんですね、 15年ほど前に隣接する空き地(?)に車を停めて、深夜に友人と二時間ほどウォッチしたことがあります。 何かあるなとは感じましたが・・・ その当時名古屋市内で有名だったのは、千種区の茶屋ヶ坂公園そばにあった、建築途中で放置された豪邸でした。 ここも車でよく行きましたが、ゾッとするスポットでした。 今はもう誰か住んでるんじゃないかな。 それよりその付近の池で母親は首吊り死体を見たらしい。 夜は気味悪いし出るみたいね。 google. 190561,136. 001863,0. 甚目寺の黄色の家は来る人来る人、一週間で引っ越しちゃうみたいですね。 それに調査に家に踏み入った警官一人死亡、一人、精神がおかしくなり入院中、 近所の人たちも敬遠してるみたいですね。 三角の家 あそこの家は母が嫁に来る前から空き家だとか、、、、 土地も三角、、風水 地相的にも最悪 噂によるとあまりにもポルダーガイストがすごいもんで、警察が2人で1日泊まった そしたら片方の奴が発狂したらしい。 噂ですけど 不動産屋も怖くて壊せないらしいです 8 名前: 東海子 投稿日:ううんと、母が嫁に来たのが25年くらい前だからなーー あと土地も三角、、風水 地相的にも最悪 ってーのは風水的に三角の土地が最悪 ノイローゼやらになりやすい 霊がたまる。 霊の通り道だね あれは 寺 神社 墓そこら近辺の奴を線で結ぶとすごいことに 魔界の入り口じゃないですか カオスですね、、、 あと友人と外から水道管 ガス水周り、トイレの浄化槽からだいたいの 部屋の図を書いて風水的に見たら、、、、、うーん 赤ん坊と母親の霊がいるという噂。 aitai. jp ] どこかのTV局で取り上げてくれないかねぇ。 12ガセかも知れませんが 昔、宜 愛 さんが、「私、この家には入れません」って TVで、言ってた。 ってツレから聞いたよ 甚目寺の三角家は一ヶ月くらい前にいったよ。 車で何回か素通りして、近くにあるコンビニの店員に聞いたら普通に教えてくれた。 見た目は完璧に普通の空家だったな。 玄関からは入れず、雨戸をあけたら窓の鍵がかかってなかったのでそこから潜入。 1Fは普通に誰も住んでないただの空家。 荒れてるどころか結構キレイになってたうえに、台所にぞうきんがかけてあって 「俺達みたいな輩が土足で入るからここの管理人がちゃんと床ふいてんだろうなー」 とか想像したら切なくなってしまった。 2Fは和室っぽいとこだけ入れて、他の部屋は鍵がかかってて入れなかったかな。 結局ただの空き家に侵入しただけみたいな感じだった。 今回の目的は森の中に続く道がどうなっているのかを探ること。 道は両サイド茂み生い茂る、手入れの行き届いていない小道で 時折広くなったり狭かったり。 基本は2人並べる程度の幅。 自分は言いだしっぺてことでしんがりでライト係に。 しばらく進むと途中途中で墓碑が立っていたり、 お地蔵様がぽつんとたたずんでいたりとありましたが、 やがて道が二手に分かれました。 一方はそのまま奥に進む道。 もう一方は傾斜がかかり坂になった道。 ひとまずわれらは上に続く道を行きました。 相変わらず最後尾でライトを照らしながら先に進んでいると、 ふと自分の斜め右後ろの方向から、女性の話し声が聞こえました。 内容までは聞き取れませんでしたが、ひそひそ話をしているような感じで。 それでもしっかりと二種類の声がわかる程度でしたんです。 あわてて振り向いて声のしたほうを照らしましたが、そこには 木の枝があるだけで女性の姿はありません。 前方と後方でライトを照らしていたので、自分は後方でした。 他の皆は声が聞こえなかったようで、ずんずんと上に上がっていきます。 急に不安になった自分は、置いてかれまいと足を速めました。 やがて、頂上に到着し、そこには小さな祠がありました。 残念ながら錠がかかっていたので、中を覗き見ることは出来ませんでしたが。 結局ここで行き止まりだったので、来た道を戻ることに。 そちらの道は特に何も起きず、道的にも森の中の敷地を一周する造りに なっていたみたいで、やがて自分たちは境内に戻りました。 りの皆は「何も起きなかったなぁ」と、半拍子抜けでしたが、 自分は女性たちの声が聞こえたのが気になって、仕方がなかったんですがね。 メンバーの誰かが言い出しました。 「そろそろ帰るか」 時間的には四時くらいになっていたでしょうか。 皆、来た道を戻り駐車場に向かいかけたその時のことです。 夕立か?次第に雨粒が大きくなってくる。 濡れてはたまらんと、皆めいめいに駆け出します。 自分も頭抱えて全力疾走。 鳥居を抜けたらもうすぐで駐車場…。 「おい!!!」 すると背後で自分を呼び止める連れの声。 「どうした?」振り返って連れを見るとなにやらぽかんとしていた。 「なぁ、気付かない?」 「何が?」 何が言いたいのか分からない。 「雨…降ってないやん」 !!! 言われて初めて気がついた。 ええっ!!!思わず後ろの皆を見ると、頭を抱えて雨に濡られまいと 走ってくる友人の姿。 皆、鳥居を抜けると何が起こったのかわからず呆然としました。 俺たち12人は確かに鳥居の中で大雨を感じたのですが…。 この神社にまつわる不思議体験は、ひとまずこれが最初です。 思ったより連カキコなってしまいました。

次の