絆2 もはや止まれぬ。 バジリスク絆2 天井狙い・設定狙い・勝つための立ち回り

バジリスク絆2 天井狙い・設定狙い・勝つための立ち回り

絆2 もはや止まれぬ

コンテンツ• 通常時演出法則 通常時の払い出し時のLED パターン 法則 白 モードC以上濃厚 紫 AT濃厚 通常時の払い出し時のLED 筐体上部左右のLED が紫発光するとAT濃厚。 BC入賞時のテンパイボイス セリフ 法則 基本的には赤頭BCが弦之介ボイス、青頭BCが朧ボイスとなっています。 この法則が崩れたり、弦之介・朧以外のボイスや無音だとBTが確定します。 詳しくはこちら。 キャラ ボイス 法則 弦之介 良い腕じゃ! 赤頭の基本 これは見事な! AT期待度 少しUP もはや止まれぬ! AT期待度 大幅にUP 両門不戦の戒めは解かれた AT確定 何人もわしを止めることは出来ぬ! 月下閃滅 朧 うれしゅうございます 青頭の基本 ほんに、ようここまで AT期待度 少しUP わたくしは信じておりました AT期待度 大幅にUP いつまでもお側におります! AT確定 これが、わたくし達の絆にございます! エピソードBC絆 天膳 ふははははは、やりおるわ! AT確定 いや、殺しはせぬ! 生かすのじゃ! エピソードBC or月下閃滅 ついにこの時が来たのじゃ! エピソードBC絆 豹馬 世の理、しかと見よ! BC中演出法則 開眼カットイン演出・ビリー音発生時 「開眼カットイン演出」や「ビリー音」発生時にCHANCEボタンを押すと・・・ 演出 CHANCEボタン押下で・・ 開眼カットイン演出 瞳術揃いが成立している場合は先告知の可能性あり ビリー音 リール右のATランプがレインボーに変化する可能性あり 変化した場合は激闘シナリオ 80% 濃厚 上記演出中には裏ボタンがあるので押してみるのも乙です。 弦之介BC時 撃破人数が赤文字 演出 法則 赤文字 AT濃厚 撃破人数赤文字はBT濃厚。 4・7・9戦目で・・ 争忍の刻の4・7・9戦目は基本「絆高確」が発動するが、 発動しなかった場合は次回朧チャンス濃厚。

次の

バジリスク絆2 その他の演出法則【テンパイボイス LED ビリー音 朧ナビ】

絆2 もはや止まれぬ

【その1】継続のカギはシナリオと絆高確 AT「バジリスクタイム」はセット継続タイプで、前作のATを継承した流れで進行。 継続システムは変更されており、1セットごとの継続率はシナリオで管理。 BC抽選およびBC当選時のAT突入率には通常時の内部状態と内部モードの特徴はしっかりと押さえておこう。 前作と同じくBCのスルー回数をチェックしての立ち回りも可能だ。 モード移行は専用のテーブルによって管理されており、AT非当選のBC終了時に上表の順番で移行していく。 テーブル振り分け率の詳細は現時点では不明だが、どのテーブルも最後は必ずBC当選でAT突入確定 絆高確も確定 となるモードDに移行するため、前作と同じくBCのスルー回数狙いは有効だ。 基本的には最大7回目のBCでモードD到達となるが、テーブル5は6回目までが期待薄な代わりに、8回目までたどり着いた場合は複数のATストックに期待できる特殊なテーブルとなっている。 モードテーブルは有利区間移行時に抽選で決定。 ただし天井BCからATに当選しなかった場合はテーブルが再抽選される。 通常時およびAT中に当選する疑似ボーナス。 大きく分けて異色 赤・赤・青or青・青・赤 と同色 赤揃い・青揃い の2パターンがあり、同色BCの方が抽選値が優遇される。 パターンは「甲賀10名(通常&アニメ)」「伊賀10名(通常&アニメ)」「徳川家康」「服部半蔵」「デフォルメ3種」「設定示唆5種」の全部で50通り存在する。 下表の数値をすべて把握する必要はないが、表は1戦ごとにまとめてあるので、シナリオ判別ひいては設定推測に役立ててほしい。 セットごとの背景と合わせてシナリオを看破していこう。

次の

バジリスク絆2(バジ絆2) スロット新台

絆2 もはや止まれぬ

【その1】継続のカギはシナリオと絆高確 AT「バジリスクタイム」はセット継続タイプで、前作のATを継承した流れで進行。 継続システムは変更されており、1セットごとの継続率はシナリオで管理。 BC抽選およびBC当選時のAT突入率には通常時の内部状態と内部モードの特徴はしっかりと押さえておこう。 前作と同じくBCのスルー回数をチェックしての立ち回りも可能だ。 モード移行は専用のテーブルによって管理されており、AT非当選のBC終了時に上表の順番で移行していく。 テーブル振り分け率の詳細は現時点では不明だが、どのテーブルも最後は必ずBC当選でAT突入確定 絆高確も確定 となるモードDに移行するため、前作と同じくBCのスルー回数狙いは有効だ。 基本的には最大7回目のBCでモードD到達となるが、テーブル5は6回目までが期待薄な代わりに、8回目までたどり着いた場合は複数のATストックに期待できる特殊なテーブルとなっている。 モードテーブルは有利区間移行時に抽選で決定。 ただし天井BCからATに当選しなかった場合はテーブルが再抽選される。 通常時およびAT中に当選する疑似ボーナス。 大きく分けて異色 赤・赤・青or青・青・赤 と同色 赤揃い・青揃い の2パターンがあり、同色BCの方が抽選値が優遇される。 パターンは「甲賀10名(通常&アニメ)」「伊賀10名(通常&アニメ)」「徳川家康」「服部半蔵」「デフォルメ3種」「設定示唆5種」の全部で50通り存在する。 下表の数値をすべて把握する必要はないが、表は1戦ごとにまとめてあるので、シナリオ判別ひいては設定推測に役立ててほしい。 セットごとの背景と合わせてシナリオを看破していこう。

次の