ヤマト ヌマエビ 赤い。 ヤマトヌマエビの体の色が赤茶色っぽく・・

ヤマトヌマエビやミナミヌマエビが死んでしまう 死因と寿命

ヤマト ヌマエビ 赤い

ミナミヌマエビは、条件さえ揃えば基本的には「放置」でも十分に繁殖が可能であり、 わざわざ私のように産卵ボックスを用意してまで、繁殖に挑む必要はなかったのかもしれない。 しかし我が家の場合、エビたちは各水槽の「藻対策要員」として導入したので、各水槽内は エビとお魚の混泳状態となっている。 そんな状態での繁殖なら、「ひと手間」かけたほうが効率が上がるだろうし、 何より産卵ボックスを用いたことで、より詳しく観察することができたのだった。 そのミナミヌマエビの繁殖日記はこちら。 さて、今回チャレンジするのは『 ヤマトヌマエビ』の繁殖。 金魚が大きく成長し、ミナミヌマエビでは「金魚水槽の藻対策」には少々役不足ということで、 今年から我が家の金魚水槽に導入されたエビ達である。 ミナミヌマエビよりもひと回り大きいので 大きく成長した金魚水槽でも、きちんとその役割を果たしてくれるだろう、と考えた結果である。 先日そのうちの1匹が、お腹に卵を抱き始めた事に気がついた。 ミナミヌマエビの繁殖にも成功したし、同じ様な手順でヤマトヌマエビの繁殖も可能ではなかろうか。 そう考えたのが、このヤマトヌマエビ繁殖計画の始まりだったのである。 ヤマトヌマエビとは ヤマトヌマエビの特徴 金魚水槽のために、と導入した我が家のヤマトヌマエビたち。 想像通りその体格は立派で、小さい子でも3cm程、大きい子なら5cm以上もある。 大きくなった金魚に追われ、金魚水槽から熱帯魚水槽に引っ越しを余儀なくされたミナミヌマエビは、 体格がおよそ2〜3cmほどだった。 それを考えると、ヤマトヌマエビは数字以上に大きく感じられる。 現在ヤマトヌマエビと混泳している「出目金」は、尾ひれの先まで入れても最大10㎝程度。 多少出目金に突かれる事があっても、ほぼ捕食される心配はなさそうである。 エビたちもそのことが解っているのか、意外と大胆に出目金のエサを横取りしているのだった。 なによりもミナミとの最大の違いは、その体格差よりも「歩く能力の高さ」だと感じている。 そう、ヤマトヌマエビは環境が大きく変化した時には、頻繁に水槽から脱走するのである。 我が家の金魚水槽は、幅40㎝のガラス水槽で外部からエアチューブのラインと 水中モーター用の電源コードが入っている。 この2つが脱出経路になっていたようだ。 ヤマトヌマエビが、春先に我が家へやってきた当初、樹脂製のフタこそしていたのだが、 上記2つが入るための切り欠きが開いたままになっていた。 そのわずか3㎝角の穴以外に隙間は存在しないにもかかわらず、水槽外で赤くなって死んでいる ヤマトヌマエビが後を絶たなかったのである。 当初は、まさか歩いて脱走しているなんて考えもしなかったので、特別な対策は取れないままだった。 エビたちも水槽の環境に慣れてきたのか、気がつけばエビの脱走もなくなっていたので、 エビの脱走経路はわからず終いだったのだ。 エビは一度水槽から脱走すると、ガラスの外側をよじ登るとこはできない。 つまり「脱走=死」となるのだが、脱走に成功したエビは水槽からかなり離れた廊下の先で 干からびていることが多かった。 つまり結構遠くまで自力で歩けるのだと思われる。 ちなみにミナミヌマエビは、水の外へ出ると歩くどころか立ち上がることすらできないのである。 汽水水槽が必要 さて繁殖に取り組むにあたり、なにを準備すればよいのだろうか。 ミナミヌマエビの時と 同じもので良いのだろうか。 というわけで、ネット検索で先人の知恵を借りることにしたのだった。 ところが調べるほどに、簡単ではないというか「素人には無理」という意見が非常に多かった。 その大きな原因は、 ヤマトヌマエビの繁殖には『汽水環境』が必要になるからだ。 さて皆さんは『汽水環境』というものをご存知だろうか。 簡単に言えば、川と海の境目のことである。 薄い海水と言ったほうが分かりやすいかな。 自然環境で、真水の供給源は「雨」である。 雨が降ると、その水が集まって沢になり、 やがて川となって最後は海へ注ぐ。 そのサイクルの中で「雨」から「川」までが『淡水』であり 「海」だけは、ご存知の通り『海水』となっている。 そう、極端に塩分が濃いのである。 淡水で生活している生物の殆どが海水では生きていけず、その逆も同じ。 川と海の境目で、生態系は大きく分かれているのである。 ちなみに海水の塩分濃度は3. 0〜3. 5%程度。 汽水はその70%程なので2. 0〜2. 5%とされる。 金魚が病気になった時の「塩浴」で使う塩浴槽でおよそ0. 5%程度の塩分。 この事からも、いかに海水の塩分が濃いかということが分かる。 さて、ヤマトヌマエビの主な生息域は、淡水のしかも水がきれいな場所である。 川の上流と考えれば簡単だ。 では、なぜ成長過程で『汽水環境』が必要なのだろうか。 実は水のきれいな場所には、バクテリアや微生物のようなエビの餌となる生物が少ないのである。 そのためヤマトヌマエビの幼生は餌が豊富な川の下流、すなわち『汽水環境』まで下って成長するらしい。 そこである程度まで大きくなると、川を遡り生まれた場所に戻って新たな卵を産むのである。 これって淡水魚などでもよく見られる一般的な習性だよね。 このように、自然界のヤマトヌマエビは孵化後しばらくを汽水環境(薄い海水)ですごすため、 淡水で孵化したエビの幼生は(ゾエアと呼ばれる)、そのまま淡水で成長することができない。 つまり産卵から孵化までは淡水の環境が、孵化後は汽水環境が必要になるということになる。 ああややこしい。 つまり、ヤマトヌマエビの繁殖に必要な準備をまとめるとこんな感じになる。 まず「お母さんエビ」の産卵のための隔離場所の確保• 卵が孵化するまでの「孵化器」が必要• エビの幼生が成長するための『汽水水槽』の用意• 汽水環境から淡水へ戻す、淡水化の作業の方法を考える なるほど、確かにハードルが高そうだ。 隔離場所と汽水環境の用意 お母さんエビの隔離場所 まずは、産卵場所を確保しなければならない。 すでに「お母さんエビ」はお腹に卵を抱えている。 つまり急がなければ間に合わない。 ミナミヌマエビの繁殖を参考に考えると、お腹に卵を抱えてから孵化するまでの期間は、 少なくとも2〜3週間くらいだろうか。 ココで大きな問題が発覚。 どうやら「ゾエアはエビの形をしていない」のだそうだ。 ネットで検索した情報によると、エビの形ではない幼生の姿で孵化した後に、 何度か脱皮した後にようやく「エビ」の形になるらしい。 ミナミヌマエビは孵化した時からエビであったが、ヤマトはそうではないと言うことになる。 そして最大の問題点が「ゾエア」の大きさだ。 どうやらミジンコサイズ程度しかないらしい。 実際に、現在水槽内にいる「お母さんエビ」のお腹に張り付いている卵を観察すればよく分かる。 ミナミヌマエビのそれと比較して、かなり小さくそして数も多いように見える。 卵が小さいのだから、生まれてくるサイズが小さいのは当然である。 さてネット上の先人たちは、ブライン孵化器を産卵ボックスとして活用したと記録している。 ブライン孵化器とは、メダカの稚魚の餌などに使われる ブラインシュリンプを 孵化させるための簡易的な水槽のこと。 比較的安価で手に入る。 リンク 「ゾエア」の大きさは、かなり小さいようなので、障害物があると目視出来ないかも。 そこで汽水水槽は、底砂など何も入れずにベアタンクで用意することに決めた。 そんな水槽の水換えなど、いったいどのように行えばよいのか想像がつかないが、 とにかくこれで準備が整った。 淡水化の作業については、その時が来たら考えよう。 まとめ 思いつきで始めたヤマトヌマエビの繁殖作戦であるが、どこまでうまくいくのだろう。 ネット上の先輩たちの記録を拝見しても、そう簡単に成功するとは思えない。 でも、失敗したらやり直せば良いだけだ。 やり始めなければ何もわからないままである。 とにかく始めてみようではないか。

次の

ヤマトヌマエビやミナミヌマエビが死んでしまう 死因と寿命

ヤマト ヌマエビ 赤い

ヤマトヌマエビのコケ取りはすごいパラ。 ウィローモスまでなくなる勢いパラ。 ヤマトヌマエビを増やしたいパラ!繁殖させたいパラ! ヤマトヌマエビを繁殖させる方法 ヤマトヌマエビの繁殖は可能だけど難しいです。 育てるために汽水域の環境が必要です。 ヤマトヌマエビの繁殖は、手間がかかる上に成長させることが難しいです。 繁殖には汽水環境が必要で、着底するまでの幼生期は特に死にやすいです。 しかし、ヤマトヌマエビはミナミヌマエビ同様に、抱卵する機会が多く繁殖させるチャンスの確率は高いです。 実際に、ヤマトヌマエビの繁殖に成功している人もいます。 繁殖のやり方を確認していきましょう。 雄雌のヤマトヌマエビを揃える 雄と雌がいなければヤマトヌマエビを繁殖させることは不可能です。 まずは、ヤマトヌマエビの雄と雌を用意しましょう。 雌が7匹、雄が3匹いれば抱卵率があがります。 雌を多めにいれるのがポイントです。 雄:身体が小さめで、点々とした模様になります。 雌:身体が大きく、点々とした横棒模様が特徴です。 オス「・ ・ ・ ・」 体長「3~4cm」 メス「・ - ・ - ・ -」 体長「4~5cm」 水温を20度以上へ 水温が低いとヤマトヌマエビは繁殖行動をとりません。 水槽の水温を20度以上にあげましょう。 雄が雌の背中に乗る繁殖行動 成熟した雌は脱皮をすると性フェロモンをプンプンと出し、この匂いを嗅ぎつけて、水槽にいる雄たちが雌のもとに大集合します。 雄が雌の背中に乗り、「おんぶ」状態となるためすぐにわかります。 相性があえば卵が産まれます。 雌が卵を抱卵 雌のお腹に卵ができました。 一度に抱卵する数は、500個~2000個程度と言われています。 水槽の中で2000個以上のヤマトヌマエビが誕生すると思うとすごいことになりそうですが、飼育環境で大人にまで成長するのは極わずか。 野生化でもヤマトヌマエビの赤ちゃんは魚などの格好の餌になるため、大人になるのは一握りになります。 抱卵してから孵化が始まるまでは2週間~4週間かかりますが、水温が低いと遅く、高いと早く成長します。 汽水環境の準備 ヤマトヌマエビを成長させるには汽水域が必要です。 抱卵を確認したら汽水環境を準備しましょう。 ヤマトヌマエビの赤ちゃんである「ゾエア」を人口餌で育てるのも良いですが、食べ残しがあると水質が悪化してしまうため、2週間ほど前からゾエアを成長させる水槽を準備して、そこに微生物を発生させておくのです。 人口餌と違い水質の悪化も緩やかになるため、水を入れ替える必要はありません。 ウィローモスなども入れておくと良いでしょう。 ウィローモスが枯れますが、微生物の食べ物になります。 苔の類や微生物を発生させる為に1灯~2灯24時間つけっぱなしにします。 汽水の作り方 汽水の作り方は、海水の70%を用意します。 50%の汽水環境でも成長するようですが、汽水の気化により水槽内の塩分濃度が変わってくる可能性があります。 成功率が高い汽水70%が良いと思います。 海の水を持ってきて、水道水で割る方法も良いですが、海の細菌やゴミ、生物をろ過してから水槽にいれる必要があります。 生物が入るとヤマトヌマエビのゾエアが餌になってしまいます。 また、海水の場合は河口が近くにあれば、汲み取った場所の塩分濃度が分からない可能性が高いです。 その点、市販されている人口の「海水の素」を使用すると安心できます。 そして、ウィローモスの他にもフィルターの底に溜まる「浮泥」を入れておきましょう。 浮泥には多くの微生物が含まれています。 ゾエアの餌にはもってこいです。 (楽天) 抱卵したヤマトヌマエビの隔離 魚などと混泳している場合は、抱卵したヤマトヌマエビを隔離します。 隔離する場所は、ゾエア用の水槽ではありません。 別の水槽を用意します。 ただし、注意することがあり、水質が極端に違うとヤマトヌマエビはすぐに脱卵してしまう可能性が高いです。 本水槽の水をそのまま隔離用の水槽に入れて、ヤマトヌマエビを移動させます。 移動するタイミングですが、抱卵する直前(数日前)が良いでしょう。 見極めが難しですが、2週間から4週間の間に生まれるため抱卵と水温を確認しながら1つの目安にして観察をします。 ゾエアの数と水槽のサイズ ヤマトヌマエビからゾエアがたくさん産まれました。 親のヤマトヌマエビは本水槽に戻して大丈夫です。 産まれたゾエアは1日~2日以内に用意しておいた水槽に移してください。 3日以上経つと次第に死んでいき、その数がみるみる減っていきます。 また、飼育水1Lに対してゾエアを飼育できる数は最大40匹程度と言われています。 その理由は定かではありませんが、餌の問題があるかもしれません。 一応、参考程度に覚えておきましょう。 ゾエアの飼育方法 いよいよゾエアの飼育開始です。 その前に確認しましょう。 上部式フィルターや外部式フィルター、外掛けフィルターなどは使えません。 ゾエアがフィルターに巻き込まれてしまうため、フィルターを使うならスポンジフィルターになります。 水流もほどよく最適です。 また、排水部分を水面の上から落とすようにすることで酸素の供給にも役立ちます。 照明は、ゾエアを入れてから10時間ほどにしましょう。 エビは高温に弱い生き物です。 水温の上昇には気を付けてください。 リフトアップできる照明器具ならリフトアップした方が良いです。 ゾエアの変態成長と着底 ゾエアの幼生は30日~45日ほどで稚エビに変態します。 ゾエアの頃は死亡率が最も高く、この時期を乗り切り変態した稚エビは生き残る可能性が高くなります。 ゾエアから5回程脱皮をすると3mmほどに成長し、身体に赤みを帯びてきます。 そして、遊泳力がアップ!さらに成長するといよいよ着底する姿を見ることができます。 「クララが立った」・「赤ちゃんがはじめて立った」ような感動を覚えるでしょう。 9回程の脱皮をするとすっかりエビの姿になり着底します。 稚エビを淡水に戻す 着底した稚エビを淡水環境に移動します。 汽水域から淡水域にかえる際、ならしが必要です。 身体が赤いときはもうしばらく汽水環境で育てましょう。 赤みが薄れてきたら(着底から2週間ほど?)移動させ、後は成長してくれるのを見守りながら育てます。 ただし、本水槽に戻すのは魚が混泳していない場合に限ります。 5mm程度と小さな稚エビなので、魚の餌になってしまいます。 大きさが1㎝を超えるようになると安心です。 スポンサード リンク ヤマトヌマエビを繁殖してみた結果、大失敗… ヤマトヌマエビを実際に繁殖させてみようと思い実験。 抱卵は順調です。 親ヤマトヌマエビも元気な子を産む気まんまんです。 ゾエア水槽を準備しました。 微生物はたくさんいそうです。 ゾエアが誕生しました。 壁についている白い粒が全部ゾエアです。 数にして数千匹はいます。 そして、上記の育成水槽にいれたのは良いものの、日に日にゾエアの数が少なくなり最後には絶滅してしまいました。 実は、この水槽は海の近くで取ってきた海水を使用しています。 塩分濃度を図らずに70%になるように割ったためうまく育ちませんでした。 初歩的なミス…。 河口が近くにある場所のため、塩分濃度が最初から100%の海水ではなかったという致命的な可能性があります。 原因は恐らくこれ…。 比重計で計っておくべきでした。 「海水の素」ならうまくいっていたかもしれません。 そもそも出だしから失敗してしまったものの、ヤマトヌマエビの繁殖は難しいことを実感しました。 ちなみに、本水槽に戻っていた親ヤマトヌマエビはまた抱卵をしていました。 (楽天) まとめ ヤマトヌマエビの繁殖は「海水の素」が便利 ヤマトヌマエビは淡水環境で増えないことがアクアリウムの利点でもあります。 しかし、アクアリウムは生物を繁殖させる楽しみもあるので、挑戦してみてもよいと思います。

次の

ヤマトヌマエビとミナミヌマエビどっちが良い?コケ取りの違い等

ヤマト ヌマエビ 赤い

メダカ水槽の掃除屋さんでありメダカの良き同居人にもなるヤマトヌマエビとミナミヌマエビ。 アクアリウムではいろいろなエビが飼育されますが、ヤマトヌマエビとミナミヌマエビはメダカとの相性がよく共存・共生にばっちりで水温や水質もと 近いものがありメダカと同じで無加温で飼育できますのでぜひ一緒に飼育してみましょう。 それでは、ヤマトヌマエビ・ミナミヌマエビなど川エビについての飼育方法などをご紹介いたします。 メダカとの混泳は?ヤマトヌマエビ・ミナミヌマエビの飼育内コンテンツ• スポンサード 1. ヤマトヌマエビ・ミナミヌマエビをメダカと混泳・飼育するメリット 何もメダカに限ったことではありませんが、観賞魚、 メダカ水槽、容器でエビを同時に飼育する・混泳させることで様々なメリットがあります。 メダカと混泳することにより、真っ先に効果としてあげられるのが、水槽に発生する苔の掃除とメダカのエサの食べ残しの処理です。 どんなに水槽の環境、メダカなど生体の飼育環境が整っていようと、ほとんどの場合水槽や、飼育容器、水草にはどうしても苔が生えてきます。 そこで飼育も簡単な川エビやヌマエビ達の出番がくるわけです。 は コケ類を食べてくれるので水草や飼育容器をきれいに掃除してくれますし、水質の悪化につながるエサの食べ残しも処理してくれますので水質環境維持に効果が期待できます。 ほかにもの苔とりをしてくれたり 、動かしてくれることによるメリットもあるという方もいます。 このミナミヌマエビやヤマトヌマエビという2種類のエビは雑食性のエビの為、極端に肉食というわけはなくメダカなど、口の小さな小型観賞魚と相性が良いですが、 やテナガエビなどの川エビは肉食性が強くメダカなど、 おとなしい小型魚には自然界では天敵であるため絶対に間違えて混泳させないようにしてください。 もちろん、自然界の天敵は飼育下でもメダカの天敵になります。 当店で取り扱う二種類のヌマエビもそれぞれに特徴があるのでよく理解しておきましょう。 ミナミヌマエビの特徴、性格や寿命、餌について は体長2~3センチほどの小さな体と温和な性格、飼育・繁殖の簡単さなどが特徴としてあげられます。 あらゆる小型魚と混泳可能で観賞魚に悪影響を及ぼすようなことはほとんどありません。 寿命は1年~2年とされ、生息している地域差や個体差で体色・色柄などもさまざまなバリエーションを見せてくれます。 ヤマトヌマエビと比べると性格が温和で体も小さく食欲もそこまでではない為、 数が少ないと苔とり能力、効果はあまり期待できません。 それなりの苔取り効果などを期待するならある程度まとまった数のミナミヌマエビを投入する必要があります。 もしも、などでミナミヌマエビの単独飼育をするという場合ことなら市販のヌマエビの餌というものもありますので使ってみてはいかがでしょうか。 (特にヌマエビの餌じゃなく観賞魚の餌でも普通に飼育できます) 固形の餌を入れるとその餌に群がってツマツマして、複数入れると水槽や、飼育容器のいろんなところでミナミヌマエビが餌をツマツマしているかわいい姿が楽しめます。 見た目は地味な為、メダカや小型の観賞魚・熱帯魚と一緒に飼育しても、よほどの大量投入じゃないかぎり、景観を邪魔したり、美観を損ねることもありません。 また、魚から主役を奪うこと無く水槽を賑やかにすることができます。 稚エビを大きくするにはメダカと稚エビの同居はしないほうが良い(稚エビが成長する前にほどんどがメダカに捕食されてしまう為)ですが、 ミナミヌマエビを繁殖させるつもりがないのでしたらそのまま一緒に飼育していても、メダカの活き餌として良い効果が期待できます。 (少し残酷なように感じるかも知れませんが申し訳ございません) ミナミヌマエビは屋外なら春から夏にかけてが繁殖期で抱卵・産卵が期待できます。 寿命は短いですが、水槽などの閉鎖的な環境でも何世代にもわたって繁殖させることができるので、 長期間にわたりミナミヌマエビの飼育を楽しむことが可能です。 (参考記事:) )極寒地でなければ、冬でも屋外で飼育することができ、年中楽しい姿を見せてくれます。 ミナミヌマエビは水の流れが緩く、水草が茂っている、ダムや池などにも生息していて、生息範囲も広域なため、自分で探しにいって採取するということもできます。 その場合肉食性の強いエビもたくさんいるので注意するようにして下さい。 先ほどあげたやテナガエビ、 またザリガニ、などは寝ているメダカを襲って食べてしまいます。 メダカに限らず小型魚や他のエビとの混泳には向きません。 ミナミヌマエビの場合、外観はミナミヌマエビと非常によく似た、ミナミヌマエビの亜種がたくさんいて 琵琶湖などでもすでにシナヌマエビという亜種が見つかっているようです。 (実際はシナヌマエビが釣用の餌として大量に輸入されてきている為もっと各地でのシナヌマエビの割合は高いと思われます。 ) ミナミヌマエビとシナヌマエビなどの近縁の種は見分けるのが非常に困難で交雑している場合も多々有ります。 また、ミナミヌマエビの中でも擬態ともされる体色を変える変化がおこる為、飼育環境や生息地によって、白かったり、茶色かったり、黒っぽかったりと様々な体色が見られます。 野生のミナミヌマエビとその亜種、近縁の種のエビを見分けるのは素人にはとても困難だと言えるでしょう。 Lサイズ 10匹セット 2cm前後 ヤマトヌマエビの特徴、性格や寿命、餌について ポイント:エビだけで飼育する場合、明らかに餌不足の場合はヌマエビの餌も便利! 楽天市場をご利用ならお得に買い物ができる! さて、次はヤマトヌマエビですが、も 日本の淡水魚、熱帯魚に限らずいろんな観賞魚、生体と相性のいいエビです。 特徴はミナミヌマエビに対して、より大きな体(5センチを超える個体にも成長するようです)、 旺盛な食欲、長寿であることなどです。 ヤマトヌマエビの寿命は環境さえ適正であれば2~3年の寿命はあたり前で10年以上生きたという例さえあります。 ちょっと話はそれますが、私の住んでいるいる地域の川の上流でも野生のヤマトヌマエビを発見しました。 下流は河川整備されて、コンクリートで固められ、水も雨が降ってない時はほとんど干上がっている為、川の上流と海とは、ほとんどつながっていない状態なので、 ゾエアがが汽水域まで下る必要があるヤマトヌマエビはいないはずの環境です。 そんな環境にもかかわらず上流にはヤマトヌマエビがいたりします。 どういうことなのかというと、私の考えですがおそらくここ数年で整備された 河川なので、上流で寿命の長いヤマトヌマエビが生き残っているということでしょう。 もちろん、数年間生きた個体ばかりということになりますね。 このことからもいかに ヤマトヌマエビの寿命が長いのかということがわかりますね。 話しがそれましたが、元に戻ります。 ヤマトヌマエビの食性は、雑食性で、藻類、小動物、生物の死骸やそれらが分解したデトリタスも食べてくれるので やはりミナミヌマエビと同じように水質を安定させる効果が期待できます。 苔とりや残りエサの処理という点では体のサイズが大きいヤマトヌマエビは ミナミヌマエビに圧倒的にまさる苔取り能力を発揮し、 上の動画でもありますが特にの除去・掃除ということでは 抜群の効果が期待できます。 ヤマトヌマエビを入れるとみるみるが減っていくことでしょう。 ただ、食欲が旺盛でミナミヌマエビに比べるとヤマトヌマエビは少し肉食性も強く獰猛という特徴も併せ持ちますので、水槽内のコケなど、餌が不足しているような環境だと、 柔らかい水草を食害したり、まれに生体にも攻撃をしかける可能性(もちろんよほど弱っている生体じゃないと捕まえられないはずですし、元気なメダカを襲っている姿なども見たことはありませんので 基本的によほどのことがない限り、ぼぼ食べないと思ってもいいのではないでしょうか)が絶対にないとはいえません。 メダカなど、死んだ魚をヤマトヌマエビが食べている姿を目撃して襲っていると勘違いしてしまいがちですが、そのほとんどは死んでしまっていたメダカか、 弱ってほぼ死にかけていたメダカです。 ある程度のコケがあり水草のは植えてあるような環境なら ヤマトヌマエビも餌を用意せずとも水槽内のものを食べて生きてくれます。 餌についてはヤマトヌマエビも 市販のヌマエビの餌で飼育することはできますが、やはりヤマトヌマエビの単独飼育でもしない限り特別にヤマトヌマエビ用に餌を用意する必要もないでしょう。 繁殖の話しになりますが、ヤマトヌマエビは産卵はしてもその瞬間からゾエアが川の流れにのって海へでて、また川へのぼってくるというタイプのエビな為、 純淡水ではゾエアから稚エビの姿には育ちません。 (ここは同じヌマエビと呼ばれるエビでもミナミヌマエビとの大きな違いです) その為、観賞用水槽の中ではヤマトヌマエビの稚エビ(赤ちゃんの状態)の姿をみることは無いといってもいいでしょう。 もちろん、通販にしろ、ショップで購入するにしろそもそもヤマトヌマエビを採取する際にそんなサイズの赤ちゃんエビは 採取しないので、やはり販売ショップでもヤマトヌマエビの稚エビをみることはほぼないでしょう。 (ショップの方が ヤマトヌマエビの繁殖に挑戦して増やしている可能性はありますが、難易度が高い上、高価なエビでもないので そこまでやっているショップもないのではないでしょうか) ヤマトヌマエビは環境がよいとメダカよりも長生きしますので、長期的に楽しみたい場合もほとんど心配はいりませんね。 ヤマトヌマエビは見た目も美しく体の横にきれいなスポットが入り観賞用としては地味な体色であるミナミヌマエビよりも好まれてることも多いです。 水槽を賑やかにしたい、アクセントやインパクトを出したい自然な感じを演出したいという場合もアクセサリーのような感覚でヤマトヌマエビを導入するのもいいのではないでしょうか。 ミナミヌマエビよりも体が大きいぶん確かな存在感をだしてくれます。 (小型のカラシン:など、小さな観賞魚だけを飼育している大量のヤマトヌマエビを入れると主役が なんだかわかりづらくなりますが 笑 )余談ですが水槽や容器から飛び出したヤマトヌマエビは他のミナミヌマエビ等がピチピチと跳ねるのに対して歩き出す場合があります。 飼育をしていれば目にすることもあるかもしれませんね。 ヤマトヌマエビもミナミヌマエビもやはり脱皮をします。 稚エビや幼生の時は2日に一回ぐらいのペースで脱皮を繰り返す場合もありますが もちろんそれも問題ないことで成長にするにしたがって脱皮の回数も減ってきます。 もちろん抱卵中は脱皮をすることはありません。 (通常は、抱卵中に脱皮をすることはないはずですが、 脱皮をしてしまい卵が落ちてしまうことはあるようです) まれに水質の変化による脱皮もありますが、その場合はすぐに通常の行動に戻るようならばもちろん問題なく、 脱皮してそのまま死んでしまった場合などは水質がおかしいと思ったほういいかもしれません。 万全を期すためにできれば使用しておきたいですね。 ヤマトヌマエビやミナミヌマエビを飼育するのに水草を入れるべきか?入れなくても良いのか?ということになるとできれば入れた方が良いでしょう。 もともと隠れるような習性があるエビたちですので、水草の間などに魚から隠れる隠れ家があった方がミナミヌマエビにしてもヤマトヌマエビにしても良いです。 どんな水草がいいかといえばエビの飼育環境の水質に水草があっていれば、特にはないのですが、ウィローモスなどはエビ飼育の定番ではないでしょうか。 エビたちも喜んでしがみ付きますし稚エビ達の隠れ家にもなります。 ヤマトヌマエビは水槽内での繁殖は無理ですが、 ミナミヌマエビは水槽内で繁殖することができますのでもしメダカなどエビを捕食する魚や生体がいる環境でエビの自然繁殖を狙うのなら ウィローモスを茂らせたり、やでもよいので 稚エビの隠れ家になるように水草を繁茂させる必要があります。 水草の繁茂していない水槽で稚エビが孵化してもあっという間に メダカのご馳走になってしまいます。 確実に繁殖させたいなら卵が孵化する前にメダカ水槽とは隔離した水草を入れた容器に卵を抱えたエビを移動して繁殖に望むべきです。 水草の農薬については親切な観賞魚店やメダカ屋さん、熱帯魚屋さんはちゃんと明記してくれている とは思いますが、水草によっては美しく育てる為に、農薬を使用して育てられた水草もあります。 いくら丈夫なミナミヌマエビ・ヤマトヌマエビだとしても、水質や農薬には魚に比べると敏感なので、 農薬付きの水草を入れると魚類は大丈夫なのにエビだけ全滅してしまうということも 十分ありえます。 水草投入時は必ず農薬を使用してないか確認するようにしましょう。 また、農薬とは少し違いますが水草を元気に育てたいと思って添加した肥料であっても 水質変化をおこしエビがショック死する可能性がありますのでこちらも要注意です。 ミナミヌマエビやヤマトヌマエビにおすすめな水草 ミナミヌマエビ、ヤマトヌマエビを飼育する場合は水草を入れるのはとてもいいと思います。 当店でも販売しているやなどもそうですし、アマゾンフロッグビットなどほとんどの水草がエビの隠れ家になり、エビを落ち着かせてくれます、 ただ、注意点としはエビに対する餌が足りてない場合、ミナミヌマエビもヤマトヌマエビも水草を食害するのでウィローモスなどのやわからかい水草などは特に注意して下さい。 特にヤマトヌマエビは食欲も旺盛ですので場合によっては酷い食害に会う場合もあります。 よって、日本の冬でもエビ自体が 凍りつくような状態にならなければ問題なく越冬してくれますので ヤマトヌマエビとミナミヌマエビも極端な水温にならない限り30度付近の高水温~冬の0度に近い低水温までかなりの範囲の水温を耐えてくれます。 まずは、ミナミヌマエビ・ヤマトヌマエビに限ったことではありませんが、まずは をして販売店の飼育水から購入者の飼育水または環境に合わせて挙げないといけません。 まずはビニール袋にショップの水とヤマト・ミナミヌマエビが入ったままの状態で飼育容器の中に暫く浮かべておきます。 こうすることによって水温が購入者の飼育する水温に揃ってくれますのでミナミヌマエビ・ヤマトヌマエビに水温の変化により与えるショックやストレスを小さくすることができます。 水質の違いによるPHショックというものもありますのでそれを避けるために、購入した生体が入った水に飼育者の環境の水を少しづつ入れて慣れさせていく必要があります。 水合わせという 工程です。 エビはめだかよりも水質に敏感な面がありますのメダカに比べても十分に時間をかけて水合わせを行い水温調整・水質調整を済ませましょう。 もし、エビが死んでいくようなら 水質がアルカリ性や酸性にかなり傾いている可能性がありますので不安な方は投入前に調べておいてください。 先ほどもいいましたが餌はエビがメインの飼育でないのなら苔やめだかの残り餌などで十分に生きてくれますので特別にエビ用の餌を用意しなくても飼育できます。 また、エビに限らずですが、生体投入時には病気の個体がいないか観察してから(いるようでしたらまず、隔離して薬浴をさせましょう)投入してください。 (エビの場合は死にかけてるような個体はいったん隔離) 屋内飼育の場合は特にめだかより繊細でが必須な場合もあります。 をしていない、水草が入ってない、床砂利がひいてない方などは水質が安定せずより、飼育が難しくなりますので注意して下さい。 当たり前ですが新規で水槽を立ちあげる場合ももちろんしたを使い、 既にバクテリアができあがった飼育水があるのならその水を使用するようにして下さい。 ヤマトヌマエビの死因、ミナミヌマエビの死因 エビ類はメダカよりも水質にデリケートなのでメダカに比べると死んでしまいやすいです。 (それでもヤマトヌマエビ・ミナミヌマエビはエビ類の中ではすごく丈夫な部類のエビだと思います) このヤマトヌマエビ・ミナミヌマエビが死んでしまうということはかなり環境に問題があるということで、 その環境が続けば近いうちに魚への影響がでてきますので、死なせてしまわったエビ達にはかわいそうですが原因を探る良い機会になります。 いくつかエビ達の死因となりうる原因をあげてみます。 まず、水質は大丈夫ですか?極端なアルカリ性・酸性に水質が傾いていないでしょうか? 当たり前ですが極端に水質が傾いている場合も生きていけません。 ヤマトヌマエビ・ミナミヌマエビが導入初期に死んでしまったという方は、 ちゃんと水合わせを行いましたか?丈夫な部類のエビであるとはいえ、急激なphの変化と水温の変化はエビにストレスを与えショック状態やショック死を招く場合がありますよ。 前にも少し書いていますが、本当にカルキ・塩素が抜けた状態の水で飼育できていますか? 塩素によって起こる急性塩素中毒症というのはわかりにくいのですが確実にありえますので めんどくさがらずに必ず塩素が抜けていると確信できるまではエビは投入しないようにしましょう。 一見、エビをいれた直後にエビが泳ぎ回っているので大丈夫と思った場合でも急性塩素中毒症になっていれば 2~3日後に死んでしまうこともよくあります。 次に餌は不足していないですか?これはコケも餌にするエビとしてはなかなか考えづらいことですが コケがまったく生えていない、食べられるような水草も入っていないような状態では 餌を与えないと生きていけません。 これはでもいいので餓死しないようにしましょう。 後は、もう書きましたが水草についている農薬や水温の変化、急激な環境の変化に注意しましょう。 酸素不足についてもメダカより弱いので注意してください。 (酸素の必要量や消費量はメダカの方が多いはずですが 生活している場所や水深などのせいで酸欠で先に死んでしまいやすいのはエビのようです) 飼育環境の問題では無いかもしれませんが、 殺虫剤の使用もエビには厳禁と考えて飼育環境の近くで、 殺虫剤は使用しないようにして下さい。 エビは水槽からジャンプして飛び出し、干からびていることもよくあります。 これはある程度しかたないことで、防ぐには、水深をふかく、 飛び出せないほど容器の上面から水面を高くするか、現実的には水槽・飼育容器にガラスやプラスチックの蓋をすることでしょう。 もちろん、飼育環境に問題がない場合は浅い容器で蓋がなくても、数年間、エビがとびださず普通に飼育できているという例もあります。 ミナミヌマエビに限りますが大量に産まれた、稚エビがいなくなった場合は、どんな原因が考えられるかというと例えば、濾過フィルターに吸い込まれている ということも考えられます。 場合によっては外掛け式のろ過フィルターを掃除しようとしたらろ過フィルターの中で死んでいたり、 ろ過フィルターの中で成長しているということもあります。 そういったことを少しでも減らす為にはエビを飼育時は稚エビの吸い込みを避けるため、 できるだけ目の細かいスポンジに変えるか、いっそのことろ過フィルターを使用しない環境にすることです。 Lサイズ 10匹セット 3cm前後 エビとアンモニアの関係 ポイント:初心者ほど特にアンモニアには注意しましょう!アンモニアは有害ですよ! 別にヤマトヌマエビやミナミヌマエビに限った話ではありませんが、 エビなどの甲殻類が大量死する原因には アンモニア中毒というものも考えられます。 アンモニアは水槽内、飼育容器内のpHや水温とも深く関係していて、目安としてはpHが7. 3で増加してきて、 水温上昇でさらに増加が加速します。 逆に言うとpHを7以下に保つようにすれば、アンモニアではなく より毒性の低いアンモニウムイオンの状態で存在する為、 メダカにしろエビにしろ生体への悪影響はぐっと少なくなります。 アンモニア中毒でメダカなどより、 先に死んでしまいやすいエビには アンモニアの大量発生を防ぐ為、 より繊細なpHの管理やバクテリアの管理、水温の管理が必要となります。 もちろん、そのエビが死なない水作りはメダカや熱帯魚等の飼育にも良い水作りとなりますので エビを飼育している場合は、より水質管理に気をつけるようにしましょう。 ミナミヌマエビやヤマトヌマエビで水質を改善? ミナミヌマエビやヤマトヌマエビは水槽や水草にはえた苔やメダカや観賞魚の残り餌を 食べてくれる為、一見、水質の改善が期待できるのでは?と思うかもしれませんが、 汚れていた環境にミナミヌマエビ・ヤマトヌマエビを投入したところで水質自体がよくなるわけではありません。 やはり、エビも生体であり、糞や、尿などの排泄物をしますので魚に比べると少ないとは思いますが 同様に水質を悪化させてます。 ただ、水中に溶けこむ排泄物はともかく、 余計な苔、藻類、餌の食べ残し、 生体の死骸などは食べてくれますので見た目の環境維持にはとても有効ですし、餌の食べ残しがそのまま、 水槽内に残るようりは衛生的です。 エビも数を多く飼育しようとすると、より水草の数や底床に棲むバクテリアの存在が不可欠になってきますので いくら飼育が簡単で丈夫な種類のエビとはいえ、必ず飼育環境は整えてあげるようにしましょう。 ヤマトヌマエビ・ミナミヌマエビはどっちがいいの?混泳は? さて、結局ヤマトヌマエビとミナミヌマエビを比べるとどちらがメダカとの混泳に向いているのか? 優れているのか?という話になると結局はエビにどういった役割を求めているかによります。 ならば、 ヤマトヌマエビとミナミヌマエビを混泳させればいいと思うかもしれませんが、 生活圏の近いエビ同士ですので、どちらかが淘汰される可能性があります。 (おそらくミナミヌマエビが負けますが、広い飼育容器に余裕をもった数の飼育ならヤマトヌマエビとミナミヌマエビの 混泳も問題ないと思います) 水草にコケが生えるのを予防したい、魚の餌の食べ残しを処理して欲しいという意味では、 ミナミヌマエビで十分ですし、 すでに大量にはえたコケを除去したいという即効性を求める場合、 見た目の存在感を求める場合にはヤマトヌマエビを選ぶというのもいいでしょう。 飼育する数でも効果は調整できるので、状況や好みによって選択しましょう。 もしを使用する屋内水槽なら見た目で選ぶという意味なら、当店での取り扱いではありませんが、ほとんどミナミヌマエビと同じ性質でカラフルなレッドチェリーシュリンプ、 ルリーシュリンプ、イエローシュリンプ、ベルベットブルーシュリンプ(これらのエビは室内飼育が基本で屋外には向かない)なども選択肢にいれてみてはいかがでしょうか? ポイント:寒さには多少弱いですがほぼミナミヌマエビと同様の飼い方でOKです! ヤマトヌマエビは、ヌマエビだけど川エビ? ヤマトヌマエビは基本的に沼にはいないものと思ってよいでしょう。 (沼の環境で飼育できないというわけではなない)なぜかというと、前述したとおりヤマトヌマエビはいったんゾエアが汽水域まで下ってまた川を上ってくるタイプの エビだからです。 したがって海と繋がっていない湖や沼、池などはヤマトヌマエビは繁殖できないため自然では生息していません。 沼などの閉鎖された環境でヤマトヌマエビを発見した場合はだれかが放流したもので無い限りは それはヤマトヌマエビではありません。 ヤマトヌマエビというように名前にヌマエビとついているのに生息地でいえば、川エビなんですね。 逆にミナミヌマエビはヤマトヌマエビのような習性はありませんので小さな容器、閉鎖された環境のなかだけでも産卵、繁殖、成長をするサイクルを繰り返しますので環境が整っていれば、屋外の小さな飼育容器に いれておくだけでもどんどん増えます。 (もちろん、限界はあると思いますが閉鎖された環境で繁殖できるということを考えればまさにミナミヌマエビはヌマエビですね) 私もミナミヌマエビがベランダの発泡スチロールのなかで勝手に産卵して繁殖していた経験があります。 ただし、ヤマトヌマエビの方が圧倒的に長寿で、ミナミヌマエビの数世代分をヤマトヌマエビの一世代で生きてくれますので掃除屋としていれるのならば、 ヤマトヌマエビを繁殖させる必要はないとは思います。 ヤマトヌマエビは名前はヌマエビなんですが生息域でいえば実際は川エビということですね。 川エビを採取した時に注意すること ヤマトヌマエビやミナミヌマエビは川エビなので、河川で採取することができます。 ただし、実際に川で採取した川エビには、いろいろな種類のものが 混ざっていて、 当然ながら川や池、沼に生息しているエビはヤマトヌマエビとミナミヌマエビだけというわけではありません。 むしろ適当に採取した場合、ヤマトヌマエビとミナミヌマエビだけを 採取してくるのはほぼ無理でしょう。 他の川エビといえば、ミゾレヌマエビやヌカエビ、スジエビ、手長エビなどがいます。 詳しい人ならすぐわかるかもしれませんが、スジエビや手長エビは、肉食性の強いエビです。 小型の魚(もちろんメダカも)と混泳させると攻撃され捕食されてしまいます。 肉食性の強いエビの特徴として、ハサミが発達しているものが 多いので大きなハサミをもったエビには特に注意してください。 スジエビに関しては別の記事でも書いてますので参考にしてください。 いかがだったでしょうか?屋外の常温で飼育できる、お互いことなる特徴を持つ2種のエビですが水槽を楽しくしてくれるという意味では間違いありませんのでとてもお勧めできます。

次の