ダイヤモンド ブリザード 対策。 デュエマプレイス やりすぎでしょダイヤモンド・ブリザード!|ガカオ|note

ブリザードのダイヤモンド・ナーフ・デュエプレが話題

ダイヤモンド ブリザード 対策

こんにちは。 ダイヤモンド・ブのナーフ 弱体化 が決まったのに水文明や光文明型のダイヤモンド・ブは未だに環境トップに健在していますね。 今回は毎週火曜日恒例のデュエプレ環境デッキTierまとめ&レビューをしていきたいと思います。 Tier 1 青白緑 、青緑ブ アーク・デラセルナやアストラル・リーフを投入し、苦手な対策を行ったデッキ。 エマージェンシー・タイフーン等の水文明の力でデッキの回転率を上げ、ビートの安定性を上げている。 エマージェンシー・タイフーンがS・トリガーで出てくるとアーク・デラセルナが出てくる。 最近では光文明を抜いてアストラル・リーフを採用した青緑ブも台頭してきている。 このデッキタイプと亜種だけで環境デッキ全体の3割ほどを占めているためこのデッキを攻略しない事にはデュエプレの勝率は上がらない。 リース 白赤緑 ボルバルザーク 現在の環境に蔓延っているダイヤモンド・ブをメタったデッキ。 クエイク・ゲートや・スパーク、バースト・ショットなどで相手の盤面を一掃しつつブロッカーやグライス・メジキューラで相手の横展開を、切り札のボルバルザークのエクストラターンでワンショットを狙うデッキ。 10ターン目より前でも次の相手のターンにトリガーが発動できないことがデメリットにならない場面では、スピードアタッカー持ち2打点としてボルバルザークを場に出す事もある。 デアリ 黒赤緑 ガルザーク 紅バルガゲイザーの効果で攻撃する度にドラゴンを踏み倒し続けたり写真の神滅竜騎ガルザークで唐突な3打点を飛ばして奇襲していくデッキ。 圧倒的なドラゴンのスタッツで盤面制圧をし勝負を決めるデッキ。 第2弾環境よりスピードアタッカードラゴンが増えたため強化されたデッキテーマの一つ。 青抜き4cボルバルザーク リース 白赤緑 ボルバルザークに闇文明をタッチしたボルバルザーク。 闇文明を投入した事により更に除去性能、デッキパワー、妨害性能を上げダイヤモンド・ブ以外にも対処できるようになった。 欠点としては色事故が多発し、安定感が若干落ちてしまった点。 だがそれでも強い。 白青イニシエート 第3弾でグライス・メジキューラとタージマルが追加されることでさらに盤面を取る能力が強くなった。 中盤以降でペトローバやクラウゼ・バルキューラなどを召喚して一気に盤面を強くしていく。 グライス・メジキューラがダイヤモンド・ブメタとしてきっちりと機能している。 ただしかし以前に比べると環境での立ち位置は若干落ちたか。 Tier 2 デアリ 黒赤緑 連ドラ 紅バルガゲイザーの効果で攻撃する度にドラゴンを踏み倒し続けとにかくカードパワーの高いドラゴン達で奇襲していくデッキ。 圧倒的なドラゴンのスタッツで盤面制圧をし勝負を決めるデッキ。 こちらも第2弾環境よりスピードアタッカードラゴンが増えたため強化されたデッキテーマのひとつであり、環境にいるボルバルザークに強く出れる。 最近では紅バルガゲイザーをスピードアタッカー化する目的でブル・ブースターを搭載した型もある。 白抜き4cボルバルザーク リース 白赤緑 ボルバルザーク同様に10ターン目にボルバルザークのエクストラターンを狙い、でひたすら相手の戦略を潰すデッキ。 相手の盤面を捌きながら、二角の超人等のアタッカーを整え10ターン目以降はワンショットキルを狙う。 リース 白赤緑 ボルバルザークよりも防御力が高くカードパワーが高いが、ダイヤモンド・ブに対する勝率はあちらの方が高い。 ドロマー 白青黒 バロム 環境トップをダイヤモンド・ブやボルバルザークに奪われてしまったものの依然として生き残るバロム様。 アクアンと光文明の力を借りて耐久力を増してバロムの除去能力で押し込むコン。 環境がブとボルバルザークの二極ゆえ環境での立ち位置が悪いがアクアンのカードパワーにより辛うじて半死で済んでいる。 赤緑速攻 一時期デュエプレ1位のプレイヤーが使っていたと言う事で話題になっていた速攻デッキ。 テンプレにSRが1枚も入っておらずVRも4枚のため誰でも作れる事が利点のデッキ。 それに現環境意外と全対面に有利な為現環境でこそ青緑ブや各種ボルバルザーク、デアリ 黒赤緑 ガルザーク等にお株を奪われてしまっているものの来週あたりからの環境で大暴れする事が予想できる。 シータ 青赤緑 ブ ダイヤモンド・ブがナーフ 弱体化 されたことにより水文明の力を借りてリソース補充手段を得た赤緑ブ。 基盤は強いためこのデッキも弱くは無いのだがいかんせんビートダウンにしては色事故が激しくブ弱体化の影響をモロに受けているため環境で戦うのはやや厳しいか。 Tier 3 青黒アクアンバロム ひと昔前のバロムデッキ。 アクアングレーから光文明を完全に取り除き切り札をバロムにしたコンデッキ。 第1弾の時代、デュエプレ初期の頃は闇文明に有力なドローソースが無く、環境にボルコンが蔓延していたため環境での立ち位置が悪かったがアクアンにより一時の環境を築いた。 白青リーフペトローバ アストラル・リーフと言えば今までは速攻だったがこのデッキは若干コン寄り。 光器ペトローバとアストラル・リーフが手を組んで盤面をガチガチに固めて制圧していく。 青黒赤 ボルメテウスコン デュエプレ初代ボルコン。 第2弾で実装した各種チャージャー呪文により強化され、速攻に弱く速度が増した現環境においては致命的な弱点だった遅さを克服した。 速攻対面ではサウザンド・スピアさえ間に合えばどうにでもなる点も優秀だが、ダイヤモンド・ブのリソース確保が異常な為不利が付いてしまう。 青黒赤 ゴースト 切り札のデシャルが自身のクリーチャー全てにアタックトリガーのを付与するため、盤面にクリーチャーが展開されている状況下で相手の戦略を徹底的に崩すことができる。 第3弾でゴーストの進化元が充実して来ているために生まれた、強力な軸のデッキ。 黒抜き4cボルバルザーク リース 白赤緑 ボルバルザーク同様に10ターン目にボルバルザークのエクストラターンを狙い、でひたすら相手の戦略を潰すデッキ。 相手の盤面を捌きながら、二角の超人等のアタッカーを整え10ターン目以降はワンショットキルを狙う。 青が入った事によりリソースの確保手段が豊富になり、より粘り強くなったのが特徴。 bSirius.

次の

【デュエプレ】ダイヤモンドブリザードがナーフ!新デッキレシピ+砕いて代わりに生成するカードのおすすめ10選

ダイヤモンド ブリザード 対策

ダイヤモンド・ブリザードより先に攻める!赤青デッキの紹介 ダイヤモンド・ブリザードのメタも兼ねた赤青速攻デッキレシピ。 叩き台です。 ブリザードマスターズに終止符を打つべく開発した赤青。 クックポロンを除去しにくいことやスノーフェアリーが速攻デッキとしてはやや遅くまたシールドトリガーが弱いという弱点に目をつけました。 — デュエプレ攻略 -デュエ速- デュエルマスターズ・プレイス DueMaApply 安くて強い!赤青速攻デッキレシピ 2弾からアストラル・リーフを生成していれば比較的簡単にデッキを生成することができる。 今回の赤青デッキのポイントはシールドトリガーをかなり多めに採用しているところ。 スノーフェアリーデッキは序盤から速攻を仕掛ける必要があるため、 相手のシールド・トリガーを踏むことが弱点。 そこでシールドトリガーであるテンペストザウルスとアクア・サーファーを合計8枚採用した相手の速攻に強く、また切り替えせる速攻デッキを作成した。 テンペストザウルス スノーフェアリーを墓地に送ることは相手のダイヤモンド・ブリザードのマナ加速となってしまうが、 その前に相手のシールドをブレイクし勝てば何の問題もない。 アクア・サーファー テンペスト・ザウルスよりもスノーフェアリーデッキにとっては天敵となるカード。 もちろん場に出るため速攻を仕掛けることが可能。 この2種類のカードを盾に従来のアストラル・リーフ赤青速攻をベースに攻めていく。 やはりアストラル・リーフは3弾環境でも強く、特に火炎竜星弾を引き当てることができるのが強い。 また、強力なシールド・トリガーであるアクア・サーファーと同じ水文明であるところが評価点。 クック・ポロン スノーフェアリーに攻撃されないクリーチャー。 1マナで出せるブレイズ・クローとともに攻めの要となる。 主戦力カード。 ダイヤモンド・ブリザード速攻デッキが増えたためクック・ポロンの攻撃が通しやすくなったのは追い風だ。 襲撃者エグゼ・ドライブ カード名の文字通り奇襲をしかける。 フィニッシャーとしても優秀。 これによりスノーフェアリーに殴られる前に殴るデッキとなっているのが今回のデッキコンセプトである。 今回のデッキ公開により、「ブリザードマスターズ」に終止符をうち、環境が群雄割拠することを切に願いたい。 ダイヤモンドブリザードデッキレシピはこちら.

次の

【デュエプレ】【驚愕】ダイヤモンドブリザードTier1だろこれ…初日で分かるイカれ具合がヤバすぎるwww

ダイヤモンド ブリザード 対策

今回、3弾が実装されて、蓋を開けてみればダイヤモンドブリザード。 そりゃそう。 墓地から回収した分もマナゾーンを追加する効果は強すぎた。 巷では、開発チームが深夜酔っ払いながら山手線ゲームで「今から強すぎる効果つくったやつの勝ちな〜」と決めたに違いないと言う噂がたえない。 以下、山手線ゲームの様子である。 トントン!「マナから回収!」 トントン!「墓地からも回収!」 トントン!「墓地もマナも回収!」 トントン!「バトルゾーンに出た時、マナゾーンと墓地からスノーフェアリーを手札の上限枚数になるまで手札に戻す。 その後、こうして手札に戻したスノーフェアリーの数だけ、自分の山札の上からカードをマナゾーンに置く。 運営「どうせ3日後くらいにダイヤモンドブリザードばっかりで飽きたとか言うキッズが出てくるからその時修正しようぜ」 運営2「確かに。 そうしたら新弾出さずして環境変えられて楽チンだしな。 」 こうして、先日、ダイヤモンドブリザードナーフをほのめかすツイートを行った。 と、今ここなのです。 筆者は3弾実装当日、ダイヤモンドブリザードを早速作り、ランクマッチをしてみてあることに気づく。 確かにブリザードは強い。 シャドーバースのヘクターを彷彿させた。 しかし、絶対に止められない訳ではない。 解決できない問題なんてない。 みんな馬鹿みたいにダイヤモンドブリザード使ってるし、ブリザード対策が出回るのも時間の問題。 しかもすでにグライスメジキューラを使っている輩もチラホラ。 AとBが戦っている時。 答えはいつもCにある。 「中立が一番儲かるのさぁ。 」ってアクアンも言ってた。 そこで、こいつに目をつけたんだ。 神滅竜騎ガルザーク!!!!! こいつは子どもの時にやってた映画を観に行くともらえるカードで、当時は攻撃されなかった。 今回はスピードアタッカーがついて、様々なコンボが可能になった。 こいつ、、、牙狼剣に押し込まれて強くなって帰ってきやがった。 で、結果できたデッキがこちら。 3コストの8枚を初ターンに引けるかが鍵。 引けたら勝率はグンと上がる。 さらに1枚目でバーストショットをトリガーするとさらに良い。 とりあえず100戦してみた。 【3弾実装から2日間】 VS青緑ブリザード32戦18勝 VS白黒緑ブリザード16戦11勝 VSイニシエート15戦13勝 VS4Cボルコン11戦8勝 VS赤緑ブリザード10戦6勝 VS青黒赤ゴースト9戦6勝 VSバロム7戦5勝 100戦67勝。 がんまわりのブリザードとの勝負ではどうしてもバーストショットが欠かせなくなるけれど、コントロール系には強いデッキです。 ダイヤモンドブリザードにナーフが入ったらボルバルザークマスターズになることが予想されます。 どう組み合わせるかはあなた次第。 しかし、とにかくガルザークが強かったのでご紹介。 よかったら参考にしてみてください! 環境は生き物です。 だいたい6時間ごとに環境が変わっている気がします。 4つぐらいの異なるタイプのデッキを用意しておき、環境を読みながら、ランクマッチをするのがいいかと思います。 ここだけの話、深夜帯は速攻が多いので、コントロールがオススメです。 今このデッキに引き続き、自作デッキでランクマッチ挑戦中。 出来るだけ安いデッキで強いデッキを作ろうと奮闘中。 11連勝のデッキができたが、時間帯によっては負けてしまう。 勝率の方が出次第、ブログの方で紹介致しますので、よろしければフォローしてくださると幸いです。 ランクマッチをやっている仲間の皆さんと繋がっていければなと思います。 よかったらnoteにいいねの方よろしくお願いします。 Twitterのフォローもお待ちしておりますね! 【Twitter】.

次の