コード ヴェイン ゴッド イーター。 『コードヴェイン』新キャラやキャラクリ、システムの一部が判明!他、GEとシオそっくりのキャラクターが居るなどゴッドイーターと繋がりがあるかも!?

コードヴェインは面白い?アクションはダクソと比べてどうなのさ【CODE VEIN】

コード ヴェイン ゴッド イーター

バンナム発の死にゲー、CODE VEIN コードヴェイン を購入したので意識していると言われる本家ダクソと比較しながら感想を述べていこうと思います。 システムはダクソ、雰囲気はゴッドイーター 死にゲーというジャンルだけあってゲームシステムや戦闘はフロムソフトウェアのダークソウルやブラッドボーンをかなり意識した作りになっている。 ダンジョン探索型のアクションRPGでヤドリギと呼ばれるセーブポイントはまんま篝火だし、不意打ちっぽい敵の配置など随所にダクソの影響が見られる。 だが、雰囲気はぜんぜん違う。 どちらかというと同社のゴッドイーターを思わせる中二感のある世界観だ。 3Dモデルが似ているというのもあるが、イベントシーンだけを見ているとゴッドイーターの新作か!?と思ってしまうくらい雰囲気は似てるw GEのシオを思わせる謎の少女 舞台が中世ではなく世紀末な感じの現代っぽいということもあるかもしれない。 崩壊したコンクリートの建物からも崩壊後の近未来を思わせる 設定としては、大崩壊を引き起こした化け物(後に語られると思う)と戦うために作られた人造の吸血鬼が主人公達のようだ。 心臓を破壊されない限りは何度でも蘇る事ができるが、瘴気を吸うと堕鬼(ロスト)と呼ばれる存在(亡者みたいなもの)になってしまう為に戦闘エリアではマスクが必要という設定。 世紀末風な現代+吸血鬼ということで、なんとなく終末のセラフを思い出したw フォールアウトやゴッドイーター等崩壊した世紀末系現代が好きな自分としては非常に好きな世界観。 序盤の武器も鉄パイプとかコンクリート塊とか現代感溢れるものが多い。 フォールアウト感のある鉄パイプ 鉄パイプでは心もとないので途中拾ったバヨネット(銃剣)を装備した。 近接攻撃だけでなく射撃による遠距離攻撃も出来るスグレモノだ。 死にゲーと謳っている為、どうしてもフロムソフトウェアのダクソやブラボと比べられがちだが、かなり違う部分が多いので別のゲームと考えたほうが良いだろう。 まぁ、オマージュというだけで別ゲーなので当然だが。 ただ、けしてフロムの死にゲーに劣っているという意味ではなく、仁王とダクソが違うようにフロムの死にゲーを意識しながらも独自の要素を上手く取り入れバンダイナムコ独自の高難易度アクションRPGとしてしっかり成立している。 難易度は高めだが、バディが強い 基本的にダークソウルを意識しているので、これらをやり込んだ方はすんなり入れる操作性。 ローリングはもちろんバックスタブやパリィみたいなものもある。 デフォルトのキー配置は仁王っぽい。 モーションや敵のリアクションは本家と比べると軽いというかやや安っぽくも感じるが、アニメ調なヴィジュアルということもあってそんなに気にならない。 マップはシームレスで繋がっており割と上下に入り組んでいて立体的になっている。 もちろん転落死という要素もある。 殆どのマップがシームレスで繋がっている 敵は結構強くソロ前提で考えた場合は難易度はかなり高いゲームと言える。 ただし、ダクソやブラボとコードヴェインの大きな違いとして自分専属の相棒、バディと呼ばれるNPCと基本一緒に行動することになる。 ダクソ等にもNPCは居たが、あくまで一時的な助っ人という位置づけで常時行動を共にするということはなかったが、こちらは逆にバディとのチームプレイが攻略の基本のようだ。 フリヲのアクセサリ、SAOFBのアファシスをイメージしてもらうと分かりやすいだろう。 ただし、バディはキャラクリ出来ない このバディがかなり強く、バディにタゲを取らせて後ろから殴ったり自分がタゲをとってバディに殴らせたりしていれば強力なボスも案外倒せてしまったりする。 しかし、ソロで挑むとかなり手強いのでバディ込みでの難易度調整になっているのだろう。 バディは一人一人戦闘スタイルや性格が違う。 攻略中にちょくちょく話しかけてくれるのでマルチプレイをしている気分になれる。 難易度は高いと言ったが、上で述べたようにバディが強い為、案外バディとの協力で何とかなってしまう局面も多く死にゲーと言われるほど難しくはないかもしれない。 序盤~中盤だけかもしれないが。 バディ前提ということもあってか、ダクソと比べると複数の敵を一度に相手にしなくてはならない場面も多いので序盤と言えどバディだけに戦わせていてはあっという間に倒されてしまう。 ダクソのように敵の動きをしっかり覚えて攻略していくよりスキル構成やバディとの協力に比重が置かれていて、やや戦闘は大味な印象を受けた。 エスト瓶のような要素で再生力という回復手段があるが、バディも自分も回数は有限なので極力ダメージを受けないようなプレイが重要になってくる。 ソロでプレイするとかなり高難易度、バディ込みならそこそこの手応えといった印象。 基本的にバディを前提にしたゲームだと思うので、意外とアクションが苦手なライトゲーマーでも遊べるかもしれない。 ただし、後半もそうであるかは保証できない。 成長の自由度はそれほど高くない ダクソやブラボは自分のスタイルに合わせてステータスを自由に割り振ることが可能だが、コードヴェインはステータスを自由に割り振ることは出来ない。 その代わり、他のRPGでいうところのジョブやクラスにあたるブラッドコードというものがあり、これの付け替えによってステータスや戦闘スタイルを変更することができる。 ブラッドコードは使い込むことで成長し、マスターするとそのブラッドコードの練血(スキルのようなもの)を他のブラッドコードで使うことが可能になる。 FF5のジョブシステムみたいな感じ。 敵を倒すことでヘイズと呼ばれるものを獲得する。 これを消費してレベルを上げたり、練血(スキル)の獲得やアイテムの購入等ができる。 死んでしまうとヘイズをその場に落としてしまうが、上手くそこまで戻って回収できれば落としたヘイズは失わずに済む。 ダクソでいうソウルのようなものと考えると分かりやすい。 ちゃんとストーリーがある コードヴェインはしっかりとしたストーリーが存在する。 ダークソウルのようにキャラクターの思わせ振りな会話から断片的に物語を想像するといったものではなく、攻略の要所にイベントシーンが挟まれ少しづつ世界の謎が明らかになっていく。 ゴッドイーターのように背景や物語の目的がしっかり語られていくので、アイツの目的は結局なんだったんだ?みたいなことは無い。 キャラメイクはかなり良い 別の記事でも紹介したが、顔のベースパターン自体はそれほど多くはないものの、まつ毛や眉毛、メイク、体型、瞳、肌の色等かなり細かいところまで調整できるようになっているので自分好みの主人公が作れる。 アクセサリーや服装も細かくアレンジすることが可能 同じ顔のパターンを選択してもまつ毛や瞳のデザイン、黒目の大きさ等を変えることで大分印象が違ってくる。 アクセサリーも豊富にあり、服装のカラーリング等も自由に変えられる。 とりあえず、自キャラはこんな感じに作ってみた。 パーツや髪型も結構いいものが多いので美男美女が作りやすい。 キャラクリゲーが好きな方は自分で作ったキャラクターを動かしているだけでも楽しめるかもしれない。 流石にオンラインゲームであるPSO2には及ばないが、組み合わせのパターンは無限と言えるレベルなので他のプレイヤーと外見がかぶるということはまず無いだろう。 ミッション中の強制ガスマスクの要素は顔が隠れてしまうので人によっては好き嫌いが分かれそうだ。 総評としては良ゲー 序盤~中盤をプレイした全体の印象としては普通に面白い! バディと協力しながら強敵を倒し、複雑に入り組んだステージを少しづつ攻略していく楽しみはこのゲームならではのものだ。 世界観が中世ではないというところも新鮮に感じる。 個人的にはどストライクで80点以上は付けられるかな。 あくまでダクソ、ブラボとは別と考えれば良ゲーなので、気になっている方は是非買ってみるといいと思う。 雰囲気や世界観がゴッドイーターに激似なので、GEの代り映えしないゲーム性に飽きてたけど、あの世界観は好きだという方に特にオススメできるかもしれない。 またゲームをクリアしたら改めて全体を通した感想を述べたいと思う。 mikiy666.

次の

『コードヴェイン』新キャラやキャラクリ、システムの一部が判明!他、GEとシオそっくりのキャラクターが居るなどゴッドイーターと繋がりがあるかも!?

コード ヴェイン ゴッド イーター

コードヴェインにめちゃめちゃ期待と不安を抱きながら購入し、20時間ほどプレイしたゴッドイーターユーザーが個人的な感想をネタバレを抑えて箇条書きしていきます。 ・同行する仲間が頼りになる。 ・オープンワールド。 ・メインキャラからモブまでフルボイス。 (主人公は基本無言) ・グラフィックが綺麗(FFやニーアと比べれば劣りますが) ・キャラメイクの自由度が高く、例を挙げるなら別ゲーのフリーダムウォーズを彷彿とさせる。 ・ギリギリボスに勝てるか勝てないかの戦いをして買った時に自分の中で湧き出る、「ゼェ……ハァ…………オッシャーーー!!!!」感。 ・今のところ戦術の幅は広めな印象。 (仲間に近距離攻撃をさせて、自分は遠くから射撃 等) ・後ろから追いかけてくる仲間がカメラの前に立つため、自分と敵が見えないことがざらにある。 ・単純に敵が強くて難しい。 PSが低いユーザーは死に繰り返しながら攻略するか、過剰のレベリングが必要になる。 ・強い敵に対し、持ち込める回復アイテムの量が少ない。 応急薬縛りの狩猟に出かけてる気分。 ・ヤドリギ(いわゆるセーブポイント)から拠点へワープする時、アプリケーションエラーで落ちることがある。 後のアプデで修正を期待。 ・ストーリーから滲み出る、ゴッドイーターみ。 ・戦闘中・探索中の主人公のボイスがダメボと力む声以外ほとんど出ない。 ゴッドイーターくらい喋ると思っていた分少し残念に感じた。 ・ムービーではないイベント(ボイス付き)で、口パクが付いていないのが(グラフィックが綺麗なのも相まって)気になる。 ・ガスマスクを貫通する髪の毛が気になる。 ・マップが解放されていない状態で探索すると迷子になる。 ・道が分かりにくく且つ入り組んでて迷子になる。 ・似たような通路が続く場所があるため迷子になる。 ・迷子になる。 ・マルチに参加すると、ただでさえ少ない応急薬が3つに制限される上にヤドリギが使えないらしい。 こんな感じに悪いところがどうしても目立ってしまいます。 悪いところが目立つもストーリーの続き見たさと推しのために頑張って進めようとしているのが私の現状です。 そして迷子になっています。 製品版が発売した現在、体験版が配信しているかは不明ですが、配信していたら是非プレイしてみてください。

次の

コードヴェインでパンツ全開!美少女キャラ作りました!

コード ヴェイン ゴッド イーター

本作はドラマチック探索アクションRPGになりますが、 「ゴッドイーター」から「ダークソウル」への架け橋になりそうな意欲作に感じました! ハンティングアクションゲームとして知られる「ゴッドイーター」。 今回レビューする「コードヴェイン」は同作品のスタッフが手掛けた「」なゲームになります。 しかし、「」と言えば高難易度アクションRPG。 キャラクターやストーリーにも面白さの比重が置かれた「ゴッドイーター」シリーズが好きなユーザーとの相性は良いとは言えません。 ですが、今回レビューする「コードヴェイン」はおすすめ出来ます。 というのもキャラクターやストーリーにも面白さの比重が置かれているうえに「ダークソウル」と比べて難易度が低いからです。 ここからは本作をプレイして思ったことを具体的に語っていきます。 肩越し視点なので視界が狭い。 全体的に暗くてマップを把握しにくい。 マップ機能が存在しないため道に迷う。 敵から受けるダメージ量が大きい。 数の暴力で押し寄せてくることがある。 そう!プレイヤーに与えられる情報量が少ないうえに被ダメージ量が大きいんです! そこがマゾゲーマーとしては魅力ではあるんですが、理不尽に感じる人が多いのも確か。 「ダークソウル」でもNPCと同行するシチュエーションは多少ありましたが、本作の場合は常に同行して戦ってくれます。 このNPCがとにかく優秀で頼りになるんですよ~! 敵を見つけたら積極的に倒してくれますし、こちらの体力がなくなっても蘇生してくれますから。 この時点で基本的には単独行動だった「ダークソウル」とは難易度が大きく変わってきますが、それ以外にも緩和するシステムがあります。 なんと、プレイヤーの足跡がミニマップに表示されるんです! しかもフィールドのどこかに隠されているヤドリギという花に触れることでミニマップに地形が書き足されていきます。 さらにNPCが敵の位置を教えてくれることもあるので、死角から理不尽な攻撃を受けるケースも減りました。 このように本作は難易度を緩和する要素が大量に存在します。 被ダメージ量の大きさやゲームオーバーのペナルティは「ダークソウル」と同じような感じなので簡単とまでは言いませんが、だいぶ難易度を落としている印象です。 「『ダークソウル』が気になるけど、難しいと言われているから手を出しにくい」 そんな方はまず本作に手を出してみるのも良いでしょう。 吸血鬼であることを活かした戦闘システム このように「ダークソウル」をベースに難易度を落としている「コードヴェイン」。 もちろん、単なる低難易度版「ダークソウル」ではなく独自要素も存在します。 特に印象的なのが、主人公たちが 吸血鬼である設定を活かした戦闘システム。 戦闘自体は「ダークソウル」のようなヒット&アウェイ戦法メインではあるんですよ。 でも、 冥血というMPのようなリソースが存在し、それを使うことで様々なスキル技(錬血)を発動出来るんです。 このスキル技を使った戦闘が本作最大の魅力に感じました。 スキル技の種類はゲームを進めることで大幅に増えて行くんですが、その中には「ダークソウル」では見られなかった大胆な効果を発動するものがあるんです。 防御力と引き換えに攻撃力や回避力を大幅に上げたり、倒れた仲間を蘇生させたり・・・。 スキル技の中には特定の仲間キャラと同行していないと使えないものもあるので、連携している感もありました。 そんなスキル技の錬血ですが、使い続けていくと0になって使えなくなります。 ではどうやって回復させていくのかと言うと、 敵を吸血するんです! 敵の攻撃を弾く(パリィする)と吸血が発動し、大ダメージを与えると共に錬血も回復します。 この辺りのシステムは主人公が吸血鬼である設定を上手く意識していると思いました。 「ダークソウル」シリーズはイベントシーンがほとんど存在せず、キャラクター性も抽象的でした。 ですが、「コードヴェイン」の場合はイベントシーンがバリバリ挿入されるんです! さすがにダンジョン探索中には挿入されませんが、突入前や突入後にはポンポン挿入されます。 長さで言うと10分前後。 ここまで長いと一本のアニメを見ているかのようでした。 さらにキャラクター性を強調させるのが、先程も触れた NPC(バディ)との動向システム。 NPCはイベントシーンに登場する重要なキャラクターで、道中では様々な台詞を放ってくれます。 おかげで一緒の冒険している感が増して「ダークソウル」のような孤独感がありません。 この辺りは「ゴッドイーター」っぽいなぁと思いました。 あと、アバター制を取り入れているので主人公の見た目は自分でカスタマイズ出来ます。 全体的にはアニメ調のイケメン・美少女が目立っている印象で、 この辺りもソウルライクゲームとしてみたら異色ですw アバター関連で嬉しいのが、被り物をしていないのでゲームプレイ中も髪型などを眺められること。 「ダークソウル」などでは鎧によってせっかく作ったアバターの素顔が隠れてしまうことが多かったんですよ。 今作の場合、私服に近い格好で戦うことになるのでアバターの見た目が反映されやすく感じます。 キャラクタークリエイトのパーツも充実していますし、 キャラゲー的な感覚で楽しめるかも!? 女性キャラの胸、デカすぎでしょ 豊富な成長要素 成長要素は「ダークソウル」に近く感じました。 稼いだヘイズはヤドリギで消費してレベルを上げることが可能なほか、様々なクラス(ブラッドコード)のスキル(錬血)をアンロックする時にも活用します。 ポイントなのが、好きなタイミングでクラスチェンジ出来ること。 なんと、いつでも剣士系になったり魔法使い系になれるんです! こういうのって拠点じゃないと変えられないものなのにいつでも変えれるとは!? しかもスキルの熟練度を上げることで異なるクラスへ引き継ぐことが出来ます。 このように本作は成長要素が豊富なので、試行錯誤を繰り返していけばクリアするのは難しくありません。 程良い探索要素 前述の通り本作にはマップ機能が存在します。 それ故に「ダークソウル」ほど奥深い探索は楽しめませんが、 これはこれで独自の面白さを感じました。 マップ機能は最初から使える訳ではなく、ヤドリギという花に触れることで少しずつ描き込まれていきます。 というのもヤドリギの中には分かりにくい場所に隠されているものもあるからです。 ソウルライクゲームでこれまで最も短いと思われていたPS4「」をさらに上回るレベルで、 ほぼ一瞬なんです! この仕様はボス部屋前で重宝しました。 先程「ダークソウル」よりも難易度が低いと書きましたが、そうはいってもボスに負けることは何度もあります。 そんな時に一瞬でリトライが出来るとストレスを抑えられるので助かりました。 ただし、これは同じエリア内での話。 別のエリアへ移動する時やイベントシーン挿入時は長めのロード時間が発生するので全体のテンポは良いとは言えません。 特にイベントシーンが挿入される時のロード時間は長いので困りました。 しかし、アクション部分はどちらのユーザーにも嫌われそうな挙動をしていました。 「ゴッドイーター」の流れでプレイするとモッサリに感じる一方、「ダークソウル」の流れでプレイするとアクションに重みが足りません。 ぼくの場合、「ダークソウル」側のユーザーなので本作のアクションは安っぽさを感じてしまいました。 効果音は爽快感がやや薄く、リアクションは怯み時の手応えが弱く感じます。 とは言え敵に攻撃を当てても怯みのモーションが全く入らないのは和ゲー(特に中小企業開発のタイトル)では珍しくありません。 しかし、本作はリアクション部分も拘っている「ダークソウル」のフォロワータイトル。 どうしてもそちらと比較してしまいます。 中途半端なマップデザイン マップデザインに関しても中途半端に感じます。 「ゴッドイーター」と比較したら入り組んでいて努力の跡は伺えるんですよ。 特に中盤以降のフィールドは立体的な迷路のようで探索する楽しさがありました。 しかし、同じような構造のマップが続くので「ダークソウル」と比べたら単調に感じます。 一応、ショートカットポイントや隠しアイテムなどもあるんですが、まるで「ダークソウル」開発者の弟子が見よう見まねで作ったかのよう。 意味深に見える扉があってもストーリーの流れで後から訪れることになりますし、リニアな感じもしました。 このように本作は「ダークソウル」で重要なアクションやマップデザインに関しての工夫が足りていません。 そこを最重要視している場合、あまり高い評価にはならないと思います。 押し付けがましさを感じるストーリー ゲームを開始すると長いイベントシーンが挿入されます。 その後も定期的に長いイベントシーンが挿入されるんですが、 「ダークソウル」側のユーザーとしては押し付けがましさを感じてしまいました。 「ダークソウル」の場合、イベントシーンは控えめで想像してストーリーを楽しむものだったんですよ。 ところが本作の場合、イベントシーンを垂れ流して様々なキャラクターとの出会いや別れ、過去を描いているんです。 特に過去の出来事を幻影で描くシーンは「なんでよく分からないキャラクターの過去を見ないといけないんだろう?」と思ってしまいました。 もちろん、ダンジョン内で仲間キャラクターと共闘することで思い入れが増して過去の出来事も気になっていくんですが、順序が逆なんじゃないかと思うんですよ。 大して思い入れもない時にイベントシーンを長々と見せられてあれこれ語られてもねぇ・・・。 そもそも、ストーリーが厨ニ的なのでイマイチ頭に入ってきませんw この辺りの要素はソウルライクゲームとしてのフレーバーにはなっているとは思いますが、 能動的な冒険を重視していると噛み合わせが悪く感じます。 入り組んだダンジョンを探索して「ボスを倒したー!」「次のエリアへ行こう!」なんて時に長々とイベントシーンを見せられてもねぇ。 イベントシーンを長々と描くことで様々な出来事が具体化されてドラマ性が生まれているのは確かですが、能動的に冒険している感は薄れてしまいます。 そこがぼくには合いませんでした。 改善の余地があるチュートリアル ゲーム開始時にはチュートリアルが挿入されます。 しかし、チュートリアルの順序がおかしいんですよw いきなりブラッドコード(クラス)の変更だの錬血(スキル)のセットなどでやらせてくるので混乱しましたw そういうのは後回しにしてまずはフィールドでの移動や攻撃、ロックオンを説明するべきだと思うのですが・・・。 そもそも、チュートリアルという工程を挟むこと自体、ソウルライクゲームに慣れているとまどろっこしく感じます。 「ダークソウル」シリーズのように序盤のステージには床にメッセージを表示させて体で学べるようにしてほしかった。 全体のまとめ ソウルライクゲームとしては異色の味付けを加えた作品。 良くも悪くも「ゴッドイーター」チーム独自の味付けをしている印象で、「ダークソウル」とは似て非なる内容でした。 「難易度をマイルドにした分、用意されたストーリーを楽しんでほしい!」 そんな意図が感じられ、「モンスターハンター」をベースにストーリー性を強化させた「ゴッドイーター」の開発チームらしい作品となっています。 個人的には「ゴッドイーター」シリーズファンに向けたソウルライクゲームの入り口としてはアリなんじゃないかと思いました。 「ゴッドイーター」シリーズはになるんですが、実はこのジャンルって戦闘部分に関してはソウルライクゲームと共通点が多いんですよ。 例えば行動を取る度に減っていくスタミナゲージとか。 以前から「モンスターハンター」と「ダークソウル」は似ている部分があるなぁと思っていたので、 両ジャンルの懸け橋となれば良いんじゃないかと思います。 (そう考えるとカプコンが真っ先にソウルライクゲームを出すべきだと思いますがw) ですので、「ゴッドイーター」ユーザーが楽しめるのかどうかが一番重要なんじゃないかと。 そういう意味で「ダークソウル」側のユーザーであるぼくはターゲット層からややズレている印象ですが、それでも探索アクション部分は楽しめました。 でも、レベルデザインは良く出来ているので製品版では休日に10時間以上ぶっ通しでプレイするほどハマったんです! 「やっぱりぼくはソウルライクゲームが好きなんだなぁ」と再確認しました。 「ゴッドイーター」ファンの趣向に合わせて作られたソウルライクゲーム! こんな人には特におススメ。 ・「ダークソウル」に挑んだものの挫折した人。 ・美形キャラクターと一緒に冒険したい人。 こんな人にはおススメできない。 ・「ダークソウル」並みに硬派なアクションや探索を求めている人。 そういう僕も、日曜日に1周目クリアしました。 kentさんの仰るとおり、これはこれでありって感じの出来栄えでしたね。 僕の場合、ソウルライクは完ソロでやってきたので、バディと一緒に戦うという経験はほぼ初めてですが、なかなか楽しいものでした。 ヤクモさんは強すぎるけど笑 コレを期に、本家やその他ソウルライクに興味を持つ人がどれくらい出るんですかね? クリアしたので、ボス戦完ソロに挑み中です。 が、早々に挫けそう。。 バディ前提の難度なので、完ソロは下手すると本家どころかSEKIROより難しそうなんですよね笑 たった今、2番めのボス毒蛾をソロ撃破しましたけど、回復アイテムは尽き、残りHPは300未満という激戦でした。 先が思いやられる笑.

次の