すとぷり 小説 激 ピンク。 タイピング練習の「マイタイピング」

【R18】今日も君と。【歌い手さん短編集】

すとぷり 小説 激 ピンク

「Nyaa Torrents」のミラーサイト Nyaa. si 「Nyaa Torrents」亡き今、もっとも多くの人に利用されているのがこちらのサイト『Nyaa. si』 本家閉鎖から時が経ち、今や 月間アクセス数は凡そ5億pvに達している「Nyaa. si」だけれど、サイトの外観・使い勝手はかつての「Nyaa Torrents」とほぼ同様で違和感なく利用できる。 カテゴリーは「アニメ、音楽、映画、画像、ゲーム、ソフトウェア」など多岐に渡り、需要のある全てのトレントファイルが揃っていると言っても過言ではない。 そして最大の特徴はとにかく アップ速度が早く、更新数が多い点に尽きる。 多い時で1日1,000トレント以上アップされており、とくにアニメに関しては他トレントサイトの追随を許さないほど。 nyaa. サイト自体の使い勝手は非常に良いが、欠点としてとにかく コンテンツが少ない点が挙げられる。 また、1日辺りのアップ数も「Nyaa. si」には遠く及ばず、ざっと確認した限りでは10分の1にも満たない。 正直なところTorrentサイトでコンテンツが少なく、その上アップ速度も遅いというのは致命的だが、前項の「Nyaa. si」と比較してサイト自体の規模は小さく、月間アクセス数は300万pvにも満たないので 閉鎖されるリスクは低いと思われる。 cc 様々なTorrentファイルを扱っている総合的なトラッカーサイト『limetorrents. cc』 まず第一に、このTorrentサイトは非常に使いやすいと感じた。 Torrentファイルのアップ数自体はどのジャンルに偏りがあるという訳でもなく、よく言えば万能、悪く言えば器用貧乏と言えるかもしれない。 総じてTorrentサイト界隈の中では使いやすいサイトとなるが、ご利用は自己責任で。 ccのURLリンク Tokyotoshokan 月間アクセス数1,800万、うち4割が日本人の国内有数の知名度を誇るTorrentサイト『Tokyotoshokan』 恐らく知っている方も多いと思うが、念の為知らない人のために説明しておくと、 アニメや漫画に限らず様々な日本タイトルのTorrentがアップされており、加えてかつての「Nyaa Torrents」と同じく 日本語検索にも対応している数少ないTorrentサイトがこちらの『Tokyotoshokan』となる。 また、『Nyaa si』と同じく 作品タイトルワンポチで即Torrentファイルをダウンロードできる仕様のため、面倒事がないのが利点。 正直、このサイトに関してはとくに欠点はなく、仮に「Nyaa si」が閉鎖された場合は真っ先に「Nyaa Torrent」の後継サイトになりそうな気がする、個人的にはそれほどの可能性を秘めていると思う。 tokyotosho. co 世界最大級のTorrentサイト「Kickass Torrents(KAT)」がドメインを変えて復活『Katcr. co』 今から3年ほど前、トラッカーサイト「Kickass Torrents」の運営者が逮捕され、その上サイト自体も完全閉鎖された事件が一時期話題になった。 全盛期は国内最大規模の「楽天公式サイト」と同等のトラフィックを得ており、 世界でもっとも利用者の多いTorrentサイトとして人気を博していたのだが、その影響力もあってか本家サイト閉鎖後もミラーサイトが乱立し、収拾が付かなくなっていた。 そんな当時の現状を鑑みてか、運営チームのメンバーが再集結し新規ドメインで作り直したのがこちらの「Katcr. co」となる。 当然のことながら、 Torrentファイルの更新速度やアップ数は言うまでもなく最高クラス。 それに加え元々あった膨大なリソース・固定ユーザーも合わさりTorrentファイルまみれになっており、人気Torrentは常に「SEED」>「LEECH」となっていて 高速にダウンロード保存できると思われる。 biz 2018年11月に開設されたばかりの「Kickass Torrents(KAT)」のミラーサイト『kickass2. biz』 このサイトはとにかく新しく、まだサイトが開設されて数ヶ月しか経っていないにも関わらず既に膨大なTorrentファイルがアップされている。 現状、ドメインを変えて復活した本家「Katcr. co」をスルーして あえてこちらを利用する必要性が感じられない。 bizのURLリンク ThePiratebay 現在のTorrentサイト界隈トップに立つのがこちらの『thepiratebay』 過去に閉鎖された「Kickass Torrents(KAT)」亡き後、 世界最大級のTorrentサイトとして君臨したのがこちらのサイトとなる。 特徴としてはカテゴリー含むサイト自体が日本語に対応しており、レイアウトもすっきりしていて見やすくぱっと見利用しやすいように感じられる。 コンテンツ数に関しても非常に多いが、欠点として海外サイト特有の ポップアップ広告が多いのが少々気になった。 また、時々VPNの導入を催促させるような表示が出るので、これも鬱陶しい。 そして最大の欠点は 過去にマイニングウィルスを仕込んでいた事例がある点。 実はこの部分は海外でもニュースになっていたのだけれど、それが原因でアクセス数が下がったのかもしれない。 と、多少気になる部分はあるけれど、Torrentサイトとして見た場合は唯一無二の規模を誇るため、他サイトになかった時などに考える程度だろう。 そしてわざわざ作品ページへ移動しなくとも、タイトル横の Torrentダウンロードボタンor「Magnet Link」から簡単にダウンロード保存可能とストレスが少ない。 正直、日本で有名な「Nyaa」系サイトに比べるとコンテンツ数はまだまだといった感じだが、サイト規模は小さいため閉鎖されるリスクは低く、過剰な広告も出ないため 総じて使いやすいサイトになっている。 torrentfunk2. しかしポップアップ広告が多く、それとは別に、定期的に ブラウザ通知表示が出現するため迷惑極まりない。 また、毎日最新のTorrentファイルがアップされているが、アニメや漫画、ゲームに関しては 比較的海外産のTorrentが多く含まれており、その判別方法も表面上は分からないため一度落とす必要があり非常に面倒。 余談だが、広告がR指定系のものが多く、不愉快極まりないのも欠点の一つと言える。 torlock. si」「Nyaa Pantsu」などのミラーサイトだと思う。 cc」辺りは過剰な広告もなく、日本のコンテンツ数も十分なため利用しやすいと言える。 一つ注意点として、ここまで各サイトの特徴や使い勝手などをまとめてきたけれど、Torrentのダウンロードを推奨している訳ではない。 理由としては、Torrentはその仕組み上基本的にダウンロードと同時にアップロードも実行する仕様で、非常に危険性を伴うため。 当然のことながら、上記のサイトを利用する際は自己責任で。

次の

【すとぷり】いちごのぷりんせす。【短編集】

すとぷり 小説 激 ピンク

「Nyaa Torrents」のミラーサイト Nyaa. si 「Nyaa Torrents」亡き今、もっとも多くの人に利用されているのがこちらのサイト『Nyaa. si』 本家閉鎖から時が経ち、今や 月間アクセス数は凡そ5億pvに達している「Nyaa. si」だけれど、サイトの外観・使い勝手はかつての「Nyaa Torrents」とほぼ同様で違和感なく利用できる。 カテゴリーは「アニメ、音楽、映画、画像、ゲーム、ソフトウェア」など多岐に渡り、需要のある全てのトレントファイルが揃っていると言っても過言ではない。 そして最大の特徴はとにかく アップ速度が早く、更新数が多い点に尽きる。 多い時で1日1,000トレント以上アップされており、とくにアニメに関しては他トレントサイトの追随を許さないほど。 nyaa. サイト自体の使い勝手は非常に良いが、欠点としてとにかく コンテンツが少ない点が挙げられる。 また、1日辺りのアップ数も「Nyaa. si」には遠く及ばず、ざっと確認した限りでは10分の1にも満たない。 正直なところTorrentサイトでコンテンツが少なく、その上アップ速度も遅いというのは致命的だが、前項の「Nyaa. si」と比較してサイト自体の規模は小さく、月間アクセス数は300万pvにも満たないので 閉鎖されるリスクは低いと思われる。 cc 様々なTorrentファイルを扱っている総合的なトラッカーサイト『limetorrents. cc』 まず第一に、このTorrentサイトは非常に使いやすいと感じた。 Torrentファイルのアップ数自体はどのジャンルに偏りがあるという訳でもなく、よく言えば万能、悪く言えば器用貧乏と言えるかもしれない。 総じてTorrentサイト界隈の中では使いやすいサイトとなるが、ご利用は自己責任で。 ccのURLリンク Tokyotoshokan 月間アクセス数1,800万、うち4割が日本人の国内有数の知名度を誇るTorrentサイト『Tokyotoshokan』 恐らく知っている方も多いと思うが、念の為知らない人のために説明しておくと、 アニメや漫画に限らず様々な日本タイトルのTorrentがアップされており、加えてかつての「Nyaa Torrents」と同じく 日本語検索にも対応している数少ないTorrentサイトがこちらの『Tokyotoshokan』となる。 また、『Nyaa si』と同じく 作品タイトルワンポチで即Torrentファイルをダウンロードできる仕様のため、面倒事がないのが利点。 正直、このサイトに関してはとくに欠点はなく、仮に「Nyaa si」が閉鎖された場合は真っ先に「Nyaa Torrent」の後継サイトになりそうな気がする、個人的にはそれほどの可能性を秘めていると思う。 tokyotosho. co 世界最大級のTorrentサイト「Kickass Torrents(KAT)」がドメインを変えて復活『Katcr. co』 今から3年ほど前、トラッカーサイト「Kickass Torrents」の運営者が逮捕され、その上サイト自体も完全閉鎖された事件が一時期話題になった。 全盛期は国内最大規模の「楽天公式サイト」と同等のトラフィックを得ており、 世界でもっとも利用者の多いTorrentサイトとして人気を博していたのだが、その影響力もあってか本家サイト閉鎖後もミラーサイトが乱立し、収拾が付かなくなっていた。 そんな当時の現状を鑑みてか、運営チームのメンバーが再集結し新規ドメインで作り直したのがこちらの「Katcr. co」となる。 当然のことながら、 Torrentファイルの更新速度やアップ数は言うまでもなく最高クラス。 それに加え元々あった膨大なリソース・固定ユーザーも合わさりTorrentファイルまみれになっており、人気Torrentは常に「SEED」>「LEECH」となっていて 高速にダウンロード保存できると思われる。 biz 2018年11月に開設されたばかりの「Kickass Torrents(KAT)」のミラーサイト『kickass2. biz』 このサイトはとにかく新しく、まだサイトが開設されて数ヶ月しか経っていないにも関わらず既に膨大なTorrentファイルがアップされている。 現状、ドメインを変えて復活した本家「Katcr. co」をスルーして あえてこちらを利用する必要性が感じられない。 bizのURLリンク ThePiratebay 現在のTorrentサイト界隈トップに立つのがこちらの『thepiratebay』 過去に閉鎖された「Kickass Torrents(KAT)」亡き後、 世界最大級のTorrentサイトとして君臨したのがこちらのサイトとなる。 特徴としてはカテゴリー含むサイト自体が日本語に対応しており、レイアウトもすっきりしていて見やすくぱっと見利用しやすいように感じられる。 コンテンツ数に関しても非常に多いが、欠点として海外サイト特有の ポップアップ広告が多いのが少々気になった。 また、時々VPNの導入を催促させるような表示が出るので、これも鬱陶しい。 そして最大の欠点は 過去にマイニングウィルスを仕込んでいた事例がある点。 実はこの部分は海外でもニュースになっていたのだけれど、それが原因でアクセス数が下がったのかもしれない。 と、多少気になる部分はあるけれど、Torrentサイトとして見た場合は唯一無二の規模を誇るため、他サイトになかった時などに考える程度だろう。 そしてわざわざ作品ページへ移動しなくとも、タイトル横の Torrentダウンロードボタンor「Magnet Link」から簡単にダウンロード保存可能とストレスが少ない。 正直、日本で有名な「Nyaa」系サイトに比べるとコンテンツ数はまだまだといった感じだが、サイト規模は小さいため閉鎖されるリスクは低く、過剰な広告も出ないため 総じて使いやすいサイトになっている。 torrentfunk2. しかしポップアップ広告が多く、それとは別に、定期的に ブラウザ通知表示が出現するため迷惑極まりない。 また、毎日最新のTorrentファイルがアップされているが、アニメや漫画、ゲームに関しては 比較的海外産のTorrentが多く含まれており、その判別方法も表面上は分からないため一度落とす必要があり非常に面倒。 余談だが、広告がR指定系のものが多く、不愉快極まりないのも欠点の一つと言える。 torlock. si」「Nyaa Pantsu」などのミラーサイトだと思う。 cc」辺りは過剰な広告もなく、日本のコンテンツ数も十分なため利用しやすいと言える。 一つ注意点として、ここまで各サイトの特徴や使い勝手などをまとめてきたけれど、Torrentのダウンロードを推奨している訳ではない。 理由としては、Torrentはその仕組み上基本的にダウンロードと同時にアップロードも実行する仕様で、非常に危険性を伴うため。 当然のことながら、上記のサイトを利用する際は自己責任で。

次の

#87』毎週日曜24時放送中!

すとぷり 小説 激 ピンク

「Nyaa Torrents」のミラーサイト Nyaa. si 「Nyaa Torrents」亡き今、もっとも多くの人に利用されているのがこちらのサイト『Nyaa. si』 本家閉鎖から時が経ち、今や 月間アクセス数は凡そ5億pvに達している「Nyaa. si」だけれど、サイトの外観・使い勝手はかつての「Nyaa Torrents」とほぼ同様で違和感なく利用できる。 カテゴリーは「アニメ、音楽、映画、画像、ゲーム、ソフトウェア」など多岐に渡り、需要のある全てのトレントファイルが揃っていると言っても過言ではない。 そして最大の特徴はとにかく アップ速度が早く、更新数が多い点に尽きる。 多い時で1日1,000トレント以上アップされており、とくにアニメに関しては他トレントサイトの追随を許さないほど。 nyaa. サイト自体の使い勝手は非常に良いが、欠点としてとにかく コンテンツが少ない点が挙げられる。 また、1日辺りのアップ数も「Nyaa. si」には遠く及ばず、ざっと確認した限りでは10分の1にも満たない。 正直なところTorrentサイトでコンテンツが少なく、その上アップ速度も遅いというのは致命的だが、前項の「Nyaa. si」と比較してサイト自体の規模は小さく、月間アクセス数は300万pvにも満たないので 閉鎖されるリスクは低いと思われる。 cc 様々なTorrentファイルを扱っている総合的なトラッカーサイト『limetorrents. cc』 まず第一に、このTorrentサイトは非常に使いやすいと感じた。 Torrentファイルのアップ数自体はどのジャンルに偏りがあるという訳でもなく、よく言えば万能、悪く言えば器用貧乏と言えるかもしれない。 総じてTorrentサイト界隈の中では使いやすいサイトとなるが、ご利用は自己責任で。 ccのURLリンク Tokyotoshokan 月間アクセス数1,800万、うち4割が日本人の国内有数の知名度を誇るTorrentサイト『Tokyotoshokan』 恐らく知っている方も多いと思うが、念の為知らない人のために説明しておくと、 アニメや漫画に限らず様々な日本タイトルのTorrentがアップされており、加えてかつての「Nyaa Torrents」と同じく 日本語検索にも対応している数少ないTorrentサイトがこちらの『Tokyotoshokan』となる。 また、『Nyaa si』と同じく 作品タイトルワンポチで即Torrentファイルをダウンロードできる仕様のため、面倒事がないのが利点。 正直、このサイトに関してはとくに欠点はなく、仮に「Nyaa si」が閉鎖された場合は真っ先に「Nyaa Torrent」の後継サイトになりそうな気がする、個人的にはそれほどの可能性を秘めていると思う。 tokyotosho. co 世界最大級のTorrentサイト「Kickass Torrents(KAT)」がドメインを変えて復活『Katcr. co』 今から3年ほど前、トラッカーサイト「Kickass Torrents」の運営者が逮捕され、その上サイト自体も完全閉鎖された事件が一時期話題になった。 全盛期は国内最大規模の「楽天公式サイト」と同等のトラフィックを得ており、 世界でもっとも利用者の多いTorrentサイトとして人気を博していたのだが、その影響力もあってか本家サイト閉鎖後もミラーサイトが乱立し、収拾が付かなくなっていた。 そんな当時の現状を鑑みてか、運営チームのメンバーが再集結し新規ドメインで作り直したのがこちらの「Katcr. co」となる。 当然のことながら、 Torrentファイルの更新速度やアップ数は言うまでもなく最高クラス。 それに加え元々あった膨大なリソース・固定ユーザーも合わさりTorrentファイルまみれになっており、人気Torrentは常に「SEED」>「LEECH」となっていて 高速にダウンロード保存できると思われる。 biz 2018年11月に開設されたばかりの「Kickass Torrents(KAT)」のミラーサイト『kickass2. biz』 このサイトはとにかく新しく、まだサイトが開設されて数ヶ月しか経っていないにも関わらず既に膨大なTorrentファイルがアップされている。 現状、ドメインを変えて復活した本家「Katcr. co」をスルーして あえてこちらを利用する必要性が感じられない。 bizのURLリンク ThePiratebay 現在のTorrentサイト界隈トップに立つのがこちらの『thepiratebay』 過去に閉鎖された「Kickass Torrents(KAT)」亡き後、 世界最大級のTorrentサイトとして君臨したのがこちらのサイトとなる。 特徴としてはカテゴリー含むサイト自体が日本語に対応しており、レイアウトもすっきりしていて見やすくぱっと見利用しやすいように感じられる。 コンテンツ数に関しても非常に多いが、欠点として海外サイト特有の ポップアップ広告が多いのが少々気になった。 また、時々VPNの導入を催促させるような表示が出るので、これも鬱陶しい。 そして最大の欠点は 過去にマイニングウィルスを仕込んでいた事例がある点。 実はこの部分は海外でもニュースになっていたのだけれど、それが原因でアクセス数が下がったのかもしれない。 と、多少気になる部分はあるけれど、Torrentサイトとして見た場合は唯一無二の規模を誇るため、他サイトになかった時などに考える程度だろう。 そしてわざわざ作品ページへ移動しなくとも、タイトル横の Torrentダウンロードボタンor「Magnet Link」から簡単にダウンロード保存可能とストレスが少ない。 正直、日本で有名な「Nyaa」系サイトに比べるとコンテンツ数はまだまだといった感じだが、サイト規模は小さいため閉鎖されるリスクは低く、過剰な広告も出ないため 総じて使いやすいサイトになっている。 torrentfunk2. しかしポップアップ広告が多く、それとは別に、定期的に ブラウザ通知表示が出現するため迷惑極まりない。 また、毎日最新のTorrentファイルがアップされているが、アニメや漫画、ゲームに関しては 比較的海外産のTorrentが多く含まれており、その判別方法も表面上は分からないため一度落とす必要があり非常に面倒。 余談だが、広告がR指定系のものが多く、不愉快極まりないのも欠点の一つと言える。 torlock. si」「Nyaa Pantsu」などのミラーサイトだと思う。 cc」辺りは過剰な広告もなく、日本のコンテンツ数も十分なため利用しやすいと言える。 一つ注意点として、ここまで各サイトの特徴や使い勝手などをまとめてきたけれど、Torrentのダウンロードを推奨している訳ではない。 理由としては、Torrentはその仕組み上基本的にダウンロードと同時にアップロードも実行する仕様で、非常に危険性を伴うため。 当然のことながら、上記のサイトを利用する際は自己責任で。

次の