考えたくない。 【人生で厄年が3年✖4=12年も?とは考えたくない】都内随一の厄除け大師・足立区「西新井大師」。プチ散策の思い出 追記)ブロガーバトン、ご指名がお二人から。お渡し先は?

何も考えたくないときの対処法

考えたくない

「完全に顧客を馬鹿にしています」「埒が明かない。 フリーマーケットアプリ「メルカリ」で、一部のユーザーが運営から「本人確認」を理由に利用制限をかけられ、売上金額の口座振込ができずに失効してしまった、という報告が相次いでいる問題。 運営側は「不正な取引がないことが確認され次第、売上金は再付与」していると説明するが、「本人確認」に必要な書類を送っても複数回の再提出を求められるなど、3か月弱に渡って運営側で確認が終わらなかった例もあった。 J-CASTニュースは利用制限をかけられた複数のユーザーに話を聞き、その実情を探った。 突如舞い込んだ「本人確認書類ご提出のお願い」 メルカリが一部のユーザーに「本人確認」を求め、これにより機能が停止させられた、との報告は2018年8月ごろからツイッター上であがるようになった。 注目されたのは10月30日の「しろくま」さんによる投稿で、「8月6日から本人確認の為と利用制限され、速やかに免許証を提出するも、未だ完了せず振り込み申請できません。 何度問い合わせても『完了までお待ち下さい』の一点張り。 そして今日ついに申請期限を迎えます... 」と現状を伝えた。 メルカリでは、商品の販売利益が「売上金」としてアカウントに計上され、アプリ内マネーとして使えるポイントを購入できるほか、「振込申請」を行うことでアプリから口座への振込ができる。 ただし、売上金には「振込申請期限」が設けられており、売上金を計上してから180日間(17年12月4日~18年9月26日の売り上げ分は90日間)経ってもポイント購入や振込申請がなければ、売上金は失効する。 ゼロ円になるのだ。 問題視されているのは、「本人確認」が終わるまで「振込申請」ができない状態になっている点だ。 それも上記の投稿で書かれているように、指定された本人確認書類(運転免許証、保険証など)を送信しても、運営側でなかなか確認が終わらず、利用制限の状態が続いているという報告が多い。 一方で振込申請期限へのカウントダウンは進んでいるといい、指をくわえて待たざるを得ないような状況になっている。 J-CASTニュースの取材に応じた「しろくま」さんの話では、8月6日に購入希望者から「制限がかけられていて買えない」という指摘を受け、自分に利用制限がかかっていることに気が付いた。 運営事務局に問い合わせると、2日後の8月8日に「本人確認書類ご提出のお願い」と題するメッセージが届いた。 同日中に運転免許証の写しを提出したものの、運営側から「顔写真が確認できません」「不鮮明なため確認できません」という理由で再提出を要求された。 もう一度提出するもレスポンスが滞り、いつ本人確認が終わるのかと問い合わせても「確認完了までの具体的な期間はお答えできません」とだけ伝えられた。 この間、振込申請だけでなく出品や購入もできない状態だった。 何が「違反」か... 具体的な指摘なく 「本人確認」は10月30日まで終わらず、売上金6012円分が申請期限を過ぎて失効したという。 ただ、同31日になって本人確認が完了すると、「私本人の売上金として返還されました」としている。 判然としないのは、「本人確認」を突然求めるようになった理由だ。 「本人確認書類ご提出のお願い」という運営からの通知には、以下のように書かれている。 「メルカリでは、不法行為や規約違反行為等の対策を行っております。 誠に恐れ入りますが、該当のアカウントは調査と確認のため利用制限をかけさせていただきました。 皆様により安全にご利用いただくための対策となっておりますので、何とぞご理解いただきたく存じます」 具体的に「不法行為や規約違反行為等」があったのかといえば、「しろくま」さんは「具体的な(違反の)指摘は受けていませんし、その件を質問しても回答は得られませんでした」と話す。 こうしたメルカリの対応に対し、「しろくま」さんは、「利用者に対する扱いが乱暴。 問い合わせ窓口がメールしかなく、2日程かかって届く返答も的外れだし、埒が明かない。 だんだん疲れてきて、もうメルカリの事を考えたくない気持ちになってきました。 無駄に神経をすり減らし、時間を使いました。 とにかく、色々と雑過ぎるのです」と精神的に疲弊している様子で話している。 何が「違反」か聞いても具体的な回答なく 同様の状況に置かれたメルカリ利用者は、他にもツイッターで声をあげている。 「りくっ」さんは、8月10日に振込申請をしようとしたところできず、その約10時間後に「本人確認書類ご提出のお願い」の通知が届いた。 文面は上記「しろくま」さんのものと同一だ。 「りくっ」さんは8月11日に運転免許証の写しを送ったが、再提出の要請が4度続いた。 「いつ本人確認が完了するか」を問い合わせたものの、「具体的な期間は言えない」との回答。 また、具体的に何かが「不法行為や規約違反行為等」にあたる可能性があるかを尋ねても、具体的な指摘はされなかったという。 結局「りくっ」さんは9000円が失効。 ツイッターで同じように突然の「本人確認」による利用制限がかけられたメルカリ利用者の声を募っており、11月2日時点で「20~30人」から連絡が届いたという。 中には、すでに売上金10万円が失効したと話す人もいたと明かした。 メルカリ運営の一連の対応については、 「全て定型文での対応に終始し、個別具体的な解決方法、期間やおおよその目安などのスケジュール、調査の進捗状況など一切なく、どんな質問にも『不快な思いをおかけして、、、』の謝罪で、顧客の個人情報を収集し、その売上金をほしいままにできる立場の責任と覚悟が希薄のみならず、そもそも顧客資金を扱う企業としての資質が問われている、そんな思いで日々を過ごしています」 と不可解さを感じている。 「完全に顧客を馬鹿にしています」 別のツイッターユーザー「takahiro」さんも、8月8日に「本人確認書類ご提出のお願い」の通知が届き、利用制限を受けた。 8月10日から保険証や免許証を合計3度送ったものの、やはり運営側の確認が終わらない。 いつ終わるかを問い合わせても「しばらくお時間を頂戴しております」という回答。 「不法行為や規約違反行為等」についても具体的な指摘がされたわけではなく、思い当たる節もない。 実際、「他にも何種類かネットオークションなどを使っていますが、全く問題なく利用できています」と話している。 また、利用制限を受ける直前の8月6日に振込申請した売上金約36万円分が、翌7日に事務局によってキャンセルされ、再び売上金として計上されたという。 その直後に利用制限がかかり、この約36万円は振込申請できない状態になった。 「takahiro」さんは「あまりにも横暴かつ職権乱用的な行い」と不満を隠さず、メルカリ運営の一連の対応について、 「基本テンプレ回答、気にいらなければ即一時制限または永久制限。 完全に顧客を馬鹿にしています」 と憤りをあらわにしていた。 そして、約36万円分の売上金は11月6日をもって「有効期限切れにより失効」という通知が同日届いた。 これ以外にも失効が迫っているものがあるという。 不正な取引なければ「売上金は再付与」とメルカリ説明 J-CASTニュースはメルカリ社に対し、「なぜ『本人確認』をするようになったのか」について取材を申し込んだが、 「メルカリでは、皆さまにより安心・安全にアプリをご利用いただけるよう、各機関と連携のうえ健全なマーケットの醸成に努めており、随時お客さまの本人確認やご利用状況の確認を実施しております。 ご質問いただいている内容につきましては、個別で事情が異なりますので、詳細につきましては回答は控えさせていただきます」 と答えた。 どういった利用者に「本人確認書類ご提出のお願い」と題した通知を送り、利用制限をかけたのか。 基準を聞くと、 「ご本人確認につきましては、お客さまの登録情報・利用状況等に鑑みて随時お願いしております。 そのため、すべてのお客さまにお願いしているわけではございません」 としている。 また、失効した売上金への対応をめぐっては、 「ご本人確認のための利用制限中に振込申請期限を迎えて売上金が失効した場合にも、本人確認の結果、不正な取引がないことが確認され次第、売上金は再付与しております」 と回答した。

次の

「めんどくさい=やりたくない」ではなく「めんどくさい=考えたくない」|F太|note

考えたくない

何も考えたくない心理になると、自分の行動にも影響があり全てのことに対してやる気が失われてしまいます。 ただ疲れているからというだけが、理由ではない場合もあるでしょう。 何も考えたくない心理は、習慣的に続くと精神的に負担になり、いつもの生活に戻れなくなる恐れも。 そんな時に改善する方法としては、ポジティブな気持ちが大切なのです。 でもわかっていても気分が落ち込み、どうにもならない場合がありますよね。 なんとかしたいと焦るほど、何も考えたくない心理になってしまいます。 そこで心身共に元気で明るく過ごすための、ポジティブな生活習慣をご紹介していきましょう。 何も考えたくない時の心理状態について 何も考えたくない心理は突然やってくるように見えますが、よく考えると心当たりがあるはず。 そんな時はどのような心理状態になっているか、考えられる要因について見ていきましょう。 嫌なことがあったから 失恋や仕事のミスなど、自己嫌悪に陥る出来事があると、そこから逃げ出したくなり考えるのをやめたくなります。 頭の中で違う内容を思っていても、ネガティブなことはどうしても頭から離れず、つい考え始めてしまいますよね。 自分を苦しめたくないので、無意識に何も考えたくない心理になってしまいます。 辛い出来事を忘れようとしている間に、考えない習慣ができるもの。 それがいつの間にか、無感動な生活につながってしまうかもしれません。 時間に余裕がない 何も考えたくない心理は物理的に時間がなく、ゆっくりと考えられないため。 仕事で追われていると、目の前のものを処理するために必死になっています。 それと同じで人間関係で緊迫した状態にあると、頭で考えるよりも周囲の反応に意識が行ってしまう場合もありますよね。 何も考えたくない心理は、考える余裕がないため。 ひとつのことに集中できない状態は、さらなるミスを犯す可能性もあるので、一呼吸入れてみましょう。 体が疲れている 何も考えたくない心理は精神的なことだけでなく、体に疲労が溜まった時にも持つ可能性があります。 たとえば睡眠不足で疲れが抜けない時、脳の働きも合わせて低下しているかもしれません。 すると仕事が捗らない、集中できないといった状態になり、結果的に何も考えたくない心理になる可能性もあるでしょう。 体の疲れが精神に影響することもあり得るため、すっきりと目が覚めない一日は、何も考えたくない心理になる可能性が高いのです。 ポジティブな生活習慣を始めよう 何も考えたくない心理から解放されるためには、そんな時期を上手に過ごして気持ちをポジティブに変える必要があります。 頭の中をクリアにして過ごす毎日は、次の生活習慣を意識してみませんか。 考えたくない時は無理をしない 悩みごとや不安があると考えるのに疲れてしまい、体に力が入らないこともあります。 そんな時に元気を出そうと、無理やりプレッシャーを与える必要はありません。 考えないように意識しても、逆に頭の中を刺激しているだけ。 考えたくない心理がある時は、それでもよいのだと肩の力を抜いてください。 気持ちを楽にすると頭の中が一旦空白になり、そこから今考えるべきものが見え始めます。 何も手をつけたくない状態なら、しばらくそのままで一日を過ごしてみませんか。 ぐっすりと眠る 何も考えたくない心理は、脳が疲れているサインかもしれません。 過剰に心配することがあると、頭の中が疲労困憊してしまう可能性も。 そういう場合は、疲労回復するのが一番。 寝ている間は心も体も休まりやすいでしょう。 思考回路をクリアにするためには、考えるエネルギーを蓄えた方がよいかもしれません。 その効果が期待できるのが、質のよい睡眠なのです。 何も考えたくない心理がある時、考えないようにしながら逆に神経を擦り減らしている可能性があります。 ぐっすりと眠った翌日は、朝からすっきりした気持ちになれることも。 今考えるべきことと後回しにする内容が、きちんと判断できるようになるでしょう。 体を動かそう いつもポジティブな生活を送る人は、自分に厳しくしている部分が必ずあります。 毎日同じ時間に起床する、食生活にこだわるなど。 習慣的に自分にメリットになることを、長く続けているのです。 何も考えたくない心理は疲れた気持ちをリフレッシュするために、気分転換が必要です。 何も考えずに集中できる簡単な方法には、運動があるでしょう。 毎日デスクワークで頭を悩ませている人や、運動不足で体が重いと感じる場合。 軽くジョギングをしたりウォーキングをしたりして汗をかくと、血行改善にメリットが期待できます。 脳に血液と酸素が充分に送られ、思考回路がポジティブに働くようになる可能性も。 気になることをリスト化しよう 何も考えたくないと思うのは、逆に考えたくなることが色々とあるためです。 同時に嫌な出来事が起こると何から解決すればよいか、頭の中が整理整頓できませんよね。 そんな時は紙とペンを持ち、気になる内容を書き出してみましょう。 ただ考えるよりも文字にしたほうが、頭の中がはっきりと判明できます。 リスト化したら優先順位をつけて、ひとつひとつ片づけていきましょう。 ぼんやりと考えるのは時間の無駄遣いになってしまい、同じ場所に何度も戻る繰り返しです。 解決するためにも、まずは問題にきちんと向き合ってください。 瞑想をしよう 何も考えたくない心理は、心の中が乱れているサインなので、瞑想をして静かに意識を集中させてください。 瞑想は忙しい毎日から、心を開放するための方法のひとつ。 何も考えたくない心理になったら、一旦全てのことと距離を置いてみるのをオススメします。 最近は瞑想向けの音楽や動画なども多く、初めての人でも簡単にできます。 気になることが頭から離れない場合や、ネガティブな自分を変えたい時は、瞑想で静かな世界に入ってください。 気分が乗らない時にオススメの場所 なんとなくすっきりとしない時は、ポジティブになる場所に出かけてみませんか。 何も考えずに気分転換するなら、次の場所がオススメです。 いつもと違う道を歩く もやもやした気持ちをすっきりとさせたい時は、少しだけ刺激をプラスしてください。 通勤で歩くいつもと同じ道は、全く変化がなく単調に感じますよね。 そんな時は、通った経験がない道を選んでみませんか。 見える景色や新しいお店など、発見があると頭の中も活発になります。 小さな刺激を感じるだけで気分が高まり、次のステップが踏みやすくなります。 動物園や植物園に行こう ポジティブな生活にするためには、動物や植物の癒しをたっぷりと取り入れましょう。 すでにペットを飼っている人は時間をかけてケアをしてあげ、愛犬のお散歩などに行くのもオススメ。 動物園にはあらゆる動物がいるので刺激になりますし、生き物のエネルギーをもらうよいチャンスです。 香りで癒される人はお花が咲き誇る植物園で、自然のアロマ効果を体験するのもよいでしょう。 居心地のよい人に会う 人から与えられる力やオーラは、気分を高める時に最適です。 仲のよい友人や恋人、家族など、気兼ねなく一緒にいられる人に会いましょう。 話を聞いてもらうだけで、心がふわっと軽くなるかもしれません。 人に囲まれるのは、場合によってはメリットもあるのです。 まとめ 何も考えたくない心理は、誰でも一度は経験があるはず。 どのような場面でもクリアな思考で対処するためには、ポジティブな生活習慣をひとつだけでも持っていると安心ですね。 朝に早く起きるなど、簡単にできることから始めてみましょう。

次の

80代の父「考えたくない」…空き家もあるのに相続対策を拒否

考えたくない

〜思考を止めるのは瞑想熟練者でも難しい!だからアホになってしまえばいい!〜 1. 確かにバカなんですが、 メンタル弱め なので、いろいろと考えすぎてしまう性格的な特徴があります。 今回の記事では、 何も考えたくない!考えない練習方法を見ていきたいと思います。 さて、いろいろと難しく考えると、考えるだけで疲れてしまったりストレスが溜まったり、しがちですよね。 深く考えすぎる性格の場合、何も考えずに発言したり行動している人を見て、羨ましくも感じるときがありそうです。 私たち人間は<考える葦>であり、 呼吸を続けている限り思考を完全に止めてしまうのは難しい! とも聞いたことがあります。 瞑想では、呼吸・姿勢をコントロールすることで心(思考)をコントロールしようとするわけですが、瞑想の熟達者であっても、浮かんでは消え、浮かんでは消え・・・する思考を完全と止めてしまうのは難しい場合もあるのかもしれません。 思考を止めるのは難しい。 瞑想の熟達者であっても。 ただ、人によって{ 思考する事柄 }と{ 思考の深さ }には違いがあるようです。 ある人は難しい事柄について物事を深く難しく考え、またある人は、アホなことに浅く考え・・・としているのかもしれません。 生きていてストレスが少ないのも、うつ病発生率が低いのも、後者の方でしょう。 このような話を聞いたときに、難しく考える人は「 でもアホになってしまえば、転落人生を歩むことになりそうで嫌だ。 もっとしっかり考えないと! 」と身構えることになりそうです。 そう考えるために、いつまでも{難しく考えすぎる人}になってしまっているのかもしれません。 「じゃあ、難しく考えないためには、どうすればいいの?」と思いますよね。 解決作の1つは「 アホになってしまってアホなことを考える 」なのかもしれません。 思考を止めることは難しいのですが、{何を、どのように考えるか?}は、ある程度コントロールも可能だと言えそうです。 アホになってアホなことを考えていれば、考えすぎることで気持ちが沈んだり精神的に病んだりすることはなさそうですね。 そして、以下の点に気をつけていれば、アホになっても人生が破滅・衰退へと転がり落ちていく危険性は低そうです。 以下の点に気をつけて、アホな人生を楽しんでいこう。 関連記事には(2つの原理原則)があります。 ・ 実力が伴っていない場合は、「私は正しい。 間違っているのは相手だ」というスタンスで生きるのではなく「 自分アホなんで。 アホなせいでご迷惑をおかけし、すみません。 」という 謙虚 で低姿勢のスタンスで生きた方が人間関係のトラブルは減ることになるのかもしれません。 ときに難しく考えるせいで「Aさんは、あの時、こうしたから、Aさんはきっと私のことが嫌いだから、あんな嫌がらせをしてきたんだ!」などと、あらぬ被害者妄想にかられてしまったりもすることがあるようです。 < 賢い人 ・ デキる人 ・ 真面目で責任感の強い人 > キャラ でいると、つい難しく考えすぎてしまうこともあるようです。 仙人 「 キャラ が「真面目キャラ」より「アホキャラ」の方が、考えすぎずに生きていきやすいのぉ」 難しく考えてしまうせいでストレスが溜まり困っている場合は、いっそのこと、もうアホになってしまいましょう。 アホになって「 あ、自分アホなんで。 難しい話はわかんないっす 」と言ってしまえば、難しく考えてしまう悩みともおさらばとなるでしょう。 (頭がいい人ほどアホキャラになる理由とは?)にあるとおりですね。 だからでしょうか。 暖かな人間関係を築くことができなければ、たとえお金もちになっても幸福感は得られにくく、イライラしてしまいがちなのかもしれません。 一方、周りのみなと暖かな人間関係を築けているならば、日々の幸福度は高くなりそうです。 他人との繋がりを軽視し、他人との付き合いを断ち、いつも1人で生活していると、幸福感が得られにくく人生が衰退していってしまう場合もあるのかもしれません。 人を大切にして 、人との繋がりを大切にして、暖かな人間関係を築くことを大切にしながら、生きていけると良さそうですね。 関連記事は、(幸せって、なんで決まるの?)となります。 実力が伴っていないのに<賢い人・デキる人・信頼ある人格者>などを演じて生きていれば、無理が生じてしまい、毎日が辛くなってしまうことでしょう。 一方、アホになってしまい「 自分はアホなんで。 てへへ 」としてしまえば、アホは真面目な賢い人とは違い一生懸命に無理してまで頑張ったりもしないので( むしろ手抜きをしようとする笑 )、{頑張りすぎて燃え尽きる}という問題を回避することができそうです。 例えば仕事において、毎日、強いプレッシャーを感じて「いいなー。 みんなは、楽な仕事をしているのだろうな。 なんで私だけ、こんな張り詰めた緊張感をもって仕事しないといけないの!?」とイライラしている場合。 それは、実力以上に<仕事のデキる人・賢い人・頼れる人格者>などを演じているせいで、周りや自分自身の期待が重荷となって、自分自身を苦しめているからなのかもしれません。 そんな悩みも、アホになってしまえば解決されそうです。 「あ、自分アホなんで。 すみません。 アホなせいでミスをしてご迷惑をおかけします」というスタンスをとるようにすると、肩の力が抜け、張り詰めていた緊張の意図が緩み、もっとリラックスして毎日を過ごせるようになりそうですね。 (もう少し頑張れそうな時にほど!)にあるとおりですね。 いったい、どういうなのでしょうか。 その理由は、「アホだと人生を狂わせる」のではなく「 破滅原則に根ざして生きていると人生を狂わせることになる 」ということなのかもしれません。 たとえ考えることがアホなことで、且つ、思考が浅いアホな人でも、繁栄的な原則のもと生きているならば、長期的には幸せな人生を生きることになるのかもしれませんね。 そういった場合は、繁栄原則を大切にしながら、あとはアホになってしまうことも1つの方法なのかもしれませんね。 採用する原則を間違えなければ、たとえアホになったとしても、幸せに生きていけそうです。 ・ だから私たちは寝ていても夢を見る場合があるのでしょうか。 つまり無意識はいつも活動しているわけで・・・そのため意識的に思考を止めようとしても無意識までは制御・統制できず、思考は浮かんでは消え、浮かんでは消え、、、とすることになるのかもしれません。 無意識の制御は、難しいからのぉ」 そのため、{考える事柄}と{考える深さ}を変えていく方法がお勧めです。 考えすぎる人の場合は、アホになってしまうのも良さそうです。 アホになってしまい アホなことを考えながら幸せに生きていく のも、また良さそうですね。 さて、今回の記事も最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。 感謝しています。 〜追記〜 何も考えないコツの1つは、夢中になることです。 瞑想中は、思考を停止状態にもっていくわけですが、そのために初心者は呼吸に集中します。 一定のリズムで呼吸することに 夢中 になるわけですね。 なので、何かに夢中になっている人は瞑想状態なわけです。 難しく考えずに、シンプルに楽しく生きていくためには、 楽しいことに夢中に なるのがおすすめです。 バス子 「 楽しいことに夢中 になっている最中は、何も考えずに 没頭 しているわね」 ・ 具体的には、楽しい 趣味 に夢中になるのがおすすめですね。 難しく考えすぎてストレスが溜まる原因は、楽しいことに夢中になっていないから。 ちなみに、私の趣味の1つは、 投資 や ビジネス です。 投資やビジネスは、頑張りや工夫次第で利益額が変わるのでエキサイティングであり、面白味があります。 投資については、(副収入を稼ぐには?)が・・ 副業については、(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)が詳しいです。

次の