きめつのやいばネタバレ 187。 最新ネタバレ『鬼滅の刃』186

最新ネタバレ『鬼滅の刃』188

きめつのやいばネタバレ 187

週刊少年ジャンプ連載「鬼滅の刃(きめつのやいば)」の全話ネタバレまとめページです。 鬼滅本誌の最新話も紹介しているので、鬼滅の刃の続きや結末を知りたい時は是非参考にしてください。 週刊少年ジャンプ連載「鬼滅の刃」の概要 時は大正。 竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。 ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。 唯一、一命をとりとめていた妹・ 禰豆子を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。 その途中、 禰豆子は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。 鬼と人との切ない物語__。 関連リンク 鬼滅本誌の最新話ネタバレ 舞台はついに現代東京へ。 そこでは炭治郎や禰豆子、善逸伊之助たちの子孫が平和に暮らしていた。 戦いで死亡した者たちも転生を果たし、おばみつや胡蝶姉妹も再会。

次の

最新ネタバレ『鬼滅の刃』188

きめつのやいばネタバレ 187

毎週のようにジャンプ本誌の発売日の月曜日にトレンドに入ってくるようになった鬼滅の刃ですが、それだけ人気で注目作品ということでしょう。 では炭治郎が炭吉の過去を夢で見るといった内容がメインでした。 そして住吉の目を通して、縁壱が語る縁壱の過去を知っていくいった内容です。 今週も、過去の話がメインと思われますが、縁壱の過去にどのようなことがあったのか気になりますね。 妻子を殺され、鬼殺隊を作り、ついに無惨と対面することとなった縁壱ですが、これから戦闘になるのでしょうか? 無惨と一緒にいた女は珠世なのでしょうか? 色々と気になるところがありますが、最新話の確定速報をお届けします。 今回は「【鬼滅の刃本誌187話ネタバレ最新話確定速報】縁壱と無惨の過去に何があった?」と題し紹介していきます。 鬼滅の刃187話ネタバレ 【鬼滅の刃186話】 この時に縁壱が無惨様ボコすのかな? 無惨をボコした後に、縁壱が 「頭を垂れて蹲え。 平伏せよ」 って言って欲しい感あるw — ちぎりメシ🍙 KxzlX7OZpjfkdNx 鬼滅の刃187話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 縁壱と無惨の戦い 無惨と出会ったときのことを縁壱は話します。 縁壱の前にいる無惨は暴力的なまでにあるレ出る生命力を感じます。 無惨は呼吸を使う剣士に興味がないと言い腕を振るいました。 その攻撃はものすごく早く、間合いも広範囲でした。 縁壱はその攻撃を避けましたが、その後ろの遠くの方で竹が切れる音がしました。 縁壱は今までにない恐怖を感じます。 無惨の攻撃はかすり傷でも致命傷になると感じた縁壱は攻撃します。 無惨の攻撃には無惨の血が大量に含まれており、炭治郎も命の危険にさらされていますが、そのことを瞬時に縁壱は見抜いたのでしょうか? 縁壱が見る透明の世界で無惨を見ると、心臓がなんと7つと脳が5つもありました。 この時縁壱の剣技の型が完成しました。 その技によって一瞬で無惨はバラバラになります。 声が出せない炭治郎もこれが十三の型なのではと考え教えて欲しいと思います。 無惨が逃げる 無惨は尻餅をつき、体が再生しないことに困惑し、縁壱に初めて恐怖を感じます。 無惨は切れた首が落ちないように押さえますが、つながりません。 縁壱はどうしても無惨に聞きたいことがあり、命を何だと思っていると聞きますが無惨は答えませんでした。 無惨は縁壱を見ていたが、怒りで顔が赤く染まり、縁壱の声は届いてないようでした。 無惨の横にいた女に目を向けましたが、無惨を助けようともせずに見ていただけでした。 その女の瞳には希望の光が輝いているように見えました。 縁壱は女より無惨を始末しようとします。 縁壱が無惨に近づこうとした瞬間に無惨の肉体ははじけます。 なんと無惨は肉片になって逃げようとしたのです。 散らばった肉片の数は1800。 その内縁壱は1500はその場で斬ったが残りの300を逃がしてしまったと言います。 縁壱は珠世と協力するが鬼殺隊を追放される 無惨の横にいた女は珠世といい、縁壱と無惨との戦いをただ見ているだけでした。 無惨が逃げて行ったあと、珠世は髪を振り乱して、死なずに逃げていった無惨をののしっていました。 縁壱は珠世を落ち着かせると、無惨について詳しく教えてくれました。 そして無惨はもう縁壱が死ぬまで現れないと告げます。 縁壱との戦いで無惨は弱り、珠世は一時的に無惨から解放されます。 縁壱はそんな珠世に無惨を倒す手助けをして欲しいと頼みます。 珠世は一瞬迷いましたが、引き受けました。 ですが無惨を倒せなかったことと、珠世を逃がしたことで鬼殺隊を追放されてしまします。 仲間からも自害しろと言われますが、炎柱だけは縁壱をかばってくれていました。 さらに6つになる当時のお館様も止めてくれたそうです。 無惨を取り逃したことの代償 その後縁壱の兄の巌勝が鬼になってしまったことを縁壱は知りショックを受けます。 無惨を取り逃してしまったことで、鬼殺隊から追放されて、兄も鬼になってしまいました。 縁壱は炭吉に自分は無惨を倒すために特別に強く作られたのだと話します。 ですが、あの無惨との戦いで無惨を逃してしまったことで、さらに多くの命が奪われてしまうことを悔やみます。 炭吉にはかける言葉が見つからず、何も言えませんでした。 その時炭吉の子のすみれが縁壱にだっこしてほしいとせがみます。 その様子を見て住吉も背が高い縁壱に抱いてあげて欲しいと言います。 すみれはだっこされると喜び笑顔になります。 それを見て縁壱の目には涙が溢れ、その場で座り込んでしまいます。 殺されてしまったうたとの子供のことを考えたのでしょうか? そこに栗を取りに行っていたやすこが帰ってきて、しゃがみこんでいる縁壱を見て、何かがあったと感じるやすこは、明るく努め縁壱に声を掛けます。 ご飯をお腹いっぱい食べさせてあげますと言い、縁壱の頭を子供にするように撫でます。 久しぶりに感じたであろうやさしさに触れて、その愛情を心から抱きしめていました。 炭治郎は何百年も前に亡くなっている縁壱ですが、心が少しでも救われることを願いわずにはいられませんでした。 鬼滅の刃187話ネタバレ考察 縁壱さん実際すごく優しい性格だったのがわかったんだけどそんな縁壱さんがここまでブチ切れる無惨様は何をしたの本当に… — とーふや🔪 tohuyasan 最強同士の対面ということで様々な可能性が生まれました。 今後の展開を考察します。 縁壱と無惨が対面しどうなった? 全話186話では、無惨と縁壱が出会ったところで、終わっていました。 187話ではその後の展開が描かれるかと思われます。 この出会ったときが無惨が縁壱に負ける時だと思われますので、そのまま戦闘に入るのではないでしょうか? ですが、戦いの結末はすでに描かれていますので、その過程などが描かれるかと思われます。 縁壱と出会ったとき無惨は余裕の表情を浮かべていましたが、戦いの末、無惨はしりもちをつきとどめを刺す手前まではいけました。 無惨が縁壱に負けるところ早く見たいですね。 しかし何らかの理由で、仕留めそこない、無惨を逃がしてしまいます。 その何らかの理由も明らかになってくるのではと思われます。 またその後縁壱は兄の黒死牟を倒すために探していたようですが、無惨を追わず兄を追っていたのにも、わけがありそうですね。 無惨と一緒にいたのは珠世? 考察あってたけどまさかの珠世さまは予想外いや、早く来週なりなさいwww気になるー!!! — ぷーにゃ mx2TbranUHgbf0k 縁壱が無惨と出会った場面で、無惨の隣には女性が一緒にいました。 その女性が珠世に似ていることから、ツイッターでも珠世ではないのかと話題になっていました。 無惨は臆病者と珠世は言っていましたが、この縁壱との戦いで逃げていったところを見てそのように言っていたのかもしれませんね。 珠世は無惨に鬼にされているので、過去に無惨と一緒に行動していても不思議ではありません。 無惨が負けることになるため、この時に珠世は無惨を裏切るのではと思われます。 無惨の呪いを外し、無惨を殺そうとしているが、単独ではかなわないので、このタイミングで無惨のもとから去ったのではないでしょうか? 珠世は無惨に殺されてしまったため、もう過去について語られることはないかと思っていました。 今まであまり鬼になった時や過去の話が出てきませんでしたが、ここで珠世の過去に何があったのか語られるのかもしれませんね。 炭治郎は住吉の過去から何を得る? 炭吉で思い出したけど、過去回想で言われていた様に縁壱さんの刀がちゃんと赫刀ですね — るいん 剣盾プレイ中の為低浮上 to2009mo4 上のツイートの画像に女の人が言っていますが、縁壱は戦う時だけ刀が赤くなって、普段は漆黒でした。 炭治郎の日輪刀も黒ですが、同じように赤く染めることができるのでしょうか? 無惨との戦いで縁壱は日輪刀を赤くするかと思います。 それらの戦い方なども、この無惨との戦いを語ってくれる上でつかめるかもしれませんね。 また炭治郎はまだヒノカミ神楽の十二の型までしか使えないです。 縁壱が炭吉にヒノカミ神楽を教えたと思われますが、その教えるところも見られれば、ヒノカミ神楽十三の型を体得できるきっかけになるかもしれません。 いずれにせよ、この夢の中で、無惨に勝つヒントを得ることができるかと思われます。 愈史郎は瓦礫の下敷きになっているということでしたが、最後まで鳴女を操って皆を地上へ出すことに集中していたために、自分のことまで気が回らなかったのでしょう。 果たしてどのくらいの瓦礫の下敷きになっているのでしょうか? 村田が応援に行って助けられるくらいならいいのですが。 187話でも村田に活躍してもらいたいですね。 愈史郎を助けて、炭治郎や他の鬼殺隊も助けられるのでしょうか? 炭治郎と柱3人は助かる? 炭治郎と柱の義勇、甘露寺、伊黒は無惨の血を大量に含んだ攻撃を受けてしまいました。 まだ義勇と伊黒は何とか呼吸で制御して戦えていますが、炭治郎と甘露寺は毒が侵食してきてしまって動けないような状態です。 4人ともこのままでは命の危険もあると思われます。 禰豆子の爆血で毒を取り除ける? 前の話の考察でも述べましたが、禰豆子が炭治郎のもとへ駆けつけようとしています。 禰豆子の血鬼術の爆血で無惨の血を無効かできるのではないかと思われます。 爆血は鬼の細胞のみ燃やすことができ、人でしたら回復もできました。 禰豆子が到着して、4人に爆血を使い治すことができるのではないでしょうか? また無惨の血は大量に摂取すると毒になると無惨が言っていましたが、血を多く与えることで強い鬼になるということも言われています。 炭治郎が鬼になってしまう? ですので、もしかしたら炭治郎が鬼化してしまうのではないかとも思っています。 禰豆子も無惨の血を与えられましたが、人間を食べずに無惨の呪いも外すことができました。 禰豆子に耐性があったのか、遺伝で大丈夫だったのかわかりませんが、炭治郎も遺伝で耐性がある可能性があります。 血鬼術も使えるようになり、さらに強くなる可能性もありますね。 禰豆子と二人で鬼になってしまうことは避けてもらいたいですが、その可能性もあるかと思われます。 知っていれば縁壱が只の人だと分かったろう。 縁壱が兄を優しい人と呼んだことから妻子の存在と嫉妬心を縁壱に話していないと思う。 知っていれば厳勝が只の人だと分かったろう。 悲しいすれ違い。

次の

鬼滅の刃(きめつのやいば)191話ネタバレ|柱壊滅!しかし炭治郎が復活する!!

きめつのやいばネタバレ 187

引用: まずはこちら!人気YouTuber「 」さんのリアクションから!(エネタバレがありますので、あらすじから読みたい人は要注意) モンスタージョンTVさんは 炭治郎を救うのに 禰豆子が無残の元にきてしまうと無残が完成してしまうのではないか・・・?と考察していました! きめつの刃184話あらすじネタバレ まずは鬼滅の刃 184 話戦線離脱のあらすじネタバレから! 外に出された無惨 無限城が倒壊して投げ出されるように外に出ていた炭治郎。 気がつくと炭治郎は城であった物の残骸の上に倒れていました。 外に出ることは出来ましたが、場所が悪かったのです。 場所は市街地でした。 作戦本部でも無惨を地上に出すことには成功しましたが、場所が市街地で耀利哉が考えていた場所とずいぶん離れてしまっていると動揺します。 原因は愈史郎と無惨の力の綱引きになってしまったこと。 しかし地上に出せたことだけでも画期的な事で、それだけ無惨は劣勢になっています。 それでも夜が明けるまでの時間はもう一時間半もあり、輝利哉は焦りが隠せません。 愈史郎の目を付けた鴉が夜明けまでの時間一時間半と触れ回る中、炭治郎は夜明けまでの長さをまだまだあると思い、またみんながどこにいるのか確認をします。 炭治郎は甘露寺・伊黒・義勇は無事を確認できました。 炭治郎は無惨を匂いで探知しようとしています。 すると、瓦礫が隆起して爆発し無惨が現れました。 背中からは長いしなる鞭のようなものの先に、鋭い刃物がついたものが無数に生えています。 白目をむいて、自分を夜明けまでの間この場に留めるつもりなのかと怒り、斬撃を繰り出しました。 背中の触手のようなものと腕が鞭のようになり、攻撃の範囲も広く鬼殺隊員たちは攻撃はおろか、逃げることだけで精一杯です。 その中で義勇・伊黒・甘露寺の柱 3 人だけが無惨を取り囲み、それぞれが技を繰り出します。 伊黒は蛇の呼吸・参ノ型、甘露寺は恋の呼吸弐ノ型、義勇は水の呼吸捌ノ型を使いました。 驚異の無惨の再生力 伊黒の蛇のようにうねる日輪刀が無惨に襲い掛かり、無惨の頸の肉に刃が入ります。 頸を斬っても無惨が死なないことは伊黒ももちろん知っていましたが、体をバラバラにしてしまえば、再生するまでの間は弱くなるはずと考えたのです。 しかし 3 人の柱は衝撃の事実に愕然とします。 3 人がそれぞれ斬っているはずなのに無惨を斬れていません。 確実に頸を斬ったはずなのに無惨の頸は、斬られた瞬間から再生しているのです。 伊黒は頚を斬っても死なない、再生が速すぎて斬ることもできないという事実に動揺してしまいます。 そんなことを考えていたからなのか、攻撃後だったからなのか無惨との間合いが近すぎて甘露寺がやられてしまうと思った時隊士たちが飛び出してきました。 柱たちのために隊士たちが・・・!? 無惨の攻撃から柱たちを守ろうと、鬼殺隊員たちが果敢に無惨に立ちむかっていきます。 しかし次々と無惨に斬られていきます。 柱たちの目の前で斬られて亡くなっていく隊員をみて、柱たちも言葉を失います。 それでも隊員たちは、「柱を守る肉の壁になれ。 すこしでも無惨と渡り合える剣士を守れ」と炭治郎の前にも立ちはだかります。 その勢いに・・・命の重さに炭治郎は尻餅をついてしまいます。 「今まで柱にずっと救われてきた。 柱がいなければとっくになきものになっていた。 臆するな戦えーっ」の声に隊員たちは果敢に無残に立ち向かいます。 甘露寺は泣きながらやめてと叫びますが、隊員たちの覚悟の前には何の力もありません。 炭治郎に訪れる危機・・・!? 炭治郎も自分も続けとばかり無惨の方に駆け寄ろうとします。 しかし視界が歪み、つんのめってしまいます。 吐血し苦しむ炭治郎。 その様子が見えていたのか無惨は、即死できたものは幸運だ 即死ができなくても自分に傷つけられたものは終わりだと告げました。 「あれを見るがいい」と言った無惨の視線の先には … 炭治郎が倒れていました。 あおむけに倒れたその姿は、 怪我をした右目の細胞が破壊されている。 柱たちも驚愕の表情で炭治郎を見つめています。 無惨は攻撃するときに、自分自身の血を混入させます。 猛毒と同じように細胞を壊し、死に至らせる無惨の血。 無惨は 竃門炭治郎の命はもうないと宣告するのでした。 鬼滅の刃 184 話のネタバレをあらすじで紹介しました。 あおむけに横たわる炭治郎はどうなってしまうのでしょう。 でも刀はまだ手にしたままです。 炭治郎は決してまだあきらめてはいないと思います。 きめつの刃ネタバレ184話考察 鬼滅の刃 184 話を読みました。 ツイッターのトレンドで鬼滅本誌が一位になるくらいの凄さです。 無残が外に! 愈史郎が無限城を崩壊させ、 無惨を地上に出すことに成功しました。 これは快挙だと思います。 愈史郎の安否が気になるところですが・・・。 他の柱たちや隊員の安否ももちろん気になります。 柱を守った隊員たち 今回柱たちが窮地に立たされた時、隊員たちが文字通り身をもって柱たちを助けました。 柱たちがどれだけ隊員に慕われていたか、命を賭けて守るという、いつも柱たちはしていることですが、隊員たちは自分が命を落とすこともわかって行動しているのです。 柱たちの表情にも表れていると思いました。 隊員たちは もしもの時のために、打ち合わせしていたのでしょうか。 それともとっさの時の訓練をしていたのでしょうか。 炭治郎の命は禰豆子が救う? さらに無惨が憎くなってしまいました。 極めつけは炭治郎の倒れている様子です。 義勇も甘露寺も伊黒も驚愕しています。 炭治郎の姿を見ると、事切れているようにも見えますが、 まだ日輪刀は持ったままです。 でも 無惨の血を解毒することは出来るのでしょうか。 しのぶが亡くなってしまったので、 たぶんカナヲには無理なような気がします。 禰豆子に人間に戻る薬を作ったくらいなので、珠世なら知っているかもしれません。 しかし 珠代も亡くなってしまい、愈史郎の安否を知ることもできません。 愈史郎も鬼なので、助かっていると思いたいのですが・・・。 あとは禰豆子・・・鱗滝さんのところで苦しんでいましたが、お兄ちゃんのピンチを察知して目覚めたりしてくれないのでしょうか。 禰豆子の爆血は確か「体内の毒を燃やす」という効果があったはずです。 堕姫との戦いのときに使われたものでした。 炭治郎の体内の毒を燃やしてくれれば炭治郎は助かります。 しかし今禰豆子は人間に戻ろうとしているので、もし 人間に戻っていたら爆血は使うことができません。 炭治郎を助けるために、どうしたらよいのでしょう。 もちろん無惨を倒すためにあと一時間半戦い続けなくてはいけません。 隊員たちをこれ以上犠牲にしたくはありません。

次の