チワワ。 チワワの特徴と性格・飼い方・しつけ・心配な病気まで|犬図鑑|いぬのきもちWEB MAGAZINE

チワワの歴史|チワワの歴史とおもしろルーツ

チワワ

淡路は基本的に週末(土・日)。。 にご見学お受けしております。 終生飼養の原則 転売禁止 ご見学の際は必ず、飼い主になられるご本人さまがお越し下さい(代理でのご見学不可) 子犬情報に掲載している、生後2か月以上の子に関しましては全て、一回目のワクチン接種(生後3ヵ月過ぎた子には2回目のワクチン接種)と健康診断を受けて獣医さんのお墨付きを頂いた、 健康優良児です。 (生き物という性質上100%の確証ではありませんが、健康上問題の見当たらない子達のみ、募集するようにしております。 お残し候補として検討をしつつ掲載している子も中にはおりますため、 場合によっては、更新の多い少ないが生じる場合もございます。 当方では、その子にとっての最良のご縁を待つ事が、子犬の幸せと考えておりますため、中には、縁の結ばれるのが遅い子も必然的に出て参ります。 個々の子犬によりご縁の時期は違いますが一概に、早いから良い子、遅いから良くない子、という事ではございません。 できるだけ表情が伝わるような撮影を心がけておりますが、子犬ちゃんは手で押さえますと、緊張したりグッと力を入れて抵抗したりしますので、カメラマンさんのように綺麗に写すということは難しく、常々カメラの技術不足を痛感しております。 可愛い子犬(実物)に会いに、淡路 or 徳島までご見学にお越しくださいませ。。 成長により違った雰囲気・表情などが見られる場合も多いですので、 こまめにチェックしていただき、気になる子がおりましたら、随時お問合せくださいませ。。

次の

チワワ

チワワ

都道府県 :• 全国の犬• 168• 110• 155• 123• 11 ジャンル :• 437• チワワ 1,466• 139• 192• 709• 262• 887• 233• 1,050• 116• 7,824 投稿者 :• チワワの全て• 全国以外の都道府県から探す :• 全国の犬• 168• 110• 155• 123•

次の

子犬情報

チワワ

神経系の異常 てんかん てんかんは、異常な震えを伴う脳の病気です。 症状としては震え以外にも、口から泡をふく、四肢を突っ張って倒れるなどの様子が見られます。 この病気の一般的な原因は、2つのパターンがあります。 ニューロン(神経細胞)に変化が生じた時• 脳の炎症や脳腫瘍、脳の奇形や損傷、肝臓・腎臓の疾患、ミネラルの過不足 てんかんは他の犬種にも見られますが、チワワは比較的なりやすい病気。 上記のどちらかの原因になります。 ジステンパー ジステンバーの症状としては• 口から泡をふく• 足を突っ張って倒れる• 痙攣 などが挙げられます。 神経系統にジステンパーウイルスの侵入が原因でこの病気を引き起こします。 下痢や嘔吐、呼吸器系の異常も引き起こします。 この症状が進行して重症化すると、体の一部が引きつるようになってしまいますので、早めの診断を! また、最悪の場合亡くなります。 ワクチンで予防ができますので、治療を考えるより予防を最優先にしてください。 まだまだ震えに関連する病気はあります チワワが震えることのまとめ 犬が共通して震えてしまう原因は幾つもあるでしょう。 そういう原因の中でも、特に小さなチワワがかかり易い病気があります。 病院に行かなければ治せない病気を発症している可能性も十分あります。 「怖かったね、寒かったね、またストレスだったよね」という以外の原因もありうるのです。 寒さを凌ぐための震え、精神的な震えはチワワの体を温めてあげれば大抵は良くなっていくもの。 しかし、病気が原因で震えることがあるということは常に頭に置いておきましょう。 チワワの震えが病気の症状として現れるのはとても怖いことですが、知っておいて損はありません。 異常な震えやけいれんを感じたらすぐに病院に行くよう心がけましょう。 しかしある日、足取りがふらふらになって震えだしました! すぐに、獣医さんに診ていただきました。 すると、低血糖症とゆうことでした。 すぐに、治療が始まりました。 だんだん、元気になってきたときに、食事内容を考え直しました。 お野菜や肉、フードをバランスよく食べさせるようにしました。 老犬なので、食べやすい小ささや柔らかさにして気をつけています。 ほどよく、運動がてら歩かせに散歩にいったりと、気分転換もさせました。 チワワは小さな体なので、気をつけてあげなければならないことがたくさんありますが、それも、愛情ですよね。 わが家の3匹わんこのうち、2匹がチワワなので、とても興味深く記事を読ませて頂きました! ここに書かれているように、やはりチワワたちは別の子に比べて、とても寒がりで外出するとよく震えています。 あまりに震えるので、周りの人によく心配されます。 原産が暖かい国メキシコという点から、やはり被毛が日本の冬にはなかなか対応できないため、寒がりになりやすいと思います。 うちの子たちは2匹ともロングコートなのですが、寒さに強いしば犬などと比べても、どう見ても暖かくはなさそうな被毛です(笑) スムースコートチワワに至っては、もっと毛が短く毛量も当然少ないので、きっとずっともっと寒いでしょうね。 またチワワだけに限らず、小型犬に共通する点だそうですが、震えることによって人の注目を浴びようと無意識にする個体も多いそうです。 チワワに加えてトイプードルなどのいわゆる愛玩犬が、そうした性質をもっていると、しつけの先生に教えてもらったことがあります。 演技しているのだと言えば、ちょっと言い過ぎかもしれませんが、寒そうに震えて居たら抱っこしてもらえた記憶があるために、よけいに震えてみせることはあるそうです。 うちのチワワたちはとても寒がりなのは先述した通りですが、ドッグランなどで震えていて抱っこしてもらったのに、おやつタイムになると元気よく飛び出しておねだりしに大疾走します。 そしておやつタイムが終わると再び震え出します(笑) 間違いなく、半分は演技ですね、これは。 ただ注意しないといけない点として、過度に震えていたり、泡を吹いたり息があらかったりしたら、その際の震えは見過ごしてはいけないということですよね! 寒がりだからいつも震えてるものだと過信し過ぎずに、日頃からどんな状況でもしっかり飼い主が観察していなければならないと、改めて考えさせられました。

次の