第 一 次 ウィーン 包囲。 第一次ウィーン包囲とは

第二次ウィーン包囲

第 一 次 ウィーン 包囲

オーストリア軍の頑強な抵抗によりウィーンの陥落だけは免れた。 ここに至るまでの当時の国際関係は非常に複雑であり、この戦い自体は1494年から続けられていたイタリア戦争の一環として、そのハイライトとして行われた戦いである。 また、ドイツ国内での宗教改革も複雑に絡んでいた。 歴史的に見れば、この包囲戦の結果、オスマン帝国のバルカン半島の領有が確定し、その支配は17世紀終わりまで続く。 ハンガリー王国はその領土の大部分を削られ、その国土の回復は1699年まで待たねばならなかった。 またイスラームの脅威を広くヨーロッパ全土に知らしめることにもなった。. 57 関係: 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 、 、、、、、、、。 墺土戦争(おうとせんそう、Austro-Ottoman War)は、オーストリアとオスマン帝国の戦争である。. 新しい!! 新しい!! 新しい!! 新しい!! 職業は靴屋の親方であった。. 新しい!! 新しい!! 新しい!! 欧州史(おうしゅうし)とも呼ばれる。. 新しい!! 新しい!! ボサンスカ・クライナで最大の都市はバニャ・ルカであり、バニャ・ルカは歴史的にこの地域の中心的な都市として機能してきた。 ボサンスカ・クライナと呼ばれる行政的な地域区分は存在せず、この地域のアイデンティティは何世紀にも亘る歴史的な経緯により形作られたものである。 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争以降、ボサンスカ・クライナは行政上はスルプスカ共和国とボスニア・ヘルツェゴヴィナ連邦に分断されている。. 新しい!! 現在のトルコ共和国はイスラム圏に属するが、その領土となっている地域の悠久の歴史を見ると、古代オリエント文明、古代ギリシアローマ文明、ビザンティン文化、イスラム文化などが栄え、多様である。 また、同国最大の都市イスタンブールはローマ帝国、東ローマ帝国、オスマン帝国と3つの世界帝国の首都となった稀有の都市である。 さらに近代においてはイスラム圏では世俗主義の近代国家の建設をいち早く行ったことが注目される。. 新しい!! 歴史的な戦闘場面を描いた絵画で知られている。 Hans Vlieghe,, New Haven: Yale University Press 1998 : 173. 新しい!! シャルル5世の曾孫でルイ12世の従兄に当たるアングレーム伯シャルル・ドルレアンと、サヴォイア公フィリッポ2世の娘ルイーズ・ド・サヴォワとの間に生まれた。. 新しい!! , 1503年3月10日 - 1564年7月25日)は、神聖ローマ帝国のローマ皇帝(在位:1556年 - 1564年)、オーストリア大公(在位:1521年 - 1564年)、ボヘミア王(在位:1526年 - 1564年)、ハンガリー王(在位:同)。 オーストリア系ハプスブルク家の祖であり、オーストリア、ドイツ、ボヘミア、ハンガリーを統治した。 ローマ皇帝マクシミリアン1世の長男フィリップ美公とカスティーリャ女王フアナの間の次男で、皇帝カール5世(スペイン王カルロス1世)の弟。 スペインで生まれ、スペインで育ったグレーシング、p. 新しい!! ヤン・フスの開いたキリスト教改革派のフス派(プロテスタントの先駆)の信者(ボヘミアとポーランドを中心とする)と、それを異端としたカトリック、神聖ローマ帝国の間で戦われた。 フス派戦争とも表記される。. 新しい!! ドイツ南部バーデン=ヴュルテンベルク州の森林地帯「シュヴァルツヴァルト(黒い森)」に端を発し、概ね東から南東方向に流れ、東欧各国を含む10ヶ国を通って黒海に注ぐ重要な国際河川である。 河口にはドナウ・デルタが広がる。 全長は2,850 km。. 新しい!! 彼はクロアチア貴族ズリンスキ家の出身で、1542年から1556年までクロアチアのバン(総督に相当)であった。. 新しい!! この絵はアレクサンドロス3世がダレイオス3世率いるペルシャ軍に大勝した紀元前333年のイッソスの戦いを描いている。 この絵はアルトドルファーの代表作として知られ、ルネサンス期の最も有名な風景画の1つであり、それまでの歴史の前例にないほど雄大な光景が描かれている。 ヴィルヘルム4世は『アレクサンダー大王の戦い』を歴史上に残る傑作として彼の住むミュンヘンに展示するように義務付けた。 現代の評論家はこの絵をヨーロッパ諸国とオスマン帝国との戦争をアレクサンダーの英雄的な勝利と結びつけたものだと考えてられている。 特に第一次ウィーン包囲でのスレイマンの敗北はアルトドルファーに大きな着想を与えた。 宗教的な背景は特にこの異様な空に描かれており、これはダニエル書の予言と差し迫った黙示録に触発されたと推測されている。 ヴィルヘルム4世の所有物であった『アレクサンダー大王の戦い』と他の4つの作品は現在ミュンヘンのアルテ・ピナコテークに展示されている。. 新しい!! ブルゲンラント州の州都。 郡に属さない憲章都市(Statutarstadt)であるが、アイゼンシュタット=ウムゲーブング郡の郡庁が置かれている。. 新しい!! 総面積は301,338平方キロメートル km2 で、イタリアではロスティバル(lo Stivale)と称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属する。 地中海性気候が農業と歴史に大きく影響している。. 新しい!! イタリアにおけるイスラム教の歴史は9世紀、シチリア島がイスラム教国家による支配を受けた時代にまで遡る。 827年に初めてマツァーラの支配が始まってから1300年にルチェーラにあったイスラム教徒の最後の拠点が破壊されるまで、イタリア国内には一定数のムスリム(イスラム教徒)が存在していた。 その後1970年代まで、イスラム教はイタリアではほぼ信仰の見られない宗教であった。 1970年代、初のソマリア系移民がイタリアへとやってきた。 近年では、モロッコやエジプト、チュニジアと言った北アフリカからの移民が多く見られるようになっている。 今日、イタリア国内には約150万人のムスリムがおり、国内には約500のモスクが存在するが、イスラム教は法による認可を受けていない。. 新しい!! 新しい!! 教皇領、、ヴェネツィア共和国、西ヨーロッパのほとんどの国(イングランド、スコットランド、前出のフランス、スペイン、神聖ローマ帝国)も参戦した。 戦争の期間は、本項では1494年から1559年としてはいるが、戦争の期間や区分けは諸説あり、必ずしも一定しているわけではない。 ミラノ公国とナポリ王国の継承争いから始めたこの戦争は、やがて諸国を巻き込み、権力と領土を争うための戦争となり、数々の同盟、対抗同盟、裏切りが行われた。. 新しい!! 歴代皇帝がローマ皇帝またはイタリア王として進駐した。 ピピンの寄進を原型とし、東方問題に発展した。. 新しい!! 2017年1月1日時点の人口は186万7582人。 都市単独で一つの連邦州であり、ヨーロッパ有数の世界都市である。 位置は、北緯48度12分5秒、東経16度22分38秒。 第一次世界大戦まではオーストリア=ハンガリー帝国の首都としてドイツを除く中東欧の大部分に君臨し、さらに19世紀後半まではドイツ連邦や神聖ローマ帝国を通じて形式上はドイツ民族全体の帝都でもあった。 クラシック音楽が盛んで過去にモーツァルトやベートーヴェン、シューベルトなど、多くの作曲家が活躍したことから「音楽の都」・「楽都」とも呼ばれる。. 新しい!! ウィーンは23の行政区 Gemeindebezirk より構成されている。 それぞれの区は「インネレシュタット」「レオポルトシュタット」など独自の名前が付けられているほか、「1 区・2 区…」 1. Bezirk, 2. Bezirk... のように番号で呼ばれることもある。 この番号にあたる数字は「17. , Pezzlgasse」(17区ペッツル通り)のように、通りの名前の標識にも見ることができる。 またウィーン市内の郵便番号は2・3桁目がこの数字で構成されており、例えば「1080」は8区、「1200」は20区といったように、一部の例外を除いてこの郵便番号はどの区であるかが容易に判別可能である。 地元方言では、区を表す「Bezirk」の語の代わりに「Hieb」(やすりの目の意)が使われることもある。. 新しい!! 新しい!! 新しい!! 首都は音楽の都といわれたウィーン。 ドイツの南方、中部ヨーロッパの内陸に位置し、西側はリヒテンシュタイン、スイスと、南はイタリアとスロベニア、東はハンガリーとスロバキア、北はドイツとチェコと隣接する。 基本的には中欧とされるが、歴史的には西欧や東欧に分類されたこともある。. 新しい!! 政治・文化・人物誌などを含んだ総合的な年表を付記する。. 新しい!! 1457年の成立から1806年の神聖ローマ帝国の解体まで、ハプスブルク家、のちその後身のハプスブルク=ロートリンゲン家が統治した。 いわゆるハプスブルク帝国の中核をなし、オーストリア帝国の成立以後もその重要な構成国となった。 元来のオーストリア公領に含まれない領域であっても、オーストリア・ハプスブルク家が支配した地域を合わせて「オーストリア(エスターライヒ)」と呼称することが多いため、本項ではその部分も含めて記述する。. 新しい!! 英語圏ではオットマン帝国 Ottoman Empire と表記される。 15世紀には東ローマ帝国を滅ぼしてその首都であったコンスタンティノポリスを征服、この都市を自らの首都とした(オスマン帝国の首都となったこの都市は、やがてイスタンブールと通称されるようになる)。 17世紀の最大版図は、東西はアゼルバイジャンからモロッコに至り、南北はイエメンからウクライナ、ハンガリー、チェコスロバキアに至る広大な領域に及んだ。. 新しい!! オスマン帝国とプロテスタント勢力が関係を持つようになったのは、16世紀以降である。 北ヨーロッパでプロテスタント運動が盛んになり、オスマン帝国(トルコ)が南ヨーロッパで勢力を拡大している時期であった。 カトリックの神聖ローマ帝国と対立状態にあった両者は、プロテスタントとイスラームの宗教上の類似点を強調し、通商と軍事同盟の可能性を模索して、多くの取り交わしがなされた。. 新しい!! 新しい!! , 1500年2月24日 - 1558年9月21日)は、神聖ローマ帝国のローマ皇帝(在位:1519年 - 1556年)、およびスペイン国王(在位:1516年 - 1556年)。 スペイン国王としてはカルロス1世(Carlos I)と呼ばれる。 ハプスブルク家の絶頂期に君臨し、その治世は、ヨーロッパ統合を果たしたカール大帝以来の歴史的ヨーロッパ概念の体現者とも言われる。 さらに当時は大航海時代の真っ只中にあったため、「太陽の沈まない国」と称されたようにヨーロッパから新大陸、アジア(フィリピン)に至る世界帝国を築き上げた。 カールの理想は、オットー1世以来有名無実化していた神聖ローマ帝国を統一し、最終的には西ヨーロッパの統一とカトリック的世界帝国の構築であったが、覇権を争うフランス王国との戦い、宗教改革の嵐、スレイマン1世が率いるオスマン帝国の伸張など相次ぐ戦いに阻まれ、あと一歩のところで目的は果たせなかった。 晩年は長年の痛風と相次ぐ戦争に疲れ果て自ら退位し、修道院に隠棲した。. 新しい!! しばしばカタリナとも表記される。 ヘンリー8世との間に男児が誕生しなかったことから、離婚問題が生起し、イングランド国教会創設のきっかけとなった。 現代英語の表記は頭文字がCになることが多いが、当時はKと表記された。 ただし、Katherine, Katharine, Katharinaと研究者によって表記が異なる。 また、アントニア・フレイザーはヘンリー8世の他の王妃(キャサリン・ハワード、キャサリン・パー)との区別のため、意図的にCを採用している。. 新しい!! 新しい!! ---- 1世紀 2世紀 3世紀 4世紀 5世紀 6世紀 7世紀 8世紀 9世紀 10世紀 ---- 11世紀 12世紀 13世紀 14世紀 15世紀 16世紀 17世紀 18世紀 19世紀 20世紀 21世紀 ----. 新しい!! フランス語名はクリスティーヌ・カトリーヌ・ド・サルム(Christine Catherine de Salm)。 上ザルム伯家の一員でブランデンブルク領主のパウル・フォン・ザルム伯爵(1584年没)とその妻マリー・ル・ヴァヌール・ド・ティリエールの間の娘に生まれた。 曾祖父の弟に第一次ウィーン包囲を破った軍指揮官が、伯父の1人にシュパイヤーの院長を務めたがいる。 1597年、ロレーヌ公シャルル3世の三男であるヴォーデモン伯フランソワと結婚。 1600年に父の長兄であるザルム伯ヨハン8世が死ぬと、夫とともに上ザルム伯領(の半分)を相続した。 夫は1625年、ロレーヌ公爵家の相続問題を解決するために1週間だけロレーヌ公国元首として在位したため、クリスティーヌも公爵夫人となった。. 新しい!! 新しい!! をオスマン帝国軍が攻囲した戦い。 これによりオスマン軍は2度目のウィーンへの侵攻を阻まれた。 Turnbull 2003 , p. 新しい!! 新しい!! 新しい!! カスティーリャ王国とアラゴン王国の合併によって成立したスペイン王国がナスル朝グラナダ王国を滅ぼし、イベリア半島からイスラーム勢力を一掃した1492年以降、1898年の米西戦争に敗北して、ほぼ全ての海外植民地を失うまでの期間を指す。 「帝国」の名称はその広大な統治領域に由来する(共和制のもとでのローマ帝国のごとし)。 君主号(皇帝)とは無関係である。 1868年から1874年は革命政権の支配の下で、国王は空位となり、やがて共和制に移行した。 とりわけ、16世紀中盤から17世紀前半までの約80年間はスペインが史上最も繁栄した時期であり、黄金世紀(Siglo de Oro)と呼ばれている。 スペイン君主のカルロス1世が神聖ローマ帝国皇帝に即位した際には、ヨーロッパにも本国以外の広大な領土を持つなど、その繁栄の様は「太陽の沈まない国」と形容された。. 新しい!! 、 1494年11月6日 - 1566年9月7日)は、オスマン帝国の第10代皇帝(在位:1520年 - 1566年)。 9代皇帝セリム1世の子。 46年の長期にわたる在位の中で13回もの対外遠征を行い、数多くの軍事的成功を収めてオスマン帝国を最盛期に導いた。 英語では「壮麗帝(the Magnificent)」のあだ名で呼ばれ、日本ではしばしばスレイマン大帝と称される。 トルコでは法典を編纂し帝国の制度を整備したことから「立法帝(カーヌーニー、, Kanuni)」のあだ名で知られている。 またオスマン帝国の歴史において「スレイマン」の名を持つ最初の皇帝であることから「スレイマン1世」と呼ばれるが、まれにバヤズィト1世がアンカラの戦いでティムールに敗れた直後にエディルネで君臨したバヤズィト1世の長男スレイマン・チェレビーを1世に数えることがあるので、その場合は「スレイマン2世」と呼ばれることもある。. 新しい!! スレイマン1世に見出され、セリム2世、ムラト3世の3代に渡って仕えた。 その功績は大きく、名宰相との呼び声が高い。. 新しい!! 9~10世紀に成立し、1806年まで続いた。 西ローマ帝国の後継国家を称した。. 新しい!! オスマン軍はオーストリアの首都にして神聖ローマ皇帝の居城であるウィーンを大軍をもって攻撃したが、拙速な作戦により包囲戦を長期化させ、最後は反オスマン帝国を掲げて結集した中央ヨーロッパ諸国連合軍によって包囲を打ち破られるという惨憺たる敗北に終わり、この包囲戦を契機にオーストリア、ポーランド、ヴェネツィア、ロシアらからなる神聖同盟とオスマン帝国は16年間にわたる長い大トルコ戦争に突入した。 その結果、歴史上初めてオスマン帝国がヨーロッパ諸国に大規模な領土の割譲を行った条約として知られる1699年のカルロヴィッツ条約締結に至った。. 新しい!! 新しい!! 実際には正統なハンガリー王国を自認しており、当時「東ハンガリー王国」という国号が使われていたわけではない。 サポヤイ家のサポヤイ・ヤーノシュ(ヤーノシュ1世)とその息子ヤーノシュ・ジグモンド(ヤーノシュ2世)が1526年から1570年まで統治し、西部(王領ハンガリー)を支配しハンガリー王を称するハプスブルク家(フェルディナーンド1世、ミクシャ1世)と争った。 東ハンガリー王国は、同じくハプスブルク家と敵対するオスマン帝国の直接的・間接的な支援を受けていたRobert John Weston Evans, T. Thomas. 新しい!! ランケはメッテルニヒ外交の研究から「東方問題」にも関心を持ち、ヨーロッパ列強を中心に近代世界史を構成した。 このランケ的な視点からオスマン帝国の解体過程を「東方問題」として捉える場合、列強の帝国分割政策や勢力均衡の観点から論じられる傾向にある。 東方問題(とうほうもんだい、Eastern Question)とは、オスマン帝国およびその支配地域をめぐるヨーロッパ諸国の外交問題。 広義にはオスマン帝国成立以来の、キリスト教ヨーロッパ世界への圧迫に関わるヨーロッパ諸国間の外交問題。 狭義においては18世紀以降のオスマン帝国の解体過程に伴って生じ、19世紀に顕著となったオスマン帝国領内での紛争に関連するヨーロッパ諸国間の国際問題を意味し、今日一般的にはこの用法で使われる。 サンクトペテルブルクから資本を注入され債務国となったロシア帝国は、オスマン債務管理局の利権にくいこめず南下政策を完封された。 ロシアを欠いた神聖同盟は第一次世界大戦で粉砕され、東方問題は一応の決着をみた。. 新しい!! 新しい!! 原題は『』(文明化の衝突と世界秩序の再創造)。 冷戦が終わった現代世界においては、文明化と文明化との衝突が対立の主要な軸であると述べた。 特に文明と文明が接する断層線(フォルト・ライン)での紛争が激化しやすいと指摘した。 記事の多くはイスラム圏、ロシアについてであり、他の地域に関してはおまけ程度の扱いである。. 新しい!! 新しい!! 新しい!! 盛期ルネサンス。 歴代ローマ教皇の庇護によりイタリア・ルネサンスの中心はローマに移動した。 画像はこの時代に再建がなされたローマのサン・ピエトロ大聖堂の内部。 カール5世。 スペイン王を兼ねイタリア各地やネーデルラントも支配したが周辺諸国との戦いにも明け暮れた。 画像はティツィアーノによる騎馬像(プラド美術館蔵)。 「太陽の沈まない帝国」。 カール5世の息子フェリペ2世の時代にスペインは目覚ましい発展を遂げ貿易網は地球全体に及んだ。 画像はフェリペ2世によって建てられたエル・エスコリアル修道院。 ここには王宮も併設されておりフェリペ2世はここで執務を行った。. 新しい!! 新しい!! ユニオンペディアは百科事典や辞書のように組織化概念地図や意味ネットワークです。 これは、それぞれの概念との関係の簡単な定義を与えます。 これは、概念図の基礎となる巨大なオンライン精神的な地図です。 これを使うのは無料で、各記事やドキュメントをダウンロードすることができます。 それは教師、教育者、生徒や学生が使用できるツール、リソースや勉強、研究、教育、学習や教育のための基準、です。 学問の世界のための:学校、プライマリ、セカンダリ、高校、ミドル、大学、技術的な学位、学部、修士または博士号のために。 論文、報告書、プロジェクト、アイデア、ドキュメント、調査、要約、または論文のために。 ここで定義、説明、またはあなたが情報を必要とする各重要なの意味、および用語集などのそれに関連する概念のリストです。 日本語, 英語, スペイン語, ポルトガル語, 中国の, フランス語, ドイツ語, イタリア語, ポーランド語, オランダ語, ロシア語, アラビア語, ヒンディー語, スウェーデン語, ウクライナ語, ハンガリー語, カタロニア語, チェコ語, ヘブライ語, デンマーク語, フィンランド語, インドネシア語, ノルウェー語, ルーマニア語, トルコ語, ベトナム語, 韓国語, タイ語, ギリシャ語, ブルガリア語, クロアチア語, スロバキア語, リトアニア語, フィリピン人, ラトビア語, エストニア語 と スロベニア語で利用できます。 すぐにその他の言語。 すべての情報は、から抽出し、それがクリエイティブで利用することができます。 Google Play、Android および Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

次の

第一次ウィーン包囲

第 一 次 ウィーン 包囲

オーストリア軍の頑強な抵抗によりウィーンの陥落だけは免れた。 ここに至るまでの当時の国際関係は非常に複雑であり、この戦い自体はから続けられていたの一環として、そのハイライトとして行われた戦いである。 また、ドイツ国内でのも複雑に絡んでいた。 歴史的に見れば、この包囲戦の結果、オスマン帝国のの領有が確定し、その支配は終わりまで続く。 はその領土の大部分を削られ、その国土の回復はまで待たねばならなかった。 またの脅威を広くヨーロッパ全土に知らしめることにもなった。 戦前の各国の状況 [編集 ] フランスから見た経緯 [編集 ] 当時の王はである。 当時のフランスは、オーストリアとの利権を激しく争っており、及びイタリア諸都市を巻き込む大紛争に発展していた。 これがイタリア戦争である。 にハプスブルク家の神聖ローマ皇帝が亡くなると、フランソワはマクシミリアン1世の孫でハプスブルク家の当主カール(スペイン王カルロス1世。 後の神聖ローマ皇帝カール5世)に対抗して次の皇帝を決める皇帝選挙に出馬する事になった。 もしカールがスペイン王と同時に神聖ローマ皇帝を兼ねた場合、フランスは東西からハプスブルクの勢力に挟み撃ちにされる危険性が非常に高かったからである。 しかしこの目論見は失敗し、カールが帝位を獲得する。 結果、先の懸念は現実の物となりフランスはハプスブルク家によって東はオーストリア、西はスペインから挟まれてしまう格好になった。 この事態に対して、敵の敵は味方とばかりにフランソワ1世はドイツ国内のなどの勢力、ローマ教皇などカール5世の敵対勢力と次々に手を結び包囲網を築きあげていった。 その中でも最も強い軍事力を持っていたのがオスマン帝国である。 これには挟み撃ちになったフランスの起死回生の策として、フランスとオスマン帝国が同盟を結ぶことによって逆にオーストリア本国を挟み撃ちにする狙いがあった。 オーストリアから見た経緯 [編集 ] カール5世が皇帝に即位した時の神聖ローマ帝国は、宗教改革の嵐が吹き荒れている最中であった。 元々彼自身は熱心なであったが「神聖ローマ皇帝」という存在自体が「カトリックの守護者」という大前提の元に成り立っていた。 つまりローマ教皇はカトリックを守護することを前提としてを名乗るドイツの王に帝冠を与えるという側面を持っていたわけである。 こうしてスペイン国王についで神聖ローマ皇帝の座を射止め、自信に満ち溢れていたカール5世は、皇帝たる自身の声によって直接説得を行う事によって、宗教改革を終息へ向かわせる事が可能だと考えていた。 に自身をに招集し、自らの説得を行ったカール5世だったが、ルターが自らの信条を翻そうとしなかった結果、カール5世は彼をと宣言し法の保護を剥奪、ルター派の活動は絶対に認めないとの立場を明確にした。 身の危険が迫ったルターはザクセン選帝侯の庇護下に入るが、これが長く続く神聖ローマ皇帝とルター派諸侯の対立の始まりであった。 彼らルター派諸侯はフランス王フランソワ1世の援助を受け、カール5世包囲網の一翼に組み込まれていく。 ところが、オスマン帝国軍がバルカン半島への侵攻の度合いを強めると、カール5世は前言を撤回し、ルター派の活動を容認する立場に転化した()。 もちろんこれは国内の対立を一時凍結してオスマン帝国の侵攻への防御に全力を傾けるための方策であり、詭弁に近かった。 実際カール5世はオスマン帝国軍がウィーンから撤退をはじめるとすぐさまこの発言を撤回している。 オスマン帝国から見た経緯 [編集 ] スレイマン1世率いるオスマン帝国は絶頂期を迎えており、陥落によって手に入れたバルカン半島南部に続いてさらに北上し、陸ではを陥落させ、海ではのを打ち破り、ハンガリー、の獲得を狙っていた。 フランソワ1世との同盟を結んだオスマン帝国はさらに深く侵攻し、にはで率いるハンガリー王国軍を壊滅させ、ラヨシュ2世を戦死させている。 敗れたハンガリーは首都であるを放棄し、現在のの首都であるに都を移したが、問題となったのは空位となったハンガリー王位の取扱であった。 王位は選挙の結果ハンガリー貴族の大半の支持を得たトランシルヴァニア侯に委ねられることになったが、敗れたハプスブルク家のオーストリア大公も兄カール5世の支援を受けて独自に議会を招集、ハンガリー王を名乗ったことで事態は複雑化した。 ハプスブルク家の介入に嫌気が差したサポヤイはオスマン帝国に救援を求め、ここにオスマン帝国は事実上ハプスブルク家と直接対峙することになった。 戦闘の経過 [編集 ] 1529年5月、スレイマン1世は大軍を率いて首都を発ちバルカン半島をに沿って北上、8月に戦場だったモハーチでサポヤイと会見、彼の臣従およびハンガリー王位の保障を承認した。 それから更に北へ進軍してブダを初めとするハンガリーの諸都市を陥落させたが、オーストリアの首都ウィーンにオスマン帝国軍が到達、包囲を完了したのはからの4日間であり、スレイマン1世が到着した27日は厳寒期で大雨が降っていたという記録が残っている。 オスマン帝国は12万の歩兵を擁する大軍で300門の大砲も備え、2万頭ので大砲などの輜重を運んだが、行軍中も悪天候で苦労し、包囲戦に間に合わなかった大砲もあった。 対するウィーンは歩兵2万、騎兵1000、70門の大砲を用意してオスマン帝国軍を待ち構えた。 フェルディナントはウィーンから西のへ退避してカール5世や諸侯の救援を切望して待機、カール5世も弟の危機に対応してスペインやドイツから援軍を派遣したが、それらは到底オスマン帝国軍に対抗出来る兵力ではなく、救援軍はオスマン帝国軍のウィーン包囲の報告を聞くと尻込みして進軍を停止、ウィーンは現地の守備軍任せになってしまった。 少ない兵力でオスマン帝国軍と対峙したウィーンでは防御体制の構築に全力を上げ、ニコラウス・フォン・ザルム()とヴィルヘルム・フォン・ロゲンドルフ()を指揮官とし、ウィーン外壁の家々を破壊してを設置、内部の萱葺き屋根は砲撃による火災を防ぐ目的で撤去、南と西の城壁の内側に土塁を築いて二重防衛線を敷くなど、オスマン帝国が迫る寸前に念入りに準備を整えた。 また、北と東はドナウ川とに阻まれ、攻撃位置は西と南に絞られるため、守備軍は南のケルンテン門に射撃の精鋭部隊を配置した。 オスマン帝国軍の攻撃はから始まり、城壁は敵の砲撃に晒されたが崩壊は免れ、ウィーン守備軍は攻撃をものともせず抵抗、東から坑道を掘り進めたの部隊を奇襲して敗走させた。 しかしオスマン帝国軍も黙って見ていた訳ではなく、(または)にケルンテン門から出撃した守備軍8000人を迎え撃ち500人を討ち取った。 このような攻防戦はあったが、ウィーンはオスマン帝国軍の攻撃を跳ね返し、敵軍が地下道を掘り進めたり、地雷で城壁を爆破してそこから突撃しても直ちに対処、それらを木材などで埋めたり修理していった。 やがて雪が降り始め補給不足で兵士達の不満が高まると、スレイマン1世はを最後の攻撃と定め、オスマン帝国軍はケルンテン門付近で攻めかかったが失敗に終わり、14日夜から翌まで大雪が降ったこともあり、ウィーン陥落を諦めたスレイマン1世はに撤退した。 包囲失敗の原因として、ウィーンの守備が整っていたことに加え、オスマン帝国軍の補給線が延びきっており、補給がうまくいかなかった事と、既に寒さが厳しくなって来ている9月から10月の出来事で、寒さに慣れていないオスマン兵では包囲戦がうまくいかなかった事が挙げられる。 事件の影響 [編集 ] ウィーン包囲は失敗に終わったものの、ハンガリー王も兼ねる事になったハプスブルク家にとってすぐに反攻しハンガリー領を奪い返すことは出来なかった。 ウィーン包囲から1年後のにイスタンブールにフェルディナントの使節が来訪、オスマン帝国との交渉は決裂したがすぐに戦端は開かれず、になって両軍はハンガリー国境で対峙した。 しかし小競り合いに終始した後はスレイマン1世もフェルディナントも妥協を考えるようになり、に和睦が成立、サポヤイのハンガリー王位が認められハンガリーは分割された。 ハンガリーが元の領土を復活させるのはのに失敗した後、オーストリア軍、ハンガリー軍、軍などが反攻し()、オスマン軍を打ち破った後の、の成立を待たなければならなかった。 オスマン帝国はその後も攻勢を続け、カール5世はのでに敗退し、ヨーロッパ世界はの制海権を失ってしまう。 何よりも、オスマンの脅威をヨーロッパ全土に対して広く植え付けた事は大きい。 実際に、ヨーロッパのうちバルカン諸国では、オスマン帝国による支配が19世紀まで続くことになる。 また、2度にわたるウィーン包囲は、国力・政治力の差が結果の違いに表れた。 第一次包囲戦ではハプスブルク家の抵抗により長引いた包囲戦に加え、冬将軍が到来していたためスレイマン1世は撤退を厳命し、粛々と去っていった。 しかし第二次包囲戦では大宰相の勇み足と無謀さが災いし、ヨーロッパ諸国の参戦を招き、帝国の衰退をもたらした。 第一次包囲戦は、戦略的にオスマン帝国の勝利をもたらし、スレイマン1世によるオスマンの世紀を紡ぎ出したのである。 脚注 [編集 ]• 三橋、P52 - P61、クロー、P86 - P91、リーガン、P188 - P192。 三橋、P61 - P64、クロー、P108 - P120。 参考文献 [編集 ]• 三橋冨治男『スレイマン大帝 オスマン帝国の栄光』、1971年(新装版、1984年)。 アンドレ・クロー著、浜田正美訳『スレイマン大帝とその時代』(りぶらりあ選書)、1992年。 ジェフリー・リーガン著、監修『ヴィジュアル版「決戦」の世界史 歴史を動かした50の戦い』、2008年。 関連項目 [編集 ]•

次の

第2次ウイーン包囲について

第 一 次 ウィーン 包囲

戦争の背景 オスマン帝国は、の初頭以来()の国政に対する実権が縮小し、から急速に進んだ軍事技術・制度の発展など様々な時代の変化の中で君主の専制と中央集権に支えられた軍事的優位が弛緩しつつあった。 このようなの危機的状況の中、に帝国の最高執政者であるに就任した ()、息子で後継の大宰相となったの2人は国勢の回復に努め、ヴェネツィア、オーストリア、ポーランドなどの諸国に次々に勝利して東ヨーロッパにおいてオスマン帝国史上最大の版図を実現していった。 、キョプリュリュ・アフメト・パシャの病死により大宰相に就任したはキョプリュリュ・メフメト・パシャの婿であり、の改革政治を引き継いで拡大政策を押し進めた。 時の君主であるはの宮殿に篭って狩りを趣味とするばかりで政治に対する関心も実権もなく、オスマン帝国の全権はキョプリュリュ改革の遺産を引き継いだ強力な大宰相の手に握られていた。 一方、16世紀のの時代においてヨーロッパにおけるオスマン帝国の最大の敵手であったのオーストリアは、を経てかつての強盛を失った。 当時のオーストリアにとって西方での宿敵はのであったが、フランスはオーストリアがオスマン帝国と戦うことでハプスブルク家を弱体化させることを狙っていた。 このため、オスマン帝国とオーストリアとの戦いにおいて、西からオーストリアを牽制することによってオスマン帝国に間接的な支援を与えていた。 戦場となったのは・で、にオスマン帝国がハンガリーへ侵攻してきた時はオーストリアの将軍が (、、)でオスマン帝国軍に勝利した。 しかし、フランスの脅威からオーストリアは反撃へ動けず、 (、、)で20年の休戦、オスマン帝国の傀儡のトランシルヴァニア公を承認、毎年のオスマン帝国への贈与金などハプスブルク家に不利な内容を締結した。 これがハンガリー・トランシルヴァニアの親ハプスブルク派貴族の反発を招き、のの摘発と弾圧、のの蜂起に繋がった。 は事態を重く見てハンガリーに対する弾圧を中止、に政策を撤回して貴族の宥和に勤めたが、テケリは活動を続けた。 第二次ウィーン包囲時のオスマン側の塹壕との本拠地であるとウィーン ウィーン包囲戦 、ハプスブルク家領の北西ハンガリーでテケリらハンガリー人による反乱が起こり、反乱者たちはオスマン帝国に対して支援を要請した。 これをの第一次ウィーン包囲以来150年ぶりのオーストリア占領の好機と考えたカラ・ムスタファは、15万からなる大軍を率いてハンガリーからオーストリアに侵入、ウィーンに迫った。 神聖ローマ皇帝レオポルト1世はにに守備を任せてウィーンを脱出、に逃れ、からヨーロッパを防衛するよう訴えての諸侯に支援を要請した。 これに、当時オスマン帝国とを巡って争っていたポーランド国王が応え、ヤン3世はポーランドとドイツ諸領邦からなる連合軍を率いて自らウィーンの救援に向かった。 、、、、 ()らも救援軍に合流した。 オスマン軍はにウィーンに到達し完全に包囲、町の西部から城壁の突破をはかって攻撃を仕掛けた。 しかし最新の築城法で化されて第一次包囲の時代よりはるかに堅固になったウィーン市の防備を破ることができず、攻城戦は長期化した。 遠方から進軍してきたため強力なを搬入できなかったオスマン軍は、地下から坑道を掘って城壁を爆破する作戦もとったが失敗に終わった。 一方、防衛側のウィーン守備軍は士気が盛んでたびたび要塞から打って出てオスマン軍を攻撃したが、包囲軍に対してほとんど損害を与えることはできなかった。 オスマン軍の敗走 、ポーランド・オーストリア・ドイツ諸侯の連合軍がウィーン郊外に到着、ウィーンとその周辺を見下ろすようにしてウィーン市西の丘陵上に展開した。 連合軍は右翼にヤン3世率いるポーランド軍3万と、左翼にオーストリア軍及びドイツ諸侯の連合軍4万を配置し、オスマン軍と対峙した。 この日までにオスマン軍はウィーンの防衛線に突破口を開きつつあったが、ウィーン守備軍の必死の抵抗によりウィーンは辛うじて守られていた。 オスマン軍は数の上でも依然としてウィーン守備軍と連合軍の合計を上回っていたが、長引く包囲戦により士気は低下しており、装備も旧式で不十分であった。 また軍などオスマン軍の一部は強権的なカラ・ムスタファに反発しており、大宰相に対して非協力的ですらあった。 偵察を放ってオスマン軍の情報を探っていたヤン3世はこのような状況を掴んでオスマン軍の防備体制が弱体であることを見抜いた。 連合軍による攻撃の開始は翌が予定されていたが、ヤン3世は到着した9月12日の夕刻に連合軍に総攻撃を命じた。 偵察によってカラ・ムスタファの本営の位置を正確に把握していたポーランド・リトアニア共和国軍精鋭の有翼重装騎兵「」の3000騎はオスマン軍陣地の中央突破を敢行しこれを分断、そのままムスタファの本営までまっすぐ突撃し大混乱に陥れた。 わずか1時間ほど続いた戦闘によってオスマン軍は包囲陣を寸断され、散り散りになって潰走した。 夕暮れで暗くなったために追撃は早々に打ち切られ、カラ・ムスタファは無事に逃げ延びることができたが、戦闘はオスマン軍の惨憺たる敗北に終わった。 ヤン3世はの言葉に倣い、「来た、見た、神は勝利した。 」と語った。 戦後の展開 「ウィーンのソビエスキ」(ユリウシュ・コッサク画) カラ・ムスタファはに逃れ、敗軍を建て直し連合軍に対する反撃を準備していた。 しかし帝国の宮廷では、カラ・ムスタファの強権的な執政に不満をもっていた政敵たちの策動が功を奏し、ベオグラードにはメフメト4世の名をもってカラ・ムスタファの処刑を命ずる勅令が届けられ、に処刑された。 連合軍の側ではがトルコ人に対する同盟結成の呼びかけを行い、オーストリア、ポーランドにヴェネツィア共和国を加えて神聖同盟が結成された。 神聖同盟は引き続きオスマン帝国の支配下にあった東ヨーロッパの各地に侵攻、大トルコ戦争が勃発した。 一方のオスマン帝国では、カラ・ムスタファの刑死後は政府内に指導者を欠き、混迷するオスマン軍は連合軍の前になすすべなく連敗を重ねた。 帝国はオーストリアにハンガリー、トランシルヴァニアを、ポーランドにポドリアを、ヴェネツィアに ()で []を奪われ植民地( - )が成立、沿岸の諸都市を奪われ、さらににはロシアが神聖同盟に加わって、に侵攻を開始した。 オスマン帝国の勢力は東方に大幅に押し戻され、一時は支配の要衝であるベオグラードまで失われることになる。 に再びキョプリュリュ家から登用された大宰相率いる反攻によってオスマン帝国は戦況をある程度挽回するが、ムスタファ・パシャはに戦死し、大局を覆すに至らなかった。 戦争は長期化するにつれての勃発による遠征軍引き抜きや神聖同盟間の不和が表面化して戦線が膠着化するが、16年間にわたって続き、のが神聖同盟の決定的な大勝利となり交渉が進展、にが結ばれてようやく終結する。 カルロヴィッツ条約でオスマン帝国はベオグラード周辺を除くハンガリー王国の大部分(ハンガリー中央部、トランシルヴァニア、クロアチアなど)をオーストリアに、アドリア海沿岸の一部をヴェネツィアに、ポドリアをポーランドに割譲することを認めた。 翌年にはロシアと個別の講和を結んでアゾフの割譲を認めている。 第二次ウィーン包囲の意義 第二次ウィーン包囲は、16世紀後半以来徐々にではあるが衰退していたオスマン帝国のヨーロッパにおける軍事的優位を決定的に崩す事件となった。 第二次ウィーン包囲がオスマン帝国の衰退を決定付けたとみる評価がオスマン帝国史の叙述においては通説となっている。 また、第二次ウィーン包囲からカルロヴィッツ条約に至る16年間の戦争によってオスマン帝国の版図はバルカン半島および東ヨーロッパにおいて大幅に後退し、オーストリアとロシアがこの方面における覇権を握るきっかけを作った。 精神的意義としては、100年前のに続いて、ヨーロッパ諸国がオスマン帝国に対して抱いてきた脅威を打ち崩す戦闘であった。 バルカン諸国史の叙述においては、オスマン帝国のバルカン支配を抑圧であるとみなし、この包囲が解放と後の自立への第一歩となった事件という評価を下している。 文化的な意義としては、はこの戦争の勝利を記念しての意匠である三日月を象ったものという説がある。 またウィーンで文化が広まったのはウィーン市民が潰走したオスマン軍の陣営から打ち捨てられたコーヒー豆を見つけ、これをの ()が払い下げを受け軍を退役、1686年にウィーンで「 ()」(: Hof zur Blauen Flasche)を開いたのが始まりである(コーヒーに砂糖とミルクを加えるはこの時クルチツキによって発明されたとも言われる)、はウィーンのユダヤ人パン店主たちがヤン3世へ感謝のしるしに馬の「」の形をしたこのパンを献上したのが始まりであるといった言い伝えがある。 これらはこの戦いがヨーロッパの人々のオスマン帝国に対する印象を変えた象徴であったことをよく示している。 なお、この包囲戦について、ルイ14世は親オスマン派だったため救援を送らなかったが、キリスト教徒防衛のため自発的に参加するフランス貴族もいた。 その中にも含まれていて、従兄に当たるルートヴィヒ・ヴィルヘルムの下で従軍して竜騎兵隊長に任命され、やがてオーストリアを代表する名将へと成長していった。

次の