田中 貴金属 金貨。 先日、貴金属買取店に金貨の査定に行ったのですが、最初に提示された...

世界有数、日本最大の貴金属関連企業「田中貴金属」の特約店|トミヤ ゴールドフロア

田中 貴金属 金貨

ここのところ金(きん)の価格が上がっているらしい、ということはなんとなく見聞きして知っていた そーです。 なんでも40年ぶりの高値水準なんだとか。 まあ、1枚だけなんですけどね。 メイプルリーフ金貨を買取してもらおうと思ったものの、これまでの人生で金を売ったことがないので、どこでどう売ればいいのか分からないし、できれば なるべく高く買い取ってもらいたい。 町中にたくさんある「金買取りますよ!」というお店に持ち込むのは一番簡単で楽そうだけど、メイプルリーフ金貨を1枚だけ見積もりしてもらって、思っていた金額より低かったら、、、気がちっちゃくてビビりな僕は引っ込められるかどうか分からない。。。 そんなわけで、自分なりにメイプルリーフ金貨の買取価格を調べてみると、なにやら 「田中貴金属工業」というところの買取価格が一番高いらしい、ことが分かりました。 それじゃあ、その 「田中貴金属工業」の買取価格で買い取ってもらうにはどうすればいいの?どこで買取りしてもらえるの?ってなことを調べて、実際にメイプルリーフ金貨を売ってきました。 その様子なんかをまとめてみました。 メープルリーフ金貨の買取価格はいくらなの? 金の買取価格、メイプルリーフ金貨の買取価格はネットで簡単に調べることができます。 見積もり自体はLINEを使って簡単にできるようなのですが、メイプルリーフ金貨は規格も同じなので金額を表示しておいてくれたほうが、売る方としては「買取」に踏み切りやすいですよね。 田中貴金属とその他の買取店の価格の差は2000円以上ありますが(大黒屋とは6000円以上)、田中貴金属以外の買取店は、 宅配買取での価格(送料や保険など込の価格)なので、一概に田中貴金属が一番とは言えません。 ですが、 金額だけで見れば田中貴金属に買い取ってもらうのが一番高い。 田中貴金属の店舗は ギンザ タナカの名前で、銀座や新宿、横浜をはじめ、高級ホテルや伊勢丹の中など全国に数店舗しかありません。 僕の住む千葉からだと 東京まで往復で4時間弱かかりますし、 交通費も2000円ほどかかります。 そもそも銀座本店やらデパートの貴金属店といった 高級感漂う店内で変な汗をかきたくない。 それなら、宅配買い取りに出したほうが、交通費を差し引いたら金額もほぼ一緒だし、行く手間もかからない。 と思っていたのですが、ふとあることに気が付いたのです。 田中貴金属工業の特約店(代理店)が全国にあることに! 田中貴金属工業の特約店になっているお店は、金の売買などができる貴金属を扱っている所ではあるのですが、 町のメガネ屋さん、時計屋さん兼、貴金属店といった感じの入りやすいカジュアルなところも多いです。 僕の住んでいる千葉県の特約店は子供の頃からあるメガネ屋さん(だとずっと思っていた)、 「勉強堂」です。 県内に金貨の売買ができる勉強堂は14店舗あり、家から自転車で10分ほどのところにあります。 自宅や仕事場の近くに田中貴金属の特約店があれば、 田中貴金属のホームページに書かれているメイプルリーフ金貨の買取価格で買い取ってもらえます。 特約店は、表示価格から手数料やマージンを取ったりはしていません。 もし、近所に特約店がなければ、宅配買い取りを使ったほうが、金額もスッキリ分かりやすく、手間もかからないかもしれません。 宅配買い取りについては後ろの方で書いています。 田中貴金属の特約店でメープルリーフ金貨を買取してもらうときの注意点 田中貴金属の特約店(勉強堂)でメイプルリーフ金貨を買い取ってもらうときの注意点を先にまとめておきます。 メイプルリーフ金貨を買取してもらうのに必要なもの 買取してもらうメイプルリーフ金貨以外に必要なものがあります。 コピーはお店で取ってくれます。 田中貴金属の特約店での売却代金の受け取り 田中貴金属の特約店での売却代金の受け取りについては、その特約店に直接問い合わせるようにホームページに書かれています。 僕が買取してもらった特約店の勉強堂では、支払いは 現金か、または銀行振込で、買取の手続きをしてから 実際に代金が支払われるまでに一週間ほど時間がかかる、と言われました。 振込自体は特約店ではなく田中貴金属からされます。 売却する金額が大きければ銀行振込にしたほうが安全ですが、僕の場合は10万円以下の売却金額に対して 880円の振込手数料は高いし(千葉銀の口座持ってないし、550円でも高い)、わりと近所だし、連絡をもらったら現金を取りに行くことにしました。 ではでは、田中貴金属の代理販売店の勉強堂に行ってメイプルリーフ金貨を買い取ってもらった様子です。 田中貴金属の特約店でメープルリーフ金貨を買取してもらった様子 僕が子供の頃からずっとある 勉強堂。 店内は、眼鏡やら時計やらが置かれていて 特別な威圧感もなく庶民の僕でも入りやすい。 「金貨を買取してもらいたいんですが、、、」というと、お店の一角にある眼鏡を調整したりするのとは別のカウンターに案内されました。 おお〜っ!田中貴金属の特約店らしさのあるカウンター。 置いてある金塊はもちろん本物ではありません。 おそらく、ちゃんと本物かどうかが確かめられているんだと思います。 ちなみに1/2オンスのメイプルリーフ金貨の重さは15. 5517gです。 そしたら今度は、この日(2020年1月6日)の 買取価格を案内されて、確認します。 間違いなく、 89974円になっています。 実際にお金を受け取るのは一週間くらい先ですが、 買取価格は金貨を持ち込んだ日の価格での買取になります。 金額を確認したら、 「地金・コイン ご売却申込書」に記入をします。 紙は大きいですが記入するのは左上の部分だけ。 日付と署名、名前と、生年月日、住所、電話番号を記入して、 職業、入手経緯、換金後の利用目的などを選択肢から選びます。 用紙に記入したら、 身分証明書の運転免許証を渡してます。 身分証明書のコピーをとったり、手続きをしたりしている間、しばし待ちます。 手続きが終わったら、 「売却計算書のコピー」と金貨の売却代金との 「引換証」を受け取ったら、メイプルリーフ金貨の買取の手続きはおしまいです。 あとは、連絡をもらったら、お金を取りに来るだけです。 この記事を書くために店員さんに、いろいろ質問したり、写真をパチパチ撮ったりしながらで、お店に入ってから出るまで 大体20分くらいでした。 メープルリーフ金貨の代金の受け取り 僕がメープルリーフ金貨を売りに行った1月6日から8日後の1月14日に、「金貨の代金をお渡しできますよ」という連絡がきました。 前日の13日は成人の日で祝日だったので、もし祝日でなければちょうど一週間の7日後に連絡が来ていたのかもしれません。 どちらにしても、 予定通り「一週間くらい」でした。 さっそく受け取りに行きました。 受け取りには、先日もらった「引換証」を持って行くと現金を受け取れます。 手数料などは、一切取られません。 最後に受け取りました、という証明のためにサインをしたら、コインの売却は完了です。 何でもネットで手続きできて、自宅にいながら大抵のことが済む時代ですが、 田中貴金属の特約店が近所にあれば、難しいこともなく、分かりやすい買取価格で買い取ってもらえました。 けれども、やっぱり店舗に行ってる暇とかないし、面倒くさい、家で全部手続きしたーい。 という人のために宅配買い取りもちょこっと紹介しときます。 ここでは、最初にも紹介したメイプルリーフ金貨の今日の買取価格を出している買取店で買取金額が高かったお店を紹介します。 金貨買取本舗 金貨買取本舗はその名の通り、 金貨を専門に買取をしています。 とは言っても、インゴット(金塊)や貴金属全般、ジュエリーなどの査定買取もしています。 メイプルリーフ金貨の買取価格を提示してはいますが、その日の価格というわけではないようで、 最新の金貨の価格は問い合わせする必要があります。 ・LINEでのリアルタイム査定 ・送料・査定料・手数料 無料 ・商品到着後、迅速振込 ・会員の出張買取あり ・実店舗での買取も可(都内近辺のみ) Refastaリファスタ リファスタではメイプルリーフ金貨のその日の買取価格が表示されているので安心です。 が、宅配買い取りの場合は、商品がリファスタに到着した日の買取価格が適用されるので、ちょっと注意が必要です。 リファスタでは、金貨や金地金から、ダイヤモンドのような宝石やブランド物の時計やアクセサリー、財布、バッグ、服、靴などの買取もしています。 ひとつでも値段が付けば、買取できないものの返品送料も無料なので、これは値段がつくのかな?というものもまとめて出せば安心です。 ・簡単LINE査定 ・送料・査定料・手数料・キャンセル料・返品送料 無料 ・最短で取引を承諾した当日中に全額振込み ・30万円の配送保証が付いている ・出張買取あり ・店頭買取あり(池袋) メイプルリーフ金貨の買取の基礎知識 メイプルリーフ金貨の買取の基礎知識というほどではないのですが、僕がメイプルリーフ金貨を買取してもらうときに気になったメモ。 金には「販売価格」と「買取価格」がある 当たり前といえば当たり前なのですが、金や金貨を扱っているところはこの「販売価格」と「買取価格」の差で利益を得ています。 販売価格のほうが高い金額が付いているので、くれぐれも見間違わないようにしたい。 金の価格はキロバーの価格 田中貴金属工業など金を扱っているところの「金の価格」は販売価格にしても、買取価格にしてもキロバー(1キロの金の延べ棒)の1gの価格です。 なので、金貨の重さにこの金の価格をかけたものが買取価格になるわけではありません。 単に「金の価格」と書かれているときは 純度999. メープルリーフ金貨もk24。 1オンスは何グラム? メープルリーフ金貨をはじめ多くの金貨で使われている単位のオンスは、「オンス」とだけ書かれていますが、金や銀などの貴金属の重さの単位で 「トロイオンス」のことです。 1gです。 1g となります。 そんで、ややこしいのですが、トロイオンスとは別にふつうの 「オンス」という重さの単位もあります。 3gです。 釣り道具などで使われているのを見かけます。 金の売却にかかる税金 年間を通して金地金や金貨を売って50万円以上の売買益(買った金額から売った金額を差し引いた利益)が出たときには注意が必要です。 確定申告をして所得税を払わなければいけません。 (税率は収入によってかわります) 5年以内に買った金の売買益が80万円だった場合は、50万円を差し引いた30万円に税金がかかります。 (10%なら3万円。 20%なら6万円) 注意が必要なのは「年間を通して」なので1回の金の売却だけの金額ではありません。 金以外のものでは ゴルフの会員権や絵画や骨董などの売買益も含まれます。 土地や建物、株式など売買益は別で計算されるので含まれません。 とまあ、めんどくさいことを書きましたが、 売買益が50万円を超えていそうだな、、、と思ったら近くの税務署に相談すれば教えてくれます。 ちなみに200万円を超える売却取引は税務署へ支払調書が提出されます。 200万円を超える売却の場合はマイナンバーが必要 金地金・プラチナ地金・金貨・プラチナ貨を売却した額が 200万円を超える場合は、マイナンバーを記した支払調書の税務署への提出が義務付けられています。 支払調書なので提出するのはお店側ですが、200万円を超える売却取引では身分証明書の他に マイナンバーが記載されている書類が必要になります。 まあ、今回みたいに10万円にも満たない売却には関係ないけど。 メイプルリーフ金貨を売ってみた感想 僕もその昔メガネを作った「勉強堂」がまさかの田中貴金属工業の特約店だったなんて、びっくりです。 おかげで思っていた以上に簡単に、一番高い金額でメイプルリーフ金貨を買い取ってもらえました。 今、金を売るか、まだまだ持っておくか、更に金を買い足すか。。。 メイプルリーフ金貨や金地金などを買取してもらう、売却するときの参考になれば幸いです。

次の

田中貴金属:ウィーン金貨500枚入り「千両箱」発売[毎日新聞12月6日]

田中 貴金属 金貨

先日、貴金属買取店に金貨の査定に行ったのですが、最初に提示された金額があまりにも低くお断りをしました。 すると、本部に電話しますと待たされ、少し金額が上がりましたが、納得できずに断り続けていると、だんだん待ち時間が長くなり、持ち込んだ品も奥に持って行ったままなかなか返却してくれませんでした。 急いでいるから早く返却してほしいという旨を伝えたところ、最後にこの用紙を書いてもらわないと帰れないと言われ、名前・住所・電話番号を書かされました。 査定だけなのになぜ必要なのか聞いたところ、法律上必要だと言われました。 そして、最後に「銀行に持って行っても手数料取られますから、額面より低くなります。 うちで買い取る方が高いですよ」と言われ、正直言って気分が悪くなりました。 そこで、質問です。 査定のみで個人情報は必要なのでしょうか。 金貨を銀行で両替(もしくは入金)する場合、手数料を取られるのでしょうか。 買取店は、全国区で大手です。 どなたかお分かりになる方、よろしくお願い致します。

次の

田中貴金属工業の金貨ケース プレミアムの通販 by 「まつ」のラクマ|ラクマ

田中 貴金属 金貨

GINZA TANAKAは、オーストリア造幣局(局長:ゲルハルト・シュタールジッヒ、本部:オーストリア・ウィーン)が発行するウィーン金貨ハーモニー2017枚(3. 5億円相当)を使用した 「GINZA TANAKA ウィーン金貨ハーモニー ゴールドクリスマスツリー」(非売品)を製作し、2017年11月9日(木)から12月25日(月)のクリスマスシーズンに合わせて、GINZA TANAKA 銀座本店(東京都中央区)1Fで展示します。 ウィーン金貨ハーモニーを使ったクリスマスツリーは世界でも初の試みです。 「GINZA TANAKA ウィーン金貨ハーモニー ゴールドクリスマスツリー」(本体の高さ:約3m、幅1. 4m)は、2017年の西暦にちなみ、ウィーン金貨ハーモニー1オンスを2016枚、20オンスを1枚の計2017枚(純金約63kg)を使用し製作されました。 同ツリーは、GINZA TANAKAが製作したクリスマスツリーの中でも過去最高重量の純金を使用しています。 四角錐状の透明なアクリル製の土台に2016枚のウィーン金貨ハーモニー1オンスを1枚ずつ手作業でセットし、ツリーのトップにウィーン金貨ハーモニー20オンスを使用した、星のモチーフのオブジェを飾りました。 クリスマスツリーを支える土台部分は、ウィーン楽友協会の黄金の間のデザインをイメージし、ウィーン金貨ハーモニーが光を受けて輝くように回転式となっています。 バックパネルには、GINZA TANAKA初の試みとなるトリックアートを採用。 ウィーン金貨ハーモニーの裏面に描かれている楽器や、音符などのモチーフがクリスマスのデコレーションとともに華やかにデザインされています。 目の錯覚を利用して、見る角度によりデザインが立体的に浮かび上がる仕掛けで、音楽の都・ウィーンの雰囲気に包まれるようなフォトジェニックな写真を撮影いただけます。 ウィーン金貨ハーモニー(表面) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会場の「楽友協会:黄金の間」のパイプオルガンがデザインされています。 ウィーン金貨ハーモニー(裏面) ウィンナホルンをはじめ、ハープ、ビオラ、バイオリン、ファゴットなど6種類の管弦楽器がレリーフされています。 GINZA TANAKA 銀座本店では、2005年より毎年貴金属を使用したクリスマスツリーを展示しており、今年で13回目となります。 GINZA TANAKA創業125周年を迎えた今年のクリスマスツリーは、シンプルなシルエットながらも、ウィーン金貨ハーモニーそのものの美しさが煌めく、純金の迫力と重厚感のあるクリスマスツリーです。 また、ウィーン金貨ハーモニーの日本総代理店である田中貴金属の直営店・GINZA TANAKAだからこそ製作が可能となったウィーン金貨ハーモニーを贅沢に使用したクリスマスツリーです。 【ウィーン金貨ハーモニーとは】 「ウィーン金貨ハーモニー」は、純度99. 99%のオーストリア政府が保証する法定通貨であり、その信頼から、日本で最も購入されている金貨です。 資産用コインの他に、ペンダントやブローチなど、コインジュエリーとしても様々な商品を展開しています。 <「GINZA TANAKA ウィーン金貨ハーモニー ゴールドクリスマスツリー」 概要> 【展示品】 「GINZA TANAKA ウィーン金貨ハーモニー ゴールドクリスマスツリー」 (非売品) 【展示期間】 2017年11月9日(木)~12月25日(月)10:30~19:00 【展示場所】 GINZA TANAKA銀座本店1F エントランス 【素材】 ・ウィーン金貨ハーモニー1オンス(K24、直径37mm、厚さ2. 0mm、重量31. 1035g)計2016枚 ・ウィーン金貨ハーモニー20オンス(K24、直径74mm、厚さ8. 3mm、重量622. 4m バックパネル高さ約2. キャンペーン特設サイトURL() 【GINZA TANAKAについて】 1892年に創業したGINZA TANAKA(田中貴金属ジュエリー株式会社)は、クオリティーの高いジュエリーや工芸品などの提供を通して、一人一人のライフスタイルに更なる輝きを持たせる、歴史と伝統を有する老舗の貴金属店です。 純金やプラチナなどの上質な貴金属に匠の工芸技術を駆使して、デザイン性に富み、かつ資産性の高いジュエリーや工芸品などを製作・販売しています。 〔直営店舗〕 銀座本店、新宿店、ホテル椿山荘東京店、伊勢丹立川店、横浜元町店、仙台店、新潟三越店、名古屋店、栄店(ブライダル専門店)、名古屋三越 栄店、心斎橋店、高松三越店、福岡 西鉄グランドホテル店 【田中貴金属グループとは】 田中貴金属グループは1885年(明治18年)の創業以来、貴金属を中心とした事業領域で幅広い活動を展開してきました。 国内ではトップクラスの貴金属取扱量を誇り、長年に渡って、産業用貴金属製品の製造・販売ならびに、宝飾品や資産としての貴金属商品を提供。 貴金属に携わる専門家集団として、国内外のグループ各社が製造、販売そして技術が一体となって連携・協力し、製品とサービスを提供しております。 田中貴金属ジュエリー株式会社は、田中貴金属グループの一員として、宝飾品販売事業等を担っています。 また、さらにグローバル化を推進するため、 2016年にMetalor Technologies International SAをグループ企業として迎え入れました。 今後も貴金属のプロとして事業を通じ、ゆとりある豊かな暮らしに貢献し続けます。

次の