黒い斑点。 唇の黒い斑点やできものは病気?原因と治し方を分かりやすく!

トマトの葉に黒い斑点が出来た時の対処法!復活はできるのか?

黒い斑点

お米に混じっている黒い米粒は何? 斑点米ができる原因と米農家の取り組み 普段スーパーでお米を買う人とってはお目にかかることはほとんどないが、農家から直接お米を買ったことがあるという人は、黒い点が付いた米粒が混じっていたこともあるだろう。 見栄えの悪さから嫌がる人が多く、時にはクレームになることもある。 そもそもなぜ黒い点ができるのか、この黒い点を出さないように農家はどのような対策をしているのかを見ていこう。 原因となるのは、米づくり以外にも家庭菜園などでも害虫として扱われる、カメムシである。 カメムシはお米が発育する前の柔らかい稲穂を狙って中の汁を吸うのだが、これによってあの黒い跡が残るのである。 厄介なのが、精米しても跡が残ることが多く、消費者の手元に届いたタイミングでも見受けられてしまうことだ。 見た目だけなら……とはいかないのが、生産者にとって避けては通れない等級検査だ。 お米の等級を決める等級検査は、精米前の玄米で行うため、ほとんどの斑点米がカメムシの吸害の跡をそのまま検査に通さなければならず、見た目で等級を落とすことになる。 生産者サイドとしては、等級の低さは収入に直結するため、当然ながら斑点米の被害を未然に防ぐことが重要とされているのだ。 カメムシの被害を防ぐ米農家の取り組み 厄介なカメムシからの被害を受けないよう、米農家はあの手この手で対策を講じている。 メインとなるのは、薬剤による防除である。 稲の穂が出る出穂(しゅっすい)から米の粒が発育・肥大する登熟までの7月から8月末の期間が、カメムシの被害を受けやすい。 出穂して間もない、まだ柔らかい状態の玄米(籾ごと指でつぶすと中から汁として出る程度)に対してカメムシが吸引し、斑点となってしまうからだ。 そのため、出穂してから登熟するまでの期間に薬剤を散布するが、現在は育苗箱に散布する形で初期防除を行う米農家も多い。 その他、田んぼ周辺の雑草を刈り取って、カメムシの生息できる範囲を水田に作らないことが大事である。 出穂前に周辺の雑草を刈り取ることでカメムシを追い出し、第一波を防ぐのだ。 逆に出穂中に草刈りをしてしまうと、カメムシを水田に追い込むという恐ろしい事態になる。 そうなると、この期間を避けて作業しなければならないので、もう一度草刈りをする場合には穂の状況を観察し、中の玄米が完全に硬くなった頃まで待つことが必要である。 カメムシによる斑点米の被害を抑えるため、草刈りと薬剤での防除のコンビネーションが重要であり、米農家はこれまでの経験と、常に各機関の情報を収集し、自分の足で自らの稲を調査しているのだ。 実際の食味にはほとんど影響しない斑点米 これまで述べたような取り組みを米農家がいくら講じた所で、斑点米を100%防ぐということはなかなか難しい。 しかし、この斑点米が入っているとお米の等級の評価にも関わってくるので、米農家にとっては最後まで頭が痛い。 だからといって、斑点米を一粒一粒取り除くなんて、気の遠くなる作業もできない。 消費者にとっても、斑点米が入っていると「品質や味に影響は無いのか?」と心配の声が上がるかもしれない。 食味を落とすのは未熟な青米や生産方法、圃場の土壌などさまざまな条件がある。 斑点米だからと言って、決して食味を落とす要素が混入しているとは限らないので安心して欲しい。 そもそも斑点米は、精米時に削り落とされてきれいな精米になるか、見た目で残っているが食味に問題のないもの。 ひどく被害のあるものについては、未熟米と一緒に精米時にはじかれているので、実際の食味には何ら問題ないのである。 どういった過程で、どういった土壌で、どういった人が育てているのか。 人の手がかかったお米こそが、美味しい見た目と食味を兼ね備えることが出来るということを、ぜひ感じながらごはんを食べて欲しい。

次の

スペアミントの葉に黒い斑点ができています

黒い斑点

トマトの黒い斑点は何?食べられるの? 赤いトマトの表面に黒い斑点がついていたら、びっくりしてしまいますね。 これはいったい何? 何か野菜の病気? それとも腐ってるの!? と、私は一瞬、スーパーに返品に行こうかと思ったことがあります(笑) でも安心してください。 スーパーに出回るトマトに、病気のトマトはまずありません。 なぜなら、出荷するためにトマトは細かな規定で選別されているからです。 もし病気のトマトがあったら、このときに排除されます。 では、このトマトの表面についている黒い斑点は何でしょうか? 実はこの 黒い斑点は、水耕栽培ではなく、畑で育ったトマトに見られます。 畑で育つ野菜につきものなのは虫です。 受粉をしてくれる虫、葉を食べる虫、その虫を食べる虫…。 無農薬栽培の畑では、様々な虫が絶妙なバランスで存在します。 その中には、野菜に針を刺して汁を吸う虫がいます。 カメムシが、その代表格ですね。 黒い斑点は、カメムシなどの虫が針を刺した跡なんですね。 ですので、黒い斑点は美味しい証拠。 食べても大丈夫ですよ。 有害な農薬は使われていない、安全な野菜ということです。 ・極端に水分が不足している ・カルシウムが欠乏している ・土が酸性になっている ・土に塩分が含まれている 人間に置き換えても、具合が悪くなりそうですよね。 家庭菜園で野菜作りを成功させるには、土づくりがとても大切です。 苦土石灰を混ぜ込むと、酸性の土が中和され、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが補充できます。 土づくりが上手くいけば、野菜作りの半分は成功したと言えます。 土づくりが上手くいかず、トマトが十分な栄養を吸収できないと、トマトの中心やおしりが黒くなってしまいます。 原因はストレスなので、 黒い部分を取り除けば食べられますよ。 ただ、果肉がぶよぶよしていたり、穴が開いていたりしたら、食べるのはやめましょう。 トマトに黒い斑点ができないようにする方法はある? トマトに黒い斑点ができないようにするためには、トマトにやってくる虫を排除しなければなりません。 建物の中で水耕栽培されているトマトなら、虫が来ないので黒い斑点はできません。 必要な栄養管理もされているので、中心部が黒くなることもありません。 ビニールハウスで育てた場合は、虫が入り込んでくることがあります。 この場合は、見つけるたびに退治することになります。 では、家庭菜園では? 家庭菜園で野菜を育てる利点は、無農薬で育てられることではないでしょうか。 でもたくさんのカメムシが発生したら? 手で捕まえるのは臭いし、一匹ずつ取るのは大変! そんな時に使えるいい武器があります! それは、 ガムテープです。 集団発生したカメムシを、ガムテープでくっつけて包み込みます。 こうすれば、何匹もまとめて捕まえられますし、直接手に触れないのでカメムシ特有の臭いもつきません。 放っておくと、苗が弱ってしまいますから、見つけたら捕まえてくださいね。 捕ったガムテープは、ごみ箱へ捨ててください。

次の

長芋の皮の黒い斑点は食べれる?皮ごと食べていいの?|食べ物info

黒い斑点

マンゴーの賞味期限が分かりにくい マンゴー大好き!というひとでも、マンゴーをいつごろまで食べられるのか、はっきりわからないことも多いでしょう。 さすがに切ったら果肉の色が変わっていた、なんてことがあればもう食べられないとあきらめられますが、フレッシュマンゴーってどれくらいの期間なら食べられるのでしょうか。 マンゴーの甘い匂いが決め手 購入してから3~4日。 これくらいがマンゴーの食べごろです。 マンゴーは追熟が必要なフルーツなので、完熟になるまでは袋にいれて室温でおいておき、触ってみて皮が柔らかくなってきたらおいしいタイミング。 購入後3~4日間が賞味期限の目安ですが、マンゴーはいろいろな条件で完熟になるまでの期間が違います。 同じ箱に入っていたマンゴーでも一個ずつ完熟までの期間=賞味期限が違っているのです。 ネットで購入したマンゴーには、「食べごろカード」が入っていることもあります。 食べごろの日付がわかると便利ですが、最後は自分の指と鼻で完熟したかを確かめるのが一番です。 マンゴーは完熟近くになると、えも言われぬ甘い香りを出します。 いい匂いがしたら食べごろと覚えておきましょう。 なお追熟中は絶対に直射日光の当たらない場所に置くことをお忘れなく。 最長7日くらいの追熟で濃厚マンゴーのできあがり 最低3日か4日の追熟に、気温が低かった時などはもう1日追加して5日間くらいの追熟をすれば、たいていのマンゴーは柔らかくなっています。 これで冷蔵庫に入れれば食べごろ間違いなしですが、人によっては、もうちょっと濃厚さ、柔らかさがほしいなと思うことがあります。 こういう方は最長7日間くらい追熟させてからいただきましょう。 マンゴーは食べる直前、せいぜい30分か1時間前くらいに冷蔵庫にいれるのがいいでしょう。 あまり冷やしてしまうと、甘さを感じにくくなるからです。 これで甘くておいしいカットマンゴーのできあがりです。 生マンゴーの追熟中は絶対に冷蔵庫に入れないで 生のマンゴーは食べごろが難しいのですが、保存期間を延ばそうと冷蔵庫に長く入れておくのはNGです。 マンゴーの呼吸量が低下してしまい、香りが飛んでしまいます。 また、いったん実が冷えきってしまうと、あとから室温にもどしてももう追熟しません。 完熟が確認できるまで冷蔵庫には入れないのが大事です。 マンゴーの表面に黒い斑点があるのは大丈夫? マンゴーは高級すぎてあまり頻繁に食べる果物ではないですね。 それだけに食べごろがよくわからない。 もしマンゴーの皮に黒い斑点が出ていたら、これは食べてもいいものでしょうか。 珍しい果物なので、食べられるかの判断もつけにくいのです。 黒い斑点は炭疽病が原因、食べられるがすぐに食べること マンゴーの表面に黒い斑点がでても、食べられないことはありません。 ただし、すぐに食べたほうがいいでしょう。 なぜなら、マンゴーの表皮にあらわれる黒い斑点は、炭疽病によるものだからです。 カビのような糸状の菌が原因で、斑点のある部分は中の果肉も黒くなっています。 斑点のあるマンゴーは、とりあえず切ってみましょう。 着ると、黒い斑点部分は中の果肉も傷んでいるのがわかります。 じゃあもう食べられないかというと、斑点のない場所はおいしく食べられます。 つまりマンゴーを切るときに斑点部分だけを取り除いてしまえば、十分食べられるのです、斑点は部分的にマンゴーを悪くしているので、まるごと1個がダメになっているわけではありません。 斑点マンゴーを見つけたら、ほかのマンゴーから隔離して ただし、黒い斑点が出ているマンゴーは直ちに食べたほうがいいです。 さらに一つのマンゴーに黒い斑点が出たら、他のマンゴーとは別の場所に隔離しましょう。 炭疽病はマンゴーの病気ですから、同じ箱に入っている周囲のマンゴーにうつってしまいます。 そのまま放置しておくと、箱のマンゴーぜんぶに斑点がでてしまい、おいしく食べられなくなるのです。 マンゴーの斑点は、一見するとバナナのシュガースポットのようです。 斑点ありのマンゴーのほうがおいしそうに見えますが、店頭で購入する場合は食べられない部分もあるマンゴーだということを覚えておきましょう。 斑点マンゴーは「訳アリ品」としてお値打ちに買えることも 斑点があっても、そこを取り除けば食べられる。 それを逆手にとって、黒い斑点が出たマンゴーをあえて「訳アリ品」「すぐに食べてね」という形で格安販売することがあります。 マンゴー好きならこまめにチェックをしておいて、ダメな部分もあるということを理解したうえで購入するとお値打ちにマンゴーを味わえます。 マンゴーが腐ったらどんな味になる? どんな果物でも収穫後に放っておけば傷んでしまいます。 とくにマンゴーやメロンのように、常温での追熟(ついじゅく)が必要な果物は、食べごろがわかりにくいんです。 甘くするのには熟さなければならないし、食べごろを過ぎると生ものですので腐ってしまいます。 もし腐ったり、いたんだマンゴーを食べたらどんな味がするのか、腐っているかどうかを見分けるポイントを紹介していきます。 味というより、食べた瞬間口の中がピリピリする 傷んだマンゴーを食べると、味というより食べた瞬間に口がピリピリすることが多いです。 これはマンゴーやメロン、パイナップル、パパイヤなどによくあることで、原因は果物に含まれるたんぱく質分解酵素によるもの。 完熟が過ぎてしまうと、マンゴーなど南国の果物は、含まれているたんぱく質分解酵素が増えすぎてしまって口の中でピリピリと刺激を感じるのです。 こうなると食べごろは過ぎてしまったと判断しても良いでしょう。 完熟を過ぎて傷みかけているので、美味しくないと感じたらあまり食べないほうが懸命。 マンゴーやメロンは、食べごろを見極めるのがとてもむずかしい果物です。 未熟な状態ではおいしくありませんし、追熟の必要があるため冷蔵庫にしまっておけません。 タイミングを見計らって食べるようにしましょう。 果皮を見て状態を判断する方法 では、マンゴーの食べごろはどうやって見分けるか。 マンゴーの外側は、皮全体が薄く白い粉をふいたようになっています。 白い粉はホコリではなく完熟前の自然な状態の証拠。 この粉が落ち着いて表皮全体がしっとりと湿った状態になったときがベストタイミングになります。 皮にオイルを塗ったようにつやが出てうるおってきたら、匂いをかいでみましょう。 甘い香りがすれば食べごろの証拠。 さっそく冷蔵庫に入れて冷やして食べましょう。

次の