カナブン 退治。 【ブルーミングスケープ】 カナブン退治 >> ガーデニング&観葉植物の育て方 Q&A

カナブン

カナブン 退治

カナブンは無害!カナブンは放っておいていい理由 部屋の中に発生したカナブンを駆除しようとする方がいるかもしれません。 しかし、その必要はないのです。 その理由はカナブンの生態にあります。 カナブンは普段は土の中や石の下にもぐって生活していて、エサを食べるなどの用事があるときだけ地上に出てきます。 甘い香りが大好きなため、洗剤のニオイにつられ、洗濯物によくくっついています。 しかし、カナブンのエサは樹液です。 樹液を吸う際に木に穴を開けることもありません。 また、カナブンの幼虫は落ち葉などを食べ、分解を助けてくれます。 そのため、カナブンは害虫どころか保護すべき虫なのです。 カナブンとよく似たコガネムシ カナブンは駆除の必要がありませんが、カナブンと非常によく似たコガネムシという虫は植物に被害を出すため、駆除する必要があります。 よく混同されるこの2種類ですが、それぞれの見た目の特徴から違いを見ていきましょう。 カナブンの特徴 ・全身の色が茶・緑・青で光沢がない ・全長が2cmほどで、コガネムシより少し大きい。 ・頭部が四角く角張っている ・コガネムシほど動きが早くない ・幼虫は落ち葉を食べ、成虫は樹液を吸う コガネムシの特徴 ・全身が緑色で光沢がある ・全長が1. 5cmほどで、カナブンより少し小さい ・頭部が丸い ・動きが素早い ・幼虫は植物の根を、成虫は植物の葉や花を食べる 駆除するべき【コガネムシ】による植物への被害とは カナブンは駆除する必要がありませんが、カナブンによく似たコガネムシは植物に被害を出すので駆除する必要があります。 コガネムシがどのような被害を出すのか見ていきましょう。 幼虫 コガネムシの幼虫は土中に生息しているため、植物の根を食害します。 植物の根を傷つけるので養分の吸収ができなくなって生育が悪くなります。 食害痕の長さはまちまちで、円状や線状になります。 成虫 コガネムシの成虫は葉や花を食べます。 葉は葉脈だけ残して網目状にしてしまうため、光合成が十分に行われなくなり、成長に問題が出たり美観が損なわれたりします。 害虫【コガネムシ】の駆除方法 コガネムシの駆除は見つけたらそのまま取り除くのが一番よいです。 庭木などにコガネムシの成虫が寄生している場合は木をゆすると落ちてきます。 落ちたコガネムシはしばらく死んだふりをしているのでその隙に取り除きましょう。 また、コガネムシ用のトラップも販売されています。 このトラップはコガネムシをにおいでおびき寄せて捕獲するものです。 もしもコガネムシに直接触るのが嫌だという場合は薬剤を使用しましょう。 コガネムシの成虫に有効な薬剤は「スミチオン乳剤」や「アクテリック乳剤」などです。 これらの薬剤を直接散布しましょう。 すでに卵を産んでいる可能性もあるので土にも有効な薬剤を撒いてきましょう。 コガネムシの幼虫には「オルトラン粒剤」や「ダイアジノン粒剤」などが有効です。 これらの薬剤を土に撒いたり土に混ぜたりしましょう。 また、こういった粒状の薬剤を土に混ぜておくと植物が根から薬剤を吸収するので、草や花を食べる成虫も退治することができます。 また、殺す必要はないですが、なんらかの事情でカナブンを駆除しなければならない場合は殺虫剤を使用しましょう。 マジックリンや水で薄めた中性洗剤も効果があるようです。 無農薬で【コガネムシ】駆除!ペットボトル撃退法とは カナブンは駆除する必要がありませんが、コガネムシは駆除しなければなりません。 しかし、コガネムシの駆除に薬剤を使わず、かつ直接触りたくないという方もいるでしょう。 そんな方向けにペットボトルを使用した撃退法を紹介します。 ペットボトルとジョウゴを用意してください。 ジョウゴの下の部分をペットボトルの口の部分に差し込むだけです。 接続部分をガムテープなどで補強して固定するとより安定すると思います。 あとはこのつくった捕獲器にコガネムシを落としいていくだけです。 使わなくなった歯ブラシなど棒状のものを使って落としていきましょう。 いずれの方法にしてもコガネムシはとても繁殖力が高く、幼虫による被害も甚大なため、見つけたらすぐに退治することが重要です。 まとめ 植物に被害を出さないカナブンは駆除する必要がありません。 代わりによく似たコガネムシを駆除しましょう。 コガネムシは繁殖力が高く施幼虫も成虫も被害を出すやっかいな害虫です。 見かけたら早急に対応するのが大切です。 もしもカナブンが現れたら、ティッシュで包んでそっと外に出してあげましょう。

次の

【ブルーミングスケープ】 カナブン退治 >> ガーデニング&観葉植物の育て方 Q&A

カナブン 退治

プランターや植木鉢に植えた植物がだんだんと元気がなくなった時や、一緒に生えていた雑草の元気もなくなった時、植木鉢の底から細かい土が出てきて植木鉢の中の土が減ってきた時などはカナブンやコガネムシなどの幼虫の被害にあっている可能性があります。 カナブンやコガネムシの幼虫による被害にあった時は早めに駆除をしましょう。 一番簡単な方法は市販されている駆除剤を蒔くことです。 あまり薬を使いたくない方は、すぐに植え替えをすることをおすすめします。 その際、植物の根元や根に付いた土にカナブンやコガネムシの幼虫が付いていないかを十分に確認してください。 さらに、カナブンなどの被害に合う前に、成虫に卵を産み付けさせない対策も必要です。 花や野菜を植えたプランターや植木鉢の土の表面を不織布などで覆い、土が出ないようにするのが効果的ですが、土の様子が見えにくく乾燥具合が確認しづらいなどのデメリットがあります。 カナブンの幼虫の飼育方法と育て方はどうするの? プランターや植木鉢の中で見付けたカナブンの幼虫はどのように成長するのでしょうか。 カナブンの幼虫のエサや飼育方法を紹介します。 カナブンの幼虫のエサは? カナブンの幼虫のエサは主に腐葉土などの有機物です。 植木鉢やプランターの中で見つかるカナブンの幼虫は腐葉土を食べて糞をし、植物の成長によい栄養たっぷりの土作りの手伝いをしています。 プランターや植木鉢からは一見してカナブンと見分けの付かない、コガネムシの幼虫も見付かります。 コガネムシの幼虫のエサは木や植物の根です。 つまりせっかく育てた植物を枯らせてしまう幼虫の正体はカナブンではなく、コガネムシの幼虫です。 カナブンの幼虫を飼うときはプラケースなどの容器に腐葉土を敷き、土が乾かないように一日一度は霧吹きで水を掛けます。 腐葉土を食べますので時々新しい土を足してあげましょう。 一方、コガネムシの幼虫は植物の根を食べますので、昆虫マットなどを敷いたプラケースに木や草花の根や野菜くずなどを入れます。 成虫のエサは? カナブンとコガネムシの幼虫の時のエサは、腐葉土と植物の根という違いがありましたが、成虫になってからのエサは何でしょうか。 カナブンはカブトムシなどと同じように樹液を吸います。 飼育する時はバナナなどの果物や昆虫ゼリーを与えます。 ただし、スイカなどの水分の多いエサを与えると尿が多くなって、結果的に昆虫マットなどを汚し不衛生になるので水分の多いエサは避けます。 コガネムシの成虫は桜やバラなどの広葉樹の葉を食べますが、他の植物も食べますので野菜くずなどをエサとして与えます。 カナブンとコガネムシの幼虫はよく似ていますが、カナブンは幼虫から成虫まで植物の葉や根は食べないのに対し、コガネムシは幼虫から成虫まで植物を食べて成長します。 野菜や花を育てている人にとってコガネムシは害虫に当たります。 カナブンと他の幼虫の見分け方は? コガネムシ 色や形、大きさともにコガネムシの幼虫とカナブンの幼虫はとてもよく似ています。 違いはカナブンの幼虫がコガネムシの幼虫よりも頭が小さく、体にはたくさん体毛が生えています。 さらに土から出した時に、コガネムシはすぐに体制を整えてお腹を下にし、6本の脚で体を引きずりながら移動するのに対して、カナブンの幼虫は背を下にしてひっくり返ったまま移動します。 クワガタ クワガタの幼虫とカナブンの幼虫の見分け方は、カナブンの幼虫の顔が薄茶色をしているのに対し、クワガタはオレンジ色をしています。 またカナブンの幼虫に比べて立派なアゴがあるなどの違いがあります。 カブトムシとその他の幼虫 カブトムシの幼虫はカナブンの幼虫と比べて体も大きく、クワガタの幼虫のような立派なアゴがあります。 コナラやクヌギの落ち葉が堆積した場所や腐葉土の中で見付けることができます。 カブトムシの幼虫とカナブンの幼虫はどちらも腐葉土などをエサにして生活しているので同じ場所で見付かることがあります。 子供がカブトムシの幼虫を見付けたと言って育てていたら、実はカナブンだったというような話もよく聞く話です。 カナブンと同じように幼虫の時は腐葉土などをエサとして、成虫になると花の花粉を食べたり蜜を吸う虫にハナムグリがあります。 カナブンとハナムグリの幼虫もとても良く似ています。 成虫になっても姿はそっくりです。 カナブンの幼虫にはどんな特徴がある? 大きさ カナブンの卵は1. 5㎜くらい、幼虫の大きさは3㎜~5㎜くらいです。 コガネムシの幼虫と大きさはほとんど変わりません。 コガネムシやクワガタムシ、カブトムシの幼虫に比べて体毛が多いことが特徴です。 体全体に茶色のふわふわした体毛がしっかりと生えています。 顔は体に対して小さく、体に顔が埋もれている印象を受けます。 また顔の横にはっきりとした目のような茶色の模様があり、これはコガネムシやカブトムシなどには無い特徴です。 カナブンの幼虫は体毛と顔の大きさ、顔の横の模様で見分けることができます。 歩き方 カナブンの幼虫はお腹を下にして歩くことができません。 お腹を上にして背中で歩く「背面歩行」をします。 プランターや植木鉢をひっくり返して幼虫が出てきた場合は、歩き方を観察してください。 コガネムシはお腹を下にして歩き、移動速度も早くすぐに土に潜ろうとします。 一方カナブンは、土から出るとひっくり返り、背中を使って歩こうとします。 移動速度は遅く死んだふりのようにしばらく動かないこともあります。 時期など カナブンは本州から四国、九州および各離島に生息する体長約22㎜~30㎜の昆虫です。 成虫になり地上に出てきたカナブンはクヌギやナラの木に樹液を吸うために集まります。 クワガタムシやカブトムシのように強いアゴや角を持たないカナブンですが、その分飛行能力がとても高く飛行方法に特徴があります。 カブトムシなどは外側の固い羽を全開にして飛ぶのに対し、カナブンは外側の羽根を開かずに後ろ羽を出して羽ばたいて飛ぶことができます。 そのため足場が無くても飛び立つことができて、危険が迫った場合にも素早く飛び立ち逃げることができます。 成虫は越冬ができないので8月の終わり頃になると交尾をし、土の中に卵を産んで一生を終えます。 カナブンの幼虫の駆除におススメの無農薬の殺虫方法 これは小さな植木鉢やプランターで植物を育てている方に有効な方法です。 植木鉢やプランターに水を張った一回り大きいバケツなどに沈めます。 しばらくそうしていると、土の中の幼虫は苦しくてぷかぷか浮かんできます。 この方法はコガネムシなどの害虫に限らず、土の中に住むネキリムシなどの害虫にも効果的です。 また、植物をそっくり水に沈めてしまえば、葉に付いたしつこいアブラムシや毛虫、ナメクジなどの害虫の駆除もできます。 しかしこの水に沈める方法は益虫であるカナブンの幼虫まで全て駆除してしまいますので、植物に付いた虫を全て駆除したい方にはおすすめです。 捕殺と植え替え 植木鉢やプランターの土の中にコガネムシなどの害虫が発生した場合は、やはり手間はかかりますが、数が少ないうちは見付け次第捕まえて駆除することが一番確実で、植物にとっても安全な駆除方法です。 害虫が大発生してしまった時は植木鉢の中の土をきれいに入れ替えて、根本に付いていることが多い幼虫を捕殺して植え替えをします。 さらに新しく卵を産み付けられることが無いように、植木鉢の土の表面をぴったりと覆うことのできる「コガネムシの幼虫カバー」などの保護シートを掛けます。 土の表面を覆うので雑草が生えるのを防ぐこともできます。 害虫のコガネムシと益虫のカナブン カブトムシやクワガタムシに比べて地味で、コガネムシとそっくりな見た目で害虫と間違われ嫌われてしまうカナブンですが、土から掘り出されて慌ててひっくり返りもぞもぞと動く姿や、他の昆虫と争わず素早く飛び立ち、安定した高い飛行能力で自在に空を飛び回るなど、調べてみると興味深く意外と可愛らしいカナブン。 そんなカナブンとコガネムシとハナムグリの成虫の見分け方を最後に紹介します。 コガネムシはキラキラと金属的なきれいな輝きがあり、体も顔も全体的に丸みを帯びています。 一方カナブンはコガネムシのような金属的な輝きは無く、体はやや平たく四角い形の顔をしています。 ハナムグリはカナブンに比べてさらに平たい体をしており、白い斑点のような模様があるのが特徴です。 それぞれ違う虫なのに「コガネムシ」と一括りにされてしまうこの身近な3種類の昆虫たち。 今度見かけたらじっくりと観察してみてはいかがでしょうか。

次の

カナブンは駆除する必要なし!害虫コガネムシとの違いと駆除方法|生活110番ニュース

カナブン 退治

画像引用: 「庭の隠れた害虫」と言われているコガネムシ。 特に幼虫は土の中に住んでいるので、パッと見ただけでは分かりにくいのが現状です。 一度住みつかれると、ナメクジや毛虫のように明らかに目に見えないため、気付くのが遅くなりがちで被害も拡大しやすくなります。 また成虫になっても葉を食い荒らすため、非常に厄介です。 昆虫好きの人の中にはコガネムシ好きも多いですが、園芸愛好家の間ではとても迷惑な昆虫なのです。 ここからは、• 成虫による被害• 幼虫による被害 をそれぞれ説明していきます。 スポンサーリンク コガネムシの「成虫」による被害! まずは「成虫」による被害を説明しましょう。 4つの被害! 成虫による被害は主に以下の4つです。 農薬を使用する 「殺虫効果のある農薬」を使って駆除する方法です。 定番であり確実に殺せる方法だと言えるでしょう。 これらの薬品は植物内に浸透して、コガネムシが食べても「おいしくない植物」に変化していきます。 また薬剤自体に触れても殺虫する効果がありますので、まんべんなく散布を行いましょう。 果樹に使用する場合は「人体への影響」が心配されますが、ほとんどの農薬が問題なく使用できます。 表示された散布期間を守れば、収穫後も問題なく食べることができるのです。 ではここで、有名な農薬を紹介しましょう。 アドマイヤー1粒剤 「植えつける時」や「植え替え時」に土壌に混ぜて使用します。 「薬剤に抵抗性のある害虫」にでも幅広く効果が発揮され、他の害虫も一緒に駆除できます。 捕獲して駆除する! 幼虫は土を掘らないと見つけられませんが、成虫は 木の枝を振るだけで落ちてきますので、直接捕獲して確実に数を減らしましょう。 落ちた成虫は少しの間「死んだふり」をしていますが、しばらくすると飛んで逃げだしたり、土に潜って逃げ伸びようとします。 このように地面に落とすと逃がす可能性があるため、枝に傘を逆さまにぶら下げ、その上で枝を振って 傘の中に成虫を落とすようにすると良いでしょう。 また 晴れている日は活発に飛び回りやすいので捕まえにくいものです。 雨の日のほうが動きが鈍く捕まえやすいので、捕獲するなら雨の日を狙いましょう。 なお、「成虫がついている植物の根元」には 幼虫もいる可能性が高いため、どちらもチェックすることが重要。 ちなみに捕まえにくい場合は、後ほど紹介する「コガネムシトラップ」を使うのも手です。 1種類にしか効果がないものが多いため、コガネムシの種類を見極めなければなりません。 同じコガネムシであっても他の種類のフェロモントラップは、フェロモンが違うため効果がないのです。 また、このトラップは非常に効果的ではありますが、価格が安いとは言えませんので、手が出しにくい対策法だと言えます。 予算的に問題がある方は、次に紹介する「コガネムシトラップ」を使いましょう。 スポンサーリンク コガネムシトラップを作ろう!! 手で捕まえようとしてもすぐに逃げてしまうコガネムシを、簡単で確実に捕獲できるのがトラップです。 このトラップは簡単に作ることができますので、「フェロモントラップが高価でなかなか手が出せない」という場合は、こちらを先に試してみましょう。 作るものは• 捕獲器• 誘引剤 の2つだけです。 1.まずは「捕獲器」を作ろう! 捕獲器は「ペットボトル」もしくは「牛乳パック」でとってもカンタンにつくれます! ペットボトルを使う場合! ペットボトルを1本用意します。 切り取った上部をくるりと反転させ、飲み口を中に向けてはめ込みます。 切り口をガムテープで張り付けて補強すれば、「捕獲器」の出来上がり。 「牛乳パック」を使う場合! 牛乳パックの側面を四角くカットします。 両面を窓のように空けたら、残った部分を青色に着色して完成。 これはコガネムシが「青いものに寄って来る」という習性を利用するためです。 2.誘引剤を用意しよう! コガネムシをおびき寄せるための「誘引剤」を作ります。 もしコガネムシの種類が特定できているなら、市販されている「フェロモントラップ用のフェロモン剤」も利用できます。 ただしフェロモン剤は高価なため、以下の通り自作すれば安く済みます。 <誘引剤の作り方> 誘引剤の作り方もとても簡単! 以下の5つを混ぜ合わせて丸くダンゴ状にすればOK! 雑草地や芝生が多い いくら自宅が「コガネムシの好まない環境」であっても、周辺に「コガネムシが生息しやすい環境」がある場合は、対策が難しくなります。 「荒れた雑草地や芝生」には特にコガネムシが発生しやすいので、最初から畑を作らないようにしましょう。 どうしても作る場合は• 温室にする• ハウスにする• ネットで覆う などして万全の対策をおこないましょう。 これらの原因は周辺の地域の環境も関わりますので、自分一人では変えられないものも多くあります。 しかしなるべく「コガネムシの嫌う環境」を作り、これ以上の被害が出ないように対策していくことが大切です。 スポンサーリンク コガネムシ被害の多い時期は? コガネムシの成虫の発生時期は 4月〜10月頃がピーク。 成虫は交尾し産卵しなくてはならないため、暖かい時期には非常に活発に動き回ります。 そのため成虫に対しては、この時期を迎える前にしっかりと対策をしたいところです。 また、幼虫は1年中警戒が必要。 特に産卵を終えて孵化を迎えた 4月〜5月頃と、秋口の 9月〜10月頃に増えています。 植物の植え替え時期にもかぶりますので、注意しておきたい時期となります。 コガネムシの種類や、カナブンとの違い! フェロモントラップは、コガネムシの種類ごとに販売されています。 また害虫となることはありませんが、カナブンと間違う方もいらっしゃいます。 カナブンとの違いや、それぞれの種類については以下のページでまとめていますので、あわせてご確認下さい! 人気の関連ページ! >> さいごに! コガネムシの駆除と対策、寄り付く原因についてまとめてみました。 これまでの説明のとおり、コガネムシは害虫となりますので、土や葉に異常が見られたら早めに確認し、駆除を行いましょう。 スポンサーリンク 人気の関連ページ!•

次の