ミッドナイト イン パリ あらすじ。 映画『ミッドナイト・イン・パリ』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

『ミッドナイト・イン・パリ』感想と全あらすじ(ネタバレ)ウディ・アレンの傑作!

ミッドナイト イン パリ あらすじ

大人のおとぎ話 ハリウッドの脚本家でもある、 主人公のギルは、ハリウッドの脚本家として成功しているものの、小説家を目指し執筆中。 そんな中、婚約者と共にパリに訪れます。 1人で夜のパリをさまよっていると、通りかかったクラシックカーに誘われ乗り込むと、そこは 1920年頃のパリ。 主人公が憧れる、 ロストジェネレーションの作家たちが禁酒法施行中のアメリカを逃れパリにあふれています。 ヘミングウェイ、フィッツジェラルド、ガートルド・スタイン、歌手のコールポーター、ジャン。 同時代に活躍をした、ピカソ、ダリ、ジャンコクトー、マンレイ、ルイスブリュエル。 主人公は憧れの作家・芸術家と親交を深め深める中で、エイドリアナという女性に恋に落ちます。。。。。 以降は映画を見てください。 ミッドナイト・イン・パリの見どころ 映画に出てくるパリの美しい街並み 映画開始の冒頭3分くらいで、美しいパリの風景が流れます。 タイトル通り夜のパリの街並みが多く出てきますが、 映画のどのシーンを切り取っても幻想的なパリの魅力が映像から伝わってきます。 撮影監督は、2000年代のウディ・アレン映画の撮影を多く担当しているダリウス・コンジ。 どの映画も街並みの撮り方がきれいです。 デビット・フィンチャーの「SEVEN」「パニックルーム」や、「エビータ」の撮影を担当していた人です。 Photo by on 1920年代のパリの妄想が膨らむ 映画の舞台は、現代と1920年代のエコール・ド・ パリの時代が舞台です。 この時代にパリにいた作家・芸術家が多くでてきます。 また、 1920年代の街並みやパーディー・カフェの雰囲気が映像として映し出されています。 この映画を見るとより 当時の時代のイメージが膨らみ、きっと旅が楽しくなります パリの街並みを彩る映画音楽 映画の各場面で、 パリの街並みにマッチしたJAZZや、1920年台のパリでも活躍したコールポートの曲が流れます。 パリを旅する時に聴きたいナンバーです。 豪華な俳優陣 映画に詳しくない人でも知っている有名な俳優が出演しています。 ウディ映画のヒロインはTHE有名女優という人が多いので見やすいです。 ミッドナイト・イン・パリの主人公はオーウェン・ウィルソン。 ヒロインはマリオン・コティヤールです。 ミッドナイト・イン・パリの観光スポット ロケ地となった、観光スポットをいくつかご紹介します。 パリ5区 サンテティエンヌ・デュ・モン教会 主人公のジルは、深夜に道に迷いこの教会の階段に座っていると、1920年代にタイムスリップするクラシックカーが通りかかります。 オランジュリー美術館 序盤に婚約者のイネスと友人カップルと訪れて、モネの「睡蓮」を鑑賞する場面で出てくるのが、オランジェリー美術館です。 ルーブル美術館、オルセー美術館から徒歩ですぐの場所にあります。 印象派の作品が中心の美術館です。 カフェ・ドゥ・マゴ サン=ジェルマン・デ・プレ教会に面したカフェです。 100年以上の歴史があるカフェで、パリ旅行ガイドでも必ずのっているほど有名です。 1920年代の芸術家のたまり場となっていました。 アレクサンドル3世橋 夜のパリのラストシーンがセリーヌ川にかかったアレクサンドル3世橋。 街灯が幻想的にパリの夜を照らしています。 装飾の凝った橋で、遠くにはエッフェル塔が見えます。 Photo by on ミッドナイト・イン・パリを2倍楽しむ為の映画情報 監督・脚本はウディ・アレン ミッドナイト・イン・パリは2011年のアカデミー賞脚本賞を受賞しています。 身内のいざこざでも有名なウディ・アレンですが、 アカデミー賞にノミネート最多記録をもっており、監督賞1回(アニー・ホール)脚本賞3回(アニー・ホール/ハンナとその姉妹/ミッドナイト・イン・パリ)受賞。 20歳で、すでにコメディ放送作家として活躍をしており、手掛ける多くの映画で、監督・脚本をしながら、自身も俳優として主演をしています。 ウディ・アレンの映画は、 人間関係やその心理描写を中心にしたものが多く、派手でエンターテイメント性が追及されたハリウッド映画よりかは、フランス映画よりです。 ただ、随所の シニカルな笑いや、個性的なキャラクターにより、飽きずに見ることができます。 また、 音楽の使い方や、映し出される街並み・日常をオシャレに映しだしているのもウディ・アレン映画の特徴だと思います。 映画界の天才の一人だと思います。 主演のオーウェン・ウィルソンの演技がウディ・アレンそっくり ミッドナイト・イン・パリの主人公ギルを演じているのが、オーウェン・ウィルソン。 脚本家でもあるマルチな人です。 「カーズ」の主人公の赤いクルマ(ライトニング・マックィーン)の声• 「エネミーライン」• ジャッキーチェン主演の「シャンハイ・ヌーン」「シャンハイ・ナイト」の相棒役• ウェス・アンダーソン監督の「ダージリン急行」 ミッドナイト・イン・パリのオーウェン・ウィルソンの演技ですが、 話し方・素振りなどウディ・アレンの往年の演技にそっくりです。 時間があったら是非ウディ主演の映画も見てみて下さい。 ミッドナイト・イン・パリの魅力的な俳優陣 下記ような俳優さんが出演しています。 それ以外にも、ウディ・アレン映画によく見かける俳優さんも出ています。 そしてパリの雰囲気が映像&音楽から感じられる素敵な作品です。 1920年代のパリを想像するのにはうってつけの、明るい作品になっているので、是非見てみてください。

次の

解説・あらすじ

ミッドナイト イン パリ あらすじ

監督: 脚本: 出演者: 上映時間:94分 製作国:カ あらすじ ギルはカ人の映画脚本家。 一応成功しているが、小説家になる夢を捨てられず執筆にいそしんでいる。 ギルは婚約者イネスといっしょにパリに旅行に来た。 パリにはイネスの両親がいて4人でいっしょに時間を過ごすが、ギルはその率直な性格が原因で浮いてしまう。 イネスの友人ポールとその妻もパリにいるためこの4人でも出かけるが、やはりギルは溶け込むことが出来ない。 パリにいてもギルは自分の小説の推敲をし続け、パリにほれ込みこの街に移り住みたいと言う。 しかしイネスはまったく乗り気ではない。 ある晩、ギルはイネスやポールたちと別れ一人でホテルに帰ろうとする。 しかし途中で道に迷い、路上で深夜12時を迎えてしまう。 すると目の前に古いタクシーが現れ、ギルを誘って連れ去ろうとする。 酔った勢いで誘いに乗り、連れていかれた先は代のカクテル・パーティだった。 そこではがピアノで歌い、スコットとの夫妻がおり、も座って酒を飲んでいる。 ギルが自分は小説を書いていることをに伝えると、に原稿を読んでもらうよう紹介してくれるという。 自作の小説原稿を持ってスタインの住居に連れていかれたギルは、そこでの愛人であるアドリアナと知り合い、意気投合する。 現代に戻り、こうした「タイムスリップ」の話をイネスに伝えるがまったく相手にされない。 ギルは代のアドリアナに魅かれていく一方で、イネスとの間にはどんどんと距離が出来てしまう。 イネスが両親といっしょにパリを離れに観光に行っている最中、ギルはアンティーク市場でのレコードを発見。 その店の女性ガブリエルと知り合いになる。 また沿いの古本屋で代にアドリアナが書き残した日記を発見。 観光ガイドの女性にそのフランス語を訳してもらうと、アドリアナはギルと愛を告白し合う、と記されていた。 以下、ネタバレ注意 代の世界に戻ったギルは、アドリアナとキスをし彼女に自分の気持ちを伝える。 すると二人の目の前に一台の馬車が現れ、二人を19世紀末の「」時代に連れていく。 カフェに入るとや、などがいた。 アドリアナはもともと代よりもベルエポックに憧れており、このタイムスリップのまま19世紀後半にいつづけたいと言い張る。 しかしギルは、みんな憧れの「黄金時代」を胸に秘めている、なぜならみんな自分の暮らす時代に不満を持っているからだ、と説く。 結局、二人はそこで別れる。 現代に戻ったギルだが、イネスが友人ポールと体の関係を持ったことを突き止め、またギル自身もパリに暮らし続けることに決めたため、イネスとも別れることになる。 ギルがひとりでに架かる橋の上にいると、かつてのレコードを買ったアンティーク市場の女性ガブリエルと遭遇。 雨の降る中、二人で一緒に歩いて行くのだった。 fterayama3.

次の

『ミッドナイトインパリ』あらすじと感想 / Amazonプライムビデオ

ミッドナイト イン パリ あらすじ

が脚本と監督を務め、でを受賞した。 この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2019年8月)() 映画脚本家でありながらも、小説家を目指し 処女小説の執筆に悪戦苦闘中のギル・ペンダー は婚約者のイネス とその裕福な両親とともにを訪れる。 ギルはパリに住みたいとさえ考えているが、イネスはに住むと言って聞いてくれない。 2人はイネスの友人ポール と遭遇し、ともに街を回る。 イネスはポールを気に入っているものの、彼が偉そうに語る歴史や芸術の薀蓄には間違いが多く、インテリぶったポールがギルにはどうにも鼻持ちならない。 ある夜の12時、ギルは酒に酔ったままパリの街をうろついていると、アンティークカーが止まり、車中の1920年代風の格好をした男女がギルを誘う。 そして向かったパーティには、、と妻がいた。 そのパーティはのパーティだった。 そこでギルは、彼が黄金時代と評し、愛して止まない1920年代のパリに来ていたことに気づく。 その後、フィッツジェラルド夫妻、ポーター夫妻と行ったクラブでは、もいた。 その後に、フィッツジェラルド夫妻と飲みに入ったバーでは、と出会う。 ヘミングウェイに自分の小説を読んでくれないかともちかけたギルだったが、ヘミングウェイに「自分は読みたくないが、代わりにを紹介しよう」と言われ、舞い上がる。 次の夜、イネスを一緒に誘うが、真夜中になる前にイネスは「疲れた」と帰ってしまう。 彼女が帰るやいなや、夜中の12時の鐘が鳴り、古いプジョーが現れた。 今度はヘミングウェイが乗っていた。 彼と一緒にスタインの家へ行くと、今度はそこにとその愛人、アドリアナ()がいた。 スタインはピカソと彼の描いたアドリアナの肖像画について論議をかわしていた。 そこで初めてアドリアナに会ったギルは、一目惚れしてしまう。 現代と1920年代を行き来しながら、婚約者イネスとの関係とアドリアナに魅かれる自分に悩むギル。 しかし、である、()、とからは、「それはごく自然なことだ」と言われてしまい、ますます頭を抱える。 そして、ギルとアドリアナが初めてキスを交わした晩、2人の前に19世紀のベル・エポック時代を思わせる馬車が停まる。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ギル・ペンダー イネス ジョン ヘレン ポール・ベイツ キャロル・ベイツ 美術館の案内人 ワイン試飲する男 1920年代のパーティゴア 1920年代のパーティゴア 1920年代のパーティゴア 1920年代のパーティゴア 古物商人 アドリアナ ガブリエル 探偵デュリュック 探偵タスラン のカップル ベル・エポックのカップル の女将 烏丸祐一 の王族 ヴェルサイユの王族 製作 [ ] 脚本 [ ] アレンは「パリの真夜中」というタイトルを思いつき、そこからプロットを構築していく方法を用いて脚本を執筆した。 アレンは当初主人公ギルのキャラクターを東海岸のインテリとして描いていたが、ウィルソンが東海岸の人物に感じられなかったため、ギルをカリフォルニア出身という設定に改めた。 アレンによるとウィルソンは自然な演技をする人で、「演技をしているのではなく、その場で喋っている人間のように感じられた」という。 配役 [ ] 2009年6月、アレンはフランスのラジオで・夫人を映画に起用したいと話し 、2009年11月、今度はブルーニが出演を依頼されたことを明かした。 2010年2月、ウィルソンの出演が決まり 、3月にコティヤール とマクアダムス の出演が報じられた。 2010年5月25日、アレンはブルーニらの出演が正式に決まったことを示すキャストのリストを発表した。 ウィルソンとマクアダムスがカップルとして共演するのは『』以来で、マクアダムスはこれを『ウェディング・クラッシャーズ』より「はるかに敵対的な関係」と説明している。 撮影 [ ] 撮影は2010年7月5日にパリで始まった。 アレンはあるシーンの撮影でブルーニがカメラを見続けることを繰り返したために彼女に30回以上のリテイクを課したとか 、ブルーニのすべての出演シーンをに替えて撮り直したと報じられたが 、アレンやセドゥはこれらを完全に否定した。 公開 [ ] 映画は2011年5月11日、のオープニング作品として初上映された。 アメリカでは2011年5月20日に6館で公開され、のちに最大1,038館まで拡大された。 2011年7月17日、本作はインフレ率未調整の売上で『』の4,008万ドルを抜き、アレン作品で最も稼いだ映画となった。 なお、映画ポスターには、19世紀の画家の『』が部分的に使用されている。 評価 [ ] 本作は批評家から高い評価を集めた。 これはアレンの監督作品では1994年の『』以来最も高い評価である。 有力媒体の批評から100点満点の加重平均値を導くは40件の批評を基に81という「全面的支持」の値を示している。 受賞とノミネート [ ] 賞 部門 対象 結果 ハリウッド映画祭 製作者賞 レッティ・アロンソン 受賞 監督賞 ウディ・アレン ノミネート 脚本賞 ウディ・アレン ノミネート 作品賞 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート 監督賞 ウディ・アレン ノミネート 脚本賞 ウディ・アレン ノミネート アンサンブル演技賞 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート 美術賞 アン・セイベル ノミネート 作品賞 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート 監督賞 ウディ・アレン ノミネート 脚本賞 ウディ・アレン ノミネート 作品賞 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート 監督賞 ウディ・アレン ノミネート 助演女優賞 レイチェル・マクアダムス ノミネート 脚本賞 ウディ・アレン ノミネート 脚本賞 ウディ・アレン ノミネート コメディ映画賞 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート サウスイースタン映画批評家協会賞 脚本賞 ウディ・アレン 受賞 作品賞 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート 監督賞 ウディ・アレン ノミネート 脚本賞 ウディ・アレン ノミネート アンサンブル演技賞 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート オースティン映画批評家協会賞 脚本賞 ウディ・アレン 受賞 脚本賞 ウディ・アレン 受賞 インターネット映画批評家協会賞 コメディ映画賞 『ミッドナイト・イン・パリ』 受賞 セントラルオハイオ映画批評家協会賞 脚本賞 ウディ・アレン ノミネート バンクーバー映画批評家協会賞 脚本賞 ウディ・アレン ノミネート 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート 脚本賞 ウディ・アレン 受賞 コメディ映画賞 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート オーウェン・ウィルソン ノミネート ウディ・アレン ノミネート ウディ・アレン 受賞 作品賞 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート 監督賞 ウディ・アレン ノミネート キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、 レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン ノミネート 脚本賞 ウディ・アレン 受賞 助演男優賞 コリー・ストール ノミネート 撮影賞 ダリウス・コンジ ノミネート ウディ・アレン 受賞 レッティ・アロンソン、スティーヴン・テネンバウム ノミネート ウディ・アレン ノミネート アニー・シーベル、エレーヌ・デュブルイユ ノミネート 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2012年2月29日閲覧。 Itier, Emmanuel 2011年5月24日. Buzzine. 2012年1月12日閲覧。 2012年1月12日閲覧。 Mackenzie, James 2009年6月18日. 2012年1月12日閲覧。 Fouquet, Helene 2009年11月24日. 2012年1月12日閲覧。 Fernandez, Jay A. ; Kit, Borys 2010年2月19日. 2012年1月12日閲覧。 Fleming, Mike 2010年3月2日. Deadline New York PMC. 2012年1月12日閲覧。 Kit, Borys 2010年3月3日. Prometheus Global Media. 2012年1月12日閲覧。 McNary, Dave 2010年5月25日. Reed Business Information. 2012年1月12日閲覧。 AFPBB News. 2010年7月6日. 2012年1月12日閲覧。 2010年7月29日. 2012年1月12日閲覧。 Allen, Peter 2010年9月9日. 2012年1月12日閲覧。 2010年8月22日. 2012年1月12日閲覧。 Powers, Lindsay; Leffler, Rebecca 2010年9月9日. Prometheus Global Media. 2012年1月12日閲覧。 Leffler, Rebecca 2011年2月2日. Prometheus Global Media. 2012年1月12日閲覧。 McClintock, Pamela 2011年7月16日. Prometheus Global Media. 2012年1月12日閲覧。 Flixster. 2012年1月12日閲覧。 Flixster. 2012年1月12日閲覧。 CBS Interactive. 2012年1月12日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の