グッバイ 君の運命の人。 Pretender Official髭男dism 歌詞情報

Official髭男dism Pretender 歌詞

グッバイ 君の運命の人

吹き替えはありません。 2018年にタイのTV局チャンネル3で放送され大ヒットしたドラマです。 2018年度タイのGoogle検索キーワードでも「ブッペーサンニワート」が1位になりました。 このドラマは、アユタヤ朝時代の史実をベースにしたドラマで、舞台となったアユタヤは観光客が増加したりとタイで社会現象になったそうです。 カンボジアや中国でも放送され人気が高かったそうです。 別人の体で高貴な生活を始めた彼女は、周囲を驚かせながらも魅了してゆく。 ドラマの時代背景 このドラマの時代背景を大まかにですが解説します。 アユタヤ朝第29代の王、ナライ王時代の史実をベースにしたドラマ。 アユタヤ朝の首都(現在のアユタヤ)は3つの川が合流する島状の地点にあり、河口から100kmほど内陸に位置していたが船で遡上が出来たので、港市国家として繁栄した。 交易品は、アユタヤの自然豊かな後背地で生産・調達できる「米・蘇木(スオウ)・香木(アガーウッド)・鹿や水牛など動物の皮・象牙」など。 この他に、エイの皮や生きたゾウなども輸出していたとドラマの中では言っていました。 対外交易の全盛期には34の諸外国人が居住していたとのこと。 琉球王国や日本とも交易があり、アユタヤには日本人町が存在し最盛期には1,000~1,500人の日本人が居住していた。 ナライ王 アユタヤ朝(1351~1767年)第29代の王。 在位1656~1688年。 前国王プラーサートーン王が1656年に崩御、ナライの兄チャオファー・チャイが即位。 ナライが2日で叔父スタムマラーチャーと王位を奪いスタムマラーチャーが即位。 その2ヶ月後ナライが王位を奪い自ら即位。 アユタヤの他に、アユタヤの北に位置するロッブリーに都を建設しアユタヤ王国第2の都とした。 ナライ王はアユタヤよりロッブリーを好んでいたらしい。 ドラマの中でナライ王が登場するほとんどのシーンは、ロッブリーの王宮だと思わる。 ドラマではラボ、ラヴォ、レヴォと翻訳がまちまちで字幕表記されるが、すべてロッブリーのこと。 港市国家アユタヤの繁栄 ナライ王の時代は政情が安定し、港市国家としてアユタヤの繁栄が頂点に達した時代。 世界中からもたらされた品々に溢れ、繁栄する都の様子や王室独占交易による莫大な財と強大な権力を享受するナライ王の姿を当時のアユタヤを訪れた外国人が描写している。 しかし、同じく独占交易を目指したオランダ東インド会社との間には常に緊張関係があり、武力対立が発生する事態も生じた。 外国人を王国の役職に 諸外国人が多く居住していたアユタヤ。 ナライ王は外国人の要人を王国の役職に登用。 外国人官僚の多くがナライ王の直属で、軍事・通商などの面でタイ人官僚の持たない能力を発揮し、王権の強化に貢献した。 その最たる例が、ナライ王に寵愛を受け国政を左右するほどの権力を握ったギリシャ人のコンスタンティン・フォールコン。 タイ人官僚の中には、外国人を役職に多く登用することを快く思わない者もいて不満を募らせていたとのこと。 文化も繁栄 文化的にもルイ14世王朝のフランスとも交流するなどし文芸が盛んとなり、ナライ王の時代はタイ古典文学最初の黄金時代と言われている。 ドラマで劇を鑑賞するシーンがあるがタイ古典劇もこの時代全盛だった。 また、ナライ王は西欧からの科学技術に興味を抱き、天文学を学んで日食や月食の観察を行った。 現在のタイ語では「ポー」は父を意味する単語。 現在のタイ語では「クン」は2人称の敬称(さん・様)、「ピー」は兄もしくは親しい間柄の年上の敬称(さん・先輩・兄さんなど)。 参照元:wikipedia「」 ドラマの官位制度の名称 ドラマの中では、伯爵・子爵などの爵位が用いられています。 役職の階級を表すものと思って見ればいいかなと思います。 日本語吹き替え版をNHK BSあたりで放送すれば、日本でもヒットするポテンシャルはあるんじゃないかと思います。 大げさな演出(頻繁に挿入される効果音や挿入歌、多用されるスローモーション)が多分にあって、最初は少し抵抗がありますが慣れてくると、それらの演出を待ってる自分がいました。 1話が約2時間で全15話なんですが、1話目の最初の15分くらいは苦痛でしかなかったのですが、もうそのあとはずーっと楽しかったです。 慣れてくると没入感がハンパないです。 それと、このドラマ基本ラブコメです。 なので気楽に見れます。 でも大河ドラマの要素もあって重厚な部分もあるので時代劇が好きな方も楽しめると思います。 日本のドラマだと、現代の医者が江戸時代にタイムスリップするドラマ「仁」にテイストは近いかなと思います。 恋愛ドラマ、ましてやラブコメなんて滅多に見ませんが「運命のふたり」は最高に面白かった。 オススメです! 最後に 史実をベースにしているドラマなのでナライ王の時代の歴史を知っているとネタバレになってしまう部分もありますが、日本の時代劇ドラマなどと同じで歴史を知って見る面白さは、このドラマにもあります。 主役の女性カラケー以外の主要人物は、すべて実在もしくは実在したとされています。 ですので、アユタヤ朝の歴史やナライ王時代の歴史を知ることはドラマをより深く楽しく見ることの助けになるかと思います。 また、タイの伝統文化や風習、食文化やタイ語の知識があるとより楽しめます。 タイ語の「こんにちは」や「元気ですか?」を知ってるくらいの旅行者レベルでOK!楽しめます。 もちろん、タイ人とタイ語で会話が可能なくらいのレベルならもっと楽しめるはずです。 ですので、気になった言葉が出てきたらスマホで調べなが見るのもいいかと思います。 大ヒットしたドラマなのでネタバレしている画像や動画を見てしまうかも知れません。 私は、しっかりネタバレを見てしまったのでご注意を。 ドラマを見終わってからガンガン検索しましょう。 参考書籍・参考サイト wikipedia「」.

次の

【楽曲解説】Official髭男dism「Pretender」の歌詞の意味・解釈は?/髭男の新曲は甘く切ないラブストーリー

グッバイ 君の運命の人

ぜひ伝えたい曲を先ほど知ってしまった。 奇しくも本日はの日。 このお題、私に表現できる気がしなかったものの、この歌は私にとってのI love youであるとしか言いようがなかった。 なので飛び入り参加、投稿時間がきっと24時をすぎる時間に書き始めてしまいました。 このnoteは私の表現というよりもこの曲に完全に乗っかって書いています。 お許しください。 *** 夕方noteを書いた後、夕飯を作ろうとダイニングキッチンに行くと、別れてもしばらく一緒に暮らしている元パートナーが泣いていた。 大泣きだった。 どうしたのと聞くと 「この曲が(心に)刺さりすぎて... 」 今流行っているらしいOfficial髭男ism(髭男)というバンドの「Pretender」。 私は意識して聞いたことは一度もなく、名前と曲は一致しなかった。 キッチンにPCを置いて、立ったまま彼女のヘッドホンを借りて、集中して聞いた。 私は彼女と基本的にすれ違っていた。 私は彼女のことが好きだった。 彼女も私のことが好きだった。 彼女のためを思ったことが受け入れられず、私も彼女の言葉を受け入れなかった。 先日別れるまで、そんな中でもしぶとく喧嘩と仲直りを繰り返し、二人の関係を信じてずっと続けてきた。 この曲を聞きながら、彼女と別れて初めて、自分のためだけではない涙がやっとこぼれた。 彼女を想って。 彼女を想っていた自分を思って。 私たちの今までのストーリーを手繰り寄せ、やっと認めることができたのかもしれない。 Official髭男dism - Pretender(作詞・作曲 藤原聡) 君とのラブストーリー それは予想通り いざ始まれば一人芝居だ ずっとそばにいたって ただの観客だ 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから グッバイ 君の運命の人は僕じゃない 辛いけど否めない でも離れがたいのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たった一つ確かなことがあるとすれば 「君は綺麗だ」 (後略) Pretendとは、"偽る" "ふりをする" Pretenderとは"詐欺師" "詐称する人" 運命の人のふりを、ずっとしてきた。 私と彼女の間にはいろいろあった。 もう、ありすぎて、わけがわからない。 別れるカップルなんてだいたい... と、一絡げにまとめたくもなる。 私は彼女を幸せにできない。 彼女も私を幸せにできない。 できるできないではなく、なるならないだとか、二人で協力してなるんだとか、もう散々やった。 私なりのすべてを注いできたつもりだった。 彼女も決して諦めずに私との幸せな生活を目指してきて、ほとんど成り立ちそうで、それでもやっぱり無理だった。 二人だと成り立たない。 少なくともここから先はもう成り立たせられない。 出会える世界線 選べたらよかった もし私が、もっと器が大きかったら。 もし私が、もっと強かったら。 もし私が、もっとあなただけを見ていられたら。 それはもう別の人間だ、私ではない。 私ではだめだったんだ。 別の人と幸せになってもらうしか、もうないんだ。 喧嘩するたび「こんな人間でごめんね」と何度言っただろう。 もう、それしか言えなかった。 しかし謝ったって無駄だ、私がこんな人間であることを変えることはできない。 いや、もっとさらに頑張れば変えられるかもしれないが、私は変わりたくない。 少しは変わったこともあったかもしれない、しかしこれ以上、どうしても変わりたくないと、思ってしまっていた。 だから、私の未来に彼女はいないし、彼女の未来に私はいない。 私にとっても、彼女ではだめだった。 それでも。 彼女という生き物が素晴らしいことには変わりはなかった。 「君は綺麗だ。 」 本当に、それだけは確かだ。 私たちがどんなに想いあっても、すれ違っても、傷つけあっても、笑いあっても、私たちが続かなくても、それだけは変わらない。 ずっと綺麗だ。 月よりも、星よりも。 だからこそ。 私からのIlove youはもうこれしか残されていなかった。 グッバイ 君の運命の人は僕じゃない。 嫌いになったんじゃない。 今でも想っている。 私ができる範囲で、できることをしてあげたいよ。 ずっと、元気でね。 元気でね、と心で思いながら、もうしばし一緒に暮らします。 そのうちにこのnoteで詳細を書くかもしれません。 歌と深夜と企画の勢いで書きました。 朝になってからもなんども編集してしまいました。 読んでくださってありがとうございました。

次の

Official髭男dism「Pretender」の魅力を思う存分語りたい【映画「コンフィデンスマンJP」主題歌】

グッバイ 君の運命の人

さて、今日は髭男dismが先日MVを公開した新曲「Pretender」について、その歌詞の意味を徹底解釈していきたいと思います。 皆さんもリリース前からMVを聴き込んで、是非覚えてカラオケで歌っちゃってください^^ それでは、その歌詞の意味を一緒に見ていきましょう! 1. 楽曲について 今回紹介する 楽曲「Pretender」は、2019年5月15日にリリースされる、髭男dismの2nd Singleです。 映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌にも抜擢されています。 髭男dismは同じく『コンフィデンスマンJP』のドラマ版の主題歌を2018年に「ノーダウト」で務めていますが、まさに「ノーダウト」が出世曲となって、徐々にを広げてきました。 その「ノーダウト」の場合は、演じる天才詐欺師が主人公、という「コンフィデンスマンJP」のストーリーに合わせて「嘘」をテーマとした楽曲になっていました。 その意味でも、「Pretender」が今回の映画を踏まえてどのような楽曲に仕上がっているのかが、非常に楽しみなところです。 MVの撮影地は台湾・だそうですが、ギラギラと光るネオンの世界観は映画を意識したものでしょう。 ミュージックビデオは全編にわたり台湾で撮影されており、台湾の夜景をバックに背負った彼らの演奏シーンや、台湾の現地モデル、俳優のキャストによるドラマシーンも収められている。 また、今回の『コンフィデンスマンJP』は副題が "ロマンス編"。 楽曲の中にも「ロマンス」のフレーズが登場します。 その意味でも、映画も合わせて見るとより楽しめるかもしれません。 歌詞について それでは、「Pretender」の歌詞を見ていきましょう。 君との恋愛は、始まる前に自分が思っていた通り、ひとり芝居だった。 距離感はずっと近いけれど、二人が本気になることはなく、結局は他人事のように真剣になれなかったのでしょう。 【2】1番Bメロ 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った 「ごめんね」という二人の間のコミュニケーションにも、感情や熱はなくて、あまりにドライです。 そんな状態がいつしか日常になってしまっているのでしょう。 慣れれば特に何を思うことはないのかもしれませんが、は、「ロマンス」という感情は成立しないのだと、ふとした瞬間に気づかされるのです。 【3】1番C メロ もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから まるで芝居のように、自分自身のキャター設定や二人の関係を選べたら、この「ロマンス」にはまだ可能性があったのかもしれません。 ただ、実際は 君と僕とでは「」が違っていて、あらゆるものが決して交わることがありません。 性格も価値観も違ったら、と「たら」「れば」を繰り返すこと自体が、無駄なのは自分も一番理解しています。 【4】1番サビ グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 どんなに工夫したところで、 僕も君との関係が続かないことは分かっているのでしょう。 だから、自分から君に「グッバイ」を告げます。 運命の人かもしれないと思い、必死にそうなろうとして、でもなれなかったから、この判断は「辛いけど否めない」ものでしょう。 ただ、 思い入れもあるからこそ、分かっていてもきっぱり離れることもできない。 髪に触れると、君の感覚がよみがえり、「痛い」と「甘い」の相反する思いが胸を締め付けます。 これだけの苦しい思いを抱えるなんて、僕にとって君はどのような存在なのか。 答えは自分の中にもないし、(もっとじっくり考えれば出るかもしれないけれど)「分かりたくも」ありません。 この「ロマンス」が成立しなくても、目の前の君が「綺麗」であるということだけが事実なのが、なんとも悲しいです。 【5】2番Bメロ 誰かが偉そうに 語る恋愛の論理 何ひとつとしてピンとこなくて 飛行機の窓から見下ろした 知らない街の夜景みたいだ さて、そんな風に悩み苦しむ僕にとって、「誰かが偉そうに語る愛の論理」は、遠くにうすぼんやりと見える程度で、何も具体的にイメージできないような、「知らない街の夜景」程度のものにしか思えません。 【6】2番Cメロ もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える 選べたらよかった いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて 「好きだ」とか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ 改めて、二人の「」を選ぶことができたらどんなに良かったでしょう。 ただ、自分の気持ちに任せて、「好きだ」と後先考えず「無責任に」言えたら良いけれど、そう願っても叶わないとわかっているから、虚しい気持ちが募るばかりです。 【7】2番サビ グッバイ 繋いだ手の向こうに 引き伸ばすたびに 疼きだす未来には 君はいない その事実に Cry… そりゃ苦しいよな 今手を繋いでいても、この「ロマンス」に終わりは見えている。 取り繕って引き延ばしても、この先の未来には君はいないことが分かっていて、その事実を想像すると苦しくて、思わず泣けてしまうのでしょう。 【8】ラスサビ グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 それもこれもロマンスの定めなら 悪くないよな 永遠も約束もないけれど 「とても綺麗だ」 最終サビは1番サビの繰り返しとなり、最後のフレーズに入ります。 恋が始まり終わるまでの一連が「ロマンス」というものであれば、なんだかんだ「悪くない」 と思える。 永遠や約束というような、聞き心地のいい結末は待っていないけれど、この「ロマンス」がどうなったとしても君が「とても綺麗だ」ということだけは、やはり確かなこととして残っているのでしょう。 ピアノを入れるとより曲全体がルで、自然な印象になると思うのですが、 今回「Pretender」はピアノに加えて、電気的なの音を多めに取り入れています。 その中でも 最も印象的なのは、間奏部分かもしれません。 通常ギターソロが入るようなポイントですが、今回はがその役割を担っています。 これって 髭男ではあまり聴かない、新しい音ですよね。 リリースするたびに、髭男の良さはブラさないながらも、必ず何か新しさを加えてくるのは本当にさすがだと思います。 人によって、どんな音なのかの印象が違いそうなのも面白いですね。 たとえば、サビの中にある 「それじゃ僕にとって君は何?」というフレーズ。 「君にとって僕は何?」であれば理解しやすいですが、"僕"目線の曲の中でこのフレーズを考えると少し不思議な気もしてきます。 「僕にとっての君」は、最初は「想いを寄せる人」であり、やがて「彼女」になり、これから先別れてしまったら「何でもないただの他人」になる。 それが普通の解釈ですが、ひょっとしたらもうずいぶん前に関係性が壊れている以上、すでにずっと前から 「僕にとっての君」はただの「彼女のような人/彼女のように思いたい人」だったのかもしれません。 僕も薄ぼんやりとそう気づいていて、よくよく考えると否が応でもその結末に辿り着いてしまう。 だから「分かりたくもない」と思ってしまうのだとしたら、曲の内容により深みが出るなーなんて思ったりしてます(笑) そういえば、タイトルの「Pretender」も、「ノーダウト」の時ほどは直接的に曲中で言及がありませんね。 pretendは英語で、「~のふりをする」なので、 pretenderは「ふりをする人」。 もしかすると、当然 君も、僕でさえも、お互いの「運命のヒト」の「ふりをしていた人」なのかもしれません。 最後に さて、いかがでしたでしょうか。 私はさすが髭男だなぁと、あっという間に大好きな一曲になってしまいました。 4月30日発売の『ROCKIN'ON JAPAN』6月号にて、「『Pretender』ができるまで」というインタビューが掲載されるそうです!こちらも合わせて読んでみると、より楽曲を楽しめるかもしれません。 GWを控え、も増えてきますね!気候もいいので、是非皆さん楽しい音楽ライフを過ごしてくださいね!^^ それでは。 trasheep.

次の