コトダマン キャラ評価。 【コトダマン】最強キャラランキング

【コトダマン】最強キャラランキング

コトダマン キャラ評価

SSSランクキャラの解説 使える文字が「う・き・し」と非常に優秀。 すごわざは高火力な上に4文字発動と条件が緩い。 さらにチェンジ・シールドのWギミック耐性持ちで汎用性が非常に高い。 チェンジ・シールド・ウォールという3種のギミック耐性を持ち、「に・ゅ・う・わ・あ・ど」の6文字に変換可能。 非常に汎用性が高い。 アタッカーとして高火力が出せるだけでなく、味方にATKバフをかけることもできるので、サポート役としても優秀。 役割が若干違うが、同じSSSランクのシンジツより総合力は高いと言っていいだろう。 ニューワードに続く2体目のレジェンドコトダマンで、総合性能は全キャラ中でもトップクラス。 「つ・こ・と・だ・ま・ん」の文字変換や、トゲ・ビリビリ・弱体のギミック耐性により汎用性が非常に高い。 アタッカーとしても高火力の5属性全体攻撃が超強力。 祝福特性でドロー時睡眠回復が付けられる点もポイントが高い。 音言神の中でも突出した火力の持ち主で、単体攻撃の威力は全キャラ中トップクラス。 他ギミック耐性に比べるとコピーガードの出番は少ないものの、リーダー倍率が乗らない他属性デッキでも使えるほど火力が高いため、汎用性は高い。 さらに回復もできて、音言神の特徴であるコンボ+やATKバフも持っているためサポート面でも優秀。 実質2文字以上7コンボですごわざが出せるので、余ったマスに入れて使いやすい。 SSランクキャラの解説 弱体とチェンジのWギミック耐性持で、火・闇の「あ・い」に変換可能。 火の時は攻撃、闇の時は回復という使い分けができる。 すごわざは味方に汚染無効を付与する効果があり、の適性が高い。 「い」という文字が使いやすく、チェンジガードとウォールブレイカーのWギミック耐性持ち。 獣種族にバフをかけることができるため、デッキでは特に活躍する。 チェンジ・ビリビリのWギミック耐性持ちで汎用性が高い。 火属性の高火力睡眠耐性リーダーとしても優秀。 やなどと組み合わせて、いにしえの記憶による追撃を狙える。 の適性が高い。 弱体・ヒールのWギミック耐性持ちで汎用性が高い。 繋ぎ文字ですごわざ条件4文字、攻撃と回復が両立できて使いやすい。 のような火属性リーダーだけでなく、や、などの属性混合リーダーとも相性がいい。 物種族にはキラーで高火力を出せる。 ヒール・弱体のWギミック耐性・ATKバフ・被ダメージ軽減・コンボ+など優秀な能力を多数持っていて、 「爆絶強力」な全体攻撃の火力が非常に高い。 火属性の汎用リーダーであるとの相性もいい。 わざ・すごわざの火力が高く、3文字でも大ダメージを出せるのが魅力。 「た」という文字も使いやすく、また獣デッキにも採用可能と活躍の幅が広い。 ウォール・ヒールのWギミック耐性持ちで汎用性が高く、、、など適性のある高難度クエストが多い。 自身の火力は低めだが、すごわざで場の水属性にATK2バフと手札の獣種族にATK1バフを付与できるため優秀。 水の汎用リーダーであるとも相性がいい。 バフつきの全体攻撃と、チェンジ・シールドのWギミック耐性が魅力のアタッカー。 「い」という文字も優秀で、使用頻度が高いデッキと相性がいい。 トゲ・ビリビリのWギミック耐性持ちで汎用性が高い。 水属性の高火力毒耐性リーダーとしても優秀。 やなどと組み合わせて、いにしえの記憶による追撃を狙える。 の適性が高い。 ヒール・ウォールのWギミック耐性持ち。 「う」の文字が非常に使いやすく、すごわざ条件4文字で攻撃も回復もこなせる汎用性が高いキャラ。 リーダーと相性がいい。 チェンジ・シールドのWギミック耐性持ちの「う」で汎用性が高い。 すごわざの神種族ATKバフも便利。 、、など適性のある高難度クエストが多い。 わざ・すごわざの火力が高く、3文字でも大ダメージを出せる。 「こ」という文字は汎用性が高く、水属性デッキや物種族デッキの主力アタッカーとして様々なクエストで活躍。 トップクラスの性能の回復キャラ。 「し」という便利な文字、位置指定なしで発動するすごわざ、チェンジとトゲに対応と汎用性が非常に高い。 デッキでの採用や、ギミック対策目当てでの他属性ピン刺しも可能と活躍の幅が広い。 「爆絶強力」な全体攻撃がとにかく強力で、防御デバフも付いている。 トゲ・ヒールのWギミック耐性・実体化時やすごわざのバフ・すごわざ2文字8コンボ条件…と強い能力が詰まっている。 チェンジ・ビリビリのWギミック耐性持ちで、「ん・か」に変換可能。 すごわざで攻撃+回復ができるので、物種族デッキの回復役としても使いやすい。 や、などの適性がある。 チェンジ・ビリビリのWギミック耐性持ち繋ぎ文字で、木属性と魔種族にバフをかけつつ攻撃できるのでサポート役としても優秀。 やなど木属性の強リーダーと相性が良い。 「い・は」という使い勝手のいい2文字に変換可能で、水と木属性にATKバフをかけることができるヒーラー。 やなどの高難度クエストに適性がある。 龍種族デッキと相性がいい。 「い」という優秀な文字を持ち、火力と回復を両立できる優秀なキャラ。 デッキで有用なほか、Wギミック耐性持ちでロゴスヨゴス降臨の適性が非常に高くの霊種族デッキでも採用可能。 弱体・ビリビリのWギミック耐性持ちで汎用性が高い。 木属性の高火力呪い耐性リーダーとしても優秀。 やなどいにしえの記憶持ちと組み合わせて追撃を狙える。 の適性が高い。 「う」という文字を持ち、バフつきの全体攻撃も優秀。 木属性版のといえる。 「う」軸のデッキなどと特に相性が良いが、木属性デッキ全般に採用できる汎用性の高いキャラだ。 チェンジ・ビリビリのWギミック耐性持ち。 すごわざ条件4文字で使いやすく、自身を含めて魔種族にバフをかけられるため火力を出せる。 コピー・シールドのWギミック耐性持ちで、 「爆絶強力」な攻撃やバフ・コンボ+が優秀。 「ん」なので語頭には使えないが、実質8コンボですごわざが発動可能。 シールド・ビリビリのWギミック耐性持ちで汎用性が高い。 光属性の高火力睡眠耐性リーダーとしても優秀。 やなどいにしえの記憶持ちと組み合わせて追撃を狙える。 の適性が高い。 ビリビリ・ウォールのWギミック耐性と、「い」という非常に使いやすい文字を持ち、光・闇属性にATKバフをかけることができる。 このバフが自身にもかかるので、回復量も高い。 さらにドロー時に光・闇属性の睡眠状態を解除できるのでの適性が非常に高い。 弱体・ビリビリのWギミック耐性持ちで、デッキや物種族デッキで繋ぎ文字として活躍できる。 やの適性が高い。 チェンジ・ヒールのWのギミック耐性持ちヒーラーで、やの適性がある。 光属性の高火力リーダーとしても優秀。 やなどと組み合わせて、新たなる希望の追加効果を狙える。 ビリビリ・ヒールのWギミック耐性持ち。 ダメージコアギミックによる追加ダメージや、新たなる希望による防御デバフ+追撃で火力を出しやすい。 「つ」と「う」を切り替えられ、特に「う」使用時のすごわざの回復が非常に強力。 「つ」使用時の全体攻撃もそこそこ火力が出る。 すごわざ条件も4文字位置指定なしと優秀。 チェンジガードのつなぎ文字という点、弱体ガード持ちの回復という点がそれぞれ噛み合う。 デッキと好相性で、魔種族デッキに入れるのも強い。 ヒール・ウォールのWギミック耐性+ 「爆絶強力」な12連撃持ち。 すごわざの防御デバフ・獣種族ATKバフ、実体化時光属性ATKバフなどもあり非常に火力が高い。 通常わざの火力が高く、すごわざ発動時の回復も優秀。 「ん」の文字は汎用性が高く、光属性だけでなく霊種族デッキのサブとしても有用。 「あ」と「い」で使い分け可能で、特に「い」はすごわざで回復できるため使い勝手が良い。 全体攻撃も回復もそれぞれ高倍率で、チェンジと弱体に対応しているのも良い。 魔種族デッキでも使いやすい。 入れておけばとりあえず活躍してくれる便利なキャラだ。 ウォール・ビリビリのWギミック耐性持ちで汎用性が高い。 闇属性の高火力毒耐性リーダーとしても優秀。 やなどいにしえの記憶持ちと組み合わせて追撃を狙える。 の適性が高い。 「い」という文字が使いやすく、チェンジとシールドのWギミック耐性持ち。 バフつきの全体攻撃持ちで、闇属性版のといえる。 多くのクエストで活躍でき、手持ちが薄ければ他属性にも採用しやすく活躍の場が多い。 魔種族という点も恵まれている。 トゲ・ヒールのWギミック耐性持ちの繋ぎ文字。 場の闇属性と手札の霊種族にバフを付与しつつ攻撃できるためサポート面でも優秀。 デッキや、霊種族デッキと相性がいい。 ウォール・チェンジのWギミック耐性持ち。 獣種族デッキの繋ぎ文字としても出番があり、の適性が高い。 また、ドロー時睡眠回復という希少な特性も持っており、の適性がある。 より良いランキング作成のためから皆さまのご意見を募集しています!.

次の

『コトダマン』「モンストコラボ第2弾」のキャラ紹介、レビュー。個人的には神威が当たりキャラ!★5キャラも使いやすい良コラボだと思います。

コトダマン キャラ評価

ダセットが壊れているところ ダセットの強いところを 赤四角で囲んでみました。 すごわざが強い 爆絶威力の超火力に加え、HP回復効果も所持している。 トップクラスの火力だけでなく、HP回復効果で窮地も切り抜けることが可能。 10コンボ以上なら手札の物種族のATKが2段階アップするオマケも忘れてはならない。 すごわざにバフデバフ効果が無い すごわざにバフデバフ効果がない。 初心者の方なら 「?」って思うかもしれません。 が、 これがいいんだな。 バフやデバフを発動しないということは、バフキャラよりも行動順が後になるので、イフゥインやガブリエルなどの ATKバフを受け取ったあと攻撃に参加出来るということです。 ダセットは場に出したときにATKがアップする効果なので、これが行動順に影響しないため、ガチで便利なんです。 ダセットリーダーにすれば初手で必ずダセットが使えるということもあって、 ダセット自身の性能とリーダー特性が噛み合っている。 ギミック耐性も優秀 ギミック耐性はビリビリガードとコピーガード。 コピガは現在そこまで使うところは無いと思いますが、将来性がある。 ビリガは現在でも大活躍する耐性。 物種族である 物種族は強力なキャラが多いので、物種族という点も評価したい。 闇属性以外にも、物パで活躍することが出来ます。 これが龍種族だったら評価は一段階下がっている。 どちらも火力貢献に関係しています。 コンボが伸びればダメージ補正もアップするし、実体化時闇属性ATKアップは何も考えず場に出すだけでダセットの火力が上がる。 実体化時ATKアップキャラは、なるべく最後に出すべきです。 ダセットを場に出したあと他の闇属性キャラを出してもATKアップはされないので、先に他の闇属性キャラを場に出してからダセットを出したほうが効果を最大限に活用できます。 初心者の方はこういう効果的な運用方法を忘れがちなので注意してください。 まとめ 以上、 ダセットの強さをすごい早口で語りました。 これ 開発が調整ミスったんじゃないの?って思うくらい、他キャラより頭一つ抜けている印象です。 ダセットは音言神の中でも最強だと思います。 全てが高水準なんですよね。 弱みを見つけることが出来ない。 闇属性デッキならダセットを入れない選択肢は出てこない。 未来を先取りし過ぎたブッ壊れキャラですよ。 おめで鯛が一気に減りましたが後悔は無いです。 だって、多分一生使いますからね。 おめで鯛を貯め込んでいる皆さん、ダセットを持っているなら使う価値あると思いますよ。 逆に聞きますけどダセットをデッキから外す選択肢あります?無いですよね? ラストエリクサー、使っちゃいましょう。 おめで鯛を使うべきはダセットです。 神社に通って 魚介テーマお守り付けるのも忘れずにね。

次の

『コトダマン』2020年最壊れキャラは“ダセット”になりそうな予感。調整ミスを疑うほどの強さ。一生使えそうな性能なので貯めていた「おめで鯛」をブチ込みました。

コトダマン キャラ評価

は、セガゲームスが開発しているである。 ジャンルはとなっている。 本作は、「ことば」で闘うとなっている。 ニューワードが5人の神子がつくり、世界に「ことば」と文字の精霊である「コトダマン」が生まれた。 ある日生まれた特別な双子のコトダマンが、1人は悪魔神ウラミ、1人はキボウとなり、世界を暗黒に包むウラミ倒すべく、キボウとキボウにより結成された言聖軍と共に戦うストーリーとなっている。 バトルモードは空いている丸に文字を入れ、ことばを完成させていくパズル形式となっている。 プレーヤーは最大4人で、文字の精霊である「コトダマン」が持つ文字を組み合わせて「ことば」を作って敵を攻撃していく。 ことばの数によってコンボが発生し、敵へのダメージアップが可能となっている。 また、ことばの長さで「わざ」「すごわざ」が発動する仕組みとなっているので、文字の組み合わせが勝敗に影響する。 ことばゲームならではのギミックもあり、その文字を消してしまうと自身にダメージとなってしまうトゲブロックや、入れることばを変えることができるチェンジマスなど、バトルをより楽しめる効果が多数揃えられている。 友達4人とのマルチプレイ機能もあるので、フレンドと協力して、より強い敵を倒しアイテムをゲットしよう。 共闘ことばRPGコトダマンについて 共闘ことばRPGコトダマンのおすすめポイント のおすすめポイントは2つある。 1つ目は、簡単操作でゲームプレイが可能なことである。 ワンタップして、文字を組み合わせるだけ、敵への攻撃は組み合わせた文字次第であるので、深く戦略を考えることなく遊ぶことができる。 どちらかというと、プレーヤーがどれだけ「ことば」を知っているかによる。 ことばの長さによって「すごわざ」などの必殺技も発動するので、ゲームを楽しみながらも頭の体操ができるのは是非おすすめしたいポイントである。 2つ目は、最大4人で楽しめるマルチプレイである。 マルチプレイでは、チャットスタンプ機能も用意されているので、どのコトダマンを出してほしいかや、遠く離れたプレーヤーとも作戦会議しながらゲームを楽しめる。 また4人も集まれば、出てくる「ことば」も様々。 バトル中に成立したことばは、マルチプレイも含めてリストとして蓄積されるので、ゲーム進行に迷った時やデッキ作成をする時に役立つ。 どんなことば「ことば」までなら成立するのか、知識を振り絞ってギリギリまで攻めてことばを作るのもやりがいがありそうだ。 仲の良い友人同士でプレイするなら、顔をつき合わせて、あれこれことばを言い合いながらプレイするのも良い。 新たなことばの発見があるだろう。

次の