ラインモバイル 初期契約解除。 LINEモバイル手数料一覧!初期費用から解約手数料まで。ゼロ円にできる手数料もご紹介!

端末一覧|SIMフリースマホ・タブレット|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

ラインモバイル 初期契約解除

LINEモバイルの申し込みをキャンセルした時の違約金 LINE MOBILE ラインモバイル を、 契約してソッコー申し込みをキャンセルした時の手数料について調べてみました。 その結果!違約金はかかりません。 ホット一息ですね。 契約成立ってのは、LINEモバイルから「【LINEモバイル】契約成立のお知らせ」が届いたときのことをいいます。 なので、 このメールが届く前までにキャンセルすれば まだ無料で何のペナルティもなくキャンセル出来ますよ。 ちなみに「【LINEモバイル】契約成立のお知らせ」のメールが届くのは、LINEモバイルで申し込みした後「【LINEモバイル】お申込み受付完了のご連絡」ってのが届いた後です。 届くのは早くても申し込みをしたその日、遅くても翌々日くらいにはメールが届きますんで要チェックです。 もし、「【LINEモバイル】契約成立のお知らせ」のメールが届く前で、キャンセルしたいって人がいたら、すぐに手続きを行ってください。 ・手続きのやり方 1, にアクセス 2, マイページを開く 3, マイページの中から申し込み取り消し 以上です。 取り消しが完了したらすぐに「【LINEモバイル】お申込取り消しのご連絡】ってのがメールで届きます。 これでキャンセル完了です。 キャンセルは、違約金もペナルティもなんにも無いんで、もしキャンセルしたいなら今すぐキャンセルですよ。 ぐぬぬ、やっぱりお金とられちゃいますね。 詳しく説明します。 ・月額基本料金の支払 まず、その月の利用料金についてです。 LINEモバイルを解約する時、解約する月の利用料金は、日割じゃなくひと月分まるまる請求されます。 なので、コミュニケーションフリープランのデータSIMを使ってた場合、1,100円必要になるわけです。 ちなみに、この月の利用料金を支払わなきゃいけないのは、使っている期間に関係ないです。 また、LINEモバイルは、契約した初めの月は月額基本料金が無料ですが、もし 使い初めの月に解約してしまうと基本料金の支払いが発生します。 注意してくださいね。 ・音声通話SIMの違約金 LINEモバイルは音声通話SIMだけ、 利用開始1年目のうちに解約すると9,800円の違約金が発生します。 どこの格安SIMも同じような違約金設定になってるんで、しょうが無いですかね。 また、利用開始1年目ってのは、正確には「利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日」までのことをいいます。 音声通話SIMを契約する方はしっかり覚えておきましょう。 ちなみに、13ヶ月目以降は、音声通話SIMでも違約金がかかりません。 更新方式じゃないんで、15ヶ月目とか18ヶ月目に解約しても違約金なし。 ココは結構いいとこですね。 LINEモバイルは、通常の解約である場合、違約金以外のペナルティは基本的にありません。 ただし、何回もキャンセルや解約してるとブラックリスト入りすることもあるんで、十分注意してくださいね。 5回以上は怪しいと判断されますよ。 ちなみに、解約もLINEモバイルのマイページから出来ます。 ・解約のやり方 1, にアクセス 2, マイページを開く 3, マイページの中から契約解除 以上です。 契約解除が成立したらメールで届きます。 これで、解約完了です。 違約金はありますが、そんなに多くありません。 気に入らなかったら、さくっと解約して乗り換えちゃいましょう。 以上が、LINEモバイルの解約時期と手数料の関係についてでした。 LINEモバイルを最安値で買いたかったら、公式HPでキャンペーンを併用するのが一番おとくです。 こんなに安くなるキャンペーンは、もう二度と無いと思いますんで、気になる方はLINEモバイルの公式HPをチェックです。

次の

【落とし穴】LINEモバイル契約期間12ヶ月は嘘。違約金避けるには?

ラインモバイル 初期契約解除

LINEモバイルには2年縛りはありません。 音声通話SIMに12ヶ月間の最低利用期間があるだけです。 そのためLINEモバイルの格安SIMを利用する期間からデータ通信SIM+必要であればIP電話か音声通話SIMかを選ぶと無駄がありません。 音声通話SIMの12ヶ月目以降の解約やMNP転出: 違約金0円で解約やMNPできる LINEモバイルはデータ通信SIMでも050のIP電話を音声通話ができる LINEモバイルのデータ通信SIMはSMSなしでもSMSありでも音声通話機能が無いので通常は音声通話の電話をすることはできません。 LINEモバイルの データ通信SIMで音声通話の電話をする方法は 「IP-Phone SMART 」のIP電話アプリを使うとデータ通信SIMでも音声通話ができるようになります。 LINEモバイルのデータ通信SIMの音声通話は050のIP電話アプリを使う LINEモバイルの データ通信SIMで音声通話(電話)をするには050の電話番号のIP電話アプリを使うことで実現可能になります。 「050 Plus」は月額300円の月額料金がかかりますが「FUSION IP-Phone SMART」は月額0円で利用できるので LINEモバイルで音声通話を最安で利用したい場合は「IP-Phone SMART」を使うことをおすすめします。 着信した時は通話料金はかかりません。 「IP-Phone SMART」のアプリをiPhone、iPadの場合は「App Store」Androidスマホ、タブレットの場合は 「Google Play」から「IP-Phone SMART」のアプリをダウンロードとインストールをしたらクレジットカードを使って契約してログインするだけですぐに電話番号が発信されて、電話の着信も発信もできるようになります。 着信した場合もプッシュ通知でわかるようになっているので通常の電話のように電話がかかってきた時もわかります。 LINEモバイルを短期間だけ契約して短期間で解約するやり方 LINEモバイルを短期間だけ契約して解約する方法は簡単です。 LINEモバイルを使いたいタイミングでLINEモバイルの申し込みwebページから契約して、解約したいタイミングでLINEモバイルのマイページから解約するだけです。 から契約する• 解約したいタイミングでLINEモバイルを解約する(マイページ)• LINEモバイルのSIMカードを郵送して返却する• LINEモバイルは契約初月の月額料金が全プランで全額無料 LINEモバイルはデータ通信SIMでも音声通話SIMでもデータ容量が1GB、3GB、5GB、7GB、10GBの どの容量でも契約初月目の1ヶ月の月額料金は全プランで全額無料です。 ただし注意点があって、契約初月に解約した場合は、月額料金の無料の対象外となります。 契約初月の解約: 初月の月額無料の対象外となる• 2ヶ月目の月末までの解約: 1ヶ月目に解約する時と同じ請求額 2ヶ月目の月末まで使った場合は初月の月額料金無料が適用されるので 1ヶ月で解約するなら2ヶ月目の月末日までに解約するのが、支払料金は同じなのでお得です。 LINEモバイルを1ヶ月間だけで契約した場合の料金 LINEモバイルのデータ通信SIMと音声通話を1ヶ月間だけ契約した場合のトータル料金をまとめました。 LINEモバイルのデータ通信SIMを1ヶ月だけ契約した時の料金• 登録事務手数料: 3000円(税込み3240円)• SIMカード発行手数料: 400円(税込み432円)• 1ヶ月分の月額料金: 500円(2ヶ月目に解約しても同じ) LINEモバイルの音声通話SIMを1ヶ月だけ契約した時の料金• 登録事務手数料: 3000円(税込み3240円)• SIMカード発行手数料: 400円(税込み432円)• 1ヶ月分の月額料金: 1200円(2ヶ月目に解約しても同じ)• このLINEモバイルの登録事務手数料はアマゾンや楽天などで売っているLINEモバイル エントリーパッケージを使うことで登録事務手数料を無料にすることができます。 LINEモバイルのエントリーパッケージは無料ではなく有料ですが、500円以下で入手できるので絶対に使ったほうがいいです。 LINEモバイルのエントリパッケージの使いかたは自宅にエントリーパッケージが届くと中を開けるとエントリーコードが記載されているので、 その エントリーコードを入力して から申し込みをすれば 自動的にLINEモバイルの登録事務手数料になります。 解約の申し込みは、当月末日まで受付しているのでいつでも解約ができます。 月の途中で解約手続きを行っても、解約日は末日付けとなりますが 月末日に解約手続きをすると翌月末日での解約日になることがあるので 月末日の2日前に解約するのが安全です。 LINEモバイルを解約したら忘れずにSIMカードを返却する LINEモバイルのSIMカードを必要な期間だけ使って不要になったり、他社に乗り換えた場合は、 LINEモバイルマイページから「解約ボタン」を押して解約後、SIMカードを返却すれば解約手続きは完了です。 LINEモバイルは 解約時の費用も0円です。 SIMカードは全国の郵便局から定形外郵便で82円程度で郵送できるのでSIMカードの返却をしておいた方が無駄な出費が節約できます。 82円分の切手をかって、茶色の封筒に入れて郵送すれば完了です。 LINEモバイルのSIMカードの返却先住所• 郵便番号: 〒277-0834• 住所: 千葉県柏市松ヶ崎新田字水神前 13-1 ロジポート北柏 501• データ通信のみのSIMには最低利用期間や解約手数料が設定されていないので 契約初月の解約しても違約金や解約手数料は一切かかりません。 データ通信SIM(SNSなし): 最低利用期間なし(お試しにおすすめ)• データ通信SIM(SNSあり): 最低利用期間なし(お試しにおすすめ)• 音声通話SIM(データ通信+音声通話SIM): 契約後12ヶ月間の最低利用期間あり LINEモバイルは月額500円で使える最安最速の格安SIM LINEモバイルは 月額500円のワンコインだけで月に1GBの高速通信ができる格安SIMです。 この1GBというデータ容量(ギガ容量)は高速通信ができる容量が1GBあるという意味で 1GB以上使っても速度が少し遅くなるだけでデータ通信のインターネットが使えなくなるわけではありません。 050のIP電話と組み合わせることでデータ通信SIMでも音声通話の着信も発信もすることができます。 通信速度が600kbpsに制限されて少し遅くなる程度でYouTubeの1080pや720pの高画質動画以外であればどのような通信でもすることができます。 もちろん1GB以上使ってもLINEのトークでのメッセージの送受信やLINEの音声通話、ビデオ通話は全く問題なく利用できます。 LINEモバイルは契約しているプランのデータ容量を使い切ってもLINEアプリは速度制限の対象外なので常に快適に音声通話もビデオ通話も使えます。 LINEモバイルは今まで使っていたスマホやiPhoneでそのまま使える LINEモバイルは 今まで使っていたiPhone、iPad、Androidスマホ、AndroidタブレットにLINEモバイルのSIMカードを挿入すれば使うことができます。 基本的にLINEモバイルはiPhone5以降のSoftBank版、docomo版、SIMフリー版のiPhoneであればSIMロックを解除しないで使うことができます。 以下でまとめたiPhoneやAndroidスマホであればSIMロック解除なしでSIMカードを挿入するだけで使うことができます。 LINEモバイルのSIMカードを使う端末に制限がないので1枚のLINEモバイルのSIMカードを使い回すこともできます。 LINEモバイルでSIMロック解除なしで使えるiPhone完全一覧まとめ• iPhone SE SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線• iPhone SE docomo版: LINEモバイルのdocomo回線• iPhone SE ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線• iPhone 6s SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線• iPhone 6s docomo版: LINEモバイルのdocomo回線• iPhone 6s ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線• iPhone 6s Plus SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線• iPhone 6s Plus docomo版: LINEモバイルのdocomo回線• iPhone 6s Plus ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線• iPhone 5s SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線• iPhone 5s docomo版: LINEモバイルのdocomo回線• iPhone 5s ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線• iPhone 5 ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線• iPhone 5 SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線• iPhone 6 SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線• iPhone 6 Plus docomo版: LINEモバイルのdocomo回線• iPhone 6 Plus ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線• iPhone 7 SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線• iPhone 7 docomo版: LINEモバイルのdocomo回線• iPhone 7 ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線• iPhone 7 Plus SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線• iPhone 7 Plus docomo版: LINEモバイルのdocomo回線• iPhone 8 SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線• iPhone 8 docomo版: LINEモバイルのdocomo回線• iPhone 8 ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線• iPhone X SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線• iPhone X docomo版: LINEモバイルのdocomo回線• iPhone X ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線• iPhone XR SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線• iPhone XR docomo版: LINEモバイルのdocomo回線• iPhone XR ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線• iPhone XS SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線• iPhone XS docomo版: LINEモバイルのdocomo回線• iPhone XS ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線• iPhone XS Max SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線• iPhone XS Max docomo版: LINEモバイルのdocomo回線• iPhone XS Max ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線 LINEモバイルでSIMロック解除なしで使えるAndroidスマホまとめ• docomoで契約していたAndroidスマホ( docomo回線を選択する)• SoftBankで契約していたAndroidスマホ( SoftBank回線を選択する)•

次の

LINEモバイルの利用者・契約者連携とは?子供に使わせる場合は?

ラインモバイル 初期契約解除

確認措置は初期契約解除も同じ制度の一つだから、 一緒に説明しないとできないんだ。 初期契約解除制度とは? 初期契約解除制度とは、 利用開始から8日以内の契約を違約金なしでキャンセルできる制度 です。 インターネットやスマホなどの通信サービスの消費者を守る制度です。 初期契約解除制度の対象は契約だけで、端末のキャンセルは対象外です。 端末のキャンセルには確認措置の制度の対象です。 確認措置とは? 確認措置は 初期契約解除制度の中の、確認措置の認定を受けたサービスに適応されます。 内容は同じで利用開始から8日以内なキャンセルできます、という制度です。 確認措置では端末のキャンセルまで対象となっています。 スマホなどは端末代金が非常に高額なので、それらの為の項目ですね。 だだし、 確認措置では電波状況が不十分な場合や、 契約の説明が不十分なまま契約した場合、という但し書き付いています。 そういうことだね。 高い端末を購入する時に気にしてもらえればいいと思うよ。 初期契約解除のやり方は? 初期契約解除は契約したプロバイダやキャリアなどの事業者で手続きをします。 契約した事業者の公式サイトなどから手続きができます。 基本的には解約と同じく「お客様サポート」などで手続きができます。 ちなみにWiMAX 主なWiMAXプロバイダのサポートページ・解約ページ• 確認措置であるSoftBank Airも同様の方法で手続きが可能です。 ちなみにSoftBank Airの解約はこちらからできます。 注意点 注意点は、• 初期契約解除の旨を確実に伝えること• 手続き期限に注意すること の2つがあります。 この2つだけ注意してね。 最悪キャンセルできなくなっちゃうからね。 初期契約解除の旨を伝えないと、 普通の解約手続きを取られる危険性があるので、 確実に伝えてください。 事業者によってはハガキでの手続き方法のところもあり、 ハガキの到着日を申請日としているところもあります。 ハガキを投稿した日が8日以内でも、 受理されるのが遅れてしまうと期限を過ぎてしまう場合もあります。 まとめ• 通信サービスの契約は初期契約解除制度が適応される• 初期契約解除制度は8日間は違約金なしでキャンセルできる制度• 確認措置に認定されているサービスは端末のキャンセルも可能• 契約したプロバイダによってキャンセル方法が違うので注意• キャンセルの時は初期契約解除のことを確実に伝える• 期限内の手続きが確実に必要.

次の