ナンバーズ 3 結果 時間。 ナンバーズ3(NUMBERS3)当せん番号案内速報

ナンバーズ3(NUMBERS3)過去の当せん番号案内

ナンバーズ 3 結果 時間

なのに、なかなか数字が決まらない。 考えれば考えるほど、欲が出てきてしまい、予想点数が増えていく、おまけに当たらない・・・ なんと悪循環なのでしょう。 予想するにも、ホント根気がいるもんです。 楽しいはずのナンバーズの予想が、苦痛に思えてしまっては、ナンバーズファンとしては、本末転倒です。 ではなぜ、予想数字が定まらないのでしょうか? 今考えると、それは、一定の法則がなかったからと言えます。 そして、参考になる決まった指標がなかったからなのでしょう。 では果たして、そのような法則・指標は、本当に存在するのでしょうか・・・ あなたは、ナンバーズの抽選がどのように行われているかご存知でしょうか? 実は、この抽選方法がナンバーズを予想する上で、最大のポイントになります。 ナンバーズは、数字が書き込まれた電動風車型抽選機が、各位ごとにぐるぐる回転し、ナンバーズ関係者が押すスイッチによって、上位より順に矢が放たれ、刺さった矢の位置で、各位の数字が決定する仕組みとなっています。 多くの人が「宝くじ」と聞いて連想する、極めて単純で、そして親しみやすい抽選方法です。 ここで最も重要なことは、 「こんな簡単な抽選方法で、当選数字が決定している」という事実です。 つまり、この抽選方法を紐解くことが、当選への最短の近道になり、この「電動抽選機」に極めて依存していることを、まずは認識して頂きたいのです。 さて、これまでにも多くのナンバーズ予想屋達が、この抽選機に注目してきました。 抽選機は機械です。 一見、最も理論的な手法のように見えますが、なぜ結果が出なかったのでしょうか。 理由は簡単です。 相手は機械だからです。 機械が突出した、しかも、ばらつきのある結果を残してくれる筈がありません。 あなたのおうちの洗濯機を想像してください。 洗濯する度に、毎回違う回転をしていたら、汚れの落ち具合が変わって困りもんです。 つまり、老朽化していたり、故障している以外、結果をばらつかせるような落ち度なんて、機械、つまり抽選機には初めから無いのです。 残念ながら、機械的性質からのアプローチは、間違っていたと言わざるを得ないでしょう。 では、同じ電動抽選機を注目する我々の視点は一体どこにあるのでしょう。 実際の抽選会をご覧になった方ならイメージがつかめると思いますが、この抽選機が回転している時、数字が回転しているかのように見えます。 いえ、実際、数字は回転しているのですが・・・ まず我々は、その回転している数字は、単なる抽選機の目盛りに過ぎないと、位置づけました。 各位の抽選機は、数字の配列が異なります。 しかし、一度回転が始まれば、その配列なんてどうでもいいと考えました。 最初のトピックでもお話しましたが、当選数字に遊ばれることや、数字に左右されることが、予想する上での最大の障害だった訳ですが、この抽選機の回転を利用することは、見かけの数字、つまり文字盤の数字に左右されずに、当選傾向を分析することが出来るのです。 つまり、ナンバーズ予想を行う上で、最も理想的な指標と言えるのです。 予想通り、統計をとっている中で、こんな鉄壁の抽選機にも、あるスキがあることに気付いたのでした。 そして、ありがたいことに、現在もはっきりと、その傾向を我々に露呈してくれているのです。 このクセこそが、抽選機の穴であり、弱点なのです。 当然、ここを攻めない訳にはいきません。 そして、この弱点は、常に抽選機の回転に依存するため、ナンバーズがこの抽選方法を取り続ける限り、半永久的に残り続けるのでしょう。 つまり、不変の当選メカニズムという訳です。 この抽選機の回転を紐解けば、ナンバーズを攻略できる。 決して大げさな話ではありません。 ここまでで、抽選機の回転が、ナンバーズ当選の糸口になることはお分かり頂けたかと思います。 しかし、これだけでは、完結していません。 ここから、本題へと入ります。 先程、統計をとったと申し上げました。 もちろん、現在も統計を取り続けていますし、この結果がすなわちメカニズムの証明にもなっています。 これまで多くの人が統計をもとに予想を行ってきたはずです。 抽選機の回転にも目をつけ、統計をとられた方はいらっしゃったはずです。 しかし、結果が出なかった。 このある根拠を把握しなければ、統計をとっても意味がありませんし、法則とは程遠いものになってしまいます。 誰でも理解できる簡単な根拠です。 しかしながら、良いことか(?)多くの人は気付いていません。 同じ統計をとるなら、根拠にのっとった統計が有効なのは、言うまでもありません。 当サイトからご提供させて頂いている「ナンバーズ3ストレート当選攻略レポート」及び「ナンバーズ3ストレート予想プログラム」は、このある根拠をもとに構成されているものですが、お陰様で多大な反響を頂いております。 このことからも、いかに多くの方が、これまでの予想法に疑問を抱いていたかが、皮肉にも良く分かったとこでもあります。 我々のかつての予想法と言えば、単なる数字の組み合わせを重視したものでした。 数字の相性から、数字の出現頻度、しいては暦における数字の出現率までを考慮したものでした。 当時の予想法は、なぜダメだったのか・・・ それは、当選数字を指標にしていたからです。 当選数字は単なる「数字」に過ぎません。 「数字」にはクセがないのです。 今も多くの人が、お金と時間を費やして、この「幻」を追っかけ続けています。 実にもったいないことです。 抽選会をご覧になったことのない方は、一度足を運ばれると良いでしょう。 机上の数字合わせを超える、新しい発見が、きっと見つかるはずです。 指標はいくらあっても困らないものですしね。 まだまだトピック続きます・・・ あなたの閲覧をお待ちしています・・・ Copyright C 2003-2016 ナンバーズ最後の砦 All Rights Reserved.

次の

ナンバーズ3 過去の抽せん結果目次

ナンバーズ 3 結果 時間

スポンサードリンク ナンバーズ3結果の確認 ナンバーズ3の結果発表はに記載されているので、こちらで確認が可能です。 また、抽選の様子は中継動画があるので、そちらで確認することもできます。 リアルタイムでもいいし、録画でも残っています。 ナンバーズ3の結果確認して当選していたら払い戻しとなりますが、換金の注意点が少しあるので触れておきます。 まず、払い戻しは全国の宝くじ売り場(*数字選択式宝くじの販売売場)で可能なので、購入した場所でなくともかましません。 ただし、数字選択式宝くじを取扱いしている場所での払い戻しとなります。 また、当選金の大きさによって払い戻し条件が変わります。 当選金が1万円以内までならどこの宝くじ売り場でも換金が可能です。 1万円~5万円になると「5万円マーク」のある宝くじ売り場に限られ、1当せん金が5万円を超える場合は、みずほ銀行で払い戻しとなります。 スポンサードリンク ナンバーズ3の結果の見方は? ナンバーズ3の結果ですが、みずほ銀行のホームページではこのように結果発表が行われます。 回別 第5385回 抽せん日 2020年3月6日 抽せん数字 162 ストレート 59口 92,800円 ボックス 689口 15,400円 セット(ストレート) 179口 54,100円 セット(ボックス) 1,622口 7,700円 ミニ 414口 9,200円 販売実績額 93,862,800円 こちらの結果の見方ですが、抽選番号が「162」です。 ナンバーズ3には• ストレート• ボックス• セット• ミニ この4つの申込方法があり、それぞれで当選条件や賞金額に違いがあります。 ストレートでの当選は「162」で、数字も順番もすべて的中し当選となります。 ボックスでは「162」の「1」「6」「2」の3つの数字を選択していれば順番は問われません。 例えば、「126」「216」「621」などでも的中となります。 セットでは、1口の金額200円を半分ずつ、つまり100円ずつストレートとボックスの抽選に申し込んだことになります。 抽選番号の見方はそれぞれ同じです。 ただし、セットストレートとセットボックスの重複当選はありません。 セットストレートが優先されます。 初心者にもオススメなので、初めての人はナンバーズ3ミニで遊ぶのもいいですね。 まとめ ナンバーズ3の結果発表の時間や結果の見方、中継動画などまとめました。 いち早くチェックしたい人は抽選動画を見ながら楽しむのもいいですね。 ただ、最終的なチェックはみずほ銀行の公式結果で確認するのが良いでしょう。 そんなナンバーズ3購入の様子を別ページで詳しくまとめています。

次の

ナンバーズ3を統計的に本気で攻略してみた結果

ナンバーズ 3 結果 時間

ナンバーズで大儲けするぞ! ナンバーズという宝くじがあります。 僕はこれで大儲けするぞと決意しました。 不労所得でウハウハするために、統計的な分析をしてみました。 分析したのは「ナンバーズ3」です。 購入者は000から999までの内で好きな番号を1つ決め、200円でその番号のくじを買い、当選番号と一致したくじには一定の方法で当選金の総額が決められ、同じ番号を買った人で分配されます。 賭け方もいろいろあります。 今回は一番シンプルな「ストレート」という賭け方を分析しました。 購入者が選んだ3桁の番号と当選番号の3桁の数字が、並び順まで含めて一致したら当たりです。 ナンバーズは分析しやすい ナンバーズは分析しやすい宝くじだと思います。 その理由は2つです。 1つは当選金額の配分方法でです。 当選金額は、くじの販売総額の約45%が当選者に配分されると法律で決まっているのだそうです(参考 )。 当選番号の出現率は一定とすると、購入者があまり選択しないような番号に賭けることで、当選した場合に高めの当選金を得ることができます。 ここに、分析の努力が実を結ぶ余地があります。 2つめは、データの入手の容易さです。 当選番号の発表は月曜から金曜まで毎日行われていて、当選番号や当選金や当選した口数などのデータが公開されています。 つまり、統計的な分析に耐えうる多くの実績データを、容易に入手できます。 当選しやすい数字は? 手始めに、当選番号に出現する数字にどれ位の偏りがあるかを調べました。 当選番号の数字0~9の出現頻度を集計すると以下の様になりました。 数字 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計 出現数 277 319 303 273 287 285 291 300 299 285 2919 出現率 9. 「1」は出現率が10. 当選番号は偶然で決まる さて、出現率のこの偏りは偶然でしょうか、それとも偶然以外の原因があるのでしょうか。 この疑問を解く手段として統計的検定の「カイ2乗検定」があります。 EXCELでは「CHITEST」という関数で標準装備されています。 計算の結果、表の程度の偏りが偶然で起こる確率は76. 念のために百の位だけ、十の位だけ、一の位だけ、という3種の集計方法で同様の検定を行いましたが、全て5%を上回り、偶然の域を出ませんでした(偶然で起こる確率は70. 出る数字が偶然で決まることがわかった、ということは、過去の当選番号の傾向から、次の当選番号は予想できない、ということです。 予想屋さんの番号は当たらない 巷には「次の当選番号はこれだ!」といった当選番号予想が溢れています。 曰く、当選番号を決める「風車板」という道具にはゆがみがあって、出る番号に偏りがある、などの理屈を謳っています。 でも、各桁の数字の偏りは偶然と考えるべき、ということは前述の結果が示した通りです。 「次に当たるのはこの番号」などという情報を信じても、良いことは一つもないでしょう。 高額番号には特徴があるらしい ここまでで、当選番号の出現頻度に偶然以外の理由を考える必要はないことがわかりました。 どんな番号が当選するかは運次第なのだから、もし当たった場合に当選金が高額になりやすい番号(つまり、あまり人気がない番号)に賭けた方が有利です。 高額になるかならないかは偶然ではありません。 そこで、高額になりやすい番号はどんな番号かを検討してみました。 ナンバーズ関連のサイトを見ると、いくつかの着眼点がわかりました。 ・日付に読める番号 たとえば「312」は「3月12日」を縮めた番号ですし、「102」は「10月2日」と読めます。 日付に読める番号は、何かの記念日に絡めて買う人が多い事から人気があり、当選金は安くなるらしいです。 ・ぞろ目 たとえば「111」や「888」のような三連続のぞろ目(トリプルぞろ目)や、「922」や「373」のような同じ数が2回出てくるぞろ目(ダブルぞろ目)は当選金の傾向が少し異なるらしいです。 ・ゼロのぞろ目 データを眺めていると、たとえば「300」や「050」や「007」の様に、0がダブルのぞろ目になっている番号は当選金が高めになるようです。 これらは前述のぞろ目の特別パターンとして分析しました。 たとえば「300」は「百番番号」、「050」は「十番番号」、「007」は「一番番号」と名付けています。 高額番号の特徴の本当のところ これらの特徴を念頭に、分析を進めます。 当選金額とその件数をグラフにしました。 釣り鐘の裾を右に伸ばしたような形をしています。 当選金額の平均値は94,633円でした。 さて、当選番号を、当選金額が平均値以下だった番号と、平均値以上だった番号に分け、前述の着眼点別に2群の割合を集計してみたところ、使えそうな傾向が見つかりました。 ・日付に読める番号 日付に読める番号について、当選金額が低くなる傾向がありました。 並び替えると日付に読める番号でも当選金は低めでした。 ・ぞろ目 トリプルぞろ目については目立った傾向が見られませんでしたが、ダブルのぞろ目は当選金が高めでした。 ・ゼロのぞろ目 0がダブルの番号については、データ件数が少ないものの明らかに高額になりやすいようでした。 ・数字の傾向 位別の数字については、「1」「2」「3」は総じて金額が低です。 日付に読める番号に使われやすいからかも知れません。 「0」は総じて高いです。 以上の分析から、当選金が高額になりそうなのは「0を2個含み、1・2・3は含まない」番号のようです。 この番号が当たったらいくら? ここまで来ると、「絞り込んだ内でどの番号が最も高くなりそうか」や、「当選したらいくらくらいになりそうか」も知りたくなってきます。 ヒントをくれる統計的分析として「カテゴリー変数を使った回帰分析」という手法があります(「数量化I類」とも言われます)。 この手法を使うと、何かの特徴の有無や特徴の種類から目的の数値を予測することができます。 EXCELでも分析ツールとして標準で搭載されています。 ナンバーズ3に適用すると、適当な3桁の数値の当選金を予測できるかもしれません。 実際に分析を行った結果、実際の当選金額と予測金額との関係を図にすると以下のようになりました。 実績値では14万円以上の当選金がそこそこに発生しているのに対して、予測値は高くても13万円止まりになっているので、ちょうど楕円を潰したような形になっています。 52でした。 予測としては良くありません。 ここに書いていない方法を使って精度を上げようとしたのですが、僕の力では無理でした。 ともかく、仮に当たった場合の当選金が高くなる番号は絞り込むことができました。 どの番号なのかは秘密にさせていただきますが(ごめんなさい)、0のぞろ目を含む番号で1・2・3は含んでいませんでした。 この番号の当選金の予測値は122,541円です。 儲けられないことがわかりました では、この番号に掛け続けたら儲かるのでしょうか。 こういう場合、当たる確率と当たったときの金額を掛け合わせて、「この番号のくじを1回買うと理屈上ではいくら稼げるか」という当選金の「期待値」というものを計算します。 どの番号かに関わらず、当選確率は等しく千分の一です。 見つけた番号の当選金は122,541円なので、1回当たりの当選金の期待値は約123円になります。 これを200円出して買うのですから、買い続けるほど、1回当たり約77円の損をすることになります。 買えば買うほど損です。 仮に、当たったときの予測当選金が200,000円以上の番号が見つけられたなら、その番号を買い続ければ少しずつ儲かるはずです。 でも、実績として200,000円を超える当選金が出ていない中で、どんなことをしても、そんな都合の良い番号は見つからないでしょう。 一生懸命考えてわかったことは、ナンバーズ3でウハウハはできない、ということでした。 数字で裏付けた結論なので、きっぱり諦めます。

次の