ポメラニアンと柴犬のミックス。 ミックス犬の人気ランキング!10種類それぞれの特徴、魅力、雑種との違いは?

ポメラニアンの性格が丸分かり!オス・メスで変わる?お留守番は?

ポメラニアンと柴犬のミックス

com とのミックス犬とは、果たしてどのような犬なのでしょうか? まず初めに名前と見た目の特徴をご紹介します。 名前 ポメマルとは名前の通り、「」と「マルチーズ」のかけ合わせのミックス犬で、ポメチーズやマルポメと呼ばれることもあります。 近年ペットショップやブリーダーなどの販売でもよく聞く名前になってきたポメマルですが、ポメマルという犬種ではなく、あくまでもポメラニアンとマルチーズの「ミックス」です。 ミックスと聞くと比較的安価な金額で売られていると感じますが実は人気いくうえでかかってしまう後天性の病気にかかりにくく長生きできるようするためです。 ですが、昨今のミックス犬と呼ばれる雑種は外見重視のものが多いということも感じます。 外見がとてもよくなっているということは、飼い主や、周りの人に大切に育ててもらえるというメリットもありますが、金銭目的の繁殖もあるように感じます。 賛否両論の分かれるミックス犬ですが、飼う側は飼った犬を生涯大切に育てるということさえ守れば十分だと思います。 あとは、金銭目的での犬の売買が減ってくれれば犠牲になる犬も減りとても良くなると思います。 見た目の特徴 ミックス犬であるポメマルの特徴は、ポメラニアンのようなふわふわの胴に短毛の生えた小さな手足とポメラニアン寄りのしっぽが付いた小型犬の体つきをしており、首周りにはポメラニアン特有の長毛が生えています。 顔は個体によって若干の差が出てきますが、耳はポメラニアン寄りのたち耳で、大きな目や鼻の長さなどはマルチーズ寄りで、特有のとても穏やかな顔だちをしています。 毛色は、交配した親の毛を引き継ぎ多彩に変化することが多く、「ホワイト」や「オレンジ」など様々です。 一見するとマルチーズよりポメラニアンよりの見た目ですが、性格や顔つきはポメラニアンよりマルチーズよりです。 マルチーズのように毛はとても抜けやすく、マルチーズ同様毎日のブラッシングが欠かせない犬種です。 ポメマルの大きさは体重2キロ~3キロ、とても小柄な部分は両親の体系譲りです。 小型犬特有の骨格系の疾患にかかりやすい体質ですので、体重管理や食生活の管理をしつつ、骨に負担をかけるような環境を避けるよう心掛ける必要があります。 過度な散歩や段差や上り坂の多い道にも注意が必要です。 さらに、毛質ゆえの皮膚病やブラッシング不足による毛玉症にも注意が必要です。

次の

ポメラニアンは飼いやすい?性格・飼い方・しつけ・抜け毛までを解説

ポメラニアンと柴犬のミックス

ポメ柴はポメラニアンと柴犬のミックス犬です ポメ柴はその名の通り、ポメラニアンと柴犬のミックス犬で、「シバラニアン」や「柴ポメ」と呼ばれることもあります。 時々、柴犬風にカットされたポメラニアンをこれらの名前で呼ぶこともありますが、ミックス犬としてのポメ柴とは別もの。 ポメ柴の見た目はやや柴犬寄りで、性格は両親の性質がうまくミックスされた形で出る子が多いと言われています。 また、愛玩犬としてはもちろん、勇敢で警戒心が強いため、番犬としてのポテンシャルも十分に持っている犬種です。 しつけなど少々難しいポイントもありますが、そこさえクリアできれば、飼い主への忠誠心が高く甘えん坊で、きっと素晴らしいパートナーになってくれるでしょう。 どちらに似ている? ポメ柴をはじめ、異なる親犬を持つミックス犬というのは、どちらの特徴を引き継いでいるかで性質は大きく異なります。 見た目はもちろん、性格やしつけのしやすさ、飼いやすさまで変わってきますし、中身は柴犬っぽいけど、外見はポメラニアン寄りなんてことはごく普通なことでもあります。 ましてや、ポメラニアンと柴犬という全く異なる犬種から生まれたポメ柴も例外なく上記のことが当てはまりますが、ある程度、傾向というのはあります。 それでは、 スポンサーリンク ポメ柴の見た目 ポメ柴の見た目から受ける全体的な印象は、どちらかと言えば柴犬寄りです。 顔つきもスッとしたスマートなマズルの形や、ピンと立ったきれいな三角形の耳が柴犬譲りで、柴犬の特徴であるくるりと巻いた尻尾もポメ柴に遺伝していることが多いです。 しかし、細かいパーツ別に見るとポメラニアンに似ている箇所もあります。 例えば、丸くつぶらなアーモンド型の瞳はポメラニアン譲りですし、フワフワとした柔らかい被毛もポメラニアンの遺伝を引き継ぐ子が多いと言われています。 体格はちょうど両親の中間ほどで、柴犬よりは細めで、ポメラニアンよりは太めといった感じでしょうか。 サイズ感や体型バランスについては、柴犬寄りです。 ポメ柴の被毛の特徴と抜け毛 短毛の柴犬とロングコートのポメラニアン。 全く違う性質の被毛を持った両親から生まれたポメ柴ですが、一般的にはポメラニアンの被毛の特徴を多く引き継ぐと言われており、細く柔らかいフワフワした被毛を持つ子が多いです。 ただし、ポメラニアンほどのロングコートにはならない子も大半で、例えて言うなら「柴犬の冬毛増しバージョン」といった感じでしょうか。 柴犬もポメラニアンもともにダブルコートで抜け毛の多い犬種ですから、当然ポメ柴の毛もよく抜けます。 特に春や秋などの換毛期は、抜け毛による毛玉もできやすくなるので注意が必要。 抜け毛が絡まると皮膚トラブルを起こすこともあるので、毎日のブラッシングや、月に1回程度のシャンプーは欠かさないようにしましょう。 ブラッシングやシャンプーは、甘えん坊なポメ柴との良いコミュニケーションにもなります。 ポメ柴の大きさ まずは両親であるポメラニアンと柴犬の大きさについて見てみましょう。 ポメラニアンは体高20cm前後、体重2~3kgほどしかなく、小型犬よりもさらに小さな超小型犬に分類されます。 それに対して、柴犬は一応分類的には小型犬と言えども、体高40cm前後、体重は10kg前後あり、場合によっては中型犬に分類されることもある大きさ。 このように、大きさにはかなりの違いがあるポメラニアンと柴犬ですが、ポメ柴の大きさは 体高約25~34cm、体重約6~8kgで、両親のちょうど中間ほどの大きさの子が多いと言われています。 ただし、ポメ柴はポメラニアン譲りのフワフワした被毛をしていることが多いので、ぱっと見は柴犬より少し小さめくらいのサイズに感じることが多いでしょう。 性格などの内面の部分はどちら寄り? まずポメラニアンと柴犬、両方に共通する性格として、「気が強い」「警戒心が強い」という特徴があります。 そのため、ポメ柴も両親と同じように気も警戒心も強く、不審者に対して勇敢に立ち向かう素晴らしい番犬となるでしょう。 また、ポメ柴は両親の良いところをうまく引き継いで、より飼いやすい性格になっている子が多いと言われています。 例えば、柴犬は社交性が低く飼い主以外にはあまり懐かないですし、飼い主に対しても甘えたりすることが少ないですが、 それに対してポメラニアンは、社交的で甘えん坊。 これらの性格がうまくミックスされることで、ポメ柴は高い忠誠心を持ちながら、社交的で甘えん坊な面も持ち合わせる性格の子が多くなっています。 しつけはしやすい? 結論から言ってしまうと、ポメ柴のしつけの難易度は少々高め。 柴犬もポメラニアンも訓練性が低い犬種なのに加えて、特に柴犬の遺伝が強い性格の子だと、より難易度はアップします。 柴犬は飼い主に従順な性格だと言いましたが、それはあくまでも「飼い主だと認めた人に対して」ですから、飼い主だと認めてもらうまでが大変だということですね。 子犬の時期からしっかりと主従関係を教え込み、リーダーは誰かということをきちんと認識させることが大切です。 ポメ柴は飼いやすい? ポメ柴は、柴犬の頑固さや社交性の低さ、ポメラニアンの神経質さや落ち着きの無さといった欠点がうまく緩和されていることにより、純血の柴犬やポメラニアンよりも飼いやすいと言う人が多くいます。 しかし、一方で、体格がポメラニアンよりも大きくなる分、散歩や抜け毛、飼育スペースなどが問題になるケースもあるでしょう。 性格に関してもうまく緩和されている部分もあれば、しつけのしにくさなど悪い部分が目立ってしまうことも。 最終的にはやはり個体差の一言に尽きますが、ポメ柴の飼いやすさは「初心者でも大丈夫だけど、知識と覚悟は必要」といったところでしょうか。 逆に言えば、ある程度の知識と覚悟を持っておけば、上級者でなければ飼育が難しい!ということは決してありません。 まとめ ミックス犬の種類が多様化されて久しいですが、このポメ柴も人気の種になりつつあります。 抜け毛がやや多め、両親ともに気難しい性質、柴犬に近い大きさになることがあったりと、ミックス犬の人気に火をつけたポメプーやマルプーに比べると、飼育の難易度は上がりますが、やはりそこは両親ともに人気の犬種。 飼育する家庭、ペットショップで見る機会が増えてきました。 魅力はたくさんありますが、 柴犬、ポメラニアンのどちらに似ているのか? どこまで個体差があるか? といった部分に注目して見るのもおもしろいかもしれませんね。 関連記事:.

次の

ポメラニアンと柴のミックス「ポメ柴」の寿命ってどのくらい?健康管理のコツを知ろう|docdog(ドックドッグ)

ポメラニアンと柴犬のミックス

遊び好き・活動的• 外交的・社交的・交友的• 神経質で自己主張が強い• 勇敢 ポメラニアンの性格と言えば主に上記のようなことを言われます。 ただ、性格を決める要素は「犬種が半分、飼い方が半分」とも言われます。 ここで紹介する内容が全てのポメラニアンに該当する訳ではありません。 【苦労するかも…】ポメラニアンの性格は「遊び好き・活動的」 ポメラニアンは 「遊び好き」で「活動的」な性格の子が多いです。 これは好奇心旺盛でイタズラ好きとも言えて、色々なものを壊されたり「コードをかじって感電する」なんてこともあるので注意が必要です。 好奇心旺盛なので誤飲も気を付けたいです。 お留守番の時はケージに入れるか片付けが必須です。 時間や距離は短くて済みますが、お散歩も大好きなので毎日連れだしてあげましょう。 お散歩で探求心を満たしてあげないと、無駄吠えにもつながります。 【意外?】ポメラニアンは「外交的・社交的・友好的」な性格 「ポメラニアンというとやたらと吠えられる」イメージが強い人もいるかもしれません。 ただこれはポメラニアンの性質で仕方のないことです。 吠えられるとこちらも身構えてしまいますが、実はとても 外交的・社会的な性格をしています。 初対面の人や犬に対しては、どうしても吠えてしまう子が多いですが、これもしつけである程度カバーできます。 友好的で協調性が高いので、初対面の人や犬も短時間で慣れてくれます。 【実は賢い!】ポメラニアンは聡明な性格 ポメラニアンは超小型犬の中では賢い犬種です。 しつけも覚えやすく芸も出来ます。 犬種として「吠え易い・噛み易い」という特徴はあるんですが、きちんとしつければある程度は抑えることができます。 ですが超小型ということもあって、老人や小さい子がいる家庭で飼われることが多く、町で見かけるポメラニアンは、 しつけが不十分な子が多いような気がします。 ポメラニアンは「神経質で自己主張が強い」性格 ポメラニアンは神経質で自己主張が強い性格をしています。 小さな音にも興奮して良く吠えます。 警戒心が強いとも言えるので、 室内の番犬としてはとても優秀です。 要求吠えが多い犬種でもあります。 小さい内からしつけていかないと、集合住宅などでは ペット可の物件であっても、鳴き声でトラブルになるケースがあります。 ポメラニアンの性格は「勇敢」で大型犬にも臆さない! ポメラニアンは とにかく勇敢です。 相手が大型犬だろうとお構いなしで吠えたてます。 吠えられた大型犬がビックリして噛みついてしまい、ポメラニアンがケガをするケースもあります。 ドッグランなど社交的な場所では必ずリードを着けましょう。 ペット保険のでは、ポメラニアンのしつけの悩みで最も多いのが噛み癖、次いで「吠え癖・無駄吠え」となっています。 しつけの問題もありますが、この辺りはポメラニアンを飼う以上、覚悟が必要です。 ポメラニアンの性格の長所・短所 ポメラニアンの性格の長所 ポメラニアンの性格の短所• 番犬に向いている 鳴き声• 芸を覚えられる賢さ• 社交的で人見知りが少ない• 飼い主に忠実で甘えん坊• 多頭飼育もできる• 噛み癖• 吠え癖・無駄吠え• 興奮し易い• 自己主張が強い 噛み癖や無駄吠えについては、早い内からの社会化 色んな人・犬に合わせる や、しつけ・飼い方・個体差などによっても変わります。 自己主張が強いので、構って欲しい時は足元をウロチョロしたり、吠えたりします。 小型なので泥棒と戦うことはできませんが、不審者に対して吠えてくれるので番犬向きの性格と言えます。 社交的なので多頭飼育もストレスになり難いです。 甘えん坊な子が多いので飼い主に依存し過ぎないよう、ある程度距離感を持ちましょう。 依存度が高すぎると、無駄吠えや自虐行為などを起こし、お留守番が難しくなります。 これは性格というよりも、ポメラニアンのような愛玩犬は、「飼い主の可愛がり過ぎが原因」となるケースが多いので注意しましょう。 ポメラニアンの性格から飼うのをおすすめする人・しない人 ここからはポメラニアンの性格を元に、おすすめする人・しない人をまとめました。 ポメラニアンの飼育を考えている方は参考にしてみて下さい。 また、既にポメラニアンと暮らしている方も「あー、あるある!」といった感じで見て頂ければと思います。 ポメラニアンの性格から飼うのをおすすめできる人• しつけを徹底できる人• ポメラニアンという犬種を愛するブリーダーから迎えられる人• 遊ぶ時間を作れる人• 多頭飼いの人 ポメラニアンは「噛み癖」や「吠え癖」といった問題もありますが、しっかりとしつけができる人にはおすすめです。 もちろん、個体差もありしつけが必要ない子もいますが、犬を飼った経験があり、しつけができる方の方がおすすめです。 ポメラニアンは犬種の人気ランキングでも安定して上位を獲得しています。 ゆえに、劣悪な環境で繁殖する パピーミルや、悪質ブリーダーが後を絶ちません。 企画を大きく超えて大きくなってしまう子もいます。 意図せずそういった子を迎えない為にも、「ポメラニアン」という犬種を愛し、正しく後世に残そうとしているブリーダーから迎えると良いでしょう。 ポメラニアンは遊び好きなので、きちんと遊んであげられる方の方がおすすめです。 遊んであげないと要求吠えをする場合もあります。 多頭飼育にすると他の犬と遊んだりして気を紛らわすことができます。 ただ、多頭飼育に向かない犬種もいるので、ポメラニアンと一緒に飼う犬の性格も確認しておきましょう。 ポメラニアンの性格から飼うのをおすすめできない人• しつけができない人• 散歩に行くつもりが無い人• 集合住宅に住んでいる人• 年配者だけの家庭• 小さな子供がいる家庭• 定期的にブラッシングできない人 ポメラニアンは幼少期からのしつけが大切です。 しつけが不十分だと「噛み癖」や「無駄吠え」に苦労します。 小さい内から散歩で色んな犬・人に合わせる 社会化 ことも大切です。 超小型なので、「年配者や小さな子がいる家庭でも飼える」と紹介されます。 「マテ」や「オスワリ」などのしつけができれば問題ありませんが、「逃げるポメラニアンを中腰で捕まえるのは大変」という年配者の声が多いです。 小さくて元気な子がいると、ポメラニアンも一緒に興奮し、騒がしい子になり易いです。 また、抱っこの時に噛まれたり、小学生くらいの子が、胸の高さから落としただけで骨折することもあります。 また、ポメラニアンの毛は絡まりやすいので、定期的にブラッシングが必要です。 毛玉が出来ると汚れがたまりますし、蒸れて皮膚炎などの原因になります。 また、小さい内からブラッシングに慣らしておかないと、嫌がって噛むようになります。 ポメラニアンは「オス・メス」性別で性格が変わる? オスの性格 メスの性格• やんちゃ• 甘えん坊• 攻撃的• 早くに落ち着く• 独立心が強い• しつけし易い 性別の性格はポメラニアンに限った話ではありませんが、オスの方がやんちゃで構ってちゃんが多いです。 メスはオスと比べると早い時期に落ち着きます。 ただメスも他の犬種と比べればやんちゃな傾向にあります。 オスはやや攻撃的な子が多いですが、メスでも初めて来た子供が突然抱きかかえようとすると、高確率で噛まれます。 しつけはメスの方がし易いと言われていますが、これも個体差があります。 ポメラニアンは多頭飼いできる性格? ポメラニアンの起源は雪国でソリを引いていたスピッツ系の大型種と言われています。 その血が残っているからか、 群れで暮らすことも苦になりません。 個体差もあるとは思いますが、ポメラニアンは社交性もあり、多頭飼いに向いた性格だと言えます。 ポメラニアンを含む多頭飼育の方から話を聞くと、「ポメラニアンが他の犬を噛んだりすることもある。 」と言いますが、本気噛みではなくジャレてる延長線上なので、噛まれた側の犬もあまり気にしていない様子だとも言います。 ポメラニアンは少しプライドが高い面もあります。 ポメラニアンが先住犬で、後から後輩犬を迎える場合、ご飯をあげる順番やスキンシップの順番など 全てにおいて、必ず先輩ポメラニアンを優先してあげて下さい。 ポメラニアンはお留守番もできる性格? ポメラニアンはしつけやトレーニングをすれば留守番もできます。 ポメラニアンは性格的に甘えん坊な子が多いです。 またその容姿から、飼い主も甘やかしてしまうケースが多いです。 結果として、飼い主の姿が見えなくなると吠え続けたり、椅子の足を噛んでボロボロにするといった問題行動を起こすようになります。 可愛がることは大切ですが、 飼い主に依存させすぎないことが大切です。 上記は平均的な犬と比べた性格をまとめました。 「吠え癖」などは雑種などと比べてという意味です。 また大人しい犬種とのミックスでも、ポメラニアンの血が入っています。 「吠え癖」と書いていないからといって吠えない訳ではありません。 あくまで「傾向」程度に考えて下さい。 まとめ ここではポメラニアンの性格についてあらゆる角度からまとめました。 少し取っつきにくい印象を与えてしまったかもしれませんが、「良く吠える」というのは話好きとも言えます。 ぬいぐるみの様に扱われることが多いですが、とても賢い犬種です。 きちんとしつけが出来たポメラニアンを見ると、「うるさい・噛む」と言った印象は無くなります。 ぜひペットとしてではなく犬として見てあげて下さい。

次の