クッキー クッキング シート 代用。 クッキングシートがない場合の代用!クッキーを電子レンジで焼く場合

オーブンシートとクッキングシートの違いは?代用に使えるものはこれ!

クッキー クッキング シート 代用

オーブンでアルミホイルを使っていいのかどうか、不安になりますよね。 電子レンジにアルミホイルはご法度なことはよく知られていますが、電子レンジについているオーブン機能ではどうなのでしょうか。 クッキングシートの代わりにアルミホイルを使用してもいいのか、ほかにアルミホイルの代わりになるものはあるのか、調べてみました。 オーブンでアルミホイルはクッキングシートの代わりになる? 結論から言うと、オーブンでアルミホイルを使うことは問題ありません。 クッキーなどを焼くときに、クッキングシートの代用としてアルミホイルを使って大丈夫です。 アルミホイルをオーブンで使っても、燃えたり有害物質が出たりすることはないので安心してください。 クッキングシートは、お菓子作りが好きな人の家にはあるかも知れませんが、年に1回か2回くらいしかお菓子を作らない人もいますよね。 そういう人でも、アルミホイルなら家に常備しているのではないでしょうか。 クッキングシートに比べるとくっつきやすいので、アルミホイルに薄くあぶらやバターを塗るとくっつかなくていいですよ。 ただし気を付けておきたいのが、オートモードでレンジ機能とオーブン機能の両方が自動で切り替わる場合です。 レンジ機能のときにアルミホイルを使ってしまうと火花が散ったりバチバチとすごい音がしますので、レンジ機能ではアルミホイルは使えません。 レンジ機能とオーブン機能の両方を使うモードでは、アルミホイルは避けましょう。 オーブンでアルミホイルが大丈夫な理由 オーブンは、ガスなどを使って放射熱でオーブンの庫内を温める仕組みになっています。 ですので、アルミホイルを使うことは何ら問題はありません。 ではなぜ電子レンジはダメなのかと言うと、 電子レンジは電磁波を使って温めるからです。 電子レンジは、電磁波(マイクロ波)をあてて食品の中の水分を振動させることで加熱する仕組みです。 アルミホイルで覆ってしまうと、電磁波が届かなくなってしまうのです。 また、アルミのような金属があると電磁誘導と言って電流が発生します。 アルミホイルのとがっているところから放電したりすると、一気に電流が流れて雷のようにバチバチしたり火花が出たりして危険です。 最悪の場合、発火したり電子レンジが壊れることもありますので、電子レンジでアルミホイルは使わないようにしましょう。 オーブンでアルミホイルを使うのは問題ありません。 オーブンでアルミホイルの代わりになるものは? アルミホイルの代用になるものを探してみましたが、あまりありませんでした。 でも2つ見つかりましたので、ご紹介しますね。 ホーローの容器を使う ホーローと言うのは、鉄やアルミなどの金属にガラス質を吹き付けて仕上げたもののことです。 つるんとした輝きが特徴で、見た目もオシャレでかわいいですよね。 この ホーロー素材の容器なら、オーブンの熱でも大丈夫です。 底が浅型で、面積の広いホーロー容器があると便利ですね。 グラタンならホーロー容器で直接温めが出来ますし、クッキーなどを焼きたいときにもホーロー容器に並べて焼けばOKですよ。 まとめ オーブンでアルミホイルをクッキングシートの代わりに使えるのか、についてお伝えしました。 アルミホイルであれば問題なく使えます。 ただし、オーブンレンジで電子レンジに切り替わるオートモードには注意してください。 クッキングシートは使い捨てのラップのように切って使うタイプもありますし、洗って何度も使えるシートもあります。 もし使う頻度が高ければ、常備しておいてもいいかもしれないですね。

次の

クッキングシートがない場合の代用品!クッキーを焼く時やフライパン料理の場合は?

クッキー クッキング シート 代用

クッキングシートというのは、表面がコーティングされてツルっとしている紙のことで、お菓子などをオーブンで焼くときに天板や型に敷いて使うものだ。 焼きあがったお菓子がくっつかないので楽に取り出すことができ、天板や型が汚れにくいというメリットもある。 「クッキーを焼こうと思ったのにクッキングシートがない!」というとき、近所のコンビニにラップやアルミホイルはあっても、クッキングシートは置いていない場合もある。 そんなときはアルミホイルをクッキングシートの代わりに使うことが可能だ。 まず天板の上にアルミホイルを敷き、バターやマーガリンなどの油脂を薄く塗って、その上にクッキーの生地をのせて焼こう。 油脂の上から小麦粉をふるい、その上に生地を乗せればよりくっつきにくくなる。 すでに表面がコーティングされているフライパン用ホイルがあれば油脂を塗る必要はないので、クッキングシートと同じように敷くだけでOKだ。 もしアルミホイルもない場合は、天板に油脂を塗ってじかに生地をのせても、ある程度はくっつくのを防ぐことができる。 材料にバターを使っているお菓子の場合、アルミホイルにバターを塗っても香りが気にならないと思うが、例えばピザを焼く際にバターやマーガリンの香りを付けたくない場合は、バターの代わりにサラダオイルを塗るといいだろう。 パウンドケーキやスポンジを焼くとき生地を型にそのまま流し込むと、焼き上がりにくっついて型から取り出せなくなってしまうことがある。 この場合、型に合わせてカットしたクッキングシートを敷いてから生地を流し込めば取りだしやすくなるが、家にクッキングシートがないときはコピー用紙で代用することができる。 コピー用紙にはツルツルの面とザラザラの面があるので、ツルツルの面が内側になるように型に敷こう。 燃えてしまわないか不安に思う人もいるかと思うが、オーブンの温度ではコピー用紙が発火することはほとんどない。 ただしコピー用紙は食品用に作られたものでないため、ものによっては有害な物質が含まれている可能性もゼロではない。 あくまでも緊急時の代用品として考え、加熱中はなるべく目を離さないようにしよう。 煮込み料理の落し蓋には?.

次の

【クッキングシートの代用品 4選】クッキーをオーブンレンジで焼きたい時の代替品を紹介

クッキー クッキング シート 代用

オーブンでの調理(クッキーを焼くなど)であれば天板や型に油脂を塗って代用、落し蓋であればアルミホイルまたは厚手のキッチンペーパーで代用が可能です。 蒸し器での調理(シュウマイを蒸すなど)の場合はレタスやキャベツを敷いて代用することが可能です。 オーブンで利用する場合 オーブンを使用する際に天板や型にクッキングシートを敷く目的は、焼きあがったお菓子や料理をくっつかずに取り出しやすくするためです。 クッキングシートがない場合には、油脂や小麦粉で代用します。 天板に油脂を塗って代用 天板に直接バターなどの油脂を塗って使うと、焼きあがったクッキーなどがはがれやすくなります。 アルミホイルを敷いてから、同様に油脂を塗って使うこともできます。 天板に直接、またはアルミホイルを敷いてからバターを塗る ケーキ型には油脂と小麦粉で代用 バターなどの油脂を塗った後に小麦粉をふるい、余分な粉を落として使います。 こうすることで焼きあがったときの型離れがよくなります。 油脂を塗ってから小麦粉をふるう 落し蓋にする場合 アルミホイル、または厚手のキッチンペーパーでも代用が可能です。 キッチンペーパーは同時にアクを取ることもできます。 蒸し器に使用する場合 シュウマイを蒸すなどの場合には、生のままのレタスやキャベツを平たく敷いておくことで、食材が蒸し器にくっつくことを防ぐことができます。 監修:関岡弘美(料理研究家).

次の