キンブレシート 素材。 キンブレシートの作り方は?100均材料・スマホでの自作方法も

【スマホだけ】簡単キンブレシートの作り方≪文字入れから印刷まで≫

キンブレシート 素材

キンブレシートを作ってみよう!! キンブレシートの作り方をネットで調べてみたのですが、いまいち分かりづらいので 私流の作り方をまとめてみました。 まずそもそもキンブレとは。 はいみなさん。 早速ですがキンブレというものをご存知でしょうか。 担なら持っている方も多いのでは。 デビュー組の方も最近は持ってる方も多いですよね。 このようなキンブレを持ったプリを見かける方、多いのでは…。 キンブレの正式名称は キングブレードです。 ちなみに 筒が透明でないとキンブレシートを入れたときに見えないので買うときは 注意してください!!! 注意すること キンブレを使うことを 禁止している会場もあるので 注意してください。 使用する際は注意事項をよく読んで、 空気を読んで使用してくださいね。 また、 ジャニーズJr. の キンブレ型ペンラとよく似ていますのでご注意を。 何あの人、非公式使ってんじゃん~と思ってもそれは公式かもしれません。 これはサマステの2017年と2018年の公式ペンライトです。 でもけっこうめんどくさい OHPフィルムはプリンターで印刷できる透明なシートです。 自宅にあるプリンターがなら、必ずインクジェット対応のものを選んでください。 主に家電量販店で売っていますが、などでも売っているので探してみてください。 必要なものが用意できたら、まず で 画像を作っていきます!! 使うアプリはこの4つ!! プリ画像はアプリがなくてもサイトで検索すれば出てきます!! まず、 プリ画像でキンブレシートの装飾に使うハートや星などのパーツをダウンロードします。 『 キンブレシート 素材 』などと検索すれば出てきます。 自分で好きなものを選んでダウンロードしてください。 ちなみに完成しているテンプレートもあるので、わざわざ作るのが面倒な方はそれを使ってしまうのもいいかもしれません…!! 次に うちわ作成というアプリで文字を作ります。 さっきのプリ画像というサイトにも文字があり、ダウンロードできます。 検索するのが面倒なので私はこれで作っていますが…。 文字はうちわの枠からはみ出さない程度に大きくしてください。 完成したらこの画面をします。 ちなみに 1文字ずつやってくださいね!! 次に 背景透過 というアプリで背景を透過させます。 背景は、白い画像にします。 ハートとかで作った枠のパターンを作成して背景透過し、それを並べて枠にするというのも手です。 転送できたら Wordを開きます。 開いたら、ページレイアウトの余白をクリックし、ユーザー設定の余白をクリックして一番狭い余白に設定します。 3㎜が一番狭いです。 次に挿入をクリックし、画像を選択します。 選択したら画像を左クリックします。 画像のサイズを縦143. 99㎜、横96. 57㎜に設定します。 ついでに、サイズ変更の横に三角形の上に矢印が描いてある所をクリックし画像を 反転させます。 反転しておくと、シートの印刷がキンブレの筒の中で削れにくくなります。 そうしたらキンブレシートに 枠を付けます。 そうしたら、さっきクリックした画像に水色の枠がついているはずなので、それと同じ大きさに長方形を作ってください。 水色の枠の角に丸があるはずなので、その丸の中心にマークになっているカーソルを合わせクリックし、 クリックしたまま対角線上の角の丸まで引っ張っていきます。 丸の中心まで来たらクリックを離して大丈夫です。 分かりづらくてごめんなさい… そうするとキンブレシートの画像が青っぽい長方形に覆われると思います。 そうしたら、図形の塗りつぶしという所をクリックして、塗りつぶしなしをクリックしてください。 すると、長方形の枠だけ残ると思います。 そうしたら次に、図形の枠線をクリックし、灰色をクリックします。 そうすると、枠の色が灰色に変わります。 あとでこの灰色の枠線がはさみやカッターで切るときの目印になります。 あと、太さをクリックして一番細い0. 25ptにしておいてください。 これを繰り返すと、最大 4枚のキンブレシートを作ることができます。 A4の場合 次にファイルをクリックし、印刷をクリックします。 私の家はBrotherというプリンターなのでそう表示されていますが、皆さんは各自で自宅のプリンターにパソコンを接続してください。 接続したらプリンターのプロパティという所をクリックします。 用紙の種類などはOHPフィルムの説明を見て設定してください。 私の場合は普通紙です。 印刷品質という設定がもしあったら高速などの早く印刷できる設定にしてください。 ここで 注意しなければならないことは、 OHPフィルムだからといって 丁寧にゆっくり濃く印刷しない ということです。 普通紙とは違い、インクを吸収しないので、濃くゆっくり印刷するとインクが浮いてしまいます。 ここは絶対に注意してください。 設定が終わったら、まず普通紙で印刷をしてみます。 OHPフィルムで失敗してしまったらもったいないからです。 普通紙で印刷して大丈夫だったら、OHPフィルムで印刷します。 ここでまた 注意 しなければならないこと。 OHPフィルムの裏表を確認 し、 OHPフィルム以外 のものは プリンターに入れない ということです。 給紙する場所に普通紙と一緒に入れるのではなく、OHPフィルムだけを置いてください。 そうして準備ができたら、もう一度印刷をクリックしてOHPフィルムに印刷をします。 印刷出来たら、必ず インクのついていないところを持ってください。 インクがついているところを触るとインクがよれて台無しになってしまいます。 洗濯ばさみなどで挟んでハンガーなどに吊るし、 最低1日は乾かしてください。 ちゃんと乾かさないとキンブレの筒に入れたときに、インクがよれて筒にインクがつくという大惨事になります。 最低1日乾かしたら、灰色の線をはさみやカッターなどで切ります。 カッターの場合は、 シートがつるつるなので カッターが滑って怪我をしないように注意してくださいね!!! 切ったらやっと キンブレシートの完成です! 最後まで長い分かりづらい説明を読んでいただき、ありがとうございました。 皆さんの ジャニヲタライフ、 ヲタクライフに少しでも 貢献出来たらと思います!! ヲタクって最高!!! mao0615.

次の

【スマホだけ】簡単キンブレシートの作り方≪文字入れから印刷まで≫

キンブレシート 素材

キンブレシートの注意点3つ目は、使用禁止の会場もあるところです。 コンサート会場によっては自作だけでなく、キンブレシート自体が禁止である場合もあります。 そのためキンブレシートを持ち込む前に、事前にコンサート会場に使用することができるか確認する必要があります。 使うことを確認してから作るようにしましょう。 またこちらの記事では、ライブの基本マナーチェックについてご紹介しています。 ライブに行く際に、正しい行動をしているでしょうか。 そういったことについて、こちらの記事では詳しくご紹介しているので、是非参考にしてみてくださいね。 キンブレシートをロゴ風のフォントにすることによって、同じ推しメンバーの名前でも、印象がガラリと変わるレシートを作ることができるので、ロゴ風のフォントもおすすめです。 ロゴ風のフォントに仕上げる場合は、画像編集や加工ソフトを無料で使うことができる、GIMPというアプリをダウンロードするのがおすすめです。 ロゴ風のフォントのサイズは、はがきサイズほどで、解像度を300dpiほどに設定すると、レゴ風のフォントも作りやすくなります。 さらに自宅にスキャナーがある場合は、ロゴをスキャナーでスキャンすることによって、高品質でちょうどよいサイズの文字を作ることができるので、スキャナーを使って高品質でちょうどよい文字の入ったキンブレシート作るのもおすすめです。 100均の素材を使ってアレンジするために、まず準備するものをしっかりと整えておくことが大切です。 初めにしっかりと揃えておくことで、キンブレシートも集中することができるはずです。 まずキンブレ本体が必要になります。 キンブレの本体の中でも透明なタイプのものを選ぶのがおすすめです。 100均の素材の半透明のものも購入できますが、自作キンブレシートを作るのであれば、目立つことができる透明なタイプのものがおすすめなのです。 そして100均の素材のキンブレシートのフィルムを選びましょう。 キンブレシートのフィルムは、内側が透けるものやOHPフィルムという透明なものを選ぶのがおすすめです。 そうすることで、パソコンで文字やイラストを入れることができますし、油性マジックやペンなどで手書きすることもできます。 その他にも装飾用のものも必要ですが、だいたいこれらがあれば作ることができます。 キンブレシート自体にペンを使って、自分オリジナルの文字を入れたり、グループの名前や推しているメンバーの名前を入れるのももちろんおすすめです。 しかし自作をせっかく作るので、オリジナリティを出したい人も多いはずです。 そういった時は、パソコンなどを使ってロゴのような名前を仕上げるのもおすすめといえます。 Photoshopと呼ばれるソフトで作るのがおすすめです。 Photoshopは、有名なソフトなので知っている方も多いはずです。 知名度があるソフトだからこそ、公式サイトからダウンロードすることができます。 キンブレシートにイラストを入れるのも文字と同じであり、簡単に入れることができます。 しかしイラストや文字を入れる場合はどちらを目立たせるかによって、仕上がりが大きく変わってきます。 絵が好きな人はイラストを入れる人が多いでしょう。 イラストの場合は、マウスを使ってイラストを書くのも良いですし、慣れてくればペンタイプのもので絵を書いても良いでしょう。 文字を書くときなどに応用することができるので、自分なりのイラストをペンで書くのもおすすめです。 またこちらの記事では、絵師のあるあるまとめについてご紹介しています。 絵師の人は、絵がうまいことからよく職業病のようなことをしてしまうのではないでしょうか。 是非こちらの記事も参考にしてみてください。 ウェブデコシリーズは、初心者にもおすすめのサイトであり、スマホで簡単にキンブレシートを作ることができます。 ウェブデコシリーズは、アプリをインストールする必要がないのですが、まるでアプリを使っているような操作性です。 そんなウェブデコシリーズは、iPhoneやAndroidなどのスマホで、自分で好きなようにスタンプ絵文字を配置することができるので、とても魅力的なサイトです。 さらにウェブデコシリーズで作る場合、自分が納得するまで何回も作り直すことができるのも魅力です。 ウェブデコシリーズは、過去に保存しておいたデザインをIDを直接入力することによって、デザインを呼び出すこともできます。 そのため、保存の時に発行されるIDを友達に伝えて、友達がそのIDを使ってデザインを編集することもできるのです。 このステッカーショップHaruのキンブレシートは、楽天から注文することができ、文字だけで簡単にキンブレシートを作ることができます。 このスマホで作れる作り方は、自分の好きな文字を指定して入れてもらうだけです。 そのため特に自分がすることといえば何もないので、デザインのレイアウトが苦手としている人や、急いで作りたい人におすすめです。 またこちらのスマホでの作り方は、文字の種類が多く和風のデザインや、キャラに合わせた可愛らしい文字にすることもできます。 さらにこちらのスマホでの作り方は、商品代や送料をプラスしてもとても安く購入することができるのが魅力の一つでもあります。 オリジナルのペンライトであるにも、この安さはかなりお得な価格と言えます。 こちらのスマホでの作り方は、様々なフリマアプリを使って得意な人に作ってもらうという作り方です。 実際にたくさんの人がフリマアプリでキンブレシートを販売しているようです。 しかし注意して欲しいところもあります。 フリマアプリはやはり一般人同士のやり取りであるため、商品を購入する際には、自分の住所や名前を相手に伝える必要があります。 相手のやり取りでの評価や、プロフィールを確認する と安心できるはずです。 また自分が思っていたものと違ったということもあるでしょう。 やはりスマホアプリの写真であるため、実際のものと写真のものとでは違ったということもあるでしょう。 そういったとこも踏まえて購入することが大切です。 キンブレはひとつでいくつもの色に変えることができるところが特徴でもあります。 ライブに出るアーティスト は、その人のメンバーカラーというものがあるので、まずはそ のカラーを覚えて一体感を出すことが大切です。 ファンとして基本的なアーティストの色というのを覚えることで、そのコンサートでどこでアピールすれば良いかも、明確になるはずです。 また曲によって変わる色を覚えるというところもおすすめです。 ファンの間であれば浸透していることも多いのですが、曲によっては瞬時に色を変える人も多くいます。 そのためたくさんの曲を聴いて、その人のその曲での色を覚えて慣れるようにすることが大切です。 そうすることによって、さらに目立つこともできるでしょう。 アーティストの色や曲を覚えたらアピールすることができるので、その色で盛り上がった後に途中でメッセージを強く出すことができる、色の変化をつけることが大切です。 アイドルや推しているメンバーが客席を向いた時が、特に狙い目と言えます。 色をいくつか変化したり点滅することによって、注目させることができるので覚えておきましょう。 しかしタイミングが重要とも言えます。 下手なところで色を変えてしまった場合、注目するどころか浮いてしまう可能性も十分にあるので、間奏などの合間をうまく使うことが大切です。 キンブレシートを使って装飾する場合は、イラストも目立つように工夫することが大切です。 また好きなあだ名や、自分が見て欲しいメッセージなどを書いておくと、さらに他の人と差をつけることができるはずです。 キンブレシートを装飾する際も、ただ名前やイラストをのせるのではなく、それらを組み合わせたようなものにすることによって、さらに上級者を目指すことができます。 見せたい人だけでなく、周囲のファンの人達からも、一目置かれるキンブレシートを作ることが、重要になると言えるでしょう。 両方の手で一本ずつ持ち、さらにその両手のキンブレシートを装飾して目立たせることもおすすめです。 両手に持つことによって、かなり目立つことができ、アピールする機会も多く増えると言えるでしょう。 また両手に持つキンブレシートは、それぞれ違う形にしたり、違う色にしたりと工夫するのもおすすめです。 さらにキンブレシートに自分が推しているメンバーの名前を、一人ずつ違う名前を書くことで、豪華に仕上げることもできるのです。 キンブレシートを作ってみよう! いかがでしたでしょうか。 今回は100均の素材でのキンブレシートの作り方についてご紹介しました。 キンブレシートはコンサートに行く際、ファンの人が必ず持っているアイテムでもあります。 今回ご紹介したキンブレシートの作り方をぜひ参考に、この機会に作ってみてくださいね。 また夢の中でコンサートに行く夢や、ライブに行く夢を見たことある方も多いことと思います。 そんな夢の中でコンサートに行く夢やライブの夢を見たときについて、こちらの記事では詳しくご紹介しています。 夢占いでは様々なものがあるので、是非こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

次の

綺麗な王冠 キンブレシート 素材 フリー

キンブレシート 素材

用紙とラミネートフィルムをカットする 印刷したシートは、白紙の部分が多ければサイズ(cm)は気にせずコンパクトにカットして大丈夫です。 4cmでカットします。 多少の誤差は気にしなくても大丈夫です。 カットする際は、ぺらぺらの部分を下にすると切りやすいです。 ちなみにダイソーではA4・A5・B5サイズで売っているんですが、カットするのでサイズはどれでも大丈夫です。 カットしたら、ぺらぺらの方のフィルムは剥がします。 フィルムはあとで使うので残しておいてください。 フィルムに紙を貼り付ける 印刷面(表の方)をフィルムのべたべたする方に貼り付けて、ものさしで両面をひたすらこすります。 水をいれたボウルにラミネートフィルムを入れる 深めのボウルなどに水をいれて、シートをその中につけます。 紙に水が浸透してきたな~というくらいで指の腹で用紙の表面をこすります。 定期的に濃いめの背景でフィルムを確認すると、まだ透明になっていない部分が見えます。 ふちどりの部分や細かい部分が残りやすいのでよく見てください。 白紙の部分がなくなったら、フィルムを水にぬらして綺麗にします。 濡れたままでも大丈夫なので、残しておいたフィルムを重ねてものさしで水気をきるようにこすります。 私の場合、乾かしたらあまり綺麗にならなかったのでこうしています。 ということで、完成したキンブレシートはこんな感じになりました。 擦りすぎると剥がれるのでやりすぎ注意です。 水を捨てる際の注意 紙を擦っているので、水に紙屑が混じっています。 そのまま流し台に捨てるより、水切りネットを使って捨てるのがよいかと思います。 水だけ通すものがあるので、網状のものより不織布をオススメします。 対応していないとプリントができません。 OHPシートが印刷機に対応していない場合は、普通紙でカラーコピーをして、今回のラミネートフィルムでキンブレシートを制作しましょう。 キンコーズで印刷する場合 近場にがある場合、そちらでもキンブレシートの印刷は可能ですが、枚数が少ないのもあり、店舗の方からはあまりいい顔はされません。 また、シートに色を出したい場合、「基本白黒印刷のみ」とのことだったので、カラーのキンブレシートを作りたい場合、今回のような普通紙カラーコピー+ラミネートフィルムを使った方法が一番いいかと思います。

次の