ウィンディ 育成。 【サンムーン】ウインディのおすすめ育成論と厳選方法!【ポケモンSM】

【ポケモン剣盾】ウインディの育成論と弱点・対策まとめ【いかくチョッキ型】

ウィンディ 育成

第8世代からは、特性『きもったま』『せいしんりょく』『どんかん』『マイペース』の相手には無効。 『ほのお』タイプの技のダメージや効果を受けず、以後自分の『ほのお』タイプの技の威力が1. 5倍になる。 /『ほのお』タイプの野生のポケモンと出会いやすくなる 第8世代から。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 自分が『ほのお』タイプではない時は失敗する。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 第8世代からは、音系の技。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 10 USUM〜BW2 ,ガーディ:Lv. 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる。 [ガーディ:Lv. 31 BW ,ガーディ:Lv. 『フェアリー』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 手持ちのポケモンと入れ替わる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。

次の

【ダブル】ウインディの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ウィンディ 育成

サン・ムーンでは、野生のポケモンが「助けを呼ぶ」で別のポケモンを呼び出すこと... ウインディおすすめ育成 特性 「 」・・・戦闘に出たとき、相手の攻撃を1段階下げる。 ほのおタイプが半減となるウインディにあえてほのおで攻撃するケースはほとんどないため、「もらいび」はなし。 あくタイプの技を受けると攻撃が1段階上がる「せいぎのこころ」も、弱点でもないあくタイプでわざわざ攻撃してくるケースが少ないためなし。 消去法でいかくとなりますが、十分に強力な特性です。 性格 攻撃と特攻では攻撃が高いものの、大きな差があるわけではありません。 ここでは物理型をおすすめしますが、特殊型でも十分に戦えます。 「いじっぱり」(攻撃UP、特攻DOWN) 「ようき」(素早さUP、特攻DOWN) 努力値・個体値 努力値は物理型であれば攻撃と素早さ、特殊型であれば特攻と素早さに振りましょう。 個体値も、最低でもその2項目がVになるよう心がけましょう。 技 :高威力の物理ほのお攻撃。 10%の確率で相手をやけどにする追加効果あり。 相手に与えたダメージの3分の1を自分も受けてしまう点には十分に注意しましょう。 :物理ノーマル攻撃の先制技です。 先制技の中では威力が高いので、ぜひ覚えさせておきたい技のひとつです。 特殊型の場合は「 」「 」あたりがメインウエポンになるでしょう。 アイテム :攻撃技を当てるたびにHPが10分の1減るが、技のダメージが1. 3倍になる。 :ほのおタイプのZ技を使用することができる。 いずれも攻撃力を追求した持ち物です。 関連ポケモン.

次の

ウインディの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ウィンディ 育成

パーティ紹介 チームID 0000 0003 G23B R0 Twitter YouTube 本人アドバイス 発売して間もない段階でかなり完成度の高いものが組めたと思っております。 僕の大好きなポケモンのウインディが過去最高に強いところを皆さんにも味わっていただけるとうれしいです! ウインディを軸に戦うパーティ こちらのパーティは、マスターボール級1位を獲得した経験のある、 様ご提供のパーティです。 ウインディをこよなく愛するプレイヤーであることから、 ウインディを軸に戦っていくパーティとなります。 その恩恵もあり、 「ギャラドス」の「ダイストリーム」を受けても最高乱数ギリ耐えできます。 かくとうタイプの技「インファイト」も環境に蔓延している「バンギラス」にささっており、攻撃も防御もどちらもこなせる型となります。 素の能力だけでも十分戦えますが、相手の動きを読んで技「わるだくみ」「みがわり」で場を有利に進める戦略も強力です。 最速調整なので、相手が道具「こだわりスカーフ」を持っていない限り、例えば 「ミミッキュ・ガラルヒヒダルマ・ドリュウズ」よりも早く動けます。 ダイマックスを通じてHPが増大するので、道具「じゃくてんほけん」との相性がよく、攻撃・特攻が2段階アップするので一気に圧力をかけられます。 技「かえんほうしゃ」の起用は、 「アーマーガア・ナットレイ」を含む物理特化のポケモンを見られるため、相手の不意をついて倒しきることが可能です。 受けループで起用される「ドヒドイデ・ブラッキー・ヌオー」とのPPの消耗戦で勝利できるのが魅力であり、 受けポケモンを少し変わった目線から対策しています。 技「リーフストーム」は、相手への負担をかけやすく、「ウォッシュロトム」との対面なら完全有利を取れます。 ダイマックスターンは3ターン継続するので、死に出しをすればターン数を消費しきることができます。 それ以外にも、技「つるぎのまい」から「ミミッキュ」自身がダイマックスしてアタッカー役を担うこともできるのが魅力的であり、1匹で広い仕事ができるポケモンです。 攻略班が使ってみた感想 ウインディの抜き性能が高い ウインディの「ダイナックル」でAを上げた後の、「しんそく」による抜き性能が非常に高かったです。 元から高いウインディの合計種族値と「とつげきチョッキ」による特防の補強が相まって、安全にダイマックスターンの行動保証を得ることができました。

次の