アメリカ 宇宙 人。 アメリカ航空宇宙局『NASA』とは?謎多きその実態にせまる

アメリカの有人ロケット発射は9年ぶり…スペースXが2人のNASA飛行士を宇宙へ

アメリカ 宇宙 人

ここがポイント!• 宇宙人=「グレイ色」とは限らない 宇宙人といえば頭と目が異様に大きく、真っ黒な瞳…そして体は 灰色の姿を想像する人が多いかもしれない。 しかしこれは、あくまで宇宙人の1種に過ぎないのだ。 例えば犬と一口に言っても、ゴールデンレトリバーからチワワまで 色々いるだろう。 そういうことである。 Sponsored Link またこの宇宙人は、厳密には「 ラージノーズ・グレイ」と「 リトル・グレイ」に分類することができる。 (アールグレイはもちろん紅茶の一種) ちなみに、上述した特徴を持つ宇宙人はリトル・グレイの方で、ラージノーズは文字通り 鼻が大きいのが特徴である。 また一説によると、リトルグレイは 遺伝子コントロールによって作られたとも言われている。 要するにクローンやホモンクルスのような存在なのだ。 グレイ型宇宙人が起こした怖い事件、実験の数々… 彼らの存在は1960年ごろから広く噂されるようになり、オカルトやホラーなシーンで大きな話題になった。 宇宙人の中でも、特にグレイは キャトルミューティレーションという奇妙な行動を取るからだ。 キャトル( 牛)と名がつくように、主に家畜が狙われるこの事件。 体の一部がレーザーによって切り取られ、 血液がすべて抜き取られる 怪現象のことを指す。 これはグレイが 地球上の生物の生態を調べるためとも、単純な食事であるとも言われている。 ただし最近では、カルト集団や野生動物のしわざとする否定説も強くなっている。 しかしいずれも決定的な証拠がないため、逆に言えば未だに グレイ犯人説の可能性も十分に存在するのだ。 また、彼らのもう1つの行動的特徴が「 アブダクション」である。 あまり聞き馴染みがないかもしれないが、いわゆる「 誘拐」のことを指す。 世界中で 宇宙人に誘拐されたという声が後を絶たないのだ… こうした意見には「UFOの中で宇宙人に囲まれた」とか「中で何かの手術を受けた」という具体的な例まで存在する。 もちろん、これら全てアブダクションと呼ぶことができるだろう。 その中で最も有名な、 ヒル夫妻誘拐事件もそうだ。 1961年の米国ニューハンプシャーで起きたこの事件は、夜中に車で走行中のヒル夫妻を宇宙人が襲ったものである。 後方より不思議な 発光体に追いかけられ、気がつけばそれから2時間以上も経過していた。 もちろん その間の記憶はない。 その後ヒル夫妻が催眠術で記憶を呼び戻されたが、多くのアブダクション報告と同様に、グレイ型宇宙人に 身体検査されていたというのだ。 記録に残っている限りではこれが世界初のアブダクション事件であり、日本でもこぞって報道された。 このようにグレイは我々の生態に強い興味を持っており、人間ですら 単なる実験、オモチャにされているのが現状なのかもしれない。 Sponsored Link 宇宙人(グレイ)とアメリカの気になる関係とは? さて、これまで グレイ型宇宙人について説明してきたが、やはり気になるのは アメリカとの関係だろう。 ちなみに、アメリカ政府と宇宙人のコンタクトは「 ロズウェル事件 」が初とされている。 トレンチコートの男が小さなグレイを連れている写真を見たことはないだろうか?あれがロズウェル事件であり、ニューメキシコ州の同地にUFOが墜落したことからこの名前が付けられた。 連れ去られたグレイはその後、アメリカの基地内で解剖されたという。 そのときの写真も残されており、また動画の方も「 宇宙人解剖フィルム(サンティリフィルム)」として有名である。 が、残念ながらこの内のいくつかは 偽物と判明してしまった…しかし、アメリカと宇宙人の関係がロズウェル事件の起きた1947年から始まっていたことは間違いないのだ。 なぜならグレイ型宇宙人の目撃情報が アメリカのある一点に集中しているからである。 世界中でUFOの目撃情報は数あれど、宇宙人そのものを見たというケースはかなりレアだ。 そしてその場所こそ、かの有名な エリア51である。 表向きは主に 空軍の試験飛行をするための軍事基地だが、宇宙人にまつわる噂は多い。 その中には、前述したロズウェル事件との関係を示すものもある。 グレイを解剖したのも一説には、このエリア51内と言われているのだ。 さらにロズウェル事件では1匹のグレイしか写っていなかったが、実は他にも 宇宙人が数匹存在していたらしい。 彼らのほとんどは、エリア51内の 特別な部屋にかくまわれているという。 兵器開発にも携わった元科学者で、エリア51でも勤務経験のあった ボイド・ブッシュマンの証言はこうだ。 「アメリカは生き残ったグレイと何かしらの契約を結んでいる。 それは宇宙人の持つ科学技術を独占して貰っていたり、あるいは彼らを通じて他の宇宙人と交信している類いのものだ」 公式なメディアでは 放送にストップがかかる からと「ユーチューブ」に動画をアップしたことからも、信ぴょう性の高さが伺える。 宇宙人がエリア51にいるとする 内部告発はボイド氏だけにとどまらず、今では多くの元関係者が様々な証言をしている。 そのせいかアメリカは、それまで否定し続けていたエリア51の存在を2013年にCIA経由で情報公開するに至った。 もちろん、政府公式の発表にはUFOや宇宙人に関する記載はない。 もしかすると宇宙人の研究は、現在では エリア51以外の場所で行われており、 情報を隠す必要がなくなったから公開したのかもしれない。 「映画MIB」もアメリカと宇宙人の陰謀論が元ネタだった! 1997年に公開された、ウィルスミス主演の映画「 メン・イン・ブラック 」。 通称MIB。 独特のコメディタッチが人気となり、その後シリーズ化もされた作品である。 実はこのMIB、 アメリカの都市伝説から生まれた作品なのだ。 その都市伝説だが、アメリカ国内で宇宙人の話をすると、何処からともなく黒服にサングラスをかけた男が2人現れて「 これ以上は宇宙人の目撃談を口にするな」と脅迫してくるというもの。 もし言うことを聞かなければ、近いうちに 謎の変死を遂げるという恐ろしいエピソードがある。 そしてこの黒ずくめの男たち、なんと組織の名前が映画と同名の「メン・イン・ブラック」なのだ。 メン・イン・ブラックの都市伝説もロズウェル事件を境に生まれたもの。 仮に噂通りの男たちがいるなら宇宙人が存在することの証明になり得るし、アメリカが政府ぐるみで グレイと関係を持っていることの根拠にもなる。 また彼らの活動範囲は幅広く、アメリカ以外にもイギリスやオーストラリアなど 英語圏内であれば、比較的どこにでも現れるようだ。 あるいは米国以外にも、地球規模で宇宙人やグレイの 隠ぺい工作が行われているのだろうか?だがいずれにしろ、彼らが 政府公認の裏組織 であるのは明白である。 何故ならメン・イン・ブラックの被害にあった人たちが警察に通報しても、 無視されるかごまかされるという証言があるからだ。 このように、アメリカは国家規模で宇宙人やグレイに関する情報の隠ぺいを行っている。 とは言え、陰謀論を信じるなという方が無理なのかもしれない。 だが最近は、映画MIBのヒットもあって、本家メン・イン・ブラックもあまり派手な活動が出来ないようだ。 2000年以降に急増した世界各国でのUFOや宇宙人の目撃情報、あるいは動画投稿は 彼らの力が弱まったことを示している。 つまり、グレイの正体について最近では様々な見方がされているからだ。 また未来からやってきた人間によると、UFOはタイムマシンとか未確認生物の一種らしい…さらに夢のない説では、グレイは病気で頭部が大きくなってしまった 人間の子どもとまで言われている。 この辺りも機会があれば、また紹介したい。

次の

宇宙人は地球に来ている! アメリカ政府が隠し続ける宇宙人・UFO情報

アメリカ 宇宙 人

ポール・ヘリヤー氏 ポール・ヘリヤー(以下ヘリヤー) 私がカナダの国防大臣だった時、UFOに関する目撃報告を受け取っていました。 しかし、私はそれについて何の印象も受けませんでした。 なぜなら私は国防大臣として忙しかったからです。 UFOに関心を持つようになったのは、確か12年前、カナダのオタワに住む青年がUFOに関する資料を送ってきた時でした。 その青年は様々な資料と共に、『ザ・デイ・アフター・ロズウェル』(邦題『ペンタゴンの陰謀』絶版)という、アメリカの元情報将校フィリップ・コーソ氏が書いた本を送ってくれました。 『ザ・デイ・アフター・ロズウェル』とは、元アメリカの情報将校フィリップ・コーソ氏が死の直前に、自身が経験した極秘プロジェクトの内容を暴露した本だ。 コーソ氏は、ペンタゴン(アメリカ国防総省)の陸軍研究開発局でロズウェルに墜落したUFOを解析し、その進んだ技術を転用する極秘プロジェクトに携わった。 コーソ氏によると、このUFO技術転用からレーザーやコンピューターのIC(集積回路)、光ファイバー、粒子線加速器、ステルス戦闘機などが発明されたという。 この本が告発するアメリカによるUFO研究隠蔽の事実が、ヘリヤー氏に大きな衝撃を与えた。 ヘリヤー 「これは一大事じゃないか。 アメリカで何が起こってるんだ?宇宙人の技術転用はアメリカ国民に多大なコストを負わせている。 同時に、私にはこの本がフィクションではないことがわかりました。 なぜなら、私はこの本で言及された、アメリカ空軍の将官たちを知っていたからです。 彼らは私の国防大臣時代からの知り合いでした。 まず、私はその将官に本の内容の真偽を確かめることに決めました。 その将官は挨拶もそこそこに語りだしました。 「本に書かれたことはすべて真実だ」と彼は明言しました。 彼が語った中で最も重要だったのは、合衆国の高官と他の恒星系からやってきた宇宙人との会合が行われていたという事実でした。 大当たりでした。 確証を得た私は「UFOは頭上を飛んでいる飛行機と同じくらいリアルだ」と発言することを決めたのです。 その結果、G8参加国の大臣級の中で初めてUFOが実在すると発言した人物という不名誉な称号を得ることになったわけです。 アメリカと宇宙人との会合ではどんなことが話し合われたのでしょうか? ヘリヤー 伝えられているところでは、かなり昔に、アイゼンハワー元帥と宇宙人が会談したとされています。 9人の宇宙人は、「もし核兵器を全廃するなら、(彼らの)テクノロジーを提供する」と申し出たそうです。 しかし、第二次世界大戦が終わった直後だったため、アイゼンハワーたちはその取引に応じませんでした。 その結果、われわれは地球にとってよい取引の機会を逃してしまったのです。 アメリカ空軍では一種類もしくは2種類の宇宙人が働いていると考えています。 私が詳しいのは、そのうちの一種類、トールホワイトという宇宙人です。 彼らは非常に人間によく似ており、トロントの通りを歩いていても気づかないくらいでしょう。 宇宙人には本当にたくさんの種類があります。 何種類かは検討もつきません。 宇宙を見上げれば、数えきれないほどの星があるのと同じようなものです。 アメリカ政府の中には、私たちよりも遥かに多くの秘密を知る人たちがいます。 彼らは秘密保持を誓わされています。 彼らは「ロズウェル事件以降70年間何をしてきたか」「宇宙人技術をどれだけ転用してきたか」をアメリカ国民に正直に語るべきなのです。 なぜアメリカ政府は宇宙人の存在を隠しているのだと思いますか? ヘリヤー 私が思うに彼らは(宇宙人技術による)技術の進歩を止めたくなかったのでしょう。 その技術を用いて、世界を支配し、世界一の大国であり続けたいと願ったのだと思います。 そのためには莫大な資金と時間が必要でした。 だからこそ、秘密にしているのだと思います。 先ほど宇宙人とアメリカとの間での交渉で「もし、核兵器を廃絶したら」と言っていましたが、宇宙人は核兵器に強い興味を示していると考えますか? ヘリヤー とても強い関心を持っています。 全ての宇宙人が関心を持っているといってよいでしょう。 1945年以降、宇宙人の来訪が頻繁になった理由の一つは、アメリカによる人類史上初めての原爆投下にあると思われます。 宇宙人たちは人類が地球を滅ぼしてしまうことを怖れているのです。 日本に向けてメッセージを一言。 ヘリヤー 敬愛する日本のみなさんに言いたいのは、「我々は一つ」だということです。 未来は私たちが「新しい現実」を知り、それに適応できるかどうかにかかっています。 「新しい現実」とは多種多様な宇宙人が生きている巨大な宇宙の中に、私たちも生きているという現実のことです。 私たちは宇宙人について知り、適応し、お互いのために働かなくてはなりません。 多くのことを宇宙人たちから学ぶことができます。 医療や農業のような分野において宇宙人たちから多くのことを学ぶことは、人口問題など地球が抱える様々な問題につながるでしょう。 こちらの動画にもポール・ヘリヤー氏のインタビューが出ています。 アメリカが隠し続ける宇宙人・UFO機密に迫る~ロズウェルで何が起こったのか?~【ザ・ファクト異次元ファイル】.

次の

アメリカ合衆国の宇宙開発

アメリカ 宇宙 人

ポール・ヘリヤー氏 ポール・ヘリヤー(以下ヘリヤー) 私がカナダの国防大臣だった時、UFOに関する目撃報告を受け取っていました。 しかし、私はそれについて何の印象も受けませんでした。 なぜなら私は国防大臣として忙しかったからです。 UFOに関心を持つようになったのは、確か12年前、カナダのオタワに住む青年がUFOに関する資料を送ってきた時でした。 その青年は様々な資料と共に、『ザ・デイ・アフター・ロズウェル』(邦題『ペンタゴンの陰謀』絶版)という、アメリカの元情報将校フィリップ・コーソ氏が書いた本を送ってくれました。 『ザ・デイ・アフター・ロズウェル』とは、元アメリカの情報将校フィリップ・コーソ氏が死の直前に、自身が経験した極秘プロジェクトの内容を暴露した本だ。 コーソ氏は、ペンタゴン(アメリカ国防総省)の陸軍研究開発局でロズウェルに墜落したUFOを解析し、その進んだ技術を転用する極秘プロジェクトに携わった。 コーソ氏によると、このUFO技術転用からレーザーやコンピューターのIC(集積回路)、光ファイバー、粒子線加速器、ステルス戦闘機などが発明されたという。 この本が告発するアメリカによるUFO研究隠蔽の事実が、ヘリヤー氏に大きな衝撃を与えた。 ヘリヤー 「これは一大事じゃないか。 アメリカで何が起こってるんだ?宇宙人の技術転用はアメリカ国民に多大なコストを負わせている。 同時に、私にはこの本がフィクションではないことがわかりました。 なぜなら、私はこの本で言及された、アメリカ空軍の将官たちを知っていたからです。 彼らは私の国防大臣時代からの知り合いでした。 まず、私はその将官に本の内容の真偽を確かめることに決めました。 その将官は挨拶もそこそこに語りだしました。 「本に書かれたことはすべて真実だ」と彼は明言しました。 彼が語った中で最も重要だったのは、合衆国の高官と他の恒星系からやってきた宇宙人との会合が行われていたという事実でした。 大当たりでした。 確証を得た私は「UFOは頭上を飛んでいる飛行機と同じくらいリアルだ」と発言することを決めたのです。 その結果、G8参加国の大臣級の中で初めてUFOが実在すると発言した人物という不名誉な称号を得ることになったわけです。 アメリカと宇宙人との会合ではどんなことが話し合われたのでしょうか? ヘリヤー 伝えられているところでは、かなり昔に、アイゼンハワー元帥と宇宙人が会談したとされています。 9人の宇宙人は、「もし核兵器を全廃するなら、(彼らの)テクノロジーを提供する」と申し出たそうです。 しかし、第二次世界大戦が終わった直後だったため、アイゼンハワーたちはその取引に応じませんでした。 その結果、われわれは地球にとってよい取引の機会を逃してしまったのです。 アメリカ空軍では一種類もしくは2種類の宇宙人が働いていると考えています。 私が詳しいのは、そのうちの一種類、トールホワイトという宇宙人です。 彼らは非常に人間によく似ており、トロントの通りを歩いていても気づかないくらいでしょう。 宇宙人には本当にたくさんの種類があります。 何種類かは検討もつきません。 宇宙を見上げれば、数えきれないほどの星があるのと同じようなものです。 アメリカ政府の中には、私たちよりも遥かに多くの秘密を知る人たちがいます。 彼らは秘密保持を誓わされています。 彼らは「ロズウェル事件以降70年間何をしてきたか」「宇宙人技術をどれだけ転用してきたか」をアメリカ国民に正直に語るべきなのです。 なぜアメリカ政府は宇宙人の存在を隠しているのだと思いますか? ヘリヤー 私が思うに彼らは(宇宙人技術による)技術の進歩を止めたくなかったのでしょう。 その技術を用いて、世界を支配し、世界一の大国であり続けたいと願ったのだと思います。 そのためには莫大な資金と時間が必要でした。 だからこそ、秘密にしているのだと思います。 先ほど宇宙人とアメリカとの間での交渉で「もし、核兵器を廃絶したら」と言っていましたが、宇宙人は核兵器に強い興味を示していると考えますか? ヘリヤー とても強い関心を持っています。 全ての宇宙人が関心を持っているといってよいでしょう。 1945年以降、宇宙人の来訪が頻繁になった理由の一つは、アメリカによる人類史上初めての原爆投下にあると思われます。 宇宙人たちは人類が地球を滅ぼしてしまうことを怖れているのです。 日本に向けてメッセージを一言。 ヘリヤー 敬愛する日本のみなさんに言いたいのは、「我々は一つ」だということです。 未来は私たちが「新しい現実」を知り、それに適応できるかどうかにかかっています。 「新しい現実」とは多種多様な宇宙人が生きている巨大な宇宙の中に、私たちも生きているという現実のことです。 私たちは宇宙人について知り、適応し、お互いのために働かなくてはなりません。 多くのことを宇宙人たちから学ぶことができます。 医療や農業のような分野において宇宙人たちから多くのことを学ぶことは、人口問題など地球が抱える様々な問題につながるでしょう。 こちらの動画にもポール・ヘリヤー氏のインタビューが出ています。 アメリカが隠し続ける宇宙人・UFO機密に迫る~ロズウェルで何が起こったのか?~【ザ・ファクト異次元ファイル】.

次の